Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月05日

電動ドリルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

昨今流行りのDIYですが、既製品と違ってオリジナルの棚や作品が作れるので楽しいですね。ただ電動ドリルを使って作業するのですが、いざ作業しようとた時、自分に合った電動ドリルを選ぶことから始まります。ここではおすすめの電動ドリルをご紹介します。

電動ドリルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

失敗しない電動ドリルの種類と選び方

工具によって楽しさが左右されるDIY。使用用途によってそれぞれタイプがあるものの、特にネットで売っている電動ドリルは色や形しか見ることができないのでどれを選んでいいのか悩んでしまいます。そこでDIYが楽しくなるおすすめ電動ドリルをご紹介いたします。

電動ドリルの種類

最近流行りのDIYですが、今はそのDIYの魅力は男性だけでなく「自分の手で自由自在に棚や家具が作れる」と女性にも人気となっており、欠かせない工具はたくさんありますが、その中でおすすめしたい電動ドリルがあります。

ただ電動ドリルと言ってもその種類はたくさんあり、初心者向け~プロで現場で使うものまでピンからキリまであるので、使用用途や頻度に合わせて選ぶことをおすすめします。ちなみに「電動ドリル」は「電動ドライバー」や「電動ドリルドライバー」などと呼ばれることもあります。

電動ドリルの大まかな種類(プロ用・DIY用・初心者用)

プロ仕様の電動ドリル

建築などのプロが取り掛かる作業は、簡単なネジ締めなどの軽作業から屋外や家などの建築物までありとあらゆる内容の作業があるので、その作業に応えられるだけの製品を求められ、高品質・耐久性が強い製品がおすすめです。この電動ドリルを主に「インパクトドライバー」という分類に当たります。

では実際にDIY用電動ドリルとどう違うかが気になるところですが、決定的な違いとしてはプロ用のインパクトドライバーは高性能・高品質で耐久性に優れていることです。

例外もありますが、外装もDIY用の電動ドリルに比べると衝撃に強い材料が使用されています。その代わり、やはり価格は割高になりますが上手に使えば長く使用できる製品でもあるのでおすすめです。

DIY用におすすめの電動ドリル

一方、建築関係のお仕事をされていない方は「お仕事の休みの日に週1~2回ほどDIYをたしなむ程度だからそこまで高性能・割高じゃなくてもいいんだよね」と声が聞こえてきそうです。確かに業者に依頼するより安く済ませることがメリットのDIYですが、やはり材料などにもお金がかかるため、工具はなるべくお財布にやさしく適度な装備が搭載されている製品を探す人が多いです。

そんな方には初心者以上プロ仕様未満のDIY用電動ドリルがおすすめになります。
性能としてはプロ用とまではいかないものの、メーカー側の長い期間研究された成果により、ある程度耐久性に優れている製品やコストパフォーマンスのよい製品も出ています。使用条件などは取扱説明書に書かれているとおり使用していれば1台で案外長く使うことができます。最近では、DIY用でも使えるおすすめのインパクトドライバーも出回っています。

主な性能の違いインパクトドライバー電動ドリル
主な機能強力にネジ締めできる電動式ドライバー穴あけ+ネジ締めできる電動式ドリル
先端工具(ビット)  取付部先端部品を手前に引いてビットを取付・取外します。先端部品を緩めて取付・取外します。
ネジ締め機能回転しながら打撃することでネジを締めます回転スピードの切替スイッチで ネジに合わせて調整できます。
得意分野建築や大きな家具などの組み立て・堅めの板小さな家具の組み立て・ちょっとしたネジ締め・穴開け

初心者におすすめの電動ドリル

一口に初心者用電動ドリルといっても、DIYデビューして間がない方だけでなく手の小さい女性が使用される場合やお子様の夏休みの工作であったり、ちょっとネジが外れたからと、わざわざ大きな電動ドリルを出すのは面倒なのでそんなときにちょっと使える電動ドリルになります。違う見方をすれば「1台目に備えておきたい」電動ドリルでもあります。

主な性能としては軽量で片手になじむ製品です。機能についても特別な機能が搭載されておらず、金額も5000円程度で購入できるタイプ。ビットもついているタイプもあるので、ホームセンターなどで購入したらそのまま使うことができるコード式の電動ドリルがおすすめです。

電動ドリルの選び方

1.自分の手の力や大きさに合わせる

電動ドリルを実際に使う際に、どのような目安で選べばよいかが気になります。どうしても作業をする際に角度が不安定な場所から作業をすることもありますので、初心者の女性の方がいきなり重くて片手では持てないような電動ドリルを使ってしまうと手首を痛めかねません。なのでおすすめとしては手の大きさや力がどれくらいあるかを把握しておくことです。

2.使用用途や使用頻度に合わせて選ぶ

電動ドリルの各仕様書にはそれぞれ特徴が書かれていますが、実際にどういうものを扱うかによって必要な性能や機能と、逆に「これは使わないかな」と思う機能があります。電動ドリルの便利な機能も「いつか使うかも」とたくさん付いている電動ドリルを買ったものの、結局DIYで作ったものより既製品を買ったほうが安かったということにもなりかねませんので、できれば使用用途や使用頻度に合わせて電動ドリルを購入されることをおすすめします。

電動ドリルおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:「リョービ 」

リョービ BD-122 647509A
リョービ BD-122 647509A

¥ 17,064

口コミ

古い電動工具を買い換えようと思い、安くてバッテリーが2個付いたのがよく、探していたらこの値段でしかもリョービだったので買いました。 使い勝手もよく満足しています。

この製品は中級者・上級者向きにおすすめの電動ドリルです。鉄工・木工などの加工も可能です。ハンドル部分はグリップ形状になっているため疲れにくく、安定した作業ができます。本体にはビットを収納するホルダー機能がついているのでビットを交換したいと思ったときに、わざわざビットを交換するために工具箱に戻らなくても作業できるので効率もいいです。

回転数は20段階あるため他の製品と比べると少々重量がありますがその分パワーは充分あり、トルク高速・低速・ドライバ機能があるため、ちょっとしたネジ締めや屋外での大物DIYなどの組み立ても可能です。

ランキング2位:「マキタ」

 マキタ DF030DWSP
マキタ DF030DWSP
口コミ

仕事柄、いわゆるプロ用インパクトや電ドラを使ってます。 この機種はコンパクトなので、ちょっとした家庭内での使用やインパクトを持ち出すほどでない時、狭い場所での取り回しのよさなど、持ってて損はない、買ってよかった商品です。 10.5Vのバッテリーにもパワーや電池持ちに不満はありません。

マキタの電動ドリルでも小型・軽量タイプの電動ドリルとなりますが、性能はしっかりしているので初心者~中級者におすすめの電動ドリルです。手になじむグリップ形状で疲れにくく設計されています。ビットは六角ビットのみ取り付け可能となりますのでビット購入時にはビットの種類に気を付ける必要があります。充電式でコードレスなので屋外での作業も楽々。

ランキング1位:「BOSCH」

BOSCH PSB 10.8LI-2
BOSCH PSB 10.8LI-2

¥ 10,800

口コミ

猫侵入防止ネット張りのために、塀のコンクリートに穴を開けポールを立てるために購入。 コンクリートの穴あけも無難に出来て立派なネット策が出来ました。また、ドライバーとしての機能も十分で、2x4材DIYでの穴開けやねじ締めも楽に行えました。重宝しそうです。

本体のスイッチの操作によって回転スピードを調整できる製品なので簡単に回転スピードを変えられます。この製品はネジ締めができるのですが、専用のビットを付けることで穴あけ機能ができます。打撃数が3000回/分なで、作業音が気になるところですが、パワーがあるので中級者向きの電動ドリルです。

特徴・用途別おすすめの電動ドリル

コード式

E-Value (イーバリュー)     EID-120AC
E-Value (イーバリュー)     EID-120AC
口コミ

1、スピードコントロールがしやすく、ブレーキが付いている。  これにより、微細な打ち込みが可能となり、また、ビットの空転を相当減少できる。 2、コードが柔らかくて太い。  これは、取り回しがし易い。 3、LEDライトとフックが付いている。  作業性がかなり向上する。 4、ハードケースが付いている。  収納、運搬が楽になる。

他社と比べても、ブレーキ付き電動ドライバーでこの価格で購入できるものは他にありません。ブレーキスイッチ機能によって、ネジを回しすぎによるネジ山をつぶしてしまったり、素材板を痛めないよう作業ができるのでおすすめです。本体のスイッチを離すとすぐにドリルの回転が止まるので安心して使用できます。

安い

SRED041-LG
SRED041-LG
口コミ

小さくて軽いので、とても活躍しています。 充電も、結構もつので、助かります。 種類もたくさんなので、コスパ最高だと思います。

軽量の電動ドリルを探している方におすすめな製品です。主に女性や初心者に人気があり、ちょっとネジを締めたい時などに向いています。LEDライトも搭載されているので棚の隙間など光が届かない場所でも楽々作業できます。お子様と一緒に家族でDIYデビューの時にもおすすめです。ビットもセットされているので、購入してすぐに使えるので便利です。

初心者

BOSCH(ボッシュ) バッテリードライバー IXO5
BOSCH(ボッシュ) バッテリードライバー IXO5

¥ 4,980

口コミ

非常にコンパクトで使い安い!持っている手が回されるほどパワー とても気に入りました!

BOSCH製IXO(アイ・エックス・オー)シリーズの電動ドリルです。わずか300gの軽量で腕に負担がかかりづらく、細かい作業に合わせて2つの切替えができるLEDライト機能があります。そのほか基本的な機能も充実しているのでおすすめです。電動ドリルとしてはパワーは十分にあります。

diy用

日立工機  FDS14DGL(2LEGK)

日立工機 FDS14DGL(2LEGK)
日立工機 FDS14DGL(2LEGK)
口コミ

使いやすくて、やすっくて、気に入りました、ちょっとしたことどころか、本格的に仕事でも十分つかえます

低速・高速回転スイッチで作業に合わせて回転数を切り替えができるので、ねじ締め・穴あけにおすすめの電動ドリルです。こちらもコードレスで充電式タイプなので持ち歩きもできます。穴あけは鉄工・木工に対応できるので万能工具として応用できるのでこれ1台あれば鬼に金棒。こちらは初心者~中級車向きとしておすすめです。

女性用

LOWYA (ロウヤ) boltz 電動ドライバーセット

LOWYA (ロウヤ) boltz 電動ドライバーセット
LOWYA (ロウヤ) boltz 電動ドライバーセット

¥ 1,900

口コミ

早速、使ってみました。とても、かんたんで子供でも、すぐに使えました。値段も安く、素晴らしいです。ありがとうございます。

LOWYA (ロウヤ) boltz 電動ドライバーセットはDIYデビューの方や女性におすすめです。コンセントで本体を充電するタイプです。ホームセンターなどで取り扱っている電動ドリルなどは、使い慣れていないと重くて持ちにくいですが、この製品は軽量で女性の手にフィットしなので作業が楽しくなります。

付属品も簡単な作業に必要なビットが12種類もついています。プラスやマイナスのネジでも大きさに合わせてビットを付け替えられるのでねじのサイズ違いでも心配いりません。ケースのカラーはホワイトが主体で四角い形状のケースなので、工具特有の雰囲気がなく収納に困らないところも魅力です。

プロ用

マキタ DIYモデル 充電インパクト 14.4V M697DSX

マキタ DIYモデル 充電インパクト 14.4V M697DSX
マキタ DIYモデル 充電インパクト 14.4V M697DSX

¥ 27,000

口コミ

文句なしの商品です。 価格も使用感も最高です。 またお世話になるかもです。

高機能でコストパフォーマンスが高い電動インパクトドリルで、初心者からプロの方まで納得する一品です。14.4Vのバッテリーが2個付属しています。最もおすすめなのはこのバッテリーがほかのマキタ製品の工具でも使用できるので、作業の幅が広がります。付属品はこのほか充電器、本体、収納するボックス付き。持ち歩きにも便利です。作業も本格的で現場の解体作業もできる優れもの。本格的なDIYであれば1台は持っておきたい電動ドリルです。

おすすめの電動ドリルのメーカー・ブランド3つと代表製品

BOSCH

BOSCH PDR18LIN
BOSCH PDR18LIN

¥ 18,349

口コミ

もっと早く買っておけばよかったと思います。 簡単に木材が組み立てられるので、超便利。 女性にも簡単に使うことが出来ます。

こちらはプロ仕様・上級者におすすめですが、操作が簡単なので女性にも人気のある電動ドリルです。バッテリーが2個付属しているため長時間作業用におすすめです。さらに、バッテリー保護機能がついているので長く使えます。こちらの電動ドリルはコードレスタイプなので配線や作業中のコンセント確保は不要です。

バッテリーについては、インパクトドライバだけでなくほかの工具でも併用できるので作業に幅ができるだけでなく作業効率も上がります。ただ十分なパワーがありますが、その分作業音は大きいので、昼間などに使用されるのがおすすめです。

Makita

Makita XPH10
Makita XPH10
口コミ

仕事で14vのマキタ充電式ドリルドライバーを、使っていたのですが。パワー不足を感じていました。これだとすんなり行けます。 仕事でたまに使うなどの人はおすすめ

こちらはちょっとした作業におすすめのネジ締め専用の電動ドリルです。ボディが軽量1.22 Kgと軽く、片手で本体操作をしても疲れづらいのが特徴となります。標準付属品として本体ケースがついてくるため収納も楽々。このほかと電器とドライバービット10タイプも付属しているので、この電動ドリルのみ購入すればして充電後はすぐに使用可能です。

LEDライトもついているので、日光が当たらない狭い場所やねじ穴が見づらい場所でも楽々。電動音が気にならなければ夜でも作業ができます。

【リョービ】(RYOBI)

【リョービ】(RYOBI) 647509A
【リョービ】(RYOBI) 647509A

¥ 17,064

口コミ

日曜大工に使用しています。 充電器や予備バッテリーも付属しており、性能的にも十分です。 価格も安く、納得できる品物でおすすめ。

こちらの電動ドリルは中級者から上級者におすすめです。穴あけは木だけでなく鉄も空けるられる高性能パワーで性能としてはプロでも満足できる1台となります。高速・低速・ドリルモード(打撃)の3タイプ切り替えできますし、電池はニカドを使用しており、充電時間が短いため連続作業におすすめです。

そのほか、トリガーで回転数の強弱可能なうえ、20段クラッチも備えていますのでねじや材質に合わせて力加減ができるのでネジや材質を炒めません。一台は持っていたい電動ドリルです。

電動ドリルの使い方・活用方法

電動ドリルの使い方

・延長コードを用意しておく

電動ドリルを使う際にできれば延長コードを用意しておくと便利です。作業中に新しいアイデアが浮かんだり、微調整が必要になったりして高い場所や狭い場所に移動して作業することもあるので、延長コードは1本は準しておくことがおすすめです。

・ねじは多めに用意しておく

専用のキットではないDIYの場合、製品ができあがったときに予期せずあちこち補修することがあります。そのほか高い場所や狭い場所で不安定な体勢で作業していると、電動ドリル先端についていたねじが落ちてしまい、いちいち拾ったりねじを取りに行ったり行くのは思いのほか疲れも残り、効率が悪いので、ねじは多めに数種類用意しておくことをおすすめします。

電動ドライバーの活用法

・2×4材で壁面収納を作る

今流行りの壁面収納ですが、薄型液晶テレビを壁面に掛けて収納棚をつくってみるのもおすすめです。テレビ台にテレビを置くとそれだけ幅も取りますし、ほこりがたまりやすい場所でもあるので掃除のときに台を動かす必要があります。その点壁面収納であれば見た目すっきりすだけでなく配線も隠せますし、お掃除もらくらく。棚板を増やすことでオーディオ類やほかの雑貨なども一緒に見せる収納ができます。

2×4材または1×4材にとりつけるつっぱり金具がホームセンターやインターネットで販売されていますので、あとはL字金具とL字金具に合わせたネジ(大体3mm~5mm)があれば簡単に作れるのでおすすめです。

電動ドリルでDIYがもっと楽しくなる

電動ドリルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

便利な機能が搭載されているおすすめの電動ドリルをいくつかご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?電動ドリルは、趣味、仕事で使用する電動ドライバーは作業工程を左右するので、電動ドリル選びは使用用途や使用目的に合わせることがおすすめです。一家に一台、便利な電動ドリルがあればDIYが楽しくなります。これを機会に電動ドリルを使用用途に合わせて購入してみてはいかがでしょうか。

Related