Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

シーラーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

シーラーと言っても、家庭で使えるものから業務用のシーラーがあります。おすすめのシーラーや、おすすめの使い方など、種類や使い方そして金額などにも違いがあります。便利なシーラーを日常生活の中に取り入れてみてはどうでしょうか。

シーラーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

シーラーって何?

「シーラー」とは、お菓子の袋のようなプラスチック素材を熱で封をする(つまりシールする)機械を指します。

シーラーには、業務用の大型の商品からコードレスタイプのもの、真空パック機能がついた商品から、100円均一店で手軽に購入できる物まであり、一家に一台はあると便利なおすすめ商品です。しかし、どのような商品なのか想像がつかないものもあるでしょう。

そこで、以下のコラムでは、シーラーの種類や選び方、おすすめの商品や使い方について詳しく紹介していきます。

シーラーの種類が知りたい

まず、シーラーには、用途に合わせて多様な形・大きさの商品が販売されています。

大きな袋詰めを行う場合や厚手の袋をシールしたい場合には、シーラーの熱線の温度や圧着時間を調整できる業務用がおすすめです。

家庭で使用する場合、作り置きのおかずや買いだめをしたお肉や魚の鮮度を落とさず冷凍したい時、野菜や果物の味や水分をそのまま残して保存したい時には、真空パック機能が付いたシーラーがおすすめです。

お菓子のラッピングなどのシールには、クリップ型や安く手に入るハンディ型もおすすめです。シーラーをお試しで買ってみたいとお考えには、100円均一店で手に入るイージーシーラーがおすすめです。

でも、どのシーラーを買ったら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

シーラーの選び方を知りたい

まず、どのような目的で、シーラーを使いたいのか考えてみましょう。

例えば、お肉や魚の鮮度を保ったまま保存をしたいなら、真空パックできるタイプがいいでしょうし、お菓子の袋詰めのように、袋口を圧着させるために使用したい場合には、クリップシーラーがおすすめです。

また、スナック菓子袋の圧着のように、使用頻度が少ない場合には、手軽に使えるハンディ型や100円均一のシーラーがおすすめです。自分の使用目的にあったシーラーを選ぶとよいでしょう。

シーラーおすすめ人気ランキングTOP3の商品紹介

以下では、家庭でも使える便利な種類のシーラーから、特におすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

ランキング3位はこれ!

ハンディ型ピタッとシーラー
ハンディ型ピタッとシーラー
口コミ

なかなか使えると思います! 食べきれなくなった商品を密封できて 助かってます。大体の袋商品に使えます!

コードレスで片手で使用できて、値段もお手ごろなシーラーが欲しいなら、「ピタッとシーラー」を使ってみませんか。乾電池式なので、コンセントを気にせずに使用でき、お菓子の袋閉じなど、ちょっとした袋閉じ用として家庭にあると、便利でおすすめです。

しかし、頻繁に使用する場合には、すぐに電池が切れてしまう、シーラー本体に熱がこもることで熱線が壊れやすいといった不具合が起こりやすいことから、このタイプのシーラーはおすすめではありません。

卓上タイプのシーラーは大きくて場所を取るし、使いづらそうとお考えなら、以下の商品はいかがでしょうか。

ランキング2位はこれ!

簡易型クリップシーラー Z-1
簡易型クリップシーラー Z-1
口コミ

冷凍食品や食べかけの食品など、おおかたのものを簡単にシールできるので本当に重宝しています。 ちょっと封をしたいときに便利!

簡単なシールのために、さまざまな機能が付いたシーラーは値段が高いし、買うのはもったいない。反対に、安いシーラーは手軽に使えるけど、すぐにこわれたり、電池が切れるサイクルが短いから、経済的に効率が悪い。

それなら、コード式のクリップシーラーを、使ってみませんか。

シールしたい部分を挟んで、ボタンを押して圧着させるだけの簡単な作業で、お菓子の袋詰めなどシールできる素材が、ハンディ型シーラーと比べて多いことが特徴です。用途に合わせて幅の長さを選べることもおすすめポイントです。

また、ここで紹介した簡易型クリップシーラーなら、取っ手を扱いやすくしたり、大きめのスイッチボタンと点灯ボタンをつける工夫がなされて、初めての方でも使いやすいデザインです。

ランキング1位はこれ!

家庭用自動真空パック機フードシーラー
家庭用自動真空パック機フードシーラー
口コミ

多少汁気のあるものもちゃんと真空できます。 袋を挟んでボタンをワンプッシュするだけでシッカリと圧縮でき凄く簡単で使いやすくて良かったです。 低価格なのに凄くいい商品です。

お肉や魚などの生鮮食品の冷凍保存で、冷凍による食品の傷みをどうにかしたいとお考えなら、真空パック機能フードシーラーはいかがでしょうか。真空パックは食品の鮮度を保つだけでなく、野菜や果物の水分や味までも保ったまま、冷凍保存できることからおすすめです。

チャック付きの保存袋と比較しても、食品の冷凍保存は、真空パックがチャック付きより長い期間冷凍保存ができ、かつ、解凍後も味や鮮度を保ったまま調理できるメリットがあります。買いだめが多い家庭にはおすすめの商品です。各家庭に一台は欲しいシーラーでしょう。

真空パック機能が付いたシーラーは、圧着のみを行うものに比べて高いイメージがありますが、この真空パックシーラーは、他の製品と比較しても値段が約4,000円ほどで安く買い求めることができます。

特徴・用途別おすすめシーラーを教えて!

以下のコラムで、業務用、家庭用、お菓子用、ハンディ型、安価、といった風に、それぞれの特徴と使い方、おすすめの商品を紹介します。

シーラーを購入するときの参考にしてはいかがでしょうか。

業務用

 業務用 ヒートシーラー インパルスシール機
業務用 ヒートシーラー インパルスシール機
口コミ

業務用の名前に惹かれて購入。力もいらず、大量に作るのにすごく便利です。 メッシュフィルターやアルミの袋など。店舗で販売する商品の梱包に役立っています。

業務用のシーラーの中でも、コンパクトな形状で、家庭用にも使えるおすすめ商品です。

大量にシールするのに適したシーラーであること、シールできる幅も以下に紹介するクリップ型などに比べて長いので、ゴミ袋をシールすることで、臭いなどを気にせずゴミ出ししたり、衣替え時などの衣類の梱包をしたりできる商品です。

また、素材ごとに時間調節できることから、コーヒー袋などの厚い袋のシールも簡単にできてしまうのもおすすめポイントです。

家庭用

 OTHA 3-in-1自動真空パック機 家庭用
OTHA 3-in-1自動真空パック機 家庭用
口コミ

使用方法はすごく簡単。説明書も日本語写真付きでわかりやすいので問題なく使用することができました。

お肉や魚の鮮度を保ったまま保存したい場合には、真空パックできるシーラーがおすすめです。

市販のジッパー付き袋より密着度が高いので、衛生面での安全性が高いことが特徴です。解凍も楽にすることができ、生鮮食品のほかに、野菜や果物、残ったお菓子などに使うと、乾燥・湿気から食品を守りながら保存ができる便利なおすすめのシーラーです。

また、真空パック保存なので、冷凍室でも場所を取らないコンパクトサイズで、買いだめをして保管場所に困ることも無くなるでしょう。

真空パックに専用ロールは必要?

真空パック フードシーラー専用ロール
真空パック フードシーラー専用ロール
口コミ

ビニールの厚みは十分にあり、低温調理器で60度前後で24時間加熱をしても 剥がれたり中身が漏れたりはありません。 冷凍から解凍、加熱。すべてOKです。

真空パック機シーラーを使うには、専用ロールが必要になります。

ジップロックのように、チャック付きの保存袋を使用した際、食品によって臭いや水気が漏れてしまったことがある人もいるでしょう。しかし、この真空パック機シーラーなら、臭いや水気の心配なく保存できるので、おすすめです。

真空パック用の追加ロールは、通販やホームセンターなどで手に入ります。

お菓子用

テクノインパルス クリップシーラー Z-1
テクノインパルス クリップシーラー Z-1

¥ 6,300

口コミ

コンセントを入れてすぐに使えるのと数秒で接着できるので手軽です ラッピングは手作り感が出なくなりましたし、これを使うだけでお店のものみたいとかなりいわれます。

コンセント付きのシーラーの中では、最も小型であり、持ち運びや使い勝手が良い商品です。また、シーラーを大量に使う人には、乾電池式よりコンセント付きの方が、長時間使い続けられるためおすすめです。

手作りお菓子をラッピングするときに、クリップシーラーで圧着すれば、お店で販売されているようなきれいな見た目に仕上がります。

シーラーに使用できるラッピング袋は、「ガス袋」という専用の袋を使用しますが、透明タイプからかわいい柄がプリントされたものまで種類が豊富なので、お菓子に合わせて選ぶことができ、おすすめです。

ハンディタイプ

ハンディーシーラー 家庭用 ミニ 小型 電池式
ハンディーシーラー 家庭用 ミニ 小型 電池式

乾電池で発熱するコードレス型のシーラーであり、片手で簡単に圧着できる商品で、手の平くらいの大きさであることから、持ち運びや収納に便利です。

しかし、コンセント式に比べると使用時間が短いため、スナック菓子の密閉のように頻繁に使わない場合には、こちらの商品がおすすめです。

ただし、スイッチボタンがついていないことから、使い終わるごとに本体から電池を抜き取ること、消耗品なので使い続けるごとに内部の熱線が劣化してしまうため、壊れやすいことがデメリットとして挙げられます。

充電式ハンディシーラー

USB充電式・マグネット付ハンディシーラー
USB充電式・マグネット付ハンディシーラー

¥ 1,890

口コミ

マグネット付きで冷蔵庫に張り付けておけるのでいざ使うときに無くなりません。 充電式で容量も大きく何度か使っても熱量が下がらず、使いやすいです。

値段はほかのハンディシーラーと比べると高めですが、充電式のシーラーなら乾電池式より熱量が強いので、シールできる素材が多く、より使いやすい商品です。

マグネット付きが、収納時にはうれしい機能でしょう。

100円均一店のシーラー

イージーシーラー
イージーシーラー

ハンディ型のシーラーが欲しいけれど、お試しで買うには値段が高いと考えている方におすすめなのが、100円均一店で手に入る「イージーシーラー」です。

見た目はハンディ型で、紹介した商品と変わらないデザインです。メーカーごとに商品のカラーバリエーションも豊富で、かつ見た目の安っぽさがないので、お試しで購入したい方にはおすすめです。

使い方もハンディ型と同じく乾電池式で、圧着したい部分に挟むだけで簡単です。しかし、商品価格が安い分、商品の素材や厚みによって、上手く圧着できない場合があり、壊れやすいことがデメリットです。

値段別おすすめシーラーを教えて

クリップシーラー Z-1
クリップシーラー Z-1

シーラーは形や性能によって値段も変わりますが、以下では予算1,000円以内、5,000円以内で購入できるシーラーと、少ない予算でも購入ができるおすすめの業務用シーラーを紹介します。

1000円以下のシーラー

レック ヒートハンディシーラー
レック ヒートハンディシーラー

¥ 298

口コミ

動かすスピードにコツが要りますが、慣れれば簡単にチャックできるようになりました。 100均のものに比べると熱が強く、すぐに封ができる印象です

予算1,000円以下のシーラーは、ハンディ型のような形状で、消耗品として使用することが多いでしょう。

最近では100円均一店でも手軽に購入できますが、「レック ヒートハンディシーラー」は、100円均一の商品と比べても、熱や圧着力が強いことが特徴で、他の商品より手ごろな値段であることから、おすすめの商品です。

ハンディ型は安い値段で購入できる分、熱に対する耐久性が低く、頻繁に使用することで本体の熱線が衰えてしまうため、数ヶ月で壊れてしまいます。

収納に困る大きな機械は使いづらいとお考えなら、この「レック ヒートハンディシーラー」の購入をおすすめします。

予算5,000円で買えるシーラー

アズワン (AS ONE) クリップシーラー
アズワン (AS ONE) クリップシーラー

コンセント式で、最も使いやすく値段も手ごろなクリップシーラーは、多くのメーカーで販売されているおすすめのシーラーです。

そこで、「アズワンのクリップシーラー」は値段は約3,700円ほどと手頃な価格で購入でき、ボタン一つで簡単にシールできること、クリップ部分が袋を挟みやすい形状であることが特徴です。

家庭用にも使えるおすすめの業務用シーラー

業務・家庭用シーラー
業務・家庭用シーラー

¥ 4,000

口コミ

袋の厚みに合わせて温度調節もでき、完了時にはランプが消えるのでとても使いやすいです。梱包作業で大活躍しています。 作りが少しお粗末かなと思いましたが使用に支障はありません。

業務用と聞くと、大きな機械で値段が高く、使い方が難しそうなイメージがありますが、このインパルスシーラーは、業務用と家庭用の両方で使えるおすすめの商品です。

業務用としても使えるので、袋の厚みに合わせた温度調節が可能であり、他の形状のシーラーでは、上手くシールできなかった袋も簡単に密閉できること、幅が長いのでごみ袋のような大きな素材でもシールできてしまうのが、おすすめのポイントです。

おすすめのシーラーのメーカー・ブランドと代表商品

富士インパルス ポリシーラー P-200
富士インパルス ポリシーラー P-200

¥ 19,332

口コミ

すごく使いやすくて、この値段も納得です。 迷っているならぜひ買ってみてください。 非の付け所がない素晴らしい業務用商品です。

欲しいシーラーの形状は決まったけれど、どのメーカー・ブランドを購入したらよいのか迷ってしまうことはありませんか。

そこで、以下で紹介するおすすめのメーカー・ブランドを参考に、購入を検討してみませんか。

おすすめメーカー・ブランド1

富士インパルスシーラー 業務用
富士インパルスシーラー 業務用

¥ 24,840

口コミ

業務用の名前に惹かれて購入。力もいらず、大量に作るのにすごく便利です。 メッシュフィルターやアルミの袋など。店舗で販売する商品の梱包に役立っています。

業務用でおすすめのメーカーは、この「富士インパルス」です。

富士インパルスが販売する業務用のシーラーは、卓上型(手動)から電動、足踏み式、ハンディ型、コードレスタイプ、茶装用から専用の包装資材まで、幅広い製品を扱っています。

その中でも、この卓上型は他のメーカーに比べて値段が安く、使い勝手が良いことから人気商品であり、シール作業が多い仕事にはおすすめのメーカー商品です。

業務用シーラーを扱うメーカー・ブランドなので、家庭用として購入するには値段が高いでしょうが、使えば納得のおすすめメーカーです。

おすすめメーカー・ブランド2

アイリスオーヤマ 真空パック フードシーラー
アイリスオーヤマ 真空パック フードシーラー
口コミ

安価な割に機能は、他のメーカーと比較しても遜色ありません。 使い方が簡単で良かったです。

お肉や魚のような生鮮食品の保存において、衛生管理が一番神経を使う場面であり、保存方法にもこだわりを持つ主婦が多いことでしょう。

そこで、生鮮食品を新鮮かつ安全に保存する方法として、「アイリスオーヤマ」の真空パック機シーラーを活用してみませんか。

フードシーラー以外の家電製品の販売も行っているメーカー・ブランドであり、国産の真空パック機であることがおすすめのポイントです。

清潔感を与える白色のシンプルなデザインと、フード・シーラー本体と追加のロールの値段も、他のメーカー・ブランドと比べても購入しやすいお手ごろ価格であり、おすすめです。

おすすめメーカー・ブランド3

ダイソー イージーシーラー
ダイソー イージーシーラー

100円均一店で購入できるシーラーは、安いなりの商品だからすぐに壊れてしまうという口コミやイメージが多く出回っているようですが、「ダイソー」のシーラーはそのようなマイナスイメージを吹き飛ばすような高品質商品であることを知っていましたか。

ハンディ型シーラーは、ダイソーのような100円均一店の他にホームセンターなどで手に入りますが、高い値段の割にはすぐに壊れてしまうことが多いでしょう。

しかし、同じ性能を持つ商品でありながら、ダイソーのイージーシーラーは、値段も安く、使える商品と評判です。

使い方は、ホームセンターで手に入るハンディ型シーラーと全く同じでありながら、丁寧に使い続けることで、数ヶ月は壊れずに使用できます。

ハンディ型シーラーは、本体の熱線が劣化することで使えなくなってしまう消耗品ですが、
同じ性能であるなら、ダイソーのイージーシーラーの購入をおすすめします。

シーラーの使い方を知りたい

シーラーといっても、上記で紹介した卓上型、クリップ型、ハンディ型があることはわかっても、商品を見ただけでは、その使い方がいまひとつ想像できないでしょう。

そこで、以下のコラムでは、「卓上型」「クリップ型」「ハンディ型」の使い方を説明していきます。

卓上型シーラー

①シールしたい素材に合わせて、本体の横に付いている調整ツマミで時間を設定します。

②次にシーラー本体と圧着レバーの間に素材を挟み、レバーを押し下げてシールします。

③加圧すると同時に、シーラー内の熱線に電気が通ることで圧着を行うので、通電中はランプが点灯します。

④加圧時間が終了すると、ランプが消えシール完了です。
*加圧終了後、圧着レバーを押さえたまま数秒間冷却させると、シールがきれいに仕上がります。

クリップ型シーラー

それでは、手作りお菓子のラッピングをクリップシーラーで、圧着させる方法を説明しましょう。

①袋をシールする前に、お菓子の袋の空気をよく抜きます。

②シールしたい場所を決めたら、クリップシーラーを挟みます。

③シーラーに袋を挟んだら、シーラーのボタンを押し、圧着させます。
圧着中は、赤いボタンが光ります。

④赤いボタンが消えたら、ボタンから手を離し、圧着部分を冷ましたら完了です。
冷却中は、袋をシーラーから外さずに行うと、見た目もきれいに仕上がります。

ハンディシーラー

①使用する前に別売りの乾電池をセットします。ハンディ型はスイッチボタンがないので、電池を入れるとすぐに熱線が温まります。

②次に、ヒーター部分を覆っている安全カバーをずらし、3秒ほどハンドルを押し付けて発熱させてください。実際に、シールするようにハンドルを握って発熱させるとよいでしょう。

③ヒーターが温まったら、圧着します。コツをつかむまでの間は、袋口が開いてしまうことがありますが、回数を重ねるごとに上手くシールできます。

④使用後は、必ず本体から乾電池を抜いてください。故障などの原因になります。

私が欲しいシーラーは何だろう?

以上のように、用途・特徴ごとにさまざまなシーラーを紹介しました。シーラーの購入を検討する際の参考にしていただけると幸いです。

これまで紹介してきた中で、すぐに壊れてしまうようなマイナス面も持つ商品も出しましたが、これらも使い方次第では、長い期間にわたって使い続けられる優れた商品です。

値段が高くて、機能が多く付いた商品は、見ただけで使えるし、あると便利だなと錯覚してしまうでしょう。

本当に使えるシーラーとは、使う頻度が最も高い商品であり、満足できることが、自分にとって使い勝手がよいシーラーと言えるのではないでしょうか。

Related