Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

検電テスターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

検電テスターは、一般に呼ばれるテスターと親戚関係にあります。近年、太陽光発電や電気自動車の普及により、検電テスターは、常備品のおすすめの一つになって来ています。万一の時に電線や電化製品に電気が通じているかの確認ができる、おすすめの貴重なチェック機器です。

検電テスターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

検電テスターの種類とおすすめの選び方

検電テスターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

検電テスターの種類は、使用方法などから、業務用と家庭用に分けられています。この理由は、電気の特性の違いに関係しています。電気の取り扱いの基本は、電圧と電流の高低と大きさの種類にあります。

電圧の種類には、低圧、中圧、高圧、超高圧があります。電流の種類は、交流と直流の二種類です。この電圧と電流によって検電テスターの種類は、区分され多くなります。検電テスターを選ぶ場合、使う目的と対象条件に合致するのをおすすめします。

近年、車や家庭において、発電装置が身近になっています。また、趣味として車の電装や電気・電子工作も盛んです。ここに、電気が身近になった情勢下で、さらに、必要性が高くなると想定される検電テスターに関し、種類と選び方など、おすすめのポイントをご紹介して行きます。

検電テスターをおすすめする理由!

検電テスターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

検電テスターとは、何なのでしょう。検電テスターは、電気が通っているのか、いないかのチェックをする機器です。それが検電テスターの役割りです。

電線があって、電気が通る道はあっても、電気が通っているとは限りません。電気は目に見えません。電線=電気が100%導通していない場合もあります。そのような状況下の時、場所、場合(T.P.O.)に検電テスターが必要であり、常備をおすすめします。

車の電装が盛んです。また、自動車本体がハイブリット、電気自動車が拡大しています。太陽発電や自家発電+自家蓄電システムなどのスマート電化が発展しています。万が一の時、電気の有無のチェック確認は命が関係します。

益々、電気が身近なものになって来た時代です。検電テスターあれば、危険を避ける可能性が高くなっています。適切なおすすめの検電テスターの種類と選び方をご紹介して行きます。

検電テスターのおすすめの3つのタイプとは

検電テスターの選ぶ場合の考え方を3つに分け下表にまとめています。区分の仕方は、選ぶに際し、迷いが少なくてすむように、おすすめの検電テスターの機能を3つのタイプに分けています。

また、検電テスターの選ぶについて、大切な事が2つあります。それは、電圧の仕様の確認と直流と交流の表示の確認です。購入時、検電テスターケースには、電圧の適用範囲と直流や交流用の表示があり必ず確認をおすすめします。電圧・電流について以降に説明します。

選ぶタイプ使用目的
通電のみにおすすめのチェック確認ができる単純に配線の電気の流れをチェック確認します。通電があればLED光と音で確認できます。電気の流れのプラスかマイナスでも通電チェックはできます。ですが、プラス(+)、マイナス(-)の極性の確認はできません。通電専用で価格が低く便利でおすすめの検電テスターです。
通電と極性の2つが確認できるおすすめの検電テスターこのタイプは、通電以外に、LEDの灯の色の違いでプラス(+)とマイナス(-)の極性の判断ができます。通電チェックと極性の確認には、このタイプがおすすめです。
通電と電圧が同時にできるおすすめのチェック確認が分かるこのタイプは通電と電圧も測定できます。またプラス(+)なら正の数字で、マイナス(-)であれば負の数字で電流の極性が表示されます。配線の極性も同時に分かり、利用範囲が広いタイプです。正確な電圧を把握して電源の分岐を正しく行う場合のにおすすめです。

検電テスターを選ぶ際は電圧・電流の確認!

検電テスター選ぶ際、できるだけ、使用目的をはっきりしておく事をおすすめします。いろいろな用途では、対象電気に合致する複数の検電テスターをおすすめします。電圧や電流は、安全性にとって重要な要因です。また、選ぶ場合は、品質の信頼性が高いショップ購入をメーカーをおすすめします。

電圧や電流の危険性は漠然としては知れ渡っていますが、おさらいします。家庭用の電圧は100Vの交流です。でも、電気製品が多くなった現在、200V単相もあります。電流は交流となっています。

車の場合は、バッテリー要領で決まっています。一般に、バイクは大半が6V~9V、乗用車は12Vです。大型のトラックは24Vです。車のバッテリーは直流です。

家庭用と車用検電テスターの使用の誤りが無いように表示し、別区分管理をおすすめします。間違いは事故に繋がる可能性があります。

ハイブリットや電気自動車の電圧・電流電圧?

ハイブリット車や電気自動車は、発電機、畜電池、駆動モーターで走行しています。電装用は、従来と同類の12Vバッテリー補機が付いており、電装の配線の電源は補機を利用します。本体の蓄電池は、高出力のため高圧です。安易には絶対触らないようにおすすめします。

家庭のコンセントか本体蓄電器への充電は、交流変換器(コンバーター)で行っています。自然災害や事故時の対処です。万が一の場合、直ぐに、車から離れ、迅速にレスキューを求めましょう。

緊急対処の時の通電確認の検電テスターは、非接触や棒状の専用検電テスターがあります。また、感電防止の安全手袋などもおすすめします。

身近になった太陽光発電とは!

太陽光発電は、屋根上や空き地の身近な場所に設置されています。万一の時を考え、電気の取り扱いが生じた場合に備え、電気の知識を持っておく事をおすすめします。発生時は業者や専門者に対処を頼みます。

電圧の決まりについて説明します。業務上の省令に電圧基準があります。低圧は、「直流は750ボルト以下、交流は600ボルト以下のもの」高圧とは「直流は750ボルトを、交流は600ボルトを超え、7000ボルト以下のもの」特別高圧「7000ボルト以上のもの」なっています。

万一、太陽光発電装置老朽や自然災害時による損傷などです。電線の垂れ下がり、太陽光発電設備故障などです。どうしても応急的処置が必要時は、感電防止の手袋など装着し、離れての検電が大切です。さらに、心臓から離れている、右手で棒状の検電テスターでチェックする事をおすすめします。

検電テスターのおすすめの種類

おすすめする検電テスターの種類は、デジタルの発展と平行し進化しています。便利で使い易く、価格的におすすめの種類も多くあります。最近は、趣味の範囲が広くなり、検電テスターは、子どもたちにも使えるおすすめの種類があります。

趣味の多様化の中にあって、市場では、業務用から家庭用の検電テスターが入り混じって紹介されています。購入前に際し、できるだけ、迷わないでもいいように、おすすめの検電テスターの人気ランキングトップ3のご紹介です。

検電テスターのおすすめ人気ランキングTOP3

車の電装工作におすすめの人気ランキングをご紹介します。おすすめの検電テスターは、車の電飾・電装に欠かせません。ネットショップのランキング上位のおすすめ検電テスターです。

第3位: エーモン 検電テスター(光)商品番号1320、 DC6~24Vです。 297円と価格的に求めやすく、急に、機器やライトの壊れ時や故障の特定に便利です。

第2位: エーモンおすすめ 検電テスター(REDで通電) A49  DC6~24Vは、自動車整備専門の方に重宝されています。プロに愛用されている最適なおすすめ品です。

第1位: エーモン のおすすめデジタル検電テスター(光&ブザー) 1142 1001円 DC12V専用です。電圧値、マイナス線がデジタル表示です。数字で電圧値がわかります。本格的電装工作にきおすすめです。

ランキング3位:「as1320」

as1320
as1320
口コミ

価格が安いのでどうかなと思いましたが、正常に動作しています。安いので不安がありましたが、使えます。コストパフォーマンスが良いです。

車の電装では欠かすことができない、直流12V~24V対応の専用の検電テスターです。光で導通がチェックでき、価格的にお求めやすい、おすすめの3位です。簡単な操作で、電装機器が壊れたなどの際の配線に導通確認が便利に行えます。

写真に示していますように、配線に差し込むようために先端が鋭くとがっています。取り扱いに注意しましょう。

ランキング2位:「a49」

タエーモン工業 A49 検電テスター LEDの光で通電確認
タエーモン工業 A49 検電テスター LEDの光で通電確認

¥ 606

口コミ

・エーモン工業の検電テスター、A49です。 ・使用可能電圧DC6V~24V用。

価格的に購入しやすい車専用の検電テスターです。エーモンa49は、人気が高く利用が多い製品です。光と音も同時に知らせてくれるタイプもあります。6V~24Vのバイクから大型の車まで適用でます。車の電装に必需品で、プロの方にも愛好され、価格的にも楽なおすすめの2位です。

ランキング1位「1142」

エーモン工業 1142  デジタル検電テスター
エーモン工業 1142 デジタル検電テスター
口コミ

検電器の進化を感じました。極性確認、電圧確認も出来ます。 マイナスコントロール車にも、良いですね! コスパも、申し分ない。

デジタル機構を取り入れ、電圧が数字の車専用の最新の検電テスターです。電装工作に便利に造られています。1142の特性は、12V~15Vの電圧が数字で分かり、12V専用です。測定電圧可能範囲はDC18Vが最高です。

最高使用時のオートOFF機能付、動作確認用ボタン電池が付けてあります。価格は1000円代でが、電圧が数字表示で、使い易くて分かりやすいおススメの1位です。

検電テスターとはどんなのか使用前に知っておこう!

検電テスターとは、意味は、電気の導通の有無を検査する機器です。車では、電源がバッテリーで、電流が直流です。電圧は、車の種類によって6~24Vに段階的に変わります。車の装備では配線が複雑に絡み合い束になっています。その配線の極性(+)か(-)を正しく掴むことが大切です。

ご紹介した検電テスター3つは、車の装備に使い易く、便利で、お求めやすいおすすめの検電テスターです。検電テスターの構成は、4つになっています。クリップ状がワニ口、それにコードが付き、握り部の本体です。先端は針状で配線に差し込みます。

ワニ口は、極性(-)で塗装されていない本体側を掴みます。針状の端子は(+)側です。各社製品によって多少の違いはありますが、機能と構成は基本的に大差ありません。

特徴・用途別おすすめの検電テスター

検電テスターの用途は幅広く活躍しています。でも、電気の特性や扱い方によっては危険性があります。検電テスター使用に当たっての資格はありませんが、使用する対象によっては専門の資格があり、法的にも定められています。趣味の電気工作や車の電装は資格はありません。

電気工作グッズショップやオートバックスなどでは、おすすめの電装商品が盛りだくさんあります。電子工作品や電装品の組み立てや装着には、電気の基礎は理解し、最適な検電テスターを選び、正しい使い方を知っておく必要があります。

ホームセンターで買える

DIYセット
DIYセット
口コミ

はじめてカーステ交換で、ギボシ端子の取り付け作業が発生したため、これを購入。1000円程度で端子まで入っているので、圧着の強さが0.5~0.75という値があるのが決め手でした。

車の電装に初めて行う場合に便利なセット販売の検電テスターを紹介しています。配線を繋ぐエボシから工作に必要なペンチが検電器とセットになっています。簡単な電装は十分できる内容です。

ホームセンターの電動工具や電気用品の棚に展示されています。価格も1000円レベルでおすすめです。電子工作グッズの売り場で検電テスターも他の工具と同一に展示されています。車の電装品の展示品の売り場に車専用の検電テスター購入できます。

展示類は細かく区分けされ、細かなパーツ類と同じ場所の奥の壁側に区分された箱に整理して入っています。電源関連コーナーのスイッチング電源/ACアダプタ/DCDCコンバータ/電源装置などまたは、測定器類のデジタルテスター/アナログテスター/検電器/オプション品などの棚にあります。

光らない

検電テスターは、電線に電気が通っている(導通)かどうかのチェックにあります。ご紹介の動画は家庭のコンセントで検電器が電気の光る、光らないの説明です。電気が通ってる方が光りコンセントの穴が小さい、コンセントの穴が長い方が検電器を差し込んでも光りません。

車の場合は、バッテリのつなぎの部分で分かります。電装作業で導通を確認する時、検電テスターのワニ口側をボデーの塗装が無いボルトや鉄板にハサミます。ワニ口が(-)側で、ボディーアース側です。検電端子側で配線の導通の確認やターミナルから電装配線工事をし電装品を取り付けます。

車の場合、光らない線がマイナスとは限りません。キーを差し込まないで電灯が付くのは、常時電源と言います。次はアクセサリー電源(ACC)で計器類点灯です。最後がエンジンスタート電源です。車の配線は3種類の導通があります。電装時配線の確認は大切で、検電テスターで確認します。

スナップオン

検電テスターとクリップ付き 収納ボックス
検電テスターとクリップ付き 収納ボックス
口コミ

販売開始の歴史の浅い商品ですが、広範囲の電装工作に適しています。

スナップオンの語句は、機械、電気工具類全般のセット品に使われています。スナップオンの由来は、1920年代にアメリカのT型フォードが設立され、その工場の従業員の発案にあります。「少ないツールで多くの作業ができる。」という考えの元、「スナップオンツールズ㈱」と発展しています。

検電テスターでその会社の輸入品ですが、「インターチェンジャブルチップ サーキットテスター EECT413」の先端切り替え式検電テスターキットがあります。「シガータイプ デジタルサーキットテスター EECT401」のペン型検電テスターがあります。価格的には1~3万円台ですが、自動車整備工場では、確りした商品と好評です。

24V

18L 冷蔵 / 保温庫【LS-01】 12V・24V専用 {LS-01[9980]}
18L 冷蔵 / 保温庫【LS-01】 12V・24V専用 {LS-01[9980]}
口コミ

運転手の彼氏にプレゼント。よく冷えると言ってました。発送も早くてビックリでした。

電装機器の人気の装備品です。トラック電力、12V・24V電圧で使用できます。冷蔵・保温に優れて重宝です。夏は飲料品、冬は弁当の人気のおすすめの商品です。ご主人や彼氏に贈呈にきっと喜ばれます。

100V

BESTEK カーインバーター 300W シガーソケット 車載充電器 USB 2ポート ACコンセント 2口 DC12VをAC100Vに変換
BESTEK カーインバーター 300W シガーソケット 車載充電器 USB 2ポート ACコンセント 2口 DC12VをAC100Vに変換
口コミ

一ヶ月かけて、九州方面へ登山に出かけ、車中泊が多かったため、スマホ、カメラ等の充電に大変活躍しました。fanの音も気になりませんでした。

車の旅では必需品です。直流から交流変換のコンバーターです。旅を楽しく、便利にするなくては困るおすすめの電装の一つです。車中泊長期旅行にも便利な直流入力電圧:DC12Vから出力電圧:AC100V 50Hz・60Hz表示機器使用できます。

おすすめの検電テスターのブランド4つと代表製品

検電テスターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

電気業務に従事されてる方からのおすすめの検電テスターブランド4つをご紹介します。

・エーモンの1547検電テスターです。電圧6V~24V仕様のバイクからトラックの電気整備専用です。見栄えが良くシャープなフォルム好まれています。

・検電器製造の老舗の長谷川工業の業務用のペン型検電テスターです。交流50~600V低圧仕様で50、60Hz共有です。

・apアネックス検電テスターで自動車専用です。6~24V仕様で、クリップ側面にマグネットが付いて作業に便利です。

・検電器大手のHIOKI3481です。業務用の黄色ペン型で重宝されています。仕様電圧は40~600Vです。先端にLEDライトが付いて暗いところで作業可能です。

エーモン

エーモン 1547 検電テスター
エーモン 1547 検電テスター
口コミ

車やバイクのDIYをやりますので、購入。今までは光るだけのタイプのものを使用していましたがやはり音が鳴るほうが使い勝手がいいです!

光と音で検電を知らせてくれる使い易く、お求めやすい1300円のおすすめの検電テスターです。LEDの光とブザー音でDC6V~DC24Vの通電が確認できます。極性は赤(+)で緑が(-)の2色です。使用可能電圧は、直流DC6~DC24Vです。

長谷川工業検電テスター

HASEGAWA 低圧交流専用検電器 HTE610Y
HASEGAWA 低圧交流専用検電器 HTE610Y

¥ 3,888

口コミ

仕事で使っています。 検電器と言ったらこの商品を奨めています。 音と光で教えてくれ、外装被覆の上から検電できるのが〇、先端が尖っておらず柔らかいところが〇

テスターメーカー長谷川工業の 低圧交流専用検電器 HTE-610-Yです。長谷川電機工業は、大正14年創業以来地絡継電器(地絡リレー)・検電器・検相器など、電気環境の安全づくりに重要な役割を果たされおられる専門の会社です。

写真は、低圧用の検電器で、交流電圧50V~600Vの高圧使用範囲です。電気コードの被膜の上から検電ができます。家庭での使用も可能です。万一のトラブルで太陽光発電や家庭での通電の確認ができます。

アネックス検電テスター

AP 検電テスター プラスマイナス極性検知
AP 検電テスター プラスマイナス極性検知

¥ 2,592

口コミ

この商品はワニ口クリップが大きいので更に使いやすいです。ただ最初だけなのかカバーが少し硬いかもしれません。品質もよくしばらくはお世話になると思います。

6V~24V用LEDランプによりオートバイ、軽自動車から大型車まで全ての車種に使用できます。通電時ブザー音とLED光で知らせてくれます。直流(DC)6~36V用です。

HIOKI(日置電機)感度調節付き検電テスター

HIOKI(日置電機) 3481 検電器
HIOKI(日置電機) 3481 検電器

¥ 3,780

口コミ

ゼネコンで監督してます。サブコンの電気技術者・工事士の10人のうち9人がこのメーカー、この商品を持ってます(笑) あくまで簡易検電ですが、重宝しています。

日置電機株式会社(ひおきでんき)は、長野県上田市に本社を置く電気計測器の開発、生産、販売を行うメーカです。1935年 - 東京都で創業。検電の基本機能を追求された、コンパクトで安全な検電ができる優れた検電テスターです。

写真の商品は。40~600V のコンパクトな検電テスターです。検電時手元が照らされ暗闇でも安心して使用できます。感度調整機能付き(40〜80V)、検電時の赤色発光とブザー音で知らせてくれます。

検電テスターの使い方・活用方法

車にドライブレコーダーの取り付けをご紹介します。初めての車の電装は、十分な準備をおすすめします。でも、完成した時の達成感が気持ちよく、電装工作をおすすめします。

準備の知識の配線について説明します。車の配線は、イグニッションスイッチの位置で、電流の流れに区分が4つあります。それは、常時電源、アクセサリー(ACC)、イルミネーション、スターターです。ですから、電装品を取り付ける場合、電装品の配線をきっちりチェック確認が大事です。

例えば、ドライブレコーダーの装着は、スターターと同時に働くようにします。電装パーツはヒューズボックスで結線するようします。検電テスターを使ってヒューズボックスのタイミングの違いを掴み間違いのない配線を選びます。

コンセントなど

家庭用のコンセントの専用の検電ドライバーがあります。ドライバーのような形をしており、交流の表示を確認します。交流ではコンセント口にそのまま差し込めます。最近、単相3線式で自宅に電気を引き込みが多くなっています。

エアコン、IH、電気温水器、食器洗い乾燥機などは、大半が、単相200Vで配線されています。なので、このような電気製品の検電テスターではレンジを確認が必要です。電圧がかかっている方に差すと検電ドライバーが点灯し、極性の確認ができます。

おすすめの電装初級基礎とは

車の電装で大切なのは、配線の性状に誤りがない事が大切です。車の配線にはイグニッションスイッチの位置によって、電気の流れるタイミングに違います。電装品を取り付ける際は、パーツの種類によってつなぐ配線を検電テスターで確認し、使い分けます。

この通電のタイミングの違いとしては、イグニッションがオフの状態での通電は、「常時電源」といい、電源レバーのACCの表示で、 アクセサリー電源です。ルームランプ、ハザードランプなどは、イルミネーションスイッチとなっています。

車の配線は、束ねられ複雑です、最初は扱いが面倒に感じますが、念入りに配線と電装機器の確認が大切です。

検電テスターの使用上の危険性とは

電装工作には感電や漏電が伴います。直流回路の検電は必ず直流検電テスターを使用します。交流検電テスターでは、直流電圧は検知しません。直流検電テスターには、必ずアース線が付いており、ワニ口と言います。車体全体が(ー)側がアースになっていて、塗装がない部分にワニ口を取り付けます。

ワニ口部分が端子側に接触し、ショートしないように絶縁テープで巻き事故の防止をしておきます。配線つなぎに集中しすぎ、気遣いができず事故発生が往々にあります。

業務用時の検電テスター正しい使い方とは

検電テスターは作業者の生命を守る大切な計器です。保管や取り扱いは常に、丁寧にし、使用前の点検は、必ず行います。電池容量が減っていないか、適切に叩くかチェックします。作業前にチェッカーを使用し、動作確認をしてください。

注意事項として、検電前に開閉器の状況、表示灯、回路図などによって電路の状態をよく確認してください。検電中は検電テスターの握り部分以外は危険です。特に、高圧を検電する場合は、高圧部から60cm以内に手が近づく場合は、必ず、絶縁ゴム手袋を着用し、長さ25cmの検電器使用時の場合も必ず絶縁ゴム手袋を着用します。

特に、検電テスターは、心臓から遠い方の右手で持って行います。また、交流、直流か、電圧範囲(kV)確認は必ず確認が必要です。最適な電圧の検電テスターを使用をおすすめします。

検電テスター使用時の注意点とは

検電テスターの使用で知っておきたい車の電気の流れと安全についてです。この点のおすすめの動画をご紹介します。一番の注意点は、マイナスの測定値に起こりがちな、ワニ口と金属部分の接触のショートです。場合によっては、車に接続している電装品すべてを故障させてしまう恐れがあります。対処方法は、絶縁テープでクリップを保護します。

車用の検電テスターの大半は、バッテリー電気は直流ですから、車の検電テスターも直流です。家庭用のコンセントから流れる電気は交流ですから、車の検電テスターは、交流電源には使用できません。感電の恐れもあり、家庭用のコンセントには使用しないでください。

電気が生まれてから手元に届くまでの道とは!

発電所から家庭までの送電の道のりについて、多くの方は、ご存知でしょうが、具体的には漠然ではないでしょうか。貯水したダムの位置の力で発電機を回し、発電された電気が高圧の6000Vの送電線で家庭へ送られています。家庭の近くの変電所や電柱で立体形の変圧器で最終200vに変圧されます。

水が轟々とした河川になり、村を街を潤し、私たちの生活になくてはならないように、電気も同じように暮らしの必需となっています。電気は、使い方や取り扱い方が不適切では、漏電や感電などの危険性が生じます。電気が身近になった現在、電気の正しい知識を持つことをおすすめします。

感電について知っておくことは

感電とは、人体内に電流が流れてショックを受けることです。電圧がかかっても、電流が流れなければ感電しません。感電の形態は次のとおりです。

①電圧がかかっている2線間に同時に触れ、短絡(ショート)電流が人体を流れる。多くはありません。

②電圧がかかっている電線や機器に触れ、電流が人体を通って大地(アース)に流れる。感電事故の大半です。

③漏電している部分に触れ、電流が身体を通って大地(アース)に流れる。不用意に電線に近づかないようにしましょう。

検電テスターの常備のおすすめとこれからとは

検電テスターおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

検電テスターの常備は、電気で生活、電気で社会が構築されていると過言ではありません。電気・電子の中で日々の生活も産業界も全てが機能し、回転しています。日本だけではなく世界中で電気・電子が活躍しています。

電気も電子も一見簡単で単純に思われがちですが全く違います。簡単に思われるほど複雑多岐です。ですが、基本は、電気の特使3つの要素、電流、電圧、抵抗と2つの流れ、直流と交流です。

次世代は、AIを中心に想定外の社会構成が考えられます。ですが、大元のチェック、確認の客観的判定は、検電テスターです。益々、検電テスターの知識と常備が高まるとのが次世代ではないでしょうか。

Related