Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

経営本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

何かと社会の手助けになる経営本を、読んでみたいと思って本屋やネットを探しても何を読んでよいのかわからず迷っている方は多いでしょう。ここでは経営本おすすめ人気ランキングや、おすすめの経営本の代表作品などをご紹介しましょう。

経営本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

経営本の種類とおすすめの選び方とは?

経営本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

新年度に入り、新しい環境にも少しずつ慣れて、「何か新しいことに取り組みたい」「将来のためになる勉強をしたい」と考えている方もおられるでしょう。

そんな時には、経営本にトライしてみるのはいかがでしょうか。経営本というと難しくて、経済学部の学生や起業家が読むものと考えている方も少なくないでしょう。しかし、一般向けの易しくて読みやすい経営本もあります。また、起業家や経営者でなくても、経営本を通して、これからの生活を送る上でとてもタメになる情報を得られるでしょう。

ぜひこの機会に、教養のために、また将来のために、経営本に挑戦してみるのはいかがでしょうか。この記事では、高い評価を得ているおすすめの経営本をさまざまな角度から取り上げ、ご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

経営本の種類とは?

経営本と一口に言っても、その種類は非常にバラエティー豊かです。例えば、経済学を学ぶ大学生を読者として想定した、学生向けの教材的な経営本もあれば、広く一般の読者層をターゲットにした教養本としての経営本もあります。

また、これから起業しようと考えている人のために書かれた、資金調達のノウハウや会社の設立、マネージメントについての情報を得られる経営本も多く発売されています。

面白く読める経営本の種類とは?

経済学や経営に関する知識があまりないという方でも面白く読める経営本として、伝説的な経営者の人生を描いた伝記や、カリスマ経営者の名言集などを挙げることもできるでしょう。

パナソニックを創設した日本が誇る起業家の松下幸之助や、アップル社を生んだカリスマ的経営者のスティーブ・ジョブズに関する著作などが、このようなジャンルの経営本に当てはまります。

これらの経営本を読むことで、経営のノウハウについて楽しく学ぶことができますし、伝説的な経営者の生きざまや思想を学ぶことで多くの刺激を得られるので、自己啓発本としてもおすすめできます。

経営本のおすすめの選び方とは?

簡単に読める経営本をお探しならば、経営本の古典作品をコミカライズしたものをチョイスしてみるのがおすすめです。小さな文字を読んでも経営本の内容が頭に入らないという方でも、漫画版の経営本ならば、すらすら楽しく読むことができ、しっかりと内容を理解することができるでしょう。

また、図解タイプの経営本も、イラストがふんだんに用いられているため、文字を目で追うだけよりも、経営についてより理解がしやすくなるので、初心者の方におすすめです。

他方で、これから起業しようと考えている方や経営者の方には、ご自身の職種に関する経営本を手に取られることをおすすめします。

飲食店、アパレル業界、IT企業、ベンチャー企業などさまざまな業界向けの経営本が発売されていますので、ぜひご自身向けの経営本をみつけてみてはいかがでしょうか。

経営本のおすすめ人気ランキングTOP3!

経営本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

これから経営本にトライしてみたいけれど、書店に行くとさまざまな種類の経営本がずらっと陳列されているため、一体何を基準にどれを手に取ればよいか分からないという方もおられるでしょう。

どの経営本を読もうか迷ってしまった時は、口コミの評判がよいものを購入されることをおすすめします。

そこで以下では、口コミの評判がよく、なおかつ高い人気を集めているおすすめの経営本TOP3をご紹介していきます。ぜひ通勤・通学の時間などに読んでみてはいかがでしょうか。

第3位:はじめての人の飲食店開業塾

はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)
はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)
口コミ

180ページのボリュームですが、読みやすくスラスラと読めます。 飲食店開業までに必要なステップが時系列で書いてあるので段階的に理解できます。

おすすめの経営本の人気ランキング第3位は、赤沼慎太郎氏の「はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)」です。

これからカフェや居酒屋、レストランなどの飲食店を開業しようと考えている方にぜひおすすめしたい、定評ある経営本です。飲食店の開業・経営に欠かせない基本的な情報が平易な文章で書かれていますので、全く知識がないという方でもすらすらと読むことができるという点が、ぜひこの経営本をおすすめしたい理由として挙げられます。

また、ポップで可愛らしい絵柄の漫画がふんだんに用いられていますので、文章で読むと難しくて理解しにくい内容でも、すんなりと頭に入ってくるというところも、おすすめのポイントです。

「猫印カフェ」という成功した飲食店を実例として取り上げているので、とても分かりやすく、勉強になること間違いなしです。

第2位:経営者:日本経済生き残りをかけた闘い

経営者:日本経済生き残りをかけた闘い
経営者:日本経済生き残りをかけた闘い
口コミ

誰もが知る著名な経営者について著者自らとの関係や著者の考え方・解釈について、突っ込んだ記述されており、読みごたえがありました。

おすすめの経営本の人気ランキング第2位にランクインしたのは、永野健二氏の「経営者:日本経済生き残りをかけた闘い」です。

戦前から現在に至るまで、日本の経営史を学ぶことができる、非常に重厚な内容の経営本です。鐘紡や三菱、トヨタ、東芝、セブン&アイ・ホールディングス、ソフトバンクなど、日本を代表する有名企業が成功した理由・衰退した理由を明快に解説してくれています。

そのため、経営者の方だけでなく、ビジネスパーソンの方にもぜひおすすめしたい経営本だと言えるでしょう。どのような組織で不正が起こるのか、どのような体制だと会社が成長できるのかという点についても非常にわかりやすく書かれているので、経営について多くを学ぶことができるというところもおすすめのポイントです。

バブル時代の日本経済を最前線で取材してきた有名敏腕記者が執筆した経営本ですので、非常に読みごたえがあります。

第1位:図解でわかる経営の基本

図解でわかる経営の基本 いちばん最初に読む本
図解でわかる経営の基本 いちばん最初に読む本
口コミ

見開き2ページで1つのテーマを 明瞭簡潔に展開されます。 「経営とは?」をしっかり 確認したい方に お勧めできる良著です。

おすすめの経営本の人気ランキング第1位に輝いたのは、六角明雄氏の「図解でわかる経営の基本 いちばん最初に読む本」です。

経営について学ぶべき基礎的な情報が全て含まれているといっても過言ではないほど、とてもオーソドックスな著作ですので、ぜひあらゆる方におすすめしたい経営本だと言えるでしょう。

経営とは何か、その基礎知識や理論に加えて、実践的なマネージメント方法についても詳細かつ分かりやすく書かれていますので、経営本を初めて読むという方にもおすすめです。また、図解タイプですので、経済学に拒否反応があって経営本を敬遠してきたという方も、安心してお読みいただけます。

なお、会社を成長させるためにはどうすればよいのか、他者との競争に勝つためにいかなる方策をとればよいのかといった点についても詳述されていますので、会社経営者の方にもぜひおすすめしたい経営本と言えるでしょう。

特徴・用途別おすすめの経営本をご紹介!

経営本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

以下では、特徴別・用途別におすすめの経営本をピックアップしてご紹介していきます。本選びの際にぜひご参考ください。

大学生におすすめ!大学1年生のための経営学

大学1年生のための経営学
大学1年生のための経営学

これから経営学について学ぼうと考えている大学生にぜひおすすめしたい経営本として、芦澤成光氏が編著をつとめた「大学1年生のための経営学」をご紹介します。

大学で教鞭をとる研究者が大学生向けに編纂した、経営学の基礎を学ぶことのできる本です。そのため、経営に関する講義を履修していて、予習や復習に使える経営本をお探しの大学生にぜひおすすめできる本と言えるでしょう。

大学1年生向けに作られていますので、専門用語を使用していはいますが、ちゃんとそれぞれの用語の解説を分かりやすくしてくれているところも、おすすめのポイントとして挙げられます。

初心者におすすめ!大学4年間の経済学

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
口コミ

経済の基本をわかりやすく解説しており、経済の面白さを引き出している。"経済学とは"と思っている人には参考になると思う。

経済や経営についての前提知識がなくてもOKな経営本をお探しの方には、井堀利宏氏の「大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる」がおすすめです。

題名のとおり、大学で学ぶべき経済・経営学についての基本的な事項が、これ一冊の中につまっていますので、これから経営について学びたいという初心者の方にぜひおすすめしたい本と言えるでしょう。

また、以前別の経営本を手に取ってみたけれど、専門用語ばかりで理解できなかったという方にもおすすめできます。この本をさっと通読すれば、今まで理解できなかった経営本も読みやすくなるので、おすすめです。

経済が分かる!おすすめ経済本!イチから学ぶ

イチから学ぶビジネス[改訂版]―高校生・大学生の経営学入門―
イチから学ぶビジネス[改訂版]―高校生・大学生の経営学入門―

経済について学べる経営本をお探しの方には、小野正人氏の「イチから学ぶビジネス[改訂版]―高校生・大学生の経営学入門―」をおすすめします。

タイトルのとおり、高校生や大学生を読者層として想定して書かれた経営本ですので、基礎知識がない方でもすらすらと読むことができるでしょう。そのため、分かりやすく経営や経済について学べる経営本をお求めの方におすすめの著作です。

飲食店におすすめの経営本!

飲食店開業・経営の成功メソッド
飲食店開業・経営の成功メソッド
口コミ

メーカー勤務のサラリーマンですが、読んでいると飲食業を始めてみたくなった。面白いしためになる。

これから飲食店をオープンしたいと考えている方におすすめの経営本として、鬼頭宏昌氏の「飲食店開業・経営の成功メソッド」をご紹介します。

どのように資金を集めて開業すればよいのか、オープン後の店をいかに黒字でキープさせるのか、飲食店経営者が知っておくべきノウハウがギュッとつまっているところがおすすめのポイントとして挙げられます。

会社運営におすすめの経営本!

マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本
マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本
口コミ

レビューで評価がよかったので購入しました。 評価通り話も面白く会計の基礎知識もつけられました。

会社経営でお悩みの方におすすめしたい経営本として、森岡寛氏の「マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本」をご紹介します。

漫画で描かれた経営本ですので、身構えることなく楽しく読めるところがおすすめのポイントです。

会社のマネージメントを円滑に進める上で知っておくべき「数字」についてさまざまな角度から詳細に説明がなされていますので、会社運営のヒントが得られるでしょう。

カフェに関する経営本のおすすめ!

ふつうの女性がカフェを開いて10年続ける方法
ふつうの女性がカフェを開いて10年続ける方法
口コミ

原宿という激戦区、しかも竹下通りから一本入った裏通りで、10坪のサンドウィッチカフェがなぜ10年以上も経営を続けられたか?という理由を、本書は余すところなく伝えています。

これからカフェをオープンしたいという方や、すでにカフェの運営をされている方におすすめしたい経営本として、飯森麻純氏の「ふつうの女性がカフェを開いて10年続ける方法」をご紹介します。

多くの飲食店が進出しては撤退するという超激戦区である原宿でカフェをオープンし、見事大成功させたオーナーが書いた経営本です。

教科書的な経営本と違って、筆者の実践的なノウハウがギュッと濃縮されているので、勉強になること間違いなしです。カフェのオーナーだけでなく、飲食店の経営者の方にも広くおすすめできる経営本と言えるでしょう。

おすすめの経営本の作者と代表作品!

経営本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

ここでは、おすすめの経営本の作者とその代表作をご紹介していきます。

ドラッガー「マネジメント」

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
口コミ

3時間以上かかりましたが、一気に読むことができました。実践でこれからも参考にさせていただきます。

経済学や経営学を学ぶ際に必ず言及されると言っても過言ではないのが、20世紀を代表する経営学者のピーター・F・ドラッカーです。

ドラッカーは経営学に関するさまざまな本を著していますが、難しくて理解できず、途中で読むのをやめてしまったという方もおられるでしょう。そんな方にこそぜひおすすめしたいのが、上田 惇生訳の「マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則」です。

名著「マネジメント」の要点をピックアップしたコンパクト版ですので、分かりやすくドラッカーの経営学について学ぶことができるでしょう。

ジョブズ「100の言葉」

ジョブズ 100の言葉
ジョブズ 100の言葉
口コミ

大きな文字と、エピソードを添えるようなジョブズの写真、 それが、心を刺激してくれます。 ひとつの写真集のような感覚でもある。

20世紀を代表する経営者の一人と言っても過言でないのが、スティーブ・ジョブズです。ジョブズは、世界的大企業のアップル社の創業者であり、経営者としてカリスマ的な人気を誇っている稀有な人物でもあります。

そんなジョブズの経営理念や思想を学びたいという方には、ライブドアの創設者である、かの有名な堀江貴文氏が監修を務めている「ジョブズ 100の言葉 」をおすすめします。

ジョブズの残した数々の名言から、経営者としての彼の思想や哲学、信条について学ぶことができるでしょう。経営本としてはもちろん、自己啓発本としてもおすすめできるほどです。また、ジョブズの経営哲学の真髄に触れたいという方にもおすすめです。

エンリコ「コーラ戦争に勝った!」

コーラ戦争に勝った!―ペプシ社長が明かすマーケティングのすべて
コーラ戦争に勝った!―ペプシ社長が明かすマーケティングのすべて
口コミ

マイケル・ジャクソンとのCM契約の裏舞台などが読めて なかなか楽しく読ませてくれます。

コーラは、世界で最も有名なソフトドリンクであり、20世紀を象徴する飲み物でもあります。そんなコーラにおいては、ともに19世紀末に誕生したコカ・コーラとペプシ・コーラという二大企業は100年もの間、常にライバル関係にあることをご存知でしたでしょうか。

ペプシ・コーラの社長であるR・エンリコの「コーラ戦争に勝った!―ペプシ社長が明かすマーケティングのすべて」は、両者の熾烈な競争において、ペプシ・コーラが世界シェア・ナンバーワンの座を手に入れることなった秘訣があますことなく書かれています。

読み物としてもスリリングで面白いですし、ライバル企業との競争にいかに勝つのかという経営者の視点で読んでも非常に勉強になるでしょう。

経営本の使い方・おすすめの活用方法とは?

経営本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

経営本は、一気読みしてもよいですし、電車やバスの通勤・通学時間にちょこちょこ読むのもおすすめです。

また、お風呂で長時間半身浴をする際や、寝る前など、毎日の生活の中にあるスキマ時間をみつけて経営本を読んでみてはいかがでしょうか。

企業の準備をしよう!

これから自分で会社を立ち上げようと計画されている方は、本格的な準備をするまえに、あらかじめさまざまな経済本を読むことをおすすめします。

経営本を通じて経営のノウハウを十分に理解し、自分が経営者として実際にどのように会社をマネージメントするのか、またトラブルに直面した時にどういった解決法があるのかを、経営本を通して学びましょう。

ただし、やみくもに経営本を多読すればいいというわけでもありません。昨今では非常に多くの経営本が毎日のように発売されていますので、玉石混淆です。なかには、あまり内容のない経営本もあるでしょう。そのため、古典作品や名著として定評のある経営本をチョイスされることをおすすめします。

タメになる経営本と出会おう!

経営本おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

今回は経営本をテーマに、さまざまなおすすめの作品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

経営者や起業家の方だけでなく、新入社員の方も、ぜひ将来のために、また教養のために、経営本を手に取ってみてはいかがでしょうか。

Related