Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月25日

フローリング掃除グッズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

フローリングはスタイリッシュで掃除がしやすい反面、こまめに掃除をしないと、埃やごみが目立ちやすいく、ベタベタした感触も不快に感じます。そんなお悩みを解決できる、おすすめのフローリング掃除グッズや掃除方法をご紹介していきます。

フローリング掃除グッズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

フローリング掃除グッズの種類と選び方

最近では、汚れをさっと掃除できて衛生的なフローリングの床材がほとんどの家庭で使用されています。食べこぼしや飲み物の掃除が楽な反面、どうしても埃や髪の毛ゴミが目立ちやすく、素足で歩くと足裏のざらざらベタベタした感触も不快になります。

どのようにフローリングを掃除すれば、簡単にいつも快適な状態に保てるのでしょうか。

ここでは、おすすめのフローリングお掃除グッズの種類とその選び方についてご紹介していきます。

フローリングとは

フローリングの掃除グッズをおすすめする前に、まずフローリングとは何かについて理解しておくとよいでしょう。フローリングとはいうと、木の床と捉えている人が多いのでしょうが、もともと木質系床の仕上げ材の総称をさしています。

フローリングと呼ばれる床は、ほとんどが「合板」という薄く剥いた原木を接着剤で張り合わせた「複合フローリング」です。これは割れにくく、反りづらいことがメリットですが、内部まで水分が入ってしまうと、変形してします心配があります。

また、「複合フローリング」の他に、無垢材の「単層フローリング」がありますが、水拭きをすることによって、表面をコーティングしている、自然塗料や油分がはがれてしまう恐れもあります。

使用しているフローリングの特徴をよく理解して、正しい掃除方法を選ぶことをおすすめします。

フローリング掃除グッズの種類

フローリング掃除グッズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

フローリングを掃除する方法としては、掃除機をかける、フローリングワイパーをかける、モップをかける、フローリング用のウェットシートやドライシートで拭く、雑巾で水拭きをする、フローリング洗剤を使うなどの選択肢があります。

好みやライフスタイルによってフローリングの掃除方法は変わりますが、代表的な掃除グッズによる特徴の違いを説明していきます。

掃除機を使う

小さい子供がいるようなご家庭では、砂ぼこりや食べ物かすが床に落ちていることが多く、そのままワイパーなどで掃除をしてしまうと、フローリングを傷付ける原因になります。そのような場合は、まず掃除機をかけることから始めることがおすすめです。

また、フローリングのゴミや汚れは気になるけど毎日掃除機をかける時間がないという方には、ロボット掃除機の活用もおすすめです。充電式で自走して掃除をしてくれるので、留守の間にフローリングが綺麗になっているというのは大変便利です。

フローリングワイパーを使う

フローリングワイパーは、汚れが気になったときにさっと取り出して気軽に使えます。掃除機のような騒音を気にする心配がないので、早朝や深夜でも使用ができるのがおすすめです。汚れによって、ワイパーに取り付けるシートをドライやウェットと変えると、より確実に掃除ができます。

ドライシートは埃や髪の毛すぐの掃除に適しています。シートの表面がさらっとしているので、床に水分が残らないので、フローリング面の変色の心配もありません。

ウェットシートは皮脂汚れや汗などでべたべたした箇所を掃除するのにおすすめです。夏場のフローリング掃除に大活躍です。また除菌消臭加工が施されているウェットシートも発売されていて、臭いや菌の繁殖を予防する効果も期待できます。

これらのシートは、使い捨てのシートを使うことが多く衛生面でも安心です。

モップを使う

しっかりとした生地でごしごしと掃除ができるモップは、掃除後の爽快感が味わえます。雑巾掛けでは足や腰に負担がかかることがありますが、モップは柄の部分が伸縮できるタイプのものが多く、使いやすい長さに調整して使用ができます。また、家具の隙間や、ソファの下など手が届かないところの掃除にもおすすめです。

フローリング用の掃除洗剤と組み合わて使用することで、よりピカピカに磨き上げることができます。何度でも洗って使用ができるので、経済的です。

雑巾を使う

雑巾での掃除は、道具がいらず使い古しのタオルを活用できる、一番簡単で合理的な掃除方法です。水分を嫌うフローリングにとって、しっかりと固く絞れることや均等にふける点でも、雑巾はとても安心です。

床に近い位置にかがんで掃除することで普段は見えなかった、埃やごみもキレに拭きあげることができ、爽快感が得られることもおすすめの理由です。フローリング洗剤と一緒に使うことで、ピカピカした状態が維持できます。

フローリング掃除グッズの選び方

フローリングの掃除グッズの選び方は、家族構成やライフスタイルによっておすすめは違います。

例えば、小さい子供がいて食べこぼしの汚れが多い場合は掃除機をかけてから、水拭きがよいでしょう。一人暮らしでほとんど家にいないような場合には、埃や髪の毛をさっと掃除できるフローリングワイパーやドライシートが適しています。小さい子供やペットがいるご家庭では、強い洗剤は使用せず、天然素材の洗剤がおすすめです。

それぞれにあった掃除グッズで、こまめな掃除を行い清潔で気持ちの良い状態を保ちましょう。

フローリング掃除グッズおすすめ人気ランキングTOP3

フローリングのお掃除グッズにはたくさんの種類があり、何を選べばよいが迷う方も多いでしょう。ここでは、おすすめで人気のフローリングお掃除グッズ、ランキングTOP3をご紹介していきます。

第3位:スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-B

スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-B
スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-B

¥ 1,824

口コミ

専用クロスをマジックテープで止めるようにできていますが、濡れた専用クロスでも乾いたクロスでも、しっかりとくっ付いていて剥がれて来る事もなく安定して使用できます。

手軽にさっと掃除がしたい。でもゴシゴシしっかり汚れをとりたいという方におすすめなのがスコッチブライトのマイクロファイバーモップFM-Bです。

クロス部分には独自開発の2種類のマイクロファイバーが使用されていて、極細ファイバーが埃や油汚れをとり、中細ファイバーがこびりついた汚れをとります。汚れの種類に合わせて、乾拭き、水拭きのどちらも可能です。

ヘッド部分は360℃自由自在に回転するボールジョイントを採用していて、手の届きにくい家具の下や狭い隙間の掃除も楽な姿勢で行えます。

汚れたクロスは中性洗剤で洗って繰り返し使えるので、経済的な点もおすすめな理由です。

第2位:Oture 床掃除用モップ

Oture モップ スプレー 水拭きモップ ウェット・ドライ両用可 スプレー一体型 マイクロファイバー 回転モップ 床掃除用モップタイトルを入力してください
Oture モップ スプレー 水拭きモップ ウェット・ドライ両用可 スプレー一体型 マイクロファイバー 回転モップ 床掃除用モップタイトルを入力してください
口コミ

こちらの商品はハンドルから簡単にプッシュする事で、履きたい所めがけてスプレーが出るので、とても楽々お掃除が出来ます!

ワイパ、モップ、雑巾の全ての機能を兼ね備えていることでおすすめなOtureの床掃除用モップです。

手元のレバーを引くと本体の先端から霧状の液体が出るので、そのまま拭き上げるだけです。モップのような水分を固く絞る必要もなく、簡単にフローリングをきれいすることができます専用のボトルには、水だけでなく市販のフローリン用洗剤(中性、アルカリ性)、精油を入れることができるので、汚れに応じて使い分けができるのも嬉しい点です。

また、市販のシート、ウエス、雑巾をヘッドに取り付けて掃除ができるので、この一台があればあらゆる用途に活用ができます。

第1位:クイックルワイパー フロア用掃除道具

クイックルワイパー フロア用掃除道具
クイックルワイパー フロア用掃除道具
口コミ

安物を買うより多少値段がはってもクイックルワイパーを買った方が巨視的にお得。

フローリング掃除の定番ともいえる花王のクイックルワイパーですが、発売当初よりもデザインや機能面で改良がすすんでいて、根強いファンの多い商品です。

フローリングワイパーは、汚れに気付いた時にさっと取り出して、騒音を気にせずに掃除ができる点が利点です。また、柄の部分の伸縮が可能で、壁や天井、家具の下の掃除にもおすすめです。収納の場所もとりません。

中でもこのクイックルワイパーは、床との接地面に特許技術のグルグルやわらかヘッドを採用しているので、床面にしっかりとフィットして、軽い力でもシート全面でしっかりと汚れをとるのが特徴です。

特徴・用途別おすすめのフローリング掃除グッズ

おすすめのTOP3をご紹介しましたが、フローリング掃除グッズは、特徴や用途によっても選ぶ基準が異なってきます。こちらでは特徴・用途別のおすすめフローリング掃除グッズをご紹介していきます。

洗剤でおすすめ

スーパーオレンジ フローリング 洗浄・防汚・消臭除菌の効果 すべりにくい成分配合 本体 400ml
スーパーオレンジ フローリング 洗浄・防汚・消臭除菌の効果 すべりにくい成分配合 本体 400ml
口コミ

フローリングスーパーオレンジをシュシュと床に掛けモップで磨かば万事OK。便利この上なし、云うことなし、便利な世の中になったもんだ。

フローリングの素材感を保ちながら、洗浄とワックス効果を同時に発揮できることでおすすめなのが、フローリングスーパーオレンジです。

オレンジのパワーで汚れをしっかりと洗浄し、除菌、消臭効果も期待できます。撥水・撥油効果があるため、使用後のフローリングは汚れが付きにくく、水滴が玉状になって水をはじきます。

滑りにくい成分が配合されているので、お子さんやお年寄りのいるご家庭におすすめです。

シートでおすすめ

レック セキスの激落ちくんシート フローリング用
レック セキスの激落ちくんシート フローリング用

¥ 598

ウェットシートで油や皮脂のベタベタ汚れを落とすのにおすすめのがレックから発売されているセキスの激落ちくんウェットシートです。

セキス炭酸ソーダとアルカリ電解水を配合したお掃除シートで、界面活性剤不使用で、小さいお子さんやペットがいるご家庭でも安心して使えます。アルカリ電解水は水を電気分解してアルカリ性を強めた水溶液で、無色無臭で安全な洗剤です。

アルカリ性の洗剤は、皮脂汚れや食べ物の汚れなど、酸性の汚れに含まれる脂肪酸やたんぱく質を溶かす効果があり、酸性の臭いを中和する働きもあるため、消臭の効果も期待できます。

モップでおすすめ

スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-F1J
スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-F1J

¥ 2,055

口コミ

このワイパーなら、使い捨てではないけれど少し硬い毛?の部分のおかげか、こびりつき汚れも力を入れてごしごし落とせます。

フローリングをしっかりとゴシゴシ掃除したい。でも床にかがんでの雑巾がけは腰や膝への負担が大きいとお思いの方にはモップがけがおすすめです。

中でもこのスコッチブライトから発売されているマイクロファイバー製モップは、モップでよくある水を絞るのに力がいる、固く絞れないなどの心配もありません。独自開発の極細、中細2種類のマイクロファイバーが埃や油汚れ、こびりついた汚れをきれいに取ってくれます。

汚れに合わせて、乾拭き、水拭きどちらでも使え、使用後は中性洗剤で洗って繰り返し使えるので経済的です。

ワイパでおすすめ

クイックルワイパー フロア用掃除道具
クイックルワイパー フロア用掃除道具
口コミ

とても便利ですね 昔のクイックルワイパーと比べると埃や髪の毛が取れやすくなっているような気がします

フローリングワイパは多くのメーカーから発売されていますが、だんとつ口コミで高評価が多くおすすめなのが、花王から発売されているクイックルワイパーです。

人間工学に基づいた、高い操作性と補修性で取り回しがよく、柔らかいヘッドが床面にしっかりとフィットしてシート全面で汚れをキャッチします。わずかな隙間にも入りやすいスリムな設計と、壁に立てかけても倒れにくグリップもおすすめの理由です。

おすすめのフローリング掃除の業者の選び方

フローリング掃除グッズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

フローリングの汚れはダニや埃など、目には見えないものも多くあります。食べ物のかすや人の垢はダニの餌になり、皮脂汚れは細菌の繁殖する原因になります。汚れを放置し続けるとフローリング自体が痛んだり、表面に汚れが残った上にワックスを塗り重ねることで、黒ずみの原因になることもあります。

蓄積した汚れが取れない場合や、ワックスが剥がれてしまった場合には、プロの専門業者に依頼をするのがおすすめです。

清掃業者の選びからの基準は、お掃除料金、清掃の丁寧さ、会社の安心感、スタッフのマナー、口コミや評判から絞り込むと良いでしょう。予算にあった価格と内容のバランスの良い業者選びをおすすめします。

おすすめのフローリング掃除グッズのメーカー・ブランド3つと代表製品

フローリング掃除グッズについて、人気商品や特徴・用途別おすすめ商品をご紹介してきましたが、メーカーもたくさんあって迷います。では、どんなメーカーからどんな商品が発売されているのかについて代表的な3つのブランドとその代表製品をご紹介していきましょう。

花王

クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート
クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート

¥ 717

口コミ

全然違います。ゴミが取れる量に格段の差が!! やっぱり純正品ですね。

花王株式会社は、世間に広く知れ渡っている東京に本社をおく大手の化学メーカーです。洗剤、トイレタリーでは国内1位、化粧品は2位のシェアを誇っています。国内のみならず、世界では化粧品、トイレタリー企業のシェアランキング7位に位置しています。原料からの一貫生産と物流、販売システムに強みがあり国内外の多くに工場や販売拠点を持っています。

1994年に発売された「クイックルワイパー」は数回改良を重ねて、現在の商品へたどり着き、その取替シートをはじめさまざまな商品が発売されています。

3M

スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-F1J
スコッチブライト モップ マイクロファイバー FM-F1J

¥ 2,055

口コミ

床の汚れが想像以上にしっかり拭き取れて 1/100の力でしっかり雑巾がけしている感覚 本当に楽です

スコッチブライトという商品名で家庭用品として広く知られていますが、スコッチブライトとは住友3Mが製造販売するスポンジの商品名をさしています。3M(スリーエム)は、家庭用スポンジから工業用研磨剤まで広く製造するグローバルな企業です。

スコッチブライトのクリーニング商品は汚れ落ち性能が高いと人気で、どの商品もおすすめです。

レック

レック 激落ちクロス マイクロファイバー
レック 激落ちクロス マイクロファイバー
口コミ

水拭きだけでも表面が乾いた後は拭き取り筋も残らずキレイで気持ちいいです。!! しばらく使っていますがケバダチ無く使い勝手が良いです。

「激落ちくん」として世間に驚きと感動を与えた、レック株式会社は、平成21年にスルガ株式会社と旧レック株式株式会社が合併し、スルガ株式会社がレック株式会社に商号変更したことによって現在の会社になりました。家庭用品のメーカーとして激落ちくんをはじめ多くの便利な商品を開発しています。

フローリング掃除グッズの使い方・活用方法

フローリング掃除グッズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

フローリング掃除のおすすめグッズを紹介してきました、掃除機のみやフローリングワイパのみと別々に使用するよりも、道具をうまく組み合わせることで、よい効果的にフローリングの掃除をおこなえます。

では、おすすめした効果的な掃除の手順についてご紹介します。

ワイパ(ドライシート)で埃や髪の毛のゴミをとる

掃除機をかける前に、まずドライシートで細かな埃や髪の毛を絡めとってしまうことがおすすめです。

掃除の最初に掃除機をかけてしまうと、排気でフローリングに溜まった埃やごみが空気中に舞い上がってしまいます。舞い上がった埃は、数時間かかってまた床や壁、家具に落ちてきます。

掃除機をかける

掃除機をかけるときに気を付けたいのは、ノズルを動かすスピードと力加減です。ゆっくりと丁寧にノズルを動かすことによって、吸い取れるごみの量が大きく変わります。また、ノズルが床から浮いていても吸い取れないし、強く押し付けすぎてもごみを吸い込めず、フローリングを傷付けてしまう恐れもあるのでおすすめできません。

ゆっくりと一定のスピードで、一度にスイングする幅は自分の身長の半分くらいと心がけて掃除機をかけることがおすすめです。

雑巾で水拭きするか、ワイパ(ウェットシート)で付着した汚れを拭き取る

汚れが軽い場合は、固く絞った雑巾で水拭きしてから乾拭きをするだけで十分汚れは取れます。油汚れや食べ物のベタベタ汚れが気になる場合には、台所用の中性洗剤を薄めて雑巾に含ませてふき取るのがおすすめです。

ワックスでコーティングされているフローリングは、コーティング剤の種類によって使える洗剤が異なり、重曹やアルカリ性の洗剤は、ワックスを溶かしてしまう可能性があるので注意が必要です。

水分が残らないように乾拭きする

フローリングの表面に水分が残っていると、変色や黒ずみの原因になる可能性があるため、洗剤や水で拭いた後は乾拭きがおすすめです。

あなたにあったお掃除グッズで快適な暮らしを

フローリング掃除グッズおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

フローリング掃除のおすすめグッズや掃除方法をご紹介してきましたがいかがでしたか。フローリングはゴミが目立ちやすく、毎日掃除をするのも大変ですが、お気に入りの掃除グッズで楽しんで掃除をしてみましょう。

ツヤのあるきれいなフローリングを保つと、部屋も明るく見えて心もすっきりします。使いやすいものを揃えておいて、こまめに掃除をすると汚れが溜まらず水拭きも楽になりますよ。

Related