Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月26日

エアレーションおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

エアレーションとは、エアポンプなどの器具を使って空気の泡を発生させて水中に空気を送り込み、水中に空気を溶かしこむことです。溶存酸素量を増やすことは重要な役割です。どのようにエアレーションを行うのか、おすすめのエアレーションの種類や選び方を紹介します。

エアレーションおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

エアレーションの種類と選び方

エアレーションおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

エアレーションとは、エアポンプなどの器具を使って空気の泡を発生させて水中に空気を送り込み、水中に空気を溶かしこむことです。エアレーションを使うことにより、溶存酸素量を増やすことができます。ここでは、おすすめのエアレーションの種類や選び方を紹介します。

エアレーションの種類

エアレーションをかけると水中に酸素を取り込ませることができます。何もしなくても、水と空気が触れていれば酸素を取り込むことができますが、多くはエアーポンプを使って酸素を供給します。

よく使われる方法は、エアーポンプ用のエアーチューブを接続し、エアーストーン、サテライト、フィルターなどを通して空気を送り込みます。

電源ケーブルをコンセントに差し込むでけで稼働し、一度稼働させると24時間稼働して水槽内にエアーを送り続けます。エアーポンプを使ったエアレーションの方法は、気軽に使うことができるのでおすすめです。

エアーストーン

エアーストーンは、エアーポンプに接続して水槽内に細かい気泡を送りむことができます。ストーンと名前についていますが、実際は石ではなくセラミックやビニールでできており、形は、丸や棒状、チューブのように長いものがあります。

エアーストーンを使ったエアレーションは、エアストーンからでる気泡が水中に水流を作り、水面を波立たせてかき回すことで、より多くの空気と触れることができるようになります。そして、空気と触れることで水中に酸素を溶けこませることができます。

投げ込み式フィルター

投げ込み式フィルターは、石などのおもりが入っていて、投げ込むだけで水槽にセットできるフィルターです。フィルターの中央にエアーストーンが入っているので、エアポンプを接続して水を循環させると、ウールマット(スポンジ)を水が通り、水が浄化する仕組みになっています。投げ込み式フィルターは、水槽の水がきれいになり、それに加えてエアレーションもできるのでおすすめです。

上部フィルター

上部フィルターは、水槽の上部や縁に乗せるように設置します。そして、ポンプで水槽の水を本体に組み上げてウールマットなどのろ材でろ過し、水槽に水を戻します。水がくみ上げられてろ材に流れ落ちる時と排水口から水が水槽に落ちる時にエアレーションができます。ろ過能力が高いので生体飼育メインの水槽におすすめです。

底面フィルター

底面フィルターは、本体を水槽の底に設置するフィルターです。すのこのように穴が開いたフィルターの上に砂などの「底床」を敷くことでその底床をろ材として使い、底面フィルターが底床内に水流を発生させてろ過する仕組みです。水を排水する時にエアレーションができます。

生物ろ過能力が高いといわれ、水槽の見栄えがいいおすすめのフィルターです。

外掛け式フィルター

外掛けフィルターは、水槽の縁にかけて使います。ろ材は、専用の純正カートリッジを使い、つまみで水量や流量を調節することができるおすすめのフィルターです。カートリッジには、ウール層・活性炭層があり、水が通るとウール層がごみを取り、活性炭層がにおいやアンモニアなどを吸着する仕組みになっています。

外掛けフィルターの吐水口から水が流れ落ちる時、酸素を巻き込みながら落ちるのでエアレーションできます。

比較的安価で、構造や組み立てが簡単なので初心者でも簡単に設置できるのでおすすめです。また、水槽の外側に設置するので、水槽内の場所をとらないのもおすすめのひとつです。

フィッシュレット

フィシュレットは、大型魚やフンの多い熱帯魚などの飼育に使われます。フィシュレットの動力はエアポンプです。水槽の底に沈んだごみや水草、フンの回収をするアクアリウム用品で、稼働させるとエアレーションをかけることができます。

ディフューザー

ディフューザーは、吐水量の多い外部フィルターなどに接続してエアレーションをかけます。電源なしで使うことができます。細かい気泡を水槽内に巻き込むことができ、おすすめです。

エアレーションの選び方

水が空気と触れる面積が大きいほど、効果的にエアレーションをかけるこかけることができます。また、細かい気泡の方が水と空気が触れる面積は大きくなり、酸素を多く供給することができます。

しかし、酸素が不足しにくい環境で過剰にエアレーションをかける必要はなく、また、小さい水槽に大きなエアポンプを使うと、水槽内がかき回されてしまうので注意が必要になります。

エアレーションおすすめ人気ランキングTOP3

エアレーションに使われるおすすめの製品を紹介します。

おすすめランキング3位:「いぶきエアストーン」

いぶきエアストーン セラミックエアストーン 丸 直径50#60 エアーストーン
いぶきエアストーン セラミックエアストーン 丸 直径50#60 エアーストーン

セラミック(陶器)を使用した目の細かいエアーストーンです。適度な重量があるため、強力なエアーポンプを使用しても水槽内で跳ね回ると言ったことが起きにくく、安定した使用感がありおすすめのエアーストーンです。

高温で焼成しているので、耐久性が高く使用しているうちに崩れてくることがありません。水草水槽の夜間のエアレーションや、豊富な酸素を要求する生体の育成など、幅広く使用できるおすすめのエアーストーンです。

おすすめランキング2位:「コーナーフィルター」

ジェックス コーナーパワーフィルター1
ジェックス コーナーパワーフィルター1

¥ 1,598

口コミ

このタイプの水中フィルターはあまり期待していなかったのですが安かったので試してみました。とても効果的です。エアレーションとしても付属しているパイプを使用し様々な形で使用出来ます。

ジェックス コーナーパワーフィルター1は、静かで、活性炭とハードマットで高いろ過能力がありおすすめのフィルターです。シャワーパイプを使用して、やさしい水流をつくることができます。また、シャワーパイプを使ったエアレーションで、水槽内に酸素を供給することができるのでおすすめでです。

おすすめランキング1位:「ロカボーイ」

ジェックス ロカボーイS バクテリアパワー 生きたろ過バクテリア+活性炭マット
ジェックス ロカボーイS バクテリアパワー 生きたろ過バクテリア+活性炭マット

¥ 626

口コミ

半年程使用してますが、問題無く動いてます。フィルターの交換サイクルは、一カ月といったところか。セットで買いましたが、コスパは良いです。

ジェックス ロカボーイS は、生きたバクテリアの力で汚れをすばやく分解するおすすめのエアーリフト式水中フィルターです。ろ過能力がよく、底部にたまったフンやゴミをしっかり吸引するので、 いつも新鮮な酸素を細かな泡で供給することができます。 水槽のコーナーに置ける構造なので水槽内がひろびろ使えるところもおすすめです。

使用する時は、エアーチューブ、エアーポンプを接続して使用します。

特徴・用途別おすすめのエアレーション

エアレーションおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

エアレーション用品は、用途によって使い分けることができます。用途別におすすめのエアレーションを紹介します。

水槽用

スドー バブルメイト 10×L20㎜ S103-I
スドー バブルメイト 10×L20㎜ S103-I
口コミ

意外とぶくぶくの出る勢いが凄くてびっくりしましたがこれを使ってからメダカが元気になった気がします!

スドー バブルメイト 10×L20㎜ S103-I は、細かく均一な泡が特徴で、型崩れしない高温焼結のエアーストーンです。このエアストーンは、長さ20mmのタイプになります。

エアレーションをかける時には、エアーポンプの音や振動音、気泡のぶくぶくという音、気泡のパチパチとはじける音、水の流れる音などの音がでます。水の音がリラックスできると感じる人もいれば、気になる人もいるでしょう。

水温が上昇する夏場や、飼育数が多い水槽の場合、水面からの酸素供給だけでは酸素不足になる可能性があります。必要なエアレーションをはずすことはできないので、それぞれにあったエアレーションを選ぶことをおすすめします。

水草用

エーハイム クラシックフィルター2213
エーハイム クラシックフィルター2213
口コミ

今まで使っていたフィルターと一味違います。 価格は少し高いですが、静かだし、フィルター能力も今まで使っていたものと段違いに高くて気に入っています。

エーハイム クラシックフィルター2213 は、シンプルで堅牢な構造から根強い人気と定評のある外部式フィルターです。静かでろ過能力が高く、二酸化炭素を逃さない水草水槽向けのフィルターです。

水草の栄養となる二酸化炭素は、エアレーションをかけると飼育水から空気中に逃げてしまいます。水草水槽では、光合成を促したい時間帯はエアレーションを止めるようにします。また、水草水槽で外部フィルターを使うと、水をろ過槽にくみ上げて循環させ、排水口から排水するまで水が空気に触れることがありません。二酸化炭素を逃がさないのでおすすめです。

魚別おすすめのエアレーション

次は、魚別でおすすめのエアレーションを紹介します。

メダカ用

テトラ (Tetra) ツインブリラント フィルター
テトラ (Tetra) ツインブリラント フィルター

¥ 2,138

口コミ

初めて使いましたが現在2か月使用で水槽の濁りも抑えられて以前にくらべきれいなままです。

テトラのスポンジフィルターは、テトラが研究開発した無数の微細孔をもつスポンジによりバクテリアの繁殖を支えるとともに、効率のよいろ過がができます。しかも、水面にほどよい水流をつくり酸素を供給してくれます。

本来メダカは、水流のほとんどない場所に生息しています。水流に逆らって泳ぐ習性があるのでエアーポンプによってつくられる水流に逆らって泳ぎ、メダカは体力を消費してしまい、長生きできなくなることも考えられます。

水槽の開口部の水が空気にふれる面積が多ければ、酸素が溶け込みすくなりますが、メダカの飼育数が多かったり、水槽の開口部がせまい場合は、エアレーションが必要になります。

熱帯魚用

テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-20
テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-20

¥ 1,728

口コミ

現在3台所有してますが、これまでのろ過機と比較して満足度100%です。

小型水槽でも使える呼び水不要の超小型フィルターです。取り付けがワンタッチで簡単で、コンセントを入れるだけで簡単にスタートできます。水中モーターなので静かです。

熱帯魚を飼育する時は、水質を安定させるためにろ過装置を設置します。このろ過装置で水面がゆれ、水槽内の熱帯魚に必要な酸素を送り込むことができます。大型魚や水槽のサイズに対して多めの熱帯魚を飼育している場合は酸素不足に注意が必要なので、エアストーンをを追加してエアレーションをかけることをおすすめします。

ウーパールーパー用

スドー バブルメイト φ60mm S104-C
スドー バブルメイト φ60mm S104-C
口コミ

安物と違って数年使っても型崩れしないし、エアーの量もほとんど落ちないので良いですね。 一応、月に一回程度は歯ブラシで軽く表面を磨いています。

スドー バブルメイト φ60mm S104-C は、観賞魚水槽専用のエアーストーンです。細かく均一な泡で酸素を供給します。高温度で焼いているので、型崩れしません。

ウーパールーパーは、メキシコ原産の両生類のサンショウウオの仲間です。きれいな水にすむ生き物なのでこまめに水を変えたり、上部フィルターや外部式フィルターなどのろ過装置を使用します。エアレーションは、成長したウーパールーパーが生きていくために大切なことで、十分に酸素が取り込めないと、皮膚疾患や内臓疾患などトラブルの原因になります。

エアストーンを使ったエアレーションは、好奇心旺盛なウーパールーパーの遊び道具になりおすすめです。エアストーンからでる泡に身をまかせて浮かんで遊ぶ姿をみることができます。

ベタ用

スドー ベタのフィルター
スドー ベタのフィルター
口コミ

小さいけどちゃんとバクテリアがついているのかあるのとないのでは差は歴然。つけたては濁っていた水も何週間か経ちバクテリアが沸いてくると水もクリアになってきて水替えの回数が減りました。

スドー ベタのフィルター は、強い水流を好まないベタ用のフィルターです。もちろんエアレーションも可能です。

ベタは水流が苦手で止水を好むので、ろ過装置は使わないことが望ましいのですが、エアポンプを使って水中に空気を送り込むことは大切です。エアレーションの泡が水をかきまぜてくれるので、酸素の供給だけではなく、水面に油膜ができるのを防ぎ水質を維持する効果もありおすすめします。

水流はベタの体力を消耗させ衰弱したり、ヒレが傷んだりするので、細かい気泡のでるエアストーンや水流のできない弱さにするなど注意が必要です。

金魚用

寿工芸 ろかドーム S
寿工芸 ろかドーム S

¥ 540

口コミ

水槽の水が半日で綺麗になりました。 価格も安く、フィルターも交換し易くよかったです。

寿工芸 ろかドーム S は、ろ過材をケースで包んでいる構造のため、水から引き上げた時など、一度取った大きなゴミを逃がしにくい構造になっています。

金魚は活発で体も大きく成長し、たくさんの酸素を必要とする魚です。ろ過フィルターで水が循環しているときは、酸素が溶け込むので、エアレーションは必要ない場合があります。しかし、金魚の飼育数が多い場合や金魚自体がが大きい場合、夏場などで水温が上昇しているときにはエアレーションをかけることをおすすめします。

エアレーションといっしょにろ過することができる、投げ込み式フィルターがおすすめです。

大きさ別おすすめのエアレーション

水槽のサイズで飼育数が変わってきます。金魚を例に4cmの水槽では、3~5cmの小型金魚なら5〜6尾、5~8cmの中型金魚では2~3尾、60cmの水槽では、小型金魚6~10尾、中型金魚4〜6尾が目安になります。

45cm

ニチドウ コネクト・スポンジフィルター
ニチドウ コネクト・スポンジフィルター
口コミ

このスポンジフィルターは、大きくも小さくもなく、丁度良い。 場所も取らないのて、水草や流木を多めにレイアウトできます。

ニチドウ コネクト・スポンジフィルターは、プラケース・小型水槽で使用可能なろ過能力に優れたおすすめのスポンジフィルターです。サイズは、 (幅X奥行X高さ) 10×4.5×18cmです。エアーポンプを使うので、ポンプから送られる空気により水槽内に水の流れと酸素を供給します。

60cm

いぶきエアストーン セラミックエアストーン 23φ×350#100
いぶきエアストーン セラミックエアストーン 23φ×350#100

¥ 1,642

口コミ

60㎝の水槽に設置していますが、サイズは丁度いいと思います。そして細かな泡が綺麗ですね。

いぶきセラミックストーンは均一で微細な泡が特徴ののおすすめのストーンです。また、高温で焼結しているため丈夫で型崩れしません。ストーン部のサイズは、直径約23mm×長さ約350mmです。使用時にはエアーポンプ、エアーチューブが必要です。

90cm

ハイドール (Hydor) H2shOw バブルメーカー 50Hz
ハイドール (Hydor) H2shOw バブルメーカー 50Hz

¥ 2,916

口コミ

普通のエアーストーンでは泡が大きく困っていたところで、これを発見。淡水でも結構細かいです。水深は30cmくらいあったほうがいいかも?

ハイドール (Hydor) H2shOw バブルメーカー 50Hzは、低消費電力で設置も簡単なおすすめのバブルメーカーです。サイズは、 (幅X奥行X高さ):4.5×5×5.5cmです。 ボリュームのある気泡の流れを生み出し、効率的に酸素を供給します。

お好みの色のLED(別売り)を組み合わせることで、幻想的な風景を創り出すこともできます。海水での使用は、水槽内に気泡が残るため、おすすめできません。

ここで紹介したハイドール (Hydor) H2shOw バブルメーカー 50Hzは、50Hzなので東日本用になります。東日本と西日本では、電気のしゅう周波数が違います。西日本用は、60Hzになるので注意しましょう。

おすすめのエアレーションのメーカー3つと代表製品

おすすめのエアレーションのメーカーを紹介します。

エーハイム

エーハイム パワーヘッド 1212 60HZ
エーハイム パワーヘッド 1212 60HZ
口コミ

プレコの水槽に水流を作るために使用しています。60cm水槽ではちょうど良い感じで水流が作れます。エアーディフューザーは同社ディフューザーに比べ、きめ細かくはないですが使えます。

エーハイム パワーヘッド 1212 60HZは、球状のポンプヘッドがポンプ固定盤に支えられて上下左右に動き、排水方向を自由に変えられるのでおすすめです。付属のエアーディフューザーで空気、酸素を水中へ供給することができます。

エーハイムプレフィルター(別売)を接続して、3種のスポンジフィルター(別売)と組み合わせることでさまざまなろ過バリエーションが可能です。サイズは (幅X奥行X高さ) 9.6×9.6×15cmです。 電源周波数は50HZと60HZ用があります。

カミハタ

カミハタ Rio+1400 (60Hz)
カミハタ Rio+1400 (60Hz)
口コミ

水流を作りたくて購入しました。ディフューザーの効果も素晴らしく、ほぼフルパワーで使用していますが音もあまり気になりませんし、ごみもストレーナー部分で強烈に吸い取ってくれます。

カミハタ Rio+1400 (60Hz)は、エアーレーションにより酸素を供給することができすることができます。流量調節付流出アダプターがついているので、流量を調節ができおすすめです。高性能でコンパクト設計ですが、パワフルで静かな運転音のおすすめのポンプです。

また、耐久性に優れ、安心・安全設計で、インペラーの耐久性があり、万一のインペラー故障停止時における以上加熱を防ぐ保護装置を内蔵しています。市販のホースの接続も簡単で、豊富なオプションでいろいろな用途に使うことができます。最大流量流出量28L/m、最大揚程215cm、流出口径19mmです。

電源周波数は、50Hz(東日本仕様)と60Hz(西日本仕様) があります。周波数の異なる地域で使用すると、異音の発生やポンプの運転停止などの不具合が起こります。

水作

水作エイトコア M
水作エイトコア M

¥ 1,080

口コミ

濾材も何度も洗ってかなり保つし、底の砂利やコア濾材に使う活性炭も安価に手に入りますし、交換パーツのプラストンも 安いので、かなり長く使えます。

水作エイトコア Mは、発売以来ビギナーからプロユースまで幅広い支持がある「水作エイト」です。ろ材の取り外しがワンタッチになりメンテナンスが簡単なのでおすすめです。付属のピンを使うと、当社の底面フィルター用プレートと接続が可能になるので、ろ過能力をUPさせることができます。

また、別売の『エアパイプユニット』と接続することで、水槽内により自然な水流をつくり出し、吐出ノズルによる魚の傷つきなども防止することができおすすめです。おもりに使用している底砂利の掃除も簡単にでき、お手入れも簡単です。エアーポンプに接続して使用します。

エアレーションの使い方

水槽内の酸素不足が原因でおこるトラブルを防ぐためには、水槽の水に酸素を供給しておく必要があります。人が近くにいないのに金魚が水面近くで口をぱくぱくさせるのは、水中の酸素の量が足りていないサインと考えられます。水の量の少ない水槽や水温が上昇したとき、飼育数が多い水槽では注意しましょう。

エアレーションは、酸素不足を防ぐほかに、ろ過バクテリアを活性化させて水質を安定させる効果も期待できます。

自分に合ったエアレーションをみつけよう

今回は、エアレーションの方法や効果、選び方について紹介しました。溶存酸素の確保はとても重要なことで、エアレーションをかけることで酸素不足に関連したトラブルをさけることができます。エアレーションを意図的にかけなければいけないのかと思う人もいるでしょう。トラブルを少しでも減らすためには、エアレーションをかけておいたほうが安全でおすすめします。

水面を揺らしてあげれば、溶存酸素量を増やすことができます。ぜひ、自分の用途に合ったエアレーションの方法をみつけましょう。

Related