Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月02日

ハンディクリーナーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

いちいち掃除機を出してくるほどでは無い時などにおすすめしたいのがハンディクリーナーです。しかし形状などによってたくさん種類があり、決めかねている方も多いのではないでしょうか。この記事では、おすすめのランキングもご紹介しています。選び方に悩んでいる方必見です。

ハンディクリーナーのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ハンディクリーナーの種類と選び方

今や掃除機は全ての家庭に1台はある時代です。ですがキャ二スター式だと、目についたゴミを取りたいだけなどの際には、いちいち出してくるのが面倒という方も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのがハンディクリーナーです。

ハンディクリーナーとは、軽くて小型な掃除機のことです。おすすめのポイントは、食べこぼしやちょっとしたゴミに気づいた時など、掃除機をいちいち出すのは面倒な時に手軽に使えて便利なところです。そのため、2台目としてや車の掃除用などとして、購入される方が多いアイテムです。今回は、そんなハンディクリーナーについて詳しくご紹介します。

ハンディクリーナーの種類

ひと口にハンディクリーナーといっても、さまざまな種類があります。まず、ゴミの集塵方式によって紙パック式かサイクロン式に分かれますし、充電してコードレスで使うタイプとコード式のものなどがあります。

その他にも、パソコンやカーチャージャーで充電するというタイプもあります。また、吸い込み口にブラシがあるものや無いものなど、形状によってもその種類はさまざまです。

充電池の違い

ハンディクリーナーにはいくつもの種類があるとお話ししましたが、その中の一つ、充電して使うタイプのハンディクリーナーだけでも、実は充電池の種類によって3つに分かれることをご存知でしょうか。ここでは、それぞれの特徴をご紹介します。

まず、ニカド電池とニッケル水素電池は、安価というメリットがあります。しかし、継ぎ足し充電をすると充電容量が下がってしまうメモリー効果と、置いてあるだけでも電池が減ってしまう自然放電というデメリットがあります。また、ニカド電池には有害なカドミウムが含まれています。

対して最も後発のリチウムイオン電池は、自然放電が少なくメモリー効果もありません。しかし、高価というデメリットがあります。安さを重視する方にはニカド電池とニッケル水素電池がおすすめですし、自己放電やメモリー効果の無いものがいいという方にはリチウムイオン電池がおすすめです。

ハンディクリーナーの選び方

ハンディクリーナーの購入を考えている方全てに、絶対おすすめの機種というものはありません。それぞれの使用目的によって、最適な商品は違ってくるからです。

例えば紙パック式なら、ゴミが溜まれば紙パックごと捨てることができますので、ゴミが飛び散らず衛生的です。しかし、紙パックは使い捨てですのでランニングコストがかかります。

対してサイクロン式は、紙パックを購入する必要は無いものの、ゴミを捨てるたびにホコリやゴミが飛び散ってしまう可能性があります。それ以外でも、先ほどの充電池のタイプで選ぶという方法もあり、選び方やおすすめの機種は千差万別です。

ハンディクリーナーおすすめ人気ランキングTOP3

数あるハンディクリーナーの中から、特に人気がありおすすめの商品を、ランキング形式でご紹介します。ぜひハンディクリーナー選びの参考にしてください。

3位:「ツインバード 掃除機 ACハンディークリーナーハンディージェットサイクロン HC-EB41W 」

ツインバード 掃除機 ACハンディークリーナーハンディージェットサイクロン HC-EB41W
ツインバード 掃除機 ACハンディークリーナーハンディージェットサイクロン HC-EB41W
口コミ

ゴミが見えるので、毎日掃除機かけているのにこんなに汚れているのか!とやった感があります。

ハンディクリーナーおすすめランキング:第3位は、ツインバード掃除機・ACハンディークリーナーハンディージェットサイクロン・HC-EB41Wです。こちらは、コード式タイプのハンディクリーナーになります。

何といっても、コード式ならではの吸引力が魅力で、その吸引力の高さは、口コミでも評判です。また、付属のすき間ノズルを使えば、ソファーのすき間など狭いところの掃除も楽々です。「コードレスでは吸引力が物足りない」という方におすすめです。

2位:「マキタ 充電式クリーナ 10.8V (バッテリー内蔵・充電器付) CL105DWI」

マキタ 充電式クリーナ 10.8V (バッテリー内蔵・充電器付) アイボリー CL105DWI
マキタ 充電式クリーナ 10.8V (バッテリー内蔵・充電器付) アイボリー CL105DWI

¥ 15,660

口コミ

とにかく使い勝手が良い!買ってよかったです。このコンパクトさが掃除機かけるのが大嫌いなズボラな私には合っているようです。

ハンディクリーナーおすすめ人気ランキング:第2位は、マキタ 充電式クリーナ 10.8V (バッテリー内蔵・充電器付) CL105DWIです。こちらは充電して使うタイプですので、思いついた時にさっと取り出せるのが魅力です。

さらにストレートパイプを装着すればスティッククリーナーとしても使えるのもおすすめしたいポイントです。3時間の充電で標準モードで20分使うことができますし、軽くて小回りもきくのでとても使いやすいと評判です。

1位:「ダイソン・V6 Mattress HH08COM」

ダイソン  V6 Mattress HH08COM
ダイソン V6 Mattress HH08COM

¥ 47,304

口コミ

ハンディカムタイプで持ち運びに便利で、強いパワーなのでとても使い勝手が良いと思います。

お待たせしました。ハンディクリーナーおすすめ人気ランキング:第1位は、ダイソン・V6 Mattress HH08COMです。今や大人気掃除機メーカーであるダイソンのハンディクリーナーです。コードレスタイプはどうしても吸引力が劣ると言われていますが、こちらならコードレスと思えないほどの高い吸引力を誇ります。

嬉しいことに、ハンディクリーナーとしてさまざまな場所で使えることはもちろん、布団クリーナーとしても使用することができます。さらに、前モデルより静音性もアップしています。コードレスで使い勝手も良く、吸引力も高い製品であることから、こちらをおすすめランキングの第1位にしました。

特徴・用途別おすすめのハンディクリーナー

ハンディクリーナーのおすすめ人気ランキングはいかがでしたか。ハンディクリーナーはとても種類が豊富ですので、まだまだ紹介しきれていない機種がたくさんあります。ここでは、ハンディクリーナーの特徴や用途別に、先ほどのおすすめランキングで紹介しきれなかった製品をご紹介していきましょう。

吸引力

日立 ハンディクリーナー「こまめちゃん」
日立 ハンディクリーナー「こまめちゃん」
口コミ

コードレスのタイプは、すぐ充電できなくなるので、割り切って こぶりの掃除機購入。 これ、いいよ~、よく吸うし、重いけど小さいから扱いやすい!!!

コードレスで高い吸引力を誇るのはダイソンですが、コード式であればこの日立のハンディクリーナー 「こまめちゃん」の吸引力が凄いです。なんと、吸込仕事率はダイソンの2倍以上を誇ります。

また付属の延長用パイプを付ければ、立ったまま床面の掃除も可能です。本体についているローラーがコロコロ回ることで、楽に掃除ができます。ただ、運転音は大きめですので、夜間の掃除には不向きと言えるでしょう。音が気にならない方におすすめの商品と言えそうです。

安い

FUKAI・充電池式ウエット&ドライハンディクリーナー ・FBC-777
FUKAI・充電池式ウエット&ドライハンディクリーナー ・FBC-777

¥ 5,400

口コミ

安くて大変便利で重宝していますが、もう少しパワーがあったら大満足です。

ちょっとしたホコリやゴミにさっと使うだけだし、高価なものは不要という方には、FUKAI・充電池式ウエット&ドライハンディクリーナー・FBC-777がおすすめです。

こちらは、市販の充電池を入れて使用するタイプです。乾湿両用ですので、液体をこぼした時にも重宝します。吸引力は少し物足りないという声も多いため、あくまでサブとしての使用がおすすめです。定価は5,400円ですが、ネットショッピングであれば3,000円以下での購入も可能です。

充電式

Holife 掃除機 コードレス クリーナー
Holife 掃除機 コードレス クリーナー
口コミ

価格の割には吸引力も強くそして充電後の使用時間も長くてとても気に入っています 仕事に使っています

充電式でもう一つおすすめするなら、Holife掃除機・コードレスクリーナーはいかがでしょうか。こちらは3~5時間のフル充電で、30分も使用可能なところが嬉しい特徴です。充電式は残り時間が気になりがちですが、これなら時間を気にせず掃除をすることができます。アタッチメントを付けかえれば、コーナーや車内のすきまにも便利でおすすめです。

コード式

ツインバード ・ハンディージェットサイクロンEX 掃除機 HC-E251
ツインバード ・ハンディージェットサイクロンEX 掃除機 HC-E251
口コミ

コンパクトですが吸引力も問題ないです.その上安価. 気に入って使っております.

コード式でもう一つおすすめしたいのがツインバード ・ハンディージェットサイクロンEX HC-E251です。デザイン性も高く、コードが6mと長いので、広範囲の掃除にも便利です。

フロアブラシ、ソフトブラシ、柔らか伸縮すき間ノズルと3種のアタッチメントがついており、用途に合わせて使い分けることができます。細かいところですが、アタッチメントの収納袋が付いているので、収納も便利です。

静音

ナカサNHC-300
ナカサNHC-300
口コミ

以前使っていたハンディークリーナーと比べると かなり音が静かで、深夜でも気にならない程度です。

マンションやアパート住まいの方、もしくは夜間に掃除する機会が多い方は、吸引力に加え静音性も気になるところではないでしょうか。

しかし、残念なことにハンディクリーナーで静音性に特化した製品はほぼありません。ハンディクリーナーはコンパクトな作りのため、静音性を求めると吸引力がさらに弱くなってしまうからです。そんな中で敢えてご紹介するならば、ナカサ・充電式コードレスクリーナー・NHC-300をおすすめします。

こちらは、騒音レベルは非公表ではありますが、耳障りな音を軽減させた静音モデルです。深夜に使っても気にならないと口コミでも評判です。また、指を離すと止まるシステムを採用しているので、電池も節約しながら使うことができます。

布団用

TENKER 布団クリーナー
TENKER 布団クリーナー

¥ 13,540

口コミ

UVの殺菌力に関しては、目に見えないので、効果が実感できませんが、 思っていた以上に吸引力もあり、 温風で布団もふっくらするし、大満足です。

アレルギーの方はもちろんのこと、布団のダニや花粉、ハウスダストは誰しも気になるところではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、TENKERの布団クリーナーです。

こちらには紫外線殺菌灯が搭載されているので、99%以上のダニを死滅させることが可能です。さらに、クリーニング中の布団などから3cm以上離れると働く安全センサーが付いているのも嬉しいポイントです。

また、高速ワイドたたきパッドで小刻みに布団を振動させ、繊維に絡み付いたアレル物質まで除去してくれます。布団クリーナー以外にサイクロン掃除機としても使えますので、布団専用クリーナーの購入に躊躇している方にもおすすめです。

デザイン

BLACK+DECKER orb(オーブ) ORB72LI
BLACK+DECKER orb(オーブ) ORB72LI

¥ 16,200

口コミ

作業場のデスク周り用に購入! 見えていてもオシャレなので問題なし! おもちゃみたいだけど、意外とちゃんと仕事してくれます!

いかにも掃除機というのは嫌という方には、BLACK+DECKER orb(オーブ) ORB72LIがおすすめです。掃除機とは思えないユニークなデザインで、リビングに出しっぱなしでも気になりません。ニカド電池の前モデルから、リチウムイオン電池に進化し、充電時間が3時間半にほぼ半減しました。

音がうるさいという口コミが多いですが、さっと短時間使うだけの方や、何より可愛いデザインのハンディクリーナーをお探しの方にはおすすめのアイテムです。

おすすめのハンディクリーナーのメーカー・ブランド3つと代表製品

ハンディクリーナーを販売しているメーカーはたくさん存在します。その中で、敢えておすすめするとすれば、ダイソン・マキタ・ツインバードです。それぞれのメーカーについてご紹介していきます。

ダイソン

まず、ダイソンは1993年創業のイギリスの電気メーカーです。ダイソンといえば、「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」というTVCMを思い出す方も多いのではないでしょうか。実際、コードレスとは思えない吸引力の高さが最大の魅力でしょう。

最初は、「音がうるさい」や「故障しやすい」などの否定的な意見も多く聞かれましたが、モデルチェンジする度に改良され、今や掃除機の大人気メーカーとして成長しました。

ダイソンのハンディクリーナーには、先ほどご紹介したV6 Mattress HH08COMやDC34などがあります。予算が許すならダイソンは間違いなくおすすめしたいメーカーです。また旧モデルであれば、比較的安価で購入することも可能です。

マキタ

マキタは業務用の電動工具を取り扱う会社です。なんと新幹線の清掃にも採用されている実力があり、近年では家庭用の掃除機としても大人気となっています。ご紹介したCL110DWIや4076DWI、CL110DWIなど種類も豊富で、集塵方式やバッテリーの大きさ、スイッチの形状などの違いがあります。

吸引力ではダイソンに劣りますが、価格が安く、軽いという魅力があります。ダイソンまでは必要ないという方には、マキタのハンディクリーナーがおすすめです。

ツインバード

そしてツインバード工業は、新潟県に本社を構える家電メーカーです。比較的手ごろな値段で購入できる家電は、口コミの高さなどから今注目されています。

先ほどご紹介したハンディージェットサイクロンEX・HC-E251やHC-EB41Wの他にも、サットリーナ サイクロン・GX-R・HC-5235PWや毛トラッシュコードレスハンディーサイクロンクリーナー・HC-EB19Wなどラインナップも豊富です。

ペットがいる家庭向けやすきまの掃除に強いものなどそれぞれに特徴がありますので、使い勝手に合わせて選ぶことをおすすめします。

ハンディクリーナーの使い方・活用方法・楽しみ方のおすすめは?

残念ながらハンディクリーナーは、メインの掃除機として使うには力不足なものが大半です。しかし、本格的に掃除するほどではないけれど、ゴミやほこりに気づいた時にさっと使えるのが最大の魅力と言えるでしょう。

例えばリビングですと、お子さんの食べこぼしや落ちている髪の毛などをさっと吸い取ってくれますし、車で使えば車内の砂やシートのホコリなどの掃除に便利です。綺麗になった部屋や車内で過ごすと気持ちいいですし、手軽にできれば掃除が苦手な方でも続くのではないでしょうか。

また、ブラシ付きのものであれば、ペットの毛も吸ってくれます。さらに布団クリーナーの機能を兼ね備えているものもあります。このように、ハンディクリーナーそれぞれで特徴は異なりますので、いくら人気商品を選んでも、合わなければ仕方がありません。自分の使用目的を考え、購入する商品を選ぶことをおすすめします。

ハンディクリーナーはサブ掃除機におすすめ!

いかがでしたか。今回は、ハンディクリーナーの種類や選び方についてご紹介しました。ひと言でハンディクリーナーといっても、数多くの種類があることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、吸引力や静音性などの特徴別におすすめなハンディクリーナーもご紹介しましたし、おすすめの人気ランキングも発表しました。2台目の掃除機としてや、車用などにハンディクリーナーの購入を考えてらっしゃる方は、ぜひこの記事を参考にし最適なハンディクリーナーを見つけてください。

Related