Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月18日

ローラー台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ロードバイクは古い歴史のあるスポーツです。近年ではさらにその人気は高まってきています。サイクリングは屋外で行うスポーツであるために、天候に左右されます。ローラー台はサイクリストのトレーニングに用いられる器具です。おすすめのローラー台、メーカーをご紹介します。

ローラー台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ローラー台の種類と選び方

ローラー台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ローラー台は、サイクルトレーナーともいい、ロードバイクの室内トレーニングに用いる機器です。自転車のタイヤに金属製、または樹脂製のローラーをかけて負荷をかけます。

自転車は屋外スポーツです。晴れた日に颯爽と風を切り、自分の足と体力で走ります。しかし雨が降ったり、風が強かったり、寒かったりとなかなかベストなコンディションには巡り会えません。

そこで室内でも気軽に自転車が乗れる、またフィットネスとしてローラー台を使用します。ローラー台は屋内でトレーニングに用いるため、寒さや雨風なのどの天候に左右されずに、自分の好きな時間に自転車を楽しむことができ、おすすめです。

ローラー台の種類

ローラー台には、自転車を固定しない3本ローラー、後ろ車軸を固定する固定ローラーがあります。3本ローラーは自転車を固定しないので、実際の走行に近い感覚を得ることができます。

しかし慣れていない人は転倒する恐れがあるため、中、上級者におすすめのローラー台です。このローラー台を使用することで、ペダリングやバランス感覚を向上させるという効果が得られます。

一方初心者にもおすすめできるのが、固定式ローラー台です。後ろ車軸を固定するため誰でも簡単に乗ることができ、安定感もありますが、実際の走行とは違う感じを受けます。また自転車フレームへの負荷が大きいため、折れやすいカーボンや超軽量フレームで使用するには注意が必要です。

ローラー台の選び方

ローラ台は、使用目的によって選びます。ローラー台の特性や使用する環境などを考えて選びましょう。

実際の走行感覚に近いペダリングや、バランス感覚などのライディング技術の向上を望むなら3本ローラー台がおすすめです。実際のレースのウオームアップに使われる3本ローラー台は、実際の走行に必要な総合的な技術を向上させる目的で使用します。

またタイヤの磨耗も少なく、「乗る楽しさ」があるために、飽きのこないトレーニングを行うことができます。しかし、3本ローラー台は初心者には乗るのが難しく、また少しでも気を緩めると落車する恐れがあります。

固定式ローラー台

脚力の向上を目指すなら、固定式ローラー台がおすすめです。固定式ローラー台は、後ろの車軸を固定し、負荷をかけてトレーニングを行います。負荷をかけることからトレーニング効果が高く、ダイエットにもおすすめです。

また、脚力が否応がなくつくのでヒルクライムも断然早くなります。また固定されたローラー台に乗ることによって、ライディング時の悪い癖も矯正されます。

しかし、固定式ローラー台では、ただ踏み込むためだけのペダリングになりがちです。べダルは「回すもの」なので、乗っている間は「踏み込む」のではなく「回す」というイメージを忘れないようにしましょう。

ローラー台のおすすめ人気ランキングTOP3

以前はローラー台のトレーニングというと「うるさい」「飽きる」ものでしたが、近年は、静音性に優れたものや、世界中のサイクリストたちと繋がるができるアプリ「ZWIFT」の開発など、より豊かなローラートレーニングを行う環境が整えられつつあります。

ローラー台といっても種類やメーカーはたくさんあり、自分のトレーニングの目的、強化したいこと、住環境などをいろいろな角度から鑑みてローラー台を選びましょう。

ランキング3位「Wahoo」

世界中のサイクリスト達と繋がるZWIFTを楽しみたいのなら、KICKRがおすすめです。ダイレクトドライブ式で静寂性が高く、設置が簡単な上、自動負荷調整機能やパワーメーターなどが搭載されているのにもかかわらず、非常にコンパクトです。

またスマートフォンとの接続も可能で、バーチャルなサイクリングを楽しめ、飽きやすい室内トレーニングもZWIFTなどのアプリを使用し、飽きずにトレーニングを継続できます。またKICKR本体にスピード、距離、ケイデンスセンサーが内蔵されているため、自転車をローラー台にセットするだけで、すぐにバーチャルな世界を楽しめます。

ダイレクトドライブの特徴である走行感の良さ、スムーズなペダリング、安定感のある作りのため車体のブレもなく、ストレスフリーでトレーニングに集中できます。

ランキング2位「タックス」

TACX NEO Smart
TACX NEO Smart

¥ 205,200

口コミ

夏は室内練習が主なので静音重視で購入。動作音は、他のダイレクトドライブと比べるまでもな静かです。自動負荷対応でもあり、zwiftするならこれがベストチョイスですね。

同じくZWIFTを楽しみたいのなら、TACX NEO Smartがおすすめです。ZWIFTの負荷に連動するスマートトレーナーで、静音性に非常に優れています。また路面再現機能も高く、秋がチア室内トレーニングを飽きさせずに集中して行うことができます。

高機能ですがその分高価格です。しかし、その価格に見合うだけの性能は取り揃えています。何より、その優れた静寂性は他のローラー台とは一線を隠しており、賃貸や集合住宅などで室内トレーニングを行うなら最良の選択といっても良いでしょう。

また、室内トレーニングを楽しくさせるアプリZWIFTとの連動も非常によく、坂の再現性や路面による負荷の再現性なども高く、ZWIFTが楽しくなったとの声もあります。おすすめです。

ランキング1位「エリート」

Elite Qubo Digital Smart B+
Elite Qubo Digital Smart B+
口コミ

Zwiftを始めるために購入、快適に使用しています。Bluetooth接続だけで画面の斜度に連動してローラーの負荷が変化しますよ。

ELITEはタイヤドライブ式では最も安価です。WAHOO、TACXでZWIFT対応のダイレクトドライブ式のローラー台というと、7万円からが主流ですが、同じくZWIFT対応、ダイレクトドライブ式のElite Qubo Digital Smart B+は4万円台から購入できます。

静音性は、TACX NEOSmartには劣るものの、賃貸や集合住宅で使用するには、防音対策などを施せば問題のないレベルです。ZWIFTを始めたい人、程よいトレーニングをしたい人にはおすすめのローラー台です。

特徴別・用途別おすすめローラー台

ローラー台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ローラー台も、用途によって向き不向きがあります。またメーカーごとにメリットデメリットはあります。ローラー台の特徴、また用途別でのおすすめをご紹介します。

静かな

NEO SMART(ネオスマート)
NEO SMART(ネオスマート)

¥ 205,200

口コミ

夏は室内練習が主なので静音重視で、購入。動作音は、他のダイレクトドライブと比べるまでもな静かです。自動負荷対応でもあり、zwiftするならこれがベストチョイスですね。

集合住宅や、家族がいる場合にローラー台による「音」の問題は無視できません。3本ローラー台は低音で響く音と振動が出ます。そのため、集合住宅などではおすすめできません。

固定式ローラー台でもタイヤの擦れる音が気になりますが、後輪を外して固定する「ダイレクトドライブ式」のローラー台だと、静音性に優れているためにおすすめです。そのほか後輪に負荷をかける、最もスタンダードな形状の「タイヤドライブ式」も、ダイレクトドライブほどではないにせよ、静音性は保たれます。

どちらにせよ、防音対策は必須で、振動を階下に響かせない「防振材」や音を防止するためのマットが必需です。

静音性を考えておすすめするのはTacxのNeo Smartです。ダイレクトドライブ式のローラ台で最も静音性に優れています。高価ですが、それに見合うだけの静音性とZwifコースの再現性を併せ持っています。おすすめです。

ロードバイク用

ロードバイクは天候に左右されるスポーツです。雨の日が続くとモチベーションもテンションも下がってしまいます。そんな時には、ローラー台でのトレーニングがおすすめです。

実走に近い感覚を得たいなら三本ローラー台がおすすめです。ローラーの上を走るローラー台で、バランスの良いペダリング、基本乗車姿勢の保持など実際に走る上の技術の向上が望まれます。3本ローラー台のおすすめはEliteのArionシリーズです。脱落しにくい構造で、ローラー幅が大きく、騒音防止の効果もあります。そして折りたたみ式で収納もコンパクトになります。

3本ローラー台は、左右に揺れるロードバイクをバランスを取りつつ走るという本来の乗車感を体感できるローラー台です。3本ローラー台で安定感を持った走りができるということは、実際の路面でも無駄のない、左右差が出ない理想的なライディングが可能となります。

ローラー台トレーニングに必需品な扇風機

工業扇風機 OPF-45S
工業扇風機 OPF-45S
口コミ

自転車の室内練習で重宝しています。これにしてからは汗も滲む程度になり快適に練習が出来るようになりました。値段も安くお手ごろだと思います。

ローラー台でのトレーニングは主に屋内で行います。梅雨時期の蒸し暑い日などは熱中症も心配されます。またローラー台でのトレーニングは汗を大量にかくため、水分補給や汗を吸い取るマットなどが必需品です。

そのほかに以外に必要性を感じるのは扇風機です。屋内では屋外と違って風を感じません。そのため、ロードバイクのあの颯爽と風をきる感覚が体感できません。そこで必要になるのが工業用の扇風機です。工業用なので、風量が大きく、颯爽と風をきる感覚を手に入れられるほか、自分が発した汗や熱を瞬時に吹き飛ばしてくれます。屋内練習では扇風機の使用をおすすめします。

おすすめはナカトミの工業扇風機OPFー45Sです。これは音も小さく、ロードバイクのトレーニングに最適な風量も確保できます。

3本タイプ

ELITE ARION AL13
ELITE ARION AL13
口コミ

音も夜室内で使用できるほどに静かになったし走行も滑らかですのでまったく問題ありません。 負荷装置もはっきりと重さが変わるので低速トレーニングが可能になり更に音対策として有効です。

3本ローラー台は実走に近い感覚で乗ることができるのが魅力です。ライディング技術の向上にはもってこいなこの方のローラー台のおすすめは、負荷調整機能のついたもの、騒音を抑えるためにローラーの径が大きいものを選ぶと良いでしょう。

3本ローラー台でおすすめなのは、ELITE ARION AL13です。アルミニウム製で静電気が発生しにくく、滑らかな走りは体感できます。またフライホイール効果で、回転速度が安定し、加速もスムーズになります、また脱輪しにくく走りに集中できる構造になっています。

また折りたため、三脚のように自立するので、収納にも困りません。

固定式

サイクルオプス サイレンサーダイレクトマグ
サイクルオプス サイレンサーダイレクトマグ

¥ 105,840

口コミ

固定ローラーよりも剛性が高いのでしっかり踏めます。 軽い負荷で使用する目的であれば気になりませんが負荷を強く設定すると負荷にムラを感じます。

固定式はタイヤドライブ式、リムドライブ式、ダイレクトドライブ式の3種類があります。タイヤドライブ式は、後輪を固定し、タイヤを回転させます。負荷調整も可能で最もポピュラーなタイプです。しかし騒音の問題やタイヤの摩耗などもデメリットがあります。

リムドライブ式はタイヤではなくリムとローラーを接触させます。そのためタイヤの消耗は抑えられますが、リムは摩耗します。騒音の問題もあります。

ダイレクトドライブ式は、後輪を外し、直接自転車に取り付けるタイプです。タイヤやリムの摩耗はありません。しかも摩擦音がないため、騒音も抑えられます。カカウが高価ですが、賃貸や集合住宅ではその静寂性からおすすめします。

固定式ローラーでおすすめなのは、ダイレクトドライブ式のサイクルオプス社のサイレンサーダイレクトマグです。静粛性に優れ、大幅な負荷調整幅を持っています。

安い

タイヤドライブ 固定式ローラー台 YT-CTR01
タイヤドライブ 固定式ローラー台 YT-CTR01

ローラー台は高価なものが多く、安くても二万円台です。そんな中、一万円以下の商品もあります。

サイクルトレーニング 自転車 負荷調整付 タイヤドライブ 固定式ローラー台 YT-CTR01は、そんなローラー台の一つです。これはタイヤドライブ固定式で、負荷調整ができます。またプロペラ型磁石がついているため、騒音と発熱を軽減できます。使用しな時には、コンパクトに収納も可能です。

初めて購入するけど、あまり予算がないという人にはおすすめの一台です。

初心者向き

ミノウラ B60ーR
ミノウラ B60ーR
口コミ

他のサイクルトレーナーを使用した事がないので何とも言えませんが、初心者の私はこれで十分です。

初心者におすすめは、MINOURA B60Rです。このモデルはローラー台に乗ったことがない人、フィットネス目的の女性など、初めてのローラー台として最適です。世界初のマグネット式トレーナーで、簡単に着脱ができ、7段階リモートコントロールレバーがついています。

また、手の届きやすい価格となっており、まさに初心者向け、最初の一台にはおすすめのモデルです。騒音も気になるほどではなく、防振材、防音マットの使用でかなり抑えることできます。タイヤのつけかたによっては、タイヤの削りかすが出ることがあります。そのため、ローラー専用のタイヤを用意することをおすすめします。

マンション用

GT-Roller F3.2
GT-Roller F3.2

¥ 75,384

マンションなどの集合住宅でローラー台を使う場合におすすめなのは、このGT-Rollerです。日本の企業である「GROWTAC」が企画販売しているローラー台です。国内外の特許を取得したこのローラー台は、固定式でありながら、3本ローラーのような実走感を感じられ、またバランス力の向上も望めます。まさに固定式と3本ローラーを合わせたハイブリットなローラー台です。

またマンションで使う場合に気になるのは、音の問題です。このGT-Roller F3.2をおすすめする一番の理由はその静音性にあります。ローラー台史において最も静かと言われるGT-Roller F3.2は、「自転車との一体感」「安心安全」をコンセプトに作られた、今までにないローラー台です。

おすすめローラー台メーカー・ブランドと代表製品

ローラー台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ローラー台を買おう、と決心してもどのメーカーがいいのか悩んでしまいます。ここでは、おすすめの有名メーカーをご紹介します。もちろんこのほかにも、おすすめのメーカは「ミノウラ」「GROWTAC」などがあります。

近年ではソーシャルネットワークで世界中のサイクリストたちとライドすることができるアプリ「Zwift」が誕生し、アプリ上のレースや、2015年世界選手権コースの疑似体験、またフィットネスレベルに合わせたコーチングなどが、ローラー台で楽しむことができます。

この「Zwift」の利用者に愛用されているスマートトレーナーは「Wahoo」と「Tacx」に二分されていて、二つのメーカでの「Zwift」の利用者は85%にも登ります。

おすすめ第3位ブランド「WAHOO」

Wahoo Fitnessはアメリカのジョージア州で創業されました。サイクルコンピューターや心拍計、スピードセンサーなど、サイクリストやランナーをサポートする機器を開発しています。

ローラー台の代表作でおすすめなのは、Wahoo KICKRです。「ツール・ド・フランスの覇者「Team SKY」に提供されている製品です。この固定式ローラー台はフライホイールによって、自然な感性が生まれ、リアルな乗り心地が体験できます。

またZWIFTにも連動し、ZWIFT内でのヒルクライムや路面に合わせた負荷が自動で掛かり、飽きやすいローラー台でのトレーニングを楽しいものに変えてくれます。

おすすめ第2位ブランド「TACX」

TACX NEO SMART
TACX NEO SMART

¥ 205,200

口コミ

左右にわずかに振れるように設計されているため、乗り心地はよく、車体へのストレスも少ないと思われます。

オランダで生まれたTACXは多くのプロチームから厚い信頼を得ていて、2012年のロンドンオリンピックでは公式トレーナーとして採用されました。

TACXの定番は固定式ローラー台です。スタンダードモデルの「ブルーマチック」、7段階の負荷設定のできる「ブルーツイスト」のブルーシリーズに加え、ブルーシリーズの高位モデル「ブースター」、新型サイクルトレーナーsmartシリーズの「さとり」「ブシドー」「NEO」があります。

おすすめは、ZWIFT対応のNEO SMARTです。ダイレクトドライブ式で、静音性に優れ、またZWIFTとの連動性にも非常に優れていて、コンピュータ上の路面にあった負荷が自動で調整されます。そのため飽きやすいローラー台での練習も楽しく集中して行うことができます。

おすすめ第1位ブランド「エリート」

ELITE(エリート) 【新型】VOLANO 2018
ELITE(エリート) 【新型】VOLANO 2018

イタリアのサイクルアクセサリーの名門ブランドである「エリート」はツール・ド・フランスなどのクラシックレースで、トップ選手たちが愛用しているメーカです。もちろんローラー台もその一つです。

固定式ローラー台で「classic」と呼ばれるデータ送信機能を持たないローラー台は3種類あります。お手頃価格で、タイヤの摩耗が少なく、ホームトレーナー入門に最適な「NOVO FORCE」やエリート独自のオイル負荷を用いた「QUBO FLUID」など初心者におすすめのローラー台があります。

ELITEでおすすめするのは、2018年の新型ローラー台、「VOLANO」です。静粛性に優れたダイレクトトランスミッション方式を採用、また価格も手頃で、アマチュアサイクリストにも扱いやすい製品です。

アプリを用いることで、自宅で専門家コーチによるトレーニングが行え、価格、静音性からもおすすめの一台です。

ローラー台の使い方・活用方法

ローラー台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ローラー台は室内でのトレーニングを目的として用います。冬や雨の日、また強風などの悪天候、また外に出てサイクリングを楽しむ余裕はないけれど、少しだけトレーニングしたいときなどにおすすめです。

近年はバーチャルでサイクリングを楽しむアプリZWIFTが開発され、飽きがちな室内トレーニングも集中できる環境になっています。ZWIFTでは世界中のサイクリストと繋がるので、知らない誰かとサイクリングを楽しんだり、一人でバーチャルなヒルクライムトレーニングに励んだり、また世界選手権のコースやツール・ド・フランスの山越えのコースも楽しむことができます。

自宅で気軽にサイクリング

ローラー台おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

自転車は全身を使ったスポーツです。バランス感覚や脚力、外に出ると判断力や状況を見る力を養うことができ、おすすめのスポーツです。しかし屋外競技であるため、天候に左右されます。寒い日や強風、雨の日には誰だってモチベーションが下がります。

そんなときおすすめなのが、ローラー台です。ローラー台は自宅で気軽にサイクリングを楽しむにはおすすめの器具です。アプリなどを活用すれば、飽きやすい室内トレーニングも楽しく行うことができます。

冬の間など自転車に乗れない日が続くと筋力は落ちます。それを避けるため、ZWIFTなどのアプリを用い、楽しい室内トレーニングを行いましょう。

Related