Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

デジタルトルクレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

こちらの記事ではデジタルトルクレンチについてご紹介しております。デジタルトルクレンチとはどのような用途で使用していくのか、またデジタルトルクレンチのおすすめ商品や、使用方法などもご紹介しておりますので、ぜひご参考にしてください。

デジタルトルクレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

デジタルトルクレンチを使ってみよう

デジタルトルクレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

工具の種類の中に「デジタルトルクレンチ」というトルクレンチがあります。一般のトルクレンチはホームセンターやDIYなどで目にしたことがあるでしょうが、デジタルトルクレンチを扱っている店舗は限られているため、初めて耳にするかたも多いのではないでしょうか。

今回は、そのデジタルトルクレンチについて説明していきます。デジタルトルクレンチはどのような特徴があっておすすめ商品はどのようなものかを紹介します。ぜひ参考にしてください。

デジタルトルクレンチの特徴

デジタルトルクレンチは、普通のトルクレンチがデジタル化されたものです。では、まずトルクレンチとはどのような機能を持っているのかをご紹介していきます。

規定のトルク値で締める道具

ネジやナットを締め付けるとき、ただのレンチではどのくらい自分がしめているのかや、規定の位置まで締め付けたいと思っても、自身でできるのは限界があります。しかしトルクレンチとなると、締め付けの度合いを示した目盛りが付いています。目盛りを自分の締めたい規定の位置に合わせることで、目盛りに沿って締め付けることができます。

これをデジタル化しているのがデジタルトルクレンチなので、目盛りの部分がデジタル化されています。デジタルの場合は、規定の目盛りを打ち込みメモリーに記憶させることでトルク数値を設定できます。トルク規定位置まで締め付ければ振動や音、光で教えてくれます。

デジタル式なので簡単設定

トルクレンチは手動でトルクの位置を決めるため、多少面倒で操作も多いため初心者の方は使いにくい場合があります。それに比べてデジタルトルクレンチは、操作も数値を打ち込むだけで簡単で、初心者の方でも安易に使用できるためとてもおすすめの商品です。またメーカーによってはデータ出力機能もあるためとても画期的です。

デジタルトルクレンチの種類

デジタルトルクレンチにも使う用途に合わせて色々な種類があります。では、デジタルトルクレンチの種類と特徴、デジタルトルクレンチの選びかたを見ていきましょう。

NCトルコン

TONE (トネ) NCトルコン TE801
TONE (トネ) NCトルコン TE801

NCトルコンとはトルク値の自動制御機能が搭載されていて、設定値になると自動で動作をストップすることができる種類です。トルクの締め付けの用途全般に使用できます。設定値になると自動で止まってくれるので、初心者の方におすすめの種類です。

ラチェットデジタルトルク

SK11デジタルトルクレンチ
SK11デジタルトルクレンチ
口コミ

ブザー音もLED表示もわかりやすくて不便なし!

ラチェット式のデジタルトルクレンチです。ラチェットで締め付ける事の多い車やバイク、狭い位置でのボルト締め付けに使用されることが多いです。パソコンにデータを転送できるメーカーもあるため、整備作業でのトルク規定数値の管理ができ、次回の整備でも簡単に規定数値を出力することができるので、整備作業を良くする方におすすめの種類です。

ハンディデジタルトルク

トネ ハンディデジトルク
トネ ハンディデジトルク

¥ 14,904

口コミ

デジタル式で狂いの心配が無く、一流メーカー品で安心です。

ラチェットハンドルやスピンナハンドルなど、手動のハンドルとソケットの間にトルク測定器を取り付けて使用するデジタルトルクレンチです。一般の締め付け作業全般に使用することができます。

ドライバーデジタルトルク

KTC デジタルトルクレンチ
KTC デジタルトルクレンチ

¥ 29,000

ドライバー式のデジタルトルクレンチです。測定器の先端にビットを差し込んで使用します。小さなトルクなどに使用され、実トルク値の測定などに使用できます。

用途に合わせて選ぼう

デジタルトルクレンチの選び方はご自身の用途に合わせましょう。何にデジタルトルクレンチを使用するかをまず把握しましょう。さまざまな事に使用していきたい場合は、NCトルコンやハンディトルク、整備中心でしたらラチェットデジタルトルク、小さいものへの使用はドライバー式などがおすすめの選び方です。

デジタルトルクレンチおすすめTOP5

デジタルトルクレンチのおすすめ商品をご紹介いたします。購入したいけど商品選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめTOP5「トネ」

トネ デジタルトルクレンチ
トネ デジタルトルクレンチ

¥ 62,640

トネは数々のデジタルトルクレンチを販売しています。その中でもラチェット型のデジタルトルクレンチがおすすめです。目標トルクを9件登録でき、合否判定許容は1%ととても正確に計測することができます。USB通信でパソコンへのデータ転送も可能です。安全ロープの取付穴もあるため、高所での作業でも落下を防止できます。

おすすめTOP4「カノン」

デジタルトルクアナライザー
デジタルトルクアナライザー

業務用で使用される事が多く、正確さも性能もとても良い商品です。作業現場などDIY以外の本格的なプロの仕事で良く使われているため、家のリフォーム作業をしていたりで本格的な道具が必要な方におすすめの商品です。

おすすめTOP3「スナップオン」

スナップオン デジタルトルク
スナップオン デジタルトルク

自動車や自転車など、狭い位置への整備作業におすすめのデジタルトルクレンチです。コンパクトで薄い構造なので、狭い場所へも入っていけます。

おすすめTOP2「SK11」

SK11 デジタルトルクレンチ
SK11 デジタルトルクレンチ
口コミ

重さが程よく使用しやすい

自動車の整備から工事現場での作業まで、さまざまな用途で使用されています。数値に達した時の通知音も大きく分かりやすく、重さも重すぎず軽すぎずでとても使用しやすいおすすめの商品です。価格も他のデジタルトルクレンチに比べ安価で、口コミも高評価のため初心者でも安心して購入いただけます。

おすすめTOP1「ktc」

KTC デジタルトルクレンチ
KTC デジタルトルクレンチ
口コミ

精度も作りも最高です

KTCは多くの工具を販売しており、どの工具もとても高評価の商品が多いです。デジタルトルクレンチの種類も豊富で、その中でもラチェット式のデジタルトルクレンチが多く選ばれています。性能もとても良く作りもしっかりしているため、安心して使用することができます。

多くの種類のデジタルトルクレンチをそろえたい方は、KTCシリーズで取り揃えるのも良いでしょう。

用途別おすすめデジタルトルクレンチ

では、用途別にはどのような商品があるのでしょうか。おすすめの用途別デジタルトルクレンチを見ていきましょう。

ロードバイク整備におすすめ

AP デジタルトルクレンチ
AP デジタルトルクレンチ

ラチェット型で薄い構造のため狭い幅でも容易に使用できます。またオーバートルク防止機能も付いており、トルクの締めすぎを防ぎます。自動車整備やメンテナンスでおすすめの商品です。

精度の良いデジタルトルクレンチ

KTCデジタルトルクレンチ
KTCデジタルトルクレンチ
口コミ

デジタル表示も見やすいし、操作もかんたんです

モンキーレンチタイプのデジタルトルクレンチで、KTCからの販売です。とても作りが頑丈でモンキタイプは力を入れる場合が多いですが、壊れる心配もありません。さまざまな作業姿勢や習熟度にも対応し確実な計測ができます。メモリーは5件まで登録が可能です。DIY~本格的な作業まで幅広くおすすめの商品です。

自転車整備におすすめ

ゴリックス デジタルトルクレンチ
ゴリックス デジタルトルクレンチ
口コミ

箱に工具一式が入っているので持ち運びも便利です。

自転車整備はとても細かい作業が多く、幅も狭いため小さいラチェット式がおすすめです。このゴリックスの商品はビットセットも付いているため、簡易な自転車整備であれば行えるでしょう。用途にあったサイズのビットを追加で購入することでさまざまな作業ができるようになります。

用途にあったサイズを確認して同時購入をすることをおすすめします。

デジタル式の一押し!

KTCデジタルトルクレンチ
KTCデジタルトルクレンチ
口コミ

これがあるとかなり整備が進みます

おすすめのKTCからの販売商品です。自動車整備~本格的な作業までさまざまな用途で使用する事ができます。またしっかりとした通知音で締め付けを報告してくれるので、目の届きにくい部分にも安心して使用できます。

デジタルトルクレンチではラチェットレンチを選ぶ方が多いですが、どれを購入するか迷っている方は、こちらのデジタルトルクレンチをおすすめします。

価格別おすすめデジタルトルクレンチ

デジタルトルクレンチには、安価なものから高額なものまで多数の商品があります。その中でもおすすめの商品を価格別で紹介いたします。

価格重視!おすすめデジタルトルク

簡単なDIY作業などに使用したり、使用頻度が少なかったりする場合はできる限りコストを抑えたいでしょう。しかし安価なものになると粗悪品も出てきますので、安価で簡単な作業は容易にこなしてくれるおすすめ商品をご紹介いたします。

SK11デジタルトルクレンチ

SK11 デジタルトルクレンチ
SK11 デジタルトルクレンチ
口コミ

現場の作業員にも好評

SK11は多くの工具を取り扱っているメーカーです。またSK11の商品は安価ですが、とても性能が良くおすすめです。とても使用しやすく仕事の現場などプロも愛用していますので、初心者の方でも安心してご購入いただけます。

トネ デジタルトルクレンチ

トネ デジタルトルクレンチ
トネ デジタルトルクレンチ

¥ 21,007

口コミ

細かく設定出来 満足しています

安価ですが細かくトルクの数値設定できたりブザー音もしっかりしているため、値段以上の商品だととても高評価でおすすめです。ドライバー式のため先端にビットを装着するだけで安易に作業にとりかかれます。

ストレートデジタルトルクレンチ

ストレートデジタルトルクレンチ
ストレートデジタルトルクレンチ

バックライト付きの液晶画面で計測通知もとても見やすく、180°回転させることができます。デザインもかっこいいためとても人気でおすすめの安価商品です。収納に便利なケースも付いているため持ち運びも楽々とできます。

性能重視デジタルトルクレンチ

価格よりも性能を重視したいかたも多くいらっしゃるでしょう。特に、自動車整備など頻繁に使用する方は、しっかりとしたデジタルトルクレンチを使用する事をおすすめします。

では、性能重視のおすすめデジタルトルクレンチをご紹介いたします。

KTC

KTC デジタルトルクレンチ
KTC デジタルトルクレンチ

¥ 32,500

口コミ

使い勝手が良く、カーボンバイクのメンテナンスで重宝しています

簡単なDIY、自動車整備、本格的な作業までさまざまな用途で使することができます。価格は、安価のものに比べると2倍以上しますが、価格の分性能は抜群で安心して使用していけるデジタルトルクレンチです。安価なものですぐ壊れてしまうのであれば、使用頻度が高い方は少し高くとも性能の良い物を使用することをおすすめします。

デジタルトルクおすすめメーカー3選

デジタルトルクレンチも今やさまざまのメーカーが販売しております。では、どのメーカーのデジタルトルクレンチがおすすめで多くの方に支持されているのでしょうか。見ていきましょう。

KTCデジタルトルクレンチ

KTCデジタルトルクレンチ
KTCデジタルトルクレンチ

¥ 47,000

口コミ

プレセットが可能で便利です

KTCのデジタルラチェットレンチです。長く幅が細いのが特徴で、奥の狭い場所でも安易に締め付けができます。自動車整備など奥が深く幅が狭い場所への使用にはとても重宝されている方も多いです。とても使いやすいと評判なので、自動車整備を初めてみようと考えておられる方にもおすすめできる商品です。

SK11デジタルトルクレンチ

SK11デジタルトルクレンチ
SK11デジタルトルクレンチ
口コミ

指定トルクでのボルト締め付けに安心感が出ます

安価ですがとても性能が良く、さまざまな工具を取り扱っているメーカーSK11のデジタルトルクレンチです。価格のわりには作りも頑丈でボルトの固定もしっかりしていて安心できます。まずは、安価なものから挑戦しようと思われているかたにおすすめです。

プロや現場作業員の方も多く愛用されているので、買い替えようと思われているかたにもおすすめできます。

トネ デジタルトルクレンチ

トネ デジタルトルクレンチ
トネ デジタルトルクレンチ

¥ 14,904

口コミ

トルクレンジが広いのでバイク整備はこれ一つで大丈夫

大手のメーカーのトネのハンディ式デジタルトルクレンチです。トネのデジタルトルクレンチは多数種類があります。性能がとてもよくトネでデジタルトルクレンチを摂りそろえている方も多くおられます。工具に取り付けるだけで簡単にトルク数値の計測ができるので、とても便利な商品です。

デジタルトルクレンチを使ってみよう

では、デジタルトルクレンチを使用していきましょう。デジタルトルクレンチの使用方法や、使用上の注意点を見ていきましょう。

電池をセットしよう

新品のデジタルトルクレンチは電池が付いていない場合が多いです。まず、電池入りかどうかを確認し、入ってなければ別途購入しましょう。この時電池の種類を必ず確認してください。テスト電池が同封されているものもありますが、あくまでもテスト用ですので普通の電池ほど持ちません。予備に電池を購入しておくことをおすすめします。

動作確認しよう

電源ボタンを押し動作に異常がないかを確認しましょう。説明書に合わせてどのボタンがどんな役目をしてくれるのかを確認しましょう。この時、ボタンの役目を覚えておくと作業が楽にこなせるでしょう。

トルク数値を入力しよう

まずは、トルク数値を入力していきましょう。ご自身の用途に合わせたトルク数値をメーカーの取り扱い説明書にしたがって、ボタンを押していきましょう。数値を合わせたら間違いがないかをしっかり確認しましょう。いきなり本番をするのではなく、試しにいらない木材などに締め付けをしてみることをおすすめします。

トルクを締め付けていく

普通のトルクレンチのよう締め付け作業を行っていきます。このとき、焦って早く回しすぎないように気を付けましょう。締め付けすぎてしまう原因になってしまいます。またブザーで締め付けを知らせてくれるものもありますが、点滅や振動のみの場合もありますので、締め付けお知らせの種類をしっかり確認しておくことをおすすめします。

自動制御機能が付いていれば締め付けをストップしてくれますが、ブザーなどだけの場合は気づかず締めすぎてしまわないよう充分に注意しましょう。

保管の前に確認!

作業が一とおり終わり保管をする前にデジタルトルクレンチは電池式の場合が大半です。1週間ほどの高頻度で使用する場合は問題ありませんが、何か月も使用する予定が無い方は電池を外して保管することをおすすめします。

長期間電池をつけたまま保管すると電池から液漏れを起こしてしまい、デジタルトルクレンチ自体の故障の原因になってしまいます。なので、電池を抜いて保管する事を心がけましょう。

デジタルトルクレンチでDIYを!

デジタルトルクレンチおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ

いかがでしたでしょうか。デジタルトルクレンチが一台あると、自動車整備やDIY作業などさまざまな用途に役立ちます。

またデジタルトルクレンチを使用することで本格的な作業ができ、正確なトルク計測ができますので、自宅でプロのような仕上がりがきたいされるでしょう。自動車整備やDIYが趣味の方や、デジタルトルクレンチをよくお使いになる方は、ぜひ一台持っておくことをおすすめいたします。

Related