Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月22日

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

溶接機のおすすめアイテムをご紹介します。溶接機という言葉を知っていても、どのように使ったらよいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。そのような方のために、おすすめの種類や選び方、人気のおすすめアイテムをランキング形式でご紹介します。

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

おすすめの溶接機の種類と選び方

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

溶接機というものをご存知でしょうか。溶接機とは金属同士を接合させるための機械です。電流が金属の中を流れることを利用した方法で接合するのですが、よくご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

高電流を流すことで、電極間に電流が流れる現象を「アーク放電」といいます。そのような現象で起こる熱を利用して接合をおこなうといった方法で溶接をすることができます。今回はそのような溶接機についておすすめのアイテムをランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にして、自分の気に入った溶接機をさがしてみてください。

おすすめの溶接機の種類

溶接は電気が金属の中に流れることを利用して金属を接合させます。このような溶接方法をおこなうためには、専用の溶接機が必要になります。どのような溶接機の種類があるのかわからないという方のために、おすすめの溶接機の種類をご紹介します。

どのような溶接機があるのかを知って、自分で使ってみたいと考える溶接機はどのようなものなのかを考えてみましょう。

被覆アーク溶接機

被覆アーク溶接機は、溶接の際にシールドガスを発生させることができる被覆剤を、金属棒に巻き付けた溶接棒を使って溶接をおこないます。そのような溶接棒は母材との間にアークを発生させることによって、アークの熱で母材を溶融させることができます。アーク溶接機の基本的なタイプのおすすめアイテムです。

半自動ノンガスアーク溶接機

発生するガスをアークで保護するフラックスが入った溶接用ワイヤーを電動で送り出してくれるおすすめの溶接機です。スイッチの操作によって、そのまま溶接用ワイヤーが送り出されるため、作業効率も良く、溶接棒を交換する必要がないため楽に溶接をおこなう事ができおすすめになります。

TIG溶接機

融点の高いタングステンを電極とし、アークを出して母材を溶かすことのできるおすすめの溶接機です。大気中の酸素などを遮断することができるシールドガスを使って溶接をおこなうため、TIG溶接機を使う場合は他にも必要なアイテムがたくさんあります。

アルゴンガスを必要としますが、アルゴンガスのガス圧調節器やガスホース、溶接に欠かせない溶加棒もなくてはなりません。ガスを取り扱う場合、そのための資格が必要ですので、きちんと確認をしてから取り扱うようにすることをおすすめします。

CO₂/MAG溶接機

コイル状に巻いてあるCO₂溶接用ワイヤーを装着し、CO₂のシールドガスを発生させ、母材とワイヤーの間におこるアーク熱を使って溶解接合する溶接機です。薄いタイプの板から厚板まで幅広く使うことができます。

MIG溶接機

MIG溶接用ワイヤーを装着し、アルゴンガスまたは混合ガスをつかって不活性ガス気中で、母材と溶接用ワイヤーの間に発生したアーク熱で溶接することができるアイテムです。アルミニウムやステンレスなどに向いています。

おすすめの溶接機の選び方

溶接機はさまざまな種類があり、どのようなアイテムを選べばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、どのような溶接機を選べばよいのかわからないという方のために、溶接機を選ぶためのおすすめポイントをいくつかご紹介します。選び方のポイントをおさえて溶接機の購入を検討しましょう。

加工したい金属に合わせて選ぶ

主な溶接機には溶接する金属に適した溶接機というものがあります。溶接機自体の構造は溶接棒やワイヤーを溶接したい部分につけてアークを発生させるというもので、溶接棒の種類を間違わなければ幅広い種類の金属を接合させることができます。

しかし、溶接機にはそれぞれの金属に合った専用のアイテムもありますので、加工したい金属に合わせた溶接機を選ぶことも大切です。

使用率を確認して選ぶ

溶接機本体のスペックを確認する際、「使用率」と書かれているものがありますが、これは10分間にどの程度の時間つかうことができるのかという目安をあらわしたものになります。使用率が30%と書かれている場合、10分間中で3分しか連続で使用できないという事です。

溶接機は電気を使うため、どうしても溶接機の内部が熱くなってしまう冷却させなければいけなくなってしまいます。連続して長時間使いたいという方は、使用率が高い溶接機を選ぶことをおすすめします。

調節機能付きかどうかで選ぶ

電流の調節機能付きの溶接機は、急にブレーカーが落ちてしまう事を防ぐために必要な機能です。それだけではなく、電流を調節することができるという事は、さまざまな金属に対応できるようになります。

溶接機の扱いに慣れてきた方は、このように調節させることで材料や母材を変えて溶接の練習などをおこなう事もできるのではないでしょうか。

棒溶接か半自動かで選ぶ

半自動溶接は溶接機の価格は高いですが、圧倒的に作業効率が上がります。それは自動で溶接ワイヤーが出てくれるためです。しかしワイヤーのセット方法などに手間がかかる場合もあります。溶接棒を使っておこなう溶接機はシンプルで扱いやすいことが特長です。

自分で気に入った方法で溶接させる機会を選ぶことがおすすめですが、仕上げ方にこだわりを持っている方は棒溶接が良いでしょう。

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

溶接機のおすすめアイテムはさまざまありますが、今回は溶接機の人気アイテムをランキング形式でご紹介します。人気のある溶接機はどのようなものかを知って、自分で選ぶ時の参考にしてみましょう。お気に入りの溶接機を見つけることができるのではないでしょうか。

おすすめランキング第3位「育良精機」

育良精機 アークファン IS-H40BF
育良精機 アークファン IS-H40BF
口コミ

初心者なので手軽で安いやつで買いました、できて来ると意外と楽しい

100V電源で使うことができる、冷却ファン付きのアーク溶接機になります。

おすすめランキング第2位「zmart」

zmart 充電池タブ 小型 スポット溶接機 充電機 テスター 0.2mm 800A 日本語取扱説明書 並行輸入品
zmart 充電池タブ 小型 スポット溶接機 充電機 テスター 0.2mm 800A 日本語取扱説明書 並行輸入品
口コミ

電池のスポット溶接は問題なく使えます。充電器もついているのでちょっとした実験の電電にも使えるかもしれません。

バッテリー専用の小型スポット溶接機で、マイコン制御によって溶接時間の設定をすることができます。

おすすめランキング第1位「アイマックス60」

スズキッド(SUZUKID) 100V専用直流インバータ溶接機 アイマックス60 SIM-60
スズキッド(SUZUKID) 100V専用直流インバータ溶接機 アイマックス60 SIM-60
口コミ

低電圧用の交流溶接機とは違い、電流が安定しているのでスパークさせやすく溶け込みもよかったです。

持ち運びに便利な小型の溶接機で、家庭用にぴったりのアイテムになります。

特徴・用途別おすすめの溶接機

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

特徴、用途別におすすめの溶接機をご紹介します。どのような溶接機を選べばよいのか迷ってしまうという方は、それぞれの溶接機の特徴を知って、ご自分がどのような金属に溶接機を使いたいと考えているのか考えてみる事をおすすめします。ぜひ参考にしてみてください。

半自動

【アストロプロダクツ】AP 直流半自動溶接機
【アストロプロダクツ】AP 直流半自動溶接機
口コミ

使った感じはMINでは厚みのある鉄では苦しくMAXに切り替えてしましたが、とても安定してしていて 楽に綺麗に溶接出来ました。

シールドガスなしで溶接することができる半自動溶接です。安定した溶接が可能となっています。

加工

TIG溶接機/MMA溶接機/プラズマカット − TOSENSE 520TSC
TIG溶接機/MMA溶接機/プラズマカット − TOSENSE 520TSC
口コミ

とても丁寧に対応していただき、期待していなかったがかなり良心的なところで今後も期待していいのかも どうぞ対応よろしくお願いします。

制御性能が優れているため、安定度が高く、長時間稼働させることができる溶接機です。

水冷空冷

溶接機の種類の中で、空冷や水冷といった冷却方法をするアイテムがあります。そのような溶接機にはどのようなアイテムがあるのかご紹介します。

水冷

ダイヘン TIG溶接機 水冷8mセット 水道水用 (DA-300P)
ダイヘン TIG溶接機 水冷8mセット 水道水用 (DA-300P)

溶接機に水冷トーチが付いており、ガス流量は調節可能です。さまざまな溶接機能を搭載したおすすめのアイテムになります。

空冷

大同興業 ユニプロッドポータブルスポット溶接機 空冷式 UP10D
大同興業 ユニプロッドポータブルスポット溶接機 空冷式 UP10D

溶接時間を自由に調節することができ、自動タイマー付きで消費電力を少なくすることができる溶接機です。

おすすめの溶接機を中古販売で選ぶなら

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

溶接機は価格が低いもの空高いものまでさまざまありますが、手が出しづらい価格帯の溶接機を購入したいと考えた場合、中古販売でアイテムを選ぶこともおすすめです。溶接機の中古販売をおこなっている店舗は探してみると数多くあります。手が出せないような溶接機を購入したい方はネットなどで中古のアイテムをさがしてみてはいかがでしょうか。

DIYならアーク溶接機

中古販売で溶接機を購入したい場合、おすすめとしては断然アーク溶接機が良いのではないでしょうか。アーク溶接機といってもさまざまな種類がありますが、高すぎる溶接機を購入するのではなく、ムリせずにおすすめの溶接機を購入したいという方は、中古販売での購入しやすい金額で手に入れることができるでしょう。

オークションを利用してみる

ネットオークションなどを利用することで、中古でもおすすめの溶接機を購入することができます。オークションを利用することで、手が出しづらい金額でもある半自動ノンガス溶接やTIG溶接なども購入できる場合もあるためおすすめです。

利用環境がきちんと整っている場合、中古のネットオークションを利用してみる事もおすすめです。

ガス溶接はリスクが高い

ガス溶接機は可燃性のガスを利用して溶接をしますが、プライベートでの使用は爆発の危険があり、リスクが高いと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。中古販売で選ぶおすすめの溶接機としては、ガスボンベなどを保管するための資格なども必要になりますし、はじめて溶接機を購入することを考えても、ガス溶接機はあまりおすすめできません。

おすすめの溶接機のメーカー3つと代表製品

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

溶接機のおすすめメーカーを3つご紹介します。どのような溶接機を選べばよいのかわからないという方は、溶接機のメーカーで選ぶこともおすすめです。ぜひメーカーのおすすめアイテムも参考にしてみましょう。

バストロイ(ダイヘン)

ダイヘン CO2/MAG溶接機 デジタルオートDM-500 DM500
ダイヘン CO2/MAG溶接機 デジタルオートDM-500 DM500

バストロイはスロベニアの溶接機器メーカーですが、日本のダイヘンという会社に買収されています。デジタルインバーター制御のMAG溶接機で、安定した溶接品質を確保することができます。

育良精機

育良精機 アークファン IS-H120WSF
育良精機 アークファン IS-H120WSF
口コミ

家庭用で手軽に使用でき大変満足しています。 溶接マスク、ホルダー、溶接棒まで付属されていて、早速使用致しました。

さまざまな電子機器を開発製造している育良精機の溶接機です。冷却ファン付きのアーク溶接機で、小型でも十分に力を発揮します。

パナソニック

パナソニック CO2半自動溶接機 YM160SL7
パナソニック CO2半自動溶接機 YM160SL7

大手電機メーカーであるパナソニックの溶接機です。特徴は本体のハンドルを回すだけで、その金属に適した条件で溶接をすることができるといった点になります。

おすすめの溶接機の使い方・買取相場・比較

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

溶接機の使い方について、必要なアイテムなどもご紹介します。その他にも溶接機の買取相場はいくらくらいになるのかもあわせてご紹介しますので、参考にしてみましょう。

溶接時に必要な保護服

おすすめの溶接機を購入し、いざ母材を溶接してみようと考えている方は、まず身体を保護するアイテムがあるかどうかを考えなければいけません。溶接する際には必ず保護服が必要となりますし、火傷やケガをしないように、安全に作業するためにもおすすめです。

溶接は金属を溶かしたり粉じんが起こったりと、日常生活にはない作業です。そのために、溶接専用の保護服が必要になります。ホームセンターやネットなどでも手軽に購入することができますので、自分に合った方法で保護服を購入することをおすすめします。

作業着屋さんなどがあると、一式を探さなくても簡単に手に入れることができますので、のぞいてみるのもおすすめです。

皮手袋

溶接機を使用する際に必需品となるのは皮手袋です。溶接する時は、あたりまえですが母材となる金属部分が高温になり、火花もたくさん出るため、火傷などを防ぐためにも皮手袋を装着してから溶接機を使うことがおすすめになります。価格も安いものですと1,000円前後で購入できますので、自分のお気に入りの皮手袋を使って作業しましょう。

火花だけではなく、感電を防ぐという役割もありますので、素手で作業をおこなったりすることの無いよう、皮手袋を用意しましょう。皮手袋はわりと大きめに作られており、ぶかぶかだと感じてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。慣れてくると使いやすく、手に馴染んできますので、作業しづらいからといって皮手袋なしでの溶接はおすすめしません。

エプロン

溶接機を使う場合におすすめのアイテムのひとつにエプロンがありますが、これは皮手袋と同じように、火花が飛んできて衣服を燃やしてしまわないようにするための役割を持っています。

おすすめの溶接用エプロンは、厚手のデニム生地などでできているものが良いのではないでしょうか。袖まで覆うことができるエプロンは、腕に火花が飛んで火傷をするのを防いでくれるため、そのようなエプロンもおすすめです。

エプロンといっても上半身だけではなく、脛用や靴用などといったアイテムもありますので、合わせて用意してから溶接機での作業することも良いのではないでしょうか。価格は2,000円から3,000円くらいで購入できます。

防塵マスク

溶接機を使う際、あまり使われていない場合の多い防塵マスクですが、防塵マスクは溶接時には必要なアイテムです。おすすめの点としては、溶接の際に発生する金属の粉じんが、肺の方にまで達してしまうと肺炎を引き起こしたりする可能性があるため、そのようなことを防ぐという部分になります。

防塵マスクは使い捨てのアイテムもありますが、フィルターを交換することで何回か使用可能なものもおすすめです。細かい金属の粉じんである煙を吸い込まないように防塵マスクは着用して溶接することをおすすめします。価格は使い捨てでもそれほど高くなく購入することができます。溶接用と書かれているアイテムがおすすめです。

溶接面

溶接機を使う際に目を守ることも大切です。溶接面は溶接時の火花のまぶしさを、スモークレンズを通すことで防ぎ、目に悪い光から目を守るためのアイテムになります。溶接時に溶接面を使用しないで作業をしてしまうと、目がチカチカしてしまい、日常生活に支障をきたしてしまうため、溶接面の使用がおすすめです。

溶接面の種類もさまざまあって、手で持ちながら溶接しなければいけないアイテムもおすすめですが、ヘルメットのようになっているものを被れば両手を自由に使えるためおすすめです。作業もしやすくなりますし、効率もアップするでしょう。

価格はピンキリで、安いものでは1,000円前後で購入できますが、高いアイテムになると10,000円を超える場合もありますので、自分が手ごろに購入できるアイテムを用意することをおすすめします。

溶接機の使い方

溶接機を使う上でまず確認したいことは、溶接機を構成している部品はどのようなものかという事です。「電源コード」「ホルダー」「アースクリップ」の3つ揃って溶接機としての機能を果たします。サイズもさまざまあり、コンパクトで起き場所に困らない溶接機もおすすめです。

電源プラグは三極になっている場合がありますので、そのような場合はアダプターを使って一般家庭でも使用できるようにする方法もおすすめします。出力を調整することができる溶接機は、一般家庭での溶接機を使う際におすすめです。溶接している途中にブレーカーが落ちてしまうというようなことがないように、溶接機の調節をしてから作業をおこなうようにしましょう。

溶接棒

ホルダー部分に挟む「溶接棒」も欠かせないアイテムのひとつです。母材となる金属が薄い場合、細い溶接棒を使うようにします。一般家庭での溶接機の使用では、ほとんどが1ミリから1.6ミリまでの溶接棒しか使わない場合が多く、溶接棒は母材によって材質を使い分ける必要があります。

鉄の場合は軟鋼用の溶接棒を使い、ステンレスにはステンレス用の溶接棒を使う事をおすすめします。束で購入することがおすすめの溶接棒ですが、その中の1本ではおよそ5センチから20センチほど溶接することができます。

溶接してみよう

溶接機を実際に使う時に、まずしなければいけないおすすめの作業は、溶接しようと考えている取り付け箇所と溶接個所を磨く事です。きちんと母材をキレイにすることで、電気が伝わりやすくなります。

磨きおわったら溶接棒をホルダーに挟みますが、その際感電しないようにきちんと皮手袋を装着して作業をおこなってください。コンセントにプラグを差し込み電源をオンにします。調節ダイヤルを回しましょう。アーク作業に入る前に溶接面の着用をおすすめします。

進行方向に向かって45度くらい傾けて1秒4ミリ程度の速さで動かします。溶接が終われば、余分な部分をピッチハンマーで叩いて落としましょう。ワイヤーブラシで磨くと溶接部分がキレイになっておすすめです。

溶接時の注意点

電源をオンにしたまま溶接棒や母材を触らないようにすることはもちろんですが、使い終わった後はすぐに電源を切らないようにし、冷却ファンなどで内部を冷やしておかなくてはいけません。

作業開始時には溶接機の周りに燃えやすいものがないかどうかの確認もしておくことがおすすめです。溶接がキレイにできた場合でも、必ず錆びてしまいますので、塗装を施しておくことをおすすめします。

買取相場・比較

溶接機の買取はネットなどでもおこなう事ができますが、まずは何社かから見積もりをしてもらうことが大切です。溶接機のメーカーによっても買取価格は変わります。リサイクルショップなどでの買取はおすすめできず、できるだけ専門の買取業者に連絡をすることが良いでしょう。

100,000円の溶接機でも買取価格は中古上限で70,000円程度になってしまう場合が多く、リサイクルショップなどではもっと安く見積もりをされる場合があります。買取を希望する場合、できるだけキレイにしてから見積もりをお願いすると良いのではないでしょうか。

溶接機を使ってみよう

溶接機おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

溶接機のさまざまなおすすめアイテムをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。溶接機をはじめて使うという方は、今回の記事を参考に溶接機を選んでみてはいかがでしょうか。

Related