Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月02日

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

最近はテレビの種類も多くなって、どれを選んだらいいか悩んでしまう人もいるでしょう。そんな人は、人気のあるテレビを参考にするのがおすすめです。どんなテレビが人気なのかを知る事で、自分に必要なテレビが見えてきます。人気の高いおすすめのテレビをご紹介します。

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テレビの種類と選び方を知りたい!

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

なくても困らないけれど、あると生活を豊かにしてくれるのがテレビです。近年はいろいろなタイプのテレビが発売されており、「4K」や「8K」という言葉も飛び交っています。自分にピッタリのテレビを探すには、まずテレビの種類を知ることが重要です。

テレビの種類にはどんなものがある?

昔のテレビはブラウン管一択でしたが、現在みられるテレビは大きく分けると2つです。それぞれの特徴を見てみましょう。

液晶テレビ

ディスプレイに液晶を用いているのが「液晶テレビ」です。現在のテレビ市場ではほとんどがこの「液晶テレビ」になります。
メリットとしては、消費電力が少ない、薄型化や大型化が容易ということがあげられます。技術が進み、競合会社も多いので安く良いものが手に入ります。

プラズマテレビ

一時期は液晶テレビと人気を二分していたのがプラズマテレビです。こちらはプラズマディスプレイを使用しており、液晶テレビと比べると消費電力が多くなります。小型化がむずかしく、液晶テレビよりは画面の精細さに欠けるため、現在ではほとんど製造されていません。

テレビはどう選ぶ?

実際問題として、現在テレビを購入しようとするとほとんど液晶テレビしか選択肢がありません。有機ELテレビという次世代テレビが現れていますが、出始めたばかりなので機種も少なく、値段も高騰しています。

液晶テレビは色のコントラストが弱く、残像が残りやすいという欠点がありましたが、技術の進歩によってかなり改善されています。会社ごとに色調が異なるので、好みに合わせて選びましょう。今から購入するなら4K対応の液晶テレビがおすすめです。

テレビおすすめ人気ランキングTOP3

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

最近はテレビの種類も多くなって、どれを選んだらいいか悩んでしまう人もいるでしょう。そんな人は、人気のあるテレビを参考にするのがおすすめです。どんなテレビが人気なのかを知る事で、自分に必要なテレビが見えてきます。人気の高いおすすめのテレビをご紹介します。

おすすめの人気テレビ第3位:AQUOS LC-50U45 シャープ

AQUOS LC-50U45 シャープ
AQUOS LC-50U45 シャープ
口コミ

50型4Kの迫力と美しい画面には驚きました。

人気ランキング第3位は、シャープのアクオスです。こちらは「リッチカラーテクノロジー」を搭載し、カラフルな映像を美しく再現してくれます。4Kにも対応しているので、圧倒的な高画質を楽しむことができます。

アクオス独自のテレビエンジン「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」を搭載し、映像のざらつきを無くし、自然なカラーコントラストを実現しました。

種類:液晶テレビ
画素数:3840x2160
録画機能:外付けHDD
サイズ:1122x691x271 mm

おすすめの人気テレビ第2位:REGZA 50M510X  東芝

REGZA 50M510X  東芝
REGZA 50M510X  東芝
口コミ

このテレビは価格も安く、極めて優秀です。

こちらは4K対応の液晶テレビです。液晶テレビでは綺麗に見せるのが難しいとされる「黒」をクリアに見せてくれます。スピーカーは「オンキョー」の新開発スピーカーを採用しており、クリアで高感度な音を実現しました。

種類:液晶テレビ
画素数:7680x4320
録画機能:外付けHDD
サイズ:1564x967x375 mm

おすすめの人気テレビ第1位:BRAVIA KJ-49X9000E SONY

BRAVIA KJ-49X9000E SONY
BRAVIA KJ-49X9000E SONY
口コミ

ゲームにオススメですよ!さすが高画質モデルですね(^.^)

こちらは圧倒的画質を誇るおすすめ4K液晶テレビです。「HDRリマスター」や「Super Bit Mapping 4K HDR」機能を備えているので、どんな映像も4K並みにアップコンバートしてくれます。液晶テレビが苦手とするコントラスト表現も「X-tended Dynamic Range PRO」で難なくクリアし、圧倒的な映像美を堪能できます。

また、音声に関しても際立っています。2チャンネルに圧縮されたテレビやインターネットの音源をアップスケーリングし、CD以上の音質を確保しています。高音と低音のメリハリが際立ち、スケールの大きい臨場感を味わえます。プレミアムな4Kテレビを探している人におすすめです。

種類:液晶テレビ
画素数:3840x2160
録画機能:外付けHDD
サイズ:1093x685x236 mm

特徴・用途別おすすめのテレビ

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

安いおすすめテレビ: REAL LCD-32LB8 三菱電機

REAL LCD-32LB8 三菱電機
REAL LCD-32LB8 三菱電機
口コミ

値段からは考えられないくらい、良い商品でした。

良いテレビが欲しいけれど、あまり高価なものはいらないという人におすすめしたいのが「三菱電機」の「REAL」です。こちらは国内メーカーの32インチタイプで、3万円をきるお値段です。

液晶テレビの弱点と言われる「コントラストの低さ」を「LEDバックライト」で軽減し、美しい画像を実現しました。黒浮きが起こりにくく、鮮やかな色調を堪能できます。明るさセンサーもついているので、寝室用のテレビとしてもおすすめです。

種類:液晶テレビ
画素数:1366x768
サイズ:743x497x211 mm

4Kのおすすめテレビ:VIERA TH-55EZ950 パナソニック

VIERA TH-55EZ950  パナソニック
VIERA TH-55EZ950 パナソニック

こちらは最近実用化が進んでいるおすすめの「有機EL」テレビです。液晶テレビは通常ですとコントラストが弱く、バックライトを使用するため、色調があいまいなのが弱点でした。しかし、有機ELテレビは有機ELディスプレイを使用しているため、色のコントラストがくっきりと出て、鮮やかな映像美を堪能することができます。

また、こちらのテレビはパナソニックの独自技術「ヘキサクロマドライブPLUS」を採用しています。映像の色味や色調を正確に再現し、リアルな画像を映し出します。4Kで配信される番組は今後どんどん増えていきますが、4Kのスペックを余すところなく伝えてくれるおすすめテレビです。

種類:有機ELテレビ
画素数:3840x2160
録画機能:外付けHDD
サイズ:1230x766x280 mm

録画機能のあるおすすめテレビ:Wooo L43-GP35 日立

Wooo L43-GP35  日立
Wooo L43-GP35 日立

録画機能が充実しているテレビを探している人におすすめなのが「Wooo」です。デジタル放送のチューナーは3つ搭載されているので、複数録画にも対応できます。この機能のおかげで、見たい番組が3つあっても大丈夫です。2つを録画しながら、1つはリアルタイムで視聴することが可能です。

録画容量もタップリあるので、1080時間分もの番組を録りためておくことができます。番組表も見やすく調整されており、見たい番組を探すのも簡単です。家族が多く、あれこれ録画する人におすすめです。

種類:液晶テレビ
画素数:1920x1080
録画機能:内蔵HDD(1TB)
サイズ:977x632x206 mm

サイズ別おすすめのテレビ

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テレビを探している人がまず気を付けたいポイントが「テレビの大きさ」です。画面が大きいほど迫力や臨場感が増しますが、部屋の大きさとのバランスが悪いとせっかくの大画面も台なしになってしまいます。

おおきいテレビになるほど、テレビと視聴者の距離は広くとらなければなりません。テレビと視聴者の距離が最適になる大きさのテレビがおすすめです。一般的な液晶テレビの場合、視聴者とテレビの距離の理想は「テレビ画面の高さ×3」です。しかし、より画像が鮮明で映像に乱れがない「4K」の場合は「テレビ画面の高さ×1.5」になります。

ここでは、テレビの大きさごとのおすすめをご紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

32インチのおすすめテレビ:HJ32K3120 ハイセンス

HJ32K3120 ハイセンス
HJ32K3120 ハイセンス
口コミ

総評としてはコストパフォーマンスの極めていい製品と言えます。

32インチのテレビは6畳から8畳の部屋に置くのに最適な大きさです。個人で楽しむのにおすすめの大きさです。

32インチテレビを探している人におすすめしたいのが「ハイセンス」です。「ハイセンス」は、世界130カ国に販路を持つ会社で、近年台頭著しい中国メーカーの一つです。

こちらのおすすめテレビは、国内メーカーより1万円弱安く購入することができます。昔の中国製品ですと「安かろう悪かろう」のイメージですが、こちらは性能も遜色ありません。直下型LEDバックライトを使用し、色むらのないメリハリの利いた映像を映してくれます。地デジ放送やBS,CS対応のチューナーは2基搭載されており、裏番組の同時録画も可能です。また、低音域が特に響きが良く、迫力あるサウンドを楽しむことができます。

種類:液晶テレビ
画素数:1366x768
録画機能:外付けHDD
サイズ:734x475x180 mm

40インチのおすすめテレビ:REGZA 40S21 東芝

REGZA 40S21 東芝
REGZA 40S21 東芝
口コミ

デザイン的には、枠が小さくて、薄くていいと思います。

40インチは8畳から10畳程度のお部屋におすすめの大きさです。6畳でも、最適の距離を保つことができるならおすすめできます。

「レグザエンジンファイン」を搭載したこちらのおすすめテレビは、クリアで鮮明な画像がおすすめポイントです。東芝が独自に開発した高画質映像処理エンジンによって、今までになかった美しい画像を見ることができます。さらに、「地デジビューティ」でデジタル放送を忠実に再現し、小さな文字や映像もしっかりとらえます。

サウンドが気になる人にもおすすめできる「クリアダイレクトスピーカー」を搭載しているのでクリアで臨場感あふれるサウンドが楽しめます。「クリア音声ボタン」を押せば、ドラマや映画のセリフが聞き取りやすくなります。

種類:液晶テレビ
画素数:1920x1080
録画機能:外付けHDD
サイズ:907x590x155 mm

おすすめのテレビのメーカー・ブランド3つと代表製品

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

日本国内では、有名メーカーがそれぞれ独自の人気テレビを開発しています。テレビは安価な買い物ではないので、やはりブランドの信頼性というのもおすすめテレビ選択のポイントになります。そこで、信頼性が高く人気のあるおすすめブランドとその代表的なテレビをご紹介します。

シャープ

小型の液晶テレビを初めてリリースしたのは「エプソン」ですが、大型のテレビを市場に初めて投入したのは「シャープ」です。

設立は1935年で、電気部品やエレクトロニクス製品を取り扱っています。長らく日本の電子機器市場を牽引するメーカーの一つでしたが、2016年に経営難により台湾の「鴻海」傘下に下りました。代表的液晶テレビとしては、「AQUOS」があります。

AQUOS LC-70X500

アクオスと言えば「亀山モデル」など美しい画像が人気のおすすめ液晶テレビです。近年発売された最新のアクオスは、世界で初めて販売される、「8K」に対応したモデルです。大きさは70インチです。

4Kの上をいく8Kに対応する液晶パネルを搭載し、どんな画像も8Kレベルまでアップグレードしてくれます。画像解析度はフルHDの16倍ですから、見たこともないほどリアルな映像を堪能できます。アクオス独自の映像技術を搭載し、現在テレビ番組で使用されている色調をはるかに超える豊かな色調を実現しました。

4Kのさらに上をいく、超ハイスペックテレビです。世界初の技術を見てみたい人におすすめです。

種類:液晶テレビ
画素数:7680x4320
録画機能:外付けHDD
サイズ:1564x967x375 mm

Panasonic

パナソニックは1935年に設立された日本の電機メーカーです。

もともとは「松下電器産業株式会社」という社名でしたが、2003年に「Panasonic」に統一しました。国内では唯一となってしまった総合家電メーカーで、さまざまな家電部門でシェア1位を獲得しています。テレビ販売部門では液晶テレビ部門第3位、プラズマテレビ部門では第1位となっています。(2011年)

VIERA TH-55EX600

VIERA TH-55EX600
VIERA TH-55EX600
口コミ

大画面で鮮やかな画像が気に入りました。

パナソニックのテレビのおすすめは4Kにも対応している「ビエラ」です。フルHDの4倍の画素数をもつため、映し出される映像はクリアでコントラストが美しく、奥行きや臨場感を味わえます。近年は徐々に4Kのコンテンツ配信が増えていますが、それらの視聴に最適です。

また、「IPSパネル」を搭載しているので上からも下からも、斜めからでも美しい画像がぶれることがありません。

さらに便利なのが「アレコレチャンネル」です。現在放送中の番組やネット配信番組、録画済みの番組を画面を切り替えることなく一覧表示できます。すぐに見たい番組が見つかるので、録画予約や視聴が簡単です。

サウンドには「ダイナミックサウンドシステム」を採用し、リアルで高低差のはっきりした音声を楽しむことができます。スピーカーの最大出力30Wです。見る番組や好みによって音の調子を調整できるので、その場に合わせた最適の音で楽しめます。

ソニー

ソニーは1946年に創業された日本の電気機器メーカーです。世界的ヒット製品として「ウォークマン」があります。現在はゲーム機産業でも人気が高く、家庭ゲーム機「プレイステーション」が世界中でヒットしています。液晶テレビとしては「ブラビア」が代表製品です。

BRAVIA KJ-55X9000E

BRAVIA KJ-55X9000E
BRAVIA KJ-55X9000E
口コミ

画質は4Kモデルだけあって綺麗です。

ソニーのおすすめテレビがこちらの「BRAVIA KJ-55X9000E」です。4Kに対応しており、画像には深みと立体感があります。液晶テレビのコントラストの弱さを克服するため、直下型LED部分駆動バックライトとソニー独自の高輝技術を搭載し、ムラのない美しい画像を実現しました。

デザインにもこだわりのあるソニーらしく、画面の外枠もスリムな作りになっています。デザイン性が高く、壁にかけておしゃれに楽しむのにもおすすめです。壁掛けユニットは別売りですが、ハイセンスな部屋にしたい人は購入をおすすめします。

種類:液晶テレビ
画素数:3840x2160
録画機能:外付けHDD
サイズ:1228x772x259 mm

テレビの使い方・活用方法:インターネットにつないで学習してみる

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

テレビはドラマや映画を楽しむだけのものではありません。最近ではインターネット配信などで学習番組が豊富につくられています。テレビを娯楽としてだけではなく、知識を増やしたりスキルアップに使用するのがおすすめです。テレビをインターネットにつなぐことでぐっと世界が広がります。

NHKの教育番組も、オンラインなら好きな時に好きな番組をチェックすることができます。気が向いた時に学べるので、負担が少なく、おすすめです。

おすすめのテレビの関連商品

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

近年は技術の発達に伴い、テレビの楽しみ方も増えてきました。よりテレビの映像や音声、番組を楽しむために関連機器も多く発売されています。そこでここでは、おすすめのテレビ関連機器をご紹介します。テレビをより楽しみたい、アップグレードしたい人は参考にしてみて下さい。

外付けHDD

テレビの画像解析度がアップし、より美しい映像が楽しめるようになりました。美しい画像をいつでも楽しめるように、あれもこれも録画しておきたいと考えてしまいます。しかし、映像が美しくなった変わりに番組のデータ量も大きくなっています。ハードディスクドライブが内臓されているタイプのテレビでも、あっという間に容量が足りなくなってしまうでしょう。

とにかくたくさん録りためたい、という人には外付けのハードディスクドライブがおすすめです。外付けの録画機器といえばブルーレイレコーダーなどがありますが、コストを考えると圧倒的に外付けのハードディスクドライブがおすすめです。パソコンにつなげて使えるものもあるので、汎用性が高く便利です。

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB
I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB
口コミ

大容量で助かってます。

こちらは安心の日本製おすすめ外付けHDDです。テレビだけでなく、パソコンにつないで写真や動画の管理をすることもできます。対応テレビは10メーカー600種類以上ですから、一般的なテレビならほとんど対応しています。

容量は3TBなので、地上波デジタル放送なら360時間の録画が可能です。また、表面が凸凹になっているため放熱性が高く、熱を解放するためのファンを必要としません。そのため、録画中でもファンの音をきにすることがありません。

ハードディスクドライブの厚さはわずか3.5㎝ですから、わずかなすき間にも設置することができます。パソコンへの取り付けも可能なので、使い道はいろいろです。数あるハードディスクドライブの中でも人気の高く、おすすめです。

スピーカー

技術の進歩によって、テレビは壁に掛けることができるほどスリムなものが多く見られます。画像の美しさは言うまでもなく、4Kや8Kテレビの登場によってこれ以上ないほどクオリティの高い映像を楽しむことができるようになりました。

画像に満足したら、次に気になるのはやはり「音」です。テレビが薄くなってしまった分、音の満足度が下がってしまったという人は多いのではないでしょうか。そんな悩みを解決するのが、テレビ用のスピーカーです。クオリティの高いスピーカーを外付けすることで、臨場感あふれるサウンドを満喫することができるようになります。

薄型が進むテレビに合わせて、スピーカーもスリムでデザイン性の高いものが人気です。注目は「サウンドバー」です。テレビ用のスピーカーとしてだけではなく、スマホの音楽と連動するものもあり、多様な使い方ができるので、おすすめです。

サウンドバー  TaoTronics

サウンドバー  TaoTronics
サウンドバー  TaoTronics
口コミ

小さなスピーカでも低音はちゃんと存在感がありそれなりの迫力があると思います。

スリムなボディながら、映画館のようなリアルな迫力を感じさせる、おすすめのスピーカーです。こちらのサウンドバーは、スリムなテレビにぴったりの53㎝です。少しのすき間があれば設置可能なので、どんな場所にも置くことができます。

また、bluetoothが搭載されているので、ワイヤレスで簡単に接続できるのもおすすめポイントです。Wi-Fi環境にない場合はケーブルにも対応しています。テレビを壁掛けしている人や、近くでダイレクトに良い音をききたい人におすすめです。

チューナー

同じ時間帯のテレビ番組を同時に視聴し、録画したい時があります。そんな時おすすめなのが録画機器つきのチューナーです。

外付けハードディスクドライブと組み合わせることで、複数番組を同時に視聴・録画することができます。また、テレビ内臓のチューナーの調子が悪くなってしまった時も、外付けのチューナーがあれば困りません。テレビの機能をさらにアップしたい人におすすめです。

I-O DATA 地デジ/BS/CS ダブルチューナー

I-O DATA 地デジ/BS/CS ダブルチューナー
I-O DATA 地デジ/BS/CS ダブルチューナー
口コミ

期待以上に使えています

こちらのおすすめチューナーは、外付けHDDにつなげば同時間帯の番組を視聴・録画することができます。内臓チューナーは2つなので、2番組の同時録画が可能です。また、無線LANにつなげば、テレビ以外のデバイスからも番組視聴ができるようになります。スマホに必要なアプリを落とせばどんな場所でもテレビを見る事ができます。

外出先でちょっと時間が空いた時も、録りためていた録画を見れるので、隙間時間を有効活用できます。また、アプリを使えば外出先からでも録画予約を簡単に行うことができます。

レコーダー

とりためた番組をDVDやブルーレイディスクに収めるなら、ブルーレイレコーダーがおすすめです。撮りためたハイビジョン映像も、ディスクに移せば画像の劣化を気にせず補完することができます。レコーダーに内蔵されているチューナー数が多ければ多いほど、同時録画できる番組数が増えます。家族が多い人は、2チューナー以上が内臓されているものがおすすめです。

AQUOSブルーレイ BD-W1800

AQUOSブルーレイ BD-W1800
AQUOSブルーレイ BD-W1800
口コミ

ブルーレイディスクとハードディスクで、かなりの量のデータを保存できます。

こちらはチューナーを2基搭載した、人気の高いおすすめブルーレイレコーダーです。ハードディスクドライブの容量は1TBになります。

このブルーレイレコーダーは、番組に関するURLをQRコードに変換して表示します。これによって番組で紹介されていたお店の情報や出演者、料理のレシピなど幅広い情報をテレビを見ながら確認することができます。

また、ドラマをまるごと4週間分録画できる機能「ドラ丸」も搭載されています。ドラマが始まる時間を気にする必要がなく、都合の良い時に見ることができ、見逃すことはありません。忙しくてドラマのチェックができない人、とにかくたくさん録りためたい人におすすめのブルーレイレコーダーです。

高性能テレビで、新しい世界を体感しよう!

テレビおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

技術の進歩が著しい現在、テレビも単なる娯楽のツールではありません。クオリティの高い画像と音で、今まで見ることがなかった世界を知ることができます。今後は今よりもさらに高い画像解析度の4Kや8Kでの番組がふえてくるでしょう。テレビを見るだけで、実際にその場にいるかのようなリアルなシーンを体験できるようになります。

クオリティの高いテレビを見ることで、今までになかった感動や発見があります。たかがテレビと考えずに、新しい世界を覗くツールとしてテレビを活用してはいかがでしょうか。

Related