Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月11日

簿記に使う電卓おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

簿記のために使うアイテムで欠かせないものが電卓です。人気のあるおすすめの電卓をランキング形式でご紹介します。電卓の性能や特徴の他に、簿記などでおすすめの使い方や活用方法なども併せてご紹介します。簿記に欠かせないおすすめ電卓を購入する時の参考にしてください。

簿記に使う電卓おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

簿記に使う電卓の種類と選び方

簿記に使う電卓といっても種類はさまざまあります。日常的に使っている電卓は簿記の勉強や試験に使っても良いのかと疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。もちろん商業用の計算におすすめの電卓はありますが、普段使っているものでも簿記用に使える電卓はたくさんあります。

機能の面や計算効率を考えると商業計算に特化したタイプの電卓がおすすめですが、自分の手に馴染んでいる打ち込みやすさなども簿記の試験などには必要になっていくでしょう。

簿記の試験会場に持ち込めるタイプの電卓や持ち込めないタイプの電卓などもあるため、簿記用の電卓にはどのようなものがあり、どのようなものを選んだらよいのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方のために、今回はおすすめの簿記用電卓の種類や選び方をご紹介します。

簿記で使う電卓の種類

簿記の検定試験だけではなく、会計士や税理士といったような経理を主とする試験などに欠かせないおすすめのアイテムといえば電卓です。電卓は家にひとつくらいはあるのではないかと思われるほどさまざまなタイプの電卓がたくさんのメーカーから発売されています。

簿記の試験勉強の時におすすめなだけではなく、電卓は試験会場にも持ち込めるため、普段から使い慣れている打ちやすいものを選ぶことがおすすめです。自分に合ったお気に入りの電卓を使って簿記の勉強や試験をストレスなくできるようにしましょう。

ここでは電卓の種類をご紹介します。普段自分が使っている電卓はどの種類の電卓なのか知ることで、今後の使い方や選び方の参考にしてみて下さい。

高性能電卓

通常の電卓機能といえば、四則演算や百分率などのように日常生活で使う機能がほとんどですが、高性能電卓はその通常の電卓機能の他に、他の分野に特化した機能がある電卓の事を言います。

関数計算ができる電卓もありますし、金融電卓と呼ばれる金利の計算に特化した電卓もあります。これらを総称して高性能電卓と呼んでいます。しかし、このような高性能電卓は簿記の試験会場に持ち込むことができないためおすすめできません。

事務用電卓

事務用の電卓は経理事務などをしている方におすすめの電卓です。事務計算は桁数が大きくなるものが多く、普通に使っている電卓よりも億単位などの大きい数字を打ちやすいようなキーがあることも特徴のひとつです。キーの配列や大きさなども打ちやすさやわかりやすさを考えられているため、簿記の勉強をする時などにおすすめの電卓になります。

普通電卓

普通電卓とは一般的に売られていてよく目にするような電卓のことをいいます。機能の面でも四則演算が主で、普段使う事のないような機能はついていませんが、日常的に計算をするだけであれば簡単で分かりやすくおすすめの電卓です。

メーカーや機種によっては簿記におすすめの桁数の大きい普通電卓もありますので、普段自分が使っている電卓が使いやすければ簿記試験にも活用することができます。簿記の試験会場で急に使えなくなってしまった電卓の代わりに、万が一に備えてもう一台として持っていく場合にもおすすめです。

テンキー電卓

テンキー電卓とは一般的な電卓にパソコンとの接続機能がついている電卓のことを指して使う言葉です。

パソコンにつなげることが目的の電卓ですが普通の電卓と同じように使えますし、簿記の試験などにも持ち込むこともできます。しかし、あまり機能に関しては特に一般的な電卓と変わらないので簿記試験や勉強にはおすすめはしません。パソコン作業などが多い方にはおすすめの電卓です。

関数電卓

試験に持ち込むことのできない高性能電卓である関数電卓は、一般的な電卓とは形状も計算式の表示などもまるで違います。科学や工学、数学といった理数系の計算をするための電卓で、三角関数の計算をするための「sin」「cos」「tan」などのキーの他に指数や対数などのキーも機能として組み込まれています。

簿記の試験で使うことができない多機能電卓ですので、おすすめできません。

プログラム電卓

プログラム電卓とは関数電卓のように多機能の電卓になります。関数電卓にプラスしてプログラミング機能を兼ね備えています。自動的にプログラムされた計算を行うことができるので複雑な計算もすぐに行うことができますが、関数電卓と同じく簿記試験には持ち込むことができないので注意が必要です。

サイズ

電卓にはカードサイズのものからB5サイズの大きめのものまでさまざまあります。打ちやすく使いやすい電卓を選ぶことが簿記の勉強や試験などにおすすめです。

簿記で使う電卓の選び方

簿記の勉強や試験においておすすめの電卓を選ぶ時にはどのような事に気を付けると良いのでしょうか。サイズや入力の仕方、桁数など選ぶ時のおすすめポイントをご紹介します。基本的に注意が必要なところやおすすめポイントを知って選ぶ時に迷わないように考えておきましょう。

電卓のサイズ

簿記におすすめの電卓にはサイズがさまざまあります。カードサイズの電卓は持ち運びが便利ですが、キーの入力作業に間違いが生じてしまう可能性もあります。その他にも液晶画面が読みにくいなどあるので簿記試験にはおすすめできません。

同じように手のひらサイズの電卓もおすすめできず、大きいものであればB5サイズの電卓などもありますが、使いやすくて持ち運びが便利な邪魔にならない程度に大きめのサイズの電卓がおすすめです。

桁数

簿記の計算では億単位の計算をすることもあります。そのような場合桁数が足りないと計算できるものもできなくなってしまいます。そのため、簿記の勉強や試験などでも使えるように電卓の桁数は12桁のものを用意する事をおすすめします。

電卓を全くさわったことのない方や練習用に使いたい場合は10桁でも良いのですが、簿記の試験の際にはなるべく12桁の電卓をもっていくことがおすすめです。

GT機能・メモリ機能付き

GT機能とはグランドトータル機能とも呼びます。このようなGT機能を使うことによって計算が格段に速くなりますので多くの問題を計算するような簿記の試験ではおすすめ機能です。メモリ機能も同じように計算を速くするためには欠かせない機能です。このようなGT機能やメモリ機能が組み込まれた電卓を選びましょう。

早打ち機能付き

早打ち機能とはキーロールオーバーと呼ばれる機能で、指をキーから離さないうちに次のキーを打つことができる機能のことをいいます。2つのキーを入力できるタイプの他に3つや4つまで入力できるタイプの電卓もありますが、簿記の試験では2つのキーを入力できるタイプがおすすめです。

簿記用の電卓には標準的についているおすすめ機能ですが、低価格の電卓の場合、このような機能がついてない事もありますので気をつけましょう。

サイレント機能付き

入力の時にサイレント機能がついている電卓もおすすめです。サイレント機能は電卓を打つときの音を軽減してくれるもので、簿記の試験を受ける時などに周りに配慮することができるので、音がうるさいと感じた時におすすめ機能です。

00または000キーがある電卓

「00」キーや「000」キーがついている電卓は大きい桁の数字を入れる時に便利でおすすめな機能です。簿記の勉強をしている場合、大きな数字を入力する機会は増えていきます。

電卓によっては単位の名前がついたキーがついているものなどもあり、自分で使い勝手が良いと感じるものを選ぶと良いでしょう。補助キーのようなものがある事で、簿記の計算がグッと早くなります。

安定感

簿記の勉強をしていくことで、電卓の早打ちができるようになっていきます。そのような場合におすすめなのは安定感のある重さの電卓です。安定感のある電卓であれば、叩くスピードが速くなってしまっても、ガタガタと動くこともなく入力ミスなどが起こりにくくなります。

電卓の底などに滑り止め用のゴムがついているアイテムもズレにくいのでおすすめです。

電池

内臓電池だけでは不安という方におすすめな電卓は太陽電池でも動く電卓になります。もしもの時を想定して電卓を選ぶことも大切なポイントです。簿記の試験中に電卓の電池が無くなってしまった、という事にならないように太陽電池も付いている電卓を選ぶと良いでしょう。

簿記試験ではもっていけない電卓もある

印刷機能や音が出てしまう電卓、プログラム電卓や関数電卓、辞書機能や記憶機能付きの電卓は簿記の試験会場に持ち込むことができません。自分で使っている電卓がそうではないことを確認することをおすすめします。

簿記で使う電卓おすすめの人気ランキングTOP3

簿記の試験だけではなく、経理事務や会計士や税理士などの仕事には欠かせない電卓の人気ランキングをご紹介します。

どれを使っても同じだと考えている方には、ぜひ簿記用におすすめの電卓を知って機能を試してみると良いでしょう。各メーカーが競ってデザインや打ちやすさを開発している電卓をランキング形式でご紹介します。

一度買えば10年以上使うことができるといわれている電卓。自分に合ったお気に入りの電卓を探してみましょう。

簿記で使う電卓おすすめ人気ランキング第3位「カシオ」

カシオ本格実務電卓 日数&時間・税計算デスクタイプDS‐20DB‐N
カシオ本格実務電卓 日数&時間・税計算デスクタイプDS‐20DB‐N

¥ 11,232

口コミ

事務職でもなく、経理関連の業務に就いている訳でもなく、ただ自宅用に使用するのにここまでの機能やクオリティは必要ないとは思います。

早打ち対応で3キーロールオーバー機能付きの電卓になります。消費財の税込や税の計算などが行えることはもちろんですが、税率も自由に設定することができるのでおすすめです。時間の四則計算などもすることができ、日数計算や時給計算などに便利な電卓です。

太陽電池で動いていますが、光が遮られていても内蔵されている電池が計算内容を保護してくれるように作られています。

簿記で使う電卓おすすめ人気ランキング第2位「キャノン」

12桁電卓HS-1220TUG SOB
12桁電卓HS-1220TUG SOB

¥ 2,700

口コミ

表示も見やすく 操作性も良いですね。価格も妥当。 バックライトがあればとても便利だと思いますが当然暗いところでの 操作は不可能です。

千万単位のキーが付いているため、大きな数字を入力する時に便利な日本人向けの電卓です。文字サイズも特大ディスプレイで見やすくなり、入力傾斜キーと呼ばれる方法を採用しているため、キーの端部分を押したとしても垂直にキー入力ができる安定構造になっているため、素早くキー入力をしたい方におすすめです。

簿記で使う電卓おすすめ人気ランキング第1位「シャープ」

実務電卓ナイスサイズタイプEL-N942X
実務電卓ナイスサイズタイプEL-N942X

¥ 5,122

口コミ

見た目、質感、サイズもいいです。 ビジネスや試験などで使用するにも問題なく使用できると思います。

使いやすさと見やすさを極めた実務電卓です。1秒間に20回も入力できる高速早打ちを実現した素早い操作感は快適に電卓を使うことができます。キーの形状も打ちやすくなっているため、素早い入力をサポートしてくれます。

操作効率を高めるために、電卓の底面には大型の滑り止めが付いていますし、キーがすり減っても文字が消えにくく作られています。操作の時の音を軽減するための静音構造になっているので静かにキーを打つことができます。

特徴・用途別の簿記で使うおすすめ電卓

簿記で使う電卓にはどのような特徴やおすすめポイントがあるのかを用途別にご紹介します。おすすめの電卓には低価格で購入しやすい電卓や左手でも打ちやすい電卓などもあり、それぞれの電卓の特徴をふまえて、ご紹介する電卓を自分でお気に入りのアイテムを選ぶ時の参考にしてみて下さい。

もし持っている電卓が簿記の勉強に向いていないとわかった場合には、用途によって自分のための電卓を選ぶことをおすすめします。

安いおすすめ電卓

シャープセミデスクトップタイプEL-S452-X
シャープセミデスクトップタイプEL-S452-X

¥ 1,980

口コミ

やっぱり電卓はシャープが良いです。 こちらの電卓は、液晶の部分が角度をつけられます。それが、かなり見やすい。キータッチも軽いし、いい感じで使っています

数字が見やすい表示角度にすることができる電卓です。低価格なため買い求めやすいのでおすすめです。滑り止めのゴムも電卓の底面についており、鏡面仕上げの高級感のあるスリムデザインのきれいな電卓になります。

表面部を保護するためのアクリル表示パネルは見やすい造りになっています。税込み税抜き計算も簡単にできる税計算機能や税率設定も付いているので楽に税計算をすることができるのでおすすめです。

可愛いおすすめ電卓

カシオ電卓ジャストタイプ12桁JF-Z200RD-N
カシオ電卓ジャストタイプ12桁JF-Z200RD-N
口コミ

時間計算機能付きのものが欲しかったので、評判の良いJF-120GT-Nを購入しようとしましたが、同じ物を持っているスタッフが数名いるので、目立っていて間違われないよう購入しました。

12桁の電卓で税計算はもちろん時間の四則計算やメモリー機能、パーセント計算などもできるので勤務時間の計算や時給の計算などが楽に行うことができます。太陽電池を採用したデザインで、もしも光が遮られてしまっても補助電池が計算内容を保護してくれるので安心できます。

12桁

シャープ電卓12桁(ナイスサイズタイプ)EL-N802-SX
シャープ電卓12桁(ナイスサイズタイプ)EL-N802-SX

¥ 2,551

口コミ

簿記の勉強をしています。 初心者なので、どんな電卓がいいのかも判らなくてネットで定番とあった シャープの「EL-G37」を購入。5000円くらいでした。

デスクにシンプルでおしゃれな電卓を使いたい場合にもおすすめの12桁電卓です。簿記用のおすすめ電卓といえば、ほとんどが12桁ですが「シャープ電卓12桁(ナイスサイズタイプ)EL-N802-SX」はスタイリッシュなデザインでどのような場所にもフィットしてくれます。

サイズも手軽で税計算や2キーロールオーバーで早打ちなどにも対応しています。アンサーチェックと呼ばれる1回前の答えを自動で照合してくれる機能も付いています。どの演算を押したかもわかりやすく機能の面でも充実した電卓です。

左手用おすすめ電卓

カシオスタンダード電卓 時間・税計算ミニジャストサイズMW-12GT-N
カシオスタンダード電卓 時間・税計算ミニジャストサイズMW-12GT-N

¥ 1,523

口コミ

以前はキャノン製を使用していましたが、簿記の試験を受けるに当たりこの機種に買い替えました。

基本的にペンを持つ方とは逆の方で電卓を打てる方が計算が早く、答えを記入する場合にも便利です。左手用に電卓を購入する場合、打ちやすいのが「カシオのMW-12GT-N」です。

持ち込み可能なおすすめ電卓

カシオ12桁JS-20WK-PK
カシオ12桁JS-20WK-PK

¥ 13,824

口コミ

仕事で使用している電卓が壊れたので購入しました。 操作スピードにしっかりついてこれる電卓なので非常に満足しています。

エレガントカラーの本格実務電卓です。ピンクなどのカラーで持ち込むことで、他人と間違う事もなく便利です。検算機能が付いているので同じ計算を入力しながら確認と訂正をしてくれる電卓になります。

日商簿記検定試験おすすめの電卓のメーカー3つと代表製品

3キーロールオーバーのできるカシオや人気の高いシャープ、楽にはじめることのできるキャノンなどの電卓は、簿記の電卓として優れた機能を持っているアイテムばかりですが、他にも簿記を勉強することができ、試験にも使える電卓のメーカーがあるのでご紹介します。

無印良品

無印良品 12桁電卓
無印良品 12桁電卓
口コミ

液晶部分が安い物を使ているみたで斜めから見るとダブって見える。

シンプルなデザインでさまざまな人に人気のある無印良品にも12桁電卓があります。価格も買い求めやすく簿記の勉強をはじめやすい電卓です。

アスカ

アスカ 12桁電卓C1221S
アスカ 12桁電卓C1221S

¥ 2,138

口コミ

この電卓は関数電卓のように計算式が表示されるため、キーの打ち間違いに気づくことができます。

計算式の表示機能やかっこの計算機能、部分訂正機能なども付いたアスカの12桁電卓は早打ちにも対応しており、メモリーキーや「00」キーなども付いているので簿記の試験にもおすすめの電卓です。

ナカバヤシ

ナカバヤシ 電卓12桁防水タイプ
ナカバヤシ 電卓12桁防水タイプ

生活防水の機能が付いているナカバヤシの電卓です。税計算の早打ちにも対応しているため日商簿記試験などの勉強におすすめの電卓です。重量も177グラムでガタガタとならないように滑り止めが付いています。

簿記で使う電卓の使い方・活用方法

ビジネスシーンや自身の勉強などにも使われる電卓ですが、簿記で使う時の使い方や活用方法にはどのようなものがあるのでしょうか。電卓の機能を紹介するとともに、使い方も考えながら電卓の活用方法を考えましょう。

メモリー機能

「M+」や「M-」「MRC」キーはメモリー機能の「M」のことをいいます。メモリープラスとなっているものは電卓に表示されている数字をメモリーに足していきます。

逆にメモリーマイナスは電卓に表示された数字をメモリーから引くことになります。「MRC」はメモリー機能にメモリーされた内容を呼び出したりクリアにする時に使うキーです。

GT機能

GT機能とはグランドトータル機能ともいい、計算した内容を集計してくれます。電卓の「=」キーを押すことで電卓の中に計算された答えが集計されていきます。

定数計算・かけ算と割り算

定数とは決まった数の事を言います。決まった数を何度もかけ算していくのは疲れます。

実はもっと簡単に、同じ数字を電卓に打ち込まなくても計算できます。それは簿記用の電卓には大抵ついている機能で、かける数が同じ数字で何度も答えにかけていかなければいけない場合、打ち方を変えることによって簡単に定数計算ができるようになります。

これは割り算も同様でメーカーによって打ち方が違いますが、覚えておくと便利な機能ですので説明書を読んでから試してみましょう。

簿記試験にはおすすめの電卓で挑戦しよう

いかがでしたでしょうか。今回は簿記に必要なおすすめ電卓をご紹介いたしました。サイズやコストパフォーマンスの面でも電卓の種類はさまざまあります。決して高性能の電卓だけがおすすめなのではなく、自分が使いやすくてお気に入りの電卓でも簿記に使用することができます。

最低限の機能でも自分が使いやすい電卓を普段から使うことで、手に馴染むようになり、より正確に速く電卓を打てるようになります。使用感なども試してみるなどしてお気に入りの電卓をみつけて楽しく作業に取り組みましょう。

Related