Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月01日

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

エンジンブロワーが欲しいけど、2サイクルや4サイクルの違いや、混油式とガソリン式、ハンディタイプと背負い式、いろいろありすぎて何を買っていいかわからない。という入門編から使い慣れたエンジンブロワー玄人もびっくりの応用まで紹介します。

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

エンジンブロワーの種類と選び方

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

道路を走っていると、植木清掃作業中の看板をたまに見かけますが、散乱した葉っぱを吹き飛ばし集めるのに一番手っ取り早いのが、エンジンブロワーです。アメリカでは一般家庭の庭の手入れでもよく使われています。

その他ではゴルフ場など広大な施設では必需品ですが、国内外のブランドメーカーから多種販売されています。予算、性能、扱いやすさ、どの視点で選べばいい買い物になるのでしょうか。エンジンブロワーの種類を知り、自分の用途に合った、おすすめな選び方を探してみましょう。

エンジンブロワーの種類

エンジンブロワーの種類は、軽量なハンディタイプのものと背負うタイプの2種類にざっくりと分けることができ、風力パワーがそれぞれ全部違います。価格もいろいろですが、バキューム機能の有無も用途によっては選ぶポイントです。その他の特徴としては、寒冷地に強いスェーデン製や、メンテやトラブル対処に早くて強いのは何と言っても国内メーカーでしょう。

2サイクルと4サイクル

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

エンジンの違いとしては、2サイクルエンジンと、4サイクルエンジンがあります。どちらにも利点と欠点があり、用途によって選択するべきでしょう。後から詳しく説明しますが、ざっくりと言えば、パワーと瞬発力、排気ガスのクリーンさ、燃費などが違います。

燃料もエンジンにより、オイルとガソリンを定められた対比率で自分で調油する混油タイプとガソリンタイプがあり、扱いが楽でおすすめなのはガソリンタイプでしょう。

エンジンブロワーの選び方

作業内容を考えて選ぶことが後悔しないエンジンブロワーの選び方としておすすめです。手持ちのハンディタイプは、使ったり使わなかったりを繰り返すような、短時間作業向けと言えます。パワーも小型なので、背負い式に比べあまりありません。

背負い式は、パワーがあり枯葉だけではなく、小石なども吹き飛ばします。広大な面積をかけっ放しで使用する、ゴルフ場や緑の多い大型施設などの、長時間作業におすすめです。作業によって使い分ければ、疲労度を軽減できます。

あと選ぶポイントは「風速」と「風量」の違いです。「風速」が高ければ吹き飛ばせる「重さ」が高くなり、「風量」が高ければ吹き飛ばせる「量」が高くなります。次に忘れてはいけないポイントが業務用、家庭用、の違いです。業務用は使用頻度を計算した造りになっており、価格は高い分耐久性があります。家庭用はその逆です。

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

世の中の人はどんなエンジンブロワーを選んでいるのか、売れ筋エンジンブロワー商品TOP3をチェックしてみましょう。一応、知っておけば購入の際の参考や基準に役に立つでしょう。

ランキング3位:「マキタ」

エンジンブロワ 乾式 4ストロークエンジンタイプ 最大風量10.1㎥/min EUB4250SP DIY工具 プロ向け ブロアバキューム yz1-91787-ak [簡易パッケージ品]
エンジンブロワ 乾式 4ストロークエンジンタイプ 最大風量10.1㎥/min EUB4250SP DIY工具 プロ向け ブロアバキューム yz1-91787-ak [簡易パッケージ品]

売れすじおすすめエンジンブロワー第3位は、マキタ「EUB4250SP」です。マキタは建築現場の機械シェア率が高いブランドなので、電動ブロアーでも有名です。この機種価格帯は4万円〜5万円で、1万円くらいの開きが店によってあります。4ストロークでガソリンエンジンなので、燃料系のトラブルも少ない業務用エンジンブロワーです。

2ストロークエンジンや混合油タイプに比べ扱いが楽で、燃費もいいです。静音仕様で嬉しい静かな排気音、有害なガスが少なく環境にもやさしい設計になっておりおすすめです。

ランキング2位:「共立」

共立 やまびこ エンジンブロアー PB221 世界最軽量!軽過ぎる!女性やお年寄りに最適
共立 やまびこ エンジンブロアー PB221 世界最軽量!軽過ぎる!女性やお年寄りに最適
口コミ

農作業などで草や落ち葉などの散らかった塵掃除や農機具の掃除では現場で電気の供給が困難なことと非力なために農機具の新調時にエンジンのハンディブロワを購入しました。

売れ筋おすすめ2位は、エンジンブロワー界において世界最軽量の3kgが売りの共立「PB221」です。実際に持てば女性やお年寄りでも苦にならないほど軽量で、こんなに軽いのにエンジンブロワーなのかと驚くでしょう。軽いということは、その他にも利点が多く、車の洗車後の水切りなどでも屋根の上などの角度でも、自在に取り扱えます。

小さくて軽量でも排気量はエンジンブロアーなので21,2ml、最大風速は63,9mとパワフルです。価格は現在3万8千円台ですが、この先出荷台数が伸びれば、価格もさらに下がる可能性もあります。エンジンブロワー界では信頼の共立ブランドおすすめです。

ランキング1位:「タナカ」

田中TRB24EAPブロワー23.9 Cc
田中TRB24EAPブロワー23.9 Cc

国内よりもアメリカをはじめとした国外市場で実績がある、タナカ「TRB24EAP」が、売り上げおすすめエンジンブロワー第1位です。日立から品番頭文字に「T」がつかない同タイプも出ています。操作性に関しては少々、慣れが必要という難があるものの非常にハイパワーで高い評価を得ています。

裏山などをお持ちの家庭では重宝します。日本製らしさとも言えるエンジンのかかりの早さ、思った以上のハイパワー風量は雨上がりの重たくなった葉っぱや泥、小石まで吹き飛ばしてくれおすすめです。

特徴・用途別おすすめのエンジンブロワー

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

山や緑に囲まれている一般家庭から、大きな施設、道路整備、建築現場までエンジンブロワーが登場するシーンは多々ありますが、エンジンブロワーにはそれぞれタイプによって、どんな用途や特徴があるのか見ていきましょう。

延長コードいらずの枯葉清掃

家の周りを電源式ブロアーで清掃する人はまずいません。ホウキとチリ取りで枯葉を掃くという姿は、秋らしい風景で風情がありますが時間がかかり結構疲れます。そこでエンジンブロアーなら時間も短縮できるので、苦にならず毎日でも作業ができます。

電源式のブロアーで落ち葉集塵機能がついたのもありますが、多くの一般家庭の人はドラム式の電源コードなど持っていないので、電源近くまでホウキで集めるようでは買った意味がありません。目的が枯葉清掃であれば、どこでも瞬時に移動できるエンジンブロワーを断然おすすめします。

4サイクル

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

4サイクルエンジンブロワーは、パワーは2サイクルエンジンより、やや劣るものの吸気、圧縮、爆発、排気と4つの工程でエンジンを動かし、スムーズな工程が、燃費を良くし排気ガス内の有害成分を減少させています。燃料は混油よりガソリンエンジンが増えています。

用途としては、2サイクルエンジンがこなす作業全般に基本的には対応するパワーはあります。考え方としては、さらにもっとパワーが欲しい特殊性の強い作業には2ストロークエンジンブロワーをおすすめします。

2サイクル

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

排ガス成分が環境に悪いものの、瞬発力とハイパワーが売りの2サイクルエンジンは、2工程でエンジンを動かします。出力を下げずに小型化を実現するには、シンプルな2サイクルエンジン構造は向いていますが、単純構造ゆえの欠点として、未燃ガスやオイルも排出してしまい、部品各部にカスも溜まりやすいので、自分で簡単な点検や手入れが必要です。

時代が裕福になるにつれ、環境保護の流れが強くなり排ガス規制が国内でも定められました。しかし、排ガス規制をクリアーし改良を重ねた優秀な2サイクルエンジン開発研究は現在も続いています。

おすすめの2サイクルEBVK-2650

【プロ用】 EBVK-2650 DIY工具 プロ向け 送風・集じん機 yz1-26128-ak [簡易パッケージ品]
【プロ用】 EBVK-2650 DIY工具 プロ向け 送風・集じん機 yz1-26128-ak [簡易パッケージ品]

おすすめするのは、国内排ガス自主規制2次規制適合2サイクルエンジンにより、往来の2サイクルエンジンより環境にやさしく燃費も向上させることに成功したRYOBI「EBVK-2650」です。ノズルを付け替えることにより吸引と吹き飛ばし、二種類の作業が可能で、プロも使っている信頼のRYOBI製品です。

作業時の手元のブレを極限まで減らし安定性も考慮した設計は、プロに支持される理由です。バキュームで吸い込んだ落ち葉は、なんと10分の1にまで粉砕してくれるのでコンパクトな廃棄でゴミ袋の節約にも一役買ってくれおすすめです。

バキューム

バキューム機能があると、ゴミを集めるだけではなく袋に収集することができ便利です。しかし、注意すべき点は屋外では小石や小枝など混ざってしまい故障の原因となるので、屋外では条件が限られた使用でしかおすすめしません。

状況が枯葉だけであれば、枯葉清掃のために作られたエンジンブロワーもありおすすめです。ブロワーで枯葉を所々にある程度集めて、バキュームで吸い込むだけですが、大きな違いは枯葉粉砕機能がついたバキュームブロワーなので、ゴミのカサが圧倒的に減り便利です。これなら面倒だった枯葉清掃が短時間で楽に終わります。

おすすめバキューム「マキタEUB4250」

マキタ(makita) エンジンブロワ集じん機 排気量24.5mL EUB4250
マキタ(makita) エンジンブロワ集じん機 排気量24.5mL EUB4250

売れ筋おすすめ第3位でも登場しましたが、マキタEUB4250はバキューム機能も優れておりおすすめです。環境にやさしい4サイクルエンジンで、さらに国内排出ガス自主規制2次適合というクリーンで低燃費なガソリン駆動の未来派です。集塵バックは基本的にはオプションになりますので、販売店の広告説明をよく注意して購入することをおすすめします。

工場でも大活躍

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

その他では、どういった用途で使うのがおすすめかというと木工の工場内で、加工の際出る細かい大量の集塵などの収集に電気式の次ではありますが向いています。ホウキとちり取りでゴミを集めると空中に舞い、またしばらくすると床に降りてくるので、いくらちゃんとやったつもりでも完全には清掃できず工場内の空気も汚れます。

その結果、工場はいつも空気が淀んでいるのが日常化して慣れてはしまいますが、バキュームで吸い込んでしまえば空気がスッキリし快適性が増します。また車の洗車でもブロワー機能はおすすめで水滴を飛ばしたり、車内の清掃にも使えます。

おすすめのエンジンブロワー3つと代表製品

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

売れ筋商品以外にも優れたエンジンブロワーはたくさんあります。ランキング以外の、おすすめのエンジンブロワーのメーカーブランド3つとおすすめ代表製品ブロワーを紹介します。

おすすめNo3「ゼノア(EBZ8500)」

ゼノア背負式エンジンブロワ(EBZ8500)
ゼノア背負式エンジンブロワ(EBZ8500)

おすすめNo3ゼノアはもともと国内老舗ブランドメーカーで、小型2サイクルエンジンを採用した機器が特に有名です。現在はスウェーデンのハクスバーナ社の完全子会社となり、より高い技術を追求しハイパワーが売りです。

世界最大の風量と風力のブロワーを欲しいなら、ゼノアEBZ8500背負式エンジンブロワーがおすすめです。フルスロットルでの最大風速92.2mというメガ級ハイパワーでしかできない仕事が、タフな現場には必ずあります。価格は11万円から、値引きされていれば8万円台もあります。軽量化され重量10kg背負式おすすめです。

おすすめNo2「ハスクバーナ 125BVx」

ハスクバーナ エンジンブロワー 125BVx バキュームキット付 ハンディブロワ
ハスクバーナ エンジンブロワー 125BVx バキュームキット付 ハンディブロワ

おすすめNo2はハクスバーナ社です。日本ではあまり聞きなれませんがハクスバーナ社は、北国スェーデンの歴史の古い造園機器メーカーです。長い歴史のなかでタフなエンジン性能を活かし、ヨーロピアン・スタイリッシュなオートバイを製造していたこともありますが、現在ではバイク分野からは撤退しています。

そんなハクスバーナらしいエンジンブロワーがこちらです。長年造園機器を製造し改良してきたメーカーにしかできない、使いやすさを追求したバランスが機能や配置に詰まっています。制御機能が一箇所に集中されていたり、ハンドル設計、エンジンスタートを工夫したポンプなど優れたブロワーです。

とくにバキューム機能には、枯葉を粉々に粉砕するカッター刃が内臓されており、他社製品より枯葉粉砕機能が格段に優れており、おすすめです。

おすすめNo1「カーツ BZ450KT」

カーツ 背負式 エンジンブロワー エアランチャー BZ450KT
カーツ 背負式 エンジンブロワー エアランチャー BZ450KT

おすすめNo1カーツ社は、岡山県の産業機械メーカーで歴史のある老舗ブランドです。ギヤやトランスミッションなどの製造に強い日本のメーカーだけに、エンジンの信頼度は高いです。

このカーツ背負式エンジンブロワーエアランチャーBZ450KTは、軽量でハイパワーが売りです。白いボディが斬新で女性が使っても違和感がありません。カーツ独自の3Dファン開発により小型ボディでハイパワーの風力を実現しています。疲労感に影響する、振動にも独自の改良がされており、快適な作業が長時間できおすすめします。

吹き出し口が、フラットノズルになっており楽に枯葉を吹き飛ばします。それらの操作性を高めているのは、片手で自在に動かせる回転ハンドルです。先端にエンジン回転数を操作するボタンがついているので、風量調整も楽々です。

おすすめエンジンブロワーの使い方・活用方法

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

やはり代表的なおすすめの使い方は、枯葉清掃でしょう。清掃面積が広大であるほど、電源コードのいらないエンジンブロワーは大活躍し、仮に手作業だった場合の人員、作業時間を一気に短縮させることができ、一般家庭はもちろん、業者であれば利益にも直結します。

その他の使い道もいろいろあり、一般家庭では車の洗車後の水滴を吹き飛ばせば、拭き取りは格段に楽になり、ウェスも何枚も用意する必要もなくなります。車内の座席やマットの清掃もバキュームもいいですが、周辺環境を確認さえすれば、ドアを開けっぱなしにして、吹き飛ばす方法もあります。

おすすめマイホーム外壁清掃

家周りのメンテにもいろいろと、おすすめな使い方があります。例えば屋外エアコンフィルターのホコリ清掃にも最適です。屋内のエアフィルターも一度、外でブロワーでホコリを吹き飛ばせば、洗浄は楽になりおすすめです。その他では、家の外壁清掃で水をかけてエンジンブロワーで吹き飛ばせば、泥や黄砂などが洗い流せます。

窓枠冊子に溜まった泥や砂の掃除も、雑巾での拭き取りやブラシでの清掃は大変な手間がかかりますが、電源のないエンジンブロワーは家の周りを楽に移動できおすすめです。

アウトドア

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

エンジンブロワーの意外で便利な使い方として、キャンプやバーベキューなどのアウトドア・シーンにもおすすめの使い方があります。まずは火おこしに使えば、火はあっという間に安定し、到着しすぐに焼き肉が食べられ腹ペコの子供たちも大喜びです。

あとは夜の食事の際に、エアクッションやエアマットを持って行く人も最近では多いでしょう。それらの膨らます作業も、撤収作業もブロワーなら一瞬で終了しおすすめです。食事場所の蚊取り線香の威力が安定するまでは、ランタンに寄ってくる虫を吹き飛ばし一掃することができます。

楽しいキャンプも終わり方付けの際に、テントやシートは水分でビショビショです。それらをエンジンブロワーで吹き飛ばしてから畳めば、家に帰ってからふき取ったり、干す手間が省け一台持っていけばアウトドア各シーンで意外と大活躍しおすすめします。

雪国の出勤の朝

雪国の出勤の早朝には、よくあることですが、朝起きたら外が雪で真っ白になっていた、ということはよくあります。ただでさえ時間がない朝に、車の雪下ろしや駐車場の雪かきからしなくては家を出ることもできません。グズグズしてれば渋滞に巻き込まれ、気は焦るばかりです。

そんな時にエンジンブロワーがおすすめです。新雪は軽いのでバンバン吹き飛ばし、あっという間に出発できます。明け方に降り始める気象パターンは多いので、意外とおすすめのエンジンブロワー活用法です。

家があるならおすすめのエンジンブロワー

エンジンブロワーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

マンション暮らしなら、エンジンブロワーの登場は少ないでしょう。戸建で土地を持つと田舎と都会では環境にもよりますが、エンジンブロワーが必要になってくる場合もあるでしょう。田舎で代々続く家であれば、敷地が大きく防風林などもあるので一家に一台持っているでしょう。

今回、女性やお年寄りでも使いやすい軽量タイプから、プロ御用達のハイパワータイプ、その中間のお手頃サイズと、ざっくり紹介してみましたが、エンジンブロワーの種類は他にもたくさんあります。まったくエンジンブロワーを知らない人にも、それぞれの特徴や用途、利点、欠点がわかったでしょう。

ネットでも手軽に購入できるエンジンブロワーですが、エンジンの立ち上がりや、使い心地、実際の重さや自分の体に持った時のフィット感などは、実際に持たないとわかりません。購入してから後悔しないように一度、実物を確認できる販売店を訪ねることをおすすめします。

Related