Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月14日

青ペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

「青ペン学習法」をご存知でしょうか。簡単にいうと、青色の持つ特徴を生かした勉強法です。それではこの学習法ではどのような青ペンを使えばいいのでしょうか。今回は、青ペン人気TOP3や、おすすめのメーカーや活用方法などをご紹介していきます。

青ペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

青ペンの種類と選び方

青ペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

青ペンの種類と、おすすめの選び方をご紹介します。

青ペンの種類

青ペンといっても油性・水性・万年筆・蛍光ペンなどさまざまな種類のものがあります。まずは、青ペンの種類とその特徴をご紹介していきます。

油性ボールペン

三菱鉛筆 油性ボールペン パワータンク
三菱鉛筆 油性ボールペン パワータンク

¥ 216

口コミ

仕事で雨天の中メモ帳に数字の書き取りをしなければならないので濡れた紙でもにじまないボールペンを探していました。試しに水を垂らした防水紙に書いてみたところ、きれいに書けました。

インクの粘度が高い油性インクは耐水性に優れており、裏移りの心配もありません。書き心地は重めで、強い筆圧が必要です。物によっては書き出しがかすれやすかったり、インクの出かたにムラがあるという場合がありますが、最近の油性ペンは改良されていてムラもなくさらさらと書けるものが多くなっています。

水性ボールペン

パイロット 水性ボールペン Vコーン
パイロット 水性ボールペン Vコーン

¥ 105

口コミ

まずコスパ、シンプルな見た目、発色、書くときもガリガリかけて気持ちいいです!

サラサラとした書き心地で、弱い筆圧でもしっかりと文字が書けます。紙の質によっては滲んだり、裏移りする場合があります。

ゲルインクボールペン

三菱鉛筆 uni ゲルインクボールペン ユニボール シグノ
三菱鉛筆 uni ゲルインクボールペン ユニボール シグノ

¥ 162

口コミ

インクがスムーズに出ます。サラサラと書けるのに乾きが早く手にはほとんど付きません。

水性ボールペンのようなサラサラとした書き心地ですが、滲みにくく耐水性に優れているという、水性と油性の良いところを併せ持っています。インクの減りが早いという面があります。

消せるボールペン

パイロット フリクションボール ノック
パイロット フリクションボール ノック

¥ 241

口コミ

フリクションボール、大変便利なので会社と家の両方で使っています。安いし早い。お勧めです。リピ買いです。

書いた文字を付属のラバーで擦ると、摩擦により透明化することができるボールペンです。何度も書き直しができ、滲みもありません。摩擦による熱で文字を透明化しているので、消せるボールペンで書いたノートなどを高温の部屋に保存していると文字が消えてしまう可能性があります。

万年筆

パイロット 万年筆 コクーン チタン 細字
パイロット 万年筆 コクーン チタン 細字

¥ 3,240

口コミ

この価格で この質感 ほどほどの書き味 ありですね。 購入して 2年ほど手帳用(ほぼ日)に使用しています かすれることなく、カリカリとした 書き味が好きです。

水性のインクでサラサラとした書き心地です。ビジネスシーンでもお洒落に使えるようなデザイン性の高いものが多くあります。インクの交換やメンテナンスに手がかかるという場合があります。

フェルトペン

ゼブラ 紙用マッキー青
ゼブラ 紙用マッキー青

¥ 162

口コミ

紙に書いても裏移りしません。乾けば耐水性。インク臭さも無い。手に付いても少量なら洗い落とせる。

ペン先がフェルトで作られている物で、用途によりマーカーペン・ネームペンなど呼び方もさまざまです。油性であれば紙だけでなくプラスチックや金属にも文字を書くことが可能です。

蛍光ペン

プロパス2 太字角芯・細字丸芯
プロパス2 太字角芯・細字丸芯
口コミ

色は薄い青色、水色といった感じで、濃い感じではなく、紙の裏にしみたりもしないです。

半透明のインクを文字に重ねたり下線を引くことで、文字を目立たせることができます。ペン先の種類も豊富で、フェルトタイプの他に筆タイプ・窓付きタイプ・樹皮コートタイプなどがあります。消すことができる蛍光ペンも発売されています。

青ペンの選び方

青ペンの選び方として大切なのは、用途によってどこに重点を置くかということです。長時間握っていても疲れにくいということに重点を置くならば、筆圧が弱くてもはっきりと文字が書ける水性ボールペンタイプの青ペンがおすすめです。

カーボン紙を使う際には強めの筆圧が必要になるので油性ボールペンタイプがおすすめですし、聞き取ったことを素早く書き留める作業など、滑らかな書き心地と速乾性が必要であればゲルインクタイプの青ペンがおすすめです。

他にも、芯の太さや握りやすさ、形、同じ青でも絶妙に違った色味やコストパフォーマンスなど選ぶポイントはさまざまです。自分の使う用途に合わせて選ぶことをおすすめします。複数タイプの青ペンを持っておくというのも良いでしょう。

青ペンおすすめ人気ランキングTOP3

青ペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

それでは、青ペンおすすめ人気ランキングTOP3をみていきましょう。お気に入りの1本を見つける際、ぜひ参考にしてみてください。

第3位

ぺんてる ゲルインキボールペン エナージェル・エックス
ぺんてる ゲルインキボールペン エナージェル・エックス

¥ 108

口コミ

これ以外のボールペンは考えられません。 書き心地、インクの量、ペンの太さ、 しっかり濃いのにすぐ乾く、 もう全てが完璧です!

なめらかな書き心地と濃くはっきりとした筆跡、そして速乾性が高く評価されているエナージェルシリーズの1本です。インキ排出時にゲルから液体に変化する際のスピードが特に速く、従来のゲルインキボールペンを凌ぐ滑らかさです。板書の書き写し、会議の議事録など速く文字を書き込まなければならない時や、速乾性を重視する方には特におすすめです。ボール径は0.5mmと0.7mmがあります。

第2位

ゼブラ 水性ボールペン サラサクリップ
ゼブラ 水性ボールペン サラサクリップ

¥ 108

口コミ

今までメモは黒ペンを使っていましたが、青色のペンは記憶力を向上させるとのことなので、切り替えました。使い心地はとても良いです。ダマもできません。乾燥も今のところなし。

サラッとした書き心地と、美しい発色が人気のサラサシリーズです。油性と比べて滲みやすいというイメージのある水性ボールペンですが、耐水性に優れた水性顔料タイプのインクが使われているので、滲みにくく軽い書き心地となっています。書きやすさだけでなく、ブルーの中にもさまざまなラインナップがあるということから学生さんにも人気が高いシリーズです。

ボール径は0.3、0.4、0.5、0.7、1.0mmの5タイプとなっており、ノートの罫幅や用途によって使い分けがしやすいのでおすすめです。

第1位

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム
三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム

¥ 163

口コミ

このシリーズは書きやすくて大好きです!思っていた通りの書き心地、大変満足しています。

オフィスや学校などで、1度は使われているのを見たことがあるという方が多いのではないでしょうか。1位は油性ボールペンでありながら低い筆記抵抗で、滑らかな書き心地となっているジェットストリームです。

速乾性に優れており、書いた直後に手が触れて汚れてしまうというストレスを軽減してくれています。また、滑らかな書き心地のボールペンならではのペン先からインクが漏れ出してしまうアクシデントを防ぐ構造となっています。使い始めると癖になるおすすめの青ペンです。

特徴・用途別おすすめの青ペン

青ペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

「こんな時はどのような青ペンを使えば良いのかわからない」と、迷ってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。青ペンといえども悩みは尽きません。お次は、特徴・用途別におすすめの青ペンをご紹介しています。

勉強する時におすすめの青ペン(1)

パイロット 消せる4色ボールペン フリクションボール4
パイロット 消せる4色ボールペン フリクションボール4

¥ 864

口コミ

メモとか重要で長期保存するもの以外では普通に使える。簡単に消すことができるのでよい。

こちらのフリクションは青ペン以外に黒・赤・緑がついた4色セットになっています。消すことができるので、ノートの書きとりミスをしてしまった場合も修正テープなど使うことなく作業を進めることができます。先ほどもご説明したように高温の場に保存しておくと文字が無色化されてしまうのでご注意ください。

勉強する時におすすめの青ペン(2)

ゼブラ サラサスタディ
ゼブラ サラサスタディ

¥ 157

口コミ

明るすぎない青です。 青ペン学習にぴったり。 残量が全て見えるので、 勉強したあとの減り具合が楽しみです。

グリップが透明のスケルトンタイプになっており、中芯に目盛の印刷とパーセント表記が施され、段階的に花が咲いていく桜がプリントされています。中芯に目盛がある事により、学習量の見える化ができ、インクの減り具合を視覚する事で目標設定とその達成感を味わうことができます。

暗記に集中したい時におすすめの青ペン(1)

サクラクレパス ボールサイン
サクラクレパス ボールサイン
口コミ

手帳や、カレンダーに、自分の予定の内容や、家族の予定なども書き入れる時、 項目別に色分けすると、わかりやすいと思い、今回、こちらの12色ボールペンを買いました。

暗記学習するとなれば、大量のインクが必要になります。インクの質も重要ですが、コストが気にかかるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらのサクラクレパス「サインボール」は1本80円(+消費税)と手ごろな価格となっており、ガッツリ使いたいという方におすすめします。発色はクレヨンで有名なサクラクレパスとだけあってとても鮮やかで、書き心地も滑らかです。

暗記に集中したい時におすすめの青ペン(2)

ゼブラ ゲルインクボールペン サラサ ドライ
ゼブラ ゲルインクボールペン サラサ ドライ

¥ 162

口コミ

「我が日本のインク科学は世界一ィィィ!できんことはないイイィーッ!」と言いたい。 惜しむらくはパッケージングだろうか。 この実用的すぎるペン胴体。

速乾性が特徴のサラサドライ。紙に浸透しやすい成分が配合されたインクがすぐに染み込むので、書いた直後に触れて手が汚れることを防いでくれます。ボール径は0.4、0.5、0.7mmとありノート罫幅に合わせることもできます。左利きの方や、縦書きで使われる方にとくにおすすめします。

先生におすすめの青ペン(1)

プラチナ万年筆 万年筆 プレジール
プラチナ万年筆 万年筆 プレジール

¥ 1,080

口コミ

Platinumの万年筆は、初めてですが、サラサラと、紙の上を滑るように書けました。最初すこしひっかる様でしたが、直ぐ慣れるでしょう。

「採点ペン」を発売しているPLATINUMの万年筆です。ボリュームのある柔らかいフォルムから高級感を感じさせますが、お値段は1000円(+消費税)と手の出しやすい価格となっています。インクを交換すれば繰り返し使えます。インクカートリッジは10本セットで400円(+消費税)、2本セットで100円(+消費税)とこちらもリーズナブルです。

青ペンを学習用として使うだけでなく、日ごろから字を書く機会の多い先生におすすめの1本です。

先生におすすめの青ペン(2)

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1
三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1

¥ 1,080

口コミ

ペンに5本の芯が入っているだけあって、太く、重みがあります。そのおかげで安定して書けるだけでなく、ジェットストリーム本来の書き味を出せていると思います。大変良いボールペンです。

先生におすすめの青ペン、2本目は大人気のジェットストリームです。こちらは4色(青・黒・赤・緑)+シャープペンがまとめて1本になった多機能タイプです。こちらもインクの交換をすることで繰り返し使えます。ボール径は0.38、0.5、0.7mmの3種類あります。

書きなぐりする時におすすめの青ペン

書きなぐり勉強法とは、ひたすら覚えたい事、見たり聞いたりした事を青ペンでノートに書きなぐっていくという勉強法です。

頭がよくなる 青ペン 書きなぐり勉強法

頭がよくなる 青ペン 書きなぐり勉強法
頭がよくなる 青ペン 書きなぐり勉強法
口コミ

人生において一度は読んだ方がいい本だと思います! 様々な価値観やモノや見方が変わってくると思います!

資格試験の勉強や、プレゼンテーションなどにおいて効率的に進めることができると言われています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。それでは、書きなぐりにおすすめの青ペンをご紹介します。

書きなぐりする時におすすめの青ペン(1)

油性のしっかりとした手ごたえと、ジェルのサラサラとした軽さを兼ね備えたエマルジョンインクが搭載されています。商品名にもなっているように、スラリと文字を書き進めることができ、またコストパフォーマンスにも優れているので、書きなぐりにおすすめの青ペンです。

書きなぐりする時におすすめの青ペン(2)

SAILOR セーラー万年筆 IC リキッドボールペン
SAILOR セーラー万年筆 IC リキッドボールペン
口コミ

芯の固定が今一つ。握りはなかなかよいです。ブルーブラック色もご検討ください。

従来の中性インクよりやや粘度の低いインクを使い、万年筆のような筆記感となっています。くびれたボディで持ちやすく疲れにくい作りなので、書きなぐりのようにひたすら文字を書いていくという作業におすすめです。

ノートの罫幅別おすすめの青ペン

ノートの罫線は、横罫、方眼、そして無地が一般的で、ノートにA罫、B罫と書かれていることがあります。A罫は7mm罫線で幅が広めなので書き込みやすく、B罫は6mm罫線で読みやすいという特徴を持っています。A罫とB罫それぞれおすすめするボール径の青ペンをご紹介します。

A罫7mm(1)

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ太字
三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ太字

¥ 162

口コミ

速乾で濃く太く最高です! いろいろ試してきましたが、もうこれ以外は考えられないほどです。 他の油性と比べてペン先にインク玉ができにくく、あのイライラはほとんどありません。

幅が広く書き込みやすいA罫タイプのノートに、ボール径1mmのユニボールシグノ太字がおすすめです。ゲルインクの滑らかさとボール径の太さで、弱い筆圧でもスルスルと文字が書けます。インクの減りが早いという点がありますが、青ペン学習法には「インクが無くなることで努力したことが目に見えてモチベーションが上がる」という心理的効果などもあるので、そういった方にはとてもおすすめの青ペンです。

A罫7mm(2)

ぺんてる ボールPentel
ぺんてる ボールPentel

¥ 108

口コミ

水性で、ちょっと太めの芯はとても滑めやかに書きやすいです。ボールペン字の練習に最適です。

樹脂でできたペン先が特徴のボールPentel、金属のペン先とは違った独特な書き心地です。発色は水分が多めに感じられ、濃くはありません。水性ですが滲むことなく乾きも早いです。ペンを斜めにした状態でもしっかりとインクが出るので、とめ・はね・はらいが美しくできます。ノートを綺麗に作りたいという方にはとくにおすすめします。

B罫6mm(1)

パイロット ハイテックC
パイロット ハイテックC

¥ 210

口コミ

これは最近の製品ではなく、ずっと以前から私の好みのペンでした。依然とし書き味がよく、しかも安い。申し分なしです。

激細で有名なパイロットのハイテックC、ボール径は0.3、0.4、0.5mmがあります。バイオポリマーインキで小さな文字も滲まず、はっきりと書く事ができます。繊細な筆跡がノートをより見やすくします。0.3mmは文字周りに余白が作りやすいので、蛍光ペンで下線を引いたり、あとからコメントをつけ足すという方におすすめの青ペンです。

B罫6mm(2)

三菱鉛筆 ゲルインクボールペン ユニボール シグノ 超極細 0.28mm
三菱鉛筆 ゲルインクボールペン ユニボール シグノ 超極細 0.28mm
口コミ

黒字でプリントされた原稿などへのコマゴマとした書込み用に0.28ミリの細さがピッタリでとても重宝している。

三菱鉛筆ユニボールシグノの極細タイプです。こちらはハイテックCよりさらに細い0.28mmがあり、とても繊細な筆跡となっています。擦れることもなく滑らかな書き心地で、グリップもしっかりしているので疲れにくく、長時間の使用におすすめです。またハイテックCと同じく文字周辺に余白が作りやすいので、あとから書き足すことがある場合などにもおすすめです。

青だけじゃない!おすすめの水色ペン(1)

ゲルインキボールペン ジュースアップ ノック式
ゲルインキボールペン ジュースアップ ノック式

鮮やかな発色とスムーズな書き心地が人気のjuiceシリーズです。新開発のシナジーチップが搭載され、柔らかで滑らかな書き味、黒い紙でも美しく発色するほどの鮮やかさが特徴です。ビジネスでも使いやすいデザインと、触り心地の良いグリップで大人におすすめのカラーボールペンです。青ペンばかりでちょっと気分を変えたい時におすすめです。

青だけじゃない!おすすめの水色ペン(2)

ステッドラー 固形蛍光マーカー テキストサーファーゲル
ステッドラー 固形蛍光マーカー テキストサーファーゲル

固形状のインクで、まるでクレヨンのような書き心地が特徴の蛍光ペンです。乾燥に強くキャップを閉め忘れてしまっても2~3日は問題なく使えます。固形なので、薄い紙に使用しても裏移りの心配はほぼないと言えるでしょう。物にもよりますが、ボールペンの上から重ねても滲むことがあまりないのでおすすめです。

書きやすさ重視の方向けおすすめの青ペン(1)

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム カラーインク
三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム カラーインク

とにかく書きやすいといえば、驚くほどの滑らかな書き心地のジェットストリームです。こちらはジェットインクのカラーシリーズで、ボール径は0.5、0.7mmの2種類あります。ジェットストリームスタンダードの青ペンは白のボディですがこちらは全体的に青になっているので、ペンケースの中で青ペンだと一目でわかります。ジェットストリームの書きやすさに加え、見た目の鮮やかさもほしいという方には特におすすめの青ペンです。

書きやすさ重視の方向けおすすめの青ペン(2)

ぺんてる ボールペン ビクーニャX
ぺんてる ボールペン ビクーニャX

¥ 540

超低粘度インキ「ビクーニャインキ」を搭載して滑らかさが増した油性の青ペンです。書いた瞬間の軽やかさを可能にする潤滑剤が、インクを潤沢にボールに運ぶ働きを担っているとだけあってとても軽い書き心地で、長時間使用しても疲れにくい1本です。ボール径は0.5と0.7mmの2種類です。蛍光ペンを上から重ねても滲みにくいので、勉強などで蛍光ペンと合わせて文字を書く時にもとてもおすすめの青ペンです。

書きやすさ重視の方向けおすすめの青ペン(3)

ぺんてる ゲルインキボールペン ノック式エナージェル
ぺんてる ゲルインキボールペン ノック式エナージェル

¥ 216

口コミ

仕事と家での両方で使っていますが、渇きが早いから手にインクがつきません。すばらしい。 仕事は工業(切削)です。多少油がついても問題なく書くことができます。

滑らかな書き味、優れた速乾性、クリアで鮮明な発色が特徴のエナージェルです。ボール径は0.3、0.4、0.5、0.7、1.0mmと用途に合わせて選びやすいラインナップとなっております。ボディのカラーも青ペンの場合、軸色がブルーの物とシルバーの2種類あります。速乾性に優れているので、スピーディーな筆記や左利きの方でも手を汚すことなく使えます。勉強や仕事でたくさん文字を書く人にとてもおすすめの青ペンです。

緑シートを使う時におすすめの青ペン(1)

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ ミルクブルー
ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ ミルクブルー
口コミ

まず色がかわいい~~ 書き心地もよく、絵を書いたり字を書いたりするのに両方使えました。 太さもちょうどよかったです。 お値段もお安くて満足です。

緑シートで文字を隠しす際には、濃い青は文字が消えず役目を果たせないので、パステル系の青ペンがおすすめです。サラサにはミルクをたっぷり混ぜ合わせたようなパステル系のカラーラインナップがあり、緑シートを使う時以外にもノートや資料を可愛らしい雰囲気にしたい女性や学生さんにおすすめです。

緑シートを使う時におすすめの青ペン(2)

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ ブルーグリーン
ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ ブルーグリーン
口コミ

水溶性なので、とてもなめらかで書き心地がよく 流れるような美しい文字が書けます。 最近は油性も書きやすくなりましたが、私はこれ一辺倒。

こちらは同じくサラサシリーズの、青ペンと緑ペンの程よい中間色となっております。パステルだと可愛らしすぎたり、もう少しくっきりとした発色が好みの方におすすめです。

緑シートを使う時におすすめの青ペン(3)

ゼブラ 水性ペン 紙用マッキー
ゼブラ 水性ペン 紙用マッキー
口コミ

水性なので、紙の裏側へのにじみがなく、テーブルへ裏移りする心配がいらないことが最大の魅力です。

こちらは紙に書いても裏移りや滲むことがない紙用マッキーです。半紙や辞書など紙の薄さにより裏移りしてしまう可能性があるのでそちらはご注意ください。文字に重ねて使えば、緑シートで文字が黒く隠れます。緑シートを多く活用する方にはとてもおすすめの青ペンです。極細タイプもあるので、書きなぐりの時などにはそちらもおすすめです。

おすすめ青ペンのメーカー・ブランド3つと代表製品

青ペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

おすすめの青ペンをご紹介してきましたが、気になる青ペンは見つかったでしょうか。お次は、青ペンを出している数あるメーカーの中から3社をピックアップし、代表的な製品をご紹介します。

ゼブラ

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ
ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ
口コミ

ジェルインキのボールペンです。 サラサラ欠けて、インキが割と早く減るんですが、にじみません(水性と違って)

ゼブラといえばサラサという方は多いのではないでしょうか。今回何度かご紹介してきましたが、滑らかな書き心地と発色、カラーやボール径の豊富さがどのシーンでも使いやすいシリーズです。青ペン学習や仕事以外にも、塗り絵やイラストを描く際などにおすすめです。

三菱鉛筆

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム
三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム

¥ 1,620

口コミ

グリップが柔らかく、持ちやすいです。 字を書いていても、あまり疲れず快適です。

こちらも、三菱鉛筆といえばジェットストリームと言えるほど人気と知名度の高い代表的シリーズです。学生、女性のニーズに対応した多機能タイプやお洒落なデザインも多くあり、老若男女問わずおすすめします。

パイロット

ハイテックC
ハイテックC

¥ 210

口コミ

これは最近の製品ではなく、ずっと以前から私の好みのペンでした。依然とし書き味がよく、しかも安い。申し分なしです。

パイロットの代表作と言えばハイテックCシリーズではないでしょうか。スタンダードな「ハイテックC」に続き、ボディとレフィルを自分の好きなようにカスタマイズすることができる「ハイテックCコレト」やコスメのようにキラキラとしたデザインの「ハイテックCマイカ」など種類が増え、グッドデザイン賞を受賞するなど、人気の高いシリーズです。細字好きの方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

青ペンの使い方・活用方法

青ペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

あまりメインとして使われることのない青ペンですが、青色の特徴や効果を生かすことで大いに活用することができます。

青には心理的作用として、興奮を抑え冷静にさせるという作用があり、それが集中力を高めることに繋がるとされています。また、普段は黒のインクで文字を書く事が日常になっている人は、それを青のインクに変えることで非日常的な感覚が「印象」となり、「記憶」として残りやすくなると言われています。

このことから、青ペンには仕事や勉学などの効率を上げる効果が期待されています。限りある時間の中で集中して一気に進めたい事や、資格試験などの暗記学習をする際に青ペンを活用することをおすすめします。

そして人間は青を見ることでセロトニンというホルモンが分泌され、これがストレスの軽減やリラックス効果をもたらしてくれるので、日記や手紙などにも活用してみてはいかがでしょうか。

青ペンは筆記用具のマストアイテム

青ペンおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

今回はおすすめの青ペンをご紹介してきました。人によっては黒や赤に比べてあまり使うことがない色ですが、使い方や種類とその機能などを調べてみると、ペンを選んだり使うことが楽しくなってきませんか。ぜひお気に入りの青ペンを見つけ、仕事や勉強などで活用してみてはいかがでしょうか。

Related