Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月18日

ドリッパーのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

コーヒーを手軽に美味しく飲みたい方へのドリッパーについてのご紹介です。コーヒーの抽出方法については多種ありますので、詳しい説明とおすすめのドリッパー器具もあわせてご紹介します。またその他のおすすめなコーヒーについての蘊蓄もご覧ください。

ドリッパーのおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

コーヒーの入れ方の種類

コーヒーの入れ方にも、いろいろな種類があります。代表的な抽出方法には「ドリップ式」「サイフォン式」「プレス式」などがあります。使用する器具も違いますし、豆の挽き方にも違いがあります。

ドリップ式

ドリップとは「ポタポタ落とす」という意味です。ドリッパーに入れたコーヒー豆にお湯を注ぎ、ペーパーフィルターかネルのフィルターで濾す抽出方法です。一番一般的な方法で、電気コーヒーメーカーはほとんどがこの方法です。

《 ドリップ式の道具》
・ドリッパー、サーバー、フィルター(ペーパーまたはネル)、コーヒー豆

ペーパードリップの特徴

抽出方法が簡単なため「家でコーヒーを気軽に楽しみたい」方に最適でしょう。最もポピュラーで、コーヒー豆の量などの調節で自分好みにできますが、一定のコーヒーを入れるにはそれなりの熟練が必要です。

ネルドリップの特徴

布製(ネル)のフィルターで抽出します。コーヒーの苦味や酸味のバランスがよく、コーヒー豆の味や香りが最大に引き出せる方法と言われます。デメリットは、布の「洗浄と保管」が大変ですが、繰り返し使えますのでコスパ面では良好です。

サイフォン式

サイフォンとは「吸い上げる管」という意味です。サイフォン用の器具を用いて、水を沸騰させ蒸気の圧力を利用してコーヒーを抽出します。

この器具は独特の形で、ガラスの部分が「漏斗部分(上)=コーヒー豆」「フラスコ部分(下)=水」とがあり、この2つを繋ぐのが特徴です。いったん下のフラスコから上の漏斗部分に水が上がり、火を落とすことで抽出されたコーヒーが静かに下のフラスコに戻ってきます。

《サイフォン式の道具》
・サイフォン、コーヒー豆

プレス式

プレスとは「押さえ押し付ける」という意味です。専用のプレス器にコーヒー豆と熱湯を入れ、コーヒー豆を膨潤させます。その後コーヒー豆だけを底に押さえてコーヒーを抽出します。

《プレス式の道具》
・コーヒープレス器、コーヒー豆

その他の方法

・「ターキッシュコーヒー」:小鍋で煮だしてからしばらくそのままで待ち、上澄みをカップに注ぐ方法で古くはこの方法が一般的でした。

・「パーコレータ」:ポットの中に、篭のような物が入る独特の器具を使用する方法です。

・「マキネッタ」:直火式のエスプレッソメーカーを使い、沸騰した蒸気圧でコーヒーを抽出する。

上記のようなコーヒーの抽出方法もあります。

器具に最適な豆の挽き方

コーヒー器具粗挽き中粗挽き中挽き細挽き
ネルドリップ
プレス式
パーコレーター
コーヒーメーカー
ドリッパー
サイフォン

※細かく挽くことで色も味も抽出されやすくなりますが、渋みや雑味が抽出されやすくもなります。粗すぎる挽き方では薄くなります。

ドリッパーの種類と選び方

ドリッパーを使う淹れ方が一般的で、多くの家庭で選ばれています。その訳はと言えば「とにかく簡単」な点でしょう。また使用後もペーパーの場合は、ドリッパーにセットしたペーパーフィルターをポイと捨てるだけです。

しかし、ドリップにもさまざまなタイプのドリッパーがあります。どのドリッパーを選ぶかにより、でき上がるコーヒーにも違いが出てきます。それぞれの嗜好により選んだドリッパーによって味に違いが出ます。よって、一言でおすすめは決められませんので、以下のドリッパーの違いをご参考にしてください。

ドリッパーの種類

「カリタ式」コーヒードリッパー

数度に分けお湯を注ぐため、お湯の量を調整する必要があります。おすすめポイントは「クリアな味わい」で雑味が少ないコーヒーとなります。

「メリタ式」コーヒードリッパー

一度に必要なお湯を注ぎますので、じっくりとコーヒーを抽出することが可能です。おすすめポイントは「味わいが一定」しやすく、いつ入れてもコーヒーの味が安定します。

「ハリオ式」コーヒードリッパー

抽出は注ぐ湯量で調整しながら行いますので、比較的味なども調節がしやすくなります。おすすめポイントは「味わいを調整しやすい」点です。

「コーノ式」コーヒードリッパー

コーノ式ドリッパーでコーヒーを抽出する場合は、中心からお湯を注ぎます。おすすめポイントは「濃い」コーヒーが抽出しやすいことです。

それぞれのドリッパーの特徴一覧

ドリッパー形状ポイント
カリタ式コーヒードリッパー台形穴が3つクリアーな味わい
メリタ式コーヒードリッパー台形穴が1つ一定の味わい
ハリオ式コーヒードリッパー円錐大きめの穴が1つ味わいを調節可能
コーノ式コーヒードリッパー円錐大きめの穴が1つ濃い味わい

穴の数についての違い

穴の数が違うとどのような違いが生まれるのでしょうか。「たかが穴の数」とおもわれるかの知れませんが、コーヒーの味には大きく影響してしまいます。

<<ドリッパーにお湯を注いだ時>>
・穴が1つの場合:ゆっくりお湯が落ちていくため、濃い味のコーヒーとなります。
・穴が3つの場合:早くお湯が落ちるため、薄に味のコーヒーとなります。

ただし、ドリッパーの穴が同じ1つ穴の場合でも、ドリッパーの穴が大きい方がお湯の落ちる速度が早くなり、薄め(マイルド)のコーヒとになります。そのためコーヒーを入れる際に、ドリッパーによりお湯の注ぎ方を変えることで、お好みのコーヒーを抽出してください

形状の違い

形状は台形型と円錐型の2つが一般的です。ペーパーフィルターを使用される場合は、この形状に合わせたペーパーフィルターを使用します。

台形と円錐では、どのような違いが生まれるのでしょうか。結論から言えば、ドリッパー内の「お湯の流れ」が異なります。

台形:全体にお湯が広がり、じっくりおコーヒーが抽出されます。
円錐:斜めにお湯が流れ、直線的にお湯が落ちコーヒーが抽出されます。

形状の違いには他にも「リブ」の違いがあります。ドリッパーにはリブという内側に溝があります。このリブによりお湯の流れを調節しています。

各メーカーが、おすすめの美味しいコーヒーのために研究しています。

ドリッパーの選び方

コーヒードリッパーを選び方のポイントは「好み」につきます。

コーヒー機器ブランドのドリッパーは、どれもコーヒーが美味しくなるように研究されたドリッパーですので、どれもおすすめできます。「どんなコーヒーが好きか」「どんな楽しみ方をしたいか」により選んでください。

ドリッパーおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:「100円程度で購入できるもの」

「100均ドリッパー」も侮ることはありません。ドリッパー100円、コーヒーフィルター100円とコスパがいい買い物ができます。ダイソーにあったドリッパーは台形型で1~2杯用と2~4杯用があります。店舗により販売されている商品に違いがあり「穴が4つと3つ」があります。

味にはやはり多少の雑味がありますが、とりあえずドリッパーを使ってみたいという方にはコスパがいいのでおすすめでしょう。

ランキング2位:「カリタ」

カリタ プラスチック製コーヒードリッパー
カリタ プラスチック製コーヒードリッパー

¥ 432

口コミ

透明だとマグカップの中が見えるので、お湯入れすぎてあふれることもなく、使いやすい 値段は安いがしっかりした製品

一番日本で一般的なドリッパーでしょう。この価格でクリアーなコーヒーが手軽に飲むことができます。

ランキング1位:「ハリオ」

HARIO (ハリオ) V60 01 透過 コーヒードリッパー
HARIO (ハリオ) V60 01 透過 コーヒードリッパー

¥ 432

口コミ

コーヒー好きの先輩から勧められ、使っているハリオのV60。 早くドリップ出来て、味もまろやかでおいしいです。お湯を注ぐ速度によって味を変えられるので、色々な味が楽しめます。

湯量の注ぎ具合により味を調整しやすいので、味わいをお好みの味わいに調整できます。デザイン的にも素敵なドリッパーです。

特徴・用途別おすすめのドリッパー

おしゃれ

ZEROJAPAN(ゼロジャパン) コーヒードリッパー+ポット+マグカップセット
ZEROJAPAN(ゼロジャパン) コーヒードリッパー+ポット+マグカップセット

コーヒーを気軽に楽しむための4点フルセットです。スタイリッシュなデザインのドリッパーやマグカップにポット、そしてトレイのセットが特製ボックスに入っていますので、プレゼントにも最適です。素材は陶器です。

陶器

キントー コーヒードリッパー&マグ ファーロ
キントー コーヒードリッパー&マグ ファーロ

¥ 3,240

口コミ

かたずけも楽で、一人用では最適だと思います。 シンプルなデザインですので、空きも来ないと思います。

デザインは灯台をイメージしたスタイリッシュなコーヒーメーカーです。ペーパーフィルターを使わず、ステンレスメッシュフィルターを使用しますのでこのまま使用可能です。また収納も重ねての収納が可能ですので、とてもスッキリできます。

ステンレス

コーヒードリッパー ステンレスフィルター ペーパーレス
コーヒードリッパー ステンレスフィルター ペーパーレス
口コミ

やっぱりステンレス製と言うのは清潔感があるので良いですよね〜 (^^)b ステンのフレームが凄く安定感を感じるスタイルです。

従来品よりメッシュを細かくすることに成功し、より雑味が少なくなり香りコクのバランスの良いコーヒー を楽しめます。ペーパーフィルターとは違い、コーヒーオイルが抽出されるため「とろっとした口当たり」のコーヒーを楽しんでいただけます。 ドリップスタンドはインテリアとしてもキッチンにマッチします。

アウトドア

ZAFIELD ポータブル コーヒードリッパー
ZAFIELD ポータブル コーヒードリッパー
口コミ

期待を裏切らない なかなかしっかりしたステンレスのバネ構造で,ペーパードリップができる。 予想以上に剛性があり,丈夫です。 ステンレスなので,使用後にすぐ洗って乾かすと衛生的。

本体はバネのように伸縮しますのでコンパクトに折りたたみでき、専用収納ケース付きですので、持ち運びも楽なドリッパーです。お手入れも簡単で置き場所も選ばない優れ物です。

金属

コレス ドリッパー ゴールドフィルター
コレス ドリッパー ゴールドフィルター

¥ 3,240

口コミ

紙フィルターを使っていましたが、やはりゴールドフィルターのほうが味がはっきりしているような気がします。 洗って何度も使えるので、エコ面でも満足です。

コーヒーの劣化は酸化にあります。その酸化に強い純金を使用し、強度と耐久性をアップさせるためにチタン+純金の二重メッキをを採用しています。ペーパーフィルターとは違う香味を楽しんでください。また洗うことで何度も使用できるのでコスパも良く、カビや臭いにも配慮され衛生的です。

円錐

HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルタ
HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルタ

¥ 864

口コミ

キーコーヒーのクリスタルドリッパー用に使っています。キーコーヒーのフィルターも使ってみたのですが、ハリオのフィルターの方が相性がいいと思います。

コーヒーにお湯を注いだ時、円錐に沿ってお湯が流れます。豆の旨味をじっくりと豆の中をドリッパーに沿い流れることでしっかりと抽出できます。フィルターは専用の品が必要です。このおすすめ円錐型のフィルターは、円錐型ドリッパー専用です。

折りたたみ

ViV 折りたたみコーヒードリッパー
ViV 折りたたみコーヒードリッパー

¥ 1,296

口コミ

着色が目立ちそうで、黒系にしようとも思いましたが、思い切って赤にしてみました。逆におしゃれで良かったと思います。抽出口に小さなキャップがあり、豆によって一つ穴にしたり三つ穴にしたりできるので、便利です

コンパクトに折りたたむことができるので、収納も場所をとりません。割れることも無く、軽くてコンパクトですからアウトドアにもおすすめです。

一人用

カリタ 陶器製コーヒードリッパー(1~2人用)
カリタ 陶器製コーヒードリッパー(1~2人用)

¥ 1,026

口コミ

以前はプラスチック製、3〜4人用でした。一杯で美味しく作れなかったため2杯作り、もう一杯は後で味の落ちたコーヒー飲むか、捨てるかだったので買って正解でした。

こちらのドリッパーはカリタ式ドリッパーで3つ穴です。樹脂製と比べると陶器性は保温効果があり、コーヒードリップに最適とも言われています。

おすすめのドリッパーのメーカー・ブランド3つと代表製品

おすすめブランド①「ハリオ」

円錐型で穴が1つのコーヒードリッパーとして、日本はもとより世界でも人気でおすすめなドリッパーです。円錐型は、コーヒーとお湯が接触時間が長く、渦巻き状のリブのためペーパーと密着し難いので、空気が抜けによりコーヒーの必要以上の膨張を防ぎます。そのためしっかりした味わいのコーヒーが抽出できる点がおすすめポイントです。

HARIO (ハリオ) V60 ドリップデカンタ
HARIO (ハリオ) V60 ドリップデカンタ

¥ 2,160

口コミ

お洒落で使いやすいです。 簡単にコーヒーを作れて重宝してます。 値段も安くおススメです。

スタイリッシュなデザインが一番のおすすめポイントです。本格的なコーヒーを楽しみたい方におすすめの「ドリップデカンタ」です。「円錐形ドリッパー」なのにネルドリップの味わいが簡単に楽しめます。コーヒーの美味しさ以外のおすすめはドリッパーは自立する点と、持ち手は中央のバンド部分でこのデザインも魅力ですが、外して洗えるという取扱いやすさもおすすめです。

おすすめブランド②「カリタ」

3つ穴のコーヒードリッパーとしておすすめは「カリタ(Kalita)コーヒードリッパー」です。
世界的にも有名で、コーヒーの抽出時間が比較的早いため、雑味が出る前にコーヒーを抽出します。おすすめポイントは、クリアで雑味の無いすっきりとした味わいです。

Kalita コーヒーメーカー
Kalita コーヒーメーカー

¥ 5,184

口コミ

ほんのりととろみがあり、コクもあり、コーヒーが本当においしくなりました。 コーヒーメーカーでこんなにも変わるなんてびっくりしてます。

電気コーヒーメーカーはお湯を沸かす手間がかからず、コーヒー豆とペーパーにお水を測り入れるだけで、あとはスイッチポンででき上がります。

抽出の際には「アロマシャワー」でカリタに注ぐためムラが無いことがおすすめポイントです。カリタの3つ穴ドリッパーは、誰にも「素早く手軽に本格的な美味しいコーヒー」が入れられます。いろいろな機能がついているより、コーヒー豆とお水をセットするだけのシンプルさがおすすめポイントです。

おすすめブランド③「ゼロジャパン」

日本生まれのおすすめコーヒーメーカーが「ゼロジャパン ドリッパー」です。コーヒーの本場である欧米でも使用されるクオリティーで、人気のカフェやレストランでも採用されています。その形状には特徴があり、抽出する穴が2つでドリッパーの下部にある隙間からカップの中を見ることで量を確認できます。特におすすめなのがそのデザイン性です。丸みのあるフォルムとカラーバリエーションは、インテリア性が高くオシャレな点もおすすめです。

ZEROJAPAN ギフトセット コーヒードリッパー
ZEROJAPAN ギフトセット コーヒードリッパー

¥ 3,672

日本の「技術と伝統」を職人技で日本国内で生産加工のMADE IN JAPANのコーヒードリッパーセットです。このセットさえがあれば、挽きたてのコーヒーがおしゃれに楽しめるので、自分用にもまたギフトセットとしてもおすすめです。またドリッパートレイが付いていますので、ドリッパーを外した時にも置き場所に困りません。

ドリッパーの使い方・活用方法・楽しみ方

ドリッパーでコーヒーを入れる器具として、ペーパーを使う方法が一般的です。使用後はペーパーをポイと捨てれば、後はすすぐだけという手軽さからおすすめです。

それ以外にも、ペーパーを使わない金属製のドリッパーもあります。こちらは経済的な面がおすすめポイントです。またこの金属製のドリッパーは、ペーパーとは違う味わいもあります。

ペーパードリップでの入れ方

一般的なペーパードリッパーでのおすすめな基本的入れ方のご紹介です。

「注意点」
・コーヒー豆は器具に適した分量を、きちんと図りましょう。
・蒸らし時間は重要なポイントですので、じっくり待ちましょう。
・熱湯での抽出は禁物です。90℃前後が適温です。
・ペーパードリップには、コーヒー豆は「中細挽き」が最適です。
(「器具に最適なコーヒー豆の挽き方」で説明しています)

コーヒー抽出量コーヒーの豆の量
1杯分10g~12g
2杯分20g前後
3杯分25g~35g前後
4杯分35g~40g前後

これは、おすすめのコーヒー豆の分量の目安です。お使いの器具やお好みにより、ご使用量は加減してください。この分量は1カップ約140ccとしての目安です。マグカップなどの場合はその容量によりプラスしてください。

ペーパードリップの基本の「き」

ペーパードリップでの「おすすめコーヒー抽出方法」の、基本をご紹介します。基本方法をマスターした後は、あなたのお好みの方法でお楽しみください。

①ドリッパー、サーバー、カップなど、温めておきましょう。

②ペーパーフィルターは必ずそのドリッパーの形・サイズに合うものを使用し、側面を折ります。そしてドリッパーに隙間がないようにセットしましょう。

③お水をポットで沸騰させ火を止めてから、お湯が鎮まるまで待ちます。適正温度は85℃~95℃前後でしょう。

④少量のお湯コーヒーにそっと注ぎ、20秒ほどじっくり蒸らしましょう。

⑤小さく「の」の字で注ぎます。1/3程落ちたら次のお湯を注ぎ3~4回に分け必要量を抽出しましょう。

憩いのひと時に「コーヒー」を!

それぞれの器具にはおすすめのコーヒーの入れ方があります。活用方法はそのドリッパーのおすすめをご参考にしてください。また、コーヒーは嗜好品ですので「濃いコーヒー」がお好みの方「マイルドなコーヒー」をお好みの方「コクのあるコーヒー」をお好みの方など、それぞれに適したおすすめがあります。

他にも「お手軽」「コスパ」「ファッション性」などによってもおすすめは違います。しかし、どの入れ方にも一番大切なことは、できるだけ「新鮮なコーヒー豆」を使用することが重要なポイントです。すばらしい香りと、お好みの味で憩いのひと時をお過ごしください。

Related