Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月10日

現代文の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

センター入試の国語で、現代文は点数の半分を占める大事な科目です。一方で、勉強法が分かりにくい科目の一つでもあります。今回は「おすすめの現代文参考書ランキングTOP3」のほか、目的や用途別におすすめの現代文の参考書をご紹介します。

現代文の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

現代文は重要な科目!

小学校や中学校では「国語」とまとめられていた内容が、高校では「現代文」と「古典」に分かれます。センター入試(200点満点)では、配点の半分を占める重要な科目です。私立大学入試や国公立大学二次試験においては、文系学部だけでなく理系学部でも受験科目になっている場合があります。

現代文の参考書は数多くありますが、どれが目的に適しているのか分かりにくいことがあります。ここではおすすめの現代文の参考書のほか、用途対策別に現代文の参考書のおすすめをご紹介します。

現代文の参考書の種類と選び方

現代文の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

まずは、現代文の参考書の種類と選び方について、ご説明します。

現代文の参考書の種類

現代文の参考書は、基礎から応用までの習得レベル別、大学入試対策用(私立大学対策/国公立二次対策/センター入試対策)のほか、記述問題や語彙力習得に特化したものなどが出版されています。問題文を読み解く上で鍵になる「解法」を掲載した参考書は、受験予備校から多く出版されています。

現代文の参考書の選び方

ここでは、簡単な参考書の選び方をご紹介します。

・現代文そのものが苦手で点がとれない(高校3年生)
・現代文の「評論」「小説」、どちらかが特に苦手
・センター入試の対策がしたい
・私立大の受験/国公立大の二次に必要
・マークシートの得点率は高いが、記述は苦手で低い
・語彙力が足りなくて文章が読み取れない、漢字が読めない
・学校の定期テストや実力テストで点を取れるように基礎力を付けたい(高校1・2年生)

まずは自分がどの状態で、何が不足しているのかを正確に把握しましょう。

現代文の参考書おすすめ人気ランキングTOP3

現代文の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ここでは、現代文の参考書のおすすめ人気ランキングをご紹介します。ランキングは売れ行きや価格のほか、口コミなどに基づいて総合的に判断しています。

現代文の参考書おすすめ第3位はこれ!

現代文の参考書おすすめ第3位は、「出口汪 現代文講義の実況中継(実況中継シリーズ)」です。

出口汪 現代文講義の実況中継(1)

出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)
出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)
口コミ

受験生の頃も使いましたが、分かりやすいです。今回は、新聞や書籍の読解力を向上させたくて購入しました。この本で基礎を身に着けて、読書に精を出していこうと思います。

現代文の解法についての参考書の中でも、ロングセラーとなっている参考書です。本書は「現代文ほど成績の上がりやすい科目はない」をモットーに、現代文解法のロジックを一から徹底的に学んでいきます。ここでは(1)をご紹介しますが、シリーズとなっている参考書なので(3)で完結します(そのため、ランキングでは第3位としました)。

「理系で現代文への苦手意識がある」「現代文の論理的な解法を身につけたい」「現代文を得点源にしたい」高校1年生から3年生までおすすめの参考書です。

現代文の参考書おすすめ第2位はこれ!

現代文の参考書おすすめ第2位は、「現代文読解の基礎講義 (駿台受験シリーズ)」です。

現代文読解の基礎講義 (駿台受験シリーズ)

現代文読解の基礎講義 (駿台受験シリーズ)
現代文読解の基礎講義 (駿台受験シリーズ)
口コミ

現代文の点数を上げるための参考書として、他の参考書とは一線を画す優れた参考書であると思います。

現代文には解法があります。本書は解法の解説に始まり、文章内にその解法をどう用いて答えを導き出すのかまで詳しく説明されています。講義(内容)のあとに例題を解く流れで構成されているので、学んだばかりのことが実践できます。繰り返すことで、解法を身につけましょう。

「読解の基礎講義」とありますが、ある程度の基礎力は必要な参考書です。「点を取れる時と取れない時がある」「そこそこ点は取れるけど、得点源とは言い難い」「センターの現代文で7割は確実に取れるようになりたい」受験生へおすすめの参考書です。

また、「読書中に繋がりが分からなくなって、前のページに戻って読み返してしまう」「文章を読むのが苦手で、資料を把握するのに時間が掛かる」大学生や大人の方にもおすすめの参考書です。

現代文の参考書おすすめ第1位はこれ!

現代文の参考書おすすめ第1位は、「田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式」です。

田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式

田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式
田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式
口コミ

苦手だった現代文の得点が伸びました。「そんな事分かってるよ。」と思うような事ばかり書いてありますがそれが大事だったりします。

本書は二部構成になっています。第一部では「現代文」の解法を基礎から丁寧に、分かりやすく解説しています。第二部の実戦編では、実際の入試問題を用いて力をつけていきます。全編に渡って会話調なので、固い文章が苦手な方にも読みやすく、とっつきやすい参考書です。

「とにかく現代文が苦手で点が取れない」「少しでも点を取れるようになりたいけど、どこから手をつけていいのか分からない」「なぜ点が取れないのか分からない」受験生におすすめの参考書です。「点はそこそこ取れるけど基礎に不安がある、見直しておきたい」場合や、現代文に苦手を感じ始めた高校1年生や2年生にもおすすめの参考書です。

特徴・用途別おすすめの現代文の参考書

ここからは、特徴や用途に分けて現代文の参考書をおすすめします。

おすすめの現代文参考書:早稲田対策

早稲田大学では、政治経済学部、法学部、文学部、教育学部の文科系(A方式)、商学部、社会科学部、国際教養学部、文化構想学部、人間科学部、スポーツ科学部(国/数選択)、で国語が受験科目になっています。

現代文と格闘する

現代文と格闘する
現代文と格闘する
口コミ

なかなか良い。しかし、難しい。 今までは感覚で解いていて、ある程度高い点数を取っている者におすすめする。 現代文読解の本質というものがわかるだろう。

早稲田大学受験対策におすすめの現代文参考書は、「現代文と格闘する」です。

本書は3部構成になっています。第1部では現代文の読解に欠かせない用語についての解説、第2部では文章の繋がりを意識した読解方法、第3部では実際の入試で頻出するテーマを挙げて問題へ取り組んでいきます。解説編では問題ごとの詳細な解説のほか、つまづきやすい場所や解法のポイントを掲載しています。

現代文の問題は解法である程度の点数は取れますが、早慶クラスの受験対策としてはそれだけでは不十分な面があります。「解法をベースに、応用力を身につけたい」「校外模試で上位を狙える得点力が欲しい」「より緻密で本質的な読解力を身につけたい」高校3年生におすすめの参考書です。赤本(過去問題集)と併用して、得点力アップを狙いましょう。

参考書を選ぶ前に

学部によって現代文の出題内容は変わります(「評論」二つや「評論」と「随筆」の組み合わせなど)。また、40点から75点まで配点にはばらつきがあります。参考書を選ぶ前に入試情報を必ずチェックして、志望学部の出題内容や配点を確認しておきましょう。

※ここに掲載したものは、2018年度一般入試の情報です

おすすめの現代文参考書:京大二次対策

京都大学では、全学部の二次で国語が受験科目になっています。

得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)

得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)
得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)
口コミ

過去問での勉強が終わった段階で、使いました。詳しい解説に加えて、採点も載っているので、最後の段階で納得しながら、勉強できました。

京都大学二次対策におすすめの現代文の参考書は、「得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)」です。

本書は記述、論述対策に特化した参考書となっています。「典型問題篇」と「練習問題篇」の二部構成で、3つのパターンに合わせた対策方法を説明していきます。実例の答案をベースにしているので、答案作成のコツも掴める参考書です。

一般的に国公立大学二次は私立大学より記述問題が多く作られていますが、京大はその中でも記述量が特に多い、最難関クラスの試験です。「より難しい問題に取り組んで力をつけたい」「読解力はあるが、記述力に不安がある」受験生におすすめです。赤本や過去問題集と併用して、確かな得点力を身に着けましょう。

早稲田対策でご紹介した参考書、「現代文と格闘する」もおすすめします。

参考書を選ぶ前に

学部により、試験時間や配点が異なります。参考書を選ぶ前に必ず試験情報をチェックして、まずは志望学部に合った対策を立てることをおすすめします。

※ここに掲載した情報は、2018年度対策のものです

おすすめの現代文参考書(問題集):記述

記述対策におすすめの現代文参考書は、「記述の手順がわかって書ける!現代文記述問題の解き方―「二つの図式」と「四つの定理」 (河合塾シリーズ)」です。

記述の手順がわかって書ける!

記述の手順がわかって書ける!現代文記述問題の解き方―「二つの図式」と「四つの定理」 (河合塾シリーズ)
記述の手順がわかって書ける!現代文記述問題の解き方―「二つの図式」と「四つの定理」 (河合塾シリーズ)
口コミ

国語、とくに現代文の解答って、どう書けばいいのがが、ずっと漠然としてました。この本は、解答の作り方を明確に示してくれていて、とても参考になりました!

本書では、記述式を解く方法を8つのポイントに分けて説明しています。記述式問題をいかにして点数につなげるかに特化した一冊です。実践にページが割いてあるので扱いは問題集ですが、記述式問題を説くために必要な解法を学べるので、参考書としてもおすすめします。

「マークアップはいいのに、記述問題で点を落としてしまう」「『説明しなさい』と言われても、どう説明すればいいのか分からない」「記述問題のポイントを押さえたい」高校2年生、3年生におすすめの参考書です。

また、レポートや論文作成に悩む大学生にもおすすめします。

おすすめの現代文参考書:語彙

語彙力増加、定着におすすめの参考書は、「現代文キーワード読解[改訂版]」です。

現代文キーワード読解[改訂版]

現代文キーワード読解[改訂版]
現代文キーワード読解[改訂版]
口コミ

特にこれといった重大な欠陥もなく、受験生はとても良い物に仕上がっていました。

本書では、現代文の問題によく使われる用語を160語選び出し、「科学」や「哲学」などのテーマ別に解説しています。小説に使われる用語も収録し、イラストや図解で分かりやすく解説されています。用例で使用されている文章は、実際に入試で出題されたものばかりです。基本から実践まで、読解力の底上げに役立つ参考書です。

「分からない単語があって、読解につまづく」「キーワードとなる用語の意味が分からなくて解けないことがある」「二次対策用に語彙力を増やしたい」受験生におすすめの参考書です。

「あやふやな用語の意味をきちんと押さえておきたい」「作成する文章が単調になってしまう」大学生以上の方にもおすすめします。

おすすめの現代文参考書:小説

小説読解におすすめの現代文参考書は、「読解を深める現代文単語〈評論・小説〉」です。

読解を深める現代文単語〈評論・小説〉

読解を深める現代文単語〈評論・小説〉
読解を深める現代文単語〈評論・小説〉
口コミ

評判通りの本でした!!非常に役に立っています。これはオススメです。

本書は、読解に欠かせない重要語を「評論」だけでなく「小説」分野でも取り上げています。学んだ内容に基づいた練習問題や総合問題なども掲載されているので、用語の定着も図れる参考書です。現代文の用語集として「評論」分野の参考書は多くありますが、こちらはその「小説」分野の重要単語も含めて掲載されている、おすすめの参考書です。

「評論では点が取れるのに、小説は取れない」「小説は独特な言い回しが多くて、何を指しているのか分からない」「評論も小説も、まとめて語彙力を増やしたい」「記述用に役立つ単語を押さえておきたい」高校生におすすめの参考書です。

おすすめの現代文参考書:センター入試対策

センター入試対策におすすめの参考書は、「きめる! センター現代文」です。

きめる! センター現代文

きめる! センター現代文
きめる! センター現代文
口コミ

これは本当にオススメですよ。 理系でセンターのみだったらこれとセンターの過去問だけで十分だと思います。 このやり方で本番も安定して150点は取れました。

センター現代文対策として、累計300万部のベストセラーの参考書です。「センター現代文」とありますが、国公立大二次から私立大学対策まで対応できる内容となっています。また、パソコンやスマホにも対応するアプリ付きなのが特徴の一冊です。

「国語はセンター入試のみ」「センター現代文は絶対に落とせない」「センターの解き方を身に着けたい」高校3年生におすすめの参考書です。

おすすめの現代文参考書:大学入試対策

大学入試対策におすすめの現代文の参考書は、「入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)」です。

入試現代文へのアクセス 発展編

入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)
入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)
口コミ

問題を進めるごとにだんだん難しくなっていくのがいいです。実力あがります。なかなか使えますよ!

本文と設問の二通りの解説を通して、問題文を読み取る力を養います。読解のポイントから解法のコツまで、取り組み方を丁寧に解説した参考書です。

「基本的な読解力は身に着いている」「中堅私立大学、国立大学を目指している」高校3年生におすすめします。

また、この「入試現代文へのアクセス」はシリーズとなっています。

入試現代文へのアクセス 基本編

基礎固めから行いたい方は「基本編」がおすすめです。

入試現代文へのアクセス 完成編

「発展編」よりステップアップを目指す方は「完成編」をおすすめします。

おすすめの現代文参考書:高校(テスト対策)

校内でのテスト(定期テスト、実力テスト、校内模試)対策におすすめの現代文参考書は、「船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)」です。

船口のゼロから読み解く最強の現代文

船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)
船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)
口コミ

驚きました。現代文不得意の長男のために買ったのですが、効果てきめんでした。 本人も驚いてます。良いきっかけになりました。

本書では、現代文の読解に必要な解法を基礎から丁寧に解説しています。矢印を用いた図解を交えポイントも押さえてあるので、考え方がスムーズに学べます。

「受験用現代文へ取り組む前に、解法を身につけておきたい」「現代文が苦手だから、今のうちになんとかしたい」「範囲のある定期テストでは点が取れるけど、実力テストや校内模試になると点数が落ちてしまう」高校1年生と2年生に特におすすめします。

おすすめの現代文の参考書の使い方・活用方法

ここでは、参考書の使い方を交えながら、おすすめの活用法をお伝えします。

予習や復習にプラスアルファで使う

現代文を勉強する、と言っても、どこからどう始めればいいのか迷ってしまう。そんな場合には、学校から出された課題にプラスアルファで使うことをおすすめします。

まず、参考書で学んだ解法を教科書の評論や小説に適用させてみましょう。文章中の「それ」は何を指し示しているのか、筆者がこの結論を出した理由はどこにあるのでしょうか。ノートに書き出して、図解化する作業をおすすめします。また、授業の復習として「先生はなぜここを挙げたのか」を理解するためにも役立ちます。定期テスト対策にも繋がりますので、積極的に取り組んでみましょう。

テスト見直しは実力アップの大きな鍵

定期テストを始めとした数々の校内テスト、点数を見て先生の解説を書いて、それで終わっていませんか。テストの答案、特に間違えた箇所には実力をアップさせる大事な鍵が眠っています。参考書はある程度、自分の癖を掴んだあとに購入するのがおすすめです。

まず、どこを間違えたのかを把握しましょう。漢字なら漢字、用法や用語ならそれに対応した参考書や問題集を選んで取り組みます。読解で多く間違えている場合も、評論か小説か、選択か記述かで対策は違ってきます。『心情を説明しなさい』『この時の●●を40文字以内で書きなさい』『著者が述べている○○に適したものを以下から選びなさい』など、現代文の問いは多岐に渡ります。最初のテストでは分かりにくくても、回を重ねるうちに苦手な分野は明らかになっていきます。効率の良い学習を行うために、テスト答案をじっくりと見直しましょう。

とにかく語彙力を増やす

現代文の点数を効率的にアップさせるコツは「解法を身につける」ことと「語彙力を増やす」ことです。解法を使うにしても、問題文そのものが理解できなければ得点に繋げるのは難しくなります。

また、センター入試では毎年必ず漢字の問題と用語の意味(用例など)を尋ねる問題が出ます。2018年の第1問の(問1)では適した「漢字」を5つの中から選ばせる問題が5問(2点×5問で10点満点)、第2問の(問1)では適した「意味」を5つの中から選ばせる問題が3問(3点×3問で9点満点)、出題されました。この19点を確実に得るためにも、漢字や頻出用語はきちんと押さえておきましょう。参考書は頻出単語や漢字がピックアップされているので、効率良く語彙を増やせます。現代文に限らず、二次で小論文が課される場合にも語彙は必要になります。

高校1年生や2年生は週に○個覚える、と決めて取り組むのもおすすめです。

赤本と併用して得点力アップ

各大学の受験対策用に出版される赤本(過去問題集)は、そこを目指すなら何より押さえておきたい問題集です。現代文においても、設問は各大学によって「選択式が多い」「記述が多い」「配点の高い、長い記述問題がある」「用語の意味を問う問題が出る」「評論と随筆が1つずつ出る」「評論しか出ない」などの特徴があります。まずは、志望大学の設問と自分の苦手な設問がどれくらい重なるのかを把握しましょう。

把握できたら、自分の苦手を克服しつつ入試対策にも活かせる参考書を選びましょう。その上で、まずは一度赤本を解き、間違えたら参考書に取り組んで、そのあと再び取り組みます。「予習や復習にプラスアルファで使う」でもご紹介しましたが、解法に慣れるまでは実際にノートへ図解を書き出す作業を繰り返すことをおすすめします。書くことで整理し、解法への理解も深まります。

うまく併用して、得点力アップを狙いましょう。

現代文を得点源にする!

現代文の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

現代文の点数が低い、伸びない、は勉強法に問題がある(勉強法を知らない、分からない)場合がほとんどです。現代文の点数は、技術である程度まで伸ばすことができます。「何をどこから勉強していいのか分からない」方はまず一冊、解法について解説された参考書を手に取ってみてください。現代文を得点源に変えましょう。

Related