Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月29日

分波器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

地デジ放送やBS・CSなどを視聴する場合、分波器が必要なケースがあります。分波器には1本の電波を地デジ放送と衛星放送の2つに分ける役割があります。その分波器の種類や選び方、おすすめアイテム、活用方法などをまとめてご紹介します。

分波器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

分波器とは?

分波器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

分波器とは一体どのようなものなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。分波器とはどのようなものなのか、いつ使うのかなどをご紹介します。

分波器とは

分波器とは、電波を分ける機器のことを指し、1本のアンテナ線で複数の電波がまとまって来ている場合、それを電波の種類別に分けるために使用するものをいいます。分波器は、周波数より高い信号と低い信号に分けることができます。

アンテナが受信した電波信号は複数の電波が混ざっていますが、これを分波器が周波数ごとにVHS・UHFなどの地デジ放送と、BS・CSなどの衛星放送の2つに分けて出力します。

通常、一般的なテレビ放送は地デジ放送と衛星放送に分かれていますが、1本のアンテナ線に全ての電波がまとまっていると、そのままでは端子に接続することができないため、分波器を使用し、テレビ端子に合わせて電波を分けることで放送を見ることができるようになります。

ですが、マンションやアパートなどの共同住宅では、BSの共同アンテナを設置していない場合はBSを視聴することができないので、事前に確認するのがおすすめです。

分配器とは違うの?

分波器が「電波を種類別に分ける」ものに対して、分配器は「均等に全てに電波を分ける」ことをいいます。

電波信号には、地デジ放送と衛星放送などの複数の周波数の信号が混ざっていますが、アンテナ線を使って、そのまま複数のテレビに均等に電波を分けるものが分配器です。電波が10あった場合、テレビが2台あれば分配器を通すことで5:5で電波を分けることができます。

分配器は自宅などで複数のテレビを視聴したいときにおすすめですが、電波を分けることで元の電波より低くなるため、ブースターの使用が必要になります。

分波器は分岐器と注意が必要

分波器と似たような働きをするもので、分岐器というものがあります。

分岐器も分波器と同じように、元の電波を分ける役割がありますが、その分け方が分波器とは異なります。分岐器は電波を均等に分けることができないので、複数の部屋に電波を分けたいときなどにおすすめです。

一般住宅などでは分配器などがおすすめですが、部屋数の多いマンションやアパートなどは分岐器の使用がおすすめです。

分波器はどんなときに使うの?

分波器がどのようなものなのかがわかっても、分波器はどんなときに使うのか気になる方も多いでしょう。

分波器はどのようなときに使うのかご紹介します。

分波器はどんなときに必要?

分波器は地上放送や衛星放送のどちらかしか視聴できない、というトラブルのときに使用します。地デジ放送と衛星放送が1本のアンテナ線でまとまっている場合、このトラブルは起きやすくなります。

一般的なテレビ端子は、地デジ放送と衛星放送の2種類になりますが、戸建住宅ではアンテナが2つに分かれていることが多く、配線も2本に分かれているので、それぞれの接続端子に対応したケーブルを取り付けることで、テレビを正常に映すことができます。

一方で、マンションなどの共同住宅では、共用アンテナを使用していることが多く、信号が各部屋に1つのケーブルにまとまって届くことがあります。地デジ放送と衛星放送の両方が1つのケーブルに混ざると、両方の信号が混ざりテレビがうまく認識できなくなります。そのため、テレビが映らないなどのトラブルにつながります。

このように、トラブルのあるときに分波器の使用がおすすめです。

分波器が必要かどうか確認するには?

分波器が必要かどうか確認する場合は、ケーブルをVHSの地デジかBS・CSの衛星放送に差し替えをするのがおすすめです。端子を差し替えるだけで簡単に確認できます。

差し替えた際に、一部のテレビが映れば混合信号の可能性があります。また、新しいテレビや周辺機器など製品によっては、内部に分波器と似た機能が組み込まれていることもあり、ケーブルが1本で受信できることもあります。このような場合は、分波器がなくても地デジ放送と衛星放送か見れることもあります。

分波器の種類と選び方

分波器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

分波器にはいくつか種類があり、目的などによっても選び方が変わります。分波器の種類と選び方についてご紹介します。

分波器の種類

分波器は、ケーブルが付属のものと付いていないものがあり、分波元のケーブルを接続する端子と、分波後の電波を流す2つの端子の3種類があります。

分波器がケーブルにつながっているものは、端子からテレビ・周辺機器への信号が安定して送りやすくなります。このタイプは接触不良などの心配もありません。新しく分波器を購入する方は、ケーブル付きがおすすめです。

一方、ケーブルがついていないものは、ケーブルと分波器の両方を用意する必要がありますが、ケーブルが手元にある場合は、分波器だけを用意すればいいので安価に済みます。また、分波器が壊れたときも、分波器だけを取り替えるだけで済みます。分波器本体を持っていたりケーブルが手元にある方は、どちらかだけを用意するのがおすすめです。

分波器のおすすめの選び方

分波器を選ぶ際には、4Kや8Kなどが対応しているかどうかを確認するようにしましょう。現在では高画質テレビもたくさん普及しているので、対応している分波器でないとテレビが映らないなどのトラブルもあります。

今後テレビの買い替えなどを検討している方は、最新型を選ぶようにするのがおすすめです。

また、分波器にはケーブルが付いているものと付いていないものがあるので、ケーブルを既に持っている方は分波器のみ、初めての方や買い替えの方はケーブル付きを選ぶのがおすすめです。

分波器は価格で違うの?

分波器もさまざまなメーカーから、価格も安いものから高いものまであります。分波器は海外で製造されているものも多く、そのようなものは価格が安く販売されています。ですが、海外で製造されているものは、品質にも差が出てきます。そのため、安価なものはあまりおすすめはできませんが、価格を安く抑えたい方には海外製造のものでも、口コミなどを見て選ぶのがおすすめです。

国内で製造販売されているものは、品質も保証されているものが多いので、品質の良いものを選びたい方には国内メーカーのものがおすすめです。

分波器おすすめ人気ランキングTOP3

分波器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

分波器のおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。

3位

HORIC アンテナ分波器 BS/CS/地デジ対応 白ケーブル2本付き(S-4C-FB) 40cm BCUV-971
HORIC アンテナ分波器 BS/CS/地デジ対応 白ケーブル2本付き(S-4C-FB) 40cm BCUV-971

¥ 880

口コミ

2年間使用し続けましたが不具合なく安定していて本当に満足です。 おすすめできる商品です。

4K・8K対応で地デジ放送と衛星放送を効率よく分波します。コネクタはネジ式で、取り付けも簡単で抜け落ちる心配もありません。

ケーブル2本付きで、混合器としても使用できます。安価で配線も難しくないので、初めての方にもおすすめです。

2位

YOU+ アンテナ分波器(地デジ・CATV・BS/CS対応) 出力側S-4C-FBケーブル40cm付属
YOU+ アンテナ分波器(地デジ・CATV・BS/CS対応) 出力側S-4C-FBケーブル40cm付属
口コミ

とにかく安い!映像の劣化の有無は素人目にはまったく分かりません綺麗に映っています。

地デジ放送と衛星放送の両方に対応した分波器です。混合器やブースターなどで混合した地デジアンテナとBS・CSアンテナの電波をテレビ裏で2つに分波します。

ケーブルが長く、ノイズに強い点もおすすめのポイントです。コストパフォーマンスもいいので、買い替えや予備としてもおすすめです。

1位

4K8K対応 アンテナ分波器 ケーブル一体型 0.5m( 地デジ・BS・CS・CATV デジタル放送対応 ) 3重シールド/ ブラック
4K8K対応 アンテナ分波器 ケーブル一体型 0.5m( 地デジ・BS・CS・CATV デジタル放送対応 ) 3重シールド/ ブラック
口コミ

なんの問題もありません。普通に使えます。弱電波の地域ですが、劣化は感じません。 コスパが良いと思います。

ナスネは、ソニー・コンピューターエンターテイメントが製造販売しているHDDレコーダーで、アンテナケーブルを接続するだけで番組予約ができ、ネットワークに接続されたテレビやパソコンでも番組を視聴することができます。

ナスネにはアンテナ端子が2つ付いていて、入力用のものは地デジとBSの両方が接続できます。そのため、ナスネには分波器は不要ですが、使用する場合は地デジとBSを分ける分波器がおすすめです。

この4Kや8Kに対応し、地デジとBS・CSに分波します。地デジアンテナとBS・CSアンテナの混合した電波を、テレビやレコーダーに接続する際に地デジとBS・CSの電波に分けるのにご使用できます。ノイズが少なく、今後テレビの買い替えをする方にもおすすめです。

特徴別おすすめの分波器

分波器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

分波器も目的によって選び方も変わります。

特徴・用途別おすすめの分波器をご紹介します。

地デジ

4K 8K対応 アンテナ分波器 (BS/CS/地デジ対応) ケーブル一体型 F型-F型(0.5m) 2.5Cケーブル1.5m付き ブラック/FF-4879B
4K 8K対応 アンテナ分波器 (BS/CS/地デジ対応) ケーブル一体型 F型-F型(0.5m) 2.5Cケーブル1.5m付き ブラック/FF-4879B
口コミ

地デジ、BS、CSともバッチリ映ります。オススメの商品です。

4K8K対応のアンテナ分波器です。アンテナ端子からテレビをケーブルを経由して、地デジ放送と衛星放送を分波します。

地デジアンテナとBS・CSアンテナの混合した電波を、テレビやレコーダーに接続する際に地デジとBS・CSの電波に分けるのに使用できます。ケーブルが極細仕様なので、薄型化テレビなどにもおすすめです。

4K対応

DXアンテナ 分波器 【2K 4K 8K 対応】 BS/CS-IF出力 入力端子間通電 ノイズに強い出力ケーブル一体型(2m/0.5m) MBUM2WS(B)
DXアンテナ 分波器 【2K 4K 8K 対応】 BS/CS-IF出力 入力端子間通電 ノイズに強い出力ケーブル一体型(2m/0.5m) MBUM2WS(B)
口コミ

必要十分です。一体型の為接続箇所が少なく、テレビ側はねじ込み式の為、外れる心配もありません。

フルハイビジョン画質を扱う地デジでは、4K画質の映像を流すと信号レベルが低くなってしまうことがあります。そのため、4K画質の地デジ放送と衛星放送が見れる共同住宅は、4K画質に対応した分波器の使用をおすすめします。

DXアンテナ分波器は、2K・4K・8Kに対応した分波器です。地デジとBS・CSを分波し、ノイズにも強いのが特徴です。2.5mケーブルで、テレビと壁面テレビをつなぐのにもおすすめです。

プラグ部分には金メッキを使用し、接続不良を防ぎ、雑音を排除します。

テレビ用

国内資材メーカー製 4K対応混合分波器 BS/CS・地上デジタル対応
国内資材メーカー製 4K対応混合分波器 BS/CS・地上デジタル対応
口コミ

混合器で4Kが欲しくて購入しました。画質・音質共にばっちりです。

4K対応の混合分波器です。アンテナ壁面端子からデジタルテレビ、パソコンに接続できます。また、ブルーレイ、DVDレコーダーなどからデジタルテレビなどへ接続する場合にもご使用できます。

CS・BS・BSデジタル・UV・CATVなど全ての放送に幅広くご使用できるので、初めての方や買い替えにもおすすめです。

pt3

solid cable ダブル分波器 地デジ・BS・CS対応
solid cable ダブル分波器 地デジ・BS・CS対応
口コミ

これと同じ機能のものを部品揃えて作ろうとすると、あれこれ部品が必要になって費用も手間もかかる。それを考えると、大変お得だと思う。当然だが問題なく動く。

pt3は、アースソフトのデジタル放送チューナーカードで、パソコンの自作などにおすすめですが、現在では製造が終了しています。

pt3は、地デジのアンテナ端子とBSのアンテナ端子があり、BS放送に対応したマンションの壁のアンテナ端子から接続する場合は、分波器が必要となります。pt3に使用する場合は、国内のアンテナメーカー製など安定性のあるものの分波器がおすすめです。

ダブル分波器はアンテナ信号を、地上波2系統とBS・CS2系統に分波します。テレビとレコーダー機器などを、2台同時に接続するときにおすすめです。

コネクタはネジ式で取り付けも簡単で、外れる心配もありません。

BS

エレコム アンテナ 分波器 ケーブル一体型 【4K8K対応 BS/CS/地デジ対応】1端子通電型 ブラック DH-ATS48K05BK
エレコム アンテナ 分波器 ケーブル一体型 【4K8K対応 BS/CS/地デジ対応】1端子通電型 ブラック DH-ATS48K05BK

¥ 4,190

口コミ

ケーブルテレビの機材とインターネットの機材で使っていますがなんの問題もないです。

4Kや8KのBS放送は、従来のBS衛星よりもより周波数の高い電波を使用します。そのため、これまでの分波器では対応できないものも出てくるため、4Kや8Kの衛星放送に対応した分波器が必要となります。新しく分波器を買い替える場合は、4K・8K対応のものがおすすめです。

1本のアンテナケーブルを地デジとBS・CSに分けて接続できる、TV接続用アンテナ分波器です。ケーブル一体型で、ノイズを減らし、従来の地上波デジタル放送、BS・CS放送の受信に強いテフロン線材を使用しています。

金メッキを使用し、サビに強く信号の劣化を防ぎます。4K・8K対応でこれからテレビの買い替えをする方にもおすすめです。

分波器におすすめのメーカー

分波器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

分波器もさまざまなメーカーからたくさんの製品が出ていますが、分波器を選ぶ際には国内の大手メーカーがおすすめです。

分波器を製造する際に、BS放送などの高周波の電波を扱うには、高い技術力が必要となります。そのため、高度な技術をもった技術者が多数いる大手メーカーの方が安心になります。

ここでは、分波器のおすすめのメーカーと製品をご紹介します。

DXアンテナ

DXアンテナ CS/BS・UHF/VHF分波器 SPR-10-B2
DXアンテナ CS/BS・UHF/VHF分波器 SPR-10-B2
口コミ

Padでテレビを観るために他の方のレビューを見て購入したのとアンテナ専門会社だから買いました。綺麗に見えています。今のところ何の問題もありません。

DXアンテナは家庭用アンテナにおすすめのメーカーです。国内メーカーとして品質も保証され、安全性にも優れています。

地デジ放送と衛星放送を分波する分波器です。iPadなどの周辺機器にも使用できます。大手メーカーで安心なので、初めて分波器を選ぶ方にもおすすめです。

マスプロ電工

マスプロ 4K・8K放送(3224MHz)対応 VU/BS・CS分波器 (セパレーター) CSR7DW-P
マスプロ 4K・8K放送(3224MHz)対応 VU/BS・CS分波器 (セパレーター) CSR7DW-P
口コミ

メーカー品なので感度が良く、また長さも丁度よく満足しています。

マスプロは国内の代表的なメーカーとして、マンションやケーブルテレビなどに使われているおすすめのメーカーです。信頼性も高く、安定して電波を送ることができます。

地上放送と衛星放送を分波する分波器です。4Kや8Kにも対応で、コードが短くテレビ裏もすっきりします。マスプロの中では比較的安価で、初めての方にもおすすめです。

日本アンテナ

日本アンテナ 4K8K対応 ケーブル付分波器 SUESL
日本アンテナ 4K8K対応 ケーブル付分波器 SUESL
口コミ

適度なサイズで接続しやすく、コネクターはしっかりしている。 TV端子側もネジ式なのでグラつきも無し。

日本アンテナもマンションやケーブルテレビなどによく使われているメーカーです。

混合器やブースターなどで混合した地デジアンテナとBS・CSアンテナの電波をテレビ裏で2つに分波します。本体部分にパイロットランプがついていて、テレビからBS・CSアンテナまで電流を送りたいときに、ランプの状態で送電ができているかどうかを確認ができるのが特徴です。

地デジとBSの混合電波を分波するだけでなく、CATVからの地デジ信号とBS・CS信号の分波もできます。

分波器の使い方と活用方法

分波器の使い方とおすすめの活用方法をご紹介します。

分波器の使い方

まずはじめに、アンテナ線と分波器を接続します。

それぞれのテレビによって変わりますが、混合タイプなどは、壁から出ているアンテナ線の中に地デジとBSなどが分かれているので、これを分波器に繋ぎます。アンテナ線に入力と書かれているので、地デジは地デジへ、BSはBSへその通りに接続します。

ブルーレイなどをつなぐ場合には、アンテナからの電波をテレビ側に送るためのアンテナ接続ケーブルが必要になります。地デジのみの場合は1本だけで可能ですが、BSやCSの電波は別になるので、その場合は2本必要になります。

分波器のおすすめの活用方法

分波器も国内メーカーから海外製までさまざまな種類がありますが、現在では4Kや8Kに対応したものや、地デジ放送とBS・CS放送を分波するものがほとんどです。また、分波器本体とケーブルがセットになったものと、バラで販売しているものもあります。

分波器のケーブルだけを持っている方は、本体のみで活用するのもおすすめです。ケーブルだけがあれば、本体のみの買い替えでも使用することができます。また、これからテレビを買い替えする方は4K・8K対応のものがおすすめです。今後テレビが4Kや8Kになっても、分波器が対応していないとうまく電波が受信できず、映らないなどのトラブルにもつながります。

これから分波器の購入を考えている方は、テレビに合った分波器を活用するようにしましょう。

分波器は100均でも買えるの?

分波器は100円ショップでも販売されていますが、100円ショップのものは、電波を地デジ放送とBS放送などのアンテナ信号をただ分波するだけのものなので、信号レベルが低下することもあります。信号レベルが低下すると、テレビによってはノイズが発生したり、視聴できないなどのトラブルにつながる可能性もあります。

そのため、応急処置として安価な分波器の使用はしても、継続的に使用するのはおすすめしません。安定して電波を分波したい場合には、品質の保証されている国内メーカーのものか、製造元がはっきりしている製品を選ぶようにしましょう。

分波器は上手に活用するのがおすすめ

分波器のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

見たいテレビ番組があっても、それがBSやCSの衛星放送で見ることができない、などのトラブルを経験したことがある方も多いでしょう。そのようなトラブル時に分波器があると見たいテレビ番組をすぐに見ることができたり、ネット環境があればパソコンやタブレットで視聴することができます。

テレビだけでなく、ブルーレイに接続することもできるので、分波器は一台あるといざというときに大活躍できます。

今ではテレビもハイビジョンなど高性能なものも増え、テレビ番組の幅も広がっています。一人暮らしの方もファミリー世帯の方も、テレビを楽しめる時代になってきているので、よりテレビの楽しみの幅を広げるためにも、分波器の活用はとてもおすすめです。

Related