Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

人の手では難しいほどパワフルにボルトやナットを締めたり緩めたりすることのできるギアレンチは、角度や形状などが細かく異なります。ギアレンチの違いに注目し、使用目的によってぴったりと合うサイズのギアレンチを選ぶことをおすすめします。

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ギアレンチの種類と選び方

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ギアレンチとは、メガネレンチとラチェットハンドルを組み合わせて作られた、とても便利で作業に欠かすことのできないおすすめのアイテムです。メガネレンチは、ハンドルの両端にボルトやナットの頭にぴったりと合う口部のあるレンチの事です。ラチェットハンドルは、ソケットと組み合わせて使用する基本工具で、ボルトを緩めたり締めたりする際に使用します。

レンチにおけるトレンドは現在間違いなくこのギアレンチです。人の手では強く締め付けられないボルトや、緩めることのできないナットなどをパワフルに締めたり緩めたりすることができます。工具を使う作業を行う際に欠かすことのできないアイテムのひとつです。

ギアレンチの種類

ギアレンチには非常に豊富な種類があります。細かな部分が異なるため、用途によって使い分けることをおすすめします。ギア部分の大きさはもちろんのこと、工具自体の厚みにも大きな差があります。ラチェットメガネレンチが人気ですが、スタンダードタイプのギアレンチもおすすめです。

シンプルな形状ながら、角度や硬度、サイズなどが細かく設定されているのがギアレンチです。メガネ部分の立ち上がりやギア山の数なども異なるため、購入する前に用途をしっかり確認しましょう。

ギアレンチの選び方

ギアレンチを選ぶ場合、最も重要なポイントが用途です。狭いスキマにあるボルトやナットに使うのであれば、薄いタイプのギアレンチがおすすめです。また、スキマにあるにもかかわらずしっかりと本締めしたいという場合は、メガネ部分の角度がしっかりと立ち上がっているタイプのギアレンチを選ぶと良いでしょう。

また、メガネ部分のギア山の尖り具合や山数のチェックも必要です。使用するシーンによっては、重さがあると使いにくいというケースもあります。頭よりも高い部分で長時間の作業が想定される場合は、軽量タイプのギアレンチがおすすめです。

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ギアレンチを販売している会社の多くは、使用する側のニーズにしっかり応える細かなポイントにもこだわっているケースが多くあります。プロのエンジニアにも愛されているおすすめのギアレンチをご紹介します。

おすすめランキング3位:「ktc」

KTC(ケーテーシー) コンビネーションレンチセット
KTC(ケーテーシー) コンビネーションレンチセット

¥ 11,232

口コミ

質感が好きでコンビネーションはKTCにしました。 サイズが揃ってるので車の整備と原付の整備で活躍してます。

ktcでも人気のギアレンチ8本セットです。めがね側口径部に応力の集中を防ぐ工夫を加えることにより、ボルトやナットのエッジを痛めないようになっています。新やり型ヘッドのパワーフィット形状を採用を採用しており、従来のやり形をさらに進化させたktc独自のヘッドがおすすめの理由です。

スパナ側ヘッド部は幅を小さくすることで力が伝わりやすくなっているほか、軽量化にも成功しており、力の弱い女性や子どもでも使いやすくおすすめです。

おすすめランキング2位:「kabo」

EXCELLENTK KOBO 6本組スタビーコンビネーションギアレンチセット
EXCELLENTK KOBO 6本組スタビーコンビネーションギアレンチセット

メガネ部分で仮締めし、レンチ部分で本締めできるギアレンチです。車両や機械などの組み立てにおすすめで、8mmから17mmまでの6種類のギアレンチがセットになっています。

おすすめランキング1位:「シグネット」

シグネット 9PC コンビネーションレンチセット
シグネット 9PC コンビネーションレンチセット

¥ 6,912

壁掛けや持ち運びに使えるホルダー付きで、非常に便利なシグネットのコンビネーションギアレンチセットです。ミラー仕上げのメッキが美しく、実際に壁に飾っても見栄えが良くおすすめです。

9本入りのセットとしては破格の安さですが、性能は良く、初めてギアレンチを購入する方にもおすすめです。

特徴・用途別おすすめのギアレンチ

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ギアレンチは非常に種類が豊富で、厚みや長さ、角度、サイズなど購入前にチェックしなければいけないポイントが数多くあります。初心者にとっては使用感よりも選択時の方が難しいアイテムなので、用途に合わせてしっかり選ぶことをおすすめします。

セット

Gunpla フレックスラチェットレンチセット 8-17mm 8点セット
Gunpla フレックスラチェットレンチセット 8-17mm 8点セット

¥ 3,899

口コミ

狭いところも楽勝でした。今後も活躍しそうです。ラチェットの感覚も心地よい軽い音です

8、10、11、12、13、14、15、17mmのギアレンチがセットになっている、おすすめのアイテムです。鏡面仕上げと熱処理したクロムバナジウム鋼で作られており、硬度は50-55HRCです。また、持ち運びも簡単なホルダーつきなので、収納の際にもスマートにまとまります。

180度フレックスヘッド採用なので狭い場所でもスムーズに作業が可能です。一般的なボルトやナットを占めたり緩めたりする際におすすめのセットアイテムです。

薄型

E-Value ミニスリムレンチセット
E-Value ミニスリムレンチセット
口コミ

田舎のお父さんへ!なかなか田舎は種類が少ないみたいで希望するものが見つかり喜んでました!

厚さ1.6mmの極薄型タイプのギアレンチです。細く奥まったスペースの作業におすすめのスリムタイプで、メガネ部は立上り角度20度と非常にタイトなサイズになっています。そのため、障害物を避けての作業にもおすすめです。

平らな場所でも手の入るスペースを作り出しやすいため、細かな作業をするのに向いています。種類も豊富なセットギアレンチなので、スリムな場所でのはじめての作業におすすめです。

本締め

ギアーテック 4IN1ラチェットレンチ
ギアーテック 4IN1ラチェットレンチ
口コミ

バイクの車載工具に最適で日常メンテにも使っている。 気に入っているが13が14であれば完璧だった。

力が必要な本締めにも使える、ギア付きラチェットレンチです。ギア数は72山もあり、本締めにもしっかりと対応してくれるほか、左右切替えレバーもついています。フラットに左右回転を切り替えられるレバーが付いているため、ワンフィンガーで操作可能な点もおすすめのポイントです。

ちょうど力を込めやすい太さや厚みのある形状になっていることが特徴で、六角ボルトやナットの締め付け、緩めなどの使用におすすめのギアレンチです。

トラック

大型インパクトレンチ 大型トラック用
大型インパクトレンチ 大型トラック用
口コミ

十分満足なパワーです。大型はもちろん、2トン車クラスにも使っています。

バスや大型トラックなどのタイヤ交換に使えるインパクトギアレンチです。ハンドルはD型タイプで、安定性や使いやすさが良くなっています。ロングアンビル仕様のため、ダブルタイヤの取り外しにもおすすめです。

こちらの商品は21mm(四角)、33mm(六角)、41mm(六角)のソケット付きとなっており、差込口は1インチ(25.4mm)の一般規格です。さらに威力をアップさせるためには、内径13mm以上のエアーホースの使用がおすすめです。

ライト

ライト バイスレンチ
ライト バイスレンチ

¥ 3,240

口コミ

マフラーナット固着の為買いました。 バイスをナットにあて見える部分は作業しやすいが裏側に関しては少しヘッド部分が薄く小さければ作業しやすいと思います。

バイスタイプのギアレンチです。Aビット部分を使用することにより、ナットが取れてしまったボルトのネジ部だけでも回すことができます。また、Bビット使用の場合はボルトのネジを破壊することなく、ナットを割る事も可能です。

大きさ別おすすめのギアレンチ

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ギアレンチを選ぶ際に最も重要なポイントがサイズです。どれだけ素晴らしい工具であっても、サイズが合わなければ使うことができません。そのため、使用したいボルトやナットにぴったりと合うサイズのギアレンチを選ぶことをおすすめします。

また、使い心地が悪いと取り回しもうまくいきません。軽く小さいことも重要なポイントになります。しかし、薄いと強度が劣ってしまうケースもあります。同じサイズの工具であってもチェックすべきポイントを確認し、使いやすさを重視して選択しましょう。

工具の選び方を間違えてしまうと、工具自体が破損したりケガにつながってしまうこともありますので、必ず適切な工具を選びましょう。

5mm

KTC(ケーテーシー) コンビネーションレンチ5mm
KTC(ケーテーシー) コンビネーションレンチ5mm

¥ 962

世界最小クラスのヘッド幅を実現した、KTC独自のパワーフィットタイプのギアレンチです。早回しが可能なスパナと、強く締められるメガネレンチなので、本締めにも適しています。軽い本体ですが、しなりに強いI型断面構造を採用したおすすめの工具です。

6mm

SK11 コンビネーションレンチ 6mm
SK11 コンビネーションレンチ 6mm
口コミ

自転車のリアタイヤ交換とパンク修理に使っています。 セットものだとなかなか無いサイズなので重宝します。

自転車などの小さなボルトやナットに欠かすことのできないサイズです。小さなレンチは薄く軽いタイプがほとんどですが、本締め可能な本格派ギアレンチも少なくありません。

7mm

ギアーテックレンチ(首振り)
ギアーテックレンチ(首振り)
口コミ

7mmは市販で置いているところがないので助かりました。ガタツキもなくちゃんと締め付けできました。

一般的に販売されているギアレンチの中では小さめのサイズである7mmは、小さめの六角ボルトやナットを緩めたり締めたりする際に使用されます。ギア数60山、送り角度6度のこの製品は細やかな動きが可能で、ギアレンチそのものに首ふり幅があるため狭い場所での作業におすすめです。

オーバートルクすると破断する可能性があるため、ボルトやナットのサイズに合ったものを使用する必要があります。小さなサイズであるにもかかわらず、本締めも可能な本格派アイテムです。

8mm

フレックスロックギアレンチ 8mm
フレックスロックギアレンチ 8mm
口コミ

マフラー交換時は必ず使ってください!作業時間が4分の1で済みます。

フレックス機構になっており、180°首振り稼働のギアレンチです。12段階15度の角度調整で固定できるため、固定して使用したい場合におすすめで、本締めにも対応しています。固定できるためエンジンルーム内などの狭い場所での機能性に定評があります。

特別な加工構造になっているためギアが滑らず、本締め作業が安定して行えるおすすめの工具です。

10mm

ショートコンビレンチ ミラー仕上げ 10mm
ショートコンビレンチ ミラー仕上げ 10mm

¥ 497

口コミ

こういうものは表面がざらざらに仕上げてあるものしか知りませんでしたので、食器みたいに輝いてるとなんかうれしい。

美しく輝くミラー仕上げのギアレンチです。車のバッテリー交換やエアーフィルターの交換などに使えるショートサイズで、小さいためダッシュボードなどに収納しやすく、取り回しもしやすくなっています。

12mm

SK11 コンビネーションレンチ 12mm SMS-12
SK11 コンビネーションレンチ 12mm SMS-12
口コミ

SK11は台湾製だけど、作りはとてもイイ。 光沢のあるガンメタ、ズシッと適度な重量。気に入って、14サイズも追加。

自転車のホイールを外したり、ブレーキシューを外す際にちょうどよい12mmサイズのギアレンチです。自転車は野外に置いているケースも少なくなく、ネジやボルトがさび付いてしまっていることもよくあります。しかし、この工具はしっかりとネジ山に噛みつきパワフルには巣してくれます。

メガネ側は15度オフセットになっており、仮締めや早回しはスパナ側、本締めしたい場合はメガネ側を使用するとよりしっかりと締め付けることができ、安心です。クロームバナジウム鋼で海外の厳しい基準のANSI、DIN規格をもクリアした良品です。

15mm

SK11 コンビネーションレンチ 15mm SMS-15 SK11(エスケー11)
SK11 コンビネーションレンチ 15mm SMS-15 SK11(エスケー11)
口コミ

子供の自転車のホイール外しの際、ナットのサイズが14ではなくて15だった。 あわててamazonで購入。作りの良さに感心。

自転車のリアタイヤ交換やパンク修理などに活躍するサイズです。自転車の修理をする際に使うことの多いサイズで、自転車のタイヤのナットサイズなどがこの15mmであるケースがおおくあります。

15mmはギアレンチのセットに含まれていないことの多いサイズですが、使うシーンは意外と多いため1本持っていると便利です。

24mm

TRUSCO コンビネーションスパナ(スタンダード) 24X24mm TMS24
TRUSCO コンビネーションスパナ(スタンダード) 24X24mm TMS24

¥ 1,048

口コミ

表面の滑らかさ、バリの無さなどで高級感が出てます。 使用感も問題なく、トラスコ製品がとても好きになりました。

あまり必要なシーンはない大きめサイズのギアレンチですが、自転車のカートリッジツールの取り外しなどに使用するサイズです。24mmサイズになると長さも長めに設定されているギアレンチがほとんどになり、クロムバナジウム鋼など強度もアップします。

32mm

シグネット ギアレンチ 32mm
シグネット ギアレンチ 32mm

¥ 7,245

本格的な作業にぴったりの32mmギアレンチです。メガネ部分に特許であるラチェットギア構造を取り入れており、非常におすすめな構造になっています。耐久性も高く72山あるギアで滑らず安定して作業が可能です。

送り角は5度で、狭い場所の作業にも対応しています。また、72山あるラチェット機構ではありますが、コンビネーションレンチの規格トルクもクリアしているため、本締めも可能で本格的な作業にもおすすめです。

38mmなど

4pcジャンボPolished Ratchet
4pcジャンボPolished Ratchet

ギアレンチの中では最大サイズの38mmを含む、ジャンボギアレンチセットです。大きなサイズのボルトやナットを締めたり緩めたりする作業におすすめの規格で、ラチェット式box-end移動ファスナーを採用しています。

おすすめのギアレンチのメーカー3つと代表製品

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

口部メーカーは咳兄数多く存在しています。日本でよく見かけるブランドもありますし、日本では手に入れることのできないブランドもあります。工具は適材適所が非常に重要であり、各メーカーはそれぞれ得意としている分野があります。

今回はその中でも日本で人気のあるギアレンチを開発、販売しているメーカーをご紹介します。

おすすめのメーカー 3位「スーパーツール」

スーパーツール(SUPERTOOL) ギアレンチ フレックスタイプ GRW24F
スーパーツール(SUPERTOOL) ギアレンチ フレックスタイプ GRW24F

¥ 2,603

口コミ

セットで持っていましたが、この一本だけ無くしてしまい、買い足ししました。仕事で使っていますので、一本無いだけで不自由します。使い易いのでとても気に入っています。

スーパーツールは100年の歴史ある、おすすめの老舗工具メーカーです。スーパーヘッドスパナタイプのギアレンチを最初に販売したのは1954年で、それ以降長年にわたってギアレンチのさまざまな性能をアップさせてきました。取扱製品数は業界内でもトップクラスで、長い歴史で培われてきた技術と独創性を活かして開発に力を入れています。

その豊富な製品数により、活躍の場は建設現場からプラント工事、溶接、各種メンテナンスまで幅広く活躍しています。全国で展示会なども開催している、開かれたおすすめのメーカーです。

おすすめのメーカー 2位「SK11」

SK11 フレックスラチェットレンチ 8mm SGR-08F
SK11 フレックスラチェットレンチ 8mm SGR-08F
口コミ

ラチェット部分も角度調整部分もしっかりした造りで耐久性もありそうです。

SK11は藤原産業のスタンダードブランドです。名前の由来は「世界一」をイメージしているほか、炭素工具鋼の品質レベル表す「SK」の上限レベルである10を超えるという想いを込めて作られました。SK11の「11」部分はじゅういちでもイレブンでもなく、いちいちが正しい読み方です。

プロも愛用している高性能工具を数多く開発しており、電動工具やインパクトドライバーなど本格的なDIY用品を制作しているおすすめのメーカーです。SK11のフレックスラチェットレンチは、ラチェットの角度を無段階で変更できるうえ、ギア数が多く本締めもしっかりとしているおすすめの本格派ギアレンチです。

おすすめのメーカー 1位「ktc」

自動車専用工具 カタメカタクチレンチ MS2-10
自動車専用工具 カタメカタクチレンチ MS2-10

¥ 1,135

口コミ

KTCの工具は当たり前の様に使い易くて良いものばかりです。 迷わずKTCですよね! ポリッシュ仕上げの工具は滑るから嫌いなのでこれにしてます。

KTCはプロフェッショナルからホビーユーザーまでをカバーしている、おすすめの本格派工具メーカーです。誰もが安全に快適に作業できるよう考えられており、効率性をアップさせるため軽くて強い究極のツール開発に力を入れています。

一般改定で使うようなツールはもちろん、その高い信頼性から新幹線や飛行機などの公共交通の整備管理、水道管や電気棟などの整備にも使われているのがKTCです。さらに、モーターサイクルや電気自動車などの、最新技術自動車のメンテナンスにも大きく貢献しています。

ギアレンチの使い方

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ギアレンチはナットやボルトを締めたり緩めたりする際に活躍する、便利な工具です。具体的にはどのようなシーンで使われるのでしょうか。

ラチェット機構とは

ギアレンチの基本的な使い方は、スタンダードのコンビネーションレンチと同じです。しかし、メガネレンチ部分にラチェット機構というシステムが搭載されている点が異なります。特に早回しの効果に定評があり、ボルトやナットをまわす速度がこれまでのメガネレンチよりもずっと早くなっています。

ラチェット機構のギアレンチは高トルクで使用すると壊れやすいといわれていますが、シグネット製のギアレンチの場合、本締めや高トルクでの使用も可能な製品も多くあるためおすすめです。

車やバイクなどでの使用

ギアレンチを車やバイクで使用する場合、エンジンルームなど非常に狭い場所での作業がほとんどになります。そういった場合におすすめなのが、ギア部分が自由に首振りするフレックスタイプです。また、ラチェットハンドルのように切り替えることのできるリバーシブルタイプのギアレンチもおすすめです。

しっかり握って使うため材質も重要

ギアレンチは価格に大きな差がありますが、安くても品質の良い工具も多くあります。特に一般家庭で使用するレベルであれば、そこまで高価なギアレンチを購入する必要のないケースも少なくありません。もちろん、値段相応の品質である工具もあります。

材質によっては滑りやすかったり、握りにくいという問題が発生してしまいます。ギアレンチはしっかり握りこみ、力を込めて使う工具のため、材質のチェックは欠かすことのできないポイントです。

ギアレンチは本当に必要?

10年位前は内部のギアの機構が弱く、本締め不可のギアレンチが大半を占めていました。しかし、最近のものは本締めOKのものが基本で、ものによっては大トルクも耐えることができる高クオリティで、さらにおすすめの工具になりました。

回転方向がフリーになっているギアレンチや、首振り昨日のあるフレックスタイプなどもあり、使い勝手は金城良くなっています。ボルトの上部にスペースが少ない場所での作業や、ソケットレンチやラチェットハンドルが入らないようなスキマでの作業にギアレンチはとてもおすすめの工具です。

首振りタイプやリバーシブルタイプもおすすめ

ギアレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

種類やサイズ、特徴などが非常に豊富なギアレンチですが、目的からしっかり考えると選ぶべきギアレンチが分かりやすいためおすすめです。一般家庭で車や自転車の整備を使用と思った場合、セットの低価格タイプでも問題ないというケースもあります。

今回紹介させていただいた商品を参考に、自分の目的にぴったり合うギアレンチを見つけてください。

Related