Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月23日

セミダブルベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

人生の約三分の一は睡眠と言われています。少しでも質の良い睡眠をとるために、寝具選びは重要です。最近はシングルベッドよりも少し幅のあるセミダブルベッドがおすすめされています。ゆったり寝られるセミダブルベッドのおすすめポイントや選び方をご紹介します。

セミダブルベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

セミダブルベッドの種類と選び方とは?

セミダブルベッドはどのような種類があるのか?

シングルベッドと違い、セミダブルベッドとは、幅が120㎝のベッドで、大人が1人でゆったり寝たい方におすすめのサイズです。

セミダブルベッドはマットレスとフレームの違いで種類が豊富にあります。マットレスに直接脚がついているものや、フレームの上にマットレスを載せて使用するものがあります。

マットレスは安いものから高級なものまであり、値段に応じて寝心地が変わってきます。フレームにも種類があり、パイプのもの、木製のもの、収納がついているもの、小物を置く宮棚がついているもの、読書灯がついているものなどがあります。

セミダブルベッドはどのように選ぶと良いのか?

セミダブルベッドを選ぶ際に重要なのが、部屋の大きさと家具の配置です。セミダブルベッドを置いても、歩くスペースが60㎝程度作ることができることが望ましいです。ベッドを壁に寄せる場合は、掛布団がずり落ちやすくなるので、壁と10㎝程度離しておくのがおすすめです。また、ベッドを2台並べて置く場合、間に50㎝程度のスペースがあると、ベッドメイキングしやすいです。

フレームの選び方は、ご自身の生活スタイルを見直して考えると良いでしょう。寝る前に読書をしたい方は収納棚や読書灯があると便利ですし、スマートフォンやタブレットの充電をしたい方はコンセント付きのフレーム、お部屋に収納が少ない場合はベッド下の収納付きを選ぶのがおすすめです。

マットレスは、値段に応じて寝心地が大きく変わります。店に直接行って寝てみて、違いを確かめて購入するのがおすすめです。

セミダブルベッドがおすすめされるのは?

シングルベッドは幅が97㎝で、大人が1人で寝るのにはこれでも十分ですが、寝返りなどを打っても落ちる心配が少ないのが、セミダブルベッドです。ベッド自体が広いので、マットレス使用時に体圧分散がされやすく、シングルベッドのマットレスに比べて、マットレスがへたりにく、長持ちしやすいです。

セミダブルベッドを2台つなげて置くと、幅が240㎝になり、大人2人と子ども1人が寝てもゆったりと寝られるため、お子さんがいる方やこれからお子さんを考えている方にはおすすめの使い方です。

人気のセミダブルベッドおすすめTOP3

セミダブルベッドの人気ランキングを、通販サイト大手のAmazonの人気ランキングからご紹介します。

第3位 (DORIS) ベッド セミダブル フレームのみ【NEWアトラス セミダブル ブラウン】ロースタイル フロアベッド 組み立て式 コンセント付き

(DORIS) ベッド セミダブル フレームのみ【NEWアトラス セミダブル ブラウン】ロースタイル フロアベッド 組み立て式 コンセント付き
(DORIS) ベッド セミダブル フレームのみ【NEWアトラス セミダブル ブラウン】ロースタイル フロアベッド 組み立て式 コンセント付き
口コミ

めちゃくちゃいい! でも所々目立つ傷が付いてるけど 自分の場合は裏側(組み立てた際に目につかない所) 組み立ては当方男性20歳で1時間半から2時間弱です! オススメです!

こちらのセミダブルベッドはロースタイルベッドなので、空間が増え、お部屋を広く見せることができます。今まで布団で寝ることが多かった方や、寝相が悪く落ちる心配がある方にもおすすめです。

宮棚は9㎝の幅があり、眼鏡などちょっとした小物を置いておく方におすすめです。コンセントがついているため、スマートフォンやタブレットの充電も可能です。組み立て式ですが、説明書や組み立て動画が準備されています。

第2位 タンスのゲン 一体型 高脚25cm 脚付きマットレスベッド セミダブル ボンネルコイル

タンスのゲン 一体型 高脚25cm 脚付きマットレスベッド セミダブル ボンネルコイル
タンスのゲン 一体型 高脚25cm 脚付きマットレスベッド セミダブル ボンネルコイル
口コミ

このお値段だからレビューを見ても正直期待はしていませんでした。 でも、びっくりです。寝心地いいです!!しっかりしてます。

こちらのセミダブルベッドの特徴は、脚の高さが25㎝のところです。ベッド下のスペースをかごなどを使って収納スペースとして活用することが可能です。高さがあるので、ロボット掃除機での掃除はもちろん、掃除機でのお手入れもしやすいところがおすすめです。

マットレスは一体型のため、寝返りをうってもずれにくく、寝ている間も継ぎ目が気になりません。

第1位 LOWYA (ロウヤ) 脚付きマットレス ベッド

LOWYA (ロウヤ) 脚付きマットレス ベッド
LOWYA (ロウヤ) 脚付きマットレス ベッド
口コミ

いいと思います! 値段の割にいい商品だと思います! また、購入したいです!

マットレスが一体型になっているセミダブルベッドなので、2分割式のマットレスに比べてつなぎ目がなく、つなぎ目を気にせず寝たい方におすすめです。寝返りしてもマットレスがずれる心配がありません。

フレームベッドだと、購入後、組み立てが大変ですが、マットレスに脚をつけるだけなので、組み立てが苦手な方や女性1人暮らしの方におすすめです。脚の高さは15㎝で、かごなどを使ってベッド下に収納をしたい方や、ロボット掃除機を使用している方におすすめです。

特徴・用途別のセミダブルベッドのおすすめポイントとは?

セミダブルベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

セミダブルベッドを安く購入するには?

セミダブルベッドを購入する際に安くておすすめなのが、脚付きマットレスタイプです。フレームとマットレスを別で購入する必要がないため、安く済ませることができます。

マットレスと脚が一体になっていると、マットレスの向きを変えることが難しく、マットレスが長持ちしにくいなどのデメリットもあり、手入れなどの面から、マットレスとフレームを別にしたい場合や、フレームは安く済ませてマットレスはやや良いものを選びたい場合、フレームの料金が安い、すのこベッドがおすすめです。

マットレスを安く済ませたいけれど、少し寝心地を上げたい場合は、マットレスの上に敷く低反発マットレスやベッドパッドなどを使用するのも良いでしょう。マットレスを高価なものにするよりは安く済み、安いマットレスでも寝心地が向上します。

すのこベッド セミダブル 【サニー ナチュラル】
すのこベッド セミダブル 【サニー ナチュラル】
口コミ

組み立ても簡単で三段階の高さ調整が出来る点が良いと思いますが、組み立てに入る前に全てのパーツの梱包を開封して一度材料を一日ぐらい放置した方が良いと思います。パイン材の臭いがかなり強いためです。 その他は問題なく組み立て後も快適に使用してます。

人気のあるセミダブルベッドのフレームとは?

ヘッドボードがフラットになっているセミダブルベッドフレームが人気です。枕元に小物を置くスペースがなくなってしまいますが、その分コンパクトになりますので、お部屋をすっきりみせたい方におすすめです。

ヘッドボードは完全にフラットなものから、斜めに角度がついたものがあり、クッションなどを挟んで持たれかかることができるものもあります。

シンプルヘッドボード・フロアベッド【llano】ジャーノ
シンプルヘッドボード・フロアベッド【llano】ジャーノ

収納付きのセミダブルベッドのおすすめポイントとは?

収納付きのセミダブルベッドのフレームのおすすめポイントは、収納スペースが限られているお部屋の場合にデッドスペースが少しでも減ることです。

引き出しタイプのものと、床板を跳ね上げて使うタイプのものがあります。引き出しタイプのものは、物の出し入れをスムーズに行うことができるので、使用頻度が高いものを収納する際におすすめです。しかし、引き出しタイプはベッドの周りに家具などを置けないので、スペースを確認した方が良いでしょう。

床板を跳ね上げるタイプのフレームは、使用頻度が高いものをしまうにはおすすめできませんが、ベッド下全体が収納になるため、あまり使わない大きめのものを収納しておく際におすすめです。

マットレス付きのセミダブルベッドのおすすめポイントとは?

マットレス付きのセミダブルベッドフレームのおすすめポイントは、フレームがないため、部屋全体がすっきりと見えます。セミダブルベッドはそのもの自体が大きな家具のため、部屋が狭い方や家具が多い方におすすめです。

通販で購入する場合、自分で組み立てなければならないことが多いのですが、マットレス付きのセミダブルベッドだと、マットレスの下に脚をつけるだけなので、組み立てや設置が楽にでき、女性の一人暮らしの方におすすめです。

マットレスが一体になっているので、ずれにくく、マットレスの継ぎ目を気にしなくて良いことも特徴の一つです。

畳を使ったセミダブルベッドのおすすめポイントとは?

最近では、床板に畳を使用したセミダブルベッドのフレームがあります。畳の上で寝ると、夏は涼しく、冬は暖かいという特徴があります。

畳の上に布団を敷いて使用します。畳の部屋がない方や畳の上で寝るのが好きだけど、ベッド下のスペースも利用したい方におすすめです。

高さが 3段階で 調整できる 棚 コンセント 照明 付き 国産 畳ベッド
高さが 3段階で 調整できる 棚 コンセント 照明 付き 国産 畳ベッド
口コミ

最高の気分で寝ています。組み立ても簡単で引き出しもありライトもあり、大変便利です。やはり畳は良いですね。

折り畳み式のセミダブルベッドのおすすめポイントとは?

折り畳み式のセミダブルベッドの特徴は、使わないときに折り畳み、部屋のスペースを有効に利用できることです。フレームのみが折り畳めるタイプや、低反発のマットレスがついていてマットレスごと折り畳めるタイプなどがあります。

大きなベッドで寝たいけれど、部屋のスペースが限られている方や部屋のスペースを有効利用したい方におすすめです。

フレームベッドやマットレス付きのベッドとは違って、リクライニング機能がついているものもありますので、寝ながらテレビを観たい方や読書を楽しみたい方にもおすすめです。

ソファにもなるセミダブルベッドのおすすめポイントとは?

畳むとソファに、広げるとセミダブルベッドになるソファベッドもあります。ワンルームで過ごしていてセミダブルベッドで寝たい方やベッドを置く場所を省きたい方におすすめです。

ソファのサイズも3人掛け程度になる商品が多く、ソファとしても広々と使える点が特徴的です。広げると、床に近い位置で寝られますので、寝相が心配な方にもおすすめです。

おすすめのセミダブルベッドのメーカーとその代表製品

セミダブルベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

高級品質のSIMMONS(シモンズ)

1870年に「ザルモン・シモンズ」によって創始されたアメリカのメーカーで、高品質・高級なベッド・寝具を提供しています。現在主流のポケットコイルを生み出したメーカーで、コイルスプリングを1つ1つ不織布で包み、体を点で支える構造を作り出し、常に理想的な寝姿勢を保つことに成功しました。

シモンズのベッドは高級なものが多く、通販サイトで安いものでも10万円前後というものが多く、それ以上の価格のものもあります。フレームも組み合わせるとかなりのお値段がかかります。

良質な睡眠を得たい方や睡眠に価値を置いている方におすすめのメーカーです。

【シモンズ】 ビューティレストプレミアム ゴールデンバリュー
【シモンズ】 ビューティレストプレミアム ゴールデンバリュー

こちらの「ビューティーレストプレミアム ゴールデンバリュー」というセミダブルのマットレスは、シモンズのベストセラー商品です。程よい硬さがあり、クッション性もあります。中空構造の特殊ポリエステル綿が使われており、優しい感触がおすすめのセミダブルベッドマットレスです。

有名ホテルでも使用されているSealy(シーリー)

シーリーもアメリカのベッドメーカーですが、2012年より、ラインナップを日本規格サイズに統一しています。心地よい眠りを科学的な視点から考え、どんな体型や体重の人にも理想的な眠りを提供したいという信念でベッド開発を続けています。

「荷重に応じた適切な反発力とサポート力」と「不快な圧点の除去と体圧分散」を整形医学的に分析し、理想の寝姿勢を保ってくれます。マットレス側部がへたりにくい構造を採用しており、長持ちしやすいです。

価格はシモンズよりも抑えられており、10万円台後半から30万円台のものが多いので、眠りにお金をかけたいけれど、シモンズには手が出ないという方におすすめです。通販サイトでは10万円以下のセミダブルベッドのマットレスも売っています。もちろん、それ以上の眠りの品質を求める方はそれ以上の価格のものもあります。

シーリーベッド ライラックプラッシュ
シーリーベッド ライラックプラッシュ

シーリーのセミダブルベッドのマットレスの中では手頃な価格で、十分な柔らかさとサポート力があります。端の部分が強化されているので、ベッドのどの部分で寝ても同じ安定感が得られる商品です。コイルの耐久度も高いため、歪みが少なく、長く使える設計となっています。

日本を代表するベッドメーカーのフランスベッド

1949年に創業した日本のメーカーで、日本人独自の体型・骨格に合わせた寝具が追求されています。医療や福祉にも力を入れており、病院などでフランスベッドを見かけることも多いでしょう。

フランスベッド独自のスプリングを使用したマットレスが特徴で、高温多湿な地域が多い日本で湿気に強いマットレスとして有名です。価格もお手頃なものから高級なベッドまで幅広く取り扱っています。

フランスベッド社 2017年新作 マットレス 両面仕様 ZELTスプリング ゼルトスプリングマットレス
フランスベッド社 2017年新作 マットレス 両面仕様 ZELTスプリング ゼルトスプリングマットレス

2017年の新作モデルですが、フランスベッドのこれまでの人気マットレスの後続モデルなので、これまでの良いところが詰まった商品です。

ソフトで伸縮性の高いダブルニット生地を使用しているため、身体あたりがなめらかな特徴があります。通気口がついているので、湿度が高めな地域に住んでいる方にもおすすめなセミダブルベッドのマットレスです。

「お、ねだん以上」のニトリのセミダブルベッドは?

ベッドの種類にはどのようなものがあるのか?

ニトリのセミダブルベッドは、大きく分けて、ベッドフレームとマットレスを別に買うタイプや、マットレスと脚が一体になっているタイプのもの、折り畳めるタイプのものがあります。

ベッドフレームはどのようなものがあるのか

ベッドフレームだけみると、収納がついていないタイプ、引き出しや跳ね上げ式の収納付きのタイプ、床板がすのこや畳になっているタイプ、フレームが金属でできているタイプなど、種類が豊富です。

安いものでは2万円かからないものもあります。収納がついていたり、デザインが高級感のあるものだと、3万円~4万円弱が相場です。

ニトリのベッドフレームは、自分で組み立てるものと商品がそのままの形で運ばれてくるものがありますので、購入の際には注意が必要です。

脚付きマットレスはどのようなものがあるのか

ニトリのセミダブルベッドの脚付きマットレスタイプは大きく分けて二種類あり、マットレスが一枚物のタイプと、二つに分かれているタイプがあります。

一枚物のマットレスは、寝ているときにずれる心配が少ないです。マットレスが二つに分かれているタイプのものは、移動が簡単なので、へたりを防止するために、向きを変えて使いたい方におすすめです。

価格は2万円前後が相場です。

マットレスにはどのようなものがあるのか

マットレスには、ポケットコイルマットレス、ボンネルコイルマットレス、高機能コイルマットレス、ノンコイルマットレスがあります。

ニトリのマットレスで人気があるのは「N-Sleep」シリーズです。「理想の眠り」を追求したニトリオリジナルのマットレスで、手頃な価格のものから、かなり寝心地の良い値段が張るプレミアム、ラグジュアリーといった商品もあります。

良質な眠りを求めているが、価格も気になるという方は、ベッドフレームを安いものにし、マットレスを高級なものにするという方法もおすすめです。

セミダブルベッドの使い方とその活用方法とは?

セミダブルベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

一人暮らしの場合は?

セミダブルベッドはシングルベッドに比べて幅が広いため、ゆったりと安眠することがができます。少し体格の大きい方にもおすすめです。シングルベッドに比べ、体圧分散がなされやすいので、マットレスが長持ちするというメリットがあります。

一人暮らしの場合だと、部屋が広くない場合も多いでしょう。セミダブルベッドはスペースが必要ですので、スペースがあまりないけれど、大きいベッドで寝たいという方は、収納スペースがついているベッドフレームを選んだり、折り畳めるタイプのセミダブルベッドや、ソファベッドタイプのセミダブルベッドを使用するのがおすすめです。

恋人などが泊まりに来た場合でも、セミダブルベッドであれば、一緒に寝ることもできるでしょう。

二人暮らしの場合は?

二人で長期間をセミダブルベッドで寝るのはおすすめできませんが、部屋のスペースに余裕があれば、セミダブルベッドを二つ使用すると、二人ともゆったりと寝ることができます。

ベッドの一つをセミダブルベッド、もう一つをシングルベッドにして、二台つなげて使用しても広さが確保されるので、セミダブルベッドを二つも置けないという場合におすすめです。

子どもがいる場合は?

夫婦二人と子どもが一人で寝る場合、セミダブルベッドを二台つなげて使用するのがおすすめです。大人も子どもも寝返りをうつスペースも確保されるので、寝室のスペースに余裕がある場合はこのような使い方が望ましいです。

子どもが一人で寝るようになったら、大人一人でセミダブルを使うことができるので、その後もゆったりと寝ることができます。

セミダブルベッドを選びで生活の見直しができる

セミダブルベッドおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここまで、セミダブルベッドの種類やメーカー、人気のある商品をご紹介してきました。セミダブルベッドはシングルベッドに比べて値段も高いですし、部屋のスペースも必要となります。しかし、広々としているため、ゆっくりと安眠したい方や疲れをしっかりとりたい方にはおすすめのサイズです。

マットレスだけをみても、手頃な値段のものから高級なものまで種類が豊富です。手頃なものを買う場合は、通販サイトの口コミをみたり、少し値段のするものは実際に店に行って寝てみるのがおすすめです。

ベッドフレームも、収納の有無やスペースを有効利用できるもの、掃除のしやすさでも種類がたくさんあります。どのようなものを収納したいか、掃除はマメにするか、置く場所は足りているかなど、セミダブルベッド選びは自分の生活を見直すきっかけにもなるでしょう。

Related