Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月19日

宅建の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

難しいイメージのある宅建ですが、自分に合ったおすすめの参考書を選ぶことによって効率的に勉強することによって合格に近づくことができます。この記事では、初心者の人や独学の人など、項目ごとにおすすめの宅建の参考書のテキストを紹介しています。

宅建の参考書おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

宅建の参考書の種類

難易度の高いイメージのある宅建ですが、そんな宅建士試験に合格するためのおすすめの参考書と選び方を紹介します。自分に合った参考書を選び、効率的に勉強することによって独学での合格を目指すことができるでしょう。

宅建の参考書の選び方

自分に合ったテキストを選ぶことは合格に近づくために非常に重要なポイントとなります。あれこれと複数の参考書を使用して勉強するよりは、自分にあった参考書を1冊だけ選ぶことも大切です。文章を読むのが苦手な人はイラストが多く挿入されていたり漫画で学べるもの、集中力に心配がある人は飽きずらい音声講義のテキストを選びましょう。

宅建とは

そもそも宅建とは何でしょうか。宅建や宅建士とは「宅地建物取引士」の略で国家資格です。宅建の資格を得るためには宅建試験に合格しなければなりません。国家資格なので持っていると就職や転職に強いです。不動産会社への道を開くこともできます。持っていることで役職のキャリアアップだけではなく、資格手当も期待することができます。

また不動産業界だけではなく、建築会社、金融機関でも宅建は重要視されるので持っていると強い武器になるでしょう。宅建1つの資格を持っているだけで、複数の業界に通用するのでぜひ取っておきたい資格でしょう。

宅建の合格率

1つ持っているだけで複数の業界で有利になる資格の、宅建ですが、同時に合格率が低く難しい国家試験であると有名です。合格率は例年15~17%とされています。通信講座や専門学校に通う人も居ますが、参考書を利用して独学で合格を目指す人も多い資格です。

宅建の参考書おすすめ人気ランキングTOP3

宅建の参考書おすすめ人気ランキング形式でTOP3をご紹介します。

3位「わかって合格(うか)る宅建士」

わかって合格(うか)る宅建士
わかって合格(うか)る宅建士
口コミ

とてもわかりやすい内容で、勉強が捗ります!

宅建の参考書おすすめ人気ランキングTOP3の第3位は「わかって合格(うか)る宅建士2018年度」です。フルカラーで基礎からしっかり説明されているために初学者にも分かりやすく、程よいイラストで飽きにくいため独学の人にもおすすめです。一問一答もところどころに掲載されているため復習にも便利な参考書です。

巻末には過去問50問が掲載されておりボリュームもあります。「基本を早めに抑える」「隙間時間に勉強する」というポイントを意識するとさらにこの一冊をうまく活用することができます。

2位「スッキリわかる宅建士」

スッキリわかる宅建士
スッキリわかる宅建士
口コミ

全く知識のない状態からの勉強だったのですが、こちらの本は分かり易くていいです。

宅建の参考書おすすめ人気ランキングTOP3の第2位は「スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト」です。こちらの宅建のテキストは各ジャンルごとに分けてわかりやすく説明されています。イラストや登場人物・物語的に説明をしたり、過去問などを混じって具体例を出して解説されているので初学者にもおすすめの参考書です。

難しい箇所をやさしく分かりやすい表現で編集されており、この参考書でコツコツとやれば身に着く事は大きな物になる内容です。厚みもありページ数も多く、、その分内容も十分であり、以前挫折経験がある人にもおすすめの参考書です。小さな章ごとに確認問題もついているので復習の癖をつけることもできます。

またスマホと連動して問題を理解できたり、赤シートを利用して効率的に勉強できるなどの工夫があるので独学の人におすすめの参考書です。シンプルで読みやすいので初めて宅建の勉強をする人におすすめです

1位「みんなが欲しかった! 宅建士の教科書」

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書
みんなが欲しかった! 宅建士の教科書
口コミ

大ボリュームで広範囲を網羅されている点には価格相応な価値があり、万人受けはしないにしても高評価出来る物と感じました。

宅建の参考書おすすめ人気ランキングTOP3の第1位は「みんなが欲しかった! 宅建士の教科書」です。今まで宅建の勉強で挫折経験のある人にもおすすめのテキストです。カラーの図などが多く初学者にも分かりやすいです。最初に選ぶ宅建の参考書としても適切な一冊です。例題などもあるために理解し易く復習にも便利です。

各テーマ毎に順を追って詳細解説されており、図表の多用&一例の提示に、所謂注釈やコラムに相当する短文アドバイスも挟まれています。特異な点としては、本文解説中の重要語句や、各章合間に挟まれた一問即答問題の答えが赤字表記されており、付属の半透明赤シートを重ねる事で、目隠し反復学習が可能となっています。

フルカラーで要点を簡潔にまとめた内容なので、読みやすく独学の人におすすめです。論点が簡潔にまとめられており、ちょっとした時間に見直すには最適なために通勤時間などにも利用できます。

特徴・用途別おすすめの宅建の参考書

特徴・用途別におすすめの宅建の参考書をご紹介します。

民法

民法がわかった
民法がわかった
口コミ

分かりやすい言葉に安堵の一冊です! 宅建のサブテキストとして購入。買って損無しの一冊ですよ!

民法が苦手な方、宅建初学者の人にもおすすめの民放を学べる参考書は「民法がわかった 」です。民法1条から順番に、基本・重要項目が157項目解説されています。宅建のサブテキストとして利用することをおすすめします。300ページを超える厚みがありますが内容は分かりやすく要点を押さえてあります。

試験で当たり前にでてくる民法の権利が詳しく解説してあり、宅建の参考書と合わせて読むのをオススメします。民法なので資格習得だけではなく、普段の生活に役立ちます。例えを出して簡単な具体例で説明してくれるので、難しい用語も初学者に分かりやすく理解できる参考書です。

初心者におすすめ

2018年版 きほんの宅建士
2018年版 きほんの宅建士
口コミ

表紙のイメージそのままに、とても取っ付きやすいです。イラスト、カラー分け、書体、全て見やすく、同じ内容を勉強するならこのテキストはおすすめです。理解しやすいので効率的に学べます。

0から宅建の勉強を始めたい方、今まで宅建の勉強で挫折の経験がある方には「2018年版 きほんの宅建士」がおすすめです。学習範囲が広く受験生を悩ませる宅建士の勉強、間違った解釈や道を外れて学習しそうな人達を手助けしてくれるテキストです。漫画チックでフルカラー、イラストが多めなので独学で初心者の方にも分かりやすく完走しやすい内容です。

余白も多いので書き込んで勉強することも可能です。丸覚えするのでなく、理解して勉強を進めることができるので特に独学の人におすすめです。分野ごとに分かれているので、初心者の人でなくても自分の苦手な部分だけを復習するという使い方も可能です。

要点には赤文字になっていて、さらに重要なポイントは、カジュアルな絵でピックアップされているので中学生や高校生でも理解しやすいほど取っつきやすいでしょう。

活字が苦手な人におすすめ

いちばんやさしい! マンガ宅建士入門
いちばんやさしい! マンガ宅建士入門
口コミ

イメージを掴みやすくかつ 簡易にまとめてあるのでいいと思います。

文章を読むのが苦手、今まで他のテキストで挫折経験がある、宅建の勉強を漫画で学びたいといった方は「改訂新版・受験用のいちばんやさしい。 マンガ宅建士入門 合格模擬試験付き」がおすすめです。

各項目ごとに、マンガ1~4ページと文字によるまとめ1ページで構成されており、マンガでイメージをつかみ、その後まとめできちんと整理することで、宅建試験の全体像や骨子を把握することができます。

どちらかというと宅建初学者の人が、勉強を始める前に、このような漫画の宅建テキストでまず基礎から流れを掴んでおくという使い方もおすすめです。簡易にまとめられているので読みやすいでしょう。

漫画で学びたい人におすすめの参考書

うかる! マンガ宅建士入門
うかる! マンガ宅建士入門
口コミ

試験については勉強のやり方ものっていたので参考にさせてもらおうと思う

漫画で学びたい人は「 日経のうかるシリーズうかる。マンガ宅建士入門2018年度版」がおすすめです。文章を読むのが苦手な人だけでなく、「宅建士試験に挑戦したいけど、何からはじめていいか分からない人」や「集中力に不安があり勉強にすぐ飽きてしまう人」にもおすすめの参考書です。宅建試験に出る重要テーマを基礎から自然に学ぶことができます。

ストーリーとして読める部分もあり、漫画要素もあるので0からの初学者にはもってこいの参考書です。勉強のやり方も紹介されています。

資格

パーフェクト宅建・基本予想問題集
パーフェクト宅建・基本予想問題集

宅建の合格を目指していく上で「2018年版・パーフェクト宅建・基本予想問題集」の参考書がおすすめです。過去問を繰り返し解いていく上でマンネリ化した場合、この「2018年版・パーフェクト宅建・基本予想問題集」を使用して予想問題を解くことをおすすめします。解説も丁寧で分かりやすいので独学の人でも使いやすいです。

インプット&アウトプットの反復学習のほかに、さらに実力養成を図るためのアウトプット学習に特化することを目標としているのでしっかりと定着させたい人におすすめです。ある程度の基本学習が進み、ワンランク上の確実な学力養成に最適な一冊となります。

独学で勉強する人におすすめ

合格しようぜ! 宅建士2018 基本テキスト
合格しようぜ! 宅建士2018 基本テキスト
口コミ

過去問集も含め非常に音声講義が素晴らしいです。入門者におすすめのテキスト。

独学で宅建の勉強したい人は「合格しようぜ。 宅建士2018 基本テキスト 音声30時間付き」がおすすめです。タイトルにあるように、音声30時間付きなために、音声をダウンロードして音声講義を聴くことができます。ラジオのようで雑談もある音声講義なので、独学の方でも飽きにくく、大事なポイントも言ってもらえるので分かりやすいです。

人気講師によるテンポのよいテキストと楽しい音声解説なので独学の人にもおすすめです。テキストも教科書口調でなく、しゃべり口調でフランクに書かれているので読むのが苦手な方でも取り掛かりやすいでしょう。ストレートに暗記させるだけではなく、しっかりと理解させることから記憶できる参考書です。

自宅にいながら気軽に音声講義に参加することができます。いつのまにか合格に必要な知識が定着し、緊張している試験中でも正答が連想しやすくなるなど、楽しみながら合格を目指すことができます。

問題集

2018年版 U-CANの宅建士
2018年版 U-CANの宅建士
口コミ

解説が詳しくて、出題の意図や内容の重要度といった基本的なことから、引っかけ問題の実践的なことまでが詳しく解説されているため、単純な過去問集よりもずっと力がつくと思います

宅建の対策でおすすめの問題集は「2018年版 U-CANの宅建士」です。宅建の12年分の過去問の分析と回答集で非常にボリュームがあります。解説が詳しくて、出題の意図や内容の重要度といった基本的なことから、引っかけ問題のキモや捨てるべき問題などの実践的なことまでが詳しく解説されているため、単純な過去問集よりも力がつきやすいでしょう。

各項目の問いに対する解説もとても丁寧であり、重要度も記されているので使いやすいです。非常に分厚いですが、問題と解答を切り離すこともできるのでチェックしながら進めることもできます。何度もこの問題集で過去問を繰り返し解き、解説を見て復習することで合格に近づくでしょう。宅建の問題集といったらコレというぐらいおすすめのテキストです。

わかりやすい参考書

U-CANの宅建士 速習レッスン
U-CANの宅建士 速習レッスン
口コミ

ユーキャンの出されてるこういうものは、個人的にですが他の参考書より読みやすいように感じます

宅建の分かりやすいテキストを探している人には「2018年版U-CANの宅建士・速習レッスン (ユーキャンの資格試験シリーズ)」がおすすめです。約720ページ程でボリュームもあり、各レッスン項目において学習のポイントや頻出度が分かりやすく、ポイントとなる用語の解説や意味もページに記載されています。

重要なポイントもアドバイスされているのでまるで講義のように理解していく事ができます。イラストや図解も多いので初学者の人にも教科書的で読みやすくおすすめです。薄い黄色の紙に印刷も赤と黒の2色ずりなので目も疲れにくいです。

ページの端には柱があり、補足事項など適宜をそこに記載されているので、文字ばかりでなくイラストも入っているので、イメージでの理解もしやすいでしょう。コラムに小さな過去問からのトピックが掲載されており要点がまとまっている参考書です。

短期集中で学びたい人におすすめの参考書

宅建士 集中講義
宅建士 集中講義

忙しい人や短期集中で勉強したい人におすすめなのが「2018年版・宅建士集中講義、フルカラー&別冊付録つき」です。不動産系資格のプロ、平柳将人講師が執筆している参考書です。フルカラーでコンパクトサイズのテキストなので持ち運びに便利で、通勤中にも確認することができます。

全52レッスンでわかりやすく解説されています。各レッスンには到達目標が掲載されているので、モチベーションの持続に良いでしょう。知識確認テストには実際の試験が掲載しており、本番対策もばっちりです。別冊付録には知識チェック集がついておりお得です。

おすすめの宅建の参考書の代表本

民法が苦手な人や独学の人など用途ごとに紹介しましたが、その中でも特におすすめの宅建のテキストや代表本を紹介します。

2018年版 きほんの宅建士 テキスト

きほんの宅建士 テキスト
きほんの宅建士 テキスト
口コミ

オールカラーで全体的にスッキリと分かりやすく編集されている。 はじめてでも完走できると言う通りの構成となっている。

特徴・用途ごとにおすすめの宅建参考書で初心者向けとして紹介しましたが、初心者だけではなくある程度慣れている人にもおすすめしたいのが「2018年版きほんの宅建士 テキスト」です。試験に出る項目を中心に構成されており、各項の解説の後ろに例題と回答が付いているので着実に合格を目指すことができます。

3つに分割できるので、持ち運びも便利で通勤中なども手軽に見直すことができます。以前宅建の勉強で、独学のために飽きて途中でやめてしまったという経験がある人も、フルカラーで視覚的に分かりやすく教えてくれるので再挑戦したいという人にも向いています。セパレート式なので、複数のページを同時に開いて勉強ができます。

索引もついているので辞書のように使用することもできます。専門書とは思えないような可愛らしいイラストも掲載されており、さりげなく勉強で疲れる心を癒してくれると評判です。

わかって合格(うか)る宅建士

わかって合格(うか)る宅建士
わかって合格(うか)る宅建士

宅建の参考書おすすめ人気ランキングでもTOP3に入った「わかって合格(うか)る宅建士」も宅建の定番の参考書として代表的です。定番の重要過去問だけを300問抜粋して厳選されている問題集なので宅建受験生には必須になる一冊でしょう。また、2色刷りなので要点が理解しやすく、1肢ごとにテーマが明示され、4分冊構成なので使いやすいです。

単に暗記するだけではなく、解き方のテクニックも紹介されているので根本から理解し、しっかりと定着させやすいです。役立つ裏技も掲載されているので独学の人におすすめです。「ひっかけ」や「楽勝」などアイコンが書かれているので自分の苦手分野を把握することもできます。頻出の基本分野を中心に出題傾向に沿っているので効率的に勉強することができます。

スッキリわかる宅建士

スッキリわかる宅建士
スッキリわかる宅建士
口コミ

内容的には、各ジャンルに分けて、分かりやすく説明してくれます。 イラストや登場人物・物語的に説明をしたり、過去問等を混じって具体例を出して解説しています。

スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト 2018年度 (スッキリわかるシリーズ) も宅建の代表的な参考書の一冊です。試験に出るところだけ厳選されている参考書ですから、宅建の合格に向けて最高の効率で勉強することができます。事例や図表が多く使われているのでイメージしやすく、独学の人でも初学者の人でも利用しやすい参考書の一冊です。

文字も大きめ、余計なカラーはなく、集中して勉強することができます。簡潔に要点が述べられている一方で、必要なことは大抵のことは掲載されています。分野別分冊方式なので、バラして携帯できるようになっているので通勤中にも効率的に復習することができます。テキストと過去問題でしっかりと定着させることができます。

イラストや登場人物・物語的に説明をしたり、過去問などを混じって具体例を出して解説されています。

パーフェクト宅建 要点整理

パーフェクト宅建 要点整理
パーフェクト宅建 要点整理
口コミ

たくさん宅建の参考書が出版されており、私も他に何冊か宅建の参考書を買いましたが、どちらかと言うと本書はある程度内容を理解している方にお勧めです!

「パーフェクト宅建・要点整理」も用語集としておすすめです。見開き完結式の要点整理集で、項目ごとに過去10年間の出題頻度を掲載されているので確認するのにおすすめの参考書です。自分の苦手分野を繰り返し確認するのにも役立ちます。ある程度宅建の勉強を終えた人が平行して利用するのにおすすめです。

「パーフェクト宅建・要点整理」ではインプット学習、姉妹本である「パーフェクト宅建一問一答」を使ってアウトプット学習することができます。効率のよい学習をしたい人におすすめの参考書です。

宅建の参考書の活用方法

上ではおすすめの宅建の参考書を紹介しましたが、その参考書の活用方法をご紹介します。
普段忙しい人は分冊にして持ち運べることができる参考書を選び、参考書を選択することもポイントです。また民法が苦手な人は、「民法がわかった」を別に使用することもおすすめです。

またアイフォンとスマートフォンには無料で利用できる宅建の一問一答式のアプリもあるので、ぜひ活用して復習しながら進めましょう。

宅建士の合格を目指そう

いかがでしたでしょうか。難易度が高いともいわれる宅建士の合格ですが、持ち運びに便利な携帯できる参考書から、音声講義がついていて独学の人でもしっかりと勉強できるテキストなど種類は豊富です。自分に合った参考書を選んで効率的に勉強することで宅建士の合格を目指しましょう。

Related