Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

スピンナーハンドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

スピンナーハンドルについて、種類や選び方、おすすめの人気ランキングや口コミ評価などを解説します。愛車の整備をする際に、まず揃えておくべきなのがラチェットハンドルを代表する基本工具です。その中でも便利でおすすめな、スピンナーハンドルの耳寄りな情報を招介します。

スピンナーハンドルおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

スピンナーハンドルの種類と選び方

愛車のメンテナンスをしてみたいと考えた時に、まず必要なのが工具です。といっても工具にはいろいろな種類があるため、どれから購入すればよいのか悩んでしまうでしょう。

オートバイや自動車のメンテナンスをするには、タイヤやアンダーカバーといった部品を取り外さなければなりません。そのために取り付け部のボルトを緩めて抜く工具がスパナやメガネレンチですが、自動車や二輪車には大小数多くの種類のボルトが使われています。整備をする際にボルトの着脱を頻繁に行うため、スパナなどでは効率が悪く作業に時間が掛かります。

スピンナーハンドルは基本工具のひとつ

そこで、ソケットという小さな器具を使います。ソケットは、自動車などに使用されるボルトの大きさに合わせたさまざまなサイズが揃った器具で、これを「ラチェットハンドル」という工具に取り付けることでボルトの着脱を行います。

ラチェットハンドルとは、ラチェット機構という回転運動をどちらか一定の方向に制限できる装置を備えたツールです。ラチェット機構によって一定方向に動かしたときだけボルトが回り、逆方向では空回りします。これにより連続的な動作が可能となり、ボルトの着脱をスピーディーに行うことができます。

ラチェットハンドルは、ソケットを付け替えることでどのような大きさのボルトにも対応し、あらゆる整備作業に使用できるため、まず揃えておくべき工具です。このような工具を「基本工具」と呼びます。そして、ラチェットハンドルと同様に使用頻度の高いおすすめの基本工具が「スピンナーハンドル」です。

固く締まったボルトを外すスピンナーハンドル

スピンナーハンドルとは、先端に首振り機構付きのソケット差込角を備えた棒状のツールです。スピンナーハンドルもラチェットハンドルと同じで、ソケットを付け替えることでどのようなボルトでも着脱することができます。

スピンナーハンドルはスピンナー(回転するもしくは《糸を》紡ぐという意味)という名前のとおりに、首振り機構を利用して先端の角度を変え、ハンドル棒を動かし回転させることでボルトの着脱をスムーズに行えます。

しかし、スピンナーハンドルの用途はただボルトを着脱するのではなく、ハンドルバーの長さを利用して固く締まったボルトを緩めることです。例えばタイヤ交換時に、走行中の負荷によって固く締められ、十字レンチなどでは緩みにくいホイールナットを容易に緩めることができおすすめです。

このようなスピンナーハンドルについて、種類や選び方、おすすめの人気ランキングや口コミ評価などを解説していきます。

スピンナーハンドルの種類

スピンナーハンドルには、先端の差込角のサイズやハンドル棒の長さによっていくつかの種類があります。ソケットを取り付ける差込角は国際規格によってサイズが決められており、スピンナーハンドルでは1/4インチ(6.35mm)、3/8インチ(9.5mm)、1/2インチ(12.7mm)が主なサイズで、他に3/4インチ(19.0mm)や1インチ(25.4mm)というのもあります。

差込角が大きいほど工具の耐久力が高く、より強い力でボルトを回すことが可能なため、差込角のサイズによって回すことのできるボルトの大きさが決まってきます。差込角が1/4インチでは14mm、3/8インチでは24mm、1/2インチでは36mmが差込可能なソケットの最大サイズです。

差込角の大きに比例して長くなるハンドル

差込角のサイズは大きいほど、ハンドル棒によってより大きな力を掛けることができるため、スピンナーハンドルの長さは、差込角のサイズの大きさに比例して長くなります。

差込角が最も小さな1/4インチでは全長152.4mmや164.2mmといった短い製品が販売されています。3/4インチでは242.8mm、293.6mm、330.2mmに加え、450mmのロングタイプもあります。1/2インチでは381mm、457.2mm、609.6mmと、930mmのエキストラロングタイプがあります。

その他に、スピンナーハンドルにはハンドル棒が伸縮できるタイプの製品があり、差込角1/2インチで長さが412mm、527mm、642mmと三段階に調整できます。また、ハンドル棒に滑り止めのグリップが付いた製品もあります。

スピンナーハンドルの選び方

スピンナーハンドルの選び方は、作業を行うボルトの大きさによって、それに適した差込角を持つ製品を選択することです。

差込角1/4インチでは差込可能なソケットのサイズは4~14mm、3/8インチでは5.5~24mm、1/2インチでは8~36mmです。そのため1/4、3/8、1/2それぞれのサイズのスピンナーハンドルを複数取り揃えておくと、あらゆるサイズのボルトに対応可能でおすすめでしょう。

また長さも、長い方がてこの原理によって大きな力を掛けることができるため、タイヤ交換の際に緩めるのに力が必要なホイールナットなどには、1/2インチで609.6mmのロングタイプがあると楽に作業ができておすすめです。

伸縮可能なタイプは便利ですが、それ一本ではすべて対応できないため、やはり用途に合わせて複数のスピンナーハンドルを購入するのがおすすめでしょう。手が滑る人はグリップ付きがおすすめです。

スピンナーハンドルおすすめ人気ランキングTOP3

おすすめのスピンナーハンドルをランキング形式で説明します。

ランキング3位:「TONEナットスピンナー」

TONE ナットスピンナー ロングタイプ 差込角12.7mmx600mm NS4L
TONE ナットスピンナー ロングタイプ 差込角12.7mmx600mm NS4L

TONE(トネ)のNS4Lナットスピンナーは、差込角1/2インチ(12.7mm)で長さ600mmのロングタイプスピンナーハンドルです。この製品はヘッド部分の強度を高め、ロングハンドルによってより力を掛けやすいおすすめのツールです。また先端部分の高さを極限まで低くしたことで、狭い場所でも作業がしやすくなっています。価格は4,300円です。

ランキング2位:「ネプロス・スピンナーハンドル」

nepros ネプロス 6.3Sq ロングスピンナーハンドル 200mm NBS2L
nepros ネプロス 6.3Sq ロングスピンナーハンドル 200mm NBS2L

ネプロス(nepros)は、KTCブランドでおなじみの京都機械工具が提供する、自動車整備のプロフェッショナル向けに製造された高品質ブランドです。ネプロスは、KTCが掲げる理想の工具を具現した製品として、他のハンドツールでは味わえない深い満足感を味わえるおすすめのツールブランドです。

ネプロスNBS2Lは、差込角1/4インチ(6.35mm)で長さ200mmのロングタイプスピンナーハンドルです。この製品は、作業時の握りやすさにこだわった中空タイプのグリップを採用したおすすめのツールです。グリップ内を空洞とすることで従来より15%の軽量化を実現しています。価格は4,500円です。

ランキング1位:「KTCスピンナーハンドル」

京都機械工具(KTC) ロングスピンナハンドル BS3L 差込角:9.5×全長:400mm
京都機械工具(KTC) ロングスピンナハンドル BS3L 差込角:9.5×全長:400mm

¥ 5,109

口コミ

なんでか知らないけどトランスミッションのフィラーとドレンプラグはとても硬い。 そんな時に使えるのがこれです。

KTCのBS3Lは、差込角3/8インチ(9.5mm)で長さ400mmのロングスピンナーハンドルです。この製品は、固くなったボルトに強いロングタイプで、握りやすさを考慮したグリップ形状で作業がしやすいおすすめのツールです。先端部分は作業時に応力の集中を分散する機構を採用し、従来品よりも20%の強度アップを実現しています。価格は3,505円です。

特徴・用途別おすすめのスピンナーハンドル

おすすめのスピンナーハンドルを特徴、用途別に解説します。

伸縮性のスピンナーハンドルは便利でおすすめ

フラッシュツール スピンナーハンドル 伸縮型 SPH-444 全長:300-380×駆動角:12.7mm
フラッシュツール スピンナーハンドル 伸縮型 SPH-444 全長:300-380×駆動角:12.7mm
口コミ

スピナハンドル系ではこの製品が最も使いやすいです。長さも2段階で調節できるのが素晴らしい。 ハンドルの太さと剛性により、硬いボルトも確実に緩められます

伸縮性のスピンナーハンドルは、作業ケースに応じて長さを伸ばしたり縮めたりできるので、ボルトを緩めるのにより強いトルクを掛けたい時や、作業スペースが狭い場所で便利でおすすめです。

フラッシュツールのSPH-444は、差込角1/2mmの伸縮性スピンナーハンドルで、ハンドル棒の長さを300mmと380mmに二段階に調節できるおすすめの製品です。価格は3,543円です。

スナップオンは信頼性の高いおすすめのツール

Snap-on スナップオン 1/2 ブレーカーバー グリーン ソフトグリップ SHBB24G
Snap-on スナップオン 1/2 ブレーカーバー グリーン ソフトグリップ SHBB24G

スナップオンのブレーカーバーは、高品質で信頼性の高い製品として、プロの自動車整備士を始めサンデーメカニックにも愛され続けている、丈夫で作業がしやすいと評判のスピンナーハンドルです。

スナップオンのSHBB24ブレーカーバーは、差込角1/2インチで長さが610mmのロングタイプスピンナーハンドルです。ライムグリーンのワンポイントカラーが入ったソフトグリップは、手が滑らないので作業がしやすくおすすめです。価格は15,800円です。

3/8インチ(9.5mm)は汎用性が高くおすすめ

スナップオン Snap-on ブレーカーバー スピンナーハンドル 差込み角3/8" ロングハンドル 【並行輸入】 F12LB
スナップオン Snap-on ブレーカーバー スピンナーハンドル 差込み角3/8" ロングハンドル 【並行輸入】 F12LB

スピンナーハンドルの先端部は、1/4インチのように差込角のサイズが小さいほどコンパクトになるため、狭い場所で作業をするのに適していますが、その分工具自体の強度が低くなりあまり強い力をボルトに掛けられません。そのため1/4インチではハンドル棒の長さはより短く、差込角の大きい1/2インチでは、強い力を掛けることができるようハンドル棒は長くなっています。

1/4インチでは締め付けることができない5kg・fm以上の力が必要なボルトの場合は、より差込角の大きい3/8インチのスピンナーハンドルを使用します。

スナップオンのF12LBブレーカーバーは、差込角3/8インチ(9.5mm)で長さ294mmのロングタイプスピンナーハンドルです。ラチェットハンドルでは回し切れない固く締まったボルトを外すのに最適な製品です。価格は10,345円です。

1/2インチ(12.7mm)は高強度でおすすめ

スナップオン Snap-on ブレーカーバー スピンナーハンドル 差込み角1/2" コンフォートハンドル 【並行輸入】 SHBB24
スナップオン Snap-on ブレーカーバー スピンナーハンドル 差込み角1/2" コンフォートハンドル 【並行輸入】 SHBB24

愛車の整備を自分で行おうとする人の多くは、5.5mmから24mmまでのボルトに対応できる、汎用性の高い差込角3/8インチサイズのソケットから取りそろえる方が多いです。しかし、3/8インチでは対応できないより大きな力を必要とする場合は、最大36mmまでのボルトに対応可能な1/2インチのスピンナーハンドルを使用します。

スナップオンのSHBB24ブレーカーバーは、差込角1/2インチ(12.7mm)で長さ609.6mmのロングタイプスピンナーハンドルです。高強度の1/2インチの先端部とロングハンドルバーで、固く締まったホイールナットなどを緩めるのに最適です。おしゃれな赤のワンポイントカラーが入ったソフトグリップは手が滑らないため作業が楽です。価格は22,028円です。

長さ600mmのロングタイプはより作業がラク!

Snap-on 1/2 ブレーカーバー 610mm SN24C
Snap-on 1/2 ブレーカーバー 610mm SN24C

先端部の差込角が1/2インチのスピンナーハンドルは、高強度でより強い力を掛けて作業が可能なことから、ハンドルバーも長いタイプを使用します。先端部が1/2インチのスピンナーハンドルは、通常良く使われている長さ450mmの製品がおすすめです。それは、450mmの製品ではボルトを緩める際に適度な抵抗感があり、力の掛具合が自然で使いやすいのが理由です。

しかし、ここ一番に力強いパワーを掛けたい場合には、ハンドル棒がさらに長い600mm以上の製品がおすすめです。長さ600mmのスピンナーハンドルなら、強く固まって緩めるのが困難なボルトを外す際に非常に頼りになります。

スナップオンの610mmがおすすめ

スナップオンのSN24Cブレーカーバーは、差込角1/2インチで長さ610mmのロングタイプスピンナーハンドルです。SN24Cは、スナップオンならではの高強度の先端部とロングハンドルによって、固く締まったボルトに十分な力を加えることができるおすすめの製品です。また、グリップ部は美しいポリッシュ仕上げです。価格は13,800円です。

おすすめスピンナーハンドルのメーカーと代表製品

おすすめのスピンナーハンドルメーカーと、代表製品について説明します。

KTC(京都機械工具)

nepros ネプロス 6.3Sq ショートスピンナーハンドル 100mm NBS2S
nepros ネプロス 6.3Sq ショートスピンナーハンドル 100mm NBS2S

KTCブランドでおなじみの京都機械工具は、自動車整備のプロフェッショナルからサンデーメカニックまで、軽くて丈夫で使い良いというイデオロギーの下、誰もが安全に快適に効率よく作業ができる究極のハンドツールを提供する、日本を代表する老舗工具メーカーです。

また近年は、プロフェッショナル向け高品位ツールブランド「nepros(ネプロス)」を立ち上げたことでも大きな話題となっています。高品質ブランドのneprosの製品は、ツールとしての作り込みの次元が異なり、他の物とは比較にならないと大変な評判です。

neprosのツールは、常に過酷な使い方を強いられる二輪ロードレースのピットでも活躍しています。メカニックたちによると、neprosは作業性に優れているだけでなく、製品精度が高いためにボルトに対して優しく、ストイックな場面でも安心して作業ができると高く評価しています。

nepros「NBS2S」がおすすめ

neprosのNBS2Sは、差込角1/4インチ(6.35mm)で長さ100mmのショートタイプスピンナーハンドルです。neprosの特徴である中空構造グリップにより、軽量と高強度を両立させた作業のしやすさがおすすめの製品です。価格は3,760円です。

コーケン(山下工業研究所)

コーケン 3/8(9.5mm)SQ. ロングスピンナハンドル(ポリッシュグリップ) 全長380mm 3768P-380
コーケン 3/8(9.5mm)SQ. ロングスピンナハンドル(ポリッシュグリップ) 全長380mm 3768P-380

¥ 5,397

口コミ

初めてコーケンの工具を買いました。 9.5のソケット用だったので力が入るか心配でしたが しっかりネジが回ってくれました。 手持ち用の工具箱にぴったり収まるサイズでした。

Ko-kenブランドで知られている山下工業研究所は、ハンドツールメーカとしては珍しいソケットレンチのみを製造するメーカーです。Ko-kenの製品は、常に実際に工具を使用するユーザーの要望に耳を傾け、使い心地や作業性の優秀さを追求した製品の設計と製造を行っています。

Ko-kenのスピンナーハンドルは、先端部の製品精度が極めて高く、どのような場面でも快適に作業ができると高い評価を得ています。

Ko-kenの3768P-380は、差込角3/8インチ(9.5mm)で長さ380mmのロングタイプスピンナーハンドルです。この製品は3/8インチの使い勝手とロングハンドルのハイパワーを両立させたおすすめのツールです。Ko-kenの特徴である先端部の高強度とロングハンドルによって、固く締まったボルトも容易に緩めることができおすすめです。価格は4,284円です。

スナップオン(Snap-on)

スナップオン Snap-on ブレーカーバー スピンナーハンドル 差込み角1/4" スタンダードハンドル 【並行輸入】 TM10G
スナップオン Snap-on ブレーカーバー スピンナーハンドル 差込み角1/4" スタンダードハンドル 【並行輸入】 TM10G

スナップオンは、米国ウィスコンシンに本拠地を置く世界的な工具メーカーです。スナップオンツールズの設立者ジョセフ・ジョンソン氏は、少ない工具で多くの作業ができるというコンセプトを元に、従来の工具から一変したハンドルとソケットを分離するというアイディアを具現します。彼は、1920年に世界で初めてソケットレンチを開発しました。

スナップオン(Snap-on)の名前は、ソケットレンチのハンドルにソケットを取り付ける(はめ込む)という特徴から生まれました。この革新的な工具の成功によって、スナップオンは世界中の自動車ディーラーを始め、MotoGPやF1といったグランプリレースのメカニックに絶大な信頼を得ている工具メーカーです。

スナップオンTM10Gがおすすめ

スナップオンのTM10Gブレーカーバーは、差込角1/4で長さ152.4mmのスタンダードタイプのスピンナーハンドルです。この製品は工具としての耐久性が高いおすすめのツールです。高さを抑えた先端部と、長さ152.4mmのスタンダードハンドルは狭い所でも作業がしやすく、ボルトに必要十分な力を掛けることが可能なおすすめのスピンナーハンドルです。

TM10Gは、スナップオンの特徴である製品の仕上げの良さもおすすめポイントで、全面ポリッシュの輝きが所有欲を満たす魅力的な製品です。価格は6,805円です。

スピンナーハンドルの使い方・活用方法

スピンナーハンドルの使い方や活用方法について説明します。

ハンドルバーの長さを上手く利用する

スピンナーハンドルの使い方は、まず作業をするボルトのサイズに適応する差込角サイズを選びましょう。車やオートバイのメインテナンスでは、大方の作業が3/8インチのスピンナーハンドルでカバーできますが、小さなボルトなど繊細な作業が必要な場合は1/4インチサイズを、ボルトが大きくより強い力が必要な時は1/2インチを使うのがおすすめです。

とは言えスピンナーハンドルは、首振り式の先端部とハンドルバーの長さを生かして固く締まったボルトを緩める時に威力を発揮する工具です。そのため、細かい作業をするにはハンドルを往復させ連続した作業ができるラチェットハンドルがおすすめです。

狭い場所での作業では、まずスピンナーハンドルの長さを利用して強い力でボルトを緩め、その後はより作業性の高い、ラチェットハンドルに切り替えてボルトを取り外すのがおすすめです。

タイヤ交換にはスピンナーハンドルが便利

タイヤ交換をする際、ホイールナットを緩めるのに使用する工具といえば、車載工具に入っているクロスレンチが思い浮かびます。クロスレンチは両手を使って作業ができるため早回しが容易で、ジャッキアップした後、ナットを外すのに便利でおすすめですが、固く締まったナットを緩める時には強い力を掛けるのがやや難しいでしょう。

そこで、差込角1/2インチでハンドルバーが長いスピンナーハンドルがおすすめです。長さ450mmのスピンナーハンドルは程よい抵抗感で作業がしやすくおすすめです。また、以前のタイヤ交換時に強く締め付けすぎ、ナットを緩めるのが困難な場合は、長さ600mmの製品がより強い力を掛けることができおすすめです。

まず愛車のナットサイズに適合した専用のソケットを取り付け、ホイールナットを緩めます。その後ジャッキアップしてから先端部の角度を伸ばして早回しし、ナットを取り外します。

スピンナーハンドルは愛車の整備に必要なツール

スピンナーハンドルについて、種類や選び方、おすすめの人気ランキングや口コミ評価などを紹介しました。

車やオートバイの整備を自分でやりたい時に、まず必要なのが工具です。と言っても工具は種類が多くて何を揃えれば良いのか迷ってしまうでしょう。そこでおすすめなのがラチェットハンドルを代表とする基本工具で、その中の一つがスピンナーハンドルと呼ばれる便利な工具です。

スピンナーハンドルは、首振り式の先端部に長いハンドルバーを備えたツールで、固く締まって外れにくいボルトを、てこの原理を利用して緩めることができるおすすめの工具です。その先端部には1/4インチ、3/8インチ、1/2インチなどの種類があり、それぞれ用途に合わせて複数揃えるのがおすすめです。

おすすめのスピンナーハンドルを使って、愛車のメンテナンスを効率よく行い、自動車趣味をより深く楽しみましょう。

Related