Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月14日

車の曇り止めおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

道路を運転中、車のフロントガラスが曇ったり、雨の日に道路を合流するとき、サイドガラスが見えづらくなったりして困ったことはありませんか。ガラスやミラーの曇りは重大事故につながる危険性が高いです。今回は車の曇り止めについて詳しくお伝えします。

車の曇り止めおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

車の曇り止めの種類と選び方

車の曇り止めおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

気温が低い季節では、とかく車の窓ガラスが曇ってしまう事があります。視界が曇ってしまうと、思わぬ事故を誘発してしまう可能性もあり危険です。

事前に曇り止めを窓ガラスに塗っておいたり、あるいは車の中に曇り止め製品を置いておき窓ガラスが曇らないように工夫してみましょう。曇り止めをしておけば、フロントガラスの視界もクリアになるため気分の良いドライブを楽しむ事ができます。

車の曇り止めの種類

曇り止めの種類にはガラスにスプレーして、布クロスを使って拭き取りをして使うタイプと、車内へ保管して使うタイプとがあります。クロスで拭き取りするタイプはすぐに効果を発揮し、視界がクリアになると同時に油膜も取れるほか、ガラスの曇りをとめる事もできます。

車内で保管するタイプは「乾燥剤」で、お菓子に同封されている乾燥剤と一緒です。湿度が高い時には併用する事もできますが、どちらかでも効果があります。

車の曇り止めの選び方

車内の嫌な湿気を防止し、併せて曇り止め効果を出したいという場合には乾燥剤と、曇り止め材とを併用するようにすると効果的です。ガラスに塗っておくタイプの曇り止めは、現在すでに曇っている最中でも、すぐに効果を発揮させる事ができる便利アイテムです。

特に気温が下がりやすい冬季にはぜひ一つ携行しておくようにしましょう。一度塗布しておけば数週間の効果があり、効き目が落ちてきたら再びスプレーするようにします。

車の曇り止めのおすすめ人気ランキングTOP3

車の曇り止めおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

車の曇り止めとしておすすめできる製品をランキング形式で紹介していきます。おすすめランキングを選ぶ際の基準としては、使いやすさや価格、実用性を考慮して、ランキング形式として紹介しました。

冬季にエアコンを活用せずとも一切曇ることなく、湿度が高くても安心できる便利製品もあります。ぜひお気に入りの曇り止めを見つけて、ストレスフリーでクリアな視界を実現した快適ドライブを楽しんでみましょう。

ランキング3位:「SOFT99・ぬりぬりガラコ/ハヤデキ」

ソフト99(SOFT99) ガラスコーティング剤 ぬりぬりガラコ ハヤデキ 75ml 04951
ソフト99(SOFT99) ガラスコーティング剤 ぬりぬりガラコ ハヤデキ 75ml 04951

¥ 1,821

口コミ

初めてですが簡単にできました。初めての使用ですが自分では雨の日に今までより視界が格段に良くなったので満足しています。

キャップを外してサッと塗りすぐ拭くだけで、雨をはじくようになり、さらに視界も綺麗になるアルコール入りタイプの曇り止めおすすめ製品です。取り扱いが簡単で、誰でもミスする事なくコートする事ができるためとても簡単な曇り止め加工ができて便利なことから、ロングセラー商品となっています。

走行時に車のワイパーを使うこと無く、時速45km/h程度まではノーワイパーで走行することも可能で、小雨が降っているときのワイパー拭き取りによる煩わしさを省けます。ワイパーの拭き取りが悪くなってきたら、フロントガラス用コンパウンドを使って一度曇り止めコートを除去してから、再度コートする事もできます。

ガラス撥水コート初心者の方でも簡単に使える点がおすすめポイントです。

ランキング2位:「SOF99・窓フクピカ/くもり止め強化タイプ」

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア 窓フクピカくもり止め強化タイプ 04073
SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア 窓フクピカくもり止め強化タイプ 04073
口コミ

3回ぐらい重ね塗りして後からのふき取りもなしで大丈夫です。最近の長雨にでも全く曇ることなく視界良好。コスパがいいと思います。

こちらも手軽に曇り止めコートを行うことができる事で便利さが好評なおすすめ製品です。窓ガラスの曇り止めをするために便利なのはもちろん、車内の内側窓ガラスに付いた手あかや皮脂のヨゴレといった落ちにくいヨゴレも綺麗に除去できます。

タバコのヤニも綺麗に除去してくれるためとても便利です。車の中に常備しておけば、いつでも気になる時にすぐ撥水コートをする事ができて、失敗することもなくお手軽にクリーニングができる点がおすすめの理由です。

ランキング1位:「カーメイト・エクスクリア」

カーメイト 洗車用品 ガラスコーティング ガラスくもり止めEX エクスクリア 50ml C117
カーメイト 洗車用品 ガラスコーティング ガラスくもり止めEX エクスクリア 50ml C117

¥ 1,058

口コミ

汚れもつきにくくなるのか、湿布後半年ぐらいは、曇らない。 とても、お勧めです。

高密着ポリマー成分配合により、ムラが出にくくスッキリとした撥水コートを行う事ができる、本格的なガラスコート製品です。

曇り止めというよりはガラスコート用で、ムラなく均一にコートする事ができる専用の塗り込みツールが添付されており、はじめての方でも失敗が少なくクオリティの高いコートティング加工を行うことができます。

他の製品とは異なり、高湿度や寒暖差にも強く、悪条件でもクリアな視界を確保しやすくできる製品です。一度コートを施しておけば3ヶ月間もの間、コート時間を持続させることができ、優れたコーティング性能を発揮するのもおすすめポイントです。

特徴・用途別おすすめの車の曇り止め

車の曇り止めおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

では、特徴・用途別におすすめしたい車の曇り止め材について紹介していきます。一言に車の曇り止め製品と言っても、いろいろな種類が販売されているため、自分が使いやすい用途で使用できる製品を用意しておくと便利です。

スプレータイプやアルコール入りタイプ、内窓用、シリカゲルタイプなど、良く活用されているタイプの製品を選んで、おすすめ曇り止めとその特徴について紹介していきます。おすすめ品として紹介されている製品の中からお気に入りの曇り止めを探してみて、快適なドライブに役立ててみましょう。

スプレータイプ

スプレータイプのメリットは、広範囲に拭き取りを行う事ができることです。取り扱いが簡単という点もおすすめできるポイントです。

ガスボンベの中に、洗剤と曇止めの液が含まれていて「ボタンを押すとスプレーして、拭き取りできるタイプ」と、一般のお掃除で使うような「トリガー式のスプレータイプ」とがあります。ボンベに入ったタイプは小型で使いやすく、携行しやすいですが、夏場に車内で保管しておくと高温になり危険ですので、車内に保管する場合は十分注意しましょう。

価格も比較的リーズナブルで手軽に購入できる点もおすすめできるポイントです。

アルコール入り

アルコールが入っているタイプは、屋外用で、窓ガラスやサイドミラーなどに塗布します。付属のスポンジを使って曇り止めを塗布すると、ワイパーを使わずとも窓ガラスに付着した水滴をはじく事ができます。初心者でも簡単にコートできるのでおすすめです。

デメリットは、しばらく使用しているとワイパーの拭き取りが悪くなってしまう事がある点です。もしワイパー動作に違和感を感じてきたら、一度ガラス専用コンパウンドで古くなった曇り止めコートを除去するようにします。

内窓用

上記で「スプレータイプ」として紹介されている製品の多くは内窓用の製品ですが、最近では外窓にも活用できる製品も増えています。ただ、アルコール入りタイプとは異なり、コートがすぐにはげてしまうため、清掃にはいいのですが長期間のコートを行う用途には向きません。

あくまで内窓やルームミラーの清掃、曇り止め加工用として使うのがおすすめです。定期的に清掃しておくと、曇り止め効果も長持ちしやすくなります。

定期的にクリーニングしておけば、常にクリアな視界を確保できるため、くすんできたらクリーニングを心がけるのがおすすめです。

シリカゲルタイプ

車の曇り止めおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

シリカゲルタイプの曇り止めは、ダッシュボードの中に設置する乾燥剤で、車内の湿度も適切に保ちたいと考えている方におすすめの曇り止めです。

シリカゲルタイプは吸湿力が高く一定期間の間は車内での湿度を吸湿させ続ける事ができますが、吸湿を続けると、今度は蓄えられた水分を放出する性質があります。シリカゲルタイプの吸湿剤を使う時には、定期的に交換が必要である事を知っておきましょう。

フロントガラス用

フロントガラス用の曇り止め剤は、上記で紹介した「アルコール入り」のタイプの製品で、屋外用途として使用します。車外専用となっている理由は、有機溶剤の匂いがすることと、屋外でもコート時間が長く続くように作られている点です。

車の中で使用すると特有のシンナーの匂いがするため、注意しましょう。車内のガラスには、おすすめ製品で紹介している車内専用の曇り止めを活用するようにします。

撥水コートする際の作業がわずらわしくなく、女性のオーナーの方でも簡単にガラスコートをする事ができる点がおすすめポイントです。

外側用

車外に塗布する曇り止め製品かどうかの簡単な見分け方は、「ニオイがあるかどうか」にしましょう。溶剤に溶かしている曇り止めをコートする場合には、コート剤が乾燥するまでににおいが生じてしまいます。

体にも有毒な成分ですので、長時間においをかいだりしないよう車外用製品だと区別しましょう。車外用のにおいがある分、コート時間が長く続くのも特徴で、屋外用途におすすめです。

ミラー用

ミラー用にはミラー専用の曇り止め製品がおすすめです。アルコール入りのタイプを使って曇り止めにする事もできますが、ミラー専用品はコート時間がより長持ちしやすいのが特長です。

ミラー用の曇り止めはシート状のコート素材を貼り付けする製品と、スプレーで曇り止めコートをする製品、液剤を布に染み込ませてミラーへ塗り込みする製品もあります。液剤タイプは簡単にコートでき、短時間で撥水コートができておすすめです。

シートタイプ

シート状のコート素材を貼り付けるタイプは、効果が長持ちしやすいという特徴があります。また、ミラーに傷がつきにくくなり、ちょっとしたダメージを受けてもシートを交換すれば綺麗な状態を保護し続ける事ができる点もおすすめポイントです。

一般のオーナーでも簡単にシート交換を行うことができる点もおすすめできる理由のひとつで、雨量が多い日でも安心できます。より見やすいように窓ガラスの曇り止めも、併せて使いましょう。

アメリカ産

派手なパッケージが目を引きつけるスプレータイプの製品が多く、好みで活用しましょう。海外製の洗剤特有の香料が楽しめ、車内の雰囲気をちょっと変わった印象に変えたいという時におすすめの曇り止め製品です。

小型のスプレータイプも販売されており、携帯性に優れた製品もあり、車内に常備しておくならおすすめです。実際に使ってみて、もし合わないようならお風呂場などの鏡の曇り止めにも使う事もできます。

おすすめの車の曇り止めのメーカー・ブランド3つと代表製品

車の曇り止めおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

車の曇り止め製品の中で、おすすめしたいメーカー・ブランド製品を3つ紹介します。どのメーカーもカー用品店などではおなじみの製品ばかりですが、メーカーによって使い勝手が違う製品がリリースされており、お気に入りの製品を探してみましょう。

個性的なクリーニング製品もあるため、使い方を工夫して車内をいつも綺麗な状態に保っておくようにしましょう。綺麗にしておけば良く撥水させる事もでき、一石二鳥です。

おすすめメーカー1:soft99・フクピカ

フクピカ12枚入り4.0 00468
フクピカ12枚入り4.0 00468
口コミ

フクピカは必需品です 昔ながらの ワックス別塗りには 戻れません お値段も手ごろだし きれいになって 結構 長持ち これ一袋で 1年以上使えます (当方の車 コンパクトカーです)

カー用品メーカーのロングセラー製品を多数リリースしているsoft99のおすすめ製品は「フクピカ」です。フクピカはその名前のとおり、ガラス窓を拭くだけで綺麗になるほか、簡易的な撥水コートを持続させる機能を持っている製品です。

厚手の不織布で吹きやすく、ガンコな油膜もすっきりと綺麗にする事ができる、便利な曇り止め成分が入っているカー用品です。車内へ常備しておいてもかさばらないので、気になった時に取り出して簡単に清掃する事ができます。

おすすめメーカー2:リンレイ・ガラスクリーナー

RINREI(リンレイ) ガラスクリーナー 油膜とりくもり止めSUPER [HTRC 2.1] C-18
RINREI(リンレイ) ガラスクリーナー 油膜とりくもり止めSUPER [HTRC 2.1] C-18

¥ 756

口コミ

価格がこちらの方が安かったので迷わずに購入しました。重宝しています

カー用品店やホームセンターなどでも購入できる、リンレイからリリースされているガラスクリーナーです。リンレイはカー用品だけでなく、一般家庭用のクリーニング用品も製造しているメーカーです。

クリーニング用品専用のメーカーだけあり、クオリティもおすすめできる品質です。スプレーして、窓に吹き付けておけば汚れも綺麗に落とすことができるほか、使用後に残る洗剤の嫌な匂いもありません。

窓ガラスへサッとスプレーして、乾いたクロスを使って拭き取りをするだけですので、ふきムラを作る事なく綺麗に仕上げる事ができるおすすめ車曇り止め製品です。

おすすめメーカー3:カーメイト・エクスクリア

カーメイト エクスクリア 車の内窓用 360ワイパー C100
カーメイト エクスクリア 車の内窓用 360ワイパー C100
口コミ

フロント奥は、なかなか拭けないが、この製品は簡単に清掃ができるので助かります。

こちらもカー用品メーカーとしては人気のカーメイトブランドからリリースされている、おすすめ曇り止め製品です。ワイパーで窓ガラスのクリーニングや、曇り止めを行うことができるため、車のフロントガラスの奥まで手を伸ばす事なく綺麗に掃除を行うことができます。

とかくハンドルの奥にあるダッシュボード状のフロントガラスは曇り止めのクロスが届きにくいですが、このワイパーなら誰でも簡単にお掃除ができるためおすすめです。

車のダッシュボード上の奥まった部分まできちんと拭き取りをしたいと思っている方におすすめの、ワイパー付き便利製品です。

車曇り止め製品のおすすめ使用法

おすすめの車曇り止め製品を紹介してきましたが、今度は使い方について解説していきます。車の曇り止めにはシリコンが含まれていて、薄くコートすることで撥水加工を持続させる事ができて便利です。

時間が経つと汚れを取り込んでしまいくすんでしまうというデメリットがあるため、定期的にクリーニングを行いましょう。「汚れてきたな」と感じたら、曇り止めスプレーでこまめにクリーニングを行うのがおすすめです。

アルコールタイプの使い方

アルコールタイプの場合は、まず外側のガラス表面を、クロスなどを使いきちんと拭き取るようにします。この時点で綺麗になっていないと、コートの中にヨゴレを取り込んでしまい、せっかくのコートが綺麗な仕上がりではなくなってしまうためです。

次に製品に付属しているスポンジを使ってコートを行い、むらなくガラスへ塗り込んだら、その後再び乾いた綺麗なクロスでしっかりと拭き取りましょう。

アルコールの水分がガラス表面に残ったままだと、やはりよごれを吸い込んでしまいくすんだ仕上がりになってしまうためです。短時間で簡単に仕上げる事ができるので、おすすめな曇り止め製品のひとつです。

スプレーしてクロスで拭く

スプレーしてからクロスで拭くタイプの製品は、シンプルで失敗が少なく、気軽にクリーニングを行うことができるおすすめ製品です。ガラス表面に液剤をスプレーしてから、ガラス表面にまんべんなく拭き取ることで、よごれを落とすと同時に曇り止め加工を行うことができます。

この製品もガラス表面に水分が付着したままになっていると、時間が経ってからくすんでしまうことがあるため、水分を残さないようにむらなく拭き取るようにしましょう。

クリーニングワイパーで拭き取る

別途クリーニングワイパーが付属している曇り止め製品もあります。おすすめ製品としては紹介していませんが、曇り止め用の洗剤と、クリーニングワイパーとがセットになって清掃しやすい製品も販売されています。

特にハンドル奥でダッシュボード上部分には手が届きにくく、クロスでは掃除がしにくいものですが、クリーニングワイパーなら奥まった場所へ手を伸ばさずに、誰でも簡単に掃除することができます。ダッシュボードの掃除を楽に行いたい方にはおすすめの製品です。

ダッシュボードに保管する

ダッシュボードへ乾燥剤を保管して、車の中を除湿するタイプの曇り止め製品も販売されています。こちらの製品は、結露を押さえるだけではなく車内の湿度を調整する役割も担っているため、嫌な湿気を気にすること無く活用する事ができるため、湿気が多い日にはおすすめの曇り止め製品です。

使用方法もダッシュボードに保管するだけですが、一度吸湿すると水分をふくんでおり、逆に水分を放出してしまう事があります。ですので、吸湿してしまった後はそのまま放置せず、定期的に交換するのがポイントです。

シートを貼る

ミラーにシートを貼るタイプの曇り止め製品の場合は、ミラーの形に合わせてハサミを使ってカットしてから使います。詳しくは説明書にも記載されていますが、まずはミラーのヨゴレをしっかりと拭き取っておくようにしましょう。

その後ミラー表面にゴミが付着しないようにシートを貼り付けします。ミラー部分への、傷によるダメージ保護にも繋がり、クリアな視界を持続させる事ができます。

使いやすいおすすめ車曇り止め防止剤を活用しよう

車の曇り止めを防ぐためには、車内の曇り止め加工を行いやすい製品を選ぶようにしましょう。

特にワンボックスカーやワゴンなど、乗用車でもフロントガラスが大きいタイプの車種は曇り止めのお掃除を行いにくく、作業しづらくなっています。こうした場合には、ワイパータイプのクリーニング製品を活用して清掃を行ってみましょう。

また、万が一視界が悪くなってしまった場合のためにも、不織布シートタイプのクリーニング製品を常備しておくのもいいでしょう。湿度が高い日でも、おすすめの曇り止め製品を活用し、クリアな視界を確保して快適ドライブを楽しんでみましょう。

Related