Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月21日

テプラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テプラと言えば、名前などのシールを作るイメージがありますが、テプラと一言に言っても、さまざまな種類のテプラが販売されています。そんなたくさんの種類の中で、用途別のおすすめテプラや、テプラのおすすめ人気ランキングなどを紹介していきます。

テプラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テプラの種類と選び方は?

テプラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テプラと言うと、入園や入学時期に大活躍する、名前シールを作成する機械と認識している人が多いでしょう。「テプラ」とは、正確にはラベルライターの一種で、テプラを販売する「キングジム」というメーカー以外にも、さまざまなメーカーからラベルライターが販売されています。

そんなテプラには、さまざまな種類があり、機能も性能もそれぞれに特徴があります。テプラには、いったいどんな種類があるのでしょうか。また、テプラを選ぶ時には、いったいどんなことを基準にして選べば良いのでしょうか。テプラの種類と選び方について解説していきます。

テプラの種類は?

まずは、テプラの種類について解説していきます。テプラにはさまざまな種類がありますが、テプラには、いったいどんな種類があるのでしょうか。

本体に直接入力するタイプ

テプラの基本としては、本体にキーボードのようなボタンが付いていて、そのボタンを押して直接本体からラベルテープを作る物が一般的です。本体さえあれば、簡単にラベルテープができるので簡単でおすすめです。

しかし、本体についているボタンが小さくて押し辛かったり、小さい画面からテープの出来上がりを想像し辛いなどのデメリットもあります。

スマホやパソコンでデザインを作れるタイプ

テプラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テプラの中には、スマホやパソコンを使用してラベルテープを作成できる物もあります。Bluetoothなどを使用してテプラ本体とスマホを繋いだり、USBケーブルを使用してパソコンとテプラを繋げるタイプがあります。

スマホやパソコンを使用してラベルテープを作成できるため、テープのでき上がりを想像しやすく、また、使い慣れたパソコンやスマホを使用して文字や絵文字を挿入するため、使いやすく簡単なところがメリットです。

しかし、テプラ本体だけでテープを作ることができないため、小さいお子さんやお年寄りの方には少々扱いが難しいというデメリットもあります。

シール以外にも印刷できるタイプ

テプラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テプラの中には、ラベルテープ以外にも、リボンなどに文字や絵文字を印刷できる物があります。リボンなどに文字や絵文字を印刷できるため、プレゼントのラッピングやDIYなどでも使用することができ、さまざまな用途に使用することができるというメリットがあります。

しかし、リボンなどを使用する機会がないという方にとっては、必要のない機能になるため、他のテプラを選んでも良いでしょう。

テプラの選び方は?

続いて、テプラの選び方について解説していきます。テプラを選ぶ時には、いったいどんなことに注意して、どんなことを基準にして選べば良いのでしょうか。

仕事用か家庭用かで選ぶ

テプラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テプラを選ぶ際は、仕事用に使用するのか、それとも家庭用に使用するのかによっても、選び方が変わってきます。仕事用でテプラを使用する場合は、たくさんのシール幅に対応している物を選んだり、連続印刷や自動カッターなどの機能が搭載されている物がおすすめです。

家庭用にテプラを使用する場合は、簡単に使いこなせるテプラや、絵文字やフォントが豊富で可愛いラベルテープが作れる物を選ぶのがおすすめです。仕事用で使うのか、家庭用で使うのかによっても、テプラの選び方は変わってくるため、テプラを使う場面を想像してテプラを選ぶことがおすすめです。

フォントや絵文字の種類で選ぶ

テプラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テプラにはさまざまな種類があり、対応している文字のフォントや、絵文字もさまざまです。テプラを買ってから、「使えるフォントが少なくてガッカリ」「可愛い絵文字が全然ない」などと感じてしまうこともあります。

おしゃれなラベルテープや、可愛いラベルテープを作成したいという人は、まずは対応しているフォントや絵文字をよく見て、テプラを選ぶことがおすすめです。

ラベルテープの太さで選ぶ

テプラにはさまざまな種類があり、対応しているテープの太さもさまざまです。テープの太さが太いものですと、ステッカーを作成することもできます。また、細いテープを作れる場合は、細かい物や小さい物に貼るテープを作ることができます。

仕事でテプラを使用する場合は、さまざまな場面で活躍できる、テープの対応幅が広い物を選ぶのがおすすめです。しかし、テープの対応幅が広い物は、お値段も高めの物が多いため、家庭で簡単なラベルテープを作りたいという方は、一般的なテープ幅の8mm~12mmくらいのテープ幅に対応している物で十分でしょう。

使う場所で選ぶ

テプラは、電源アダプターが付いているタイプと、電池式のタイプがあります。電源アダプターが付いている物の場合は、電源に繋ぎながら作業ができるため、電池の残量を気にせずに使用することができるのでおすすめです。

しかし、電源がない場所や、電源が遠い場所で使用する場合は、電池式の方が使い勝手が良い場合があります。テプラはそこまで電池を消耗する物ではないため、電源がない場所での使用が多いという人は、電池式のテプラを選ぶのがおすすめです。

テプラおすすめ人気ランキングTOP3は?

テプラにはたくさんの種類がありますが、人気でおすすめのテプラは、いったいどんなテプラがあるのでしょうか。おすすめのテプラを、ランキング形式で紹介していきます。

ランキング3位「ブラザー・ピータッチキューブ」

ピータッチキューブ
ピータッチキューブ
口コミ

パソコンで自作できるテプラ持っていますが、思い立った時にすぐ作れない、配線が多くて毎回収納するのが面倒でピータッチみたいに電池でできるものはないかと探していたら、あるではないですか! 逆にアダプターは要りません。 電池式だからこそ、これに決定しました。半年以上使ってますが、まだ電池切れした事ありません。

テプラのおすすめ人気ランキング第3位は、ブラザーで販売を行っている、「ピータッチキューブ」です。ピータッチキューブは、四角いシンプルなフォルムが特徴的で、アプリのアイコンをイメージして作られたテプラです。

ピータッチキューブの最大の特徴は、スマホやiPhoneを使用してラベルのデザインを作成できることです。専用のアプリを取得して(Android・Apple共に対応)、アプリを使ってラベルテープのデザインを作成します。Bluetoothを使用してスマホとテプラ本体を接続します。

使い慣れたスマホの画面からテープのデザインを作成できるため、でき上がりが想像しやすく、簡単にテープを作れるのでおすすめです。しかし、ピータッチキューブは電源アダプタ―が別売りで、基本的には電池での使用になるため、電源で使用したい場合は、別売りの電源アダプターを購入する必要があります。

ランキング2位「カシオ・ネームランド」

ネームランド「KL-M7」
ネームランド「KL-M7」

¥ 9,158

口コミ

以外といろいろ出来そうで出来ないと思いましたが、 シールワープロとしては本当に良いです。 普通にシールワープロ欲しい人はこれで良いと思います。

テプラのおすすめ人気ランキング第2位は、カシオで販売を行っている「ネームランド」です。ネームランドシリーズは、さまざまなテプラを販売していますが、特におすすめなのは、「KL-M7」という仕様のテプラです。

ネームランドの「KL-M7」は、テープの対応幅も3.5mm~24mmと幅広いテープ幅に対応しており、オートカッター機能も搭載されているため、お子様のお名前シールなど、大量にテープを作る際にもおすすめです。お値段も1万円前後で購入が可能なのに、基本的な機能はすべて揃っているため、おすすめのテプラになります。

ランキング1位「キングジム・テプラ」

テプラ「PRO SR-GL1」
テプラ「PRO SR-GL1」

¥ 8,964

口コミ

とても可愛いです。 今まではマスキングテープに手書きしてたのですが、字にコンプレックスがあるので思い切って購入しました。 犬服を作る時にリボンをタグとして 利用するのも楽しみです

映えあるテプラのおすすめ人気ランキング第1位は、キングジムで販売されている「テプラ」です。キングジムはラベルライターの「テプラ」の生みの親でもあるため、やはり性能に関しては一番と言っても良いでしょう。

そんなキングジムのテプラの中でもおすすめなのは、「PRO SR-GL1」という仕様のテプラです。「PRO SR-GL1」は、可愛らしい見た目もさることながら、専用のマスキングテープやリボンにも印字が可能で、可愛いフォントや絵文字がたくさん使用できることから、人気のおすすめテプラです。

テープ幅対応幅は4mm~18mmと、一般的なテープ幅には対応しており、オートカッター機能も搭載されているため、家庭用に使用する場合は申し分なく、おすすめのテプラになります。

特徴・用途別おすすめのテプラは?

テプラも、使用する場面や用途によって、おすすめのテプラが変わってきます。特徴や用途など別に、おすすめのテプラをご紹介していきます。

収納しやすいテプラのおすすめは?

ピータッチキューブ
ピータッチキューブ
口コミ

文字入力をスマホで出来て、デザインを確認出来るのが良いです。 仕事で使っているテプラは、文字入力・変換で苦労しているので… ただ単四電池六本が電源なのは、電池切れが心配かな? 純正のACアダプターは、送料と合わせると3K円と高いし! そこでエフェクター用のACアダプターのAC-9EX(1.3K円)を購入して、試したところ無事に印刷出来ました。 L型プラグで、ACアダプター本体もコンパクトで嵩張らす収納にも困りません。

収納しやすいテプラと言うと、大きさが小さいテプラがおすすめです。大きさが小さいテプラで、収納のしやすいテプラのおすすめは、ブラザーの「ピータッチキューブ」です。

ピータッチキューブは先ほどもご紹介したテプラですが、四角いフォルムのため、収納がしやすく、部屋の見えるところに置いておいても、インテリアに馴染むデザインのため、おすすめです。幅11.5cm、高さ11.5cm、奥行き6.1cmと、引き出しの中などにも納まる大きさのため、収納場所が心配という方にはおすすめのテプラになります。

価格が安いテプラのおすすめは?

ピータッチ
ピータッチ
口コミ

子供の幼稚園グッズ、自宅の保存瓶や収納箱のラベルに使用。ほとんど12mmで事足ります。凝ったラベルは作らないので十分でした。

価格が安いテプラでおすすめのテプラは、こちらもブラザーで販売を行っている「ピータッチ」がおすすめです。ブラザーの「ピータッチ」は、家庭用のテプラとして作られたテプラで、何と言っても価格がとてもお安いです。Amazonなどで購入すれば、3千円程度で購入することができます。

テープの対応幅は3.5mm~12mmと一般的なテープ幅に対応しています。オートカッター機能やハーフカット機能などはありませんが、普通にラベルテープを作りたいという方には十分なテプラです。とにかく安いテプラが欲しいという方におすすめのテプラになります。

おしゃれなテプラのおすすめは?

テプラ「PRO SR-GL2」
テプラ「PRO SR-GL2」

おしゃれな見た目でおすすめのテプラは、キングジムから販売している「PRO SR-GL2」です。「PRO SR-GL2」は、本体にカバーが付いており、コスメポーチのような見た目でとても可愛らしいデザインです。

テプラの見た目だけではなく、作成できるテープのデザインもとてもおしゃれで、オリジナルの日付シールやイニシャルシールを作成することができます。女性には特におすすめのおしゃれなテプラになります。

家庭用のテプラのおすすめは?

テプラ「PRO SR170」
テプラ「PRO SR170」

¥ 9,504

口コミ

「手書き」文字風の柔らかい書体が、ひらがな・カタカナだけでなく漢字にも使える点で、こちらの商品を選びました。 会社で使っているテプラに比べると、定長等の細かい設定ができないのが不満ですが 字が上手とは言えない自分にとっては、買ってよかった商品です。 パソコン用の耐水シートよりも、耐水性と耐久力があることがテプラの強みです。

家庭用で使用するテプラでおすすめのテプラは、こちらもキングジムで販売を行っている「PRO SR170」というテプラです。「PRO SR170」には、オートカッター機能も搭載されており、対応テープ幅も4mm~18mmと、家庭用には申し分ありません。

また、「お名前タグ」機能や「ピッとコード印刷機能など、キングジムのテプラならではの機能が搭載されており、お名前タグが簡単に作成することができたり、ピッとコード機能によって、iPhone内の写真やメモなどのデータとテプラ本体をひも付けすることができます。

フォントや絵文字もたくさんの種類があり、家庭用で使用するには十分すぎるほどの機能性を持っているテプラになります。

子供用のテプラのおすすめは?

テプラ「PRO SR-RK2」
テプラ「PRO SR-RK2」

¥ 7,344

口コミ

息子の保育園でのマークが象さんなので、 説明書まで調べて可愛い絵文字のゾウが用意されているコレに決めました。 そして、いつの間にかリラックマも好きになってて丁度良かったです。

子供用のテプラでおすすめのテプラは、こちらもキングジムから発売されている「PRO SR-RK2」というテプラです。「PRO SR-RK2」は、テプラにリラックマのデザインを採用しており、テプラ本体もとても可愛らしい見た目になっています。

フォントも「てがき」「ゴシック」「アンティーク」などの可愛いフォントがあり、オリジナルマークを作成できる機能も搭載しています。お子さんの創造力を働かせてテープを作ることができるため、おすすめです。ただし、乾電池のみでの使用になるため、その点は注意が必要です。

オフィス用のテプラのおすすめは?

テプラ「PRO SR5900P」
テプラ「PRO SR5900P」

¥ 34,759

口コミ

ついに購入! 大きさといいデザインといい、性能といい、もう言うことなし。無線LANに接続するのが難しく、サポートの力を借りましたが、テプラのサポートはとても親切で、最終的には繋がりました。快適です。SR750を仕事用に回し、自宅用に使っています。早いし静かやし、テープを入れるのも取り出しもスムーズ。テープが引っかかることも全然ありません。お値段的にも、5年くらい前に購入したSR750と殆ど一緒でした。

オフィス用のテプラでおすすめのテプラは、カシオで販売しているネームランドシリーズの「PRO SR5900P」です。「PRO SR5900P」は、テープ対応幅も4mm~36mmと幅広く、大きなラベルを作成できることもおすすめポイントの1つです。

ハーフカット機能、オートカッター機能などはもちろん搭載されており、一度に大量のラベルを作成することが可能です。また、最大の特徴としては、USBなどでパソコンと接続し、パソコンから操作ができることです。お値段は3万5千円ほどとお高めですが、オフィスに一台あれば、大活躍すること間違いなしのおすすめのテプラになります。

おすすめのテプラのメーカー・ブランド3つと代表製品は?

テプラを販売しているメーカーやブランドはたくさんありますが、おすすめのテプラのメーカーやブランド、そのメーカーやブランドの代表製品はどんなものがあるのでしょうか。おすすめのテプラのメーカーやブランドと、その代表製品について解説していきます。

キングジム

テプラ「PRO SR970」
テプラ「PRO SR970」

¥ 42,984

口コミ

SR970を購入しました。前機種のSR550に比べて少し重いのが難点ですが持ち歩く事もないので問題はありません。 SR550に比べて、印字品位が高くなり気持ちいいです。液晶画面も大きくなり見やすくなり表示範囲も広く使いやすくです。 噂の通りとても静かで早くなり、愛ネコも気付かずに寝ています。 筐体も華はないが、シッカリとした造りで、正に質実剛健と言う感じです。

テプラの生みの親でもある「キングジム」は、テプラを買う際には外せないメーカーの1つです。キングジムの代表的なテプラは、「PRO SR970」というテプラです。「PRO SR970」は、バーコード印刷機能、ハーフカット機能、オートカッター機能を搭載しており、テープ対応幅も4mm~36mmと、オフィス用にも使用可能なスペックです。

また、従来のテプラの2倍の速さでラベルを作成することが可能で、宛名も10000文字、100件まで登録することができます。お値段は4万円前後とお高めですが、テプラの最上位モデルとして、おすすめのテプラになります。

カシオ

ネームランド「KL-M7」
ネームランド「KL-M7」

¥ 9,158

口コミ

前に持っていたネームランドが古くなったので 新しいネームランドに買い替えました かなり使いやすくて満足してます

カメラで有名な「カシオ」でも、テプラの販売を行っています。カシオのテプラでは、ネームランドというシリーズがあり、その中でも代表的なテプラは、「KL-M7」です。「KL-M7」は、先ほども消化したモデルですが、お値段以上のスペックを搭載していることがおすすめのポイントです。

ハーフカット機能、オートカッター機能を搭載しており、テープ対応幅も3.5mm~24mmと幅広く対応しているため、家庭用はもちろん、オフィスでも使用できるテプラです。機能が充実しているのに、Amazonなどで購入すると、5千円前後で購入することができるコストパフォーマンスの高さも魅力です。

ブラザー

ピータッチキューブ
ピータッチキューブ
口コミ

先代のピータッチが壊れたので買い替え。 今度はテプラにしようとほぼ決めていたのですが、コンパクトなピータッチを使っていたのでテプラの本体サイズの大きさがどうも気になって買うのを躊躇していました。 いろいろ調べているうちにこちらのスマホ対応機種を発見。ピータッチなら以前の残りテープも使えるし形もスマート、スマホ入力というのも使いやすそうで魅力的!でこちらに決めました。

「ブラザー」はミシンのメーカーとして有名ですが、そんなブラザーでもテプラを販売しています。ブラザーのテプラの中でも代表的なテプラは、やはり「ピータッチキューブ」でしょう。

先ほども紹介した「ピータッチキューブ」ですが、スマホでラベルデザインを作れることが何よりの特徴です。テープ対応幅は3.5mm~12mmと少々物足りなく感じますが、家庭用として使用するには十分事足りるでしょう。余計な機能は付いておらず、見た目と同様シンプルな仕様がおすすめのポイントになります。

テプラの使い方と活用方法は?

最後に、テプラの使い方と活用方法について解説していきます。テプラはさまざまな用途に活用することができますが、どのように使い、活用すれば良いのでしょうか。

テプラの基本的な使い方は?

テプラの基本的な使い方は、だいたいどのテプラでも同じ使い方になります。まずはテプラにラベルテープをセットし、電源を入れ、ラベルのデザインを作成します。フォントを選択したり、絵文字を入れるなどして、オリジナルのラベルを作成しましょう。

デザインが決まったら、ラベルを印刷します。ラベルを印刷する際に、「連続印刷」や「オートカッター」などの機能がついている物があれば、ラベルを一度に連続して印刷・カットすることができます。

ラベルを印刷した後にラベルをカットする際は、テープ送りをしてラベルをカットします。テープ送りの方法はテプラによって異なるので、お持ちのテプラの取り扱い説明書を確認しましょう。

テプラの活用方法は?

テプラの活用方法としては、テプラのほとんどの機種に、「縦書き」印刷の機能があります。横書きのラベルテープしか作成できないとおもっていた人は、ぜひ縦書き印刷を試してみてください。

また、太いテープに印字をする場合は、2行や3行にすることで、ステッカー風のラベルを作成することができます。テプラの種類によっては、日付シールやオリジナルステッカーを作成できるテプラもあります。

テプラは書類整理や調味料のラベリングなど、さまざまな場所で活用できるため、使い方をマスターしてテプラを活用してみましょう。

自分にぴったりのテプラを選ぼう!

テプラのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

今回は、テプラの種類やおすすめの機種、テプラの使用方法や活用方法について解説しました。テプラにはさまざまな種類があり、機能や性能も違います。使う場面や欲しい機能から判断して、自分にぴったりのテプラを選びましょう。

Related