Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月30日

食器用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

食器用洗剤は油汚れに強い、泡切れがいいなど色々な種類のものが販売されています。しかし食器用洗剤で肌荒れなどの肌トラブルを招いてしまうこともあります。そこで今回はおすすめの食器用洗剤をたくさん紹介していきます。ぜひ洗剤選びの参考にして下さい。

食器用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

食器用洗剤の種類と選び方

食器用洗剤のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

毎日キッチンで使う必需品の食器用洗剤ですが、その種類も豊富で含まれいている成分でその効果もさまざまあります。また油汚れに強い食器用洗剤を使ったら手が荒れてしまった、手に優しい食器用洗剤を使ったら洗浄力がいまいちだった、など食器用洗剤に悩まれている方もたくさんいます。

そこで今回はおすすめの食器用洗剤を人気ランキング形式や特徴別にたくさん紹介していきます。普段の食器用洗剤の悩みを解消してくれる、満足できる食器用洗剤をぜひ見つけて下さい。

食器用洗剤の種類

食器用洗剤は、水と油のように交じり合わないものを混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをする界面活性剤が使われています。この界面活性剤は大きく分けて天然界面活性剤と合成界面活性剤の2つにわけることができます。

天然界面活性剤は科学的な合成がされていない天然の界面活性剤です。卵の黄身に含まれている「レシチン」や牛乳に含まれる「カゼイン」、植物の根、葉、茎などに「サポニン」などが天然界面活性剤です。

一方「合成界面活性剤」は、「天然系合成界面活性剤」の石けん系 、脂肪酸エステル系 、アミノ酸系 、「天然系と石油系2つのタイプがある」高級アルコール系、石油を原料として製造された「石油系合成界面活性剤」に分けることができます。多くの場合食器用洗剤には「天然系合成界面活性剤」か「石油系合成界面活性剤」が成分として使用されています。

食器用洗剤の選び方

食器用洗剤を選ぶときは、その液性や成分表示の確認も大切になります。食器用洗剤の液性は「弱アルカリ性」「中性」「弱酸性」の3つのタイプが主に使われていて、油汚れの洗浄力が強い「弱アルカリ性」の洗剤は肌への刺激が中性洗剤よりも強く、肌トラブルを起こす原因になることがあります。肌の弱い方は炊事用手袋などを使用するなどの配慮が必要な場合もあります。

中性洗剤は、洗浄力と手肌の影響を考慮していて、肌にかかる負担が少なく、食器用洗剤に多く使われているタイプです。しかしアルカリ性洗剤に比べると一般的に油汚れなどの洗浄力は低くなります。また弱酸性の食器用洗剤は、それぞれの方の体質にもよりますが、肌は弱酸性ですので肌影響が少ない洗剤の場合が多いですが、アルカリ性に比べると油汚れなどの洗浄力はこちらも低くなります。

食器用洗剤おすすめ人気ランキングTOP3

先に記載したように、食器用洗剤には液性や成分は多くの種類があります。しかしそれと合わせてそれぞれの食器用洗剤がもつ特化した特徴もありますので一概にどの液性がいい、どの食器用洗剤がいいと、ここでは人気の高い食器用洗剤やおすすめの食器用洗剤を実際に使用した方のレビューやその液性、成分と合わせて紹介していきますので、ぜひ食器用洗剤選びの参考にして下さい。

ランキング3位:「ジョイ コンパクト モイストケア 」

ジョイ コンパクト モイストケア  200ml
ジョイ コンパクト モイストケア  200ml
口コミ

手がすぐに荒れてしまう私ですが、この商品にしてから荒れることなく、洗い物が苦にならなくなった。もう他の商品は無理ですね…

弱アルカリ性の食器用洗剤ですが、手肌の表面からうるおいが逃げにくい処方で作られているおすすめの食器用洗剤です。また香りにもこだわり「ローズオアシス」と「カモミールオアシス」の上品な2種類の香りがあります。ボトルデザインも可愛くおしゃれで、キッチンを華やかにしてくれる食器用洗剤です。

弱アルカリ性、成分:界面活性剤 (29% アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、アルキルアミンオキシド、ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、安定化剤、粘度調整剤

ランキング2位:「除菌ジョイ コンパクト」

除菌ジョイ コンパクト  200ml
除菌ジョイ コンパクト 200ml
口コミ

これを使ったら 他の商品は使えないかも。 今まで使った中で一番いいです。

濃縮パワー処方で油汚れに強く、W除菌効果で99.9%の除菌ができ菌のエサとなる油汚れまで徹底洗浄してくれる食器用洗剤です。毎日の油汚れの食器をすっきり落としたい方におすすめの食器用洗剤です。

スポンジやふきんに原液をつけて12時間を目安に次に使用するまで置いておくことで、スポンジ・ふきんの除菌をすることもできますし、プラスチック製のまな板でしたら原液をまな板の表面に伸ばし、約20分放置した後水で洗い流してよく乾燥させることでまな板の除菌をすることもできる洗浄効果も除菌効果も高いおすすめの洗剤です。

弱アルカリ性、成分:界面活性剤(33% アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、アルキルアミンオキシド)、安定化剤、粘度調整剤

ランキング1位:「キュキュット クリア除菌」

キュキュット クリア除菌 240ml
キュキュット クリア除菌 240ml
口コミ

CMでおなじみの製品ということもあり、品質に疑いもせず購入しましたが、 実際使ってみても何の問題もなく、しっかりと泡立ち、汚れを落とすので満足です。

独自のハイブリッドウォッシュ処方で、濃密泡とすすぎの早さを両立したおすすめの食器用洗剤です。少しでも洗い物を早く終わらせたい方におすすめです。

液性は弱酸性ですが、水を含ませたスポンジにつけて泡立てたり、水で薄めると中性になるので「キッチンハイター」の薄め液や「キッチン泡ハイター」と併用して使用することができます。スポンジ、まな板の除菌・除渋・除臭・くすみ落としの効果もあるおすすめの食器用洗剤です。

弱酸性、成分 界面活性剤(36%、高級アルコール系(陰イオン)、アルキルヒドロキシスルホベタイン、ジアルキルスルホコハク酸ナトリウム)、安定化剤、金属封鎖剤、除菌剤

特徴・用途別おすすめの食器用洗剤

安全なおすすめ洗剤

エコベール ゼロ 本体750ml
エコベール ゼロ 本体750ml

¥ 1,058

口コミ

気にいってます!洗浄力がっていう方も勿論いるとは思いますが、わたしはこれに変えてから手荒れも治まって大満足。

香料、着色料は無添加で、植物由来の成分とミネラルを原料として作られているベルギー生まれの環境にも体にも優しいおすすめの食器用洗剤です。英国アレルギー協会認定、肌テスト済み(ヨーロッパ第三者機関で敏感肌のモニターを使用した肌テスト)の手肌優しく、手荒れが気になる方にや敏感肌の方にはおすすめの食器用洗剤です。

弱酸性、成分:界面活性剤(18% アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、アルキルグリコシド)、pH調整剤、増粘剤

油汚れにおすすめ

チャーミーマジカ 除菌プラス   220ml
チャーミーマジカ 除菌プラス   220ml
口コミ

色々洗剤を使いましたがこちらがかなりよくずっとリピしています。 とにかく汚れ落ちがいい!!圧倒的です。 自分は皮膚が弱い方ですが手荒れも無く使用できています。

独自の洗浄メカニズムで、手強い油汚れもナノレベルまで分解して手早く食器洗いができる食器用洗剤です。頑固な油汚れをすっきり落としたい方におすすめの食器用洗剤です。99.9%(まな板は99%)の除菌効果で、プラスチックまな板、ふきん、スポンジの除菌ができます。

中性、成分: 界面活性剤(32% アルキルアモンオキシド、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、アルキルスルホン酸ナトリウム)、安定化剤、pH調整剤

環境に優しいおすすめ洗剤

緑の魔女  420ml
緑の魔女 420ml

¥ 416

口コミ

洗剤特有の強い香りもないし泡立ちも悪くありません。使いやすい洗剤だと感じました。リピします!

洗い流した洗剤の力で排水パイプの洗浄効果や水回りの消臭効果があるおすすめの食器用洗剤です。洗い物をしながら排水パイプも綺麗にできるおすすめの食器用洗剤です。界面活性剤は天然植物由来のものを使用し、フルーツ酸を配合している弱酸性の食器用洗剤なので、手肌にも優しく環境にも優しいおすすめの洗剤です。

弱酸性、成分:界面活性剤(20%ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸エステルナトリウム、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン)、生分解促進剤、安定剤

手荒れ予防におすすめ

チャーミー 泡のチカラ 手肌プレミアム 240mL
チャーミー 泡のチカラ 手肌プレミアム 240mL
口コミ

手荒れしづらく 汚れ落ちが良いのはこれだと思います。 いくら新商品が出ても 結局これに戻ります。

刺激ブロック技術を採用していて、洗浄成分の手肌刺激を抑えている食器用洗剤です。食器用洗剤による手荒れが気になる方にはおすすめの食器用洗剤です。「乳酸ナトリウム」配合処方で手肌水分の減少を抑制する効果があるので、乾燥肌の方にもおすすめです。またクリーミーな泡で油を細かく分解するので、面倒な2度洗いの手間もなく、食器洗いの時間を短縮できるおすすめの洗剤です。また除菌成分も配合されているので、スポンジの除菌にも効果があります。

中性、界面活性剤 (33% アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、アルキルアミンオキシド、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、アルキルスルホン酸ナトリウム)、安定剤

無添加のおすすめ洗剤

シャボン玉 EM 食器洗い液体石けん 300ml
シャボン玉 EM 食器洗い液体石けん 300ml

¥ 346

口コミ

手荒れが酷くて、食器洗いをすると、手が痛くて仕方ないのですが、この洗剤だと全痛くなりません。助かってます。もう少し安いといいんだけど、また買うと思います。

善玉菌(乳酸菌や酵母など)の集合体EMを使用している環境に優しい、食器洗い用の液体けっけんです。香料・着色料・酸化防止剤を使用していない無添加なので手にも負担がかかりません。小さなお子さんがいる家庭でも安心して使用できるおすすめの食器用せっけんです。

弱アルカリ性、成分:水、カリ石ケン素地

アメリカブランドのおすすめ洗剤

ミセスメイヤーズ レモンバーベナ 473ml
ミセスメイヤーズ レモンバーベナ 473ml

天然由来の成分とエッセンシャルオイルが配合されている、アロマテラピー効果がプラスされたアメリカブランドMrs. Meyers Clean Dayの食器用洗剤です。食器洗いと合わせて香りを楽しみたい方にはおすすめの食器用洗剤です。キッチンをすっきり見せてくれるボトルも、オシャレなデザインでおすすめです。

中性、成分:界面活性剤(29% アニオン界面活性剤、非イオン界面活性剤)、香料

コストコのおすすめ洗剤

カークランドシグネチャー エコフレンドリー  3.99L
カークランドシグネチャー エコフレンドリー 3.99L
口コミ

コストこで買っていたのですけど、行く暇がなかったので買いました。ちょっと割高になってしまいますが、小さいのをちまちま買うのが面倒になので注文しました。油汚れもよく落ちるし、とても気に入っています。

コストコで販売されていて人気の高い食器用洗剤です。自然由来の洗浄成分が配合されていて、着色料は使われていない手に優しいおすすめの食器用洗剤です。シトラスの香りの泡立ちもいい食器用洗剤で大容量3.99lなので、買い物の手間も省けるおすすめの食器用洗剤です。約4ℓの大容量なので一度購入すれば長く持つおすすめの食器用洗剤です。

中性、成分:界面活性剤(27%、ラウレス硫酸ナトリウム、 ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸ナトリウム、キシレンスルホン酸ナトリウム)、 中和剤、香料、保存料

固形

ミヨシ石鹸 無添加 台所用せっけん140g
ミヨシ石鹸 無添加 台所用せっけん140g

¥ 162

口コミ

スポンジにつけて少し揉むと、泡立ちも良いし、油汚れもすっきり落ちます。 アトピーの私でも、手袋なしで使え、全く手荒れがありません。 お勧めです。

香料・着色料・防腐剤などいっさい無添加の固形の台所用せっけんです。これ一つで食器、ふきん、まな板などの洗浄をすることができます。泡立ちもよく、香り移りの心配もない手にもやさしいせっけんなので、肌荒れなどが心配の方にもおすすめの台所用せっけんです。

成分:純石けん分(98%脂肪酸ナトリウム)

おすすめの食器用洗剤のメーカー・ブランド3つと代表製品

食器用洗剤は毎日家庭で使うものなので、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれるおすすめのアイテムです。しかしあまり刺激の強い食器用洗剤は、せっかくのプレゼントで手荒れを起こしてしまうこともあるので、肌に優しい、また環境にも優しいタイプの食器用洗剤をプレゼントにはおすすめします。

ボトルがおしゃれな食器用洗剤も多く販売されていますので、成分を確認してかわいいボトルの肌に優しい食器用洗剤をプレゼントしたらきっと喜んでもらえます。ここではそんな、肌に優しい食器用洗剤やおしゃれなボトルのプレゼントにしてもおすすめの食器用洗剤メーカーを3社紹介していきます。

松山油脂

M-mark 台所用液体せっけん
M-mark 台所用液体せっけん

¥ 410

口コミ

つわりでいくつか他の無添加製品使いましたが、こちらがパーフェクトでした!とにかくつわりの方へオススメしたいです。

松山油脂は石鹸やスキンケア商品を製造している会社で、M-markシリーズの台所用液体せっけんは合成界面活性剤無添加のおすすめの食器用せっけんです。昔ながらの釜焚き製法で百時間かけて焚き上げた液体石けんで、たっぷりとした泡立ちで洗浄成分が食器や手肌残りすることもありません。洗浄成分は石けんだけなので環境にもやさしいおすすめの食器用せっけんです。

弱アルカリ性、成分 : 純石けん分(30%、脂肪酸カリウム)

フロッシュ

フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ 750ml
フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ 750ml

¥ 756

口コミ

手荒れがひどい方には、刺激が少ないのでお勧めです。いろいろなタイプがあり、実際に使用してきましたが、これが一番飽きませんし、食器への匂いうつりも気になりません。何より環境に優しいです。

環境先進国ドイツ生まれの、サステナブルハウスケアブランド「フロッシュ」の環境にやさしいおすすめの食器用洗剤です。天然アロエヴェラエキスが配合されているノンアルコール処方の手にやさしいおすすめの洗剤です。ヤシ油や菜種油などから作られる植物由来の洗浄成分が使用されていて環境にも考慮されている洗剤です。またフロッシュの中でも特に手に優しい敏感肌の方にはおすすめの無香料、無着色タイプの「パフュームフリー」も販売されています。

弱酸性、成分:界面活性剤(9%アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、アルキルアミドプロピルベタイン)、粘度調整剤、安定化剤

Murchison-Hume

ディッシュウォッシングリキッドWHG 480ml
ディッシュウォッシングリキッドWHG 480ml

¥ 2,376

口コミ

見た目の美しさと、香りの良さで 洗い物の作業が楽しくなりました。

「人に優しい原料を使う事」をコンセプトに掲げているMurchison-Humeの、肌にも優しい「グレープフルーツの果皮油」、抗菌効果・保湿成分としても活躍する「セージオイル」などの天然成分を配合した食器用洗剤です。価格は食器用洗剤としては高額になってしまいますが、ボトルもオシャレなデザインで清々しいホワイトグレープフルーツの香りのプレゼントにもおすすめの食器用洗剤です。

弱アルカリ性、成分:界面活性剤(14% アルキルグリコシド) セージエキス、グレープフルーツ果皮油、アロマエッセンス(ホワイトグレープフルーツ)

食器用洗剤の使い方・活用方法

使い方

食器用洗剤の使用量の目安は多くの場合、水1Lに対して0.75mlと表記されています。料理用小さじ1杯は約5mlなのでかなり少ない量になります。しかし多くの場合水に薄めて使用することはなく、直接スポンジなどにつけて食器を洗います。

これは洗い流す際に水で薄まるので問題はありませんが、洗剤の量を多く使用すればその分すすぎも十分な水と時間をかけてしなければいけなくなります。また洗い残しなどは手荒れの原因にもなるので、一回に使用する量はあまり多く出しすぎないことをおすすめします。

また、食器用洗剤の多くに、食器や調理用具は流水で5秒以上、ため水の場合は水を変えて2回以上すすぐと表記されています。他にも使用後は手を良く洗うように記載されていることからも、家庭用洗剤の洗い残しがないように、十分に食器も手も洗剤を洗い流すことが必要です。

活用方法

食器用洗剤は、食器の洗浄以外にも多くのお掃除の場面で活用することができます。掃除用で使用する際は水をためたバケツなどに、食器用洗剤を数滴たらして使用します。その後十分に水拭きをししっかりと濡れた雑巾などで洗剤をふき取ります。この際、洗剤が残ったままにしておくとシミや変色の原因になることもあるので、水拭きは充分に行うことをおすすめします。

また食器用洗剤を掃除用に使用する際に注意したい点が液性です。よく「混ぜるな危険」といった表記が書かれた掃除用洗剤を目にすることがありませんか?これは塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜると「塩素ガス」という有毒ガスが発生して危険なため表記されています。そのため家庭の掃除で使用する際、他の掃除用洗剤と混ざる可能性がある場合は「中性洗剤」はほかの洗剤に反応することがないのでおすすめします。

中性洗剤がおすすめ

液性の特性として、油や皮脂など酸性の汚れに対しては弱アルカリ性の食器用洗剤が洗浄力は高くなりますし、また水垢やトイレの汚れなどアルカリ性の汚れに対しては、弱酸性の食器用洗剤の方が洗浄力が高くなります。

しかしなかなかそれぞれの汚れの液性を確認することは難しくなります。また先にも記載したように他の掃除用洗剤と混ざってしまう可能性も考えると、洗浄力は低くなりますが簡単な汚れには万能に働いてくれる「中性洗剤」が家庭のお掃除にはおすすめです。また中性洗剤の場合は、アルカリ性や酸性の洗剤よりも掃除する材質を傷めることも少なくなりますので、おすすめです。

この弱酸性や中性、弱アルカリ性などの液性を調べる方法は、食器用洗剤のボトル裏面の成分表示の欄に多くの場合液性が記載してありますので、掃除用に食器用洗剤を使用する際はボトル裏面の液性を確認することをおすすめします。

環境に優しく、手にも優しい食器用洗剤を

いかがでしたでしょうか?たくさんのおすすめの食器用洗剤を紹介してきましたが気に入った食器用洗剤は見つかりましたか?

油汚れに強いという食器用洗剤もたくさん販売されていますが、洗浄力が強い分肌への影響も強くなり、肌トラブルの原因になってしまうこともあります。まず成分表示を確認して、環境にも肌にも優しい食器用洗剤を選ぶことをおすすめします。

食器用洗剤を使用した際、食器や手に洗剤の洗い残しがあるとトラブルの原因になってしまいます。洗い残しがないようにしっかりとすすぎをすることで、肌トラブルを回避することもできます。また食器洗いの後はどうしても手の水分が不足がちになるので、しっかりと保湿ケアをすることも大切です。

今回のおすすめの食器用洗剤の記事が、少しでも参考になれば幸いです。

Related