Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月02日

システム手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

仕事や学業で、普段手帳を使う人は多いでしょう。今回は、おすすめのシステム手帳を紹介していきます。特徴別、ブランド別、男女別、職業別など、さまざまなシステム手帳を紹介していきますので、ぜひ手帳選びの参考にしてみてください。

システム手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

システム手帳の種類と選び方

システム手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

みなさんは普段、手帳を使っていますか。仕事に学業に日記にと、手帳はいろいろな用途で使うことができます。日常のできごとを記録したり、予定を立てたり、メモ代わりに使ったりと、使用方法は人それぞれです。

手帳には、「システム手帳」「綴じ手帳」「モジュール型手帳」の3種類の手帳があります。今回はこの中から、「システム手帳」について、詳しく紹介していきます。システム手帳は、中身を自分の用途に合わせて組み合わせられるので、最も使いやすい手帳と言えるのではないでしょうか。

システム手帳の種類

システム手帳とは、中がバインダー式になっており、用紙が交換可能なものをいいます。1921年に、イギリスで「6穴バインダー手帳」として発売されたのを始めとし、現在ではさまざまなサイズやデザインのシステム手帳が作られています。

手帳には、マンスリーやウィークリー、デイリーなど、さまざまな種類があります。ここでは、まず、手帳のフォーマットの種類を8つ紹介していきます。

マンスリータイプ

マンスリータイプのシステム手帳はカレンダー式で、1日1マスで区切られたフォーマットの手帳のことです。ひと目で1か月分の予定を確認することができるので、長期間の予定を書き込み、管理するのにおすすめです。

ガントチャートタイプ

ガントチャートタイプのシステム手帳は、プロジェクト管理や生産管理などの工程を管理するのに便利なフォーマットの手帳です。縦軸にタスクやプロジェクト、横軸に日付を記入して、複数のタスクを管理するのにおすすめです。ひと目で、いつ何を実行したかを確認できるので、ビジネスにおいてはもちろん、家庭でも、いつ何の家事をしたかなど、記録を付けやすいフォーマットとなっています。

週間バーチカルタイプ

バーチカルタイプのシステム手帳は、見開きで1週間の予定を時間ごとに管理できる手帳です。基本的に横軸が左から1週間、縦軸が上から時間の経過を表すフォーマットになっています。手帳の種類によって、目盛りが1時間単位や30分単位になっており、スケジュールを細かく区切って予定を管理したい人にはおすすめのフォーマットです。

週間レフトタイプ

レフトタイプのシステム手帳は、見開きの左ページが1週間分の予定、右ページがフリースペースのフォーマットになっている手帳です。「ホリゾンタルレフトタイプ」とも呼ばれています。左ページにその日の予定などを記入し、右ページにメモやTO DOリストなどを記入します。スケジュール管理をしつつ、メモを多くとりたい人におすすめです。

週間ホリゾンタルタイプ

ホリゾンタルタイプのシステム手帳は、1週間の予定が左ページに4日分、右ページに3日分振り分けられているフォーマットの手帳のことです。「セパレートタイプ」とも呼ばれています。1日分の記入欄が大きいので、予定を複数記入するのにおすすめです。

週間ブロックタイプ

ブロックタイプのシステム手帳は、ホリゾンタルタイプ同様、見開きで8マスに分かれているのですが、縦に2マス×4列のブロック形式に区切られたフォーマットになっています。ブロックなので、仕事の内容やToDoリスト、ライフログなどを記入するのにおすすめです。

1日1ページタイプ

1日1ページタイプのシステム手帳は、1日分で1ページ全体使える、スペースがとても大きいフォーマットの手帳のことです。仕事のスケジュール管理はもちろん、ライフログやアイデアメモ、イラストなど、活用の仕方はさまざまです。手帳を自由に使いたい人におすすめです。

セパレートタイプ

セパレートタイプのシステム手帳は、ページが上・下段に分かれているフォーマットの手帳のことです。月間予定と週間予定を同時に見ることができるのが特徴です。中期的な予定を管理しつつ、長期的な予定の全体像を確認するのにおすすめです。

システム手帳の選び方

システム手帳には、サイズやフォーマット、デザインなどによって、さまざまな種類があります。では、どのように選べばよいのでしょう。

まずは、どのような目的でシステム手帳を使うのかによって選ぶことをおすすめします。目的が決まれば、サイズやフォーマットなども、おのずと定められてきます。

プライベート用に使うのか、ビジネスシーンで使うのか。それによって、選択肢は絞られてきます。そこから、予定管理のために使うのか、メモ代わりに使うのかなど、さらに選びやすくなっていきます。

システム手帳おすすめ人気ランキングTOP3

システム手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

システム手帳は、ビジネスシーンで利用したり、学業で利用したり、日記として利用したりと、用途はさまざまです。ここでは、どんな用途にも使える、おすすめのシステム手帳を、ランキング形式で紹介していきます。

ランキング3位:「WORLD PORT バイブルサイズ クリームホワイト」

WORLD PORT バイブルサイズ クリームホワイト
WORLD PORT バイブルサイズ クリームホワイト
口コミ

使いやすいサイズで、素材も、柔らかく使用しやすいです。(原文ママ・一部抜粋)

「ワールドポート」のシステム手帳は、合皮でできているので耐久性に優れており、また汚れにくく軽いので人気のある製品です。中には1年分のスケジュール、アドレス70名分、メモ50枚とたっぷり入っています。シンプルなデザインで落ち着いているので、シーンを選ばす使用することができ、おすすめのシステム手帳です。

ランキング2位:「cosa スタンダードタイプ 6穴リング ロイヤルブルー」

cosa スタンダードタイプ 6穴リング ロイヤルブルー
cosa スタンダードタイプ 6穴リング ロイヤルブルー

¥ 2,980

口コミ

全体がとてもシンプルで日々のビジネスに使用して飽きの来ないデザインに仕上がっていると思います。この商品でこの価格は当たりです。(原文ママ・一部抜粋)

「cosa」のスタンダードタイプのシステム手帳は、合皮でできているので耐久性があり、シボ柄加工がほどこされているので、とても手触りの良い仕上がりになっています。開閉はワンタッチでできるマグネットタイプになっており、ペンホルダーもついているので、使い勝手のいい、おすすめのシステム手帳です。

ランキング1位:「レイメイ藤井 ダヴィンチ ロロマクラシック 聖書 ブラウン」

レイメイ藤井 ダヴィンチ ロロマクラシック 聖書 ブラウン
レイメイ藤井 ダヴィンチ ロロマクラシック 聖書 ブラウン

¥ 17,280

口コミ

いろいろな手帳を使ってきましたが、品質、サイズ、価格のいずれをとっても満足です。 持ち運びやすいサイズでありながら十分なリファイルを収めることができます。 長く使えそうです。

「ダヴィンチ」は、厳選された最高級の本革を贅沢に使用したシステム手帳のことです。ロロマクラシックは日本産のステアハイド(成牛)を使用し、オイルとワックスをたっぷりと染み込ませた重厚な造りになっています。使い込むうちに革の中のオイルが呼び出され、艶が出てきます。本革の重厚感を感じたい人におすすめのシステム手帳です。

特徴・用途別おすすめのシステム手帳

ここからは特徴・用途別に、おすすめのシステム手帳と、システム手帳に使えるアイテムを紹介していきます。

中身

システム手帳の中に収納できるのは、ノートペーパーだけではありません。ここでは、システム手帳に入れておくと便利な、おすすめのリフィルをいくつか紹介していきます。

定規

filofax バイブルサイズルーラー ブラック
filofax バイブルサイズルーラー ブラック

この「filofax」の定規は、細見で黒色なので、白い紙の上でも使いやすいデザインになっています。線を引いたり、表を書いたり、定規をよく使用する人には、とても便利でおすすめです。

しおり

レイメイ藤井 ダヴィンチ手帳用 カラーブックマーク
レイメイ藤井 ダヴィンチ手帳用 カラーブックマーク

¥ 540

口コミ

マンスリー、給与項目、支払い明細ページなどちょうど3項目をよく見るので色分けもしてあり、ちょうど良い物を見つけたと思います。

こちらは「ダヴィンチ」のA5システム手帳専用のブックマークです。3色に色分けされており、半透明なので、開いたときにページの内容を確認しやすく、使い勝手が良いのでおすすめです。また、PP製なので、紙製と違い、丈夫で破れないのもポイントです。

付箋

filofax システム手帳専用 付箋セット A5・バイブル・スリムサイズ
filofax システム手帳専用 付箋セット A5・バイブル・スリムサイズ
口コミ

付箋も手帳にはかかせないです、色もカラフルでプラ素材みたいな、折れず丈夫な付箋です。

この「filofax」の付箋リフィルは、大小カラフルな付箋セットです。合わせる手帳のサイズも3種類から選べます。仮の予定を記入したり、目印として使ったりと、使い勝手がよくおすすめです。

ミニ6

パイロット システム手帳 ミニ6穴 ワインレッド
パイロット システム手帳 ミニ6穴 ワインレッド
口コミ

必要最低限なことだけを挟みたく、こちらを購入。わたしの用途にはピッタリでした。ワインレッドを買いましたが、高級感あって良かったです。

ミニ6のシステム手帳は、穴数が6つ空いたポケットサイズのシステム手帳です。小さいので、ポケットに入れて持ち運びしやすいのが特徴です。中身があまり入らないので、ちょっとしたメモに使いたいという人におすすめです。

リフィル

Knox 手帳 リフィル 月間+週間
Knox 手帳 リフィル 月間+週間

¥ 1,404

口コミ

月間のカレンダーと1週間分の見開きのセットになっており、文字の記入も2mmの方眼紙となっているため記入しやすいです。(原文ママ・一部抜粋)

こちらの「Knox」のリフィルは、見開き1か月のブロックタイプと、週間レフトタイプのリフィルがセットになっています。月間と週間の両方を確認することができるので、予定を書き込む必要が多い社会人の人にとっては、とても便利でおすすめのリフィルセットです。

穴あけパンチ

カール事務器 穴あけパンチ リフィルメーカー 6穴
カール事務器 穴あけパンチ リフィルメーカー 6穴
口コミ

軽量、簡単、ファイルには挿める紙が増えました。とても便利です。

こちらは、6穴手帳用のリフィルを簡単に作ることができる、「カール事務器」の穴あけパンチです。対応サイズがA5サイズ、バイブルサイズ、ミニ6サイズと、3種類あります。職場や学校で配布された資料や、スーパーのチラシなどに簡単に穴をあけて、手帳に綴じることができるのでおすすめです。

A5

狸子手作 A5 6穴 システム手帳 リフィルセット 13点付き
狸子手作 A5 6穴 システム手帳 リフィルセット 13点付き
口コミ

月間、週でスケジュールが分かれていて管理しやすい。 週の始まりが月曜日なのも使いやすい。 あまり細かすぎない管理手帳としては最高に使いやすい

A5のシステム手帳は穴数が6個のものが多く、リフィルのサイズはA5です。ある程度の大きさがあるので、記入できる量はたっぷりあります。

この「狸子手作」のシステム手帳は、ノートリフィルの他に、付箋セット、インデックス、クリアファイル、定規などのリフィルもついているので、初めてシステム手帳を使う人におすすめです。

安い

SEEK フェルト素材 システム手帳 6リング A5 A6
SEEK フェルト素材 システム手帳 6リング A5 A6
口コミ

カバンに入れての移動が多い為に、 軽さを重視してフェルト手帳を購入。 リフィルが無いので文具量販店で自分好みのダイアリーと組み合わせてセットして使用しています。

この「SEEK」のシステム手帳はフェルト素材でできており、リフィルが付属されていないので、安く購入することができます。自分好みのリフィルやインデックスなどを入れてカスタマイズしたいという人におすすめの手帳カバーです。

本革

Raffaello エグゼクティブレザー システム手帳 リフィル付き
Raffaello エグゼクティブレザー システム手帳 リフィル付き

¥ 14,000

口コミ

仕事などにもっていくと一目置かれるような手帳で、とても高級感がありました。 女性の手には少し大きめなので、男性向けだとは思いますが、6つ穴リングで開きやすく使い勝手が良かったです。

「ラファエロ」は、一流の革職人が厳選された素材を使用して製品を作っているブランドです。このシステム手帳の特徴は、使い込むほどに革が伸びていき、収納性が増していくので、差し込めるリフィルの数が増えていくところにあります。バイブルサイズなので、カバンの中にすっきりと納まり、また大容量なので、ビジネスに使用しやすく、男性におすすめのシステム手帳です。

カバー

ビジネスレザーファクトリー システム手帳カバー バイブル ベルト付き
ビジネスレザーファクトリー システム手帳カバー バイブル ベルト付き

¥ 5,399

口コミ

サイズもちょうど良く、使い勝手は最高です。皮の高級感もあって、常に何か書き込んでいます。是非とも、オススメです。(原文ママ・一部抜粋)

「ビジネスレザーファクトリー」は、イタリア高級ブランドとも取引をするタンナー(革なめし業者)に、専用のオリジナルレザーをオーダーしている牛本革製品のブランドです。製品ができると、すぐに出荷されるため、本革が持つ本来の香りを楽しむことができるのが特徴です。

このシステム手帳はバイブルサイズで、収納力もたっぷりあるので、ビジネスマンにおすすめのシステム手帳です。

女性・男性別おすすめのシステム手帳

多くのシステム手帳は男女関係なく使うことができますが、デザインや素材へのこだわりは男女で異なるでしょう。ここでは、男女別におすすめのシステム手帳を紹介していきます。

女性におすすめ

Kate spade 2018年最新システム手帳 Debra Leather Pocket
Kate spade 2018年最新システム手帳 Debra Leather Pocket

¥ 37,800

「ケイトスペード」は1993年にニューヨークで誕生したファッションブランドです。このシステム手帳はレザーでできており、気品ある高級感を漂わせてくれます。モードと女性らしさを兼ね備えたデザインで、働く女性におすすめのシステム手帳です。

男性におすすめ

IL BISONTE レザーカバー 6穴 バインダーシステム手帳
IL BISONTE レザーカバー 6穴 バインダーシステム手帳

¥ 31,320

「IL BISONTE」は、レザー製品を展開するイタリアのレザーブランドです。このシステム手帳は、イルビゾンテのロゴが中央に刻印されており、ゴールドボタンがついたベルトがポイントです。ポケットや鉛筆、定規がついているので、とても機能的なシステム手帳です。使い込むほどに本革独特の風合いがでてくるので、本物志向の人におすすめです。

職業別おすすめのシステム手帳

システム手帳はシーンによっても使い分けることができます。ここでは職業別に、おすすめのシステム手帳を紹介していきます。

社会人

filofax システム手帳 アイデンティティ バイブルサイズ
filofax システム手帳 アイデンティティ バイブルサイズ
口コミ

Filofaxは、やはりよいです。使い始めて2か月ぐらいですが、非常に満足しています。

「filofax」は1921年にイギリスで創立された手帳のメーカーです。こちらのシステム手帳はレザー調ポリウレタンでできているので手入れがしやすく、また、バイブルサイズなので、大きすぎず、ビジネスシーンで使いやすい、おすすめのサイズの手帳です。

中には、日付入り週間ダイアリー、罫線ノート、アドレス、TODAYルーラー、ノートパッドなど、仕事に便利なリフィルがすでに入っています。また、市販の他のメーカーのリフィルを入れることもできるので、仕事の分野によって、中をカスタマイズすることができ、社会人はもちろん、学生や主婦の方にもおすすめのシステム手帳です。

学生

Gunsamg 合皮システム手帳 A5
Gunsamg 合皮システム手帳 A5

この「Gunsamg」のシステム手帳はA5サイズです。リングサイズが20mmなので、150枚収納可能で、たっぷり記入することができ、学生さんにおすすめの手帳です。1年分の月間と日間のフリースケジュールリフィルが付属なので、すぐに使用することができます。また、内側にペンホルダーとカードホルダーもついているので、とても使い勝手の良い手帳となっています。

主婦

WillBo かわいいペット システム手帳
WillBo かわいいペット システム手帳
口コミ

お値段以上に見えます。立派な表紙、素敵な飾りもの、大変満足しています。想像していたほど大きくなく中身もとてもよく出来ていると思います。(原文ママ・一部抜粋)

主婦やママさんは、家計簿や育児日記、家族の予定など、意外と書くことが多いです。この「WillBo」のシステム手用は、64枚の横罫リフィル、8枚のドット罫リフィル、8枚の無地リフィルが付属しており、内容に合わせて使い分けられるので、おすすめです。内側にはポケットが付いているので、レシートや領収書などを収納することもできます。

おすすめのシステム手帳のメーカー・ブランド3つと代表作品

これまで、たくさんのシステム手帳を紹介してきましたが、みさなんはお気に入りは見つかりましたか。どこのメーカーを選べばいいのかわからない人も多いと思うので、ここではおすすめのシステム手帳のメーカー・ブランドを3つ紹介します。

Bindex

バインデックス システム手帳 アルモ A5 ネイビー
バインデックス システム手帳 アルモ A5 ネイビー

¥ 23,220

「Bindex」は、『日本能率協会マネジメントシステムセンター』による、本革を使用したシステム手帳のオリジナルブランドです。サイズはバイブルサイズ、A5サイズ、ミニ6サイズ、ミニ5サイズから選ぶことができ、リフィルも時間管理リフィール、上場管理リフィールに分類された数多くの種類が販売されています。能率的にスケジューリングしたい人、ビジネスマンなどにおすすめのシステム手帳のブランドです。

ASHFORD

ASHFORD ルガード バイブル ブラック
ASHFORD ルガード バイブル ブラック

¥ 32,400

「ASHFORD」はシステム手帳、ダイアリー、リフィル、革小物などを製造販売している、日本を代表するブランドです。世界各国から吟味された革を輸入し、リフィルの研究開発にもじっくりと時間をかけ、こだわりのシステム手帳を作っているのが特徴です。

システム手帳の要であるリングは、8mmから30mmまで9種類のサイズがあり、収納枚数に応じて選べるようになっています。また、ASHFORDで取り扱われている革は、牛革、シープスキン、ゴートスキン、ワニ革、オーストリッチなど13種類と豊富に取り揃えられているので、革製品が好きな人におすすめのブランドです。

フランクリン・プランナー

フランクリン・プランナー オーガナイザー 1日1ページ 2018年4月
フランクリン・プランナー オーガナイザー 1日1ページ 2018年4月

¥ 3,780

「フランクリン・プランナー」はアメリカで誕生したシステム手帳のブランドです。タイム・マネジメントを実践することで時間管理ができるように作られており、タスクや優先事項を管理するためのリフィルが充実しています。フランクリン・プランナーは、徹底したタスク管理を行いたい人におすすめのブランドです。

システム手帳の使い方・活用方法

システム手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

せっかくシステム手帳を買っても、長く活用できなければ意味がありません。ここではおすすめの使い方・活用方法を紹介します。

おすすめの使い方

使いたいシステム手帳が決まったら、さっそくスケジュールを記入していきましょう。とはいえ、一色のペンで書いただけの手帳は、後で見返した時に、どこに何を書いているのか、何が重要なのか、一目ではわかりにくいです。

そこでおすすめなのが、カラーペンやマーカー、付箋やシールなどの利用です。内容別に色分けしたり、シールや付箋を使って目立たせることで、見たい情報をすぐに探し出すことができます。

また、手帳にデザイン性を持たせることで、計画を立てることの士気を高め、持続性を維持し、仕事の効率を上げてくれます。そして、スケジューリングされた手帳を見ることで、時間を有効的に使い、予定とおりに動こうというやる気が起きるのでおすすめです。

活用方法

システム手帳は、人それぞれ活用の仕方が異なってきます。自分がどのような目的で使いたいのか、何を記入したいのかによって、吟味して選び、活用することをおすすめします。

社会人なら、日々の予定を管理するためのマンスリータイプと、時間で予定を管理するバーチカルタイプを組み合わせて活用することで、仕事のスケジュールを立てやすくなるのでおすすめです。主婦の方なら、家計簿リフィルを加えることをおすすめします。日々の日記に加え、食費や生活費にかかった費用も管理でき、手帳を複数持つ手間を省けます。

システム手帳は、リフィルの内容を自分好みに変えられるというのが最大の魅力です。自分に足りない内容のリフィルを足すことによって、オリジナルの手帳を作り、自分の生活に合わせて、うまく活用してきましょう。

システム手帳は百人百様

システム手帳おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

いかがだったでしょうか。おすすめの手帳をたくさん紹介してきましたが、使ってみたいシステム手帳は見つかりましたか。

システム手帳は、サイズや素材がさまざまなだけではなく、中に入れるフォーマットの種類も豊富です。つまり、カスタマイズの仕方次第で、自分好みのシステム手帳はいくらでも作れるということです。まずは、どのような目的で使いたいのか、サイズはどれぐらいがいいかを考慮し、自分に合ったシステム手帳を選ぶことをおすすめします。そして、有効的で効率的な手帳ライフを目指していきましょう。

Related