Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月26日

電動鉛筆削りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と

鉛筆を使うために欠かせないのが鉛筆削り。今回は自動で楽に削れるおすすめの電動鉛筆削りを紹介します。削り過ぎを防止してくれたり好みの太さに削れる便利なものもあるので、ぜひあなたにぴったりの電動鉛筆削りを見つけましょう!おすすめのメーカーも参考にしてくださいね。

電動鉛筆削りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と

電動鉛筆削りの種類と選び方

電動鉛筆削りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と

手動では時間がかかる鉛筆削りの作業も、電動鉛筆削りなら楽に素早く削ることができます。何本もの鉛筆を削ったり、時間をかけずに削りたいときに便利です。子供がいる家庭だけでなく、鉛筆を使用することがあるオフィスや色鉛筆などでイラストを楽しむ人にもおすすめです。

電動鉛筆削りはその名前のとおり電源が必要ですが、コードレスタイプも販売されています。また、子供にも安心の安全機能が搭載されたタイプや縦入れ、横入れタイプなどさまざまな種類があります。

そんな電動鉛筆削り選びに失敗しないよう、ここでは種類と選び方を紹介します。デザインだけでなく使いやすい商品を選べるよう、ぜひ参考にしてください。

電動鉛筆削りの種類

電動鉛筆削りの種類は、製品によって異なる電源や機能で分けることができます。以下で詳しく説明しますので、あなたが使いたい機能や性能を考えてみましょう。

電源は2種類

電動鉛筆削りの電源はコンセントか乾電池の2種類があります。コンセントの場合は使う場所が限定されますが、電力が安定していて電池交換の手間もかかりません。一方、乾電池の場合はどこでも使うことができ、移動したい人におすすめです。しかし、乾電池の電力が低下してくると安定的に使用できなくなるなどのデメリットもあります。

中にはコンセントと乾電池を両方使えるタイプも販売されています。どちらも使用できると環境に合わせて使い分けられるため大変便利なのでおすすめです。

太さの調節機能

鉛筆の削り具合を調節できる機能があると、好みの仕上がりに削ることができます。製品によって調節機能がないタイプや段階を分けて調節できるタイプがあるため、ぜひチェックしましょう。

太さの調節機能があると、例えば、細く削れると文字が書きやすくなりますが、筆圧の調整に慣れていない小さな子供には扱いづらく、先が尖っているため折れやすくなります。その場合は、太めに削れるようにセットすると良いでしょう。

削りすぎを防ぐ機能

ムダ削り防止機能がついた電動鉛筆削りなら、削り終えたら自動で止まるため、削りすぎを防ぐことができます。削り具合を確認しながら使用する必要がないため、大変便利です。また、小さな子供は鉛筆が削られるのが楽しくて、際限なく削ってしまうことも考えられます。そんなムダな削りを防止してくれる機能があれば、鉛筆の節約にもつながるためおすすめです。

折れた芯を排除する機能

最近の電動鉛筆削りは、鉛筆の角度を誤って挿入しても芯が折れにくい構造になっていますが、万が一折れてしまった場合を考えて、芯を排除する機能があると安心です。機能がない場合は逆さまにして取り出したり修理に出す必要が出てくるため、小さな子供が使用する場合にはぜひ取り入れたい機能の一つです。

電動鉛筆削りの選び方

電動鉛筆削りの必要な機能がわかったら、そのほかの使い勝手などについて見てみるとより快適に使用できるでしょう。ここでは、電動鉛筆削りのダストボックスや安全性などについて説明します。

ダストボックスの大きさに注目しよう

鉛筆の削りカスはダストボックスに溜まっていきます。鉛筆を削る頻度が高い場合は削りカスが溜まりやすいため、大きなダストボックスを採用した商品なら、頻繁にゴミを捨てずに済みます。こまめに捨てるのが苦ではない人は問題ありませんが、ゴミ捨てに手間をかけたくない人はぜひチェックしてください。

作動音をチェックしよう

どんな製品でも鉛筆を削る際の音は避けられません。作動音の大小は人によって感じ方が違いますが、商品の説明文やレビューを参考にしてみると良いでしょう。また、静音設計と書かれているタイプは割と静かな作動音とされているため、音量が気になる人にはおすすめです。

安全性も大切

電動鉛筆削りは内部に鋭い刃が設置されているため、特に小さな子供がいる家庭では安全に使える製品を選ぶことをおすすめします。

例えば、オートストッパー機能がついたタイプなら、ダストボックスが外れていると作動しません。つまり、ダストボックスを開けたままだと中の刃に手が届く場合があるため、触って怪我をしないよう防止できる機能です。

また、鉛筆を挿入する部分にストッパーがついているタイプもあります。不用意に指を入れて怪我をしないよう、ぜひチェックしてください。

デザインを選ぼう

電動鉛筆削りのデザインは大変種類が多いため、こだわりがある人にも選びやすいのではないでしょうか。子供向け、大人向け、オフィス向けなど使用する人に合わせることもできます。キャラクターのデザインされたタイプなら子供への贈り物にもおすすめですが、長く使用することを考えて、あえてシンプルでスタイリッシュなタイプを選んでも良いでしょう。

また、鉛筆の挿入口はサイド部分についているか、上部についているかもデザイン性や使い勝手を左右します。設置する場所や好みに合わせて選びましょう。

電動鉛筆削りおすすめ人気ランキングTOP3

電動鉛筆削りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と

電動鉛筆削りの種類や選び方について紹介してきましたが、どのような製品が注目されているのでしょうか。ここでは、数ある電動鉛筆削りの中からおすすめの商品をランキングにして紹介します。どの商品も削り心地が良いという声があり、レビュー数が多く人気があります。ぜひ参考にしてください。

ランキング3位:「Tepoinn(テポインー)」

鉛筆削り 電動 Tepoinn 電動えんぴつ削り
鉛筆削り 電動 Tepoinn 電動えんぴつ削り
口コミ

デザインはシンプルでかわいいです。それにくずケースは半透明で中身が見え、削るときにどのくらい削れたのかとても見やすいです。

おすすめ人気ランキング3位は、コンセントと乾電池の両方を使用できる電動鉛筆削りです。写真ではわかりづらいですが、手に乗るくらいコンパクトで場所を取りません。直径が6~8mmと9~12mmの鉛筆に対応しているため、色鉛筆や三角鉛筆を削りたい人にもおすすめです。

ランキング2位:「ディズニー」

アナと雪の女王<アナ雪 電動式鉛筆削り器> 芯調整機能付き
アナと雪の女王<アナ雪 電動式鉛筆削り器> 芯調整機能付き

おすすめの人気ランキング2位は、多くの世代に人気のディズニー映画「アナと雪の女王」のデザインの電動鉛筆削りです。派手すぎない色とデザインなので大人でも使いやすいでしょう。また、「芯先調整機能」や「ムダ削り防止機能」もついていて、削る機能も充実しているところもおすすめのポイントです。

ランキング1位:「アスカ」

アスカ 鉛筆削り 電動シャープナー EPS99WN ホワイト
アスカ 鉛筆削り 電動シャープナー EPS99WN ホワイト

¥ 5,400

口コミ

とても使いやすいですよ。削りかすも結構溜められますし、総じて使いやすいです。

おすすめ人気ランキング1位は、大きなダストボックスが特徴の電動鉛筆削りです。ダストボックスの容量は約165mlでおよそ33回分の削りカスを溜めておくことができます。頻繁に捨てる手間がかからないため、大量に鉛筆を削る人におすすめです。

また、「オートストッパー機能」や「ムダ削り防止機能」などの基本性能が備えられているため、安心して使用できます。ブルー、レッドのカラーバリエーションがあり、好みに合わせて選べるところもおすすめのポイントです。

特徴・用途別おすすめの電動鉛筆削り

電動鉛筆削りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と

ここでは、さまざまなカテゴリーに分けて電動鉛筆削りのおすすめ商品を紹介していきます。あなたの求める機能やデザイン、使い勝手に合う電動鉛筆削りをぜひ見つけてみてください。

安くておすすめの電動鉛筆削りは?

アスカ 鉛筆削り 乾電池式電動シャープナー ピンク DPS30P
アスカ 鉛筆削り 乾電池式電動シャープナー ピンク DPS30P
口コミ

使いやすく、スマートで、大変気に入っています。横にしても、縦にしても削れるのがいいですね。

乾電池式を採用したスリムな電動鉛筆削りです。コードレスなのでどこにでも持っていけるところが便利なポイントです。また、縦置きでも横置きでも使用できるため、置き場所に合わせて使い分けられるところもおすすめです。

また、ダストボックスが開いた状態では作動しない「安全オートストッパー」がついているため、子供でも安心して使えるでしょう。アマゾンでは1500円を切る低価格でありながら、ブラックやホワイトなどの4色から選べるところもおすすめのポイントです。

おしゃれでおすすめの電動鉛筆削りは?

鉛筆削りは子供の文房具と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、最近ではおしゃれなアイテムも増えてきています。リビングやオフィスにも馴染むおすすめのデザインの電動鉛筆削りを選んでみましたので、ぜひ参考にしてください。

コンパクトタイプ

ソニック 鉛筆削り リビガク フリーキー 乾電池式 電動鉛筆削り アイボリー LV-1587-I
ソニック 鉛筆削り リビガク フリーキー 乾電池式 電動鉛筆削り アイボリー LV-1587-I
口コミ

とても、使いやすくて リビングと部屋を行ったり来たり持ち歩く事が出来るので 重宝しています。

子供向けのポップなデザインの電動鉛筆削りが多い中、おしゃれな商品も販売されています。この商品は色合いやフォルムが落ち着いていて、リビングなどにも馴染むのではないでしょうか。コンパクトな乾電池式なので、どこでも好きな場所で使用することができます。「オートストップ機能」付きなので削りすぎないところもおすすめです。

タワータイプ

ナカバヤシ 電動鉛筆削りき タワータイプ ブラウン DPS-401BR
ナカバヤシ 電動鉛筆削りき タワータイプ ブラウン DPS-401BR

¥ 2,527

口コミ

場所をとらず、片手で削ることができるので、 買ってよかったです。

筒型タイプのおしゃれな電動鉛筆削りです。すっきりとしたフォルムなので、リビングやおしゃれなオフィスにも合うでしょう。削りすぎを防止する機能やオーバーヒート防止機能もついているので、小さな子供がいる家庭でも安心して使えるところもおすすめのポイントです。

コードレスでおすすめの電動鉛筆削りは?

ビュートンコンパクト電動鉛筆削り器 BV-6
ビュートンコンパクト電動鉛筆削り器 BV-6

¥ 2,160

口コミ

電池式でどこにでも置いておける。 2種類の太さの鉛筆が削れ、通常の鉛筆と太い三角鉛筆も、削れる。 ちゃんと削り終わると止まるので、手回しのように削り過ぎない。

乾電池式を採用した電動鉛筆削りなので、コードが邪魔にならずに使えます。「芯先調節機能」は6段階ついていたり、「無駄削り防止機能」がついているなど、機能が充実しています。底面には滑り止めがついているなど、子供でも使いやすいところもおすすめのポイントです。

コンパクトでおすすめの電動鉛筆削りは?

SMARTRO 電動鉛筆削り 色鉛筆用 鉛筆用 子供 学校 事務用
SMARTRO 電動鉛筆削り 色鉛筆用 鉛筆用 子供 学校 事務用
口コミ

価格が安くて使い勝手がよいと心から思う!鉛筆の先も、太かったり長かったりすることもなく、何本か連続して削っても芯が折れない。

本体サイズは9×7.4×8.2cmと大変コンパクトで、ACアダプターと乾電池どちらも使えるため、省スペースで使うのにおすすめです。小型なのでダストボックスのこまめなお手入れは必要ですが、常にデスクに置いて使ったり、外出先に持ち出すこともできるため便利でしょう。色鉛筆や三角鉛筆にも対応しているところもおすすめのポイントです。

カラフルでおすすめの電動鉛筆削りは?

見た目がポップな電動鉛筆削りは、子供用にはもちろん、部屋のアクセントとしてもおすすめです。ここではカラフルな電動鉛筆削りを挙げてみました。

ピンク

レイメイ藤井 電動鉛筆削り 折芯除去機能付き ピンク RT453P
レイメイ藤井 電動鉛筆削り 折芯除去機能付き ピンク RT453P

¥ 4,320

口コミ

手動で削っていた時よりも、芯が折れる事がなく、ストレスを感じません。 もっと早く購入すれば良かったです。

オーソドックスなボックスタイプの電動鉛筆削りですが、色合いがポップでレトロ感を演出してくれます。削り終えると自動で止まる「オートストップ機能」のほか、「折れ芯除去機能」もついているため、万が一の際も安心です。「パワーがあって削りやすい」「邪魔にならない」という声もあり、子供だけでなく大人にも人気があります。

グリーン

プラス 乾電池式鉛筆削り グリーン 84-030
プラス 乾電池式鉛筆削り グリーン 84-030

¥ 2,484

口コミ

軽いですが、上から力を加えるタイプなので、とても安定しています。

明るめのグリーンの本体が特徴の電動鉛筆削りです。3段階の「芯先調整機能」が付いているので、好みの削り方で仕上げることができます。コンパクトな乾電池式の鉛筆削りなので、好きな場所に設置してしようできるところもおすすめです。ピンクやブルーのカラーバリエーションから選べるので部屋の雰囲気や好みに合わせて選びましょう。

モノトーンでおすすめの電動鉛筆削りは?

インテリアを邪魔しないモノトーンカラーの電動鉛筆削りはいかがでしょうか。白や黒のアイテムは、落ち着いた雰囲気のデスクやオフィスにぴったりです。また、飽きがこないところもおすすめなので、長く使えるのではないでしょうか。

ホワイト

ナカバヤシ 電動鉛筆削りき スリムタイプ ホワイト DPS-211W
ナカバヤシ 電動鉛筆削りき スリムタイプ ホワイト DPS-211W

¥ 3,996

口コミ

見た目がシンプルなのに加えて使いやすいです。小さい上にしっかりしています。

本体の全面がホワイトカラーのシンプルな電動鉛筆削りです。奥行きは16cmとコンパクトなので、置き場所を選ばずに使えるでしょう。「芯先調整機能」や「オートストップ機能」のほか、連続して使用した際の過熱を防ぐ「オーバーヒート防止機能」も付いているため、安心して使えるところもおすすめのポイントです。

ブラック

デビカ 電動シャープナー A-03 ブラック 040790
デビカ 電動シャープナー A-03 ブラック 040790
口コミ

吸盤もよくくっついて安定して楽々削ることができます。 見た目もかっこいい。

適度に曲線の入った美しいフォルムの電動鉛筆削りです。落ち着いたブラックカラーなので、オフィスや大人が使用する場合におすすめです。「ムダ削り防止機能」や「オートストップ機能」が付いているため、安心して使用できるでしょう。カラーバリエーションはホワイトとメタリックグレーがあり、どちらもモノトーン好きの人にはおすすめの商品です。

おすすめの電動鉛筆削りのメーカー3つと代表製品

電動鉛筆削りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と

さまざまなおすすめの電動鉛筆削りを紹介してきましたが、気に入った商品が見つかりましたでしょうか。「たくさんあって迷ってしまった」「贈り物にするからちゃんとした物が欲しい」という人のために、おすすめの電動鉛筆削りのメーカー・ブランドを選んでみました。

どのメーカー・ブランドもさまざまなランキングサイトでランクインするほど人気で、多くの人に使いやすい製品を製造しています。電動鉛筆削り選びに迷ったら、ぜひ以下のメーカー・ブランドを候補に入れてみてください。

ナカバヤシ

ナカバヤシ 電動鉛筆削りき えんぴつタイプ ブルー DPS-311KB
ナカバヤシ 電動鉛筆削りき えんぴつタイプ ブルー DPS-311KB
口コミ

それなりにちゃんと削れているので価格から考えても十分です。 宿題用としてリビングボードに置いているので、見た目のかわいさには満足しています。

「ナカバヤシ」は、ノートやアルバムなどで有名な文具メーカーで、家庭だけでなくオフィスでも使えるデザインの製品を多く製造しています。写真の電動鉛筆削りは、鉛筆の形を採用したユニークなデザインの商品で、子供がいる家庭に人気があります。

コンセントでも乾電池でも使用することができるため、、使い方の幅が広がるでしょう。イエロー、ピンクのカラーバリエーションがあるため、インテリアとして楽しみたい人にもおすすめです。

アスカ

アスカ Asmix 電動シャープナー ブラック EPS500BK
アスカ Asmix 電動シャープナー ブラック EPS500BK
口コミ

鉛筆削りとしての機能としては満足です。 削りすぎず芯も真ん中で削れているのでいいと思います。

「アスカ」は、文具用品のほか、パソコン周辺機器などを製造するメーカーです。「アスカ」の電動鉛筆削りはシンプルなデザインが多く、オフィスでも使いやすいでしょう。写真の商品は全面ブラックを採用したスタイリッシュなデザインの電動鉛筆削りです。

ダストボックスが大容量になっていて、約45本分もの削りカスを溜められます。「無駄削り防止機能」も備えられているため、基本性能もばっちりです。

サンリオ

マイメロディ スリム電動鉛筆削り
マイメロディ スリム電動鉛筆削り

¥ 3,240

口コミ

鉛筆たまに使うのでコードレスでそんなに邪魔にならないので良かった そして、可愛い

女の子に大人気の「サンリオ」は、さまざまな文具用品を展開しています。この商品は全面に淡いピンクと人気キャラクターのマイメロディを採用した、可愛らしいデザインの電動鉛筆削りです。乾電池式なので好きな場所に置いて使うことができます。進学や入学祝いの贈り物にもおすすめです。

電動鉛筆削りの使い方

電動鉛筆削りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と

電動鉛筆削りを長く快適に使用するためにも、使い方のコツお知っておくと便利でしょう。ここでは、電動鉛筆削りの使い方や良くあるトラブルの解消方法を紹介します。ぜひお役立てください。

削りカスはいつ捨てる?

ダストボックスが小さい電動鉛筆削りは、削りカスがすぐいっぱいになってしまいます。あまりにも削りカスがぎゅうぎゅうに入っていると刃の部分にまで達してしまい、削りづらくなることも考えられます。そのため、少し余裕があってもいっぱいになる前に捨てたほうが良いでしょう。

削りカスが入っているのが気になる人はこまめに捨てるといつでも綺麗な状態を保てます。削り終えたら毎回捨てるのは大変という人は、目安を決めておくといつでも快適に使用できるのではないでしょうか。

詰まった時は?

短い鉛筆を削ろうとすると、中で詰まってしまうことがあります。そんな詰まりを簡単に解決する方法はあるのでしょうか。

まずは振ってみよう

本体を逆さまにして振るだけで簡単に抜け落ちてくることもあります。ダストボックスを取り外すか、ロックされていることを確認してから行いましょう。

接着させて抜き出す方法

振っても出てこない場合は、他の鉛筆と接着させて抜き出すという方法があります。鉛筆を挿入する穴に、先の部分に接着剤をつけた鉛筆を挿入します。詰まった鉛筆に接着させたら抜き出しましょう。ただし、この方法は本体内部に接着剤が付着する危険性もあるため、手先の器用さやコツが必要です。

内部から押し出す方法

挿入口からではなく、内部から押し出すという方法もあります。ダストボックスを取り外すと、内部を確認できるでしょう。詰まっている鉛筆が見えれば、そこにペーパーナイフなどを刺して挿入口の方向にずらしていってください。ただし、この方法は子供では危険なので、必ず大人がやるようにしましょう。

それでも取れない場合は?

手を尽くしても取り出せない場合は、メーカーのお客様相談室などに問い合わせてみましょう。無理に取り出そうとして分解したり、内部をいたずらに触ると怪我をする危険性があるため、やめましょう。保証期限内であれば無料で修理してくれる場合もあるため、メーカーに確認を取ることをおすすめします。

便利で安全な電動鉛筆削りを選ぼう!

電動鉛筆削りおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と

電動鉛筆削りの種類や選び方、さまざまなおすすめの電動鉛筆削りを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。電動鉛筆削りは、製品によって使いやすい機能がさまざまあるので、用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

また、本体のサイズやデザインもさまざまあるので、置くスペースや部屋の雰囲気に合わせるのも良いでしょう。今回紹介してきたおすすめの電動鉛筆削りを参考に、便利で安全に使える商品を選んでみてください。

Related