Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月15日

乾燥機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

洗濯物が乾かない、布団の中が冷たい、そんなときに役立つのが「乾燥機」です。乾燥機と言っても、布団乾燥や除湿以外に、衣類乾燥、食器乾燥、食品の乾燥まで多種多様です。今回は、中でもおすすめのコスパも使い勝手も抜群の乾燥機をご紹介します。

乾燥機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

乾燥機の種類と選び方

一家に一台、必要不可欠な家電と言えば乾燥機です。外に布団が干せないシーズンや、靴の中に溜まった湿気などを取り除くのにも重宝します。衣類を早く乾かしたり、洗った食器を乾かしてくれるものまであります。今回は、日常生活にあるととても便利な家電、乾燥機についてご紹介しましょう。

用途別に使い分けて便利!乾燥機の種類

乾燥機と一口に言っても、さまざまな種類があります。ここでは一般的な乾燥機の種類についてご紹介します。

なかなか干せないときに便利!布団乾燥機

天気が良くなかったり、日中忙しいとなかなか外に干すのが難しいのが布団です。寝ている間に汗で湿ってしまう布団は、定期的に乾燥させて清潔に使用したいところです。布団乾燥機で乾燥させることでダニの繁殖も防止することができるのでおすすめとなります。

布団乾燥機として販売しているものが一般的ですが、靴を乾かす機能がついていたり、マットタイプ、マットなしタイプ、衣類乾燥機能など、商品によってそれぞれ特徴があります。また、ベッドの人は、ベッドでも使用しやすいタイプかどうか確認して選びましょう。

洗濯機と一緒になっていることが多い衣類用乾燥機

通常、現在流通している衣類用乾燥機は、全自動洗濯機の付加機能になっている場合が多いですが、衣類のみを乾燥させる単体の乾燥機もあります。現在使用している洗濯機に乾燥機能がついていない場合に購入する場合が多いです。

洗濯機も同時に購入したい場合は、乾燥機能付きの全自動洗濯機を購入するといいでしょう。洗濯乾燥機一体型より、乾燥機単体の方が、気持ちよく乾きます。しっかり乾かしたい、生乾きが嫌、という人は乾燥機単体がおすすめです。

食洗機と一緒になっていることが多い食器類乾燥機

食器洗浄機が普及していますが、食器洗浄機と食器乾燥機が一体になっているタイプと、食器乾燥機のみの単体の商品があります。現在は、食洗機と乾燥機の一体型で販売されているものが主流です。食器乾燥機単体の商品は、洗った食器を生乾きのまま食器棚に収納したくない人のために、しっかり早く乾かす目的で販売されています。

洗った食器が乾くまで置いておいてもなかなか乾きませんし、置いておくスペースにも限りがあり、布で拭くと手間もかかるので、食器乾燥機で早く乾かしたい、という人におすすめです。

湿気を取り除いてカビの繁殖を防止!浴室乾燥機

浴室は湿気がたまりやすいので、カビが繁殖しやすいです。また、浴室に洗濯物を干しているという人も多いです。そのため、浴室に乾燥機が必要という人は多いでしょう。

浴室の乾燥機は、大きく分けて2種類あり、工事して取り付けるタイプと、置くだけで室内を乾燥させてくれるタイプがあります。しっかり乾燥させたい場合は、工事で取り付けるタイプがおすすめですが、費用がかかります。

手軽に乾燥させたい場合は、置き型タイプがおすすめです。商品によっては「乾燥除湿機」という名前になっていることもあります。置き型タイプでも「除湿をするだけのタイプ」と「送風して乾燥するタイプ」などがあるため、用途に合わせて選ぶ必要があります。

いろいろ部分的に乾かすことができる!小型乾燥機

小型の乾燥機は、部分的に乾燥させたい場合に使用します。大きなカテゴリーで言えば、ヘアドライヤーなども小型乾燥機に含まれるでしょう。

現在販売されている商品の中では、靴やブーツを乾燥させる乾燥機(シューズドライヤー)、衣類を乾かすハンガー型の乾燥機、濡れた手を乾かす乾燥機(ハンドドライヤー)などがあります。とくに、足の臭いが気になる人はシューズドライヤーがおすすめです。

ドライフルーツなどが楽しめる!食品用乾燥機

洗ったものを乾かす、濡れたものを乾かす、という用途以外に「食品を乾燥させて食べる、保存する」という方法があります。そのために使用するのが食品用乾燥機です。スライスした野菜や果物を乾燥させる機械です。

家庭でも簡単にドライフルーツやビーフジャーキーが作れる、と愛好家に親しまれています。自分で作れるということで安心安全で、健康志向の人におすすめです。

失敗しない乾燥機の選び方

用途によって異なりますが、乾燥機にはいくつかの大きなカテゴリーがあります。失敗しない上手な乾燥機の選び方とはどんな方法でしょうか。

熱を出して乾燥するタイプは早く乾かしたい人におすすめ

スピーディーに乾かしたい、という場合は「熱で乾かすタイプ」の乾燥機がおすすめです。ヒーターがついていたり、温風機能がついています。布団乾燥機などは、主に温風を使って乾燥します。早くしっかり乾きますし、気温が低い季節でも使用できます。

ただし「乾燥機を使うと部屋が暑くなるのが嫌」「熱を使うと傷むのでは」という不満がある方にはおすすめできません。

送風して乾燥するタイプは一年中使いたい人におすすめ

熱を使うのではなく「送風のみで乾かす」というタイプの乾燥機もあります。衣類乾燥機(送風機能)や、室内干し用の置き型乾燥機(サーキュレータータイプ)などがそれです。風で湿気を飛ばし、早く乾くように促します。

洋服などの生地が傷みやすい場合は、温風ではなく熱を加えない送風がおすすめです。熱がないので年中使えますし、部屋干しの場合は広範囲に使えます。

除湿して乾燥するタイプは雨季におすすめ

からからに乾燥させるのではなく、湿気を取り除くという意味での乾燥を求めているのであれば除湿乾燥機がおすすめです。主に部屋の湿度を下げる目的で使用しますが、除湿することによって部屋の湿度が下がり、自然に乾燥してくれます。

雨季の洗濯物干しシーズンにおすすめですし、浴室での衣類干しをしている人にもこちらがおすすめです。除湿乾燥機を使用していない状況と比較すると、乾燥速度が圧倒的に早くなります。広範囲に使用できるのも魅力です。

メイン機能に乾燥機能が付属しているタイプはしっかり見極めを!

乾燥機能のついた食洗機や洗濯機があります。こちらは、メイン機能に乾燥機能が付属しているタイプなので、乾燥機能がメインではありません。洗濯機でも「乾燥機能はついているけど、思ったように乾かない」と言ったことがあります。

多機能で便利である反面、思うような働きをしてくれない商品もあるので注意が必要です。購入する際は、しっかりレビューなどを見て参考にすることをおすすめします。

乾燥機おすすめ人気ランキングTOP3

ここでは、おすすめの人気乾燥機製品の中から、ランキング形式にTOP3をご紹介します。それぞれのおすすめポイントもチェックしてみてください。

第3位:「日立6.0kg衣類乾燥機HITACHIこれっきりボタンDE-N60WV-W」

日立 6.0kg 衣類乾燥機HITACHI これっきりボタン DE-N60WV-W
日立 6.0kg 衣類乾燥機HITACHI これっきりボタン DE-N60WV-W
口コミ

今までは浴室乾燥機を使用してましたが、 衣類乾燥機を買った事でいつでもお風呂へ入れて最高です。共働きの方には最高です‼️

洗濯物を早く乾燥させたい、しっかり乾燥させたい、タオルもふわふわに仕上げたい、という人におすすめなのが「HITACHI乾燥機これっきりボタンDE-N60WV-W」です。屋外で天日干しした洗濯物と同じように、しっかり乾燥できます。

乾燥機能付きの洗濯機と比べても、こちらは乾燥機単体なので、それだけしっかりした乾燥機能を発揮してくれます。性能がいい分、お値段もしますし、設置が面倒なのが3位に甘んじた理由です。通販購入もいいですが、大きくて重いので、設置は業者にお願いしたほうがいいでしょう。

第2位:「アイリスオーヤマ衣類乾燥コンパクト除湿機DDB-20」

アイリスオーヤマ 衣類乾燥コンパクト除湿機 除湿量 2L DDB-20
アイリスオーヤマ 衣類乾燥コンパクト除湿機 除湿量 2L DDB-20
口コミ

スイッチを入れたら、みるみるうちに湿度が下がって快適になりました。 これは優れものです。

外に洗濯物が干せない、部屋の洗濯物が乾かない、ということでお困りの方におすすめなのが「アイリスオーヤマ衣類乾燥コンパクト除湿機DDB-20」です。部屋の除湿をしてくれる除湿乾燥機となります。

なぜ2位か、と言うと、ヒータータイプではないため「速乾性はない」という点です。「今すぐ乾かして」ということはできません。また、除湿乾燥の状態を目で見て確認することは難しいので、効果を実感するにも個人差があります。

ただし、洗濯物の部屋干しや浴室の乾燥などには必要不可欠です。音も静かなので夜間に運転しても問題なく、確実に洗濯物の乾燥スピードを速めてくれます。部屋のカビに悩んでいる人にも、こちらがおすすめです。

第1位:「アイリスオーヤマ布団乾燥機カラリエFK-C2-WP」

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 カラリエ マットなし パールホワイト FK-C2-WP【靴乾燥アタッチメント付】
アイリスオーヤマ 布団乾燥機 カラリエ マットなし パールホワイト FK-C2-WP【靴乾燥アタッチメント付】
口コミ

デザインが良く、説明書を読まなくても使える簡単操作。 ホースの収納は超楽です。 マット式では有りませんが、相応の効果が有ります。 そば殻の枕の乾燥にも使えます。

堂々の第1位は、アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエ(マットなし)FK-C2-WP【靴乾燥アタッチメント付】」です。まず、布団乾燥機というと、「マットタイプ」が一般的ですが、こちらはマットなしで送風口ノズルを差し込むだけで布団全体を乾燥させてくれます。そのため、ベッドの布団乾燥も簡単です。

付属のアタッチメントを取り付けると、靴の乾燥機にもなり、1台あれば家のあらゆる場所で活躍してくれます。軽量でコンパクトなので、収納場所にも困りません。65度の温風でダニもやっつけてくれるので、ダニの繁殖時期(春から秋にかけて)に大活躍します。

部屋干しの衣類にノズルを向けることで、衣類乾燥にも使えます。「布団乾燥・靴乾燥・衣類乾燥」の3つがこれひとつで行えるので、これから乾燥機の購入を検討している方におすすめです。

特徴・用途別おすすめの乾燥機

ここでは、特徴や用途別におすすめの人気乾燥機をご紹介します。希望の乾燥機を見つけたい人は、目的や用途を絞り込んで探してみましょう。

おすすめ布団乾燥機「日立衣類・靴対応アッとドライHFK-VH770N」

日立 布団乾燥機 衣類・靴対応 乾燥 デオドラント乾燥対応 マット不要 アッとドライ HFK-VH770 N
日立 布団乾燥機 衣類・靴対応 乾燥 デオドラント乾燥対応 マット不要 アッとドライ HFK-VH770 N
口コミ

足が冷たくて眠れない夜が度々ありましたが、この乾燥機のお陰で電気毛布知らずになりました。

一人暮らしの人にこそ、布団乾燥機がおすすめです。外に干すのは手間もかかりますし、忙しい人には難しいです。また、敷きっぱなしにしている人も多く、ダニが繁殖している可能性があります。定期的に布団乾燥機を使用することで、ふかふかの布団で気持ちよく眠ることができます。

日立「布団乾燥機アッとドライHFK-VH770N」はマット不要で、靴や衣類の乾燥にも使える多機能乾燥機です。本体価格も安く、別売りの付属品を購入すれば衣類乾燥などの時間を短縮することができます。

本体サイズは大きいですがパワフルで、一年中使用することができます。冬場、寒さから「布団を早く温めたい」という人にもおすすめです。

おすすめ食器乾燥機「三菱ステンレスグレーキッチンドライヤーTK-ST11-H」

三菱 食器乾燥器 ステンレスグレーMITSUBISHI キッチンドライヤー TK-ST11-H
三菱 食器乾燥器 ステンレスグレーMITSUBISHI キッチンドライヤー TK-ST11-H
口コミ

広くて、フタも大きく開くので使いやすいです。 まな板も入るし衛生的かと思います。

家族が多いと食器を洗っても置く場所がなく、なかなか乾かないため片付かない、という人におすすめなのが「三菱 食器乾燥器 ステンレスグレーMITSUBISHI キッチンドライヤー TK-ST11-H」です。大容量タイプで約6人分、大きなお皿も収納できます。

最大90度の高温熱風で高速乾燥、イオン化吸着で臭いも防ぎます。排水の手間がないホース排水タイプです。食洗機ではなく、乾かすだけです。生乾きのまま食器棚に片付けるよりも清潔なので、布で拭くより乾燥機がおすすめとなります。メーカー製なのでフル稼働しても安心です。

おすすめ靴乾燥機「OTrakiシューズ乾燥機伸縮温風式」

OTraki シューズ 乾燥機 伸縮 温風式 長靴も対応 靴乾燥機 オゾン 除菌 脱臭 除湿 智能予約 / タイマー機能 シューズドライヤー
OTraki シューズ 乾燥機 伸縮 温風式 長靴も対応 靴乾燥機 オゾン 除菌 脱臭 除湿 智能予約 / タイマー機能 シューズドライヤー
口コミ

突然の雨でメッシュ繊維のスニーカーなどが濡れてしまうと、そのままでは2日経っても乾かない事が多いのですが、こちらの製品に掛けると数十分で乾燥させる事が可能で、明日どうしても履かなければならないと言う時に、確実に乾かしてくれるので非常に助かります。しかもただ乾かすだけではなくオゾン脱臭もしてくれると言う親切設計です。

ブーツを毎日履いているが湿気が気になる、臭いが気になる、清潔に履きたい、という人におすすめなのが「OTrakiシューズ乾燥機」です。靴乾燥専用の乾燥機で、ノズルが伸縮するため、シューズもブーツも、さまざまな形態の靴に対応しています。

複数の吹き出し口から360度全方向乾燥可能で、タイマー機能もついています。使用しないときはコンパクトに折りたたむことができるので収納も楽です。毎日靴を清潔に保ちたい方はもちろん、学校で使う子供用の靴を洗って早く乾かしたいときなどにもおすすめです。

おすすめ衣類乾燥機「マイウェーブウォームドライヤー3.0」

小さくても たっぷり 3kg 乾燥 小型衣類乾燥機【マイウェーブ ウォームドライヤー3.0】
小さくても たっぷり 3kg 乾燥 小型衣類乾燥機【マイウェーブ ウォームドライヤー3.0】
口コミ

4月に購入し、8ヶ月とても快適に使えています。買ってよかったです。2人家族で主にバスタオルなどを乾かしています。洋服など沢山入れすぎるとしわになりますが、入れすぎなければちぢみもせず、アイロンも要らないです。

洗濯機はあるけど乾燥機がついていない、部屋干しだけではなかなか乾かない、という人におすすめなのが、小型衣類乾燥機「マイウェーブウォームドライヤー3.0 」です。3kgタイプ(Tシャツなら一度に12枚可能)なのでかなり小型ですが、一人暮らしの人にはおすすめです。

操作も簡単で取り付けも簡単です。壁にも取り付け可能なので、置き場所に困る心配もありません。大型の乾燥機と比べると値段も控えめなので、毎回コインランドリーに行く手間を考えたらかなりリーズナブルです。

おすすめ室内用除湿乾燥機「アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DCE-6515」

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DCE-6515
アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DCE-6515
口コミ

値段もお安く、素晴らしい除湿能力、しかも消音です! 2台購入しました!とても良い商品に出会いました。次回はアイリスさんのサーキュレーターの購入も検討中です。

湿度が高い部屋を除湿したい、洗濯物が早く乾くようにしたい、という室内の湿度コントロールにおすすめなのが「アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DCE-6515」です。省エネタイプで、1時間稼働しても電気代約5円です。

送風口からは風が出るので、部屋干しの洗濯物の湿気もほどよく飛ばしてくれます。エアコンの除湿機能や送風機能を使うよりもコスパが良いため、こちらに切り替える人も多いです。タンク容量1.8lでコンパクトです。

おすすめ食品乾燥機「ROOMMATEフードドライヤーミニEB-RM3100A」

ROOMMATE フードドライヤーミニ EB-RM3100A
ROOMMATE フードドライヤーミニ EB-RM3100A

¥ 7,538

口コミ

犬のおやつを作るために購入しました。 鶏胸肉を5ミリ以下にスライスしジャーキーを作っています。 温度は65度、時間は12時間から15時間です。 下トレーの方が乾燥の進みが早いので、途中で上下トレーを入れ替えます。 喜んで食べてますよ!

家庭でドライフルーツや干物、ビーフジャーキーが作れたら楽しいです。無添加で安心ですし、水分を飛ばすことにより、食材の保存にも役立ちます。そんなドライフードを作るマシンが、食品用の乾燥機「ROOMMATEフードドライヤーミニEB-RM3100A」です。

業務用の食品乾燥機は高価でなかなか手が出せませんでしたが、家庭用の小さいサイズの食品乾燥機なら、気軽に購入できます。手作り派の方や、食品の安全性について気になる方におすすめです。

おすすめ浴室用除湿乾燥機「Vacplus小型除湿機700ml 」

Vacplus 小型 除湿機,700ML容量 除湿器 梅雨対策 カビ防止 自動停止機能付き お風呂場/台所/トイレ 対応
Vacplus 小型 除湿機,700ML容量 除湿器 梅雨対策 カビ防止 自動停止機能付き お風呂場/台所/トイレ 対応
口コミ

一階に住んでましたが!コンパクトな除湿機を探しており、手頃な価格のこちらを購入。機能に関しては問題ないです。しっかりと作動してくれ、大容量なので除湿されてるなーって感じます。価格もそこまで高くなく、強いていうならデザインがあまりかっこよくない。 サイズはわりとスリムだったので、部屋の空きスペースにピッタリ置けて安心しました!

浴室用の除湿乾燥機でおすすめなのが「Vacplus小型除湿機700ml」です。バスルーム、トイレ、キッチンなど、部屋を乾燥したい場合におすすめです。コンパクトサイズで、湿気、ホコリ、細菌などを吸い込んでくれます。

吸気口が広いのでぐんぐん吸い取ってくれるのが特徴です。音も静かなので夜間でも安心です。夜間に稼働させておくことで、使用後のバスルームを乾燥させてくれるので、カビ菌の繁殖を防止できます。梅雨の時期にも大活躍します。

おすすめ家庭用生ゴミ乾燥機「パナソニック家庭用生ごみ処理機MS-N53-S」

パナソニック 家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 6L シルバー MS-N53-S
パナソニック 家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 6L シルバー MS-N53-S
口コミ

今までディスポーザーを使用していましたが 引っ越しをした為 市の助成金がある事を知り、初めて購入しました。 作動中の匂いは気にはなりません 生ゴミもパリパリに乾燥していてこれから活躍してくれると思います。

エコ志向の人におすすめなのが、生ゴミ乾燥機「パナソニック家庭用生ごみ処理機MS-N53-S」です。生ゴミを乾燥させると、有機肥料として再利用が可能な上、匂いなども気にならなくなります。家庭菜園をしている人にとっては経済的と言えるでしょう。

捨てるときも、生ゴミを約7分の1に減らすことができるので、地球にも優しいのが特徴です。温風乾燥で雑菌の繁殖を抑えます。1日分のたまった生ゴミを入れて夜間に稼働させることで、電気代を抑えることができるので経済的です。

おすすめの乾燥機のメーカー・ブランド3つと代表製品

ここでは乾燥機と言えばお馴染みのメーカー・ブランドの中から、おすすめのメーカー・ブランドとその代表製品をご紹介します。

アイリスオーヤマ「衣類乾燥機カラリエIK-C500」

アイリスオーヤマ 衣類乾燥機 カラリエ IK-C500
アイリスオーヤマ 衣類乾燥機 カラリエ IK-C500
口コミ

普段除湿器をかけて夜洗濯ものを乾かすのですが、それでもやはり乾ききれないものも当然あります。 こちらを補助としてタイマーセットして乾燥モードで活躍させると当然かもしれませんがしっかりと乾きます。

安価で高性能な乾燥機と言えば、おすすめはアイリスオーヤマです。手頃な値段の白物家電が多く、大手メーカーのような派手さはありませんが、庶民的で使いやすい点がおすすめするポイントです。

「衣類乾燥機カラリエIK-C500」は衣類乾燥用のサーキュレーターで、温風で衣類の水分を飛ばし、部屋の空気を循環させる働きをします。洗濯物の乾燥時間も約3分の1になるということから、洗濯物がなかなか乾かないと悩んでいる方におすすめです。

温風機能と送風機能があり、夏場の暑い時期はサーキュレーターとしてのみ使用することができます。エアコンの電気代を抑えたい人にもおすすめです。

シャープ「乾燥機プラズマクラスター搭載DI-FD1S-W」

シャープ 乾燥機 プラズマクラスター搭載 布団 DI-FD1S-W ホワイト系
シャープ 乾燥機 プラズマクラスター搭載 布団 DI-FD1S-W ホワイト系
口コミ

布団全体が温まり、とても良い商品だと 思います。 またコンパクトサイズなので、収納にも良いです。

布団乾燥機の中でもとくにおすすめなのが、シャープの「プラズマクラスター」が搭載された布団乾燥機です。シャープと言えばイオンで空気浄化してくれるプラズマクラスターが有名ですが、この商品は、布団乾燥もできて部屋の空気浄化も行ってくれるスグレモノです。

布団乾燥をしたいときは布団に(もちろん、布団にもプラズマクラスターしてくれます)、布団に使わないときは、お部屋にプラズマクラスターを放出できます。押し入れやクローゼット、靴箱などをピンポイントで消臭乾燥も可能です。

足元が寒い時などは、温風機(ヒーター)としても使えますし、衣類乾燥のほか、靴やブーツの乾燥もできます(アタッチメント付き)。とくに臭い対策をしたい人に、シャープのプラズマクラスターがおすすめです。

象印「食器乾燥機縦型80cmロング排水ホースつきEY-KB50-HA」

象印 食器乾燥機 縦型 80cmロング排水ホースつき EY-KB50-HA
象印 食器乾燥機 縦型 80cmロング排水ホースつき EY-KB50-HA
口コミ

使用していた食器乾燥機が壊れてしまい購入しました。置くスペースがあまり無かったので縦型をさがしてました。サイズもピッタリで非常に気に入りました。

魔法瓶でお馴染みの象印からは、食器乾燥機が販売されています。とくにおすすめなのが「縦型EY-KB50-HA」です。省スペースでコンパクトなので、食器を置くスペースに困っている人におすすめです。家族が多くて食器が多い、短時間でたくさん食器を乾かしたい、という人におすすめとなります。

分解して洗うことができるので清潔で、80cmロングホースで排水も楽です。多くの食器乾燥機は横型なので、縦型は珍しいのと、縦型なのでまな板も乾燥できるのがおすすめポイントです。キッチン周りに強い象印なので、安心のメーカーと言えます。母の日や誕生日に、お母さんにプレゼントする人も多いです。

乾燥機の使い方・活用方法

乾燥機には「乾燥させる」というメインの機能がありますが、上手に活用するためには、そのほかの効果にも目を向けてみる必要があります。ここでは、乾燥機の使い方や活用方法についてご紹介します。

結露がなくなる!除湿乾燥機は冬でも活用できる

「冬は乾燥してるから、乾燥機より加湿器がいい」という人も多いですが、冬場に困るのは「窓の結露」です。結露に困っている人は、冬場であっても乾燥機が活躍します。使用している部屋によって湿度が異なるため、加湿が必要な部屋と乾燥した方がいい部屋があります。

結露がひどいと思ったら、一時的に除湿乾燥機を使用してみましょう。また、加湿のしすぎで部屋の四隅に湿気が溜まっていることが多く、ここからカビが発生することもあります。日中のうち、短時間だけ除湿乾燥機を使用することで、快適な部屋になるのでおすすめです。

気になる電気代!省エネタイプで節約もできる

乾燥機、と聞くと気になるのが電気代です。ヒータータイプのものは、確かに電気代がかかります。たとえば、洗濯乾燥機のヒーター乾燥などは、洗濯時の28倍の電気代がかかるので、頻繁に使うことがためらわれます。

そのため、おすすめなのがサーキュレーターのような送風タイプの乾燥機を部屋干しの洗濯物に当てるという方法です。湿気を飛ばしてくれるので、普通に干すよりも早く乾かしてくれますし、一度にたくさん干してもまんべんなく風が当たるので効率的です。

省エネタイプの乾燥機も販売されており、商品を選ぶときにも注目したいポイントとなります。乾燥機を購入する際は、電気代についても詳しく調べた上で購入することをおすすめします。

用途で使い分けて乾燥機を使いこなそう!

日本は湿度の高い国ですから、快適に過ごすためには乾燥機は欠かせません。雨季に活躍する場合や、アレルゲンの発生予防、また防臭防菌、清潔に使用するために使用するなど、さまざまな場面で必要となります。

なんとなく不快なまますごすのではなく、乾燥機を利用して上手に湿度をコントロールし、気持ち良く生活を送りましょう。

Related