Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月25日

レーダー探知機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

車を運転している時に、気になるのが警察による取り締まりです。車の運転では安全が第一ですが、取締も気になるところです。ここではおすすめのレーダー探知機を紹介します。レーダー探知機には多くの機能と種類がありますので、おすすめの製品から最適な一品を選んでください。

レーダー探知機のおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

レーダー探知機の種類と選び方

レーダー探知機とは、車の運転時に、警察によるレーダー探知による取り締まりの警告、警察の無線受信による警告、さらにGPS受信による各種取締場所検知などの機能により、警察の取締を事前に検知し、”安全運転を促す”ための装置です。

レーダー探知機の種類

近年では、ほとんどの種類のレーダー探知機が、Amazonで販売されています。実に多くの製品がありますが、それらにはどんな違いがあるのでしょうか。機能面で、大まかに分類するとGPS受信機能を搭載してるか否かで分かれます。

GPS受信システムを搭載している機器は高級機という部類に入るので、比例して価格も上昇します。それのうえ、データ更新サービスが付いてると、なおさら値段が高くなります。

また、本体のフォルムから分類すると、シンプルタイプ、モニター付属タイプ、バックミラー一体型に分類されます。レーダー探知機は、社内に常に設置しておくものですので、あなたの社内インテリアポリシーに合わせてお好みに合わせて選択してください。

探知する取り締まりと電波

次に、レーダー探知機の基本機能として取締の種類を理解して、おすすめのレーダー探知機を選択しましょう。

まずは、スピード違反の取り締まり方式として、大まかに分類すると
・レーダーを使うタイプ
・ループコイル(光電管)を使うタイプ
・追尾型タイプ
があげられます。

この中で、ほとんどすべてのレーダー探知機が検知できる取締があります。それは「レーダー式(X/Kバンド)」による取り締まり方法です。

これには、一般的なネズミ捕りとレーダー式、Hシステムのオービスが含まれます。反対に、ループコイル式やLHシステムでの取締では、電波を発しないので、通常のレーダー探知機では検知してくれません。

しかし、常駐タイプのオービスであれば、GPS受信システムを持ったレーダー探知機が、その位置情報データから警告を行ってくれます。このメリットがGPS受信機能を持った高級機の選択理由になり得ます。

警察無線探知

しかし、レーダーを発信しないタイプの取り締まりについても、なにかしらの警告を出せるの機能を持ったおすすめのレーダー探知機もあります。

それは「警察無線を探知する」という機能です。速度の取り締まりは、速度を記録する担当警察官と、車を止める担当警察官がペアになって行動します。この二人の間の会話は警察無線を使っていますので、これを探知することができれば、警察官が近くにいることがわかります。

さらに、パトカーや覆面パトカーでの速度の取り締まりでは、ターゲットとなる車の後ろに一定の時間追尾し、走行速度を記録します。

カーロケキャッチ

また、現在のパトカーや覆面パトカーはレーダーを使いませんので、無論検知はできません。しかし、追尾型の取り締まりを検知するために登場したシステムがあります。それが、カーロケです。日常的にのパトカーは、警察本部にパトカーの現在地を通知するこために、パトカーは都度ロケーション電波を発信しています。

したがって、この電波をキャッチできれば、パトカーが近くにいることを検知できるのです。しかし、全国の全パトカーがカーロケを搭載しているわけではありません。また、地方ではカーロケ自体を利用してもない管区があります。

レーダー探知機の選び方

ここまで、レーダー探知機の基本の仕組みと取り締まりの方式について説明をしてきました。しかし、レーダー探知機の機能は年々強化されてきます。そんな中で、おすすめのレーダー探知機を選ぶ場合には、全機能満載のフル装備機を購入して、全方位型の備えをする方法もあります。

しかし、この場合には、実に多くの取り締まりに反応してしまうので、折角のドライブ時にレーダー探知機の警告だらけで、雰囲気が台無しになるといったことも想像されます。

もし、利用条件が限定できるのならば、ある程度検知対象を絞って、必要な機能のみを搭載したおすすめのレーダー探知機を選択するという方法もあります。こうすることで、重要な警告を見逃すこともなく、より安全なドライブが楽しめます。

レーダー探知機おすすめ人気ランキングTOP3

次に、アマゾンで販売されている、おすすめのレーダー探知機のうち、人気製品トップ3を紹介します。

ランキング3位:「ユピテル」GWR303sd

ユピテル GWR303sd
ユピテル GWR303sd

¥ 38,491

口コミ

さすがの最上位機種、不満な点はほぼなく、よくできています。

3.6インチワイド画面を持った、ユピテルのおすすめレーダー探知機です。業界初のガリレオ衛星受信を実現し、全75衛星を受信できますので受信精度、受信速度が一層向上しました。また、公開取締情報・速度取締り指針で取締路線が公開されてる場所で、警戒路線を点滅表示させて警報するので、情報の信頼性も抜群です。

さらに、GPSデータは140,000件以上はで取締検問データ53,000件からには収録しており、必要な情報をもれなく警報します。そのうえ、新交通制限『ゾーン30』に応じており、エリア付近に進入すると警報映像とアナウンスで通知しますので、最新のおすすめのレーダー探知機です。

おすすめキャンセル機能

また、このレーダー探知機は誤警報を自動で識別して自動でキャンセルしますので、誤警報を自動で減らすことができ、警報の信頼性を高めることが可能です。このインテリジェントキャンセル機能は特許庁に技術が認可され、特許を取得しています。【特許 第3902553号】【特許 第4163158号】

それだけにとどまらず、この製品は、衛星からの微弱な電波を受信するニーズに応えるために使用させられる衛星通信技術をレーダー探知機に応用していますので、肉眼で感じることがでない遠方からの微弱な取締レーダー波を的確に識別し、驚異的な受信感度を実現しています。

ランキング2位:「コムテック」ZERO 602V

コムテック ZERO 602V
コムテック ZERO 602V

¥ 28,944

口コミ

受信可能な面にバイザー取付位置がずれているのでガラス面に 貼り付けたが見にくいので、また運転席前につけなおした。

3.2インチワイドスクリーンMVAスクリーンを持った、おすすめのレーダー探知機です。従来のGPSに加えて、準天頂衛星みちびき、グロナスの受信に加え、GAGANの受信にも配達し、受信できる衛星数が57基へ増加され受信精度、受信速度が最も向上しました。

受信バンド数は、業界最多の18バンドです。そのうえ、取締検問データ40,000件以上は収録しており、必要な情報を漏れなく警報します。さらに、新交通規制『ゾーン30』に対応しており、エリア付近に進入すると警報スクリーンとアナウンスで知らせし、エリア内走行中はアイコン表示で警告する便利なおすすめのレーダー探知機です。

おすすめキャンセル機能

また、誤検知自動キャンセル機能を搭載していますので、自動ドアなど、誤電波を受信してしまう場所を自動で察知し、誤警報地点として登録することができます。登録した場所を次回通過したときには誤警報地点として警報をキャンセル(ミュート)します。

さらに、対向車線オービスレーダーキャンセルシステムも合わせて持っていますので、対向車線のレーダー式オービス、H機能などのレーダー波を受信した時、自動で対向車線のオービスと定義し警報をミュートするのでおすすめです。

そのうえ、GPSデータや公開取締情報などを無料更新が可能で、常に最新の情報で警戒することができます。

ランキング1位:「セルスター」VA-910E

セルスター VA-910E
セルスター VA-910E
口コミ

見やすく、前に使ってたモデルよりいいです、 セルスターは、更新も無料でおススメです

3.2インチMVA映像を持ったおすすめのレーダー探知機です。受信バンドは5バンド、受信衛星は3大衛星+SBAS6種類で合計70基なので、測位が不安定な都心部の高層ビル街や山間部などでも精度の高額な測位が実現可能です。

GPSデータ件数104,000件収録しており、GPSデータは無料で更新が可能ですので、おすすめのレーダー探知機です。また、生活道路などで、従来は設置されていなかった小型オービスの検知にも対応しています。

また、住宅街など行動習慣道路が密集する区域を最高速度時速30キロに制限する、新交通制限『ゾーン30』に応対していますので、エリア付近に進入すると警告してくれます。

おすすめスマホアプリ連携

なお、スマホアプリ「MyCellstar+Sync for アンドロイド」で各種データのダウンロードをおこない、毎月更新させられるGPSデータや、セルスターが販売する新しい情報に自動でデータ更新されます。

更新策としまして、スマホアプリやmicroSDカードによる更新も対応(無料)で、レーダー探知機本体への転送が実現可能です。そのうえ、ASSURA Movie Channelとして、警告スクリーンが2種類(リアルCG警告・らくらくモード)があります。リアルCG警告画面では、取り締まりシステムを分かり易いCG画像で表示してくれます。

特徴・用途別おすすめのレーダー探知機

次にレーダー探知機について、その特徴・用途別におすすめの製品を紹介します。

レーダー探知機といえば、多くは車を運転する際の利用になります。運転中に利用するために便利な、基本形のレーダー探知機や、静電式で操作性の高いおすすめレーダー探知機をご紹介します。

コムテック レーダー探知機 ZERO 100L

コムテック ZERO 100L
コムテック ZERO 100L
口コミ

タバコの箱より若干 幅はありますが 長さと薄さはタバコの箱以下です。

車内インテリアの雰囲気をくずさない、厚さ14mmの超薄型でシンプルな設計のおすすめのレーダー探知機です。生活道路など、従来設置できなかった場所でも使用を可能にした「小型オービス」の警報にも対応しています。

受信バンド数は18バンドで取締検問データ39,000件収録しており、おすすめのレーダー探知機です。そのうえ、ラウンドアバウト(信号や一時停止が無い環状の交差点)にも対応しており進行方向の注意喚起のため警告します。

さらに、住宅街など生活道路が密集する区域を最高速度時速30キロに規制する、新交通規制『ゾーン30』に応対していますので、エリア付近に進入するとアナウンスで知らせします。また、OBD2接続することで正しい車速情報を読取り、トンネル内などでGPSが途切れても自車位置を見失なうことがありません。

ソーラー

次に、設置にも便利なソーラータイプのおすすめレーダー探知機を紹介します。

ユピテル A1

ユピテル A1
ユピテル A1

¥ 6,480

口コミ

ゴチャゴチャ発するレーダーより、うるさくなくシンプルで気に入っています。

シガーライターソケット差し込みタイプですので、面倒な設定不要でわかりやすく稼働できる、超小型高感度コードレスのおすすめレーダー探知機です。レーダー波は2種類(ステルス識別、新Hシステム発送)を識別し音とLEDで宣伝します。

そのうえ、高い感度でな遠くの取り締まりも検知できます。Xバンド/Kバンドの2バンド対応した、Wスーパーヘテロダイン:スイープオシレーター式超高精度受信手法と共に、後方からの取締りレーダー波も確実にキャッチします。

アラーム音で識別

さらに、アラームの仕掛けが豊富で、電子音アラームは狙い撃ち方法のステルス波を警告し、通常波と区別してニアミスアラームで警報を発します。Wアラームは音(電子音)&LEDのダブルで警報します。接近テンポアップで取締り機への接近を知らせます。

また、ミュートボタン機能をもち、受信を直面後はワンタッチで警報音をカットする事ができます。

obd2

次に、車両情報も取得できるODB2に対応した、おすすめのレーダー探知機を紹介します。

コムテック ZERO 703VR

コムテック ZERO 703VR
コムテック ZERO 703VR

¥ 33,264

口コミ

エンジン回転数を表示するために買い換えました。取り付けも問題なくできタコメーター・水温計・電圧計を表示しています。

3.2インチワイドスクリーンMVA液晶を持った、おすすめのレーダー探知機です。従来のGPS、準天頂衛星みちびき、グロナスの受信に加え、GAGANの受信にも発送し、受信出来る衛星数59基へ増加したため受信精度、受信速度がそれぞれ向上しました。

そのうえ、GPSデータ160,000件もあり、取締検問データ40,000件を収録しており、必要な情報をきちんと警報します。また、新交通束縛『ゾーン30』に対応しており、エリア付近に進入すると警報液晶とアナウンスでお知らせし、エリア内走行中はアイコン表記で通知する便利レーダー探知機です。

さらに、新しく追加された100mごとに更新させられる3Dマップ警報表示で自車とオービスとの位置関係が機能的でなっています。また2km地点(高速道路のみ)では、おおまなかの位置を確認しやすいように2Dマップを全画面表示します。

おすすめキャンセル機能

そのうえ、対向車線オービスレーダーキャンセルシステムも合わせて持っていますので、対向車線のレーダー式オービス、Hシステムなどのレーダー波を受信した場合、自動で対向車線のオービスと識別し警報をミュートするのでおすすめです。

このような機能と共に、OBD2がセットになり、正しい車速情報を取得、トンネル内などでGPSが途切れても自車位置を見失いませんその分だけでではなく、別売オプションの無線LAN内蔵SDHCカード【WSD8G-703V】を利用することでGPSデータや公開取締情報、取締共有システム情報などのデータを無線LAN経由で無料でダウンロード更新可能ですし、スマホでレーダー探知機本体の設定変更なども可能になっておりおすすめです。

ねずみ取り

次に、警察によるめずみ取り対策におすすめのレーダー探知機を紹介します。

セルスター VA-820EZ

セルスター VA-820EZ
セルスター VA-820EZ
口コミ

反応、機能性良いですが、データ更新をパソコンでするのが面倒。

3.2インチMVA液晶ディスプレイを持ったおすすめのレーダー探知機です。受信バンドは5バンド、受信衛星は59基でGPSデータ件数99,000件で、取締・検問データ42,500件を収録しており、おすすめのレーダー探知機です。

生活道路など、従来設置できなかった場所へも利用を可能にした「小型オービス」の警報に対応しています。住宅街など日常道路が密集する区域を速度時速30キロに制約する、新交通束縛『ゾーン30』に応対していますので、エリア付近に進入すると警告してくれます。

なお、別売りのOBDⅡアダプター(RO-116)使用で、最大150項目以上はの細かな車両情報を記可能ですし、GPSデータ落と無料でPCとmicroSDカードによる更新に応対しています。

専用スマホアプリ

また、スマホアプリ「MyCellstar+Sync for アンドロイド」で各種データのダウンロードを行い、microSD個人向けのカードを利用してPCやスマホからデータを取り込みして更新が可能なおすすめのレーダー探知機です。

スピート

次に、規制区間に高速で対応してくれる、おすすめのレーダー探知機を紹介します。

コムテック 803VR

コムテック 803VR
コムテック 803VR
口コミ

評判が高く、良い製品と思います

4.0インチMVA液晶を持った、おすすめレーダー探知機です。従来機よりGPS測位更新速度が250%上昇され、警告誤差を急激に減らし、より精度の高い警告が実践可能になっています。

受信衛星につきましても、従来のGPS、準天頂衛星みちびきグロナスの受信に加え、GAGANの受信にも対応し、受信できる衛星数59基へ増加したので受信精度・受信速度がそれと同時に向上しています。

そのうえ、GPSデータは160,000件で、取締検問データ40,000件収録しており、必要な情報をしっかり警報してくれおすすめです。

ゾーン30に対応

さらに、新交通制約『ゾーン30』に応じており、エリア付近に進入すると警報液晶とアナウンスで通知し、エリア内走行中はアイコン表示で知らせする便利なおすすめのレーダー探知機です。

また、生活道路やゾーン30に指定された場所など、従来活用できないでしたような狭い場所へも使用を設置を可能にした「小型オービス」の警報にも応対しています。

さらに、レーダーキャンセル検知システムを所持していますので、自動ドアなど、誤電波を受信してしまう場所を自動で認識し、誤警報地点として選ぶことが登録ができます。

登録した場所を次回通過したときには誤警報地点として警報をキャンセル(ミュート)します。

不要な電波をキャンセル

そのうえ、対向車線オービスレーダーキャンセル機能も合わせて持っていますので、対向車線のレーダー式オービス、Hシステムなどのレーダー波を受信した際、自動で対向車線のオービスと自覚し警報をミュートするのでおすすめです。

また、コムテック製相互通信対応ドライブレコーダーと接続することで、ドライブレコーダーへの電源供給、映像/音声信号や操作信号、GPS情報やOBDII情報の通信が可能となります。 専用ツール使うことがでスロットル開度・探策回転数・インマニ圧・エンジン水温を確認することもできます。※別売相互通信ケーブルが必要です。

最新情報無料ダウンロードに対応

それだけではなく、別売オプションの無線LAN内蔵SDHCカード【WSD8G-803V】を使用することでGPSデータや公開取締情報、取締共有システム情報などのデータが無線LAN経由で無料ダウンロードができ最新情報に更新することの方が可能です。その上スマホでレーダー探知機本体の設定変更なども可能です。

おすすめのレーダー探知機のメーカー・ブランド3つ

次に、レーダー探知機を製造・販売しているトップメーカーの紹介と、代表的なおすすめレーダー探知機を紹介します。

株式会社ユピテル

株式会社ユピテルは、1970年に設立された日本の無線通信精密機器会社です。設立当初はユピテル音楽工業株式会社と名乗っていましtが、1976年に現在の名称に変更されました。

レーダー探知機、リモコンエンジンスターター、ポータブルカーナビゲーション、カーセキュリティ(盗難防止装置)、ドライブレコーダーなどの自動車用電装繊細品、ワイドバンドレシーバー(広域帯無線受信機)、トランシーバーなどの無線機器、ゴルフ用のスピード測定器などのセンサ機器を開発・製造・販売しています。

現在では、日本国内のレーダー探知機の主要なサプライヤーとなっています。

ユピテル GWR303sd

ユピテル GWR303SD
ユピテル GWR303SD

¥ 35,640

口コミ

ずっとユピテルを使用してます。103,203そして、303と使用してきましたが、一番タッチパネルの感度が良いです。

3.6インチワイド液晶を持った、おすすめのレーダー探知機です。業界初のガリレオ衛星受信を実現し、全70衛星発送したためにも受信精度、受信速度がさらに向上しました。さらに、公開取締情報・速度取締り指針で取締路線が公開されてる場所で、この路線を点滅掲載させて警報するので、情報の信頼性も高いおすすめレーダー探知機です。

そのうえ、GPSデータは136,000件で取締検問データ53,000件収録しており、必要な情報をよりよく警報します。また、新交通規制『ゾーン30』に対応しており、エリア付近に進入すると警報画面とアナウンスで通知しますので、最新のおすすめレーダー探知機です。

おすすめキャンセル機能

また、このレーダー探知機は誤警報を自動で識別して自動でキャンセルします。誤警報を自動で減らす事で警報の信頼性を高めることができます。

インテリジェントキャンセル機能は特許庁に技術が認可され、特許を取引しています。【特許 第3902553号】【特許 第4163158号】

さらに、衛星からの大層微弱な電波を受信するために使用させられる衛星通信技術をレーダー探知機に応用していますので、肉眼で確認できない遠方からの微弱な取締レーダー波を的確に識別し、驚異的な受信感度を実現しています。

株式会社コムテック

株式会社コムテック(英: COMTEC)は、愛知県みよし市に本社を置く自動車関連エレクトロニクス製品や放送衛星用ダブルコンバーターの開発・製造・販売を主業務とする会社です。

概要国内メーカーにおいてレーダー探知機や車載用セキュリティ精密機械、車載地デジチューナーの主要サプライヤーの一つとなっています。

コムテック レーダー探知機 ZERO 302V

コムテック ZERO302V
コムテック ZERO302V
口コミ

とてもお求めやすい価格と、使い勝手の面倒で無い事を中心に選びました。 OBDⅡアダプターで接続可能なのもポイント。

3.0インチTFT液晶を持った、おすすめのレーダー探知機です。従来のGPS、準天頂衛星みちびき、グロナスの受信に加え、GAGANの受信にも対応し、受信できる衛星数59基へ増加したため受信精度、受信速度がさらに向上しました。

そのうえ、GPSデータは160,000件で、取締検問データ41,000件収録しており、必要な情報を正確に警報します。

なおかつ、新交通規制『ゾーン30』に対応しており、エリア付近に進入すると警報画面とアナウンスでお知らせし、エリア内走行中はアイコン表示で通知するおすすめのレーダー探知機です。

さらに、生活道路やゾーン30に指定された場所など、従来使用できないでしたような狭い場所へも利用可能にした「小型オービス」の警報にも対応おりおすすめです。

誤動作検知機能

また、レーダーキャンセルポイント検知システムを所持していますので、自動ドアなど、誤電波を受信してしまう場所を自動で認識し、誤警報地点として選択し登録ができます。登録した場所を次回通過した際は誤警報地点として警報をキャンセル(ミュート)します。

そのうえ、対向車線オービスレーダーキャンセル機能も合わせて持っていますので、対向車線のレーダー式オービス、H仕掛けなどのレーダー波を受信したケースで、自動で対向車線のオービスと自覚し警報をミュートするのでおすすめです。

そして、別売オプションOBD2アダプターを接続すると、正しい車速情報を取得でき、トンネル内などでGPSが途切れても自車位置を見失いません。

セルスター工業株式会社

セルスター工業株式会社(セルスターこうぎょう、英: CELLSTAR INDUSTRIES Co., Ltd.)は、神奈川県大和市に本社を置く自動車関連エレクトロニクス商品の開発・製造・販売を主業務とする会社です。

1978年7月に首都東京世田谷区で設立され、現在では主力販売品のレーダー探知機で、国内の主要なサプライヤーの一社となっています。

セルスター レーダー探知機 AR-W51GA

セルスター AW-W51GA
セルスター AW-W51GA
口コミ

取り付け簡単!商品としても、非常に良く、大変気に入っています。オススメです!

3.2インチMVA液晶を持ったおすすめのレーダー探知機です。受信バンドは17バンド、受信衛星は3大衛星+SBAS59基でGPSデータ件数133,000件、取締・検問データ48,000件収録しており、おすすめのレーダー探知機です。

生活道路など従来設置できないとしていた場所へも設置を使用可能にした「小型オービス」の警報に対応しています。住宅街など日常道路が密集する区域を速度時速30キロに制約する、新交通規制『ゾーン30』に対応していますので、エリア付近に進入すると警告してくれます。

さらに、OBDⅡに対応しており(別売りケーブル)、最大180項目以上の細かな車両情報を表示可能ですし、GPSデータダウンロードが無料でPCとmicroSDカードによる更新に対応しています。

ドライブレコーダーと接続

そのうえ、ドライブレコーダーとの相互通信に応じており、別売りの接続ケーブルで簡単に接続ができ、レーダーに設定表示、カメラグラフィックを表示、レーダーのリモコンで操作が使用可能になり、クイック録画も可能です。

レーダー探知機の使い方・活用方法

レーダー探知機は、速度取締装置(オービスなど)から発信されるレーダーを検出して通知する装置です。レーダー波を感知すると、音やアナウンス、文字表示やランプの点滅などで警告を促します。

レーダーだけでではなく緊急車両の無線をキャッチしましたり、GPS機能を活用して、過去に設置された取締があったポイントをダウンロードする機能もあります。

レーダー探知機の役割は、スピード違反になることがないよう、賢く切り抜けることでありません。事前に取締装置を認識することでドライバーに速度を意識させ、安全運転を促すことにあります。

安全のために制限速度が変化した時や、事故が頻繁にあるポイントに進行したことを教えてもらえる機能がついたタイプもあって、事故防止に効果抜群です。最近ではカーナビ名美のシステムを備えたレーダー探知機も登場し、いよいよ快適な運転ができるようになってきています。

レーダー探知機のおすすめ種類

おすすめのレーダー探知機はにはいろんなタイプがあります。その機能を認識して、好みや性能に合わせて、おすすめレーダー探知機を選びます。

ここでは、おすすめのレーダー探知機のなかで、その形状に着目して、その種類を紹介します。

形態別おすすめ

・ソーラー型
サンバイザー部分やダッシュボードに取り付ける形状のレーダー探知機です。太陽光で充電するという機能を持っているため、コードレスで活用できおすすめです。ただし、シンプルな作りで、警告できる情報が小さいのがデメリットです。

・一体型
最近主流の、ディスプレイ画面付きのおすすめのレーダー探知機です。ダッシュボードの上にスタンドを使って配置します。ラインナップが豊富で数々の機能がついており、設置が簡単なのでおすすめです。ただし、ダッシュボード上にスペースを確保する必要があります。

・ミラー型
ルームミラーと一体となっている製品です。一見普通のルームミラーのようですので、目立たずに車内に馴染みますので、おすすめです。社内に、あまりスペースを取りたくない方におすすめです。ただし、角度が限られるというデメリットがあります。

最適なレーダー探知機で安全運転を

ここまで、おすすめのレーダー探知機を、その機能や形態別に紹介してきました。レーダー探知機は、年々機能も向上しており、さまざまな取締方式に対応してきています。

ただし、あまり多くの取締に対応すると、常に警報が発信されて煩わしく思う可能性もありますので、もし、利用シーンが限定できるようであれば、それに適した製品を選ぶことをおすすめします。

ともあれ、レーダー探知機は安全運転を助ける製品ですので、最適なレーダー探知機を選択して、安全で快適な運転をしてください。

Related