Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月05日

防草シートおすすめおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

雑草退治はいつの世も人の頭を悩ましてきました。最近は防草シートという雑草退治グッズが出現し、あちこちで活躍しています。お墓の管理や空き地管理では、プロもおすすめの防草シートが、その効果を発揮し、雑草退治に今や防草シートはトレンド商品です。

防草シートおすすめおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

防草シートおすすめの種類と選び方

最近は農家の後継者不足もあり、休耕田・休耕畑が増えています。休耕するのは致し方がないとしても、困るのは雑草の処理です。放置しておくと大型の雑草があっという間に増え、手に負えなくなります。こういう時に役に立つのが防草シートです。

防草シートにも色々の種類があります。用途によって大面積用から狭い場所用、休耕田や休耕畑から空き地用など、色の種類や幅の種類や長さの種類も色々です。ここではそれらを詳しく紹介していきます。

防草シートおすすめの種類

用途別おすすめの種類:色

防草シートには、黒色・緑色・茶色・白色の4種類があります。それぞれ使用する場所によって、おすすめする色の種類も違ってきます。

1、緑色の防草シート:道路わきの緑地帯や花壇の中・植木の下など、景観が重視される所には、緑色の防草シートがおすすめです。

2、茶色の防草シート:墓地などの砂利下や道路わきでも、緑地でない所には茶色の防草シートがおすすめです。

3、白色の防草シート:太陽光の反射を目的とした場所には、白色の防草シートが利用されます。これは太陽光への光の反射を生かすためにもおすすめです。

4、黒色の防草シート:最もポピュラーな防草シートです。黒色には幅や長さでも色々の種類がありますが、大面積の防草には、長さも幅も種類の多い黒色のシートがおすすめです。

用途別おすすめの種類:長さと幅

防草シートを使用する土地の状況によっても、使用する防草シートの種類(長さや幅)を変えることをおすすめします。

1、休耕田や休耕畑などの広大な場所には、黒色か緑色のもので、幅も2メートル~4メートル物がおすすめです。ただ幅が3メートル・4メートルとなると、運搬に大型車両が必要になるので、大型車両で搬入できる場所に限ります。このことは頭に入れておきましょう。

2、家の周りの防草には、幅が1メートル位の物が扱いやすいでしょう。色は緑色でも黒色でも、場所によっては茶色でも良いでしょう。白色はおすすめできません。

3、畑などで太陽パネルを設置している所や、果物の樹木(リンゴ・もも・なしなどの木)の下草の防草には、白色がおすすめです。太陽光には光反射しますし、果物には太陽光を下からも反射させるので、生育にプラスになりますからおすすめです。

防草シートおすすめの選び方

防草シートを選ぶ時は、まず目的を良く考えて選ぶことをおすすめします。休耕田や休耕畑、果樹園や空き地などの広い所で使用する時は、次の事を考えて選びましょう。

広い土地に使用する防草シートのおすすめの選び方は、
1、耐用年数を考えて選ぶ(頻繁に貼り変えるのは大変だからです)。
2、周りとの調和を考えて色を選ぶ。

3、生えている雑草の種類を考えて選ぶ。
4、透水性のあるものを選ぶ。

花壇などの防草には次の点を気を付けて選ぶことをおすすめします。
1、色は緑色のものがおすすめです。
2、幅は余り広くないものがおすすめです。

3、カットしてもカット面がほつれないものがおすすめです。

砂利下に敷く場合のおすすめの選び方は、
1、色は茶色系がおすすめです。
2、透水性のものがおすすめです。

3、カットしやすいものがおすすめです。
4、耐用年数の良いものがおすすめです。

防草シートおすすめ人気ランキングTOP3

防草シートおすすめの人気ランキング第3位:スミリン・セパレート・シート

防草シート
防草シート
口コミ

草が生えず良いかと思います。ハサミで希望の大きさにカット出来るのも良いですね!

住友林業のスミリン・セパレート・シートは、自然との調和や景観を重視した、マルチングシートです。セパレートシートをさらに高密度・遮光性・耐貫通性をアップさせ、抑草力を強化したシートです。

通気性と透水性もよく、しなやかなので土壌の凹凸にも対応力があります。薄型で軽量なので取り扱いやすく、ハサミやカッターで簡単にカットできるので、施工後の見た目も悪くありません。

防草シートおすすめの人気ランキング第2位:エコナル

プロも認めた 防草シート
プロも認めた 防草シート
口コミ

今までの防草シートは雨が溜まってしまって、近くの植木が枯れてしまった(水分不足のせい?)のですが、水がしっかりと土に行き渡るので、庭の何処に敷いても大丈夫そうだなと思っています。今まで買っていたシートよりも厚手なので、防草効果も期待できそうです。

エコナル防草シートは、株式会社アイ・エイチ・エスの製品です。その特徴は次のようなものになります。

1、高い遮光率と高密度な不織布でスギナもブロック。
2、透水性がある。

3、再生PET製品。
4、サラサラ加工で枯葉や砂などが絡みずらい。

5、低価格で購入しやすい。
6、ダークグリーンで景観にマッチする。
7、シートの厚さが約0.5mmとしっかりしている。

防草力もあり耐久性もあるので、人気の防草シートです。

防草シートおすすめの人気ランキング第1位:ザバーン

 防草シート ザバーン 240BB 1×30m
防草シート ザバーン 240BB 1×30m
口コミ

建物北面への露天で設置ですが、施工してから雑草が全く生えなくなりました。施工性も通水性もよく、値段が高いだけのことはあります。下地の養生が重要ですが。追加で必要になったらまた購入予定です。

米国デュポン社で開発した、ポリプロピレン・4層スパンボンド不織布の防草シートです。太目の繊維を用いて製造されているので強度もあり、雨水や液体肥料を通しやすく、抑草効果も抜群の人気の防草シートです。。

製品の特徴としては、
1、雑草の抑制力が抜群:強度が高くイネ科の植物、スギナ・チガヤ・ヨシなどの貫通力の高い植物の生育を完全に抑制します。
2、透水力が抜群:透水力もあり空気も良く通すので、再耕作のためにも良い製品です。

3、砂利下には最適:砂利は沈下しやすいですが、ザバーン防草シートを敷くと、砂利の沈下がなくなるので、砂利の補充が必要なくなります。

4、耐久力が抜群:長期的に紫外線や風雨などの外気にさらされる場所でも劣化しにくく、砂利下などでは、半永久的に効果を持続できる優れた製品です。

5、扱いやすさも抜群:軽くてカットも簡単、傷も付きにくく、環境にも優しい製品です。

特徴・用途別おすすめの防草シート

砂利下におすすめの防草シート

砂利下には、できれば防草シートを敷きたいです。なぜなら雨水の浸水や霜柱・雪による影響、また人が歩いたりしても、長期間になると砂利面が沈下します。

防草シートを敷くと、それらの外的刺激を受ける事がなくなり、地面も沈下しません。耐用年数の長いものを使用すれば、紫外線や外的刺激を受けないので、半永久的に防草シートは役目を果たします。

砂利下におすすめの防草シートは、次のような条件を考慮して選ぶことをおすすめします。
1、透水性があること。
2、耐用年数が長いこと。

3、貼り替えるのは大変なので、抑草力がしっかりしていること。

墓地の砂利下や面積の狭い中庭、住宅の周りの敷地などに砂利を敷く場合は、砂利下専用の草なしシートがおすすめです。

防草シートにおすすめのピン:休耕田や休耕畑用

防草シート用 コ型止めピン
防草シート用 コ型止めピン
口コミ

自宅の庭に防草シートを貼るのに購入しました。想像していたより大きなものでした。 しっかり留められて 良かったです。 金槌を使って留めました。

防草シートを止めるピンは色々ありますが、おすすめのピンはU字型のピンです。大きい面積の土地、休耕田や休耕畑には、20㎝以上30㎝の物がおすすめです。しっかりしたピンで防草シートを固定しないと、強風などで防草シートがめくれてしまうからです。

休耕田や休耕畑使用には、できれば材質はステンレス製がベストです。鉄製だと錆びやすいからです。ピンを打つ間隔も、余り遠いと固定度が下がるので、なるべく1m~1.5m位の間隔でピンを打ちましょう。

防草シートにおすすめのピン:砂利下用

セフティー3 マルチシート押え
セフティー3 マルチシート押え
口コミ

価格的にもっと粗雑かと思って予備として注文しましたが、予想以上にしっかりした商品で驚きました。追って追加注文の予定です。

砂利下に敷く防草シート用にも、ピンはU字型が望ましいですが、マルチシート抑えのT字型のピンでも充分です。砂利を敷く場合は地面も平らにならしますし、その上に砂利も敷くので、頑丈なU字型の長いピンでなくても充分役目を果たすでしょう。

この種のピンは錆びることもないので、砂利下に使用するには適していると言えます。また値段も安いので、大量に購入してもコスト的にもおすすめです。

耐用年数の長い防草シートのメリット

防草シートおすすめおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

防草シートは除草剤の使えない果樹園や、休耕田や休耕畑の除草・花壇や砂利下など、最近は手間暇を軽減する意味でも、需要は高まっています。防草シートの耐用年数が長いと、色々のメリットがあります

耐用年数が長い場合のメリットは、
1、除草するという手間暇が長期間で省ける。

2、除草剤をまけない場所の抑草対策に好都合。
3、太陽光などの反射を長期で利用できる。

耐用年数の長い防草シートの最大のメリットは、厄介な除草が長期間しないで済むことです。特に広範囲の空き地や休耕田・休耕畑には、手間暇の軽減には耐用年数の長い防草シートは歓迎されるでしょう。

防草シートは水はけの良いものがおすすめ

防草シートを選ぶ場合は、透水性の高いものを選ぶことをおすすめしますが、施工する場合、防草シートを貼る場所の水はけも良くしておく事が肝要です。

地面の水はけが悪いと、防草シートに透水性があっても、そのまま防草シートを敷いたのでは、水たまりは解決されません。防草シートを敷く前に砂を敷いてから、防草シートを貼ることをおすすめします。

一度砂を敷いて防草シートを貼れば、防草シートが地面にピッタリ貼れるので、仕上がりも良くなり、耐用年数も上がります。

人工芝は防草シートの代わりになるか?

リアル人工芝
リアル人工芝
口コミ

3連休に早速敷いたところ、近所の人に「ずいぶん綺麗な芝だねぇ」と言われました。 毛足が長いため、繋ぎ目も殆ど目立ちません。ただ真っすぐカットするのに苦労しました。家庭用のはさみだと切るのがやっとです。

いかにも防草シートです、という見た目を気にする場合、防草シートの代わりに人工芝を代用する人もいます。人工芝は厚いジュ―タンみたいなものですから、雑草の生育は抑えられますが、防草を目的として作られたものではないので、雑草は生えます。

人工芝で防草したい場合は、人工芝の下に防草シートを貼ることをおすすめします。見た目の景観も良いですし、防草シートと人工芝の両方で雑草の生育を阻むので、かなり長期的に防草効果を期待する事ができるでしょう。

ただコストは高くなるので、余り広い場所にはおすすめできません。庭の隅の雑草が生育しやすい場所などには雑草退治として利用するのはおすすめです。

防草シート用のテープの使い方

 防草シート補修テープ
防草シート補修テープ
口コミ

補修テープがあるのは知りませんでした、小さな杭の隙間から出てきた雑草を抜くと、破れたり捲れたりするので重宝しています。

防草シートの補修用テープは、粘着力の強いテープです。ピンの上やシートの合わせ目・防草シートが破れた時などの補修用として使います。防草シートと防草シートの合わせ部分から、風が吹き込まないようにするのにも便利なテープです。

野外の広い場所で防草シートを貼る場合には、固定ピンと併用することで、ピン穴や合わせ目から生える雑草の防止にも効果的です。

おすすめの防草シートとおすすめのメーカー・ブランド3つと代表製品

おすすめの防草シート

防草シートの用途は、除草の手間を軽減することが第一の目的です。それには耐用年数が長くて、防草の効果も高いものが求められるところです。ここではおすすめの防草シートの特徴とその効果などを紹介します。

防草シートは、1、どれだけ雑草の生育を防げるか、2、遮光性がどれだけあるか、3、強度はどうかなどが問われる商品です。

万能型防草シートとして、バザーン240をおすすめします。理由は、
1、厚さが0.64mmと厚いこと。
2、太い不織布繊維が編み込まれているので、雑草をしっかりガードしてくれる。

3、透水性にも優れており、必要な水や空気・肥料だけを通します。
4、繊維がポリプロピレンなので加工もしやすく、ハサミなどで簡単に切れる。

5、サイズも豊富で、砂利下用としてもむき出し用としても万能型で、初めて取り扱う人にも、扱いやすいという点でもおすすめです。

防草シートおすすめのブランド3つと代表製品

おすすめの防草シートブランド:住友林業の代表製品

スミリン・セパレート・シート®
スミリン・セパレート・シート®
口コミ

車庫の空き地部分の雑草対策として、張りました。こんなにはっきりと効果が出るのなら、もっと早くに実行しておくべきでした。 大型ごみ袋10袋分くらいの雑草抜きの労力が省けました。人目につきやすい所なら緑がいいと思います。

住友林業のセパレーツ・シートは、多目的に使用できる軽量・高強力シートとして人気があります。適度な通気性と透水性があり、植物の生育は妨げませんが、雑草の突き抜けはしっかり抑え、飛来種子の着根もちゃんと防ぎます。

薄型なので土壌に馴染みやすく排水性は抜群です。ハサミやカッターで簡単にカットができるので、初めての人でも扱いやすいのでおすすめの製品です。ほつれが無いため接着材によるブロックとの接着も可能です。低コストなので広範囲での使用には向いています。

おすすめの防草シートブランド:アイ・エイチ・エスの代表製品

プロも認めた 防草シート
プロも認めた 防草シート
口コミ

近所のホームセンターの除草シートが頼りなかったのでネットで買ってみましたが、厚みがあってしっかりした作りです。 庭の形に合わせてハサミでカットしましたが、切りっぱなしでもほつれないので、切ってそのまま敷きました。

プロも認めるという防草シートですが、大きい面積の土地を、できるだけ低価格で防草したいという人におすすめのシートです。スギナなどの強害雑草も防ぎつつ、値段もお手頃に抑え、機能性と価格を両立させたのがエコナル防草シートです。

むき出しの使用には、ダークグリーンの色合いが景観にマッチするのでおすすめです。砂利下使用では半永久的に機能するのが、エコナルの強みです。

おすすめの防草シートブランド:デュポンの代表製品

防草シート ザバーン 240BB
防草シート ザバーン 240BB
口コミ

建物北面への露天で設置ですが、施工してから雑草が全く生えなくなりました。施工性も通水性もよく、値段が高いだけのことはあります。下地の養生が重要ですが。追加で必要になったらまた購入予定です。

防草シートメーカー「デュポン社」の代表製品は、「バザーン240BB」です。その特長は、材質がポリプロピレン・4層スパンボンドの不織布であることです。

強度を増すために太い繊維を用いているので、イネ科の植物やスギナ・チガヤ・ヨシなどの貫通力の高い植物にも十分対応します。

親水性と耐候性にも優れているので、雨水がたまったりもせず、温度の変化にも強いので劣化が進みませんから、耐用年数も期待できます。

防草シートおすすめの使い方・活用方法

防草シートのおすすめの使い方:墓地の防草として

防草シートの使い道として、最近はお墓の砂利下に使用される事が多いです。お墓も年々管理するのが大変になっています。お墓守りをする遺族がいなかったり高齢化したりで、業者に依頼して防草工事をして貰うケースが増えています。

日本でも、かってのように土葬というのがほとんどなくなりましたので、防草するのも可能になっています。余り広い墓地でなければ、ある程度の時間をかければ、少しの人足で自力での防草工事は可能です。

一度防草工事を施工すれば、半永久的に雑草の抑制は大丈夫ですから、低コストで防草工事をしたい場合は、自分の力でやって見るのもありでしょう。

防草シートおすすめの使い方:休耕田・休耕畑の防草用に

後継者不足などで、地方では田畑の休耕地が増えています。雑草は勢力がありますから、放置すると手に負えなくなります。そういう場所に有効なのが防草シートです。

田畑となると大面積ですから、かなりコストもかかりますが、休耕田畑ですと、草刈りでも年間になると少なくとも4回か5回は刈り取りが必要です。その手間暇や労力を考えると、防草シートを貼ることのメリットの方が大きいです。

防草シートおすすめの使い方:花壇の防草用に

大きい小さいに関わらず、花壇のあるお庭のお手入れは大変です。除草剤は使えませんので、大抵は手作業で除草しなくてはなりません。そんな時も防草シートを上手く利用すれば、雑草の除去にはかなり手間が省けます。

防草シートおすすめの使い方:果樹園の除草用に

ブドウ・桃・リンゴなどの果樹の根元などには、除草剤をまくことはできません。根元だけでも防草シートを貼ると、除草にもなるし、果樹への反射光の効果もあるので、防草シートの利用価値はあります。

防草シートおすすめの使い方:太陽光パネルの設置下に

最近は太陽光パネルが、空き地や休耕田畑に設置されている光景を見かけますが、実は雑草対策が問題になっています。こまめに除草しないと、蓄熱効果を下げるほどの雑草被害に見舞われるからです。

そういう場所でも最近防草シートが活躍しています。除草剤も計算してみるとかなりコストが掛かりますし、草刈はもっと大変です。防草シートは一時的にはコストもかかりますが、一度貼ってしまうと、長い耐用年数のものであれば10年という長期の防草も可能です。

太陽光パネル設置前に防草シートを貼ってしまうと、防草シートの反射光で、太陽光の効率も上がるという報告もあるので、防草シートを使ってみる価値はありそうです。

防草シートの貼り方:墓地

墓地に防草シートを貼る場合の貼り方は、次のようになります。まず貼る前に揃えるもの。は、

1、防草シート
2、防草シート抑えピン
3、ハサミかカッター
4、メジャー
5、軍手とハンマー
6、砂利

次に防草シートを貼る順序を紹介します。
1、草を取り除きます。
2、砂利と防草シートを貼る分の土を取り除きます。

3、防草シート(透水性のあるものを選ぶ)を貼ります。
4、砂利を敷きます。
以上で墓地の防草工事は終りです。

お墓の広さにもよりますが、2・3人で工事することをおすすめします。

防草シートの貼り方:更地や空き地・休耕田や休耕畑

砂利や人工芝など、防草シートの上に何も乗せないむき出し状態で使う場合の貼り方を紹介します。揃える物は上記の準備品の「砂利」以外のもので、作業は次のとおりになります。

1、まず除草します。
2、地面に凸凹があれば、できるだけ平らにしておきましょう。

3、防草シートはなるべく2人以上で貼りましょう。
4、一方の端を誰かに抑えて貰って、1人がシートを少しずつ転がして敷きます。

5、3人いれば一人がピンを打っていきます。
6、2列目を貼る時は、継ぎ目を少し重ねるように貼ります。

7、継ぎ目には、粘着テープを貼ると万全です。

今は除草より防草の時代です

かって雑草との戦争は除草でした。家の周りの草むしり、お墓の草むしり、休耕田や休耕畑の刈払機での草刈り、でも雑草の勢いは止まりません。人は段々疲れてきました。そんな時に登場したのが防草シートです。

コストはかかりますが、最近は防草シートの精度も品質も向上し、耐用年数が伸びてきたことで、一時的な投資で除草の手間暇を削減する事が可能になっています。防草シートを上手に使いこなして、長期の防草に挑戦してみましょう。

Related