Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月24日

高圧洗浄機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

「高圧洗浄機」とは、モーターやガソリンエンジンを動力として水に高い圧力を加え、ノズルの先端から噴射することで建物の壁や床などを洗浄する機械装置のことをいいます。家庭用の機種は、屋外において洗車や清掃などに使われますが、庭の草花の水やりなどにも利用されます。

高圧洗浄機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

高圧洗浄機の種類と選び方

高圧洗浄機とは

高圧洗浄機は、今から90年以上前にアメリカで開発されていましたが、それから約20年経過後にドイツのケルヒャー社が「高温高圧洗浄機」の特許を取得し、実用機として販売を始めました。

一般家庭用や洗車用の高圧洗浄機は、モーターやエンジンを動力源としたポンプによって水に高い圧力を掛け、ノズル先端から吐出する水の勢いで泥や油などの汚れを物理的に吹き飛ばす構造となっています。

高圧洗浄機における洗浄効果は、吐出圧力と水量の積算によって決められます。つまり、水圧と水量が多いほど綺麗に短時間で掃除ができることになりますが、逆に水量が多くても水圧が低ければ良い洗浄効果が得られません。

一般的に、水などの液体を圧縮するためには膨大なエネルギーを必要としますので、高圧洗浄機においてはピストン面積の小さい「プランジャーポンプ」を使って、細いノズルの先端からごく少量の水を高圧にする方法を採用しています。

高圧洗浄機の性能

高圧洗浄機の最も重要な性能は「水圧」ですが、メーカーから以下のような数値が公表されていますので、使用条件によって適切に機種選定を行う必要があります。

(1)常用吐出圧力
実際に当該製品を用いて洗浄作業をする状態において、ノズルの先端から噴射される水の圧力を意味します。

(2)最大吐出圧力(最大許容圧力)
当該製品の設計能力の最大値を示すもので、使用時における水の噴射される圧力の上限値を意味します。つまり、使用条件によっては、表示している圧力が出るとは限りません。

一般家庭で使用する高圧洗浄機は、常用吐出圧力が7~9MPsくらいの機種が汎用タイプになっています。しかし、特殊な洗浄対象や業務用の機種によっては、常用吐出圧力が10~15MPsと高圧タイプも販売されています。

圧力の単位

高圧洗浄機の圧力の単位表記は、日常生活ではあまり聞き慣れない国際単位系の「MPs」となっています。1Pa(パスカル)の100倍は1hPa(ヘクトパスカル)、1000倍は1kPa(キロパスカル)、1000000倍はMPa(メガパスカル)となります。

つまり、地球の大気圧(1気圧≒1kgf/cm2)に換算すると「0.1MPa」になります。このように高圧洗浄機から噴射される水の吐出圧は、一般的に70~90気圧になるので取り扱いに注意が必要です。

高圧洗浄機の種類と選び方

高圧洗浄機の種類

高圧洗浄機の種類は、機能面からすると大きく以下のように分類できます。

(1)駆動方式
高圧洗浄機のタイプは、電気で駆動する「モーター方式」とガソリンで駆動する「エンジン方式」の2種類に分類できます。また、モーター方式の中では、50Hzと60Hzの地域で使い分ける「インダクションモーター方式」と全国共用の「ユニバーサルモーター方式」の2種類があります。

(2)給水方式
洗浄水の供給方式では、ホースと蛇口を直結して使うタイプとタンクから給水するタイプの2種類があります。蛇口直結のタイプは使う場所が限定されますが、タンク貯留のタイプは広い範囲で使えますがタンクの持ち運びが大変です。

(3)冷却方式
プランジャーポンプの冷却方式は、水冷式と空冷式の2種類があります。一般的に、水冷式は騒音が少なく空冷式は騒音が大きいので、住宅地域では機種選定に注意が必要です。

高圧洗浄機の選び方

高圧洗浄機に限らず、機械や道具を選ぶ際には使用目的をはっきりさせることが大事なことですす。よくあるキャッチコピーに「何にでも使える」は、往々にして使い勝手が悪くかつ満足に効果を発揮できない場合が多いです。

おすすめの高圧洗浄機の選定は、使用目的を明確にした上で以下のポイントにすると良いでしょう。

(1)洗浄力
高圧洗浄機の洗浄効率は、洗浄水の「吐出圧」×「水量」といわれています。水圧調整が可能なタイプがおすすめで、かつできるだけ常用吐出圧力の高い機種がおすすめです。

(2)騒音
住宅地域の一般家庭で使用する場合は、近所迷惑とならないように騒音の少ないインダクションモーター方式の機種を選ぶことがおすすめです。

(3)節水性
水道水を利用する場合は、無駄な水の使用を抑える必要がありますので、圧力調整できるタイプがおすすめです。また、残水を再利用できるタンク貯留方式がおすすめです。

高圧洗浄機おすすめ人気ランキングTOP3

人気ランキング第3位:日立工機 家庭用高圧洗浄機 水道接続式 FAW105

日立工機 家庭用高圧洗浄機 水道接続式 FAW105
日立工機 家庭用高圧洗浄機 水道接続式 FAW105
口コミ

満足です。家の外壁部の掃除に使用。階段もブロック塀もピカピカです。洗車もピカピカとまではいかないですが、ガソスタの洗車機レベルまでは綺麗になります。

この高圧洗浄機は、節水しながら頑固な汚れを落とすことができる強力な洗浄力がおすすめです。約30分のパワフル洗浄において、約400L(2Lペットボトル200本分)の節水効果があり、とてもお得なところがおすすめです。

また、洗浄ノズルやホースを洗浄機本体の収納できる縦型タイプがおすすめで、洗車や家の周りも楽々洗浄に大活躍です。

人気ランキング第2位:ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 50Hz

ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 50Hz
ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 50Hz
口コミ

容量がありパワーがあります。この春 玄関先もきれいになるでしょう。

この高圧洗浄機は、家庭用の高圧洗浄機として国内最高クラスの吐出圧力(9MPs)を誇るところがおすすめです。駆動方式にはインダクションモーター(50Hz用・60Hz用別)を搭載し、低騒音で耐久性が高いところがおすすめです。

なお、水道蛇口にワンタッチで着脱ができる専用カプラーが付属しています。また、水道が引かれていない場所でも使える自給機能付き(別売り)なので、広範囲に使用できるところがおすすめです。

人気ランキング第1位:ケルヒャー 高圧洗浄器 K2クラシックプラス K2CP

ケルヒャー 高圧洗浄器 K2クラシックプラス K2CP
ケルヒャー 高圧洗浄器 K2クラシックプラス K2CP
口コミ

長年CMなどで見てきましたが、去年の年末ぎりぎりに大掃除用に購入しました。いやー、CMの通りの効果にとても驚いたし、使用する時の爽快感がすごいですね!玄関外で使用していたら汚れが落ちる落ちるで驚きました。今までゴシゴシたわしで洗っていたのが何だったのかと思うくらいです。

この高圧洗浄機は、とにかく軽量でコンパクトなところがおすすめです。本体重量が約3.9kgしかないので、持ち運びが簡単で楽に作業ができます。

なお、操作が簡単な圧力調節機能が付いているので、洗車や網戸の洗浄など自由に使い分けが可能なのでおすめです。また、本体の背面にノズルの収納ができるので、スッキリコンパクトに整理整頓できるりころがおすすめです。

付属品として洗剤用のタンクが付いているので、落ちにくい汚れおとしにも便利でおすすめです。

特徴・用途別おすすめの高圧洗浄機

洗車におすすめの高圧洗浄機

ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 (標準セット) 60Hz
ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 (標準セット) 60Hz
口コミ

思っていた以上に水圧が高くてとても使いやすいです。農機具にはとてもいいです。

この高圧洗浄機は、最大吐出圧力が12MPsと非常に高いところがおすすめです。しかも、常用吐出圧力が9MPaと家庭用高圧洗浄機としては上位に位置しているところがおすすめです。

その反面、モータはサイレント使用なので住宅地においても、近所迷惑を掛ける心配もないので気軽に使えるところがおすすめです。

業務用におすすめの高圧洗浄機

工進 エンジン式高圧洗浄機 14mpa 車輪付タイプ JCE-1408UDX
工進 エンジン式高圧洗浄機 14mpa 車輪付タイプ JCE-1408UDX

¥ 69,751

口コミ

1台目が不良品でしたが交換してもらった品は問題ありませんでした。 アマゾンの対応は丁寧でしたが返品不可品なんで、そこだけは注意してください。

この高圧洗浄機は、建築現場やビルメンテナンス以外にも、農機具の洗浄や墓石の清掃用としても幅広く利用できるところがおすすめです。

駆動方式は、エンジン式なので場所を限定されることがなく、自吸性能が垂直1.5mもあるところがおすすめです。なお、豊富なオプションパーツが用意されており、カスタマイズ対応にも優れていることろがおすすめです。

エアコン用おすすめの高圧洗浄機

【高圧洗浄機 掃除用品】3気圧 100℃高圧蒸気洗浄 ハンディスチームクリーナー (B048)
【高圧洗浄機 掃除用品】3気圧 100℃高圧蒸気洗浄 ハンディスチームクリーナー (B048)
口コミ

水だけで掃除ができるのでとても便利です。 犬を飼っているので洗剤を使えないところも綺麗にできてよいです。

この高圧洗浄機は、洗剤では落としきれない頑固な汚れを高温・高圧のスチームで浮かしておとし、ピカピカにしてくれるところがおすすめです。

女性でも取り扱いが簡単な重さ1.5kgと小型・軽量なところがおすすめで、丸ブラシ・直角ノズル・窓用ワイーパーなど各種のアタッチメントが付属しているところがおすすめです。なお、使い方は付属の上戸で水350mlを注入後、電源を入れてから4分間待ったらOKです。

タンク用おすすめの高圧洗浄機

ボッシュ 高圧洗浄機 UA125
ボッシュ 高圧洗浄機 UA125
口コミ

自動車整備業での使用に購入しましたが スチームほどの強力さがなく 最近の電子化された車にとって丁度よい洗浄力です。価格的にも価値があります。

この高圧洗浄機は、多様な洗浄シーンに使える優れています。タンクの洗浄以外にも階段の縁や雨樋、2階の窓の清掃などにも利用できるところがおすすめです。

高圧洗浄機の付属品としてロータリージェット・扇状ジェット・集中ジェットと3種類の機能が一体となった「3in1ノズル」と、階段の縁・雨樋・2階の窓の製造に活躍する「90°変換ノズル」が標準装備されているところがおすすめです。

また、コンパクトな収納性や優れた機動性などが特徴で、高圧洗浄機の付属品の全てが一括収納できるところがおすすめです。

小型がおすすめの高圧洗浄機

アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-301
アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-301

¥ 11,640

口コミ

価格も安く大変コンパクトで軽く使い良いです。あとジェットの調整ができたらいいと思います。

この高圧洗浄機は、驚くほどコンパクトなのが最大のウリで、A4サイズにスッポリ収まるところがおすすめです。本体重量は3kgと超軽量なので、女性でも楽々持ち運びができるところがおすすめです。

そのため、この高圧洗浄機は狭いところでも扱いやすく、特に浴室やベランダの汚れ落としの高圧洗浄機としてしも最適です。小型の割には最大吐出圧力が7.5MPsと文句なく、付属の広角ランスを使えば水道の約18倍の水圧で潜像できるとことがおすすめです。

コードレスおすすめの高圧洗浄機

日立工機 18V コードレス高圧洗浄機 AW18DBL(LJC)
日立工機 18V コードレス高圧洗浄機 AW18DBL(LJC)

¥ 91,260

口コミ

値段は張りますが中々良い製品だと思います。 たとえば水道・電気が用意出来ない場所(マンションの駐車場や広場)等で容易に車などが洗えます。 長所・・・タンクは小さいですが車1台くらいは洗えます。(電気:バッテリー接続・タンク:水を入れるだけ) 短所・・・ただし100V用の高圧洗浄機等に比べると水圧が弱いですね。あとは当然水を入れると重たいです。

この高圧洗浄機は、高容量のリチウムイオン電池によって何処でも使えるコードレスで高圧洗浄を実現したおすすめの逸品です。この高圧洗浄機の吐出圧力は、0.5~2.0MPsの範囲で自由に可変でき、かつ連続35分間の連続洗浄作業ができるところがおすすめです。

高圧洗浄機に取り付けるノズルは、ショートノズルなので作業の取り回しも良く作業に必要な付属品も本体のポケットにラクラク収納でき、しかも全て持ち運びができて便利なところがおすすめです。

水道や電源のない所での洗浄作業も使用可能なので、広い敷地内の作業には打って付けのおすすめの高圧洗浄機です。

価格が安いおすすめの高圧洗浄機

メルテック ポンピングウォッシュ 5L Meltec DPW-05
メルテック ポンピングウォッシュ 5L Meltec DPW-05

¥ 2,160

口コミ

車の洗車用に購入しました。ちょっとした汚れが気になり、洗車場に行くまでもない時に利用しています。他にも、子供の自転車の泥汚れを洗い流したり、ベランダの汚れ落としに使うことも。洗車用としては、もう少し威力が欲しいものの、我が家では活躍しています。

この高圧洗浄機は、低価格なのでもちろん手動加圧式です。そのため何処にでも簡単に持ち運びができるところがおすすめです。基本的には、洗車用として使用するものですが、それ以外にもマリンスポーツやキャンプなどのレジャーにも大活躍。

この高圧洗浄機の噴射ノズルは、ストレート噴射からシャワー噴射まで無段階調節が可能なので、自転車やバイクのお手入れ、あるいは農作業やペットの洗浄まで使えるところがおすすめです。

音が静なおすすめの高圧洗浄機

日立工機 18V コードレス高圧洗浄機 AW18DBL(LYP)
日立工機 18V コードレス高圧洗浄機 AW18DBL(LYP)

¥ 94,068

口コミ

自宅から少し離れた、電源も水道もない駐車場での洗車に利用しています。コイン洗車場の高圧洗車場のような水圧はありませんが、こびりついた鳥のフンを洗い流すのには十分なパワーがあります。大型のSUV、まずは十分な水流で汚れを落とし、洗車スポンジでシャンプーした後、仕上げで洗い流しても、タンクの水は1/3くらい残ります。

この高圧洗浄機は、ブラシレスモーターの採用によって、とにかく稼働時の音量が72dBと低騒音なのがおすすめです。ポータブルタイプなのに水道水圧の7倍とパワフル洗浄を実現し、優れた操作性と高い節水性が自慢の逸品の高圧洗浄機です。

この高圧洗浄機は、ワンタッチでホースが着脱できショートノズル採用することで作業に合わせて直噴社から拡散噴射までできるところもおすすめです。なお、別売りの部品を使用することで水道水に直結しても、溜水を使用してもどちらで洗浄作業がも可能です。

おすすめの高圧洗浄機メーカーと代表製品の紹介

高圧洗浄機は、機能や性能あるいは使用目的によって「家庭用」と「業務用」の大きく2つに分けられます。例えば、家庭用として使いたい場合は、それらを加味して機種選定する必要があります。いくら性能や機能が良いからといっても、使い勝手が悪く無用の長物になりかねません。

大雑把に言うと、家庭用と業務用の高圧洗浄機は「洗浄性能(水圧・水量)」と「耐久性」に違いがあります。一般的に、家庭用の高圧洗浄機の場合は、吐出圧力とすれば7~10MPsで水量は400l/Hrです。一方の業務用の高圧洗浄機の場合は、吐出圧力は15~20MPs以上で、水量は2倍以上の900l/Hrくらいとなっています。

そのため、特に業務用の高圧洗浄機の場合は、高水圧・長時間の使用に耐えるため使用する部品などは耐久性の高い高価な材質を使用しているため、通常はランニングコストの費用の高くなりますので、機種選定の参考にしてください。

ケルヒャージャパン株式会社

ケルヒャージャパン(株)は、1988年(昭和63年)に設立されケルヒャーベタイリグングスが100%出資する日本法人であり、本社を横浜市北区に置いて家庭用と業務用の清掃・洗浄システムを販売する会社です。

家庭用の製品は、電動式・エンジン式の高圧洗浄機を始め、散水機・バキュームクリーナー・スイーパー・スチームクリーナー・窓用バキュームクリーナーなどを取り扱っています。

また、業務用の製品は、コードレス高圧洗浄機・バキュームクリーナー・床洗浄機・カーペットクリーナーシティークリーナーなど各種の洗浄・清掃機器などを取り扱っています。

ケルヒャー 高圧洗浄機 K5 サイレント カー&ホームキット
ケルヒャー 高圧洗浄機 K5 サイレント カー&ホームキット

¥ 62,618

口コミ

K400は気に入って使っていましたが、数年使ってきて電源が入らないときがある、水圧が弱くなると、いかにも寿命というような状態になりました。そこでK400よりもよりパワーがあるとされる本商品を買いました。

この高圧洗浄機は、洗車や家の外構の掃除用としてケルシャーが誇る静音の最上級モデルです。そのため、住宅街での使用においても近隣の迷惑を気にすることもなく、家周りのさまざまな用途に対応できる水冷式静音タイプのおすすめの高圧洗浄機です。

付属品として付いている少し長めの12m高圧ホースは、玄関周り・バルコニー・ベランダ・カーポートなどの清掃にも便利で、本体にガンホルダーや電源コードのフックが付いているので、異動や収納にとても便利なところがおすすめです。

なお、使用場所によって水ハネ防止のための圧力調節ができるので、頑固な汚れ落としでもデリケートな面の汚れ落としでも、素材を傷つける心配がないので安心して使えるところもおすすめです。

リョービ株式会社

リョービ(株)は、1943年(昭和18年)に設立され、広島県府中市に本社を置き主にダイカスト製品・建築用品・印刷機器などの製造・販売を行っている会社です。

もともとリョービ(株)が発足した当初は、専ら自動車産業向けにさまざまな構成部品を製造・販売していましたが、それらの技術や経験を活かして建築用品や印刷機器などの完成商品を手掛けて事業拡大を図ってきました。

ちなみに、2017年(平成29年)にはリョービ(株)を分割して新会社を設立し、同時に京セラへ株式譲渡を行って新会社は「京セラグループ」の一員として、パワーツール事業を運営しています。そのことに伴い、パワーツールの製造・販売・アフターケアーなど全て業務が新会社に移管されました。

リョービ 高圧洗浄機 AJP-2100GQ 667400A
リョービ 高圧洗浄機 AJP-2100GQ 667400A
口コミ

大掃除が楽になりました。雨戸や網戸を外して一枚ずつ洗剤をつけてこすっていましたが、洗剤いらずです。しかも汚れ落ちが早い。3日ぐらいの予定の大掃除が半日で完了しました。ちなみにK社からの買い替えです。

この高圧洗浄機は、2014年(平成26年年度)に「グッドデザイン賞」を受賞した新開発商品であり、従来機に比べて体感音量を50%カットした静音モデルです。そのため、騒音が気になる環境でも気兼ねなく高圧洗浄できるところがおすすめです。

特にこの機種(AP-2100GQ)は、プロ仕様並みの耐久性を実現したモデルであり、一般家庭用でありながらメーカー比において、従来機の約3倍の耐久時間を実現しているところがおすすめです。

操作面においても、15mの耐圧ホースがスッキリ収納できるホースリール(ガイド付き)や、貯留水の効率的利用を実現したエアバルブ付きの自給機能が装備されているなど、使い勝手においても収納性においても、誰でも簡単に取り扱いできるところがおすすめです。

日立工機株式会社

日立工機(株)は。1948年(昭和23年)に日立グループの一員として設立されました。本社を東京都港区に置き電動工具の製造・販売を行っていましたが、2017年(平成29年)に米国の投資会社(KKR:コールバーグ・クラビス・ロバーツ)に買収され日立グループから独立しました。

主に電動工具としてプロ仕様やDYI仕様の電動ドライバー・グラインダー・釘打ち機など、なたライフサイエンス機器として遠心分離機や真空ポンプなどの産業機械、あるいは園芸用工具・各種アクセサリの外、食品機械の製造・販売を行っています。

日立工機 家庭用高圧洗浄機 水道接続式 FAW110SB
日立工機 家庭用高圧洗浄機 水道接続式 FAW110SB
口コミ

私は仕事の道具は全て日立工機と決めてます。修理や消耗品交換など日本メーカーの方が安価に思えます。高圧に関しては消費電力が海外メーカーに比べて低いのでアンペアの低い現場でも他の電気機器と併用することができます。

この高圧洗浄機は、ノズルやホースを本体に収納できるスマートな縦型タイプで、節水しながら頑固な汚れを落とす強力な洗浄力がおすすめです。洗車を始め、家の周りを隅々までパワフルにラクラク洗浄できます。

この高圧洗浄機の節水力は、30分間の洗浄で約400L(2Lペットボトルで200本相当)の節水効果があります。これは、従来の水道使用量に対して約1/4となり、その効果が際立っているところがおすすめです。

なお、洗浄作業において洗浄する対象に合わせ、3種類の噴射パターンが選べるます。ちなみに、汚れが酷い農機具などは「直噴ノズル」、バイクや車の洗車には「拡散ノズル」、しつこい汚れを効果的に洗浄するには「ターボノズル」に切り替えできるところがおすすめです。

高圧洗浄機の使い方・活用方法

高圧洗浄機の正しい使用手順

高圧洗浄機は、7~10HPs(70~100気圧)という高圧水が噴射されますので、洗浄作業を始める前に洗浄する対象物や周囲に余分なものを置いていないかを確認してください。誤ってトリガーを引き噴射すると事故や怪我の原因になりますので、くれぐれも安全に注意してください。

(1)準備
運転前の準備では、ノズルの安全ストッパーの固定、ガンとランスの固定、高圧ホースと本体の固定など、安全に関わる事項を確認してください。

(2)運転
運転に先立って、洗浄物に応じた噴射パターンを選択します。洗浄面に対して概ね45°くらいの噴射角度を保ち、汚れの落ち具合を見て適切な吹きつけ距離を選んでください。

外付けフィルターの活用

高圧洗浄機を上手に使うためには、洗浄効果はともかくとして上手な「節水」がポイントですが、高圧洗浄機を長持ちをさせるためには「フィルターの活用」がもう1つのポイントです。

高圧洗浄機には、通常本体内部と吸水口に小さなフィルターが付いています。これは、水に混入している微細なゴミや異物を除去する目的で付いています。仮に、ため池や風呂の残り水を使う場合は、水道直結で使う場合より間違いなく異物混入の可能性が増えます。

高圧洗浄機を長持ちさせるためには、サクションホースと本体の間に「外付けフィルターボトル」を取り付けることによって、ダブルで効果的な異物除去ができますので試して見てください。

「高圧」の取り扱いは要注意!

一般家庭の蛇口から出る水圧は、多少バラツキがあっても「0.2MPs」くらいです。高圧洗浄機の場合は、その数10倍の7~10MPaという高圧ですから、誤った取り扱いをすると思わぬ怪我や事故の原因になります。

ところで、水圧を利用した装置に「ウォータージェット」と呼ばれる機械があります。これは水圧を利用した「工業用カッター」のことですが、300MPsの超高圧水を噴射し厚さ20cmのチタン材などを切断します。ちなみに、水の噴射速度は「秒速500~800m」にもなるそうです。

また、「高圧」と名が付くものに「ガス」や「電気」があります。取り扱いを誤るとガスは「爆発」する危険性がありりますし、電気は「感電死」する可能性があります。

いずれにしても、「高圧」と名が付く洗浄機を含め装置や機械などの取り扱いにはさまざまな危険が伴っていますので、細心の注意を払って適切な使用方法に心掛けましょう。

Related