Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

音楽理論本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

音楽を演奏したり語る上で、必要となってくる「音楽理論」の関連本を特集します。今現在おすすめな人気ランキングTOP3の音楽理論の本から、口コミで評判の音楽理論の本、並びにその種類などについてをご紹介します。音楽理論の本の特集です。

音楽理論本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

音楽理論とは何

普段何気なく聴いているさまざまな音楽、そのジャンルは無数にありクラシックや民謡からポピュラー音楽に至るまで、ほとんどは「音楽理論」によって成り立っています。実際の音楽を鑑賞するのと同じように、音楽理論を文献などから理解していくという方法もあっておすすめできます。音楽理論を知っていると、より音楽のことが楽しくなっていきます。

今回は音楽理論に関する書籍、関連本などを中心にご紹介しながら、音楽理論とはに何かについて言及していきます。

音楽理論について

音楽理論とはどのような内容なのでしょうか。これは、音楽の慣習や可能性を研究する学問の分野を指します。一般的に音楽理論は、音楽家や作曲家による音楽制作方法を観察することによって、そこに基づく仮説を導き出して体系化していくおすすめな内容です。

あるいは、音楽の基本的要素の学術研究と分析が主体となっています。音楽史を紐解くと、その中に、音楽理論が形成されていく経緯も登場するのでおすすめです。

音楽理論の基本要素

音楽理論を理解するには、ある一定のルールや法則があることを認識して、その一つ一つを可能な限り認識していく作業が欠かせません。音楽理論を成立させている基本要素はさまざまなものがありますが、中でも以下のものが代表的でおすすめです。

おすすめ音楽理論の基本要素①音程

音楽理論における「音程」とは、2つの音の高さの隔たりや差のことを言います。簡単に言ってしまえば認知されている「ドレミファソラシド」という音符の並びこそが、一般的な音階の一つ「ヘ長調」と呼ばれ、それらを構成する音の一つ一つが音程です。あくまでも便宜上で区分されていますが、音符と音符との間には、さらに微妙な音の差や隔たりが存在します。

おすすめ音楽理論の基本要素②音階

音楽理論における「音階」とは、音の階段のことを言います。別名では「スケール」と称されています。その曲の調子(曲調)を決定させるのは、そのような音階を使うかによって変わっていきます。明るい雰囲気の曲調にするには「メジャースケール」にし、やや暗い曲調にするには「マイナースケール」を活用します。

前述にもある、よく知られている「ドレミファソラシド」自体も既に音階で、「ヘ長調」あるいは「Cのメジャースケール」と呼ばれています。

おすすめ音楽理論の基本要素③コード

音楽理論における「コード」とは、よく知られている表現で「和音」のことを指します。作曲や編曲する際にはコードの響きが重要な役目を果たします、その数はかなりあるので全部を覚えるとなると相当な努力を要します。

一般的に使われるコードは「三和音」「四和音」とされています。三和音は「3つの音から成る和音」、そして四和音は「4つの音から成る和音」です。

おすすめ音楽理論の基本要素④和声

音楽理論における「和声」という言葉はあまり一般的には聞き慣れていませんが、これは曲が始まって終わるまでの一連の流れの中で、どのようなコードが使われ、どのように変化していくのかを決定させています。わかりやすく言えば「コード進行」という表現のほうが浸透しています。

和声を決定させるには、音程、音階、コードのしくみについて理解して慣れておく必要があります。

音楽理論がなぜ必要なのか

よく音楽理論は必要か否かを押し問答する不毛な状態を耳にします。ある人は「必要」といいますが、ある人は「不要」といいます。

しかし結論を言ってしまえば、音楽理論こそ必要なことです。なぜなら音楽とは、聴く人にとって「聴き心地が良い」状態でなくてはならないからです。そのためにはある一定の法則にしたがった、心地よい進行や感じを保たなくては意味がありません。

音楽理論は、音楽を心地よく聴かせるためのルールだと考えてください。そのために必要不可欠な基礎は知っておくことをおすすめします。

でも音符が読めないアーティストもいるにはいる

音楽理論など要らない派の方々が口々に交す理由は、「それでも、音符を読めないアーティストはたくさんい在る」ということです。確かに当人にとっては、音符が読めなくて理解できなくても、作曲が可能であればそれで問題がないと言えます。しかし彼らは、読めなくても感覚的に心地よい音楽進行の方法論を無意識に理解して実現させる能力があります。

つまり、どういう展開に持っていけば楽曲が面白く心地よい状態で仕上がるのかを肌感覚で知っていて、それ自体がもはや理論上に則っています。他にも、アーティスト当人が音楽理論を認識しておらず譜面が読めなくても、必ず周辺には音楽理論を知っているサポート役(プロデューサやアレンジャーなど)が存在し、チーム制で役割分担をしています。

音楽理論本の種類と選び方

音楽理論についてを書き記している本は世の中にたくさん出版されていて、その歴史もかなり古いとされています。ここでは、おすすめな音楽理論の本についての特徴と種類などに、簡単に触れておきましょう。

音楽理論本の種類

音楽理論に関してのおすすめな本が何かを一概に言い切ることは、とても困難な作業と言えます。しかも音楽をする際には、どのような楽器を手に取り習得するかによって微妙な差が生じます。

もちろん音楽理論そのものは定番となっているので普遍な内容です。問題は、音楽理論に準じて楽器を取り扱う際には、楽器の特性に沿って奏法が違うわけなので、それに適した種類で考えることがおすすめということです。ギタリストならギターの奏法や特性に合った音楽理論の本を選ぶこと、ピアノなら鍵盤楽器の特性に見合った音楽理論本をおすすめします。

音楽理論本の選び方

音楽理論から学ぼうとすると、かなり難解な文章表現ばかりが目に入ってしまい途中で挫折しやすいという欠点があります。そのため最も入りやすく理解に繋がるおすすめな方法は、「敷居の低い解説」が書かれている本、かつ「自分がやりたい、あるいはやっている楽器に関連した」本がおすすめです。簡単なことから徐々に音楽理論へと入るということです。

音楽理論本おすすめ人気ランキングTOP3

ここでは、今最も売れ筋となっている音楽理論の関連本について、その人気TOP3をご紹介します。今特におすすめな音楽理論の本、音楽関連の売れ筋おすすめは、主にこの3冊です。

③ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論

ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール
ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール
口コミ

他の方も仰ってるようになかなか分かり易く解説されていると感じました。 初心者の私には良い買い物でした。

ギターを弾く時に欠かせないのが「コード」です。コードについての覚え方を綴ったおすすめな音楽理論本です。そのための魔法の言葉「こん、ばん、み」から始まる7つのルールを覚えていくだけと唱えています。

この魔法のルールによって、約600個のコードが自由自在に導き出せるようになります。他にも、ギター奏法において覚えておきたいこに関するユニークな覚え方で紹介するおすすめな一冊です。

②コード理論大全

コード理論大全
コード理論大全

音楽理論上で欠かせないコードについて、基礎から応用までを完全網羅したおすすめな内容です。全ジャンルの音楽家に必須となる標準コード理論書です。コードについて詳しく知りたいのなら一冊手元に置いておきたい本です。

音程や転回、コードシンボルの書き方などの基本事項、和声に準じたマルチトニックシステムやハイブリッドコードなど、指導用テキストとしてではなく、独学でも理解できる練習問題も充実したおすすめ音楽理論の本です。

①BRUTUS(ブルータス) 2018年2/15

BRUTUS(ブルータス) 2018年2/15号No.863[山下達郎のBrutus Songbook]
BRUTUS(ブルータス) 2018年2/15号No.863[山下達郎のBrutus Songbook]
口コミ

一言でいえば番組の誌上再録なのだが、こだわり方が尋常ではない。

毎週日曜日の午後2時からTOKYO FM系列にて放送されている長寿番組「山下達郎のサンデー・ソングブック」を大特集しています。

この雑誌自体はライフスタイルやファッションを主体にしているので、音楽理論の本という意味ではやや逸脱はしています。しかし何よりも、音楽雑誌以外の雑誌が、ここまでポピュラー音楽についてを事細かく解説し、該当番組についての敬愛さを示しているのが珍しいとされています。

該当ラジオ番組自体も、山下達郎氏の音楽家としてのこだわりが毎回にじみ出ていて、絶大な人気を誇っています。異例のヒットを飛ばした特集号です。書店やコンビニでは売り切れ続出中のおすすめな内容です。

特徴・用途別おすすめの音楽理論本

ここではさらに用途やジャンル・特徴などによって識別される音楽理論に関連した本やおすすめな商品などについてご紹介します。音楽理論と一括りしてみても、楽器やジャンルごとに沿った音楽理論の本が目立ちます。

ギターの奏法に見合ったおすすめ音楽理論本

最後まで読み通せる音楽理論の本(CD付き)
最後まで読み通せる音楽理論の本(CD付き)
口コミ

この本で初めて最後まで楽しく読み通すことが出来て、今までわからなかったことなども はっきりしてスッキリです。

楽器を操るミュージシャンはすべて音楽理論を熟知していると思われがちです。実は多くのギタリストが、音楽理論からかけ離れたところで自分流の演奏スタイルを誇示しています。

「五線譜は読めない」「バッキングとソロができれば十分」「理論よりも感性」という誤解が多いという欠点をいまだに抱えています。ギタリストのため、基礎だけを徹底的に解説した本としておすすめです。

作曲をする人へおすすめする音楽理論本

よくわかる作曲の教科書
よくわかる作曲の教科書
口コミ

音楽理論等無く、全くの素人ですが、少しずつ理解出来るようになってきました。 まだ作曲は出来ていませんが、自分だけの曲を作れるようになりたいです!

作曲と聞かされるとかなり高度なことを要求されるのではと思いがちです。しかし作曲は誰でも可能な作業でおすすめです。しかもこの1冊を読むと理解できます。見開きで1項目、図版や譜例が満載なわかりやすい作曲のコツが書かれていておすすめです。

曲作りに初めてチャレンジする人、アレンジをしたい人の中でも、細かい理論がまだ未熟なタイプの方に安心できるおすすめの本です。

ジャズに関したおすすめな音楽理論本

ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て (CD付)
ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て (CD付)
口コミ

独学では見つけにくい答えが見つかります。こういうもんだ、と暗記していたものの理由が記載されていて理論書なのにすっきりと読み進めていけます。

トップ・ミュージシャンである納浩一氏が執筆したおすすめなジャズ理論書です。 必須知識は全てジャズの往年のスタンダード曲に詰まっているということを前提にした音楽理論解説を展開しています。

誰もが聴いたことのあるジャズの有名曲を徹底分析しながら、その構造を追求しジャズの世界でのコードやスケールについてを解説しています。実践的なノウハウが習得できるおすすめな本です。

ベースの奏法に見合った音楽理論本

指板で解決!ベースで見て弾く音楽理論 実践に役立つ理論が、ベースに触れながら身につく!!
指板で解決!ベースで見て弾く音楽理論 実践に役立つ理論が、ベースに触れながら身につく!!

ベ-シストにとってもコード感や和音、スケールは大切な音楽理論です。特にスケールのパターンをたくさん知っていれば、ロックやジャズなどの演奏時にはかなりの応用が利きます。本書はベーシストにとって優しくわかりやすい音楽理論の本としておすすめします。内容は元ミュージシャンで現在CGクリエイターの著者が解説しています。

初心者向けおすすめな音楽理論本

音楽理論がおもしろくなる方法と音勘を増やすコツ
音楽理論がおもしろくなる方法と音勘を増やすコツ
口コミ

音楽理論がわかりやすく書いており 音楽理論を学びたいけど、 どうしたらいいかわからない人 向けです。 もっと早くからこの本に出会いたかったです

この本のコンセプトは「すべての音楽理論を必ずしも網羅しない」というちょっと変わったところに着目した点が魅力です。ロックやポップスなどの大衆音楽を演奏したり楽しむのなら、音楽理論の全体の中で、せいぜい1/3くらいを知っていれば間に合うという発想で書かれています。

いきなりいろいろなことを覚えようとしても挫折してしまう可能性のほうが高いといった理由もあります。本書は、極めてポピュラー音楽の初心者に向けてわかりやすく書かれた音楽理論本としておすすめします。

クラシックを専攻している人向けな音楽理論本

クラシックのからくり~「かたち」で読み解く楽曲の仕組み~
クラシックのからくり~「かたち」で読み解く楽曲の仕組み~
口コミ

本書では楽曲の「かたち」についてわかりやすく解説されており、ちょっとした疑問へも明確に答えているので、長年のモヤモヤがスッキリしました。

クラシック音楽はなかなか素人が入門するにはハードルが高い印象です。ロンド、カノン、二部形式といった用語が出てくると何だかわからないという方へ向けて書かれています。クラシックの楽曲は「かたち」ができあがっているので、そこから音楽構成を徹底分析、各形式の代表的な曲を楽譜でまるごと解説しながらクラシック全体がわかってくるおすすめな内容です。

コード進行についての音楽理論本

コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ 目指せ! 譜面がなくても曲が弾ける人!
コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ 目指せ! 譜面がなくても曲が弾ける人!
口コミ

おかげさまで、本書のやり方で覚えた曲は、コードだけとはいえ、本当に「譜面無し」で弾けるようになりました。そして私のささやかな音楽の世界は、現在進行形で広がり続けています。

この本では、コード進行の仕組みについて「覚え方」「耳コピ」「作曲」という3つの視点にたって解説しているおすすめな内容です。

譜面がなくても次のコードを推測したり、聴いた曲のコードが大体わかってくるといったことは、コード進行の仕組みを理解することが重要です。コードの展開や仕組みについてを、一般的な音楽理論の本とは違ったアプローチで説いてくれています。

サックスプレーヤーのための音楽理論本

ジャズ・テナー・サックス/実践と理論 (スタンダード名曲に学ぶ)
ジャズ・テナー・サックス/実践と理論 (スタンダード名曲に学ぶ)

サックスを吹きたいという需要はかなり増加しています。そのため本書では、スタンダードな曲を中心に、さまざまなポピュラー音楽を事例にしてジャズ理論を「即興演奏」「コード進行」に重点を置いて具体的に説明したテナー・サックスのための解説書としておすすめします。初心者には抽象的すぎて難解なジャズ理論も併用できる内容です。

スケールに関する音楽理論本

ピアニスト音楽理論 スケール編
ピアニスト音楽理論 スケール編

スケールとは、音階のことを意味し、その「調子」によって曲のイメージも変わっていきます。曲作りやアドリブにて、スケールの基本力が身に付くように構成されているおすすめな本です。

メジャーやマイナーといったお馴染なスケールから、ブルーノートスケール、沖縄音楽にて使われているペンタトニックなど、事例を多用しながらわかりやすく学べる音楽理論本です。

ロックに通用する音楽理論本

ヒット曲でわかる! ROCK&POPの音楽理論 コンパクト・ガイド
ヒット曲でわかる! ROCK&POPの音楽理論 コンパクト・ガイド

ロックミュージックやポピュラーミュージックは、一見すると音楽理論とは無縁な「感性」で行う音楽と思われています。しかし音楽である以上、しっかりとした理論で成り立っています。リズム、音程、スケールなどもクラシックと共通する事項があります。

この本では、ポピュラー音楽ならではのコード進行、用語、楽器、ジャンルといった基礎知識を簡潔に説明しています。初心者、クラシック愛好家も納得できる音楽理論や、ロックやポップスのヒット曲を挙げて解説したおすすめな一冊です。

おすすめの音楽理論本の代表作品

ここでは、定番と化し高評価な音楽理論に関連した本についてをご紹介します。代表的な音楽についてのおすすめ良書として知られているので、まず最初に一読するのなら、このどれかをチョイスしていただければよいでしょう。

音楽理論代表作①音楽の基礎

音楽の基礎
音楽の基礎
口コミ

音楽とは何なのか。別に、楽器を演奏しようとかいうのでなくても、 一通りここに書いてあることを読んでおくと、 (いかなる音楽であれ)音楽の楽しみ方が10倍くらい増すように思います。

この本は、作曲家である著者が体験に基づきながら、音楽の基礎を一般向けに解説した入門書として人気の一冊です。静寂と音との関係、調性、和声、対位法などの解説や、現代音楽と民族音楽を視野に入れつつ詳述されているおすすめな音楽理論本です。

音楽理論代表作②楽典―理論と実習

楽典―理論と実習
楽典―理論と実習
口コミ

音大を目指すような人のための本なので、 難しいかなと思いましたが、 とても分かり易く解説してあって、 他のどの楽典の本よりも詳しい内容でした。

賛否両論ではありますが、昔からの定番とされている音楽理論の古典的作品が、この「楽典」です。特に音大受験の際や、実際に音楽大学での授業の中でも取り扱われている内容です。クラシック系の音楽を目指している方には特におすすめします。

音楽理論代表作③西洋音楽史―「クラシック」の黄昏

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏
西洋音楽史―「クラシック」の黄昏
口コミ

これからクラシックを聴こうとする方に良い書籍です。各時代の作曲家の作品を聴きながら読み進めるのも良いかもしれません。

音楽理論のことというよりも、音楽史という意味合いで書かれているおすすめな良書です。18世紀後半から20世紀前半までの西洋音楽史のことを、体系化し一般に「クラシック音楽」と呼んでいます。この本では、クラシック音楽の歴史とその前史である中世、ルネサンス、バロックで何が行われて変貌を遂げていったのかを検証した内容としておすすめです。

音楽理論本の使い方・活用方法

音楽理論をマスターするとどのような効果があるのでしょうか。これはもうある程度決まったパターンがあります。まずは作曲の能力が向上します。よほどのアバンギャルドな音楽でもない限り、楽曲は聴きやすさや耳心地を考慮した内容や進行でなくてはなりません。そのためのルールとして音楽理論は活かされています。

そしてもう一つは、自分の得意とする楽器演奏の際に応用力がつくということです。特にジャズやロックの世界などでは即興演奏を要するような場面があり、その時にどれくらいスケールやコードを知っていて実演できるかがカギとなっていきます。

以上のような意味で、音楽理論を学ぶことをおすすめできます。

知らないより知っておきたい音楽理論

音楽理論に関連した内容とおすすめな本についてのご紹介でした。音楽理論は必ずしも完全マスターをするべき内容とまでは言い切れませんし、それはかなり難解で長い道のりになります。しかしほぼ耳にする大衆音楽や古典音楽は、音楽理論の上で成り立っていることは確かです。

音楽理論に関して少しでも理解をし知恵として備えていければ、楽器の演奏性もすぎれていきプレイヤビリティに活かされる利点もあります。ぜひ音楽理論系の本を一読することをおすすめします。

Related