Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月10日

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

イラストを描く他に漫画を描くこともできる「CLIPSTUDIOPAINT」には、クリスタユーザーが制作したペンなどが多く登録されています。おすすめのペンや用途別のブラシ、クリスタユーザーならばチェックしておきたい、おすすめペン情報の検索方法などを紹介します。

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

おすすめのクリスタのペンの入手方法

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

CLIP STUDIO PAINT(通称クリスタ)のペンは、ソフトがリリースされてから現在まで、徐々にユーザーが作成したペンが増えて行き、数え切れないほどの数がダウンロード可能になっています。

種類が豊富な分、自分の好みや希望するものも見つけられやすい反面、どれがおすすめであったり、人気であるかが分かりづらいこともあるでしょう。無料のものから有料のものまで、個人で試すには豊富すぎるほどのラインナップです。

まずは、クリスタのペンが主にどこで入手ができるかや注意点、それからおすすめペンの紹介に入って行きます。クリスタのペンのダウンロードは、どこからダウンロードするにしても、クリスタ本体をインストールしていることが前提なので、まずは公式サイトで体験版などをインストールしておきましょう。

CLIP STUDIO ASSETSから入手

CLIP STUDIO ASSETSは、クリスタの公式であるセルシスが公開する、ユーザーが作成したペンやテクスチャ、3Dモデルなどがダウンロードできるページです。ネット検索でも、クリスタとともにインストールされる「CLIP STUDIO」の左側のメニューの「素材をさがす」ボタンからでもアクセスできます。

公式からダウンロードする場合は、「CLIP STUDIO」からインストールすることをおすすめします。その理由のひとつは、CLIP STUDIO経由でダウンロードすると、ダウンロード後にクリスタを起動すると、クリスタの素材ウィンドウの「ダウンロードタブ」にダウンロードした素材があるので、パレットへの登録が簡単です。

事前に、クリスタのアカウントを取得し、CLIP STUDIOにログインしている必要があるので、忘れずにログインをしましょう。

BOOTHから入手

クリスタのペンのダウンロードは、CLIP STUDIO ASSETSが一番おすすめですが、他のサイトなどでも、ユーザーが作成したペンなどのダウンロードができるサイトがあります。そのひとつが、pixivの運営するユーザーの制作したグッズなどを購入できる「BOOTH」というサイトです。

主にこちらでは有料の素材が多いのですが、CLIP STUDIO ASSETSに無い素材も見つかることがまれにあるので、併せて検索することをおすすめします。こちらは、一度パソコンへダウンロードし解凍した後に、ペンなどのデータファイルを任意のパレットウインドウにドラッグ・アンド・ドロップすることで、インストールが可能です。

こちらのBOOTHを利用する場合は、pixivのIDを紐つけることが前提となっていますので、ダウンロードや購入をする際は事前に、pixivのアカウントを取得しておいてください。

クリスタのペンの種類と選び方

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

クリスタのペンはとても豊富にあります。まずは、どのような種類のペンがあるかを確認してから、おすすめのペンをチェックしてみましょう。

クリスタのペンの種類

一口にクリスタのペンと言っても、その種類はいくつかあります。アナログで絵を描く際に下書きを鉛筆で、ペン入れはインクペンで、色塗りは水彩で、と言うことと同じように、デジタルでもペンは使い分けて絵を描きます。

鉛筆ペンはその名のとおり、鉛筆で書いたサラサラとした筆跡の線が引けるペンです。中にはデッサンのように、鉛筆で黒く塗りつぶしたように描くことができるペンもあります。

ペン入れをしたり、漫画を描く際は線画ペンや、Gペンなどと言った漫画用ペンを再現したペンがおすすめです。この種類のペンはとても種類が多く、作り手さんのこだわりのあるペンがたくさんあります。

色を塗る際は、水彩ペンやマーカーペン、油絵風などといった色を塗ることに特化したペンを使いましょう。最近では、アナログと見紛うクオリティで描けるペンが多くあります。

クリスタのペンの選び方

おすすめのクリスタのペンの選び方は、まず、自分の好みの描き味で描けるかどうかが最大のポイントになります。たとえば、漫画を描くためのペン一つにしても、ものによってはアナログタッチで描けることを重視したもの、軽さやシャープさを求めたものなど、一つの種類でもさまざまな特徴を持ったペンがあります。

色を塗るペンでも、オーソドックスなデジタル風、水彩風、油絵風など、描きたい画風で選ぶブラシも大きく変わってきますが、おすすめのものや人気のものが自分に必ずしもぴったりであるとは限りません。

最低限自分が希望する描き味のものを見つけるというのはとても大変で、好みの物を見つけるまで何十種類ものペンを試し書きしている人もいます。最終的には、ダウンロードしたペンの設定を自分好みで設定して使うことを強くおすすめします。

また、背景を書いたり装飾品を描くペンも持っていると便利でおすすめです。

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

主にCLIP STUDIO ASSETSのTOPページにて紹介されている「定番イラスト用」から人気のあるペンからブラシカテゴリのみを抜粋して、ランキングにしました。

ランキング3位:「Gラスペン」

ページの説明書にかかれているとおり、ガラスペンとGペンの特徴を併せ持ったタイプのブラシです。実際に描いてみるとわかりますが、描き始めに(場合によっては描き終わりも)インク溜まりのような感じが表現されているブラシで、ペンを動かす速度でもカスレが出たりするので、非常にアナログで書いた感覚に仕上がります。

アナログ感覚に仕上がることと、製作者様が「マンガ原稿用に作ったもの」と、明記していることもあり、マンガ制作におすすめできる人気のペンです。実際にGラスペンは、多くの方がおすすめペンに取り上げることが多いペンで、そのアナログ的表現の評価が高いです。

マンガ原稿の他にも、イラストのペン入れ、らくがき、書き文字などにも違和感なく使えるペンで、さまざまな用途で使えておすすめです。また、姉妹ブラシでらくがき向けに特化させた「Gラスペン(Air)」もあります。

ランキング2位:「シャープ水彩のばし」

塗ったブラシの色を、きれいに馴染ませるために使用するのが、「のばしツール」です。デフォルトでものばしツールは入っていますが、ぼんやりとぼける雰囲気で、少し人によっては物足りない感じがあることでしょう。

絵柄によってはもっとカリッとしたように伸ばしたいときもあります。この「シャープ水彩のばし」は、通常の、のばしツールよりもフチがボケにくくなっていて、先端はきれいにぼかす感じで、絵具をのばしてくれるツールです。

人物を描く場合、肌などはきれいに伸ばしたりぼかしたりしたように描いても良いのですが、髪や服といった、本来のシャープな線を残しながら、先端だけきれいに伸ばすような塗り方の際に大きく効果を発揮する人気の伸ばしツールです。

ランキング1位:「やわ肌ブラシ」

説明書きを見ると、女の子の肌のような柔らかい感じを出して塗る時に使うことを意識して、作られたカラー塗り用のペンです。もちろん、女の子の肌以外にも使用することができるので、このブラシ1本での塗りもおすすめできます。

実際に使用してみると、筆圧をかけないと、ほわほわとした柔らかい薄いストロークで色が乗り、筆圧をかけるとパキッとした濃い線が引けます。混色は柔らかく混ざりあうので、ブラシの名前どおり、やわ肌と言った柔らかさを表現する物に向いた質感を再現できます。

前述したように女の子の肌以外も塗り方で対応できるので、このブラシだけの塗りも全く問題ありません。先程のシャープ水彩伸ばしと併用すれば、またさらに表現の幅が増えていくので、おすすめですし、初心者さんにも扱いやすい、塗りブラシツールです。

特徴・用途別おすすめのクリスタのペン

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

漫画

漫画などでペン入れをする時に、なかなかうまく描けずに、嫌になってしまうという経験がある方も多少はいるのではないでしょうか。クリスタに限らず、アナログでもそうですが、クセのある漫画ペンは上手に描けないと、少しだけ苦になってしまいがちです。

このアナログ風線画ペンは、名前のとおりアナログタッチで線画が描けるペンで、筆圧も程よく付き、かすれ方も、なかなかうまく再現されたペンです。クリスタのペンはアナログ風のペンが多く公開されていますが、その中でもこのペンは特に強いクセもなく、動作も軽く、サラサラとペン入れが可能です。

作者様のコメントを見ると、「苦手なペン入れれが少しでも楽しくなるように」ということが書かれているように、実際に使用して描いてみると、動きが軽く、自分の思い通りのタッチや、ストロークで線が引けるので、とても楽しいです。

線画が苦手な人にこそおすすめしたい、アナログタッチのGペンです。

線画

カラーイラストを描く際に、ペン入れをする場合に、漫画用のペンだと少しパキッとしすぎた印象になり、絵が浮いてしまいがちになる、という経験はありますか。クリスタを始め、CGでのカラーイラストの場合、水彩風などの塗りの場合、ぱきっとした線よりも少し、柔らかめのほうが絵に馴染みます。

滑らか線画ペンは線を引いてもデジタル特有のかくかくした線がつかず、非常に滑らかな線が引けます。筆圧は軽めでもしっかりとした線が引けるので、筆圧が弱めな人にはとくにおすすめをしたい線画ペンです。

なめらかな線になっているので、水彩や、厚塗りタッチで色を乗せても、線画が独立して目立ってしまうということもなく、しっかりと馴染むので、カラーイラストを描く際の線画用ペンとしておすすめをします。

筆圧もしっかりと付きます。

ふちどり

漫画やイラスト全てにおいて、髪の毛を描くというのは、とても難しく、慣れないと綺麗な髪が描けずに苦労します。とくにロングヘアの場合はなびく髪や、髪のボリューム感を再現するのはとても大変な作業です。

クリスタの性能を活用して作られたペンは意外に多く、Twitterなどで密やかにおすすめされていたりしますが、この髪を描くペンもおすすめペンの一つとして、人気があります。見た目は中身がないふちどりのみの線が引けるペンですが、太さを変えるなどして描き足して行くと、髪の毛が簡単に描くことができます。

髪の毛すべてをこのペンのみで描くのはさすがに大変ですので、基本の形は自分で描き、その後にこの線画ペンで髪の毛を描き足す方法がおすすめです。あっという間に簡単に髪の毛が描けてしまうので、髪の毛が苦手という人でも楽しく描けるので、おすすめします。

筆圧

クリスタには、筆や漫画ペンのように筆圧で太さを自在に変えられるペンは多く存在します。漫画用のペンなら筆圧で線に強弱をつけ、線画にメリハリを付けてくれるので、アナログの漫画のようなタッチも簡単につけられますし、筆ブラシなら、お習字がデジタルでできてしまいます。

この「べちょ筆」は、見た目はガサガサとしたストロークが描ける筆ツールで、説明書きどおり、筆圧を変えるだけで極端に太い線が引ける仕様になっています。ですので、サンプルのように、一部を太くして線を引き、残りをサラっと書いてみると、味のある文字になります。

このような書き文字を書くのに適したブラシも、クリスタの素材の中では多く、それぞれを文字の雰囲気によって使い分けるなどをして書くと、漫画の中で使用するオノマトペなども、バリエーションが増え、楽しくなるのでおすすめです。

太さ別おすすめのクリスタのペン設定

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

クリスタで絵や漫画を描く時、自分好みのタッチが出すことができるペンはとても重要ですが、もうひとつ重要なポイントはペンの太さです。せっかくのかわいいイラストも、太すぎる線で描いてしまっては少しばかり残念な線画になってしまいます。

わかりやすいのは、ペンやキャンバスサイズを示す単位をmmに変えておくと、どれくらいの線で引いているかが、感覚でわかりやすくなるのでおすすめです。クリスタの場合、環境設定の「定規・単位」のメニューから単位を変更できるようになっています。

ペンの太さは解像度で大きく左右されるので、さまざまな太さのペンでキャンバス上に線を引いてみることをおすすめします。また、表示メニューの「印刷サイズ」の項目は、クリックするとプリンタで出力した際の100%の大きさで表示されるので、検討をつけやすいです。

クリスタのペンと合わせて使いたいおすすめの代表製品

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

左手デバイス

クリスタの機能はどのように操作していますか。メニューボタンを押して、選択している方もいることでしょう。キーボードにショートカットが割り振られているので、それを上手く活用している方もいます。

しかしそれ以上にあると便利な製品が、この「左手デバイス」という製品です。例えばこの「TAB-MATE CONTROLLER」は、クリスタを使用する事を想定し、左手にコントローラーを持ち、クリスタを操作している時に任意の場所を押すとショートカットキーの役割を果たしてくれる、便利なツールです。

登録できるショートカットは64種類で、ユーザーの好みで設定を割り振ることが可能です。クリスタ向けに作られた製品なので、相性もよく、おすすめの製品です。

しかし、現在は新たなバージョンのデバイスを公式が製作中で、冬には発売するという情報があります。新型機はBluetoothで無線接続ができるので、今から買うなら、新型を待つことをおすすめします。

クリスタのペンにおすすめのペンタブ

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

クリスタで絵を描くときはペンタブを用いれば、紙とペンのようにパソコン上でも筆圧を利用して線を引いたり、色を塗ることができるようになります。ペンタブは大きく分けて、板タイプのペンタブと、液晶タイプのペンタブがあります。

今回は、クリスタとも相性の良い、ワコム製品の代表的な製品を、板タブと、液タブから紹介します。どちらもおすすめの商品なので、予算とお好みで購入することをおすすめします。

板ペンタブ

Wacom Intuos Smallベーシック ブラック
Wacom Intuos Smallベーシック ブラック

板ペンタブのおすすめポイントは、とてもリーズナブルな製品なので、初心者さんを始め、誰にでもおすすめできる操作のしやすさと、扱いやすさにあります。

このIntuos Drawは、安いながら筆圧検知の数字も、クリスタを始め、さまざまなお絵かきソフトで使用する際にも問題のないレベルの性能ですので、気軽なお絵かきから本格的なマンガまで、何でもこなせます。

クリスタで使用する場合は、右上と左上についている4つのスイッチをショートカットキーとして登録できるので、よく使う機能を登録しておけば、作業効率も大きく挙がるので非常におすすめです。

周辺機器でペンタブを無線化できるキットも販売されているので、机をすっきりさせたい方には購入をおすすめします。

液晶ペンタブ

Cintiq 13HD
Cintiq 13HD

¥ 88,560

口コミ

確かに直接描くわけだし思った所に線が引ける! 線を描き直すストレスが減り最高です。

Cintiq 13HDは液晶タブレットの効果なイメージを大きく覆す、ワコム製品では狙い目のおすすめ液晶タブレットです。長く液晶タブレットは非常に高価な製品で、手を出すにはためらいがちな値段設定でしたが、Cintiq 13HDは、Amazonにて7万円台で購入可能です。

液晶タブレットは画面に直接ペンで描くことができるので、独特な板タブレットの操作とは違い、快適で、作業効率も大幅に上がるというメリットがあり、できることならお絵かきは液晶タブレットをおすすめしたいです。

また、ワコムの公式ストアでは限定セットとして、Cintiq 13HDとクリスタEX(1年ライセンス版)がセットで購入可能になります。まだクリスタの製品版を持っていない場合は、個別で買うよりも非常にお買い得なので、おすすめの商品です。

クリスタと液晶タブレットの相性は非常に良いので、強くおすすめします。

Twitterでハッシュタグ「#オススメペン」をチェック

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

また、クリスタのペンについて知りたい場合は、クリスタユーザーさんのツイッターアカウントを覗くことをおすすめします。1人で操作をしているだけだと気付きにくい性能がクリスタには多く存在します。

特にハッシュタグの「#オススメペン」は検索してみると、クリスタユーザーの方が画像で自分のおすすめのクリスタのペンをタグ付きで紹介しているので、どのようなペンが人気であるかなどがわかるので、非常に参考になります。

製作者さんに感謝を忘れずに

クリスタのペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

クリスタは豊富な機能と、ブラシの数で今やメジャーになりつつあるペイントツールです。水彩から油絵風、鉛筆画など、ブラシを変えればどのような表現のタッチも簡単にできてしまうのが魅力的です。

これらのサイトや、情報を頼りに、おすすめのペンを参考に、自分好みのブラシを見つけて、自分の好みの最適な作業環境を作り上げて、楽しいお絵かきライフ、マンガ制作ライフを送っていきましょう。

また、ダウンロード可能な多くのブラシは、製作者さんが苦労して制作したブラシです。作ってくださったことに感謝することも、忘れないようにしましょう。

Related