Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月22日

ドローンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

この記事では、ドローンの人気機種ランキングTop3をご紹介いたします。ドローンの種類を知り、選ぶ時に知っておくべき情報も併せてお伝えします。ドローンは種類が豊富なので、選び方に迷った時など、機能は種類の物が搭載されているかなど、知っているだけで便利です。

ドローンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ドローンの種類と選び方

今や「ドローン」は、ネットや通販などで手軽に購入できます。しかし、どんなドローンが良いのか分からないという方もいるでしょう。

この記事では、その種類と選び方、おすすめの機種をご紹介します。たとえば、値段が高いドローンには「操作をサポートする機能」が搭載されているので、初心者でも簡単に飛ばせます。

しかし、制御が効かない時は、やはり自分で操作しなければなりません。初めは安価なドローンで練習しましょう。

ドローンの種類

ドローンの種類は、ローター数の違い、カメラの有無、FPVが可能かによって分けられます。

まずローターの数による種類には、一般的なところでは、トライコプター(ローターが3個)、クアッドコプター(ローターが4個)があり、他にはローターの数が6個、8個の物があります。

カメラの有無は空撮を希望するかによります。FPVは、撮影中の動画をスマホの画面などに映せる機能でおすすめです。

それぞれ目的別に選びましょう。

おすすめのFPVの可能な機種の例

HS100
HS100
口コミ

飛ばすのも難しいかと思いましたが、ボタン一つで離陸・着陸するので何の不安も無かったです。 大変良い買い物をさせて頂きました。

この機種は、送信機のボタンから指を離すと即、上空でホバリングするので便利です。慌てずに次の操作に移れるので、安心して飛ばせます。離着陸もボタンを押すだけの簡単設定なので、初心者の方にも使いやすいでしょう。

FPV機能は良好で画質も良く、GPSが付いているので、カメラの角度をリモートコントロールできるところが魅力です。空撮をしたい方には、特におすすめです。

おすすめドローンの選び方

ドローンは、目的によって使うべき機種が変わります。

空撮が目的の方は、カメラのついた物を選びましょう。ただし、静止画か動画かでも選択肢は変わってきますので、その時の「操作性」は必ず確認しましょう。特に、操縦しながら撮影を行う場合は「操作性」が重要になります。

操縦そのものを楽しみたい方には「ラジコンタイプ」がおすすめです。操縦と空撮、両方楽しみたい方は、「自律飛行タイプ」を選ぶと良いでしょう。

ドローンおすすめ人気ランキングTOP3

ここからは、おすすめドローンをご紹介いたします。ドローンが初めての人向けから、本格志向の人向けまでの人気ランキングを見て行きましょう。

必要な機能がセットになっているものは、ドローンを始める方には特におすすめです。現在の自分の力量に合わせて機種を選ぶことが大切です。

もちろん、練習用にサポート機能の少ないリーズナブルな機種を選ぶ方法もおすすめです。

3位:トイドローンのTello

トイドローンのTello
トイドローンのTello
口コミ

まだほんの数フライトですが、ゾクゾクする物欲を満足させる体験でした。 最初からコントローラで操縦なので体感的にも本当に満足しています。

「トイドローン」は、初めての方におすすめの機種です。機体の重量が80gですので、航空法の規制の対象外となります。

いわゆる「空撮ドローン」よりも扱いやすく、風力の弱い屋外や、少し広めの部屋の中でも楽しめるので、初心者でも安心して使えます。

さらにプログラミングにも対応しており、自分で設定した「飛行プログラム」で飛ばすことができます。 プログラミングの練習をしたい方には、技量を試せるのでおすすめです。

2位:Tello Boostコンボ

Tello Boostコンボ
Tello Boostコンボ
口コミ

初心者にも使いやすい。 ビデオ品質と安定性は、この価格帯の他の無人機と比較してはるかに優れています。

Tello Boostコンボは、トイドローン「Tello」とバッテリーやバッテリーハブなどが一つのパッケージになっている「スターターキット」です。

1回タップするだけの簡単操作で、自動離陸と自動着陸が可能です。バッテリー残量を警告する「ローバッテリー保護機能」も搭載されています。

接続が切れても安全に着陸ができる「フェールセーフ保護機能」など、機械を安全にサポートする機能が満載のおすすめのキットです。

1位:Mavic Air

Mavic Air
Mavic Air
口コミ

コンパクトで高性能,この一言に尽きます。 飛行の安定性や動画の画質など、申し分ないです。

「Mavic Air」はスマホサイズというコンパクトさを誇る、本格的な空撮が可能となったモデルです。小さいので場所を取りません。Mavicシリーズの技術を引き継いだMavic Airは、高度な飛行性能と機能性を備えた「携帯性」を実現した1位に相応しいおすすめのドローンです。

ブレのない4K映像が撮影可能で、超高画質での動画撮影が可能ですので、綺麗な映像が得られますので撮り方にこだわる方におすすめです。

特徴・用途別ドローン

ドローンは、何のために使うかによって機種が限定されますので、目的別に用途を決めて選ぶ必要があります。

自分達を映したいのであれば「自撮りドローン」、風景を撮りたい場合は、動画や写真の質に妥協しない「高度なカメラを搭載したドローン」など、色々なシーンに合わせて機体を購入しましょう。

次からは、特徴・用途別ドローンについて具体的な例を挙げて行きます。ぜひ、ドローン購入のための参考にして下さい。

手軽に自撮りができる

Dobby
Dobby
口コミ

テレビやネットに出ている通り、操作も簡単でとても良い商品でした。

「Dobby」はiPhone6レベルのカメラを搭載しているため、質の高い「空撮の静止画」を確実に撮ることができます。セルフィー撮影にも適しており、折りたたむこともできるので「ポケット」に入れることができます。

室内でも安定してホバーリングでき、室外の多少の風でもフライト可能なので、家でもお子さんとのフライトを楽しめます。

音声や手ぶりによる簡単操作に加え、手ぶれ補正技術も搭載のおすすめの機種です。

高画質で撮影できる

Mavic Pro
Mavic Pro
口コミ

前のマビックが更に良くなって大変満足です。 買って損はないかと(

DJI社の「Mavic Pro」はとても有名なドローンで、飛行性能・撮影能力ともに優れた性能を持ちます。

4K動画に対応しているドローンなら、このDJI「Mavic Pro」を買えばまず間違いありません。飛行性能も安定していて、高画質な撮影に十分対応できます。

また、「Mavic Pro」は安全性能も優れていて、「ビジョンセンサー」で障害物を回避することが可能です。高画質の撮影にはおすすめの機種です。

操作のしやすさ

PHANTOM 3
PHANTOM 3
口コミ

日本で、初心者が個人で利用するには若干ハードルが高い商品です。

世界的に有名なDJIが販売する「PHANTOM 3」は、操作の簡単さが魅力で、初心者にはおすすめです。自動フライトアシスト機能が搭載されているので、ドローンが遠くへ行ってしまった時でも、ボタンを押せば「ドローン」を自動的に帰還させることができます。

「オートパイロット機能」を搭載しており、自動的に離陸操作を行うまでは、その場でホバリングを続けてくれるのでおすすめです。

カメラの性能

DJI SPARK
DJI SPARK
口コミ

初めてのドローン! 操作性、画質もとても良く初心者にはベストマッチだと思いますしとても楽しい機体です。

DJI SPARKの特徴は、「フルHDの動画が撮影」ができるDJI最小のドローンだということです。コンパクトデジカメを搭載したドローンと言えるでしょう。

動画のブレや揺れを最小限にして、スムーズな撮影をすることができるジンバルで、非常に安定した動画の撮影を行うことが可能です。操作は基本的にスマートフォンで行いますが、自動航行もできます。

操作方法も非常に簡単なので、画質にこだわる方にはおすすめです。

初心者向け

RC EYE One Xtreme
RC EYE One Xtreme
口コミ

ちょうどいい大きさのクワッドです。

RC EYE One Xtremeはドローンメーカーとして有名なHitecが販売している安定性の高いドローンです。3つのフライトモードを切り替えられる点で初心者におすすめです。

ビギナー、スポーツ、エキスパートと、運動性能を変えることができます。始めはビギナーで練習し、慣れてきたらスポーツ、最後はエキスパートと、難易度を上げることができる所もおすすめのポイントです。

ドローンの形状と機能と操作方法

ここではドローンの形状、機能、操作方法を簡単に説明しましょう。

形状には、回転翼で飛行するタイプの「回転翼機」、ランディング距離が長い「固定翼機」などがあります。機能には、自機の位置を把握する「GPS機能」、スマートフォンを観ながら操縦する「FPV機能」などがあります。

また、操縦方法には、「ラジコンタイプ」や「自律飛行タイプ」があります。その中から、目的用途に合ったドローンを選ぶようにしましょう。

ドローンは機能を理解して購入しよう

ドローンの種類は多種多様です。その種類の豊富さは、時としてどんなドローンを選んでいいかよく分からなくさせる一因にもなります。

まずは使用目的をはっきりとさせ、ドローンの種類や機能、飛ばせる条件などについての理解を深めてから購入しましょう。

ドローンについての知識があれば、いざという時のトラブルなどにも柔軟に対応することができます。何事も事前の入念な準備が大切です。

ドローンをしっかりと理解し、思う存分楽しんで下さい。

Related