Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月29日

グラインダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

「グライダー」とは、回転軸の先端に固定した砥石によって、材料の表面を「研削加工」する機械の1種です。なお、刃物で材料を「切削加工」する旋盤やフライス盤とは異なり、回転軸の周速が概ね30m/secと約10倍早いため、加工部が高熱を発するので火傷に注意が必要で

グラインダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

グラインダーの種類と選び方

グラインダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

「グラインダー」は、さまざまな種類がある工作機械の1つです。工作機械とは、金属・石材・木材・プラスティックなどさまざまな材料に対し、回転運動や直線(水平または垂直)運動を加えることによって、切断・圧延・研磨・研削・穿孔・屈曲などの加工を行う機械のことをいいます。

工作機械による加工法は、大まかに刃物(バイト)を用いる「切削加工」、砥石を用いる「研削加工」、電気放電やレーザーを用いる「特殊加工」の3つに分類されます。なお、工作機械の基本的な構造は、材料または工具に運動を与える「動力機構」、動力の運動方向を伝える「伝達機構」、材料に直接接触する「加工工具」の3つの要素から成っています。

工作機械の使命は、基本的に直接的に「製品(商品)」を作り出すことではなく、製品の構成要素となる「部品」を作るところにあり、そのことから「機械を作る機械」いう意味でマザーマシンと呼ばれています。

研削盤

研削盤(グラインダー)」は、機械の名称に「研(ぐ)」と「削(る)」という字が充てられている工作機械です。研削盤の基本的な機能は、回転する「砥石(といし)」によって加工する対象(被加工物)を「研削」「研磨」「切断」する工作機械ですが、一般的には「グラインダー(grinder)」とも呼ばれています。

工作機械の代表的なものに「旋盤」や「フライス盤」がありますが、これらの切削機械は「刃物(バイト)」を使うところに特徴がありますが、グラインダーなどの研削機械は「砥石」を使うところに特徴があります。

ちなみに、研削機械に用いられる砥石は、表面に無数の微細な砥石が付着していますので、考えようによっては「無数の刃物」が付いているともいえます。

砥石

「砥石」は、使用方法の面から大きく2つに分類できます。1つは固定したままで使う砥石と、もう1つは回転しながら使う砥石です。前者は「手研ぎ砥石」といい、身近なものに板前さんなどが使う砥石をいいます。後者は「研削砥石」といい、主にグラインダーなどの研削用の工作機械で使われます。

研削砥石の構造は、いわば「微細な砥石1粒1粒の集合体」であり、微細な1つの砥石と砥石の間には目に見えないような微細な「気孔(きこう)」があり、砥石の1粒ずつを繋ぐために接着剤が使われています。つまり、研削砥石は、砥石と気孔と接着剤の3つが一体となって構成されています。

研削砥石(砥粒)の成分は、大まかに「アルミナ」と「炭化ケイ素」の2つに分類されますが、一般的にはアルミナ砥粒は鋼鉄などの磁性体の金属材料に使用され、炭化ケイ素砥粒はアルミニウム合金や銅合金などの非磁性体の金属材料・鋳鉄・超合金などに使われます。

グラインダーの種類

「グラインダー(研削盤)」には、使う人の介在の違いによって大きく「自由研削盤」と「機械研削盤」の2種類に分類されます。

自由研削盤は、一般的に「グラインダー」呼ばれている機種ですが、人が「被加工物」または「研削砥石」のどちらか一方を手に持って使うタイプの研削盤をいいます。

機械研削盤は、基本的に「被加工物」も「研削砥石」も人が持つことがなく、両方とも機械に固定して使うタイプの研削盤をいいます。

自由研削盤(グラインダー)

自由研削盤(グラインダー)は、携帯用の電気グラインダーのことをいい、よく使われるグラインダーにストレートグラインダーとディスクグラインダーの2種類があります。なお、それ以外にも卓上グラインダー・アングルグラインダーなどがあります。

(1)ストレートグラインダー(ポータブルグラインダー)
ストレートグラインダーの形状は、モーターの回転軸と直線的な回転スピンドルを有し、ホイールタイプの研削砥石を用い被加工物の外周を研削します。用途としては、鉄骨などの溶接ビード削り・鋼板の面取りやバリ取りに適しています。

(2)ディスクグラインダー(ディスクサンダー)
ディスクグラインダーは、モーターの回転軸と直角方向の回転スピンドルを有し、ディスクタイプの切削砥石を用い被加工物の切断・切削・研磨などに適しています。なお、切削砥石が露出しているため危険際が高く、音が大きいので取り扱いに注意が必要です。

機械研削機

機械研削盤は、一般的に固定した被加工物を回転する研削砥石で加工しますが、通常は大まかに他の工作機械で処理をした後に使います。基本的には研削砥石と被加工物は、面接触で移動させながら研削します。

なお、機械研削機の代表的な種類は、被加工物の表面を平面的に研削する「平面研削盤」、円筒状の被加工物の外面を研削する「円筒研削盤」の外、「芯なし研削盤」「内面研削盤」などの種類があります。

グラインダーの選び方

グラインダーで最も汎用的な機種は「ディスクグラインダー」ですが、取り付ける「ディスク(研削砥石)」によって金属以外にも木材・石材・コンクリートなども研削できます。

ちなみに、ディスクグラインダー用のディスクのサイズは、概ね100mmΦ~200mmΦのタイプがありますが、DIY作業などの取り扱い時の安全性を考慮すると100mmΦが安心して使えます。

なお、ディスクグラインダーを選ぶ場合は、以下のような事項を勘案することをおすすめします。

グリップ

ディスクグラインダーを安心して使いこなすためには、デザインや機能など以前にしっかりと手に馴染むサイズの「グリップ径」を選ぶことをおすすめします。

ちなみに、最近の傾向ではメーカーを問わず細身のグリップが多くなっていて、缶コーヒーのサイズと同じくらいの55~56mmとなっていますので、買う前に一度実物を握って感触を確かめることをおすすめします。

スイッチ

ディスクグラインダーのスイッチの位置は、どのメーカでもグリップエンドに付いているのが定番でした。ただ、この位置に付いているスイッチは、自分の意思とは拘わらず何かにぶつかって誤作動してしまうことがあります。

通常、ディスクグラインダーを使った作業においては、スイッチの「on-off」操作を繰り返すことが多いといえます。そのため、スイッチの位置は「親指」付近に着いているのが操作性が良く、しかも安全の面からも誤作動の防止にもおすすめの位置といえます。

サイドハンドル

ディスクグラインダーは高速回転するので、硬い材料を研削する場合はサイドハンドルがあった方が安心して作業できます。機種によっては着脱式のサイドハンドル式がありますので、できればサイドハンドル付きのディスクグラインダーがおすすめです。

回転数

ディスクグラインダーは、回転数が9,000~12,000rpmのスペックが一般的です。基本的には、金属などの硬い材料を研削する場合は、低トルクの高速回転のタイプがおすすめです。また、コンクリートなど比較的柔らかい材料を切断する場合は、高トルクの低速回転のタイプがおすすめです。

グラインダーおすすめ人気ランキングTOP3

「ディスクグラインダー」は、高速回転するハンディータイプの工作機械ですが、特殊な材料以外であれば高度な技能が無くても誰でも使えるところがおすすめです。ただし、安全に使用するためには、作業環境とディスクの取り扱いに十分な配慮が必要です。

なお、ディスクグラインダーは、製造メーカーや種類によって特徴があります。ここではAmazon人気ランキングTOP3にランクインしているおすすめの商品を紹介しますので、下の「Amazonを見る」ボタンを押下して詳細を確認してみて下さい。

グラインダーおすすめ人気ランキング:第3位

ボッシュ ディスクグラインダー WS7-100E
ボッシュ ディスクグラインダー WS7-100E

¥ 21,600

口コミ

高回転でパワーがあるため、陶器の底を修正するのが容易です。ディスクは付いていませんが市販のディスクがぴったり合いました。胴が細めなので持ちやすく安全です。

おすすめの「ボッシュ ディスクグラインダー GWS7-100E」は、さまざまな被加工物の切断・研削・研磨に応じてディスクの回転数を変更できるところがおすすめです。このディスクグラインダーのグリップは、プロの作業にもフィットする56mmΦと細身なところがおすすめです。

なお、このディスクグラインダーは、作業内容や被加工物の種類によって回転数を無段変速できるところがおすすめですが、さらに安全性を考慮した脱落防止カバー・手元スイッチ・サイドハンドルなどによって、DIY作業にも安心して使用できるところがおすすめです。

グラインダーおすすめ人気ランキング:第2位

日立工機 電子ディスクグラインダー G10YE2
日立工機 電子ディスクグラインダー G10YE2
口コミ

最初、箱を開けて姿を見た時はその全長に少しガッカリしました。想像していたのと違い長過ぎます。長年使ってる機種に慣れ過ぎている為でしょうか?

おすすめの「日立工機 ディスクグラインダー G10YE2」は、このクラスの中では最小・最軽量タイプなのでおすすめです。また、ACブラシレスモーターを搭載しているので、小型にも拘わらず高出力なところがおすすめです。

グラインダーおすすめ人気ランキング:第1位

マキタ ディスクグラインダ 9533B
マキタ ディスクグラインダ 9533B

¥ 14,256

口コミ

EDG-550と較ると価格帯が違うので、パワフル&トルクフルなのは当然として、ボディが割と細めで握りやすいですし、振動が少ないので、作業がとても快適になりました。

おすすめの「マキタ ディスクグラインダー 9533B」は、回転数が12,000rpmの高速タイプなのでおすすめです。なお、出力が960Wとハイパワーなところもおすすめで、握りやすいグリップとスリムなボディーが使いやすさを引き出します。

特徴・用途別おすすめのディスクグラインダー

ディスクグラインダは、使用目的によって性能は機能が異なりますので、おすすめの商品を選び際には「大は小を兼ねる」というわけには行きません。

ここではディスクグラインダーとその関連商品について、その特徴や用途別のメーカーや型番を紹介します。もし、興味を引いた商品があれば、下の「Amazonを見る」ボタンを押下して詳細を確認して下さい。

おすすめの「卓上」グラインダー

マキタ 卓上グラインダ GB602W
マキタ 卓上グラインダ GB602W
口コミ

ノミやカンナの刃を磨ぐために購入しました。 磨いでまず感じたのは、逆回転の方が磨ぎやすい気がします。

おすすめの「マキタ 卓上グラインダー GB602W」は、実用に適した砥石として湿度による劣化に強く、かつ長期間の使用にも耐えるビトリファイド砥石を標準装備しているところがおすすめです。

250Wの定格出力とパワーアップしたモーターによって、刃物の粗研ぎや鋳物のバリ取りに最適なところがおすすめです。

おすすめの「コーヒー豆・エスプレッソ」ミル

デロンギ マグニフィカ S
デロンギ マグニフィカ S
口コミ

某カタログ通販で、定価で販売されているこちらのページ、デザインの良さに目が留まりました。口コミも価格も、とても良いではないですか!

おすすめの「デロンギ マグニフィカ S」は、普段はコーヒー専門店で飲んでいるカフェメニューが自宅で簡単に楽しめる全自動エスプレッソマシンなのでおすすめです。

なお、このマグニフィカSは、エスプレッソ抽出に最適な低速回転のグラインダーなので、コーヒーの濃さや量を自由自在にカスタマイズできるところがおすすめです。

おすすめの「バフ」グラインダー

E-Value ミニベンチグラインダー EBG-75M
E-Value ミニベンチグラインダー EBG-75M
口コミ

予想以上の小ささに笑ってしまいました。 これなら気軽に他所に持って行けますし、作業するときだけベランダに持ち出せば掃除の手間が省けていいんじゃないかな。

おすすめの「E-Value ミニベンチグラインダー EBG-75M」は、金属の研磨・研削・バリ取り用としておすすめです。また、金属やプラスチック表面のつや出し、道具の手入れや工作、DIYやホビー用としてもおすすめです。

なお、このミニビンチグラインダーは、砥石によるバリ取り以外にも最終仕上げのバフ研磨にも適しているところがおすすめですが、さらに低振動と低騒音なので屋内社業に適しているところもおすすめです。

おすすめの「砥石」セット

TYROLIT オフセット砥石 10枚入
TYROLIT オフセット砥石 10枚入

おすすめの「TYROIT オフセット砥石 10枚入り」は、TYROLIT社内規格の中において最上級に位置するプレミアム製品なのでおすすめです。なお、この砥石は、鉄材・ステンレス材兼用であり、幅広い材料に対して高い切断能力を発揮するところがおすすめです。

おすすめの「変速」ディスクグラインダー

高儀 変速ディスクグラインダー DGR-110SCA
高儀 変速ディスクグラインダー DGR-110SCA
口コミ

試運転してみると回転音が軽すぎる気がしてギアケースを開けてみると、ギアにグリースが塗布されていませんでした。

おすすめの「高儀 変速ディスクグラインダー DGR-110SCA」は、回転速度を金属研磨やバリ取り・木材の下地磨きや面取りなど、材料や作業目的に応じて回転速度を変速ダイアルで簡単に調節できるところがおすすめです。

おすすめの「低速」ディスクグラインダー

日立工機 低速高トルク形 G10SL5
日立工機 低速高トルク形 G10SL5
口コミ

この度壊れたグラインダーの買い換えで購入しました。品物もよくハードな研磨作業にも耐えて活躍してます。それより販売して下さった販売者の親切丁寧な対応がよかったです。

おずずめの「日立工機 ディスクグラインダー 低トルク形 G10SL5」は、最大出力が960wの高速低トルク形なので、強い負荷が掛かる金属などの切断加工に最適なところがおすすめです。

また、握りやすいアルミダイキャストの軽量ボディーなので、グリップ性能が良いため安全な作業ができるところがおすすめです。

おすすめの「彫刻」ミニルーター

Tacklife RTD35ACL ミニルーター
Tacklife RTD35ACL ミニルーター
口コミ

木に穴空けたい時などは本体のみ使用で、 繊細な削りがしたい時などはフレックスシャフト。これが使ってみて実現しましたので、私の用途としてはクリアできていました。

おすすめの「Taklife RTD35ACL ミニルーター」は、異なる作業形態に応じてスピコンで簡単に回転数を6段階に切り替えできるところがおすすめです。

なお、モーターのローターは回転時の動的バランスに安定性があり、固定子は高品質で耐久性が高い極厚ケイ素鋼繊細で構成されているところがおすすめであり、そのため細かな彫刻や装飾品の細部の研削や研磨作業に適しているところがさらにおすすめです。

おすすめのグラインダーメーカー3社と代表製品

ここでは、代表的なディスクグラインダーのメーカー3社を紹介します。また、併せて各社の代表的な商品を紹介しますので、気になったメーカーや商品がありましたら、「Amazonを見る」ボタンを押下して仕様などを確認してみて下さい。

株式会社新興製作所

新興製作所 ディスクグラインダー SDG-100J
新興製作所 ディスクグラインダー SDG-100J
口コミ

未だ長期間使用していないので確実な評価は下せないが、手頃な買い易い価格である事、ハンドルグリップも付属しているし回転部の電極接点も一組付属しているので安心ですね。

「(株)新興製作所」は、1963年(昭和38年)に設立し本社を東京都千代田区に置き、金属製品・電気製品・事務機器・機械器具などを製造販売している会社です。

「新興製作所 ディスクグラインダー SDG-100」は、色々な材料の切断・研磨・バリ取り・サビ落としなどに使えるのでおすすめです。

リョービ株式会社

リョービ ディスクグラインダ G-1261P
リョービ ディスクグラインダ G-1261P

「リョービ(株)」は、1943年(昭和18年)に設立し本社を広島県府中市に置き、主にダイカスト製品・建築用品(ドアクローザー・建築金物など)・印刷機器(オフセット印刷機・周辺機器など)の製造・販売を行っている会社です。

「リョービ ディスクグラインダー G-1261P」は、最大出力が1,100Wとプロ仕様のディスクグラインダーです。なお、溶接面の研磨・仕上げ・錆取りはもちろん、鉄・青銅・アルミ鋳物などのバリ取り・仕上げ・錆取りにも最適でおすすめです。

株式会社高儀

高儀 刃物研ぎグラインダー DGR-130
高儀 刃物研ぎグラインダー DGR-130
口コミ

草刈り鎌を砥ぐ目的が主でしたが、とりあえず犬の毛をカットするのに買った100均のハサミの切れ味が悪いので砥いでみました。 結果切れ味抜群でした。

「(株)高儀」は、1940年(昭和15年)に創立し本社を新潟県三条市に置き、主に建築用工具・家庭用工具・電動工具・DIY用具などを製造・販売している会社です。

「高儀 刃物研ぎグラインダー DGR-130」は、農作業などに使われる鎌(カマ)や鍬(クワ)・草刈り用チップソー、あるいは料理に使う包丁などの刃掛けや刃物研ぎ専用のグラインダとしておすすめです。

なお、グラインダーの砥石は、超硬チップも研磨できる#200ダイアモンドディスクなので、ディスクサンダーとしても使えるところがおすすめです。

グラインダーの使い方・活用方法

グラインダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ディスクグラインダーは、一般的に金属材料の切断やバリ取りに使うことが多いですが、高速回転するグラインダーの用途に「研磨」があります。

変速機能が付いているディスクグラインダをお持ちの方は、流しの調理台やシンク内部のサビやキズなどが気になったら、ステンレス磨きに挑戦して見て下さい。始めからプロの仕事のように「鏡面仕上げ」とはいきませんが、ステンレス表面の小さなキズ・汚れ・曇りは意外なほどきれいになくなりますので、ぜひ試してみて下さい。

なお、ステンレス磨きに挑戦するためには、ディスクグラインダー以外に「バフパッド」と「バフ研磨材」が必要なので、100均ショップやホームセンターなどで購入して下さい。

ディスクグラインダーは超高速

グラインダーおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ディスクグラインダーに使う100mmΦのディスクの周速は、機種によっても異なりますが概ね「70m/sec」くらいあります。一見大したことないように感じますが、これを風速に読み替えると「想定外の台風」以上となり、さらに自動車と同じ時速換算すると「252km/Hr」ともの凄いスピードになります。

そのため、回転しているディスクに対して側面方向からの応力が掛かると、想像以上に簡単に破壊・飛散してしまいます。つまり、時速250Kmの自動車が横風を受けると、煽られて容易に転倒するのと同じことです。

ディスクグラインダーは、速いスピードで回転するが故にいとも簡単に金属の切断や研磨をしてくれますが、不適切な使い方をすると重大な事故を引き起こす可能性がありますので、作業開始前には周囲の状態をよく観察し作業環境に配慮することを忘れないで下さい。

Related