Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月24日

3色ボールペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

1本で3色を使い分けられる便利な3色ボールペン。会議でノートをとったり手帳にも便利です。そんな3色ボールペンのおすすめ商品を集めてみました。インクやグリップに工夫が凝らされた3色ボールペンやおしゃれでプレゼントにもおすすめのものまで多数ご紹介します。

3色ボールペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

3色ボールペンの種類と選び方

3色ボールペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

3色ボールペンを使ったことはありますか。一般的に1本で黒、赤、青の3色の使い分けできるタイプが多く、メモやノートなどをわかりやすくまとめたり、手帳などの重要なポイントに印をつけることもできて大変便利です。

そんな3色ボールペンには、本体のデザインだけでなく、芯の太さやインクの種類がさまざまあります。ボールペンなんてどれも同じと考えている人も、種類を選んで使うとその書き心地の違いに驚かされるでしょう。

ここでは、3色ボールペンの芯の太さとインクの種類に注目して、違いや特徴を説明します。また、選び方のポイントも紹介しますので、ぜひあなたに使いやすい3色ボールペンを見つけるヒントにしてみてください。

3色ボールペンの芯の太さの種類

3色ボールペンの芯はの太さには、どのようなタイプがあるのでしょうか。芯の太さごとにおすすめの用途も紹介します。

0.3mm〜0.4mm

芯の太さが0.3mmから0.4mm程度だと、細い線を書くことができます。そのため、付箋やインデックスなどの狭いスペースに小さな文字を書いたり、ノートにぎっしり文字を書きたいときにおすすめです。詰め込んで書いても線が細いため、見返したときに読みやすいしょう。

0.5mm〜0.7mm

一般的な3色ボールペンの芯の太さの中で、中くらいに入るのが0.5mmから0.7mmの太さです。製品によりますが、替え芯のラインナップが多く、手に入れやすい太さと言えるでしょう。筆圧のバランスが良く、太すぎず細すぎないちょうど良い太さの文字を書くことができます。メモを取ったり手紙を書く場合におすすめです。

1.0mm

1.0mmというとイメージ的にはたったの1mmですが、実際に書いてみると太めの文字になります。滑らかな書き心地なので、速く書きたいときにおすすめです。

例えば商談でメモを取る場合や、図形やイラストを交えてノートを素早く取りたいときに便利です。太い線なのではっきりと見やすく、イラストを描く人にもおすすめです。

3色ボールペンのインクの種類

続いて3色ボールペンのインクの主な種類を紹介します。どのような特徴があるのかを挙げてみましたので、ぜひ参考にしてください。

油性

油性インクは、耐水性があるのでにじみにくいのが特徴です。また、速乾性があり、変色しにくいため、大切な書類に記入する際にもおすすめです。書き心地は水性よりも重く感じやすく、粘性が強いため細い線を書きにくいという面も持っています。

しかし、最近では低粘度油性インクというタイプも販売されています。このタイプなら従来の油性インクよりも固まりにくく、滑らかに書くことができます。

水性

水性インクは溶剤に水を混ぜて作られていて、油性タイプよりも滑らかな書き心地なのが特徴です。溶剤に染料が使われている場合は、発色が良く鮮やかに見えますが、乾きにくく滲みやすいというデメリットがあります。顔料の場合は、速乾性と耐水性があるため、書いてすぐに紙を触っても汚れにくいという特徴があります。

ゲル

ゲルインクは、油性インクと水性インクの良さを合わせた特徴を持っていて、さまざまな場面で使いやすいでしょう。具体的には、油性のメリットである耐水性と、水性のメリットの滑らかな書き心地を両立しています。

また、インクがにじみにくいため、くっきりとした文字を書くことができます。ただし、インクの減りが早く、油性インク、水性インクよりも価格が高めというデメリットもあります。

3色ボールペンの選び方

3色ボールペンを選ぶ際は、デザインに目がいきがちですが、書き心地を見極めるためには本体の太さやグリップ部分などに注目すると良いでしょう。ここでは3色ボールペンの選び方のポイントを挙げてみましたので、参考にしてください。

ちょうど良い本体の太さを選ぼう

本体の太さは10mm程度の製品が一般的で、太いものは12mm程度あります。太いと感じるか細いと感じるかは、手の大きさにもよりますが、12mmは男性でも太く感じると言われています。また、グリップ部分の太さと軸の部分の太さは異なる場合もあるため、選ぶ際はどちらもチェックしておきましょう。

握りやすいグリップは?

グリップ部分は、ゴムがつけられたタイプ、軸部分と同じ素材で作られたタイプなどさまざまあります。ゴムがついていると滑り止めになるため、長時間使用しても疲れにくいでしょう。軸部分の素材と同じプラスチックやステンレスなどの場合は、握りやすさはゴムタイプに比べて劣りますが、胸ポケットや手帳のペンホルダーなどに入れやすいというメリットがあります。

ノック式と繰り出し式

芯の色を替える方式は、ノック式と繰り出し式があります。ノック式なら片手で簡単に色を替えることができるのがメリットです。しかし、ノック部分があるため、本体が太くなる傾向があります。

一方、繰り出し式は本体を回して芯を繰り出すタイプで、両手を使う必要があります。素早く色を替えるのには向いていませんが、本体の内部に芯を替える機構が入っているため、外観はスッキリしていて収納に便利です。

このようにどちらの方式も一長一短があるため、使用するシーンや好みに合わせて選ぶことをおすすめします。

3色ボールペンおすすめ人気ランキングTOP3

3色ボールペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

3色ボールペンの種類や選び方を紹介してきましたが、どんな商品が人気があるのでしょうか。ここでは、さまざまなランキングサイトでも上位に入るおすすめの3色ボールペンを紹介します。アマゾンでのレビュー数も多い商品ばかりなので、使い心地なども参考にしやすいでしょう。ぜひ3色ボールペン選びの参考にしてみてください。

ランキング3位:「フリクションボール」

パイロット フリクションボール3 05 ブラック P-LKFB60EF-B
パイロット フリクションボール3 05 ブラック P-LKFB60EF-B

¥ 648

口コミ

仕事のミーティングでよく使用しています。 ホワイトボードと同様の使い方ができるので、マインドマップを作ったりするのに重宝しています

おすすめ人気ランキング3位は「パイロット」の3色ボールペンです。一度書いた文字をペン先と反対側の消しゴムでこするとインクを消すことができます。これは、60℃以上で消える「フリクションインキ」という特殊な素材を採用しているためです。

書き直しができる3色ボールペンはパイロット独自の機能なので、多くの人に支持を得ています。手帳に書いた予定が変わってしまった場合などでも、何度でも書き直せるためおすすめです。また、壊れにくいリフトクリップを採用しているところもおすすめのポイントです。

ランキング2位:「エナージェル」

ぺんてる 多色ボールペン エナージェル3色 ホワイト軸 XBLC35W
ぺんてる 多色ボールペン エナージェル3色 ホワイト軸 XBLC35W

¥ 540

口コミ

インクが濃く、速乾。書き味もいい。 滑らない書き味なので軽くかけるので肩が凝らないかもね。

おすすめ人気ランキング2位は「ぺんてる」の3色ボールペンです。染料タイプのゲルインクを採用していますが、「エナージェル」という特殊なインクなので速乾性があり、にじみにくいのが特徴です。また、書いていくと液体化する素材なので滑らかな書き心地を感じることができるでしょう。

筆跡がクリアで鮮明になるため、ビジネスシーンなどで素早く書類にサインしたり、手紙や封筒などに文字を書く場合にもおすすめです。書きやすさだけでなく、グリップが持ちやすいという声も多く、快適に使用できるでしょう。

ランキング1位:「ジェットストリーム」

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリーム 0.38 SXE340038T.24 透明ブラック
三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリーム 0.38 SXE340038T.24 透明ブラック

¥ 432

口コミ

油性だから書いてすぐ擦れて汚くなったりしません。 3色使えるのも最高です。 インクがなくなったらまたリピします。

おすすめ人気ランキング1位は「三菱鉛筆」の3色ボールペンです。低粘度の油性インクを採用しているため、大変滑らかに書くことができます。「ここまで書きやすいペンは初めて」「書きやすさNo.1」という声もあり、書き心地にこだわりのある人にもおすすめです。

スプリングチップが内蔵されているため、ペン先からインクが漏れてくるのを防いでくれます。また、重さは14gと軽いため安心して携帯することができるところもおすすめのポイントです。軸のカラーはピンクやネイビーなどから選べるので、好みに合うカラーを選んで長く愛用してみてはいかがでしょうか。

特徴・用途別おすすめの3色ボールペン

3色ボールペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

3色ボールペンにはさまざまな種類があるため、好みのデザインやインク、書き心地を選ぶことをおすすめします。ここでは、特徴・用途別のおすすめの3色ボールペンを紹介しますので、あなたにぴったりの3色ボールペンを見つけてみましょう。

安くておすすめの3色ボールペンは?

ぺんてる 多色ボールペン ローリー3色 0.7mm クリアピンク軸 黒、赤、青インキ BPC37P
ぺんてる 多色ボールペン ローリー3色 0.7mm クリアピンク軸 黒、赤、青インキ BPC37P

¥ 324

口コミ

三色で0.7mmの物の中で書きやすいです。 替え芯も買いやすく非常に気に入っています。

オーソドックスなノック式の3色ボールペンですが、デザインがおしゃれで存在感があるのが特徴です。0.7mmの芯を採用しているため、会議用のノートを取ったり手帳に記入する際など、さまざまなシーンで使いやすいでしょう。

また、カラーバリエーションが豊富で、オレンジ、グリーン、ブルー、ブラック、ホワイト、クリアから選ぶことができるところもおすすめのポイントです。好みのカラーを選べば気分を上げて書くことができるのではないでしょうか。

高級でおすすめの3色ボールペンは?

LAMY ラミー tri pen トライペン ロゴ 3色ボールペン
LAMY ラミー tri pen トライペン ロゴ 3色ボールペン

¥ 5,400

口コミ

シルバー調のステンレスボディが目を引く3色ボールペン。 コンビニの安っぽい質感がそぐわないシーンのときに使用しています。

「ラミー」は、ボールペンのほか、万年筆やシャープペンシルを製造する高級ブランドです。機能的でありながらスタイリッシュなデザインの製品が多く、プレゼント用としてもおすすめです。写真の3色ボールペンは、樹脂とステンレスを採用したシンプルなデザインで、シーンや収納場所を選ばずに使えます。

樹脂の表面にはヘアライン処理が施されているため、適度なグリップ感と書きやすさを感じることができるでしょう。高級ブランドなので価格は高めになりますが、営業や商談などのここぞというシーンで取り出せば、相手に敬意を示すことができるのではないでしょうか。

プレゼントにおすすめの3色ボールペンは?

CROSS (クロス) Tech 3 テックスリー
CROSS (クロス) Tech 3 テックスリー

入学祝いや就職祝いなどで3色ボールペンをプレゼントしてみるのも良いでしょう。「クロス」のボールペンは著名人でも使用している人が多いと言われるほど人気があり、書き心地、デザイン共におすすめできる商品です。

程よい重さがあるので、すらすらと書きやすいでしょう。丸みのあるペン先がおしゃれで、特に女性におすすめです。反対側にはタッチペン用のキャップがついているため、スマホやタブレットの操作にも使用できます。また、化粧箱付きなのでプレゼントしやすいところもおすすめのポイントです。

油性でおすすめの3色ボールペンは?

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 SXE340005.9 ネイビー
三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリーム 0.5 SXE340005.9 ネイビー

¥ 432

口コミ

粗悪なボールペンだと書いているうちにペン先にインクがたまってきたりしますが、これはそういうことはありません。 インクが手について用紙を汚すことも今のところありません。

おすすめ人気ランキングでも紹介した三菱鉛筆のジェットストリームの3色ボールペンです。こちらは0.5mmの芯を採用していてさまざまなシーンで使いやすくなっています。インクの発色が良く、低い筆記でも滑らかに書くことができます。また、速乾性があるため、書いてすぐに手を当てても汚れがつきにくいところもおすすめです。

軸のカラーは7種類あり、ビジネスシーンやプライベートなどシーンや好みに合わせて選ぶことができます。グリップ部分にはゴムが巻かれていて滑りにくく、太さも握りやすく工夫されているところもおすすめのポイントです。

おしゃれでおすすめの3色ボールペンは?

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリームF 0.5 SXE360105.24 ルミナスブラック 三菱鉛筆
三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリームF 0.5 SXE360105.24 ルミナスブラック 三菱鉛筆

¥ 648

口コミ

ペン字の太さ、書きやすさ、見た目と全て満たしてくれたボールペンです。 黒とベージュを持ってますが、仕事で3色ボールペンを使用する際、安く見えず助かってます。

回転繰り出し式を採用したすっきりとしたデザインの3色ボールペンです。

回転させる部分に切り替えのシルバーが施されていてアクセントになっているので見た目が大変おしゃれです。見た目だけでなく三菱鉛筆独自の低粘度油性インクを採用しているため、書き心地もばっちりです。

本体のカラーはシルキーゴールドと写真のブラックから選ぶことができます。ブラックは細かいラメが入っているため女性でもおしゃれに持つことができておすすめです。「長持ちする」「書き心地が滑らか」という声もあり、愛用者が多い商品です。

かわいくておすすめの3色ボールペンは?

トンボ鉛筆 3色ボールペン リポータースマート ホワイト軸
トンボ鉛筆 3色ボールペン リポータースマート ホワイト軸
口コミ

とても使いやすいです。サラサラと滑らかで、細めに書けます。 黒がとてもスマートでかっこよく、気に入っています。

グリップ部分にドット柄があしらわれた可愛らしい3色ボールペンです。大人でも使いやすいため、オフィスなどで可愛いアイテムを使いたい人にもおすすめです。可愛いだけでなく、トンボ鉛筆独自の「SMARTインク」という超低粘度インクを採用しているため、書き心地が滑らかです。

また、色ごとに形状が異なるノックボタンを採用しています。そのため、いちいち色を判別しなくても、指先の感覚で目的の色をセットできるところもおすすめのポイントです。

名入れ可能でおすすめの3色ボールペンは?

名入れ ジェットストリーム 0.7mm 【3色】 ブラック SXE380007.24
名入れ ジェットストリーム 0.7mm 【3色】 ブラック SXE380007.24

書き心地の良い「ジェットストリーム」の3色ボールペンに名入れができる商品です。書き心地のよいボールペンに名前を入れれば、特別感が増し、長く使用することができるでしょう。お祝いのプレゼントとしてもおすすめです。

本体のカラーは写真のブラックの他に、シルバー、ネイビー、ボルドーがあり、どれも高級感があり大人っぽい印象の3色ボールペンです。フォントは筆記体、ブロック体、日本語から選べるので、好みに合わせられるところもおすすめのポイントです。

スリムでおすすめの3色ボールペンは?

ゼブラ 3色油性ボールペン クリップオン スリム3C P-B3A5-C 透明
ゼブラ 3色油性ボールペン クリップオン スリム3C P-B3A5-C 透明

¥ 324

口コミ

スリムなので書きやすい・手帳に挿むのにピッタリ。 また、クリップを折れにくいので長持ちするのもうれしい限り。

3色ボールペンは芯が多いため通常のボールペンよりも太くなる傾向がありますが、この3色ボールペンは大変スリムで、携帯性に優れています。重さもわずか10.8gと大変軽いため、胸ポケットなどに入れても違和感なく持ち歩くことができるでしょう。

また、バインダークリップを採用しているため、手帳や資料などに取り付けやすいでしょう。折れにくいため長く使用できるところもおすすめのポイントです。

おすすめの3色ボールペンのメーカー3つと代表製品

3色ボールペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

さまざまなおすすめの3色ボールペンを紹介してきましたが、気に入った商品は見つかりましたでしょうか。ここではおすすめの3色ボールペンのメーカーを紹介します。

どのメーカーもさまざまなランキングサイトで上位に入るものばかりで、レビューの評価が高いです。「長く使用できるボールペンが欲しい」「定評のあるメーカーから選びたい」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

三菱鉛筆

三菱鉛筆 スタイルフィット 3色ホルダー マイスター 回転式 ガンメタリック UE3H1008.43
三菱鉛筆 スタイルフィット 3色ホルダー マイスター 回転式 ガンメタリック UE3H1008.43

¥ 1,080

口コミ

すべり止めがなく、でかでかと商品名やメーカー名が書かれていないところが好印象。 削ぎ落とされたデザインです。

「三菱鉛筆」は、さまざまな鉛筆、消しゴム、ボールペンなどを製造する有名文具メーカーです。この記事でも紹介してきたように、「ジェットストリーム」の評価が大変高いです。耐水性と速乾性を兼ね備えていて、滑らかな書き心地なので多くの人に支持を得ています。

写真は、3色ボールペンのホルダーなので、好きな芯を選んでカスタマイズできる商品です。人気の「ジェットストリーム」を使ってみたいけれど好みの商品が見つからないという人は、自分で好みの芯の太さや色を選んでオリジナルのボールペンを作ってみてはいかがでしょうか。

パイロット

アクロボール3 (黒・赤・青)3色ボールペン 【ソフトグリーン軸】 BKAB40FSG
アクロボール3 (黒・赤・青)3色ボールペン 【ソフトグリーン軸】 BKAB40FSG
口コミ

低粘度ゆえに摩擦力が強く、ゆえに紙の上でもしっかりとした書き心地が感じ取れます。 おすすめの逸品です!

「パイロット」は、書いて消せる「フリクションボール」が有名で、これまでの「ボールペンは修正ペンで消す」という常識を覆す革命的な製品を生み出しました。また、もう一つ評価が高いのが写真の商品にも搭載された「アクロインク」です。

「アクロインク」は低粘度の油性インクで、大変滑らかな書き心地を実感できます。また、発色が良いので、はっきりと濃い文字を書くのにおすすめです。インクが詰まりにくいという声もあり、大変人気があります。

ぺんてる

ぺんてる 3色ボールペン ビクーニャ0.7 XBXC37S スカイブルー
ぺんてる 3色ボールペン ビクーニャ0.7 XBXC37S スカイブルー

¥ 432

口コミ

仕事で使っています。大変書きやすくお気に入りです。おすすめです。

「ぺんてる」は色鉛筆やクレヨンのイメージが強いと感じる人も多いでしょう。「ぺんてる」のボールペンは、速乾性に優れた「エナージェル」や超低粘度インキを採用した「ビクーニャ」が有名です。

写真の商品は、超低粘度インキを採用したタイプで、鮮やかな発色と軽い書き心地が特徴の3色ボールペンです。パープルやブラックなどのカラーバリエーションがあり、好みのボールペンを選べるところもおすすめのポイントです。

3色ボールペンの使い方・芯の替え方

3色ボールペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

3色ボールペンは、芯を交換すれば本体の耐久性が続く限りずっと使うことができます。長く快適に使用するために、3色ボールペンの使い方や芯の替え方について説明します。

使い方のコツは?

ボールペンには筆記する際に適した角度があり、おおよそ60度から90度がインクが出やすく書きやすいと言われています。ペンを寝かせずに立てるようにして書くのがコツです。インクが出づらいと感じた場合は、まずは紙に対する角度を注意してみましょう。

他の色を使いたい場合は?

3色ボールペンは黒、赤、青の芯がセットされている場合がほとんどです。しかし、緑やオレンジなどカラフルな色も使いたいという人もいるでしょう。その場合は、純正か互換性のある替え芯が販売されていれば、好きな色を使うことができます。また、違う書き心地のインクを使用したいという場合にも、本体に合えば好きなタイプのインクを使用して構いません。

「本体はとても気に入ったけれど芯の太さやインク・色がいまいち」という場合にも、カスタマイズできるところが3色ボールペンのメリットです。あなた好みの3色ボールペンを作るのもおすすめです。ただし、替え芯が本体に適合しない場合は無理に入れないようにしましょう。

芯の替え方は?

通常のボールペンと同じようにペン先の口の部品を外し、軸の部分からグリップを取り外しましょう。そして交換したい芯を繰り出して付け替えます。繰り出したまま芯を交換するのがポイントです。交換できたら外した部品を取り付けて完成です。

愛用できる1本を選ぼう!

3色ボールペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

3色ボールペンの種類や選び方、さまざまなおすすめの3色ボールペンを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。3色ボールペンは1本で3色を使い分けられるため、さまざまな場面で便利に使うことができます。

使用する場面に合わせて芯の太さやインクの種類を選べば、より快適に書くことができるのでおすすめです。また、芯を替えれば長く使用することができるのがボールペンの良いところです。お気に入りのデザインの3色ボールペンを見つけて、ぜひ長く愛用してみてください。

Related