Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月20日

文具おすすめ人気ランキングTOP5・口コミ・種類と選び方

皆さんは、お気に入りの文具がありますか?使いやすい文具は仕事や私生活の良き相棒になってくれます。今回はおすすめの文具や文具店、おすすめの使い方の紹介をします。普段、パソコンを使いこなして仕事をしている皆さん。アナログな文具もぜひ良いものを使ってください。

文具おすすめ人気ランキングTOP5・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

文具の種類と選び方は?

文具おすすめ人気ランキングTOP5・口コミ・種類と選び方

使い勝手のいい文具が手元にあると、気分が良くて仕事もサクサク進むように思いませんか。また、書き心地の悪いボールペンなどを使ったりすると、イライラしてしまうこともあるでしょう。そんな文具の種類と、選び方の提案をします。

文具の種類はどれくらいあるの?

文具には、たくさんの種類があります。自分のバッグの中を見ても、手帳、ボールペン、シャープペンシル、修正テープ、消しゴム、ファイル、ペンケース、付箋などたくさんの文具が入っていませんか。

アマゾンのサイトを見てみると筆記具の種類だけでも、チョーク、ダーマトグラフ、クレヨン、消しゴム・修正用品、マーカー・蛍光ペン、鉛筆削り、鉛筆・シャープペン、ペン、製図用品の9つのカテゴリーに分けられています。

ハサミやカッター、ノートにファイル、事務用品も考えると膨大な種類の文具があります。多数の文具の中から「どうやって自分に合った文具を選べばいいか」おすすめの文具と選び方をご覧ください。

文具の選び方は?

1.おすすめの文具店
日本各地に「ここに行けば、お気に入り文房具が必ず見つかる」という品揃え豊富なお店がたくさんあります。そのTop5を選んでみました。

2.おすすめの商品
長く愛されている文具には、使う人のことがよく考えられているものが数多あります。新しい文具は、日常生活の困ったことを解決してくれます。特徴・用途別におすすめの商品を紹介しましょう。

3.おすすめのメーカー
職人の手作業を活かして、長く同じ文房具を作り続ける会社。「こんなものがあったらいいな」という私達の思いを新しい文具として生み出してくれる、メーカーがたくさんあります。そんな文具メーカーとその会社のおすすめ文具を解説します。

これから紹介する「おすすめの文具店」「おすすめの商品」「おすすめのメーカー」の3点をぜひ、文具選びの参考にしてください。

文具店おすすめ人気ランキングTOP5はこちら!

ランキング5位:ダイソー

第5位のおすすめ店は「ダイソー」です。皆さんご存知の100円ショップです。食べ物や掃除道具、食器などたくさんの種類の商品があります。文具や事務用品も数多くそろっています。最近はデザインもシンプルで使いやすいもの、かわいいものがたくさん増えました。

ダイソーには「100円なのに、こんなものまで買えるのか」という商品が目白押しです。コンパスカッターや電動消しゴム、丸と三角が描けるテンプレートなど、デザイナーでないと使わないような専門的な文具が108円で買えてしまいます。最近は、針なしホチキスも店頭にありました。「ダイソー恐るべし」です。

かわいいイラストの付箋は、あえてダイソーで選びたくなります。欲しい文具にメーカーの指定がなければ、まず「ダイソー」に行くこともおすすめします。

ランキング4位:ロフト

第4位のおすすめ店は、黄色地に黒字のロゴマークでお馴染みの「ロフト」です。文房具や雑貨をはじめにコスメ用品や家具も販売しています。「一日いても飽きない」と言う人もいます。

一つのフロアを見て疲れたらロフトの中でお昼やお茶をして、また別のフロアに行ったり、たくさんの商品を見たり、手に取ることが可能です。文具や雑貨のコーナーには、高級なものから、発売されたばかりのもの、おすすめのものがたくさんあります。

「この筆記具が欲しい」と決まっている人も。「仕事で使える、便利な文具はないかな?」と悩んでいる人も、まずロフトへ行くといいでしょう。幅広いニーズに応えてくれます。

ランキング3位:無印良品

第3位は「無印良品」です。シンプルな文具を探すのならば、無印良品がおすすめです。「文具はトータルで揃えたい」「ごちゃごちゃとしたデザインは嫌だ」「ブランドなんて関係ない」という人におすすめの文具が揃っています。

クラフトペーパーが表紙のノートや、白が基調の収納など基本を無印良品で揃えると、たくさんの書類や文具にすっきりとした印象を持たせることが可能です。

無印良品の店舗は、47都道府県にすべてあります。文具は、コンビニのファミリーマートでも購入できます。文具の統一感を大切にしたい方、散らかりやすいデスク回りを落ち着いた印象にしたい方は、無印良品がおすすめです。

ランキング2位:コストコ

第2位は「コストコ」です。コストコというと、ジャンボリーな食品や業務用の商品が安く買えることが、まず頭に浮かびませんか。コストコは、アメリカ風のポップでカラフルな文具も人気です。

店内には、海外の製品ばかりでなく日本製の文具も並んでいます。とにかく色が豊富です。折り紙は20色(1200枚)、ハサミは刃先もカラーも全部違って18種類で1セット、ボールペンは10色12本で1セットとなります。

値段もお手頃なので、色数が多いとうれしいカラーペンなどのセットを購入したいときや同じ文具を大量に買いたいときにおすすめです。

ランキング1位:伊東屋

第1位は「伊東屋」です。建築やデザインを仕事にしている人なら、必ず行ったことがあるでしょう。ビジネスマンにもお馴染みの、東京都の銀座にある文具店です。

伊東屋は、画材や設計の専門用具も、オフィス用品も、おしゃれな手帳やレターセットなどの文具まで、あらゆる商品が揃っています。店員さんも商品についての知識が豊富なので、迷ったときは的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

デザイン科の学生は、道具の勉強のために伊東屋に行くことを先輩に勧められることもあります。商品を見ているだけでも、とても勉強になるお店です。

特徴・用途別おすすめの文具

ステッドラー :「コンパスセット マルス 」

コンパスのおすすめは、ステッドラーの「コンパスセット マルス 558 01SK」です。ステッドラー社は1835年にドイツに創業された、鉛筆やシャープペンシル、製図用品のメーカーです。

このコンパスには、鉄兜をかぶった兵士の頭部をデザインした「マルス」マークがついています「マルス」の称号は、150年以上の間、製図用品を作ってきたステッドラー社のなかでも高品質なものに付けられています。

ステッドラーのコンパスは、小さな円もぶれずに描くことが可能です。また、ステッドラーの製図用品は、長時間、図面を描いても手が痛くならないと言われています。繊細な部分にまで配慮されたデザインは、長く愛される要因として、はずせない条件の一つではないでしょうか。ベーシックな「コンパスセット マルス 558 01SK」をおすすめします。

ステッドラー:コンパスセット
ステッドラー:コンパスセット

¥ 2,484

口コミ

手軽な価格のコンパス。 ステッドラー製とのことで安心感はある。 小型のスプリングコンパスと対で使用。

修正テープのおすすめ:プラス「ホワイパープチ」

修正テープのおすすめは、プラスの「ホワイパ―」です。プラスは文房具やオフィス用品の製造、販売をしている会社です。1948年に創業されました。プラスの文房具は使いやすく、ベーシックですが色が鮮やかで、側にあると明るい気分にしてくれます。

ホワイパーには「修正後でも文字が書きやすい」「重ね引きがしやすい」「スライドレバーで片手でも使いやすい、キャップもなくならない」「長い部分の修正や、一文字だけの修正もきれいにできる」などの特徴があります。

4mm、5mm、6mmと3種類の幅から選べます。修正テープの長さは20mあるので1回買うと、とても長持ちでコストパフォーマンスの良さでもおすすめです。携帯にも便利な「ホワイパー・ミニ」をおすすめします。

プラス:ホワイパープチ
プラス:ホワイパープチ

¥ 648

口コミ

小さくて携帯するのにいい。 システム手帳を利用しているのですが、 修正ペン、修正テープ、修正液、どれを携帯するか、 またカバンや、ペンケースに入れておくかと悩んでいたところ、 この商品を見つけました。 非常に使いやすく、携帯するのに便利です。 ペンや、液と違って、綺麗な修正痕で、 綺麗に書き直しができます。

クリップボードのおすすめは:レイメイ藤井「クリップファイル」

クリップボードのおすすめは、レイメイ藤井の「クリップファイル zeitVektor A4 革製 」です。レイメイ藤井は、1890(明治23年)に紙を販売する商店として九州に創業しました。現在は紙の他にも文具、事務機器を製造販売しています。

こちらのクリップファイルはカバーを360°折り返すことができます。この360°の折り返しに耐えられるのがレイメイ藤井のクリップファイルの優れた特徴です。

レイメイ藤井のクリップファイルなら、クリップボードとしても充分に使いやすいですし、持ち運びで書類を傷める心配もありません。このファイルにはペンホルダーと、名刺を納めるポケットもついています。必要なものをスマートに携帯できます。

A4、A5のサイズがあります。クロスペーパーを使った軽いものもありますが、長く使える落ち着いた雰囲気の革製のクリップファイルをおすすめします。

レイメイ藤井 クリップファイル
レイメイ藤井 クリップファイル

¥ 7,020

口コミ

高級感、重厚感も十分にあり、使いやすくて買ってよかったです。 開いて左側のポケットはA4ファイルははみ出てしまうので気になりそうな方は要確認です。

手帳のおすすめは:高橋「ウィークリー アヴァン」

手帳のおすすめは、高橋の「ウィークリー アヴァン」です。日本国内で最大の手帳メーカーが「高橋書店」です。文具店や書店では、年末や年度末になると、高橋の手帳が店頭で平積みされて販売されています。紳士もの、婦人もの、ビジネス向けなど、種類も豊富です。

高橋では「用紙」「しおりひも」「インク」「装丁」「レイアウト」など細部までこだわって手帳を作っています。さまざまな筆記用具が使いやすい用紙。しおりひもの丈夫さ。自分で書き込む文字とうまくなじむ印刷。耐久性に優れ、上質なイメージを与える装丁。

あなたの尊敬する上司や先輩にも、高橋の手帳の愛用者がいませんか。こちらでは「ウィークリー アヴァン」をおすすめします。この手帳は一月のスケジュールが、とても見やすいです。仕事の予定以外の書き込みもしやすい、大きめのA5サイズの手帳です。

高橋:ウイークリーアヴァン
高橋:ウイークリーアヴァン

福袋のおすすめは:「PEANUTS 2018 福袋 スヌーピー 9点セット」

年始に、文具の福袋はいかがでしょう。キャラクターがデザインされた文具の福袋があります。ディズニーのキャラクターなどもあります。今年は犬年ですなので、スヌーピの福袋をおすすめします。スヌーピは大人の方もファンが多いです。全体的にナチュラルで落ち着いた色合いの商品が多いです。

この福袋の中には、持ち手付ボックス、ポーチ、消しゴム 、メモ帳、鉛筆5本、スケール定規  、ぷくぷくシール、自由帳ノート、12色グリッターペンセットの9点が入っています。値段も1980円とお手頃なので、おすすめです。

新学期に子供たちにプレゼントすると、やる気がアップするでしょう。またお父さんやお母さん、家族で一緒のキャラクターグッズを持ってみるのはいかがですか。家族の一体感も生まれ、おこさんも喜ぶはずです。

2018 福袋 スヌーピー
2018 福袋 スヌーピー

リビングのおすすめは:JYF「オフィス収納ホルダー」

リビングでのおすすめ文具は、JYFの「オフィス収納ホルダー」です。仕事場でも自宅でもごちゃごちゃするのが困るのに、片付かなくなりがちなところが机の上です。

ペンや携帯、家だったらリモコンなど、机の上に置いてあるとすぐに使えて便利です。でも、置きっぱなしだと机を使うこと自体 が嫌になってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、卓上収納です。JYFの「オフィス収納ホルダー」です。ホルダーの部分は中身が見えないので、すっきりと見えます。落ち着いた茶色のホルダーは、家具にも馴染むでしょう。

JYF オフィス収納ホルダー
JYF オフィス収納ホルダー
口コミ

机上の道具を心地よく整理する小箱がこれだ。 ゴタゴタせし小物を我らは 必要としているらしい。 小物を贅する箱。 我らのほうには一見 革に似ているカバーがはられている。 大きなペン立て 小さなペン立て。 小さな引き出し 二つ。 ずいぶん 引き締め くれる。 机の上 整理のために あったほうが よい。

おすすめの文具のメーカー・ブランド3つと代表製品を

パーカー:ボールペン「ソネット」

おすすめの文具メーカーでご紹介したいのは「パーカー」です。パーカーは、創業125年のイギリスの筆記具メーカーです。パーカーの万年筆はその品質とともに、高級文具として有名です。英国王室御用達のブランドでもあります。パ―カーはアメリカ、イギリスで最も成功した筆記具メーカーと言われています。

パーカーのブランドの一つの「ソネット」は、書き心地が良くホルダーの耐久性も優れています。細身で飽きの来ないデザインは男女共に人気です。贈り物や記念品に買い求める人も多いです。

万年筆も素晴らしいですが、必要頻度の高いボールペンをおすすめします。ボールペン用の替え芯も販売されています。1万円以上するパーカーの筆記具には、名前を入れるサービスがあります。長く大切に使いたくなるボールペンです。

パーカー:ボールペン「ソネット」
パーカー:ボールペン「ソネット」

¥ 16,200

コクヨ:「KaTaSu」シリーズ

次に紹介する文具メーカーは「コクヨ」です。文具、オフィス用品の製造元としてコクヨの名前を知らない人はいないでしょう。1905年に創業された大手文具メーカーです。学生の頃から、campusノートを愛用している人もいませんか。あなたの働いている会社にもコクヨの製品はありませんか。伝票やファイル、書類フォルダー、事務机や椅子も有名です。

コクヨでは「Katasu(カタス)」というファイリング商品をシリーズ化して、展開しています。書類を探す時間は1日に20分。この時間と手間を最小限にしよう。というのがコクヨの提案です。

コクヨの「カタス」を利用すると、整理整頓が苦手な人も、必要なものがすぐに見つけられるようになるでしょう。「カタス」シリーズのフォルダーは赤、青、緑、灰、白と5色あります。どこにでも馴染む白のセットをおすすめします。

三菱鉛筆:ボールペン「ジェットストリーム」

最後におすすめするメーカーは三菱鉛筆です。三菱鉛筆は、1887年に創業されました。自社製品の8割が筆記用具です。高級鉛筆「ユニ」「ハイユニ」は絵を描くための鉛筆としても有名です。水性ボールペン「ユニボール」は世界中に愛用者がいます。

三菱のおすすめ商品は、ボールペン「ジェットストリーム」です。「クセになる、なめらかな書き味」とのうたい文句そのもののボールペンです。ジェットストリームのインクは超低摩擦なので紙に対して、とても滑りがいいです。このインクがなめらかな書き心地の要因です。

ジェットストリームの黒と赤の2色と、鉛筆の書き味も楽しめるシャープペンシルが一つになった「ジェットストリーム 多機能ペン 2&1 MSXE3-800」が三菱鉛筆のおすすめです。

三菱 :ジェットストリーム
三菱 :ジェットストリーム

¥ 3,240

文具の使い方・活用方法を紹介

文具を上手く活用している例がたくさんあります。その中から、付箋を上手く使って仕事に活かしているものを紹介しましょう。

付箋+手帳orノート

文具の使い方を調べていると、仕事で「付箋+手帳(ノート)を使いこなしている人は、スケジュール管理や情報の整理が上手いです。「仮の予定は、直接手帳に書かずに付箋を使う」「気になる情報は、付箋に書いてノートに貼っておく」の2つの例をみてください。

・仮の予定は付箋に書こう

小さな手帳の予定を書き直すとき、修正テープを使っても上手く上書きができないこともあります。書き直しが多い手帳を見ると、気持ちまでごちゃごちゃしてしまうこともありませんか。そんなときに付箋の活用をおすすめします。

よく使う横長の付箋でもいいですが、手帳のマス目にぴったりの付箋を使ってみるのはいかがですか。その商品が、ミドリの「月間ブロック付せん」です。とりあえずの予定を書いて手帳に貼ってみてください。日時の変更があったら、付箋を剥がせばOKです。今までよりも、見やすい手帳になるでしょう。

マンスリー手帳のマス目にフィットする付箋

出典: http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/022100122/041100... |

・気になる情報を付箋に書こう

日常生活で、気になったことを付箋に書いてみましょう。手帳のフリースペースや、ノートに貼っておくと、仕事でアイデアを出す必要があるときなどに、とても役に立ちます。

特に仕事に関係なくても、何気なく付箋に書き留めていたものを後で見返してみることもおすすめします。自分の興味の対照がわかり、自分のやりたいことや好きなことを明確にできます。

また、付箋を書くときはあえて太いペンを使ってみてください。小さなスペースに太い文字だと書けることが限られます。付箋に太いペンを使うことが、情報を端的に表現する文章力を身に付けてくれます。

付箋+ノート」で仕事がいっきに速くなる

出典: http://toyokeizai.net/articles/-/155435 |

おすすめ!文具の本

文具メーカーのコクヨで社員が実践していることを紹介した「コクヨのシンプルノート術」という本が発売されています。その本についてコクヨの社員の方が、ダヴィンチのインタビューを受けていました。自分のノートの作り方や、自分に合った文具の見つけ方を話しています。

また、文具や情報に関わる本を5冊すすめています。
・「文具の流儀:ロングセラーとなりえた哲学」(東京書籍)土橋 正著
・「知的生産の技術」(岩波新書)梅棹忠夫著
・「誰でもできる人に見える図解で仕事術」(アスカビジネス)多部田 憲彦著
・「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」(ダイヤモンド社)赤羽 雄二著
・「はじめて考えるときのように」(PHP研究所) 野矢茂樹

「コクヨのシンプルノート術」と合わせて読んでみたい、おすすめの文具の本6冊です。

コクヨ社員に「文具の見つけ方、使い方」「仕事が楽しくなる文具の本5冊」を聞いた!

出典: https://ddnavi.com/news/368567/a/ |

おきにいりの文具で気分も上々!

文具おすすめ人気ランキングTOP5・口コミ・種類と選び方

コクヨの「カタス」を使うと書類の整理が上手くなる。そうおもいませんか。なめらかな書き味のボールペンや思いどおりに修正できる修正テープは仕事の強い味方です。上質なペンや手帳は持っているだけで自信につながることでしょう。

時間に追われて余裕がなくなってしまったときに、自分の好きな文具がそばにあると、気持ちが穏やかになり、元気を与えてくれます。

今回紹介した文具店や品物は、あまたあるお店や文具の一部ですが、どれもおすすめです。2018年のはじめに、ぜひ新しい文具と新しいスタートを切ってみてください。

Related