Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

ケイデンスセンサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

サイクリングは走行距離やスピードだけを測るだけでなく、ケイデンスセンサーを取り付けて回転数を計測すると、運動目的や走行方法の見直しや走行・運動目標ができるのでおすすめです。そこで、自転車走行をより一層楽しくするケイデンスセンサーのおすすめを紹介します。

ケイデンスセンサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ケイデンスセンサーの種類と選び方

ケイデンスセンサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

ケイデンスセンターとは、ロードバイクなどの1分間のクランク回数を計測する機械になります。自転車に乗ってペダルを回す速さを測定しRPM回転毎分で計測するセンサーです。

ケイデンスセンサーをノードバイクなどに付けることにより、心拍数と回転数を合わせたり、ケイデンスによりギアの調整をするタイミングを計ったりと、ロードバイクやスポーツバイクでのスポーツ走行の楽しさが倍増します。

ここでは、スポーツバイクをより一層楽しむため、ケイデンスセンサーの種類や選び方をご紹介しましょう。

ケイデンスセンサーの種類

ケイデンスセンサーは、大きく分けると有線タイプか無線タイプに分けることができます。有線式は、自転車の車輪付近やペダル付近に接続するので、配線がごちゃごちゃして邪魔な場合もありますが、計測は設置調整さえ完璧なら正確な数値を表すことができます。

今現在のケイデンスセンサーは無線式が主流となっていますが、無線式の場合は、設置そのものはマグネットや結束バントなどで設置するのみなので、見た目がスマートで邪魔になりません。ただ走行中に混線してしまう場合があり、計測が上手くいかないこともあります。

それで、現在販売されている無線式のほとんどは、スマホのブルートゥース機能で接続しスマホアプリを通じて計測するタイプです。単体販売のセンサーを購入し自分のスマホに専用のアプリをダウンロードして、専用計測器を設置することなくスマホで計測するものが主流となっています。

ケイデンスセンサーの選び方

ケイデンスセンサーは、やはり自分の目的に合ったタイプを選びましょう。例えば、本格的に計測器を自転車に設置してケイデンスを計測したい場合や、お手軽にスマホでケイデンスやサイクルコンピューターも含めて計測してみたい場合では用途が違います。

ケイデンスセンサーを選ぶ基準は、やはり、ただ単にサイクルコンピューターにあらわされる表示だけで楽しむのでなく、サイクリングを自分の目標数値で楽しむことが基準です。同じロードでも、運動能力にどの位負荷がかかっているのか、目標の数値に向けての走行方法をケイデンスで測定することができます。

ケイデンスセンサーおすすめ人気ランキングTOP3

ケイデンスセンサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

数多く販売されているケイデンスセンサーですが、人気があるおすすめケイデンスセンサーにはどんなものがあるのでしょう。またそのおすすめ人気の理由は何でしょう。

ここでは、おすすめの人気ケイデンスセンサーをランキング形式でご紹介するとともに、おすすめセンサーの人気の理由も提示していきます。

第3位「zmart ケイデンスセンサー」

zmart ケイデンスセンサー
zmart ケイデンスセンサー
口コミ

ローラー台専用のフラットバーロードに装着し「Runtastic Roadbike Pro」での動作を確認しました。問題なくペアリングでき、ケイデンスもスピードも計測できています。

価格もリーズナブルで高機能なケイデンスセンサーを探している方は、zmart ケイデンスセンサーがおすすめです。ケイデンスセンサーには、固定用結束バンドもセットになっているので、取付も簡単にでき初心者におすすめです。

Bluetooth4.0対応で低消費電力のワイヤレスが採用されている点や、スマホでバイクの速度やケイデンスを計測できる点もおすすめです。

約500時間の超ロング寿命であり、電池切れの交換をこまめにする必要もありません。また、専用のモニターを購入必要なくお持ちのスマホのアプリから接続できる点も、コストパフォーマンスに優れた製品として初心者におすすめなセンサーです。

第2位「GARMIN ケイデンスセンサー」

GARMINケイデンスセンサーセット
GARMINケイデンスセンサーセット
口コミ

並行輸入との事で…取説は日本語は無いだろう…と思っていましたが、日本語でも説明書きがありました。520jで使用していますが、接続も問題無く、反応も申し分有りません♪

優れたGPS機能とサイクルコンピューターでお馴染みガーミンのケイデンスセンサーは、サイクリングスポーツをしている人なら誰でも一度は耳にすることがあるおすすめ人気のブランドです。

初心者から熟練者まであらゆる使用者でも、不足なく利用できる高機能ハイパフォーマンスのケイデンスセンサーです。内蔵されるGセンサーが測定し、世界で利用されているGarmin Connectに対応しているため、スマホアプリとの連動にも優れたおすすめのケイデンスセンサーです。

第1位「iGPSPORT C61 ANT+」

iGPSPORT C61 ANT+ & Bluetooth
iGPSPORT C61 ANT+ & Bluetooth
口コミ

ペアリングも純正品と全く同じで簡単に使える様になりました。動作もOK。

Garmin edge500、Bryton自転車コンピューターなど連動して自転車のケイデンスを測定するケイデンスセンサーC61は、車輪のホイールハブに取り付けるため、ペダルなどに磁石などによる回数センサーを付ける必要がないので簡単に接続できる点がおすすめです。

Blutooth ANT+が搭載されているので、対応したサイクルコンピューターなどのスピード受診デバイスにケイデンス測定値を送信します。低消費電力のANT+で、260時間のバッテリー寿命があるパワフルさもおすすめな商品です。

特徴・用途別おすすめのケイデンスセンサー

ケイデンスセンサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

人気のあるケーデンスセンサーを見てまいりましたが、特徴別ではどんな種類のケイデンスセンサーがおすすめなのでしょう。もちろん使うユーザー側の用途によってもおすすめのケイデンスセンサーは違ってきます。ここでは、ケイデンスセンサーの特徴と用途別におすすめ商品をご紹介しましょう。

Bluetooth機能付きおすすめ

ケイデンスセンサーには、Bluetooth接続可能の商品が多く販売されています。Bluetooth接続は、主にスマートフォンのBluetooth機能で使用する場合が多く、ケイデンスセンサーとスマートフォンをBluetoothで接続し、その計測データをスマホでも共有して使用します。現在はBluetooth smartテクノロジーを採用している商品が多く、低消費電力なので長距離での測定にも適したおすすめ機能です。

Bluetoothで接続した情報はスマートフォンのアプリを通して保管したり比較したりできるので、今後の目標設定やトレーニング方法の決め方に役に立つおすすめ機能です。

キャットアイ ISC-12 Bluetooth

CAT EYE ISC-12Bluetooth SMART
CAT EYE ISC-12Bluetooth SMART

¥ 7,511

口コミ

ポラールV650に使用。ケイデンス、スピードと反応良し。お値段も安く。言う事無しです。また購入します。

サイクリングユーザーに人気のCATEYE製のケイデンスセンサーISC-12になります。Bluetooth Smart搭載で、サイクルコンピューターと合わせて使用します。サイクルコンピューターとISC-12のケイデンスセンサー、スマートフォンの連携作業ができるので、とても便利でおすすめな商品です。

マグネットおすすめ

ケイデンスセンサーは、自電車のチェーンステイに接続し、ペダルに付けたマグネットに反応することで、回転数を計測することができます。このマグネットタイプのカウンターがセットになって初めてケイデンスセンサーがカウントする仕組みになります。

マグネットとケイデンスセンサーがちゃんと合わないと、いくら漕いでもカウントしないなどの不具合がでることもあるので、設置は慎重に行うことをおすすめします。マグネットタイプのケイデンスセンサーには受け用のマグネットもセットになって販売されているので、基本的には安心です。ただ、自転車の付ける場所によっては形に合わない場合もあるので注意しましょう。

TNI クランクマグネット 8ミリ六角用6ミリ

TNI クランクマグネット
TNI クランクマグネット

¥ 994

口コミ

タイラップで留めるタイプのように見た目を悪くすることもなく、BONTRAGER製のようにゴムが千切れていつの間にかなくなることもなくていいです。

ケイデンスセンサーのカウント用マグネットです。カラーもあり個性的なおしゃれが楽しめます。8mmか6mmの六角ボルトを使用している軸の自転車に使用することができます。テープや固定器具を使用することなく、8mmか6mmのボトルにそのまま差し込んで固定できるのでとてもスマートな装着でおすすめです。

自分の自転車の軸と、ケーデンスセンサーの距離や角度から大きさを選ぶことができるので、サイズ違いに泣くなどという心配もなく、おすすめなマグネットです。

大画面サイクルコンピューターおすすめ

夜間走行など暗い環境でも、ケイデンスセンサーの計測データを即時に明るく大きな画面で確認できるサイクルコンピューターは、多くの自転車利用者がケイデンスセンサーと共に使用しています。ケイデンスセンサー自体では、その計測データを見ることはできず、サイクルコンピューターを介して見るか、もしくはサイクルコンピューターとスマホを接続して情報を得ます。

なお、ケイデンスセンサーをつけたら、なるべく同じメーカーのサイクルコンピューターを付けることがおすすめです。なぜなら違うメーカーだと認識しない場合もあるからです。

iGPSPORT iGS50E

高機能なケイデンスセンサー付きサイクルコンピューターを探しているならiGPSPORTのiGS50Eがおすすめです。使用方法も簡単でスイッチ1つで、ケイデンス、心拍数、距離、速度、温度、勾度、高度、カロリー、ラップなど13種類の情報がリアルタイムで確認できます。

Bluetooth4.0とスマホアプリの簡単接続や、ANT+の低消費電力ワイヤレスでのケイデンス測定も測定できるので使用しやすく、超大容量1200mAHの電池で40時間耐久性があり遠方へのバイクツーリングでもバッテリー切れの心配がなくおすすめです。

2年間のメーカー保証とiGSPORTの生涯サポートもおすすめな魅力の一つです。

iGPSPORT iGS50E
iGPSPORT iGS50E
口コミ

スイッチ類が表面手前に配置されているので走行中の操作性も楽で安全。様々な取付アッタッチメントと干渉する事もありません。視認性は太陽の下でも夜間はバックライトの自動点灯で良好です。

スマホタイプおすすめ

スマホでケイデンスの情報を受診したいという方は多いでしょう。スマホに情報を送ることができるケイデンスセンサーなら、自宅に帰ってゆっくり、情報をもとに運動計画を練ったり走行方法を考えることができます。

直接スマホが受信機となりデータを送る、もしくはサイクルコンピューターを通してスマホにデータを送ることができるので、データのやり取りや確認方法も簡単に操作できます。

POLARケイデンスセンサーBLE

POLARケイデンスセンサー
POLARケイデンスセンサー

¥ 6,264

POLARケイデンスセンサーは、原産国は中国ですが、デザインはフィンランドで、世界的に販売されるケイデンスセンサーです。ユニークなフォームは付けていても邪魔にならず、自転車と一体となる素敵なデザインでおすすめです。

Bluetooth Smartテクノロジー搭載なので、サイクルコンピューターを通してスマホと計測数値を共用できます。スマホ用のスポーツアプリと連携しケイデンス情報をより深く分析することができるおすすめ商品です。

iPhoneにおすすめ

iPhoneの画面に、そのままケイデンス情報を送ってリアルで楽しみたい方や、専用のモニターを設置するのが面倒な方は、iPhoneに直接データを送ってライブでケイデンス情報を受診するセンサーがおすすめです。

ハンドルにiPhone専用の台座を設置すれば、走行しながらケイデンステータをiPhoneで確認できます。また、ハンドルにケイデンスモニターやサイクルコンピューターやスマホなどをごちゃごちゃ付けずに、iPhoneのみでスマートに使用することができるおすすめ商品です。

Wahoo Blue ケイデンスセンサー

Wahoo Blue SCスピード
Wahoo Blue SCスピード

Wahoo Blueケイデンスセンサーは、iphoneに直接ケイデンス情報を送ることができます。Blutooth4.0やANT+を介して、iPhoneやアンドロイドなど他の受信装置に送ることができます。iPhone Appの専用wahoo fitnessは、無料で利用できる連携アプリで、Strave、MapMyRideなど、バイク愛好者の人気アプリが使用できます。

ゴムバンドと結束バンドが付属され、現在発売されている、ほとんどの自転車に接続することが可能な点もおすすめ理由の1つです。

2.4GHzでおすすめ CAT EYE

キャットアイ(CAT EYE) 2.4GHz
キャットアイ(CAT EYE) 2.4GHz
口コミ

新規でコンピューターを購入したときには コンピューターその物よりも、センサーの吊り下げ使用が出来るかどうかで、選びました。

自転車アクセサリーで、人気のキャットアイ製2.4GHZ無線通信規格のデジタルスピードケイデンスセンサーになります。

2.4GHzは通信速度になりますが、そもそも2.4HGzは壁などの障害物があっても電波を通しやすく、また対応機器が多いこともおすすめな理由になります。ただし、2.4GHzは通信速度が遅くなるデメリットもあります。

現在のスマホの多くは5.0GHzの通信速度を使用していることが多いので、使用の際には、自分のスマホと互換性が良いかどうかに注意が必要です。

おすすめケイデンスセンサーのメーカー3つ代表商品

ケイデンスセンサーのメーカーは、ネットなどで検索すると有名なものは大体絞られてくるでしょう。やはり、聞きなれないブランドでは、連動できるスマホアプリも使えなかったりと、不都合な機能が多くあるので、なるべくメジャーで良く名前を耳にするようなメーカー製のケイデンスセンサーを使用することをおすすめします。

ここでは、ケイデンスセンサーのおすすめなメーカーやブランドとその代表商品をご紹介しましょう。

LEZYNE

この頃よく耳にするケーデンスセンサーのメーカーの名前といえば、まずLEZYNEです。LEZYNEは、2007年にドイツで創設された自電車アクセサリーの会社が2015年にGPS部門に手を広げたメーカーです。軽量で使用しやすい商品は、世界中で注目商品となっています。

GPSの分野・LEDの分野と幅広く展開するLEZYNEは、現在では、アメリカを代表とする自転車付属品販売のおすすめ人気ブランドです。

LEZYNEケイデンス・スピード センサー

LEZYNE ケイデンス・スピード センサー
LEZYNE ケイデンス・スピード センサー

¥ 5,940

口コミ

本当は星五つでも良かったのですが、スピードセンサーが上向きでしか感知しませんでしたので…

LEZYNEのケイデンスセンサーは、スビートセンサーも合体したモデルです。GPSサイクルコンピューターと合体することで車輪とクランクから直接測定が可能なおすすめ最新ケイデンスセンサーです。

専用のLEZYNE GPSアプリや、ソフトを使用することができます。スマートフォン上でGPSアプリ接続しナビゲーションソフトをスマートフォンで作ったり、走行データのダウンロードもできる今注目のおすすめの商品です。

GAMIN

1989年にトランプ用テーブルを囲んだ技術者たちの話から始まったGAMINは、そのころから変わらず、お客様の生活を豊かにすることができる、ナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきた企業です。

サイクリング部門でも、そのGPS進化が上手くマッチングしたサイクルコンピューターや進路ごとのバイク用ナビゲーションの提供を行っています。自電車用コンピューター、自転車用アクセサリーなど、人気のある商品が多いおすすめブランドです。

GARMIN ガーミン Vector 3

GARMIN ガーミン Vector 3
GARMIN ガーミン Vector 3

¥ 138,240

口コミ

自身のペダリングを視覚的に確認でき、非常に分かりやすい上、トレーニング後にgarmin connectを使って挙動を360度で分析できます。

ペダルタイプの最新型ケイデンスセンサーになります。ペダルに付けることで、左右それぞれのパワーを測定でき、正確なワット数を計測できるおすすめの優れた商品です。

ペダルに取り付けるタイプなので、脱着も簡単でバイク間での付け替えも簡単に行えます。デバイスとの互換にも優れ、計測結果の分析なども行うことができます。スマホのEDGEアプリやEDGEサイクルコンピューターで、計測値の確認が手軽にできる最新おすすめ商品です。

CATEYE

自転車走行の安全と快適の向上を目的に、開発されたCATEYEの自転車アクセサリーやスポーツ用品です。日本国内ブランドの信頼性が、人気の1つでもあります。安心な日本製なのに、リーズナブルな価格設定で商品の種類も多いおすすめのブランドです。

CATEYEは、サイクロンコンピューターで培った技術を元に、PC、ハード、WEBサイトの三位一体で写真や動画や走行ルートを記憶し公開できる、新しいコミュニケーションツールを2011年に開発しました。さらにスマートフォンとサイクロンコンピューターをつなげる技術を2014年に開発。商品化に成功し、専用のアプリの開発も進んでいる注目メーカーです。

CATEYE CC-PA500B/ISC-12

CAT EYE PADRONE SMART CC-PA500B/ISC-12
CAT EYE PADRONE SMART CC-PA500B/ISC-12

¥ 17,170

口コミ

スピードケイデンスセンサー、心拍センサーともiPhone5sとスムーズに接続し、休憩の時iPhoneを離しても、自転車に戻ればまた自動で再接続されます。

CATEYEのサイクロンコンピューターと、ケイデンスセンサーのセットになります。ミラーモード機能でサイクロンコンピューターと連携し、GPSを使用してスマートフォンに受信できます。また、通話やメールなども、ミラーリンク機能によりサイクロンコンピューターに反映される便利な機能付きです。

Bluetooth Smart無線機能で低消費電力であり、ケイデンスセンサー本体は最高値や平均値も測定することができます。それほど高性能ありながらセット価格でもリーズナブルなおすすめ商品です。

ケイデンスセンサーの使い方・活用方法

ケイデンスセンサーの使い方や活用方法は、ケイデンスセンサーを付ける目的により多少の違いがあります。一般的に考えられる使い方として1番多いものは、やはりトレーニングのためです。

自分の普段の走行時の回転数は一般的な平均数値なのか。走り込み時はどの程度の回転を上げるのがベストの状態なのか。普段毎日走行するコースでも、目標の運動レベルにあげて走行したり、負荷をかけてトレーニング走行したりと、ただ単にペダルを漕いで走行するだけでなく、走っている動作そのものを楽しくする使い方ができます。

ケイデンスセンサーを付けて、自分なりの目標をセットしてサイクリングをより一層楽しみましょう。

取り付け方

ケイデンスセンサーの取り付け方は、一般的には、自電車後輪のチェーンステイ部分に結束バンドなどでセンサーを固定し、クランク側にマグネットを装着し、マグネットの接触回数を計測します。

マグネットの接続が上手く合わないと正確な計測ができない場合もあるので、取り付け方法は、各ケイデンスメーカーの説明どおりに取付けましょう。

現在は、左右のペダルそのものに取り付ける形状のタイプや、タイヤのホイールに接続するタイプなど、より一層の計測値の正確さを求められる商品がたくさんあります。取り付けやすいものも多く発売されているので、ぜひセルフセットしてみましょう。

ケイデンスセンサーでサイクリングを楽しもう

ケイデンスセンサーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

サイクリングを始めたころは、走行距離やスピードの計測が楽しくて仕方ないのですが、慣れてくると自分の走行している大体のスピードや距離なども感覚で分かってきてしまうので、サイクルコンピュータを見なくなってしまう方が多いです。

そんなマンネリ気味のサイクリングをもっと楽しくするために、ケイデンスセンサーを付けてみましょう。どの程度の回転数で走ると負荷を感じるのか、負荷のある状態でどの程度走行できるのかなど、いつもの同じコースでも毎回目標を変えて走行することで、サイクリングをより一層楽しむことができます。

マンネリ気味のサイクリングになったら、ケイデンスセンサーを付けて楽しいサイクリングにしましょう。

Related