Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月13日

お香のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

お香というと仏壇というようなイメージはありませんか?お香には部屋の香りを浄化する効果があり、伝統的な日本のフレグランスとして、また煙が湿気をとってくれることから湿度の高い日本にはおすすめ香りです。ここではおすすめのお香についてご紹介いたします。

お香のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

お香の種類と選び方

お香のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

お香と言うとお仏壇で使うようなイメージはありませんか?しかし、日本では昔から薫香といて衣装に焚き染めたり、インドでは来客を良い香りで出迎えたりするときにも使用されています。

また、お香の煙は湿気を吸い取るので梅雨など湿気の多い日本では、穏やかな香りで包み込むお香は香りのインテリアにおすすめです。ここではお香の種類や選び方、おすすめのお香などについてご紹介いたします。

お香の種類

お香のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

お香というとよく見るお仏壇などでみるスティックタイプのものを思い浮かべるでしょうが、他にもさまざまなタイプがあります。種類によってもおすすめの使い方が異なるのでそれぞれ特徴をご紹介いたします。

スティックタイプ(棒状)のお香

お香のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

定番のスティックタイプのお香は燃えている面積が均一なので、火をつけた瞬間から燃え尽きる瞬間まで香りが変わらず均一に広がるという特徴をもっています。非常に一般的で雑貨屋などでいろいろな種類を見ることができます。もちろん仏壇で使用したりお寺でも良く見かけるでしょう。長さを調整して香る時間を変えることもできます。手に入りやすく、コストパフォーマンスも良いのでどのようなシーンでも使えるのが魅力で、初心者にもおすすめです。

コーンタイプ(円錐状)のお香

コーンタイプのお香はスティックタイプと並んで良く見かけるお香です。芯材を使用していないので、純粋な香料が広がりため香りを純粋に楽しめます。また、燃え尽きても灰が広がって崩れないので掃除がしやすいため非常に使いやすく、女性にも人気がありおすすめです。コーンの先に火をつけて使い、火が時間が経つにつれて面積の広い底に進んでいくため、徐々に香りが強くなるのが特徴です。短時間で香りを広げたいときにおすすめです。

火がつきにくいので、マッチなどよりはライターやろうそくの火を使用して火をつけるのをおすすめします。

コイルタイプ(渦巻き状)のお香

夏の蚊取り線香などで見ることもあるコイルタイプのお香は、渦を巻くことで長くしているので、スティックタイプやコーンタイプと比較しても燃焼時間が長く、広い部屋や空気の流れが多い場所、屋外などにもおすすめです。途中でお香を消したくなった場合は、お香自体を止めたい箇所で折ってお皿に落とせば自然に消すこともがきます。

ペーパータイプ(紙製)のお香

こちらはちょっと珍しいタイプのお香です。輸入雑貨などを扱うお店で見ることがあるペーパータイプのお香は、火をつけて燃やせば強い香りを楽しむことができるほか、火を使わずとも香りを楽しめるので手帳や本の「しおり」に使ったりすることもできるお香です。

紙で作られているためコイルタイプのように空気の流れが強い場所で使用することはできませんが、低価格かつ枚数も多く燃焼時間も短いため、朝のちょっとした時間や、夜寝る前のリラックスに利用するのもおすすめです。

お香の選び方

ではどのようなお香を選んだらいいかわからないという方に選び方の紹介をいたします。よろしければ参考にしてください。

初心者の方に

さまざまな種類の香りがあるお香ですので選ぶ時に悩むときは、ご自分でいろいろな種類を試して確認することをおすすめします。しかし、お香は直接香りを香っても、実際に使うとイメージが違うということがあるでしょう。なので、簡単に香りの種類をご案内いたしましょう。

お香の代表的な香りはお寺などに入った時の香りでしょう。白檀(びゃくだん)、沈香(じんこう)、伽羅(きゃら)は代表的な香りです。また和風の香りであるならば馴染み深い桜などは華やかで優しい香りでおすすめです。また、洋間には合わないというならアロマの香りはいかがでしょう。一般的な薔薇や、ラベンダー、ジャスミンの香りなどは部屋の香りをおしゃれに変えてくれます。

特徴・用途別おすすめのお香

お香のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ここではお香の特徴や用途でおすすめのお香を紹介いたします。気になるお香を選ぶ時参考になさってください。

初心者におすすめのお香

初心者の方はまず自分がどの系統の香りが好きかを知る必要があるでしょう。そこでおすすめのなのが、さまざまな香りの詰め合わせ、アソートがおすすめです。

香源 お香20種セット(和風&洋風各10種)
香源 お香20種セット(和風&洋風各10種)

まずおすすめするのが、「香源 お香20種セット(和風&洋風各10種)」です。おすすめの理由は種類の豊富さにあります。こちらの商品は和風のお香と洋風のお香でおすすめの香りが10種類づつ入っているので、いろいろ試すうちに自分の好みがわかってくるでしょう。

あとは、自分の好みに合わせていろいろなブランドやメーカーのお香を試してみれば、自分にフィットする香りが見つかるでしょう。

おすすめの和風のお香

和風の香りは国内のメーカーが数多く出しており、日本人であるならば香りを香ればおだやかな郷愁を感じることでしょう。そんな和風のお香をご紹介いたします。

松栄堂 京線香 こころみ香 5種
松栄堂 京線香 こころみ香 5種
口コミ

香りが線香にしてはどれも割としっかりしているのでお香としても使えます ただどうしてもやっぱり線香寄りの香りなので来客時に焚くのにはあまり向いてないかも 甘め~渋めと揃っておりどれも50本くらい入っているのでとりあえず試しに買って 当たりの香りはお香として、それ以外は仏壇に転用してもいいかもしれません

京都の老舗お香メーカー松栄堂の和風お香セットです。全て白檀をベースにしていますが、それぞれに違った風情を漂わせるお香のセットになっています。おすすめは白檀に桜の香りが香る「京桜(きょうざくら)」です。春の喜びに彩られた桜の優しい香りと白檀が穏やかな春の日を想わせてくれます。

リラックスにおすすめのお香

夜寝る時や、ゆっくり休みたいときにリラックスできる香りが漂っていると気分がよいでしょう。ここではそんなリラックスできるおすすめのお香をご紹介いたします。

大発 和紙香 ラベンダー
大発 和紙香 ラベンダー

日本製の和紙を利用した、国産の珍しいペーパータイプお香です。淡路島の職人が、和紙の製造工程の途中でお香の粉末を混ぜて、香りを付加しているそうで、他のペーパータイプのお香に比べて、少々厚手なお香になっています。ペーパーイノセンスとして、火をつけなくても室温でしっかり香るので、ルームフレグランスとしても楽しむことができます。

優しいラベンダーの香りが安眠できるので、寝室におすすめです。

おすすめの男性向けのお香

いかにも香水に近いという香りや、甘い匂いが苦手という男性もいらっしゃるでしょうが、清潔感のある香りはいかがでしょうか。ここでは男性にもおすすめな香りをご紹介いたします。

SHASHI(シャシ) DENIM(デニム)
SHASHI(シャシ) DENIM(デニム)

このデニムは親しみやすく清潔感のある石鹸の香りは嫌みがなく、部屋にこもりがちな臭気を爽やかに変えてくれるので臭い消しとしても優秀です。比較的安価で入手できるので試してみるのはいかがでしょうか。

おすすめの女性向けのお香

香りに敏感な女性にはリラックスできるようなものや、心地良い環境にお部屋の香りを整えてくれる香りはいかがでしょうか。

華やかなホワイトフローラルな香りが満たすお香「マグノリア」。上品で甘く柔らかな白い花を感じさせる香りは、大人の女性にはおすすめです。可憐な印象の香りは、嫌な気分をすっきりと優しい気持ちに高めてくれます。

香りのよいおすすめのお香

使うお香は香りのよいものを選びたい。香水のような香り高いもので満たしたいという方ににおすすめのお香をご紹介いたします。

HEM レッドローズ
HEM レッドローズ

バラの香りが苦手な人からは嫌煙されてしまうほど、そしてバラが好きな人からはおすすめされるほどHEMのレッドローズは忠実にバラの香りを再現しています。バラの香りは女性の心身に語りかけ、ホルモンのバランスを整えてくれる素敵な香りです。火をつければ濃厚で妖艶、重厚で気品のある華やかな香りがゴージャスに香ります。

みのり苑 風韻 伽羅 沈香 白檀 3種お試し
みのり苑 風韻 伽羅 沈香 白檀 3種お試し
口コミ

自分が好きな香りをしることができます。 3種の中から自分にあったものを選ぶには最適な詰め合わせです。

琵琶湖と比叡山に見守られた自然豊かな大津にある「みのり苑」は、自然素材にこだわり天然木そのものだけを使用した上品な香りが特徴的です。素朴で柔らかなお香の香りはお部屋の香りを浄化し、さりげない香りで満たしてくれます。

こちらはスタンダードな香木系の香り「伽羅」「沈香」「白檀」の三種類の詰め合わせで、三つの香りを楽しむことができます。

おすすめのお香のメーカー・ブランド3つと代表製品

国内だけでなく、海外にも数多くのお香ブランドがあります。その中からおすすめのメーカーと代表的な製品をご紹介いたします。

HEM(ヘム)

HEM(ヘム)とはお香の本場、インドの発の世界トップお香ブランドです。このHEMをキャンドゥ、シルクといった100円ショップでも多種類のHEMのお香があることがあります。

輸入のお香で、芯材を使った長いスティックタイプのお香は香りの強さも広がりの良さも100円で手に入れられるとは思えないほど良い香りが広がります。種類も多く、ベーシックな白檀から華やかなアロマ漂うラベンダーやローズまであるので、初心者の方にもおすすめです。まずは試しにという方は、100均をうまく利用してご利用になることをおすすめします。

もし気に行ったのならばインターネットのショップを利用すればさらに安いお値段でおもとめになることもできます。

HEM プレシャスチャンダン
HEM プレシャスチャンダン
口コミ

白檀の香りではありますが、かなり甘い香りがつよいです。インド製なのでオリエンタル風といえばそうなのですが、個人的には好きな香りです。白檀の香りが好きな人には間違いない品でしょう。

白檀をベースにした王道のお香です。口ぐちにおすすめされるのは、仏壇からただよう懐かしい香りだからです。新しいものや珍しいものに心奪われることもあるでしょうが、やはり王道には王道の良さがあるもの。白檀の香りにインドらしいエキゾチックな香りがただよい、ノスタルジーと安心感を与えてくれるおすすめのお香です。

KUUMBA(クンバ)

KUUMBA(クンバ)は1993年創業と比較的新しい国内メーカーですが、若い世代を中心に人気のあるフレグランスブランドです。アロマセラピーなどに使用する高品質なオイルを使い手作業で香りの調合しています。

品質にこだわったクンバのお香は、素材のもつ心地良い癒し効果をしっかりと発揮してくれ、また燃焼剤を使用していないので、体にも優しいお香になっています。

ハッピー
ハッピー
口コミ

長谷部誠氏の著書である、「心を整える。」で紹介されていました。 香りがよく、心がとても落ち着きます。

クンバ(Kuumba)のお香の代表と言えばやはり絶大な人気を誇るこちらの「ハッピー」です。その名のとおり幸福感をもたらしてくれる香りは、ゆったりとした休日や休みにつく前の時間にもおすすめです。爽やかな香りに微かな甘さがある極上の香りが優しく部屋を包んでくれます。

スウィートレイン
スウィートレイン

¥ 864

ハッピーと並んでおすすめの香りはこの「スウィートレイン」というお香です。甘い雨という名のとおり甘さの中に爽やかさが混じり、ライトなのに深みのある独特の香りで、他のお香にはなかった感覚が多くの人をとりこにしてしまう不思議なお香です。

GONESH(ガーネッシュ)

GONESH(ガーネッシュ)はアメリカの老舗フレグランスブランドです。こだわりの素材から作られたお香は豊富な香りで高い評価を受けています。

No.8 スプリングミスト
No.8 スプリングミスト

おすすめはやはりGONESH(ガーネッシュ)最高傑作とされる「No.8 スプリングミスト」です。「春の霧」という爽やかな名前のお香は春の訪れをテーマに、すがすがしい甘くフルーティーな香りが広がります。燃焼時間が1時間以上と長いので、ゆっくりと長い間甘く心地のよい香りを楽しむことができます。

お香おすすめ人気ランキングTOP3

ここではおすすめのお香のランキングをご紹介いたします。ご購入の際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ランキング3位:「100均」

基本的に100均のお香はあまりいい香料を使用していないのでおすすめしません。しかし、100均の中でも「HEM(ヘム)」のお香を見かけたらぜひ手に取ってみることをおすすめします。

HEMのお香の中でもおすすめの一つと言えるのがスタンダードなラベンダーのお香です。ハーブやアロマなどでも良く使われているので、ラベンダーの香りがお好きならぜひ試してみていただきたいおすすめのお香です。

実際に焚いてみると、ラベンダーの優しい香りが強烈すぎない程度に良く香ってくれます。軽めでほんのりと香るラベンダーの香りは非常に癒し効果も高いので、寝室などで使用するとリラックス効果抜群です。

ランキング2位:「無印」

低価格で信頼と安心感のある商品を提供してくれる無印良品のお香は、スティックタイプの短いものが400円程度からとプチプラで試しやすい上品な商品を販売しています。

お香の香りも白檀、沈香とスタンダードなものの他に、いろいろな香りのセット商品もあり、いろんな香りを試してみたい方におすすめです。

無印良品 お香セット・和の香り
無印良品 お香セット・和の香り

6種類のスティックタイプのお香をセットにした商品です。竹、ひのき、白檀、桜、芍薬、沈香のいろいろな種類の和風の香りが楽しめるので、日ごとに気分を変えたい時にもおすすめです。

ランキング1位:「リスン」

初心者にもお香大好きな人にもおすすめなのが、京の老舗「松栄堂」がプロデュースする、イノセンスと呼ばれるショートサイズのお香を提供するlisn(リスン)です。特徴はHEMと同様非常に香りの種類が多いこと。常に150種類以上の香りが用意されていて、伝統的な香木系のものから現代的な香水に近い香りのものまであります。

また、季節に合わせて新しい香りや、四季折々のテーマなどのアソートも用意されいます。各種のお香には名前(ネーム)と香りのイメージ(フレグランス)が用意されていて、気分で選ぶならフレグランス、香りで選ぶならネームを参考にしてもらえるように工夫が凝らされています。

そしてリスンのお香で面白いのが、インセンス一本一本に番号と名前が直にプリントされるていることです。店頭でもオンライン販売サイトでも、1本30円程度からの購入が可能なので、いろいろな種類を少ない本数で購入しても、後からどのインセンスがどの香りなのかがちゃんと確認できるようになっています。いろんな種類を試してみたいという人にうってつけです。

150種類を誇るリスンの商品ラインアップからおすすめのお香をご紹介するのは難しいのですが、一つベーシックなものでご紹介いたしましょう。

313 SHOH(ショウ)

HEMでもご紹介したラベンダーの香りですが、こちらも軽く清々しいドライポプリのような美しい香りです。ラベンダーはリラックス効果が高いので夜向きではありますが、朝でも昼間でもふとした瞬間に香ると優しい爽快感があるので、おすすめです。

おすすめのお香の使い方・活用方法・楽しみ方

心地よい香りを運ぶお香には、いろいろな使い方があります。シーンごとに使い方や楽しみ方をご紹介いたします。

玄関での使い方

お香のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

玄関はお客さんを出迎える場所です。おもてなしの気持ちをこめて穏やかで心地よい香りを炊いてみてはいかがでしょうか。上品なおもてなしなら白檀(サンダルウッド)、爽やかでリラックス効果のあるラベンダーや女性らしい華やかな印象を与えるならローズやイランイランなどがおすすめです。お客様が訪れる30分ほど前から焚き始め、ほんのりとした残り香でお出迎えするというおもてなしを試してみてください。

お部屋や書斎などでの使い方

忙しい時間が終わった後、柔らかいお香の香りでリラックスするのはおすすめです。静かに音楽などを聞きながら自分自身に集中し、深い瞑想を行うことはリラックスにも最適です。広くない部屋であればスティックタイプや、コーンタイプがおすすめですが、リビングなどの広い部屋では物足りないでしょう。そういった場合には燃焼時間の長い渦巻型のお香がおすすめです。

使い方の注意点

お香を焚く時に気をつけてほしいのは、やはり火を扱うものなので近くに燃えやすいものは置かないこと、そして煙を狭い空間に閉じ込めてしまうと、良い香りよりも煙の煤の臭いにおいが勝ってしまうのでおすすめしません。ある程度空間に余裕がある場所で使用することをおすすめします。また、たばこと同じで煤がでるので壁や天井が白い部屋にお住まいの方人は要注意です。

お香を使って生活に彩りを

お香のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

お香の香りは煙にのって部屋全体に行き渡り、部屋の中をリラックスできる香りで包み込むことができます。部屋全体に香りのエネルギーを満たして精神に心地よい作用をもたらすことができるので、夜のリラックスタイムや瞑想したいときには、活用してみてはいかがでしょうか。

Related