Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月09日

ジューサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

健康志向の高い方や、野菜ぎらいや果物を取り入れずらい家族の健康維持に、手軽にフレッシュなジュースが楽しめるジューサー。使用しやすいポイントや商品に対しての納得の価格帯についてもバランスよく評価し、なかでも売れ筋の代表的なTOP3の人気ランキング!

ジューサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ジューサーの種類と選び方

健康志向の高まりから自宅でジュースを手作りする人が多いですが、そんなときに便利なのがジューサーです。ジューサーが一台あるだけで、美味しく楽しく好きなときに新鮮なジュースを作ることができます。また、使い方によってはいろいろなレシピに応用できます。

今回はこれからジューサーを購入予定、また買い替え予定の方のために、おすすめの人気ジューサー製品や選び方のコツをご紹介します。

ジューサーの種類

ジューサーというと、食材を混ぜる「ミキサー」や「ブレンダー」と混同してしまいがちですが、ミキサーやブレンダーとは全く異なります。ジューサーはその名のとおり「ジュースを作るマシン」で、水分(ジュース)と食材の身(搾りカス)に分けて製造します。

水分だけを抽出するため、完成したジュースはさらさらとしたものとなり、残った食材の身の部分はそのまま料理に使うことができます。水分が少ない人参や葉物野菜などからもジュースを作りやすく、野菜や果物100%の無添加のジュースを作ることができます。ここではそんなジューサーの種類をご紹介します。

高速遠心分離方式の「高速タイプ」

一般的に販売されているのが、こちらの「高速タイプ」のジューサーです。1分間あたり10000~20000回転の「高速遠心分離方式」で、素早くジュースを作ることができます。高速で刃が回転するため、摩擦で食材の栄養素が壊れてしまう、空気に触れてしまう、などのデメリットもあります。

主に「ジューサー」と表記されているのが高速タイプで、「スロージューサー」と表記されているのが以下の「低速タイプ」です。

石臼式低速圧縮絞り「低速タイプ」

スロージューサーとして今注目されているのが「低速タイプ」のジューサーです。1分間あたり数十回転の「石臼式低速圧縮絞り」で、食材が空気に触れる機会が少なく、摩擦による栄養素の破壊も防ぐことができます。健康志向の人にはこちらがおすすめです。

「コールドプレス(低速圧縮搾り)ジューサー」と呼ばれることもあり、コールドプレスジュースを作りたい人には低速タイプがおすすめです。

ジューサーの選び方

これからジューサーを購入する場合、どのような点に気をつけて購入すれば失敗しないのでしょうか。ここでは、ジューサーを購入するときにチェックしておきたいポイントをご紹介します。

清潔に使いたい!お手入れが簡単なジューサーがおすすめ

ジューサーでジュースを作ったあと、内部まで清潔に保つことが大事です。長く使い続けるためにも、しっかり洗浄できるかどうかが重要なポイントです。できれば分解して洗えるものや、汚れが溜まらないものを選ぶようにしましょう。

食洗機をお使いの方は、部品を食洗機で洗えるかどうか確認するといいでしょう。また、マシンの素材によっても手入れの方法が変わりますし、耐久性も異なるので「自分でお手入れをしやすいかどうか」をしっかりチェックしましょう。

サイズや置き場所をチェック!ジューサーは大きい

ジューサーを購入するとき、意外とネックになるのが大きさです。というのも、一度に大量に作れるタイプのジューサーはかなり大きいからです。そのため、しっかり設置場所を確保したり、部屋のスペースに置けるサイズかどうか確認しましょう。

キッチンの奥の方に置いてしまうと使う出番が減ってしまいますし、上に物を置いてしまうと使わなくなってしまいます。ジューサーが活躍できる場所に設置し、最大限活躍できるように使いやすいサイズを選びましょう。

また、ジューサーは刃がついているため、安全性から考えるとお子様の手の届かない場所に設置することをおすすめします。

集合住宅だと気になる!音や振動

ジューサーで気になるのは、音や振動です。とくにアパートやマンション、団地などの集合住宅にお住まいの方は、うるさいジューサーでは困ります。そのため、音が静かで振動な少ないタイプを選びましょう。

安い買い物ではありませんから、購入時は店頭で音のチェックもした方がいいです。通販の場合は、音と振動についてのレビューをしっかりチェックしましょう。

ジューサーおすすめ人気ランキングTOP3

ジューサーの中でもとくにおすすめの人気ジューサー製品をランキング形式でご紹介します。一番人気のジューサーはどんなジューサーでしょうか。

第3位:シャープヘルシオジュースプレッソイエローEJ-ST1Y

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ イエロー EJ-ST1Y
シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ イエロー EJ-ST1Y
口コミ

問題なく手早く商品が届きました。 庭になっている大量の夏みかんを毎日美味しいジュースにしました。 部品も少ないので、洗う手間も少なくて良いです。

シャープのスロージューサーです。外見のインパクトが強く、ジューサーには見えないおしゃれなデザインがポイントです。小型で置き場所にも困りません。部品が少なく、お手入れしやすいため一人暮らしの人におすすめです。

取り外したパーツは食洗機で洗うこともできます。ただ、パーツの取り外しには慣れが必要なため3位に甘んじました。操作そのものは簡単です。シャープ製という安心感もあり、値段もお手頃なのが魅力です。

第2位:クビンスサイレントジューサーJSG-120レッド

クビンスサイレントジューサーJSG-120 レッド
クビンスサイレントジューサーJSG-120 レッド
口コミ

最初片づけが大変で失敗したかとおもいましたが、慣れてきたらそうでもなく 野菜ジュースもよく作れます。買ってよかったです。

テレビ通販などでも紹介され話題になっているのがクビンスの「サイレントジューサー」です。このサイレントジューサーは、夜えも使えるくらいに音が静か(40~50dB)なスロージューサーです。外見もスタイリッシュでおしゃれです。

パーツを交換することで、ジュースのほか、スムージー、フローズンデザートも作ることができます。やはり圧倒的な静音性はほかのジューサーと比べると歴然のため2位にランクインしました。マンションやアパート住まいの方におすすめです。

第1位:sirocacrosslineスロージューサーホワイトSSJ-201WH

siroca crossline スロージューサー ホワイト SSJ-201WH
siroca crossline スロージューサー ホワイト SSJ-201WH

¥ 32,400

口コミ

20年来ジュースを飲んできましたが、今回スロジューサーに変えてみました。高齢になり健康に良いと思い購入しましたが妻と二人で毎日楽しく飲んでいます。良い買い物したと思つています。

省スペースで使いやすく、お値段もお手頃なスロージューサーがsirocaの「スロージューサーSSJ-201」です。時間はかかりますが、その分しっかりと絞ってくれる上、さらさらとした飲み口の濃厚なジュースができ上がります。

扱いやすくジュースの完成度が高いため第1位です。一人暮らしの人にもおすすめです。毎日手作りジュースを飲む習慣を身につけたい人にもおすすめです。

付属のブラシを使えば手入れも簡単で、縦型のフォルムがキッチンが狭く置き場所がない家庭にもおすすめです。朝の忙しい時間帯にさっと作りたい人には向きません。スロージューサー初心者の方の方におすすめのモデルです。

特徴・用途別おすすめのジューサー

目的によってそれぞれ使いやすいジューサーが異なります。ここでは、特徴や用途別におすすめのジューサーをご紹介します。

スロージューサー「アイリスオーヤマ スロージューサーホワイトISJ-56-W」

アイリスオーヤマ スロージューサー ホワイト ISJ-56-W
アイリスオーヤマ スロージューサー ホワイト ISJ-56-W
口コミ

スロージューサーという名前ですが、絞るスピードは早くストレスがありません。 カットした素材を連続でどんどん入れていかないと空になってしまうくらいです。

アイリスオーヤマのスロージューサーです。使いやすく、スロージューサーの割にはできあがりが早いのが特徴です。サイズがコンパクトで省スペースタイプなので、一人暮らしの人にもおすすめです。

アタッチメントを変えることにより、ジュースに含まれる繊維の量を調節することができます。フレッシュジュース、スムージー、フローズンデザート、と3つのタイプで使い分けできます。比較的安価でコスパ高いです。しっかり酵素の残ったジュースを作ることができます。

ミキサー機能付き「Excelvanミキサージューサーミル付きブレンダー」

Excelvan ミキサー ジューサー ミル付き ブレンダー
Excelvan ミキサー ジューサー ミル付き ブレンダー
口コミ

毎日フレッシュなジュースを飲むという目標で、デザインと色が気に入って購入しました。 シンプルで性能抜群こそ、音も常識内ですし、コンパクトで洗うのも簡単。

ジューサーというよりミキサーなのですが、スムージーを作りたい方におすすめなのが、こちらのブレンダーです。氷も粉砕することができるので、夏には簡単にかき氷のようなスイーツを作ることができます。

操作も簡単で、これ一台でいろいろな用途に使えます。野菜や果物のスムージーはもちろん、コーヒー豆の粉砕にも使えます。ただし、通常のジューサー(水分と個体に分離)ではないため、さらさらのジュースは作れません。あくまでスムージーです。一台でスムージーや離乳食などを作りたい人におすすめです。

りんごジュースにおすすめ「ECVILLAジューサー」

ECVILLA ジューサー
ECVILLA ジューサー

¥ 4,999

軽量でコンパクト、簡単なジュースを作るなら「ECVILLAジューサー」がおすすめです。形状としてはジューサーというよりもブレンダーです。そのため、水分と搾りカスは分離しません。粉砕した果肉もそのまま飲むタイプです。

すりおろしりんごジュース、スムージーなどにはぴったりです。食物繊維をそのまま摂取したい人におすすめです。見た目もおしゃれなので、一人暮らしの女性におすすめです。

電気不要で人参ジュース!「2Way手回し式スロージューサー」

2Way手回し式スロージューサー
2Way手回し式スロージューサー
口コミ

しっかり搾れました!小麦若葉は水分が少ないので搾る時にキュルキュルととても大きな音がしますが 出てくるカスはパサパサです。絞り出す時に力は要りますが腕のエクササイズだと思えば気になりません。

人参ジュースを作りたい場合、スロージューサーを使えば作れるのですが、こちらは電気代不要で人参ジュースが作れる「手回し式」のスロージューサーです。手回し式なので、力は必要ですし、音も結構うるさいです。

ただし、一人分程度の人参ジュースなら簡単に作ることができるので、エコ志向の人におすすめです。手作りジュース以外に、フローズンフルーツも作ることができます。小学生の夏休みの自由研究などにもおすすめです。

とにかく安い!「コイズミコンパクトジューサーグリーンKMJ-0500/G」

コイズミ コンパクトジューサー グリーン KMJ-0500/G
コイズミ コンパクトジューサー グリーン KMJ-0500/G
口コミ

簡単!便利!しかも、使いやすいです。更に、コスパです。どんなフルーツでも、ジュースして飲めます!

とにかく安いジューサーがほしいという方におすすめなのが、コイズミのコンパクトジューサーです。高速タイプのジューサーです。このサイズで1~2人用ですが、素早くジュースを作ることができるので家族が多い家庭でも安心です。朝の忙しい時間帯にも便利です。

音はうるさく、置き場所として多少スペースを必要としますが、ジューサーとしては問題ありません。コスパ的には最強です。お手入れもパーツが取り外せるため簡単です。「コストを抑えて短時間でささっとジュースを作りたい」という方におすすめです。

コールドプレスにおすすめ「TESCOMスロージューサーシルバーTSJ500-S」

TESCOM スロージューサー シルバー TSJ500-S
TESCOM スロージューサー シルバー TSJ500-S
口コミ

コスパで優れており、性能も音が静かで満足している。おすすめ。

コールドプレスジュースを作りたい場合は、スロージューサーを選ぶ必要があります。しかし、高性能なスロージューサーは高価なため、なかなか安価なものがありません。そんな中でおすすめなのが、TESCOMのスロージューサーです。

お店で売っているコールドプレスジュースは高価ですが、これがあれば自宅で簡単に自家製のコールドプレスジュースが作れます。「売っているコールドプレスジュースを買っていたらコスパが悪いから自分で作りたい」という人におすすめです。

一人用におすすめ!「OVOSハンドジューサー」

OVOSハンドジューサー
OVOSハンドジューサー

¥ 9,000

口コミ

いろいろあるけど、ほぼ満足しています。きりがないけど、母(70超える)も簡単に使え評判もボチボチです。

一人分でなので少量でいい、ということであれば「ハンドジューサー」がおすすめです。電気を使わない上、置き場所に困る心配もありません。野菜には不向きですが、りんごやオレンジ、グレープフルーツのような果物を絞る場合には活躍します。

食洗機でも洗うことができて、手入れは簡単です。ステンレスで丈夫なので、長く使い続けたい人におすすめです。これだけで満足な量のジュースが絞れるわけではないので、たとえばグレープフルーツサワーを飲む時や、お菓子作りにレモンの絞り汁を使うときなどに便利です。

静かでおすすめ「HUROMスロージューサーHP-WWA12ホワイト」

スロージューサー HP-WWA12 ホワイト
スロージューサー HP-WWA12 ホワイト

スロージューサーは「ガリガリ」という音がうるさいのですが、HUROMのスロージューサーは静音タイプで音が比較的静かです。マンションやアパートにお住まいの方におすすめで、早朝にジュースを作りたい人にも安心です。

HUROM社製のほかの商品と比べとてもコンパクトな作りになっており、置き場所も省スペースです。ダブルスクリュー搭載で、しっかり搾汁してくれます。刃がない上、パーツも少なく、お手入れの安全簡単です。小さなお子様とジュース作りを楽しみたい方にもおすすめです。

しっかり絞れる「HUROMスロージューサーH-AA-RBA17」

ヒューロム ヒューロムスロージューサー フェラーリレッドHUROM H-AA-RBA17
ヒューロム ヒューロムスロージューサー フェラーリレッドHUROM H-AA-RBA17
口コミ

野菜と果物ジュースを毎日作って飲んでいます。 思ったより音も静かでした。

ジューサーを使用していると気になるのが、搾りカスに残った水分です。気になる人は、もう一度投入して絞ることもありますが、こちらのHUROM「H-AA-RBA17」は二度搾りが必要ありません。音も静かですので、集合住宅にお住まいの方にもおすすめです。

スロージューサーの中でもさらに低回転なので、食材の栄養素を壊しません。お手入れも簡単で、耐久性もあります。投入口が半透明なので食材を入れるときに中身が見やすく、食材のつまりや入れすぎを防止できます。素材の水分を余すことなくしっかり絞りきりたい人におすすめです。

おすすめのジューサーのメーカー・ブランド3つと代表製品

ここでは、おすすめのジューサーのメーカーやブランドを3つと、それぞれの代表製品をご紹介します。信頼するメーカーやブランドから気になるジューサーを探してみるのもおすすめです。

象印「ジューサー450mlBM-JG05-WBホワイト」

象印 ジューサー 450ml BM-JG05-WB ホワイト
象印 ジューサー 450ml BM-JG05-WB ホワイト

¥ 17,280

口コミ

毎日りんご、にんじんジュース作っています。入れ口も大きいのでにんじんは半分くらいに切って一気にくだけます。コードリールがないので星4つ。後は満足しています。お手入れもしやすいです。

炊飯ジャーや魔法瓶でお馴染みの象印から販売されているジューサーです。シンプルで扱いやすく、値段もお手ごろです。材料を入れる口が大きく、分解して洗えるため清潔です。本体に各部品を正しくセットしなければスイッチが入らない仕組みなので安全です。

搾りカスに湿り気が多く残ることから、ジュースを楽しみながら搾りカスも料理にどんどん活用していきたい人にもおすすめです。

パナソニック「ジューサーオレンジMJ-M12-D」

パナソニック ジューサー オレンジ MJ-M12-D
パナソニック ジューサー オレンジ MJ-M12-D
口コミ

おいしいです!家庭用ジューサーとしてはコスパが良いですし、取り扱いもカンタンです。 毎日使っています。

信頼のパナソニックから出ている高速ジューサーです。初心者にも扱いやすく、キッチンに置いておきたいおしゃれなデザインです。500mlと適度な量なので、2人分程度の朝食時のジュース作りにおすすめです。

フィルターがしっかり食物繊維を漉してくれるため、透明度の高いジュースを作ることができます。カスポン方式によって、搾りカスの処理も簡単です。そのまま料理にも使いやすい形で出てきます。お手入れも簡単です。

HUROM「スロージューサーH2Hスーペリア(ノーブルシルバー)」

HUROMスロージューサー H2Hスーペリア(ノーブルシルバー)
HUROMスロージューサー H2Hスーペリア(ノーブルシルバー)

¥ 42,984

口コミ

購入から3ヶ月以上経過し、毎日使ってます。 分解清掃が簡単。音がうるさくない。 絞りかすがポロポロで、そうとう絞ってくれている感じ。

ジューサー専門メーカー「HUROM」のスロージューサーです。金属刃を使わず絞るスロージューサーで、食材にストレスや熱を加えないため栄養を損なう心配がありません。しっかり圧縮して搾汁してくれるので、搾りカスの水分残りが気になる人にはこちらがおすすめです。

ストレーナーが2種類あるので、さらさらジュースと、とろとろジュースのお好みので作ることができます。一台でいろいろ楽しみたい方にもおすすめです。乾燥スタンドつきでお手入れも簡単です。

ジューサーの使い方・活用方法・楽しみ方

ジューサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

「ジュースを作る」という基本的な使い方のほかに、ジューサーにはどんな使い方があるのでしょうか。ここではジューサーの使い方や活用方法、意外な楽しみ方についてご紹介します。

ベーキングパウダーで発酵なし!フライパン人参パンレシピ

ジューサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

ジューサーのメリットは、水分をジュースとして楽しめる上、搾りカスは料理やお菓子作りに利用できる点です。とくにジュースにする機会が多いのが人参です。毎日人参ジュースを飲んでいる人は、その搾りカスを使って美味しい料理を作ることができます。

とくにおすすめなのが、人参パンです。通常のパンの作り方に、人参の搾りカスを適量投入するだけです。色も鮮やかで人参の風味香る美味しいパンが焼きあがります。朝食や、お子さんのおやつにもぴったりです。

こちらのレシピでは、ベーキングパウダーを使うため発酵不要で、フライパンで簡単に人参パンを作ることができます。当日使えず残った人参の搾りカスは冷凍して保存しておいて、後日調理するのもおすすめです。

スロージューサーで簡単!自家製豆乳が作れる!

スロージューサーを使って、大豆から豆乳を作ることもできます。お店で買うことしかできなかった豆乳も、スロージューサーさえあれば簡単に毎日、しぼりたてを飲むことができます。無添加で作ることができるので、健康志向の人におすすめです。

材料
大豆の水煮100g
水120mL
作り方
1.大豆の水煮と水を合わせる。
2.1を少しずつ投入口に入れる。

出典: http://www.sharp.co.jp/juicer/feature/recipe/soymilk.html |

手作りジュースは酵素がたっぷり!ダイエットにも

高速ジューサーではなく、スロージューサーの場合、食材の組織を破壊することなく水分を搾汁するため酵素がたっぷり残っています。ダイエットに「コールドプレスジュースがいい」と言われているのが、この「酵素をたっぷり摂取できるから」という点です。

普段の食事から十分な酵素がとれていない人や、加齢によって酵素不足になっている人にとっては効果のあるダイエット方法です。とくに酵素は加熱に弱いため、サラダのように野菜や果物を生のまま食べる習慣のない人に、コールドプレスジュースがおすすめです。

ただし、高速ジューサーは酵素まで破壊してしまう可能性があるため、健康のためにジューサーを購入したい場合は、スロージューサーがおすすめです。

市販のジュースとは一味違うオリジナルを作ろう!

ジューサーを使えば、自分の好みに合わせていろいろブレンドを楽しめるのも魅力です。市販のジュースでは味わえない、自分だけの味を見つけるのも楽しいです。野菜や果物を組み合わせて、どこにも売っていないオリジナルジュースを作りましょう。

組み合わせ方は無限大ですから、可能性は未知数です。毎日の健康を維持するためにも、新鮮な食材を使った新鮮なジュースを楽しみましょう。

Related