Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

家具の修繕や机などを研磨するには便利なオービタルサンダーがおすすめ。しかし、初心者には選びづらいですよね。そこで今回は、オービタルサンダーの種類や選び方、使い方などを紹介します。おすすめのメーカーなども紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

オービタルサンダー

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

最近は多く数多くの物をDIYする人が増えており、男女問わず、楽しむ人が多くいます。コツをつかめばいろいろなことにチャレンジできることが魅力なのでしょう。

DIYで家具を作るときに最初に必要な工具は、丸ノコ、インパクト、そしてオービタルサンダーです。この3つがあれば家具を作ることができます。

今回は、このオービタルサンダーのおすすめなポイントや選び方についてお話をしていきます。

オービタルサンダーとは

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

一言でいうなれば、主に木材を研磨するための電動工具です。

サンドペーパーを取り付けた板が振動(回転運動)することで研磨してくれます。サンダーのなかでは研磨力は弱い種類で仕上げの研磨に向いています。また、サンドペーパーをつけるラバーパッドが四角いのが特徴です。

それでは、オービタルサンダーの「オービタル」と「サンダー」に分けてそれぞれの言葉の意味を知っておきましょう。

オービタルの意味は?

・orbital(オービタル)
「環状の」とか「軌道の」という意味があります。

天体などの軌道を意味するorbit(オービット)が「オービットの」という意味に変化するとorbital(オービタル)になります。

オービタルサンダーはサンドペーパーが「だ円運動をしている」のでこの名前が付けれています。

サンダーの意味は?

サンダーのスペルはsanderで「研磨機」という意味です。研磨機全般を指すことばになり、JIS規格ので定義では「サンダ」と言います。

オービタルサンダーの用途と特徴

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ますは、このことを知っておきましょう。サンディングプレートとサンドペーパーには穴があり、ここから研磨クズが吸引される研磨の際には研磨クズが発生します。この粉状のクズがサンドペーパーと材料の間に入って「目づまり」すると、研磨能力が低下してきます。そこで活躍するのが、このオービタルサンダーとなり、特徴は以下のようになります。

特徴・用途

オービタルサンダーの特徴と用途は以下のようになります。

・研磨クズが出にくい
サンドペーパーの移動が少ないため、研磨クズが排出されにくい。

・研磨クズが吸引できる
研磨面にいくつかの穴があり、研磨クズが吸引できるようにされている製品が大半です。

・平面は滑らかに仕上げられる
振動に近い動きであるため、荒れた凹凸面をならすといった粗い研磨は不向きだが、平面は滑らかに仕上げられる

こんな使い方におすすめ

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

オービタルサンダーで研磨する材料はおもに木材で、仕上げに使いたい電動工具です。おすすめな加工と使い方としては、以下のようになります。

・箱の内側に
・広い平面尾研磨に
・板材の研磨に

・緩い局面に
・パテの研ぎ落としに
・床の古い塗膜はがしに

このような作業におすすめです。

オービタルサンダーの種類と選び方

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

サンダーでもいくつかのサンダーがあり、大まかな種類は以下のようになります。

・オービタルサンダー
・ランダムサンダー
・コーナーサンダー
・ベルトサンダー

があります。今回はオービタルサンダーについて説明していきます。それ以外のサンダーについて、詳しく知りたい方は個々でお願いします。

オービタルサンダーの種類

オービタルサンダーがサンダーの中では一番研磨力が弱く、平面の仕上げに適しています。サンドペーパーをつけるラバーパッドが四角いのが特徴です。

オービタルサンダーの価格は他のサンダーに比べて安く、市販のサンドペーパーを取り付けて使えるのでコストパフォーマンスに優れています。木工で初めてや初心者には、サンダーであればオービタルサンダーがおすすめです。

オービタルサンダーの選び方

オービタルサンダーは、「平面研磨」と「仕上げ研磨」に主眼を置いたサンダーです。そのために研磨速度(効率)をやや犠牲にしているところがあります。まずこれが目的にあっているかどうか確信することが大切です。

パッドの大きさ

オービタルサンダー選び比較するのはパッドの大きさです。

大きいことによるメリット
・大きいほど研磨できる範囲は広い

デメリット
・細かい所に使いにくくなる

木工で一般的なのは93×185㎜です。これを半分にしたぐらいのサイズが110×100mmでミニサンダーと呼び、小さい家具の研磨に向いています。やはり自分の作業にあったサイズを選ぶのがいちばんおすすめです。

集塵機能

オービタルサンダーでの研磨作業では、どうしても粉塵が舞ってしまいます、目に見えないほどの粉塵でも吸いすぎると健康に影響が出るので集塵機能は欲しいところです。

集塵機能には
・集塵バッグが付いているもの
・集塵機(掃除機など)を取り付けて集塵するもの

取り回しやコストパフォーマンスを考えると「集塵バッグ」のほうがおすすめでしょうか。

プロ用とDIY用

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

電動工具にはどんな道具にもプロ用とDIY用があります。オービタルサンダーにもプロ用とDIY用があります。

プロ用
・性能がよい
・毎日使っても壊れない耐久性
・値段が高い

毎日木工をするのであればプロ用をおすすめします。しかし、週末だけの使い方やたまにしか使用しないのであればDIY用で十分な機能を満たせるのでおすすめです。

DIYにおすすめは

オービタルサンダーはどれくらいの価格がいいか、ということになります。作る家具にもよっていきますが、初めて購入するときや、予算がないときはホームセンターで売っている3,000円~5,000円程度の物でOKなのでおすすめします。

注意点
・クリップは「金物(金属製)のもの」
その時はクリップの形状を確認してください。
止めるところが「金物(金属製)のもの」でないとすぐ折れてしまいます。なので。クリップは金物(金属製)のものがおすすめです。

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

オービタルサンダーの種類や選び方を見てきましたが、いかがでしたか。ここでは、どのようなオービタルサンダーが売れているのかをランキング形式で見ていきましょう。

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングは以下のようになります。

ランキング3位:「新興製作所 」

新興製作所 サンダ SDS200D
新興製作所 サンダ SDS200D
口コミ

良い品物でした、手でかけていた時の10分の1以下の時間で作業が終わりました。 ペーパーを止める方法がチープなのですが、ペーパーが切れたりすることもありませんでした。

日曜大工やDIY作業におすすめで、人気があります。集塵バッグは付いていないのですが、お値段も3.000円前後の商品で市販サンドペーパーが使用でき、パワーもあることから人気があります。多くの方が満足をしているのでおすすめです。

ランキング2位:「三共コーポレーション 」

EDS-100 MK ミニデルターサンダー 25-526
EDS-100 MK ミニデルターサンダー 25-526
口コミ

小さく小回り利いて良いです。あと、シガライダーから取るインバーター150wクラスでも動きました。 安価ですが性能も良く、小さい面ならあっという間にキレイです。

お手軽で安価ということで、初心者やDIY 作業者に人気があります。特徴としては、コンパクトサイズ小回りが効き、操作性に優れています。狭い箇所の研磨にすぐれいるので、狭い箇所などの研磨におすすめです。

ランキング1位:「マキタ」

マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm BO3710
マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm BO3710

¥ 13,608

口コミ

何と言っても音が静かなのがGOODです。 また、自己集塵なのも嬉しいです。 こちらを最初っから購入すべきでした。

電動工具といえば世界のマキタ、マキタのオービタルサンダーの中でもプロ用です。オービタルサンダーに必要な機能が満載なので、オービタルサンダーを満喫たい方にはおすすめです。

特徴・用途別おすすめのオービタルサンダー

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

特徴・用途別のおすすめのオービタルサンダーは以下のようになります。

エアー

SP オービタルサンダー
SP オービタルサンダー

エアー使用して使うもののおすすめは、「SPオーピタルサンダー」です。おすすめポイントは以下のようになります。

・ライン出し仕上げ研磨作業に。
・パットが上下左右の振動
・排気:後方
・非吸じんタイプ

・使用空気圧力:0.6MPa
・ペーパーサイズ(mm):75×110
・使用ペーパー:マジックシートタイプ
・無負荷回転数(rpm):9500

ペーパー

マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm
マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm

¥ 13,608

口コミ

市販の安価の紙やすりが使用でき経済的で、性能に不満はありません。早く購入すれば苦労をせずに済んだと思います。

おすすめポイントは以下のようになります。

・市販のサンドペーパーを取り付け可能
ダイヤル式の変速機能で最適な強さを設定でき、市販のサンドペーパーをたわみなく取り付けられるイージーフィットシステムです。

おすすめペーパーは?

ポリネットシート A180 A180
ポリネットシート A180 A180

ペーパーでおすすめなのがポリネットシートです。普通の紙のタイプより価格は高めですが、持ちが全然違います。しかも両面使えるのでお財布にやさしく経済的です。破れるまで使うことができます。

おすすめ番手

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

主な番手の種類は以下のようになります。

揃えたい番手
・プレーナーのかかった木材には#180で仕上げてしまえばOKです。

・もう少しツルツルに仕上げたければ#240で仕上げればいいです。

・少し荒い面を仕上げる時でも♯120→#240で大丈夫です。

・ニスを塗るときは#400も必要です。

なので、#120、#180、#240、#400があればほぼ全域網羅できます。

番手とは

番手とは 糸の太さを表す単位です。一定重さ当たりの長さになります。なので、小さいほど太い糸になります。20番手の糸の方が 40番手よりも太くなります。

オービタルサンダー・サンドペーパーの選び方

オービタルサンダー専用のペーパーなら、パッドにぴったり合うので問題なのでおすすめです。ただし、機種によってパッドサイズが3種類ほどあるのでペーパーサイズもそれに対応しますので注意が必要です。

また、「集じん穴」がある機種は「穴付き」を選択しましょう。一方で、手研ぎ用のサンドペーパーを切っても使えます。

種類としては

種類として
1.木工用サンドペーパー(オレンジ色)
2.耐水ペーパー(黒色)
3.研磨布(基布が付いたもの)
があります。

特徴として
1.は安価ですが、摩耗が早くて長持ちしません。
3.はやや高価で長持ち。
2.はこれらの中間ということになります。

サンドペーパーの番手

番手と、研ぎ面は以下のようになります。

番手研ぎ面
40.60.80荒研ぎ
100.150中研ぎ
240仕上げ研ぎ
300.400精密仕上げ研ぎ
600ツヤ出し

おすすめのパッドの交換時期は?

サンダーの底面を見るとスポンジ状になっています。あまりにも一部分だけ使っていると、接地面が斜めなったり、くぼんだりしてきます。

それほど頻繁に交換する物でも無いです。しかし、全体的な厚みを確認し目に見えて厚みに違いがあれば交換することをおすすめします。

おすすめのメーカー・ブランド3つと代表製品

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

オービタルサンダーの主なメーカーは以下のようになります。

・マキタ(makita)
・BOSCH(ボッシュ)

・リョービ(RYOBI)
・BLACK+DECKER(ブラック・アンド・デッカー)
・三共コーポレーション

・新興製作所
・日立工機(Hitachi Koki)

オービタルサンダーのメーカーと言ってもこれだけ多くのメーカあります。ここに挙げていないメーカーもあるのでもっとあることでしょう。

実際、オービタルサンダーは、どこのメーカーが良く、どこのメーカーが悪いとは一概には言うことは難しいでしょう。なので今回は、おすすめなオービタルサンダーの、メーカーとして以下の3つを挙げます。

RYOBI(リョービ)

リョービ(RYOBI) サンダ MS-30A 93×228mm 636427A
リョービ(RYOBI) サンダ MS-30A 93×228mm 636427A

¥ 5,122

口コミ

絶対必要 とにかくリーズナブル 安い割には機能的 DIY必需品 これがいいですよ サンダーは。

主なスペック
・サイズ : 243×93×154mm
・パット寸法 : 91×185mm
ペーパー寸法 : 93×228mm
・回転数 : 11000min−1
・質量 : 1.3kg

DIY用サンダーサンダーとしておすすめ

リョービのDIY用サンダーのなかでもエントリー機のモデルです。

特徴とおすすめポイント
・軽くて取り回しが良い。
・安くて初めてのDIY用オービタルサンダーにおすすめです。

注意点

・集塵バッグは付いていないので、集塵機を付けて使わないと削りカスが飛び散ってしまいます。そのため取り回しが良くないので、ウッドデッキなど広い範囲の研磨には不向きと言えるでしょう。

BOSCH(ボッシュ)

BOSCH(ボッシュ) 吸じんオービタルサンダーPRO GSS23AE/MF
BOSCH(ボッシュ) 吸じんオービタルサンダーPRO GSS23AE/MF
口コミ

この機種はマイクロフィルター機能がとても優れていて削っていると粉塵がサンダーの脇からガンガン吸い込まれていくのが見えます。パッと見はマスクいらないんじゃないかくらいの吸い込みです。

基本スペック
・回転数 7,000~12,000min-1(回転/分)
・ストローク数 14,000~24,000min-1(回/分) 0回/分
・オービットダイヤ(軌道) 2.0mm
・プレートサイズ:92x182mm
・ペーパーサイズ(マジック式):93x185mm
・ペーパーサイズ(クランプ式):93x230mm

プロ用で至れり尽くせりのおすすめ機能満載

ボッシュのラインアップの中ではプロ用の種類です。そのため至れり尽くせりな機能が付いているのでおすすめです。

特徴とおすすめるポイント

・市販のサンドペーパーを取り付け可能
ダイヤル式の変速機能で最適な強さを設定でき、市販のサンドペーパーをたわみなく取り付けられるイージーフィットシステム。

・握りやすく疲れにくいグリップ
振動を打ち消すカウンターウエイト内臓の握りやすく疲れにくいグリップ

・集塵機能が良い
集塵機能が良く、マイクロフィルターは細かい削りカスまでシャットアウトしてくれて、どれだけ削りカスが溜まっているか外から見えるように半透明になっています。

とオービタルサンダーに欲しい機能がたくさんついているのでおすすめです。。

注意点

あえて欠点を挙げるならる少し重いことです。一般の女性には重く感じるでしょうが、木工をやろうという方(男女問わず)には気にならないでしょう。良いものを長く使いたい方におすすめの間違いない製品です。

マキタ

マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm BO3710
マキタ(makita) 仕上サンダ ペーパー寸法 93×228mm BO3710

¥ 13,608

口コミ

握り易くかつ力をかけ易い形状とバランス、集塵性能も満足できる領域でとっても気に入っています。

基本スペック
・バッド寸法:93×185mm
・ペーパー寸法:93×228mm
・回転数:11,000回転/分
・電源:単相100V
・電流:2A
・消費電力:190W
・質量:1.5kg

おすすめ世界のマキタ・プロ用に

電動工具といえば世界のマキタ、マキタのオービタルサンダーの中でもプロ用に入るオービタルサンダーですのでおすすめす。

特徴とおすすめポイント

・研磨力が高め
研磨力が高めでサンドペーパーの番手を荒くすれば薄い塗装も削れます。

・音が静か
音が静かで住宅街でDIYすることの多いユーザーにはうれしいところです。

・防水がしっかりしている
耐水ペーパーを濡らして使っても駆動部に水が入らないように止水構造(Oリング)がついています。

このようなものを求めている方には、おすすめです。

注意点

・集塵機能が少し弱い
集塵バッグの集塵機能が少し弱いのが残念なところです。細かい番手で使うと粉が舞ってしまうので、マスクとゴーグルは必須アイテムです。屋外で使う前提のプロ用といったところでしょう。

オービタルサンダーの使い方・活用方法

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

まずはじめにオービタルサンダーを使うと必ずコードが良く引っかかることがあります。多くのサンダー系はどれも皆そうですが、コードを肩にかけて作業を行うと引っかかりませんの、ぜひ参考にして下さい。

では、使い方やコツ、オービタルサンダーの研磨の使い方、サンドペーパーの取り付けを見ていきましょう。

オービタルサンダーの研磨の使い方

オービタルサンダーの使い方は、本体を両手で持って木材に押し当てて使います。早く作業しようと強く押し付けたくなる気持ちになりますが、逆効果です。オービタルサンダーはパッドに均とうに力がかかるように持つことが大切です。

オービタルサンダーをうまくい操るには、まるでワイシャツにアイロンがけのように動かし、全体的に研磨するようにしましょう。

オービタルサンダーの動かし方のポイント

おすすめな動かし方のポイントは以下のようになります。

・抑え方:振動で何処かへ行かないように抑え、若干下に力をかける程度で十分です。
・進め方:進めるときはまっすぐ進んで斜めに戻ってきます。
・目安は:ペーパーの幅の半分ずつ進んで行く感じです。

オービタルサンダーの使い方のコツ

オービタルサンダーは削りカスの排出が苦手なのでこの研磨痕がつきやすいです。ほとんど目立ちませんが塗装をした時によく目を凝らして見ると気になることがあります。キレイに研磨をしたのにこれでは気になってしまう方もいるでしょう。そんな時に、おすすめなコツです。

おすすめの使い方
オービタルサンダーを進行方向に対して少し斜めに使うこと
まっすぐ使った時と比べて、削りカスの排出が良くなるので研磨痕が付きにくくなります。研磨痕が気になる方には、おすすめです。

サンドペーパーの取り付け

サンドペーパーは消耗品です。オービタルサンダーはクランプで止めることができるので市販のサンドペーパーを自分で切って取り付けることが可能です。

また、集塵用の穴が開いているので同じ位置に穴を開けておいてください。穴を開けておくと交換時に手間を省くことができるのでおすすめです。専用のパンチプレートが別売りされているのでこれを使うのもおすすめで便利です。

オービタルサンダーのメンテナンス

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

オービタルサンダーはパッドが命ですので取り扱いに十分気をつけましょう。

オービタルサンダーは単純な構造ですがパッドの扱いには注意して下さい。パッドが密着することで平面の研磨をしています。このパッドを傷つけたり、変形しないように使って下さい。

おすすめなしまい方

取り扱い一つで長持ちもしますし、すぐに壊れたりもします。そして気になる研磨婚の原因にもなることでしょう。そこでおすすめなしまい方は以下のようになります。

・コードを巻くならグリップ
終うときに電源コードをぐるぐる巻きにするとどんなパッドの種類であれコードの跡が付いてしまいますのでコードを巻くならグリップの方にして下さい。

・パッドを解放
使い終わったらサンドペーパーを外してあげてください。パッドを解放してあげることと、集塵穴にゴミがたまらないように掃除をすることです。

このようなメンテナンス一つでオービタルサンダーは長持ちしますので、大切にしたい方には、ぜひおすすめをしています。

工具はしっかりとメンテナンスをしよう!

オービタルサンダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

おすすめなオービタルサンダーの紹介をしてきましtが、いかがでたしょうか。木工では、やすりがけは必ず必要な作業となります。これをサンダーですれば手作業と比較して楽になることなのでオービタルサンダーはおすすめです。

DIYでは、時間が足りなくなってしまい、この研磨作業まで手が回らなくなってしまうことが多いでしょう。そこでオービタルサンダーはやはりおすすめです。電動工具の中では比較的安いです。性能が良いマシンにも手が届きやすいので自分に合ったオービタルサンダーを見つけて下さい。

また、どれだけ高性能のオービタルサンダーを買ってもメンテナンスを怠れば、すぐ壊れてしまいます。安い、高いに限らず、しっりと自分の工具は手入れをしましょう。愛着が湧けばもっと、DIY や作業が楽しくなることでしょう。

Related