Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月13日

テープのりおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

手を汚さずに簡単にノリ付けができるテープのりは、オフィスでも家庭でも活躍してくれるおすすめの文具です。そこで今回はおすすめのテープのりをランキング形式や特徴別、メーカー別にレビューと合わせてたくさん紹介していくので、ぜひテープのり選びの参考にしてください。

テープのりおすすめ人気ランキングTOP3・種類と選び方

テープのりの種類と選び方

テープのりはさっと引くだけでノリ付けができて、オフィスでも家庭でも一つあるととても便利な文具グッズです。また張り直しができるものや、剥がせるタイプのテープのりも多く販売されています。そこで今回はおすすめのテープのりを、特徴別や用途別にたくさん紹介していきます。ぜひテープのり選びの参考にして下さい。

テープのりの種類

スタンダードタイプ

コクヨ ドットライナー 強接着タイプ
コクヨ ドットライナー 強接着タイプ

¥ 411

口コミ

他社製品だと使用後にのり部分の切れ味が悪かったけど、こちらはしっかり切れて使いやすいです。粘着も強くて満足してます。

ノリ付けしたい部分に添ってスーっと引くだけで簡単にノリ付けができます。封筒などのノリ付けにはとても便利です。別途詰め替え用が販売されているものも多いので、コスパ面で見ても詰め替え可能なものがおすすめです。幅や長さも種類が豊富にあるので、用途に合わせて選ぶことができます。

ホールドタイプ

コクヨ ドットライナーホールド
コクヨ ドットライナーホールド

¥ 540

口コミ

これは便利!ノリのはみ出す心配もしなくていい!これ一つで他のノリも必要ないきがします。

紙を挟んでノリ付けできるタイプです。手でもってノリ付けができるので場所を選ばず使うことができます。また挟み込んでノリ付けできるので、紙の端まできれいにノリをつけることができます。

スタンプタイプ

ニチバン はんこのり
ニチバン はんこのり
口コミ

会社用に利用してたが自宅用にも購入。封筒に封をする時に糊だと手や机が汚れるがこれだと下紙も用意しなくても良く大変便利です。

はんこのようにポンとスタンプするだけで、ノリ付けできるタイプです。切手や領収書やメモなどのノリ付けに便利です。また家計簿などのレシート貼りなど使い方によって多くの場面で活躍してくれるおすすめのタイプです。

コンパクト

コクヨ ドットライナー プチプラス
コクヨ ドットライナー プチプラス

¥ 227

持ち運びにも便利なコンパクトサイズのテープのりも多くの種類が販売されています。コクヨの「プチプラス」は本体サイズW56mm×H30mmととてもコンパクトな手のひらサイズのテープのりです。場所を選ばず持ち運びにも便利な携帯しやすいタイプです。しかし使い切りタイプなので詰め替え用は販売されていません。

スティックタイプ

キャンパス ドットライナースティック
キャンパス ドットライナースティック

スティックタイプで持ちやすく、コンパクトサイズなのでこちらも収納に便利なペンケースなどにもすっきり納まるタイプです。「ドットライナースティック」はヘッドが回転式なので丸い紙のノリ付けにも便利で、貼って1分以内なら貼り直しもできるおすすめのテープのりです。

テープのりの選び方

粘着力・テープ幅

テープのりは強粘着タイプと弱粘着タイプ、また強粘着ですが貼り直しができるタイプがあります。封筒貼りなどでは強粘着タイプの剥がれづらいものがおすすめです。またテープ幅も各種類販売されているので、封筒のサイズに合わせて大封筒でしたらテープ幅の広いものを、小封筒でしたらテープ幅の狭いものがおすすめです。

弱粘着のものは貼ったり剥がしたりが簡単にできるので、ちょっとしたメモなど付箋替わりに使用することもできます。また強粘着のものでも1分以内なら貼り直しOKなどのタイプもあり、このタイプですとちょっとしたずれも調整できるので貼るスペースが決められているときなどはおすすめのタイプです。

詰め替え・テープ長さ

テープのりは別途詰め替えテープが販売されている詰め替え可能なものもあるので、コスパ面でも詰め替え可能のタイプがおすすめです、また種類によってテープの長さも異なります。頻繁にテープのりを使用する場合はテープの長さが長いものの方が詰め替えの手間も省けるのでおすすめです。

テープのりおすすめ人気ランキングTOP3

ランキング3位:「プラス ノリノプロ」

プラス ノリノプロ「強力に貼れる」
プラス ノリノプロ「強力に貼れる」
口コミ

ノリも強力で簡単には剥がれそうにありません。 封筒の糊付け、という点においては十分合格点ですね。

プラスの「ノリノプロ・強力に貼れる」は機能性も高く、粘着力も強いおすすめのテープのりです。22mのたっぷり使えるロングタイプで、粘着力も強いので厚手の封筒もしっかりと貼ることができるおすすめのテープのりです。またクリーンローラーを搭載していて、のりカスはローラーがきれいにしてくれるのでヘッドは常に綺麗な状態に保つことができます。

ワンプッシュでキャップが直ぐに開く便利な機能もついていて、「はしピタ」スイッチを押すとぴったりと真っすぐにノリ付けができのりのはみだしを防いでくれる機能も付いています。さらにパワーギアも搭載していてテープのたるみを防ぐ構造になっています。

写真の「強力に貼れる」タイプのほかに、「しっかり貼れる」「キレイにはがせる」の種類があるので、用途に合わせて選ぶことができるおすすめのテープのりです。詰め替え用も販売されているので長く活用することができます。【テープサイズ】長さ22m×幅8.4mm

ランキング2位:「100均」

各100均メーカーでも、色々な種類のテープのりが販売されています。100均のテープのりは100円で手軽に試せるという点で、人気が高くなります。しかし粘着力が弱かったり、テープ長さが短かったり、詰め替えができないものも多くなるので、初めてテープのりを試してみたい方や、家庭用に1つ取り揃えておくのには価格もリーズナブルでおすすめですが、大量に使うオフィスでの作業などにはテープ長さが短いものが多くなるので、かえって費用が掛かってしまうこともあります。

頻繁にテープのりを使う場合は文具メーカーから販売されているものの方が、どうしても機能性も高く、100均のものに比べるとテープも長く詰め替えもできるものが多いのでコスパ面でもおすすめです。

ランキング1位:「コクヨ ドットライナー」

ドットライナー 強接着タイプ
ドットライナー 強接着タイプ

¥ 411

口コミ

使いやすい 良くある途中切れが半分くらい使ったけど 全く無くしっかり貼ることが出来る

コクヨの「ドットライナー」シリーズは、どのタイプも高い人気でおすすめのテープのりです。いろいろなテープのりを試して「ドットライナー」が一番使いやすかったという方も多く、手芸用などに愛用している方も多くいます。

先端がローラーになっていて軽く簡単にきれいにノリを貼ることができます。のりはドット形状なのでノリの糸引きもなく、ムラなく均一にのりを引くことができておすすめです。

特徴・用途別おすすめのテープのり

詰め替えタイプ

コクヨ ドットライナー ロング
コクヨ ドットライナー ロング

¥ 648

口コミ

手で握った感じは、持ちやすく、先端を紙に押し付けて滑らせるだけで、気持ち良く糊を付けることができます。大変便利です。

詰め替え可能なテープのりもたくさん販売されていますが、できれば詰め替えの手間はできるだけ省きたいという方におすすめなのが、コクヨの「ドットライナー ロング 」です。テープ長さは各テープのりによって異なりますが短いものだと直ぐに買い替えや詰め替えが必要になります。

この「ドットライナー ロング 」はテープの長さが36mととても長くなりますので、わずらわしい詰め替えの手間も少なくてすみます。また詰め替え可能で詰め替え用テープも同じく36mありますのでおすすめです。【テープ寸法(幅×長さ)】 10mm×36m・強粘着タイプ

はがせる

トンボ鉛筆 ピット タックC
トンボ鉛筆 ピット タックC

¥ 270

口コミ

性能はいいし、値段も高くないし、現時点では買ってよかったと思っています。

剥がせるタイプのテープのりは、付箋替わりに使用したり資料の切り貼りにも便利なタイプでおすすめです。しかし剥がせるテープのりの場合、弱粘着のタイプが多く粘着力が弱いというデメリットもありましたが、トンボ鉛筆の「ピットタックC」は、従来のタイプの3倍の粘着力があるので「剥がせる」けど「はがれにくい」おすすめのテープのりです。

手振れ補正機能も付いているので、ノリ付けしたい部分にピタッとノリ付けができて、持ちやすい形状で簡単にノリ付けすることができます。またフルカバーキャップもついているので携帯用のもおすすめです。(テープ幅:8.4mm、容量:7m)

強力

トンボ鉛筆 ピットパワーD
トンボ鉛筆 ピットパワーD
口コミ

全く説明通り、予想通りの商品で、何の問題もありません。使い勝手も良く、納得です。

封筒などのノリ付けの場合粘着力が弱いテープのりでは、開封してしまわないか心配になってしまいますがトンボ鉛筆の「ピットパワーD」は、1.5倍ののり厚で接着力は約20%UPしているとても粘着力の強いテープのりなので、厚手の封筒なども一塗りでしっかりと閉じることができるおすすめのテープのりです。

のりが常に先端まで送られる「ピタシステム」機能も付いているので、塗りたい部分からしっかりとノリ付けができるおすすめのテープのりです。(テープ幅:8.4mm、容量:16m)

かわいい

テープのりはかわいいデザインのものも多く販売されていますが、接着が弱すぎたり、直ぐにはがれてしまってはテープのり本来の役割が果たされません。しかし機能性の高いテープのりでデザインも豊富にそろっているおすすめのものも多くありますので、何点か紹介していきます。

コクヨ  限定 ドットライナー てんとう虫
コクヨ 限定 ドットライナー てんとう虫

¥ 475

ランキング1位で紹介した「ドットライナー」でもかわいいデザインのものが多く販売されています。写真の「てんとう虫」のほかにも「ハーブ」「青い鳥」「クローバー」「てい鉄」など限定デザインのものが多く販売されています。

コクヨ ドットライナーコンパクト ハート柄
コクヨ ドットライナーコンパクト ハート柄

¥ 324

口コミ

詰め替え用テープを使えばランニングコストは半減するが、それでも高い。  しかい、一度使ったら、病み付きになる。

こちらも同じ「ドットライナー」ですが、のり面がハート型の模様のテープのりです。貼ったら見えなくなってしまうのり面ですが、毎回使うのを楽しくしてくれるおすすめのテープのりです。同じシリーズでスター柄も販売されています。

コンパクト・小さい

コクヨ ドットライナー プチプラス
コクヨ ドットライナー プチプラス

¥ 227

超ミニサイズのペンケースにもすっきり納まるコンパクトなサイズです。サイズはコンパクトですが、テープ長さは10mあるのでたっぷり使えるおすすめのテープのりです。またフルカバーのキャップ付きなので、ペンケーズなどに入れてもテープ汚れもありません。

強粘着で幅も7㎜あるのでピンポイントでしっかり貼ることができます。(使い切りタイプ)

値段別おすすめのテープのり

400円

コクヨ ドットライナーノック
コクヨ ドットライナーノック

¥ 377

口コミ

小さくて持ち運びに便利! とても使いやすくて気に入ってます

簡単に開閉ができるノック式のテープのりです。スリムなペン型でフルカバーキャップなので、ペンケースやペン立てにもすっきり納まるおすすめのテープのりです。また詰め替え可能なので経済的です。

●テープ寸法(幅・長さ)7.0mm ・ 8m●メーカー希望小売価格:(税抜)350円●強粘着

500円

コクヨ ドットライナー 強接着タイプ
コクヨ ドットライナー 強接着タイプ

¥ 411

口コミ

使いやすく、持ち運びも便利で、詰め替えもあるのでとてもいいと思います。

ランキングでも1位に紹介した「ドットライナー 強接着タイプ」はとても人気の高いおすすめのテープのりです。テープの長さも16mあり強粘着でしっかりノリ付けができるので、オフィスでも多くの方が愛用しているおすすめのテープのりです。

●テープ寸法(幅・長さ)8.4mm・16m●メーカー希望小売価格:(税抜)400円●強粘着

700円

ゼネラル PITATA32
ゼネラル PITATA32

¥ 648

口コミ

大きめの文房具屋さんでも販売していないマイナーな商品かもしれませんが、使い心地は、どれよりも優れていると思います。一度使ったら、病みつきです。

ゼネラルはリユーストナーカートリッジ事業を中心に展開している会社です。ゼネラルの「PITATA32」は何といってもテープ長さ32mとたっぷり使えるコスパの高さが人気のおすすめのテープのりです。

ワンタッチキャップで開閉も簡単で、詰め替えタイプなので経済的にもおすすめのテープのりです。●サイズ:10mm幅×32m巻●定価(税抜)本体:¥600

おすすめのテープのりのメーカー・ブランド3つと代表製品

コクヨ

コクヨで販売されているおすすめのテープのりは、ランキングでも1位に上げた「ドットライナー」シリーズです。累計販売数9000万個を突破している超ヒット商品で、はみ出しや糸引き、ムラがないので簡単に気持ちよくノリを引くことができるおすすめのシリーズです。全11種類と種類も豊富で用途に合わせて選ぶこともできておすすめです。

ドットライナー スタンダード

タ-DM400-08
タ-DM400-08

¥ 411

口コミ

使いやすさも接着力も申し分なし。ゲル状のノリのように乾燥後によれることもない

ランキング1位でも紹介したしっかり貼れる強粘着タイプと貼って剥がせる弱粘着タイプの2種類があります。どちらもメーカー希望小売価格:400円税抜でテープ寸法は(幅・長さ):8.4mm・16mです。別途詰め替え用テープも販売されています。

お試しモデル(強粘着タイプ)で長さ半分の8mサイズも販売しているので(メーカー希望小売価格:210円税抜●テープ寸法(幅・長さ):8.4mm・8m)まずは使い心地を試してみたい方におすすめです。

スタンダードタイプの本体カラーがブルーか透明は強粘着タイプ、イエローは弱粘着タイプになります。

ドットライナーワイド

タ-DM400-20
タ-DM400-20

¥ 702

口コミ

こんな便利な物、もっと早く知っておくべきだったと思うのが唯一の残念な点です。

広い面のノリ付けに適しているのが「ドットライナー ワイド」です。スタンダードはのり幅16㎜ですが、ワイドはのり幅が20㎜と広いので、大型封筒などのノリ付けにもおすすめのタイプです。別途詰め替え用テープも販売されています。(強粘着タイプ、メーカー希望小売価格:650円(税抜)、テープ寸法(幅・長さ):20mm・16m)

ドットライナー コンパクト

タ-DM4500-08B
タ-DM4500-08B

¥ 313

強粘着タイプのドットライナーでコンパクトサイズです。外寸法/W77mm×D21mm×H35mmと本体はとてもコンパクトですが、しっかり11m巻きで別途詰め替え用も販売されています。

1分間は張り直しOKの「プリント用」と貼って剥がせるタイプの3種類があり、コンパクトなので持ち運びにも便利なおすすめのタイプです。

さらに小さい超ミニサイズの「ドットライナープチプラス」(テープ寸法: (幅・長さ)7mm・10m)も販売されています。

ドットライナーホールド

DM4200-08
DM4200-08

¥ 540

口コミ

会社で使ってます。4こまとめて買って、替えのテープも買って、チームのメンバーで使ってますが、とても評判いいです。

本体に紙を挟んでスライドするタイプのテープのりです。手に持ったままノリ付けができるので机や手が汚れずに使えるおすすめのタイプです。大量のノリ付けをするときにも端まできれいにノリ付けができておすすめです。別途詰め替え用テープも販売されています。

カチカチと握ってワンポイントのノリ付けもできて、スタンダードタイプと同じように卓上に置いて引いて使うこともできます。テープ寸法(幅・長さ):8.4mm・16m

プラス

ノリノプロ しっかり貼れる
ノリノプロ しっかり貼れる

プラスは事務家具から文具用品まで幅広く扱っている文具メーカーです。プラスで扱っているテープのりは機能性の高い「ノリノプロ」、粘着力の強い「ノリノハイパー」、コンパクトな「ノリノポッド」、テープ幅が選べる「ノリノ」、廃棄部分を減らしたエコ仕様の「テープグルーエコ」、ロングテープの「スピンエコ」などがあります。

「ノリノプロ・しっかり貼れる」はランキング3位で紹介した「ノリノプロ・強力に貼れる」と同しりシリーズのテープのりでドットタイプのロングテープ(22m)で、のり切れが良く使いやすいタイプでおすすめです(テープ幅:8.4mm)

ニチバン

tenori イチオシ
tenori イチオシ

¥ 291

ニチバンは「セロテープ」など日常で使う色々なテープ材を製造、販売しているメーカーです。ニチバンではスタンプタイプの「tenori イチオシ」や「tenori ハンコのり」、しっかり正確に貼れる「正確テープのり tenori」、押しても引いても使える「テープスタンパー テープのりDS」などが販売されています。

「tenori イチオシ」はポンと押すだけで、しっかりノリ付けができる手間のいらないスタンプタイプのおすすめのテープのりです。強粘着タイプでしっかり貼れてコンパクトなサイズですがスタンプ500回使用できます。ガイド付きなので狙った場所にピタリのノリ付けすることができます。(サイズ(mm×m):6×3.5)

おすすめのテープのりの使い方・活用方法

テープのりは、オフィスでも自宅でも多くの場面で活躍してくれる便利グッズです。オフィスでしたら封筒貼りや領収書貼りなど、大量のノリ付けには手間もかからずすばやくノリ付けができますし、剥がれるテープのりだったら付箋として活用することもできます。

また自宅でもスクラップブックづくりや手芸のりとして活用している方もいます。また学生の方でしたら配られたプリントや資料をさっとノートに貼り付けることもできます。また粘着力の強いテープのりでしたら、厚紙やプラスチックなどの貼り付けもできます。スタンプタイプのテープのりは切手の貼り付けや、ピンポイントを1か所とめるときなどにおすすめです。

他にもノック式などスリムなテープのりでしたらペン立てやペンケースにもすっきり納まりますし、のり面にかわいい柄が付いたものでしたらノリ付け作業も楽しくできます。

おすすめのテープのりで作業効率アップ

いかがでしたでしょうか?たくさんのおすすめのテープのりを紹介してきましたが気に入ったテープのりは見つかりましたか?

テープのりはさっと簡単にノリ付けができて、オフィスでの大量のノリ付けなどには作業効率もアップしてくれるとても便利な文具グッズです。また貼って剥がせるタイプでしたらふせんとしても活用することもできますのでとてもコスパの高い文具です。いろいろな種類のテープのりが販売されていますが粘着力やテープ幅、テープ長さを確認してぜひ用途に合ったお気に入りのテープのりを見つけて下さい。

Related