Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月15日

モップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

お掃除の強い味方になってくれるモップ。でもどんなものをどんな風に使ったら効率がいいの?と気になる方が多いのではないでしょうか?この記事ではそんなモップについて徹底分析してご紹介します。お掃除をもっとスマートに楽にしたいという方はぜひ読んでみてください!

モップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

モップの種類と選び方のポイントは?

モップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

拭き掃除にかかせないモップ。モップとひとことで言ってもいろいろな種類と用途があります。今回はそのモップについて、おすすめランキングや口コミなどを詳しく調べてご紹介します。

モップの種類とは?

床掃除用フロアモップの種類は?

モップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

床掃除用のフロアモップは大きく分けて「水拭きモップ」「フラットモップ」「化学モップ」「電動モップ」と4種類あります。

まず「水拭きモップ」ですが、一般的に濡らしてから絞って使うモップ糸タイプ、洗濯して繰り返し使えるクロスタイプ、使い捨てのシートタイプの3種類です。

次に「フラットタイプ」のモップは、カラ拭き用使い捨てシートタイプ、水拭き用使い捨てウェットシートタイプ、洗濯して繰り返し使えるクロスタイプの3種類です。

そして「化学モップ」には、洗剤やほこりの吸着剤やワックスなどが浸み込んでいるモップ糸タイプ、洗剤などのスプレーが付属のクロスタイプ、使い捨てのワックスシートタイプの3種類です。

最後に「電動タイプ」には、ほこりやゴミを吸引しながら水拭きもできるオールインワンタイプ、回転や前後運動しながら水拭きができるクリーナータイプ、蒸気で汚れを落とすスチームタイプの3種類です。

ハンディーモップの種類は?

モップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ハンディーモップは大きく分けて「フラットタイプ」「円柱タイプ」の2種類があります。

「フラットタイプ」「円柱タイプ」はどちらとも、使い捨てができるシートタイプ、繰り返し洗って使えるクロスタイプや使うモップ糸タイプなどフロアモップと似ていますが、濡らして使わないのが主流です。

他にも、マウス型のぬいぐるみにマイクロファイバーのモップ糸がついてるタイプや、手にはめるだけのグローブタイプ、スリッパタイプなど変形モップもあります。

モップの選び方のポイントとは?

モップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

先ほどご紹介したモップの種類から、掃除の仕方に適したモップを選ぶと格段に掃除の質が変わります。

まず一つ目のポイントとして「使い捨てタイプ」のモップなのか「繰り返しタイプ」のモップなのかを選ぶことおすすめします。掃除の手間を考えると「使い捨てタイプ」が便利だし、コスト面を考えると「繰り返しタイプ」がお得になることもあります。

そして二つ目のポイントとして洗剤やワックスなどの薬品を使う「化学タイプ」のモップなのか、薬品を使わない「水だけタイプ」のモップなのかを選びましょう。

洗剤やワックス付きで床をピカピカにに磨き上げたい方は「化学タイプ」がおすすめで、
肌が敏感だ若しくは敏感肌の方、小さなお子様やペットがいるおうちでは「水だけタイプ」がおすすめです。

モップのおすすめ人気ランキングTOP3は?

今売れているモップの人気ランキングをご紹介します。価格や機能性や便利さから口コミなどで人気TOP3になったモップから、あなたもお気に入りを見つけてみましょう。

おすすめ人気ランキング第3位は?

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット
クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット
口コミ

いまや100円均一でもフロアワイパーが手に入るが、さすがパイオニアだけあって作りが違う。安物を買うより多少値段がはってもクイックルワイパーを買った方が巨視的にお得

簡単に手軽にお掃除ができる、使い捨てシートタイプのフロアモップといえばコレがおすすめです。「それならもう使ってるよ」という方にも再度おすすめできる理由が、以前のクイックルワイパーよりもさらに使いやすく改良されているところです。

ヘッドのクッション部分はぐるぐる模様の柔らかい素材でできており、クッション性が高く床にピッタリ密着するので、シート全面で汚れやほこりをしっかりキャッチしてくれるし、ハンドル部分も強化されグラつかず使いやすいのがおすすめのポイントです。

さらに、使い捨てのシートもドライ用とウエット用のどちらも装着できるので、掃除したい場所に合わせて使い分けもできます。
フローリングの床だけでなく畳にもつかえるうえに、天井や網戸の掃除にまでつかえるという一家に一本あれば便利なおすすめの逸品です。

おすすめ人気ランキング第2位は?

山崎産業 コンドルハイマジックウェットモップ
山崎産業 コンドルハイマジックウェットモップ

¥ 1,814

口コミ

掃除用品の会社が作っただけあって とても機能的で使いやすかったです。洗えば何回も使えるし装着が簡単で 気に入りました おすすめです。

洗濯して繰り返し使えるクロスタイプのモップでおすすめといえばコレです。マイクロファイバーの超極細繊維クロスで、洗剤を使わなくても「水だけで」油汚れやこびりついた汚れもかき取ってフローリングの幅木やスミも残さずキレイにしてくれるのがおすすめのポイント。

クロスの幅がヘッドより少しはみ出すので部屋のカドやサッシ溝なども苦労せずに掃除できるのも他のモップにはない魅力と言えるでしょう。 フローリングの水拭きだけでなく、浴室の掃除など水回りの掃除にも向いていますし、吸水性バツグンなので結露取りなどにもおすすめします。

使い終わったクロスは洗濯機で洗って何度も使えるので、コストパフォーマンスが気になる方にもおすすめの逸品です。

おすすめ人気ランキング第1位は?

ダスキン エレクトロン・エル
ダスキン エレクトロン・エル
口コミ

さっとなでるだけで、埃を絡めとります ディスプレイやテレビを傷つけることなく使用できました 購入前は少々高いなと思っていましたがここまで埃がとれるなら納得です

ハンディモップの中でも「ほこりの吸着力の凄さ」が口コミでの評判が高いのがコレです。サイズは使い捨てタイプのハンディモップより大きめなので、一回で掃除できる範囲が広いのが特徴のおすすめモップ。

固定電荷の力で電化製品にくっついたほこりや、家具にたまったほこりなどを驚くほどの吸着力できれいにしてくれます。以前と違って静電気をつかわないのでテレビやパソコンにも安心して使うことができおすすめです。

ほこりをはたいて何度も繰り返し使えるのでコストパフォーマンスもよく、コレ一本で家具や家電の本体から隙間まで掃除が一気に終わってしまうので、掃除の時間を短縮できます。
ほこりを見つけた瞬間きれいにできる、一家に一本あれば便利なおすすめ商品といえるでしょう。

特徴と用途別でおすすめのモップとは?

掃除する場所やモノによってモップを使い分けすると、掃除がスムーズに楽しくなります。ここではいろいろなモップの特徴と、用途別でのおすすめのモップをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

使いやすいハンディモップのおすすめは?

ウェーブハンディワイパー 本体+1枚(ケ-ス付)
ウェーブハンディワイパー 本体+1枚(ケ-ス付)

¥ 376

口コミ

今まで他商品を使用していましたが、ケース付きでお安かったので購入しました。 ホコリが取れやすい気がします。 ケースに収納できるので、衛生上も良いと思います。

使い捨てタイプのハンディモップの中でも「集塵力がすごい」と口コミが多いおすすめ商品です。ほこりを絡めとる密着ファイバー素材で、曲面や凹凸部分のホコリ・ゴミ・髪の毛を絡め取ってに逃しません。

モップ部分は開けた時のままのフワフワ感をキープする構造で、凹凸のある場所やオーディオやテレビ裏などのスキマ、洗濯機のよこやサッシの溝、電気のかさなど、家中のいろんなところがサッとひとふきでキレイにできておすすめの商品です。

また、抗菌成分配合で取ったホコリの菌の増殖を抑制することもできるうえに、収納に困らないようにシンプルなケースが付属しているので、気づいたときに素早く取り出して掃除できるので便利です。掃除後もインテリアの一部として衛生的にモップを管理できます。

手間がかからずにとても簡単に掃除ができるので、めんどくさがり屋さんにもおすすめできる商品です。

除菌もできるスチームクリーナーってなに?

アイリスオーヤマ スティックスチームクリーナ- ホワイト STP-201
アイリスオーヤマ スティックスチームクリーナ- ホワイト STP-201
口コミ

とても気に入ってます。家電量販店とかにあるどのスチームクリーナーより軽くて、難しい操作も無くて扱いやすさバツグンですよ~👍

キッチンの床のベタベタした油汚れや、カーペットに染み付いて乾燥した汚れなど、普通の拭きそうじでは落としにくい汚れもスチームクリーナーなら落とせます。スチームクリーナーとは約100度の高圧スチームを噴射して汚れを落とすもので、高温のスチームのおかげで水だけで除菌までできるというおすすめの逸品です。

この商品はスティック型で使いやすく片手で掃除できるので手が疲れにくいです。ヘッド部分にマイクロファイバーのクロスを装着して、沸騰で100度になった蒸気をさらに加熱することでできる高温ドライスチームを噴出して家中の床を強力洗浄・除菌できます。

洗剤いらずで除菌できるので、子供部屋やトイレの掃除、小さいお子様やペットのいるお家の方でも安心して使えるのもおすすめのポイント。チャイルドロックがついているのも安心です。

フローリングをきれいに保つおすすめモップは?

スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-F1J
スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-F1J

¥ 2,055

口コミ

床の汚れが想像以上にしっかり拭き取れて1/100の力でしっかり雑巾がけしている感覚。本当に楽です

洗って繰り返し使えるクロスタイプのモップです。3M独自の極細・中細2種類のマイクロファイバーのクロスでほこりや油などのこびりついた汚れまで落としてくれます。カラ拭き水拭き両方に使えるのも便利でおすすめの商品です。

本体前面にはみ出たクロスの折り返し部分を使うことで、階段の段差や家具のすき間、拭きとりにくいフローリングの端などもしっかりと拭くことができるのもかなりおすすめできるポイントです。

また、モップ本体に付属している「ゴミかき取りクシ」は、クロスに絡みついた毛やゴミをかき取るのに便利でお手入れも簡単。さらに、ハンドル部分は伸縮式なので自分に合ったラクな姿勢でお掃除ができます。

ハンドルとヘッドをつなぐ部分に360度動くボールジョイントが付いているので手が届きづらい家具の下やすき間でも奥までスイスイ入り込んでゴミやホコリをキャッチします。

水拭きするのに使いやすいモップとは?

アイリスオーヤマ 回転モップ KMO-490S オレンジ
アイリスオーヤマ 回転モップ KMO-490S オレンジ

¥ 4,642

口コミ

モップを手で洗ったり、しぼったりしなくていいので仕事がすごく楽になりました。

しっかり水拭きがしたいかたにおすすめなのが、丸い形が特徴的なマイクロファイバーモップ。マイクロファイバーのモップ糸がしっかり汚れをキャッチし、専用バケツのペダルを踏むだけで洗浄・脱水できるので、手を汚さず衛生的にモップ掛けができます。遠心力で脱水するので汚れた水が飛び散りにくく、しっかり脱水できて便利です。

モップは垂直に自立するので、お掃除中にちょっと手を離したいときにも倒れないのもおすすめのポイント。ハンドルの伸縮率もいいので手の届きずらいベッドの下の隙間や高いところの掃除もスイスイできます。

この商品はリピーターが多く、口コミでは「モップを絞るというのはしんどく感じる私にはぴったりの商品です」「モップを手で洗ったり、しぼったりしなくていいので仕事がすごく楽になりました」など高評価なのもおススメのポイントです。

洗車専用のおすすめモップはどれ?

PROSTAFF(プロスタッフ) 洗車用品 ボディ用グローブ ゴリラの手 P130
PROSTAFF(プロスタッフ) 洗車用品 ボディ用グローブ ゴリラの手 P130

¥ 1,728

口コミ

今まで、スポンジで洗車していましたが、この商品は、使いやすい。落としたい汚れのところに手が届く~指が届くのです。 時間短縮にもなりありがたいです。

両面を使い分けできる2WAY仕様の洗車用マイクロファイバーグローブです。落としたい汚れに応じて面を使い分けして車体を磨き上げます。

指が入らない隙間に毛先が入り込み汚れを絡め落とす「ツイスト面」と虫汚れやしつこい汚れをガンガン落とす「クロス面」の両面構造のマイクロファイバーで油汚れや水アカ、虫汚れやしつこい汚れなど、どんな汚れでも超スッキリ落としてくれます。

5本指のグローブなのでスポンジでは洗いにくい細かい部分やルーフ部・バンパー部やドアミラーの隙間にも指が届いて洗えるので便利でおすすめです。また、グローブ内部に手が痛くならない「クッションスポンジ層」があるので快適に作業ができ、スポンジで洗うより疲れにくいのも特徴です。

ワックス掛けに最適なモップとは?

リンレイ オールワックスワイパーモップ
リンレイ オールワックスワイパーモップ
口コミ

すごくキレイになる上に洗うときも埃とかがすぐに落ちます。 クイックルワイパーの本体につくところも気に入っています。使い捨てのウエットシートを買うよりも安くていいです。

リンレイ オールワックスワイパーシリーズのワックス用モップです。液体ワックス塗布用で繰り返し洗って使えます。マイクロファイバーを使用したループ糸がワックス液をたっぷり吸収して、ムラなくきれいにワックスを塗ることができます。クロス上部には強力なワンタッチベルトがあり本体にしっかりと簡単に装着できます。

ワックスをしみこませるのに便利なトレイも付属しているので、クロスに適量のワックスをしみこませることができてムラなくきれいに仕上がるのが最大のおすすめの理由です。

何度も洗って使えるタイプでクロスの汚れ落ちもいいし、使い捨てタイプのワックスシートよりもコスパがいいのもおすすめできるポイントでしょう。

ぞうきんで床掃除できるモップとは?

アズマ 床掃除用モップ ゾーキンはさんでモップ 伸縮アルミ柄
アズマ 床掃除用モップ ゾーキンはさんでモップ 伸縮アルミ柄
口コミ

油で汚れた台所のフローリングを、洗剤を付けたぞうきんで掃除したくて購入しました。これを使うと、とにかく楽で腰が痛くなりません。

無理な姿勢を強いられる雑巾がけが、立ったまま楽な姿勢でお掃除することができます。手持ちの雑巾をセットしてモップのように使えて、雑巾は裏表両面を付け替えいらずで使用できる構造になっていて便利です。ヘッド部分は幅が広くて180°回転するので、雑巾を無駄なく使えるうえに、家具の下などの低いスキ間も掃除しやすくおすすめです。

ハンドル部分は軽くて丈夫なアルミ製で、ゴシゴシしてもぐらつかずスムーズに床掃除ができます。また伸縮タイプなので収納するときにも場所を取らずおすすめです。

手持ちの雑巾を使うのでコスパが最強のモップといえるでしょう。

ほこりがよくとれるモップはどれ?

山崎産業 ハンディモップ ふんわり吸着
山崎産業 ハンディモップ ふんわり吸着

マイクロファイバーの繊維でホコリを吸着させるハンディモップです。家具のスキマのホコリや家電・オーディオ機器のホコリ、本棚や本に積もったほこり取りに役立ちます。モップ糸には薬剤不使用なのでどんな場所にも使えて、小さいお子様やペットがいるお家でも安心して使えるのでおすすめです。

ふんわり素材がほこりを舞い上がらせず吸着して取ってくれるのでモップ掛けした周辺もキレイにキープでき二度手間を解消できるのもおすすめのポイント。

使用後は大きい埃や髪の毛だけ手で取って、ネットに入れて洗濯機洗いで繰り返し使用できるので手間もかからず経済的なのもおすすめです。

おすすめのモップのメーカー・ブランド3つと代表製品

「3M」

スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-B
スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-B

¥ 1,824

口コミ

今まで雑巾で水拭きをしていたのが、これを使い始めて気軽に水拭きができるようなりました。力を入れて拭いてもモップが外れないし、使いやすいです。

皿洗いのスポンジや粘着テープなどでも有名な3M。代表するブランド「スコッチブライト」のフロアーワイパーシリーズは、ネットでの口コミ評価が抜群です。

フロアーワイパーシリーズは、3M独自のマイクロファイバーを使用した2種類のタイプ別のクロスと、水拭き用のミストやウエットシートまで揃っているので、自分の掃除スタイルに合わせてアイテムを選ぶことが可能です。

同じタイプの他社製品より「シツコイ汚れが良く落ちる」ことが3Mをおすすめできるポイントといえるでしょう。

「山崎産業」

山崎産業 タフモッピーJ-300
山崎産業 タフモッピーJ-300
口コミ

力を入れてごしごしといった感じで床を磨くことができます。ゴムの部分にしっかり汚れが付いてくるのでふき取り後すっきりした感じがします。

お掃除のプロも使っている掃除道具のパイオニア「山崎産業」は、家庭用の製品もラインナップが多数あり、掃除マニアには口コミ評判が高いブランドです。お掃除のプロが考案した機能性が高いモップが気軽に手に入るのでぜひ使ってみてほしいおすすめのメーカーです。

中でもこのタフモッピーはゴム製のクロスが軽い力でもグングンよごれを落としてくれると評判の商品です。力の弱い女性やお年寄りにも使用しやすく、壁や天井などもらくにモップ掛けができるのがおすすめの商品です。

「アイリスオーヤマ」

アイリスオーヤマ 回転モップ KMO-490S
アイリスオーヤマ 回転モップ KMO-490S

¥ 4,642

口コミ

簡単に洗浄・水切が出来便利ですよ。これで簡単に拭き掃除が出来ますね!

家庭用プラスチック製品をメインで作っているメーカーです。スティック型のスチームクリーナーやこの回転式モップがモップの代表商品で、お掃除が簡単で手間をかけずにできる使いやすい商品がたくさんあります。

特にこの回転モップは、ネットの口コミでも繰り返し購入しているリピーターが多いのも特徴で、コストパフォーマンスもよく使い続けたくなるおすすめの商品といえるでしょう。

モップの使い方と賢い活用方法とは?

モップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

新しいモップを手に入れたら、まずカーテンや壁、照明器具やエアコンなどお部屋の上部にあるモノのほこり落としから始めましょう。上部が終わったら、家具や家電につもったほこりや設置場所の隙間にあるほこりなどをハンディモップで落としましょう。

最後に床やベットの下などの隙間を掃除すれば使い始めのモップを120パーセント活用したといえるでしょう。

毎日のお掃除は、人が活動を始める前に床のモップ掛けをするのがおすすめです。一晩でお部屋に溜まったハウスダストをきれいにするのに効果的だからです。風の通り道はほこりがたまりやすいので、エアコン周り、玄関や窓の周辺にある棚や下駄箱などの家具はこまめに掃除するのがおすすめです。

また、冷蔵庫や洗濯機の裏側にはほこりが集まりやすい場所です。静電気でほこりをためやすいテレビやパソコン、オーディオ機器はハンディモップでマメに掃除するようにしましょう。

お気に入りのモップで掃除を楽しもう!

モップおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

モップについてたくさん紹介してきましたが、お気に入りのモップは見つかりましたか。自分の生活スタイルに合うモップが一本あるだけで、今まで面倒だった掃除よりももっと簡単に、もっと素早く、もっとキレイにお部屋を掃除できます。

今回ご紹介した記事を参考にしていただいて、ぜひこの機会にあなたなりの便利なモップ活用術で、お部屋をきれいにしてみましょう。

Related