Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月05日

ホコリ取りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

毎日掃除してもでてくるほこり、みなさんはどうしていますか。このほこりを取るために現在さまざまな商品が開発され販売されています。ほこりを取るのにおすすめの商品をわかりやすく紹介していきます。人気の商品を参考にお気に入りのほこり取りを見つけましょう!

ホコリ取りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ほこり取りの「種類」と「選び方」は?

ほこりとは、「粉のような細かなちり」のことを表します。毎日でるこのほこりに悩まされている人は多いのではないでしょうか。数あるほこり取りの中から、おすすめのグッズをピックアップして紹介していきます。その前に、ほこり取りの種類と選び方について少し見てみましょう。

ほこり取りの種類

ほこりは、繊維から出る糸くずや髪の毛・ダニ・カビの胞子・フケなどから成っています。ほこり取りの多くは、このほこりの種類や性質、大きさなどにより分類されています。例えば、目に見えないナノ単位のほこりを取るものや、大きな粒子のほこりを取るもの、空気中に浮遊しているほこりを取るものや、落ちて散らばったほこりを取るものなど、さまざまです。

また、空気を吹きつけて取るものや、吸いこんで取るものもあります。この多種多様なほこり取りは、ほこりの種類や性質、大きさに合わせ、独自の機能をもって販売されています。

ほこり取りの選び方

上記で述べたように、ほこり取りにはそれぞれさまざまな独自の機能があります。商品を選ぶ際は、店員に話を聞いたり、説明書きを読むなどしてよく把握してから買うようにしましょう。前もって取り除きたいほこりの種類や性質、大きさを調べておくことも大切です。それによって商品も変わってくるでしょう。

また、精密機器のほこりやデリケートな物のほこりを取る際には注意が必要です。ほこり取りが破損の原因にならないよう、繊維や毛が抜けないものや、傷の付かないものを選ぶようにしましょう。さらには掃除する面積を考えて、それにあった大きさのものを選ぶこともポイントです。ほこりと共に使わないお掃除グッズが山に。などということがないよう、よく確認してから買うことをおすすめします。

おすすめのほこり取り『人気ランキングTOP3』

次におすすめのほこり取り「人気ランキングTOP3」を紹介します。今回は、実は掃除には欠かせない「すっきりかわいい」を取り入れた有能グッズの紹介です。自分のためにも誰かへのギフトにもなるおすすめの商品です。ぜひ参考にしてみてください。

ランキング3位「収納できるおしゃれなクリーナー」

マーナ fitia コロコロクリーナー
マーナ fitia コロコロクリーナー

¥ 2,160

口コミ

とても綺麗です。ケースから取り出すのも、仕舞うのも片手で出来るのでいい商品だと思いました(╹◡╹)

マーナコロコロクリーナーは「グッドデザイン賞」を受賞した収納ケース付きクリーナーです。ピンク・ブラック・ホワイトから選べ、四角い形状のケースが自然とインテリアに溶け込み、シンプルで飽きのこないデザインとなっています。日頃の掃除をスタイリッシュにより楽しいものにしてくれるでしょう。プレゼントにもおすすめです。

フタが連動して開閉するのでクリーナーを取り出すときも片手で簡単に出し入れができます。思い立ったときに、じゅうたんやカーペット、ソファーやシーツ、服などをコロコロと掃除ができ便利です。商品重量は約490g。使いやすく飽きのこないこのコロコロクリーナーがおすすめ人気ランキング3位です。

ランキング2位「シンプル王道クイックルワイパー」

花王 クイックルワイパー
花王 クイックルワイパー
口コミ

軽さ、形状、壁に立てかけても倒れないゴム製のグリップエンドなど、お金かけて開発しているのだろうなあと思わせる細やかな使い勝手のよさでした。

クイックルワイパーは1994年から大ヒットし今もなお人気の商品となっています。無駄がないスタイリッシュなデザインと高い機能性で長く愛されています。ヘッドは、床にしっかりフィットし、なめらかに動かせるので力を入れずに楽に掃除をすることができます。進化し続けている立体吸着シートは、強いほこり補集力で、髪の毛・花粉・ハウスダストを絡め取っていきます。

フローリングや畳、階段、壁、天井、掃除機が入りにくい3cmの隙間までヘッドが届き、クルッと楽に方向転換できるのでとても便利です。全長は約110 cm、重量は約340g。軽くて使いやすいので、体の不自由な方やお年寄りなど、さまざまな方にもおすすめできる商品です。このクイックルワイパーが堂々おすすめ人気ランキング2位です。

ランキング1位「ふわっふわ綺麗ウールダスター」

mi woollies ダスター Lサイズ
mi woollies ダスター Lサイズ
口コミ

升田和美/可愛い♡出しっ放しでもおしゃれ!取れてるのかしら?と思っていたけれど、意外と埃取れてて安心しました。

おすすめ人気ランキング1位は「mi woolliesダスター」です。「mi woolliesダスター」はニュージーランドからやってきた、ふわっふわで綺麗なほこり取りです。ニュージーランドの豊かな自然の中で育った上質な天然羊毛を100%使用して仕立てられ、思わず頬ずりしたくなるほどふわふわで柔らかく、綿菓子のような気持ちの良い手触りになっています。

羊毛が、優しくほこりを吸着して絡め取るので、デリケートな家具や家電などのほこりを払うのに最適です。Lサイズは全長約53cm・重さ約90g。Sサイズは全長約35cm・重さ約60g。自分のお気に入りとしても大切な人への贈り物としてもおすすめします。

【特徴・用途別】おすすめのほこり取りは?

次に特徴・用途別に、おすすめのほこり取りを紹介します。特徴や用途にあったほこり取りを選ぶと、掃除の効率がグンッと上がります。商品を選ぶ際はほこりのある場所に合った、適切な商品を選ぶようにしましょう。さまざまな特徴や用途に合わせたほこり取り、参考にしてください。

1:車用おすすめほこり取りは?

HOTOR ライト付き 車用ハンディクリーナー
HOTOR ライト付き 車用ハンディクリーナー
口コミ

車に常備するために購入しました。とても軽いです。いろいろなノズルが狭いところにも届くので快適です。LEDライトが暗い座席の下も掃除できました。

車用におすすめのほこり取りは、「HOTORライト付きハンディクリーナー」です。このクリーナーは本体上部にLEDライトが付いていて座席下など見えない所のほこりも楽に掃除ができます。また、付属の電源コード(5m)と3種類のアジャスターを使えば大型の車でも隅々まで掃除することができます。

さらに掃除機のフィルターは丈夫で洗えるステンレスフィルターで財布にも環境にも優しくいフィルターです。強い吸引力はもちろんのこと、乾湿両用であることもおすすめのポイントです。雨の日など車内が湿っている場合でも、気にせずに掃除をすることができます。

重量は約1.03㎏で、持ち運びに便利な収納ケース付き。充実した機能が揃っているこの商品、車の掃除に最適です。

2:服用おすすめほこり取りは?

Himart 服用ブラシ 馬毛ホコリ取り
Himart 服用ブラシ 馬毛ホコリ取り
口コミ

帰宅時、家に入る時に使っています。リーズナブルな価格なのに作りがしっかりしている印象を受けました。毛も柔らかいので衣服を傷めずに済みそうです。

服用のおすすめほこり取りは、「Himart服用ブラシ馬毛ほこり取り」です。このブラシは名前のとおり、馬の毛を100%使った服専用のほこり取りです。天然の馬の毛はとても柔らかく、きめ細かいため生地を傷めず、静電気も起こりにくいので、デリケートな服に安心して使えます。

また、毛玉やペットの毛、泥などの汚れも取ることができ、使用後は水で洗うこともできます。デリケートな素材の服はクリーニングや洗濯をしすぎると傷んでしまうことがあるので、このブラシで汚れを取るようにすると服は長持ちします。品質保証付きの馬毛ブラシは、服だけでなく鞄、帽子、布団などのお手入れにもおすすめです。

3:スーツ用おすすめほこり取りは?

メリークロバー エチケットブラシ ハンディ
メリークロバー エチケットブラシ ハンディ

¥ 356

口コミ

カバンのぽっけにスッと入れられるサイズです。しっかり表面が綺麗になります。外出先でふと見たら服がほこりだらけ!というときでも安心です。ケースつきです。

スーツ用のおすすめほこり取りは、「クローバーエチケットブラシ」です。このブラシはサイズが約80㎜×128㎜重量約9.07gと、とてもコンパクトな携帯ブラシです。カバンやポーチの中に入れてもかさばりません。スーツのポケットに入れておくと大変便利です。急な出張や外出先でスーツのほこりに気がついたとき、ポケットにこれがあるとサッとほこりをはらえるので、とても助かります。

使い方は簡単で、表のスポットに4本指を差し込み、裏の樹脂ブラシで優しく縫い目にそってなでるだけ。透明ケース付きで使用後はそのままケースにブラシを入れてしまっておけます。手のひらサイズのこのブラシは、どこでもすぐに使えるのでおすすめです。

4:全自動洗濯機用おすすめほこり取りは?

シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g
シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g
口コミ

ヨゴレの塊が気持ちいい程ごっそり取れます。浮いてきた汚れをすくう網と、新しい糸くずフィルターを準備する事をオススメします。リピート買いしてます。

全自動洗濯機におすすめのほこり取りは「無添加シャボン玉洗たく槽クリーナー」です。このクリーナーは「塩素系ではない環境にやさしい洗濯槽洗浄が欲しい」という声から生まれた商品です。成分に塩素系でなく酵素系の漂白剤が配合され、人気無添加シャボン玉石けんを使用しています。さらに重曹も加え、洗浄力アップで、洗濯槽の裏側に隠れた黒カビや汚れを落とします。

ドラム式洗濯機には使用できませんが、プラスチックとステンレスの洗濯槽では、槽を傷めることなく安心して使うことができます。洗浄剤を入れて3・4時間ですっきりと綺麗な洗濯槽になります。この洗浄剤は安心安全に使用できるのでおすすめです。

5:ドラム式洗濯機用おすすめほこり取りは?

パナソニック ドラム式専用洗濯槽クリーナー
パナソニック ドラム式専用洗濯槽クリーナー
口コミ

1年に一回は使用しています。普段はホームセンターなどで売っている安い洗濯槽クリーナーですが、年に一回くらいは純正を使用したほうが良いと聞きました。

ドラム式の洗濯機用おすすめのほこり取りは、「パナソニック洗濯槽クリーナー」です。この商品は、ドラム式洗濯機専用のクリーナーで、洗濯槽にこびりついたほこりを強力に落としていきます。ほこりだけでなく、黒カビや臭いもしっかり分解して落としていきます。

成分には、カビ・サビ防止成分、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)などが使われています。全量(750ml)使いきりタイプですので、まとめ買いをしておくと便利でしょう。定期的に使用し掃除することをおすすめします。

6:ドラム式乾燥機用おすすめほこり取りは?

コジット 毛づまりごっそりパイプ職人スリム
コジット 毛づまりごっそりパイプ職人スリム

¥ 842

口コミ

友人にすすめられて洗濯機の乾燥フィルターの奥を掃除したら ごっそりゴミが取れました。おかげで乾燥能力低下していたのが元に戻りました。

ドラム式乾燥機(ドラム式)におすすめのほこり取りは、「コジット毛づまりごっそりパイプ職人」です。この商品は、乾燥機の乾燥ダクト内に詰まったほこりをごっそり取ってくれる便利グッズです。ダクト内にゴミが溜まると温度が上がらず、服が乾かないことがあります。乾燥機の故障と勘違いする人が多いですが、1度乾燥機のフィルターを掃除してみましょう。

やり方は簡単で、ダクトの内部に「パイプ職人」を差し込み、引き抜くだけです。非常に掃除しにくい場所であるため、これを使うと便利です。カーブに沿って自在に曲がり、ソフトとハードがセットになっているため、状況によって使い分けることができます。洗面台やお風呂場、台所などでも大活躍するでしょう。

7:モップにおすすめのほこり取りは?

テラモト  毛かきライト
テラモト 毛かきライト

¥ 886

口コミ

針先の硬さが心配でしたが、予想以上にしっかりしてました。樹脂製で軽く、三角の穴に指を入れると非常に作業し易いです!

モップにおすすめのほこり取りは、「テラモト毛かきライト」です。この商品はモップに絡みついて取れないほこりを、手を汚さずに取ることができます。

サイズは約70㎝で、重量は約0.06㎏です。サイズも重さも調度よく、力が入れやすい設計になっています。針はステンレス製で、硬さもしっかりしていますので、モップについたほこりや髪の毛の塊も十分取ることができます。手作業では気の遠くなるモップの掃除に、この商品はおすすめです。

8:機械製品におすすめのほこり取りは?

MyArmor クリーニングブラシ 静電気防止スケールモデル
MyArmor クリーニングブラシ 静電気防止スケールモデル

¥ 760

口コミ

エアーダスターを使っていましたが、水分が残る場合があるのでこのブラシで掃除するようになりました。柔らかい素材のため金属部分に傷など残る心配もありません。

機械製品におすすめのほこり取りは、「MyArmorクリーニングブラシ」です。この商品はデリケートな機械製品に適したホコリ取りセットです。柔らかい毛のチークブラシ一本とやや硬めのブラシ3本がセットになっています。大中小と幅が違うブラシでそれぞれの用途、大きさに合わせて掃除ができるので便利です。

パソコンや携帯電話、家電、キーボード、フィギュア、コーヒーミル、プリンター、レコード、シェーバーなどさまざまな機械製品の掃除に使うことができます。ブラシが特殊で、静電気を起こしにくくホコリが付着しにくい電導性繊維を使用しています。機械製品だけでなく、大切な物の細い溝や隙間の掃除にもおすすめです。

9:レンズ用おすすめほこり取りは?

ケンコー ハイテククリーニングペーパー
ケンコー ハイテククリーニングペーパー

¥ 324

口コミ

ケンコーさんの商品だし、信頼度で購入しました。ボケットティッシュのような手軽さで、カメラバッグに入れて持ち歩けるのでとても便利です。

レンズ用のおすすめほこり取りは「ケンコーハイテククリーニングペーパー」です。このペーパーは、カメラや双眼鏡、メガネなどのレンズに使える使い捨てタイプのクリーニングペーパーです。

マイクロファイバーで細かな汚れをきれいにしっかり拭き取ることができます。材質にアクリル製不織布を使用し、破れにくく、とても柔らかいのが特徴です。拭き取れるのはもちろんのこと、レンズに細かいキズがつくのをしっかりと防いでくれます。10枚入の小分けになっているので、バッグのポケットやポケットに入れて持ち歩けるので便利です。

10:スマホ・タブレット用おすすめほこり取りは?

東レ スマートフォントレシー
東レ スマートフォントレシー

¥ 540

口コミ

丁度良い大きさで拭き取りやすくきれいに汚れも取れます。ペラッペラの布ではなく拭き心地も良いです。汚れても水洗い出来ると思います。

液晶画面用おすすめほこり取りは「東レスマートフォンレシー」です。このクロスは東レが開発した特殊な繊維で、きっちり汚れを拭き取るクリーニングクロスです。薬品処理をしていないため、繰り返し使用することができます。拭き取り効果も長く持続します。

大きさは15㎝×15㎝。大きくもなく小さすぎず使いやすいサイズになっています。ほこりだけでなく指紋や保護フィルムの汚れもしっかり取ることができます。数ある液晶画面のほこり取りの中でもこの商品はよく落ちるのでおすすめします。

おすすめのほこり取りのメーカー代表製品は?

次にほこり取りにおすすめのメーカーと、その代表製品を紹介します。ほこり取りは、昔から身近にある大事な掃除道具でした。それと並行して、各メーカーがこのほこり取りの研究を日々競い合って研究してきました。メーカーそれぞれの特色を活かしたおすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

テラモト「ダチョウハタキ」

テラモト  ダチョウハタキ
テラモト ダチョウハタキ
口コミ

自然と毎日はたきをかけたくなります。棚の上の小物類も動かさずにさーっと撫でるだけでキレイが保てます。友達にもプレゼントしました。

ほこり取りにおすすめのメーカー1つ目は、「テラモト」です。テラモトは寺本氏が1927年創立した、清掃用具の製造販売を行っている会社です。テラモトのほこり取りにおすすめの代表製品は「ダチョウハタキ」です。昔から愛用されてきたハタキに名前のとおり「ダチョウの毛」を使用しています。全長約66㎝のLサイズと、全長約45㎝のSサイズがあります。

普通のナイロンのハタキとは違い、ふわふわな柔らかいダチョウの毛が、本棚や家具、照明器具などについたホコリを傷つけることなく払い落とします。ダチョウのスルッと長い毛でほこりをすくい取り、お湯で綺麗に洗うこともできます。ハタキは、使ったことのない人が使うと「拭き取る」ではなく「払い取る」魅力に気づかされます。

何より払うことは、拭き取るより優しく、細かな凹凸部分のほこりも取り除くことができます。一家に1本、このハタキを置いておくことをおすすめします。

花王「クイックルワイパーハンディ」

花王 クイックルワイパーハンディ
花王 クイックルワイパーハンディ
口コミ

伸びないタイプと悩み、伸びるタイプ購入。高いところだけでなく隙間の奥にもモップが届くのでとても良いです! ホコリが気になったらサッと掃除できて良いです!

1994年大ヒット商品「クイックルワイパー」に次いで、この「クイックルワイパーハンディ」も花王から2009年に発売され人気商品になりました。おすすめのほこり取りのメーカー2つ目は花王です。花王は明治2年から人と暮らしのきれいをコンセプトに新しい商品を次々と開発してきました。今では世界にも広がるメーカーです。

おすすめの代表製品「クイックルワイパーハンディ」は伸び縮みし、手の届かない高いところも家具や家電の隙間の奥も、柔らかな穂でスイーッとほこりを取ることができます。また先端が360度自由自在に曲げられるので、照明の傘やエアコンの上、テレビの裏など、見えないところのほこりまで取るのにも最適です。

ダスキン「エレクトロン」

ダスキン    エレクトロン エルE
ダスキン エレクトロン エルE
口コミ

よく取れます!埃。特にテレビの上辺に着く小さな埃一発でスーっと取れて気持ちが良いです。大きさが豪華で気に入りました。さすが、ダスキン。

ほこり取りにおすすめのメーカー3つ目は「ダスキン」です。ダスキンは昭和38年設立の会社で、衛生環境の維持を目的に清掃用具のレンタルやサービスを中心に行ってきました。世界にも積極的に進出しています。おすすめのほこり取り代表製品は「ダスキンエレクトロン」です。

従来の静電気でホコリをとるタイプと異なり、ダスキンが開発した安定した固定電荷の力でほこりを取ります。静電気の発生を抑える働きのある導電性繊維を混入しているため、静電気を嫌うOA機器や電子機器にも使えます。しっかりした大きさのこのダスターはおすすめです。

ほこり取りの使い方や活用方法は?

ほこり取りの使い方は、商品によってそれぞれ違いがあります。商品の特徴・用途に合わせて説明書きなどをよく読み、指示どおり使用しましょう。

基本的な使い方としては、優しくほこりを押し付けないで取ること。また、高いところから順にほこりを取り除くようにしてください。そして徐々に低いところを掃除し、ほこりが落ち着くのをしばらく待ちましょう。落ち着いたところで、最後に掃除機などでほこりを吸い取りましょう。

ほこり取りの活用方法としては、本体を洗うことができたり、詰替えられたりする商品が増えているので、さまざまな活用方法があるでしょう。

例えば、網戸や窓、靴、鞄、観葉植物などについたほこりも、近年増えている猫や犬などのペットの抜毛にも大活躍します。障子の桟、カーテンレール、テレビの裏など、掃除機では難しい部分のほこりも楽に取れます。ぜひ試してみてください。

お気に入りのほこり取りを見つけましょう!

皆さんお気に入りのほこり取りは見つかりましたか。いろいろなほこり取りを紹介してきましたが参考にして、ぜひ自分のお気に入りを見つけてください。部屋を丁寧に掃除をすると、気持ちも澄んですっきりします。

気分転換するように楽しんで掃除ができるよう、自分の好みのものを揃えるのも良いでしょう。使いやすさも大事ですが、可愛らしい形や色で部屋のアクセントになるものや、シンプルでスッキリした商品を選ぶと楽しみながら掃除ができます。長く愛用できるほこり取りグッズを見つけ、より快適に居心地のいい空間をたくさん作りましょう。

Related