Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月02日

タクティカルペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

日常で使いながらいざというときの護身グッズになるタクティカルペンは、値段と実用性から見ておすすめのアイテムです。世界的に有名なメーカーが製造するなど、たくさんの種類が存在します。ここではそんなおすすめのタクティカルペンの人気商品を紹介します。

タクティカルペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

タクティカルペンの種類と選び方を知りたい!

護身用グッズとしてさまざまなアイテムがこの世にはありますが、案外携帯に不便だったり、特に危険のない平常時だと携帯が面倒なものもあります。

その中で注目されている護身グッズが「タクティカルペン」です。価格的にもそれほど高値ではなく、気軽に購入できる便利さもあります。

そこで、ここではまだ注目され始めたばかりのタクティカルペンについて紹介します。

そもそもタクティカルペンとは?

そもそもタクティカルペンとはなんでしょうか。

これはペンと名が付くことから、筆記具であることはおわかりでしょう。そして、このタクティカルペンは、護身具としての機能を持つペンだという点が重要になります。タクティカルは英語で「戦術的」といった意味の単語で、兵士が戦闘時に利用したり、護身に利用できるもので、一般の人でも購入できるアイテムです。

タクティカルペンの種類とは?

タクティカルペンにはさまざまな機能があります。タクティカルペンの種類というと、この機能別に分けることが多く、目的別におすすめのタクティカルペンは変わってきます。

例えば、ライト付きのものがあったり、先端が尖っていることから、車内に閉じ込められた場合や、車内に閉じ込められた人を救出する場合に利用できるように、グラスブレーカー(ガラスを先端が尖った器具)が付いているものもあります。

それから、素材もアイテムによって異なります。アルミ合金製やステンレス、チタン合金など、さまざまな素材が使用されます。とにかく、丈夫なものを選択しましょう。

タクティカルペンの選び方

タクティカルペンの選び方は、まず自分がどんな機能がほしいかを明確にすることです。その機能が付いているものを選択しましょう。

また、信頼できるメーカーであることも大切です。護身に使うので多少乱暴に扱うのですから、それなりに頑丈である必要があります。そこで、注目したいのは銃器メーカーや、実際にどこかの国で採用されているミリタリーグッズを製造しているメーカー、ナイフメーカーなどが製造したタクティカルペンです。信頼性が高く、実用性も考慮されています。

タクティカルペンおすすめ人気ランキングTOP5

ここでは具体的におすすめのタクティカルペンを紹介します。初めてのタクティカルペンであれば、特におすすめランキングで上位に入るペンを選ぶことが一番の選び方でもあります。

おすすめのタクティカルペンには必ずそれ相当に理由がありますから、まずはこのタクティカルペンおすすめ人気ランキングを見て参考にしてみてください。

ランキング5位:「Catsobat」

Catsobat タクティカルペン 武術 軍用 防犯用
Catsobat タクティカルペン 武術 軍用 防犯用
口コミ

このペンは護身用でも使えるけど書きやすさがすごいあと太いから握りやすいし重さもちょうどいい買って損はないと思います

「Catsobat」のタクティカルペンはファッション性もあって、護身目的だけでなく、日常でも使いやすいと評判です。特に書きやすさがいいというレビューもあり、予備ペンも付いた、実に使いやすい点が特徴となっています。

ランキング4位:「スミス&ウエッソン」

スミス&ウエッソン M&Pタクティカルペン
スミス&ウエッソン M&Pタクティカルペン

¥ 37

口コミ

さすがに高級感があってしっかりしています。ボールペンとして使うにはキャップが硬いです。持っている満足感は高い。

スミス&ウエッソンといえば、タクティカルペンに興味のある人にはご存知の大手銃器メーカーです。そんなメーカーが作ったタクティカルペンですので、高級感があって購入者の所有欲を十分に満たしてくれる逸品です。アルミ製で、クボタン(日本人空手家が考案した、護身用の短い棒)としても利用できることで人気がありおすすめです。

ランキング3位:「コルト」

コルト タクティカルペン LEDライト付き
コルト タクティカルペン LEDライト付き
口コミ

他製品に比べ見た目が必要以上にあまり尖っていないのも良いでしょう。自己責任ですが、携帯して警察官に没収されたり、空港で引っかかりにくいとは思われます。

「コルト」といえばアメリカの銃器メーカーとしては有名な企業です。そんなメーカーが製造するタクティカルペンです。

LED付きで、なによりペンとしても使いやすいボールペンであると高評価です。形状も攻撃的なフォームではないので、(法令的にはかなりアウトに近いのですが)ぱっと見には護身用の道具には見えず、周囲に不快感を与えずに済みます。

ランキング2位:「fantasy」

Laix B2 多機能タクティカルペン
Laix B2 多機能タクティカルペン
口コミ

ひんやりずっしりした質感は、そのまま安心感に繋がりますね。 ボールペン部も回すと静かにペン先がせり出し、高級感があります。

サイズが15cmほどのペンで、使い回しも問題のないものですが、なによりもこのペンがおすすめであり、実際に人気ランキングの上位に食い込むのかといえば、価格が800円台と安いからです。リーズナブルでありながら、タクティカルペンとしての機能性、信頼性が高いのが人気の理由になります。

ランキング1位:「WUBEN」

WUBEN タクティカルペン USB充電式LEDライト搭載
WUBEN タクティカルペン USB充電式LEDライト搭載
口コミ

製品は、写真通りかっこよくマニアックな形状。少し重いが書き味は非常によい。

タクティカルペンで一番の人気はこの「WUBEN」です。

防水加工が施され、ペン先では車のガラスを割ることのできる機能を備えています。やや重さがあるものの、その分書き味もよく、文房具としても申し分ありません。

また、充電式のLEDライトはペンに付いた懐中電灯でありながら明るさは抜群で、声を大にしておすすめしたいタクティカルペンになっています。

特徴・用途別のおすすめタクティカルペン

タクティカルペンはさまざまな種類がありますので、用途別にあるいは特徴別(主に機能性の面)で分かれています。

ここではタクティカルペンを特徴や用途別にピックアップし、特におすすめの商品を紹介します。

ライト付き

Laix EDC タクティカルペン
Laix EDC タクティカルペン
口コミ

最近は何かと災害が多いので、車に常備しておいた方が安心かなと思い1本購入してみました。

ライト付きのタクティカルペンではこの「Laix EDC タクティカルペン」はおすすめです。

タクティカルペンの中でもライト付きというのは、要するに暗いところでも利用できることから、災害時などのサバイバルグッズとしても重要なアイテムになります。

その中で人気があるのがこの「Laix」というメーカーのタクティカルペンです。価格もそれほど高くありませんので、気軽に購入して、災害リュックに閉まっておくことも可能です。

キーリング付き

CKR 護身用 タクティカルペン
CKR 護身用 タクティカルペン
口コミ

女房と子供に持たせるつもりで購入しました。 初めは嫌がったが、「とりあえずバックに入れとくだけでも良いから」って事で納得してもらった。

この「CKR 護身用 タクティカルペン」は女性や子どもでも使いやすい大きさと重さである点が人気の理由です。また、先端にはキーリングが付いているのでキーホルダーのようにして携帯することができます。実際に使用するときにはキーリングに親指を入れることで力が入りやすくなり、おすすめです。

グラスブレーカー付き

TANGZ EDC タクティカルペン
TANGZ EDC タクティカルペン
口コミ

女性の一人歩きや防犯 護身用に今の時代には持っておきたいなと感じ ます。きちんとボールペンとしても書けるので 常にバッグへ入れて、外出していきたいです。

「TANGZ EDC タクティカルペン」もまた女性でも使いやすいサイズでおすすめのタクティカルペンになります。

このタイプにはグラスブレーカー(ガラスブレーカー)があり、車のガラスなどを割ることのできる機能があります。先端を尖らせることで力が一点に集中しています。そうしてガラスが割れる仕組みです。この機能は、例えば痴漢や暴漢に身体を触られたとき、手の甲に刺すように突きつけると、相手は強い痛みを感じます。

おすすめのタクティカルペンのメーカー・ブランド3つと代表製品

ここではタクティカルペン購入の際に選択の基準になる、おすすめのタクティカルペンのメーカーを紹介します。

タクティカルペンのメーカーは主に銃器メーカー、ナイフメーカーなどの元より護身グッズや武器などの製造に強い企業が作っていることが多く、また、一部の文房具メーカーでもタクティカルペンを製造販売しています。

ここではその中でも代表となるメーカーを見ていきましょう。

おすすめのメーカー・ブランド1「スミス&ウエッソン」

スミス&ウェッソンSWPENMP2BK 2nd Generation
スミス&ウェッソンSWPENMP2BK 2nd Generation

¥ 37

口コミ

バージョン1のものより、このバージョンン2の方が、握りやすくて滑りにくい。グリップ性が良い。物騒な世の中だから自分の身は自分で守らないといけません。やられ損、取られ損が現実です。

おすすめのメーカーは銃器製造業者として世界的に有名な「スミス&ウエッソン」です。

この企業は1852年に創業した銃器メーカーで、当初は回転式拳銃などで知られていましたが、1950年代からは自動型の銃も販売するようになっています。その後、ナイフや手錠などのほか、タクティカルペンの製造販売も主要なものになっています。

企業としては軍事産業の会社といえるので、製品自体の信頼性がとにかく高く、おすすめのタクティカルペン・メーカーだといえます。

おすすめのメーカー・ブランド2「UZI」

UZI タクティカルペン UZITP12BK アルミ
UZI タクティカルペン UZITP12BK アルミ

「UZI]はウージーと読む、ベストセラーの短機関銃の名称です。ウージーはイスラエルのIMI社の短機関銃のブランド名を、このタクティカルペンのブランド名に冠しています。

素材に強度は十分ながらも軽量のアルミを使用し、先端にはグラスブレーカーもあります。この部分の素材には炭化タングステンとコバルトの合金が使用され、非常に硬く仕上がっています。

また、穴が3つあいていて、この部分は閉じ込められた場所で救助を待つ際に壁などに打ち付けて音を鳴らし、居場所を知らせることもできます。

実用性に富んでいるデザインが多く、おすすめのメーカーです。

おすすめのメーカー・ブランド3「ベレッタ」

ベレッタ タクティカルペン
ベレッタ タクティカルペン
口コミ

タックペンの中ではかなり軽い部類に入るんじゃないかな。

「ベレッタ」もまたおすすめのブランドです。

ベレッタは1680年創業のイタリアの銃器メーカーです。今でも世界中でベレッタ社の銃が制式採用され、軍隊や国防関係の組織で使用されます。映画でもよく使用され、「ダイハード」や「リーサルウェポン」の主人公が持っていたハンドガンとしてあまりにも有名です。

そんなベレッタですので、タクティカルペンもおすすめです。やや高価になりますが、その分重厚感があり、持ったときに手に馴染む印象を受けることでしょう。同時に、価格帯から考えてもプレゼントとして喜ばれますので、そういった面からも自信を持っておすすめします。

タクティカルペンの使い方

タクティカルペンのおすすめの使い方はその機能によって異なります。

例えば、LEDライトの付いたタクティカルペンであれば、夜間の使用、災害時、なにか(あるいは誰か)を捜索する際に使用します。登山などにも利用できるので、装備品としておすすめします。

また、グラスブレーカーが付いているものは車に閉じ込められたときに重宝します。そんな機能がつくタクティカルペンなら車内用筆記用具として置いておくことがおすすめの使い方になります。ただ、簡単にガラスが割れるものではありませんから、力の加減などはあらかじめ訓練しておくことも同時におすすめします。

一般の人にはそこまで必要かどうかはわかりませんが、タクティカルペンの中には相手の皮膚や筋肉組織をえぐってDNAを採取できるものもあります。特殊な機能はあまりおすすめはできませんが、使い方には注意が必要です。

日本の法律には適合する?

タクティカルペンは護身グッズとしても機能しますし、文房具としての機能もあります。ただし、日本の法令では携帯の可否がグレーゾーンというよりも、どちらかというと持ち歩くことはおすすめできません。

というのは、タクティカルペンに限らず護身グッズは、日本では相手を傷つける道具、つまり武器と見なされてしまい、携帯して歩くと軽犯罪法違反になります。タクティカルペンもその機能がどこまで現場の警察官の判断になるのかがわかりませんが、本来は護身グッズの観点からすれば軽犯罪法違反に当たってしまいます。

こういった事情があるため、諸手を挙げてタクティカルペンを読者におすすめすることはできませんが、十分に機能や法的な部分をしっかりと考慮して購入を検討することをおすすめします。

実用性の高い護身グッズとして注目!

タクティカルペンが素晴らしいのは筆記用具としての機能です。護身グッズとはいいますが、普通に生活している分にはそこまで危険な目に遭うことはめったにありません。そんないつ来るかわからない危険のために重い護身グッズを携帯するなら、日常に使えて、いざというときに護身できるアイテムの方がよいです。

それであればこういったタクティカルペンですと、普段はそのままペンとして利用し、なにかあったら素早くカバンから取り出して使うという方がずっと便利です。

しかも、タクティカルペンはその機能から、一般的なボールペンなどよりも重量があります。そのため、書き味も案外になめらかで使いやすいというメリットもあります。タクティカルペンのメーカーはほとんどが有名なブランドですので、ペンとしても使いやすいです。

タクティカルペンに興味のある方はぜひ本記事をもう一度読んで、いいアイテムに出会ってください。

Related