Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月04日

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

トタン屋根の塗り替えをする際に、どの塗料を選んだら良いのか分からなかったことがないでしょうか。トタン屋根にはそれぞれメリットやデメリットがあります。また、耐久性の高いものや室温にもかかわる特徴を持つものもありますので、目的に合ったものを選びましょう。

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

トタン屋根塗料の種類と選び方

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

トタン屋根は何年かごとに塗り替える必要があり、メンテナンスを行うとサビが増えてきてしまったり、屋根に穴が開いてしまう原因になってしまいます。

トタン屋根の塗り替えは業者に頼んでも構いませんが、トタン屋根の塗替えには 20万円から50万円程度と高い費用がかかってしまいます。

トタン屋根の塗り替えには、道具とコツさえつかめばご自分でも行うことが可能です。まずはトタン屋根の種類とそれぞれの特徴について覚え、今後の参考にしてみましょう。

トタン屋根塗料の種類

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

トタン屋根塗料は、ホームセンターに行けば購入することができますが、あまりにも種類が多いため、屋根の塗り替えしようとしても、どのトタン屋根塗料を購入したらよいのか迷ってしまいます。

そこで、まず始めにトタン屋根塗料の種類についてご説明します。それぞれのトタン屋根塗料の種類とメリットデメリットについてご紹介していますので、これから塗り替えを行うトタン屋根に合ったものを選びましょう。

アクリル製の塗料

アクリル製のトタン屋根塗料は、昔から多く使われてきたものです。手ごろな価格で販売されていることが多いため、最も多く利用されているタイプの塗料です。

ですが、デメリットとしては耐久性があまり良くないという点です。とはいえ、あまり費用をかけず短期間にトタン屋根の塗り替えを考えている方にとってはおすすめです。

ウレタン塗料

ウレタンでできたトタン屋根と量は、色付きがよく光沢があるのが特徴の塗料です。ただし、耐用年数が短いというデメリットがあります。

以前はこのタイプの塗料が最も耐久性の高いトタン屋根用の塗料でしたが、最近では新しいタイプのものが販売されるようになったため、現在ではあまり使用されることがなくなりました。

ウレタン塗料はアクリル樹脂にウレタン樹脂を加えた塗料です。最近ではシリコン塗料が主流となっていますが、シリコン塗料が販売されるようになるまでは、このウレタン塗料が主に使われていました。

トタン屋根の他にも鉄製のものに多く用いられ、雨戸や手すりなどにも使われることが多い塗料です。ですが、耐久性に関しては他のものに多少劣り、5年から7年程度の耐久年数しかありません。

シリコン製の塗料

シリコン製のトタン屋根塗料は、昔から頻繁によく使われているタイプのトタン屋根塗料です。安価に購入することができ、耐久性も良いため、一般のご家庭用としておすすめの塗料です。

紫外線や汚れに強いという特徴があり、手ごろな価格で販売されているということもあり、現在最も多く使われているタイプのトタン屋根塗料ということでおすすめです。

セラミック製塗料

セラミック製のトタン屋根塗料は、シリコンにセラミックを加えて作られたトタン屋根塗料です。一般的なシリコン製の塗料に比べ、対向性や耐久性が高いという特徴を持っています。

汚れに強いということのほか、防カビ効果も高いため、トタン屋根に用いる塗料としておすすめです。セラミック製の塗料の中には、水をはじく効果の高いものなど、種類があるので用途に合ったものを選びましょう。

フッ素塗料

フッ素でできたトタン屋根用の塗料は、そのほかの塗料に比べ多少高額な商品です。しかし、紫外線や汚れ、外的刺激に強いという特徴をもつため、最近頻繁に使用されることが多くなったトタン屋根用塗料になります。

「フッ素」というとフライパンお思い浮かべますが、トタン屋根用のフッ素塗料もまた、同じ特徴を持っており、撥水性に優れ、汚れをきれいに洗い流すことが可能です。

また、一度トタン屋根をフッ素塗料で塗り変えると、長持ちするということでメンテナンスの手間を省くことができるため、おすすめです。そのほか、耐熱性や耐完成のほか不燃性にも優れているといった点でもおすすめできる塗料です。

トタン屋根塗料の選び方

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

トタン屋根用の塗料にはいろいろな種類があります。トタン屋根の色が剥がれてきたため、塗り替えの必要があった場合には、どういったタイプのトタン屋根塗料を選べばよいかわからない場合があります。

トタン屋根塗料には、耐熱性に優れたものや遮熱性に優れたもの、耐久性の高いものなどいろいろなタイプに分かれています。そこで次に、トタン屋根塗料の選び方とおすすめのトタン屋根塗料ついてご紹介しましょう。

トタン屋根塗料の機能について

トタン屋根塗料には大きく分けて3つの機能に分けられています。基本的には「遮熱機能」と「外部からの刺激や汚れから守る機能」、「美しく見せるための機能」に分けられます。そこで次に、この機能について詳しくご説明していきましょう。

遮熱機能

遮熱機能とは、日光を反射させるための機能です。特に夏はトタン屋根のお宅の場合、家の中に熱がこもるのが悩みの1つです。

トタン屋根の家は太陽光に含まれる赤外線を吸収してしまうため、お部屋の中全体が暑くなってしまいます。場合によっては、トタン屋根の表面温度が 60℃以上になることもあり、素足で屋根に上がると火傷を負ってしまうこともあります。

遮熱機能の高い遮熱塗料は、この赤外線を反射することにより屋根の温度が上昇することを抑える効果を発揮するため省エネ効果をwるためにもおすすめです。

トタン屋根にこの遮熱塗料を塗ることで、赤外線の熱を反射し、お部屋の気温が上がることを抑えるとともに、トタン屋根が熱で劣化することを防ぐ役割を果たします。

断熱機能

「断熱機能」とは熱を伝わりにくくする働きのことを言います。断熱機能の高いトタン屋根塗料を塗ると、トタン屋根を通して建物が受けるダメージを少なく抑えることが可能になります。

遮熱機能は太陽光からの熱を反射する効果がありますが、断熱塗料は熱を塗料の中にため込むことにより室内まで熱が伝わることを防ぐ役割を果たします。

熱の伝導率を抑えることにより、冬の寒い時期には室内の温度を外に逃がすのを防ぐ効果も得られます。そのため、断熱塗料はトタン屋根のほかにも、外壁や内装にもおすすめの塗料です。

高耐久機能

高耐久機能の高い塗料は「高耐久塗料」と呼ばれています。高耐久塗料は、遮熱機能や断熱機能を併せ持つ優れた塗料でもあります。

この高耐久の塗料を塗っておくと、15年以上メンテナンスの必要がありません。そのため費用を安く抑えることができ、トタン屋根の塗料を塗り替える手間を省くことができるため、費用を抑えたい方にもおすすめです。

トタン屋根塗料を塗るメリット

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

トタン屋根塗料を塗るメリットは、トタン屋根にサビがついてしまうことを抑えることができるため、外観にこだわる方におすすめです。また、トタン屋根塗料には撥水効果はあるため、ある程度雨漏りを抑えることが可能です。

屋根を保護する

トタン屋根は金属でできているので、劣化が進むと腐食することがあります。ですが、こまめにトタン屋根塗料を使って塗り替えをすることで腐食を抑えることができます。

また、こまめにトタン屋根塗料を使ってメンテナンスをしておくことで、屋根のふき替え工事が必要なくなったり、ふき替え工事の期間を延長させることも可能です。

抗菌効果が得られる

トタン屋根には汚れやサビのほか、苔やカビが付着してしまうことがあります。しかし、トタン屋根塗料を塗っておくことで、苔やカビが付着することを抑えることが可能になるため、屋根を長持ちさせるためにもこまめに塗り替えをすることをおすすめします。

節電にもおすすめのトタン屋根塗料

トタン屋根塗料には、遮熱性や断熱性の高いものも多くあります。このようなトタン屋根塗料を塗っておくことにより、屋根への熱が伝わりにくくなり、お部屋の気温が上昇することを抑えられます。

そのほか、冬の場合には暖房で温めたお部屋の熱が外へ逃げることを防ぐ効果も得られるため、節電効果も得られるため、塗り替えをお考えの方は遮熱性や断熱性の高い塗料がおすすめです。

デメリットについて

トタン屋根塗料を塗ることのデメリットもあります。それは、塗料を塗る方法によっては雨漏りの原因となってしまう場合があることです。

初心者の方によくある失敗はトタン屋根塗料の塗過ぎです。トタン屋根塗料を塗り過ぎてしまうと、逆に雨漏りの原因となってしまう場合がありますので注意が必要です。

剥がれやすい

最近では屋根や外壁の汚れを落とすために高圧洗浄機を使用する方も増えてきています。この高圧洗浄機でトタン屋根を掃除しても汚れをやサビを綺麗に落とすことができるのでおすすめです。特に、こまめにサビを落としておかないとトタン屋根の塗料はすぐに流れてしまいます。

屋根の材質に合った塗料を選ばなかったり、安すぎる塗料を使用するとすぐに塗料が剥がれ落ち、サビや劣化の原因につながります。そのため、トタン屋根に塗料を塗る場合には、必ずトタン屋根用の塗料を使用することをおすすめします。

おすすめの塗り替え時期について

トタン屋根の塗り替えは、およそ5年から8年程度に行うことがおすすめです。ですが、これはあくまでも目安ですので、気象条件や屋根の形状、屋根の施工状態により、トタン屋根の塗り替え時期は変わります。なので、トタン屋根を長持ちさせたいのであれば、定期的に目視でトタン屋根の状態を確認することをおすすめします。

トタン屋根の状態を確認するには、トタン屋根の塗料につやがあるかどうか、色あせていないかどうか、または黒ずんだり白っぽくなってきたりと色が変化していないかどうか、こまめにチェックすることをおすすめします。

トタン屋根塗料おすすめの人気ランキングTOP3

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

おすすめのトタン屋根塗料をランキング別にご紹介します。これからトタン屋根塗料を購入するかたは、どのタイプの塗料を選ぶのか参考にしてみましょう。

ランキング3位「シリコンアクリルトタン」

ニッペ 油性塗料 高耐久シリコントタン屋根用グレー 14kg
ニッペ 油性塗料 高耐久シリコントタン屋根用グレー 14kg
口コミ

値段の割には液体がよく伸びて綺麗に仕上がりました。やっぱりシリコンはよいと思います。

アサヒペンから販売されているシリコンアクリルトタンは、サビの上からでもしっかりと塗り上げることができ、素人でも美しく仕上げられるのでおすすめです。雪やゴミのほか、排気ガスなど外的刺激にも強いという特徴を持っているため、寒い地域の屋根にもおすすめです。

ランキング2位「水谷ペイント水素ナノシリコン」

水系ナノシリコン 艶消し 15kg (水谷ペイント/水性アクリルシリコン樹脂屋根塗料)
水系ナノシリコン 艶消し 15kg (水谷ペイント/水性アクリルシリコン樹脂屋根塗料)
口コミ

満足です! アスファルトシングルのガレージ屋根の塗装用に購入しました。水性ですので扱いやすくて助かります。購入してよかったです!

ナノシリコンが採用され、燃えにくくサビにも強い特徴があります。また、色あせしにくいということと道具を選ばないため、初心者にもおすすめです。

ランキング1位「日本ペイントファインルーフ」

日本ペイント ファインルーフSi 15kgセット チョコレート
日本ペイント ファインルーフSi 15kgセット チョコレート
口コミ

塗りやすく仕上がりが美しい。大好評でした

つやつやとした光沢感のある仕上がりが特徴で、紫外線に強く雪にも強い耐久性を持っています。また、サビにも強いため、メンテナンスの期間を引き延ばすことが可能です。高機能ということでプロにもおすすめの商品です。

特徴・用途別おすすめのトタン屋根塗料

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

屋根の塗り替えをするには、どういった点にポイントを置くのか前もって決めておくことをおすすめします。

トタン屋根用の塗料は、さまざまなメーカーから販売されていて、種類も豊富に用意されていますので、屋根の状態や気温、環境で選びます。

トタン屋根塗料は、その素材によって特徴や用途がことなります。それでは次に、特徴や用途別のおすすめのトタン屋根塗料についてご紹介しましょう。

シリコン製

カンペハピオ 水性シリコン遮熱屋根用 銀黒 14K
カンペハピオ 水性シリコン遮熱屋根用 銀黒 14K
口コミ

実家の車庫に塗ってます、やはり白色が熱反射よく 車庫なので、油類やスプレー缶などもあるので、夏でも涼しいです。

シリコン塗料は最も一般的なトタン屋根用の塗料になります。高い機能を得られますが、それに比べて価格が安いため、コストを抑えたい方におすすめです。

そのほか、カラーバリエーションも豊富にあり水によく馴染むため、トタン屋根の表面が汚れにくく、耐用年数を7年から10年とウレタン製のトタン屋根に比べ長いのが特徴です。

フッ素塗料

カンペハピオ 滑雪機能付きトタン屋根用油性塗料 ラク雪塗料 ナスコン 7L
カンペハピオ 滑雪機能付きトタン屋根用油性塗料 ラク雪塗料 ナスコン 7L

耐久性重点を置く方におすすめするなら、このフッ素塗料がおすすめです。フッ素塗料は撥水効果が高く、フライパンのテフロン加工にも用いられています。また、耐久年数も15年と長いのが特徴です。

水性と油性の違い

カンペハピオ 油性シリコン遮熱屋根用 専用下塗り剤 8K
カンペハピオ 油性シリコン遮熱屋根用 専用下塗り剤 8K
口コミ

塗布面積は、缶の表示面積の倍を目安にしたほうが良いですね。塗りながら、ありゃ?足りねーぞ!・・・1缶追加しました。

トタン屋根は、サビが浮きやすいのが悩みの一つですが、いざ塗り替えをしようとすると水性の塗料と油性の塗料に分けて販売されています。

カラーバリエーションのほか種類が多いトタン屋根用の塗料ですが、水性のものと油性のものではどういった違いがあるのでしょうか。

油性のトタン屋根塗料の注意

水性の塗料と油性の塗料の違いは、何を使って薄めるかによって分けられています。水性の塗料は水を使って薄めますが、油性の塗料はラッカーやシンナーなど有機溶剤を使って薄めます。

そのため、においがキツく、近くで吸い続けると頭痛や吐き気のほかめまいを起こし、体に良い影響を与えません。油性のトタン屋根塗料を使用する際にはよく換気して使用しましょう。

トタン屋根の塗り替えに使用する場合には、屋外で作業を行うため、換気について注意の必要がありませんが、あまり顔を近づけて作業をしていると具合が悪くなる場合もありますので注意しましょう。

耐久性で選ぶなら

高耐久アクリルトタン用 12kg 赤さび アサヒペン
高耐久アクリルトタン用 12kg 赤さび アサヒペン
口コミ

伸びもよく塗りやすくなりました。仕上がりも、素人が塗ったわりに満足でした。今のところ、雨もはじいています。

耐久性については水性塗料よりも油性塗料がおすすめです。ですが、初心者の方の場合には、水性塗料の方が扱いやすいため水性塗料をおすすめします。

また、塗り替えている際に手や顔に塗料が付いてしまうと、油性塗料の場合には油性塗料専用の薄め液を使用しなければならず、その際に肌荒れする可能性があります。

水性塗料は、油性塗料に比べ耐久性があまり良くないといったデメリットがありますが、初心者の方がご自分で作業を行うのであれば水性塗料がおすすめです。

シルバーのトタン屋根塗料の耐熱効果について

水性屋根用遮熱塗料 (トタン・かわら兼用) 10L アサヒペン 銀黒
水性屋根用遮熱塗料 (トタン・かわら兼用) 10L アサヒペン 銀黒

トタン屋根用の塗料にはシルバー系と呼ばれているものがあります。シルバー系の塗料で塗ると、屋根の温度を4度程度下げることが可能です。シルバーは日光を反射する力に優れ、防熱性にも優れているためそのほかの色でトタン屋根を塗るよりも温度が高くなるのを防ぐことが可能です。

例えばコールタールで塗られた屋根には通常のトタン屋根塗料を用いることができません。コールタールの屋根は、一般的なトタン屋根塗料を塗ると滲んでしまいます。

しかし、シルバー系のトタン屋根棟梁を用いれば、シルバー系のトタン屋根同僚にはアルミの粉が含まれているため、コールタールが塗られた屋根であっても、その上から塗料を塗ることが可能です。

遮熱効果を上げるためにおすすめの塗料とは

アサヒペン 油性 屋根用遮熱塗料専用シーラー(下塗り) [5L]
アサヒペン 油性 屋根用遮熱塗料専用シーラー(下塗り) [5L]

トタン屋根塗料は色によって遮熱効果が変わります。トタン屋根と量は黒い色に近ければ近いほど表面温度が上昇し、逆に白い色に近ければ近いほど表面温度を低く抑えることができます。

黒い色に近い塗料ほど日光を反射する力が弱く、トタン屋根の表面温度が高くなってしまいます。その逆で、明るくうすい色をと日光を反射する力に優れ、トタン屋根の表面温度を低く保つことができるため、おすすめです。遮熱効果を重視するのであれば、なるべく明るくうすい色のトタン屋根塗料を選びましょう。

錆止めを塗っておく

ニッペ ホームペイント トタン専用さび止め塗料 6.4kg グレー・182358
ニッペ ホームペイント トタン専用さび止め塗料 6.4kg グレー・182358

トタン屋根の塗料を長持ちさせるためには、前もって錆止めを塗ることをおすすめします。トタン屋根の塗料にはサビ止め用の塗料も販売されています。

錆止めは、ローラーが入らない部分や、すき間にハケを使って塗りこめるようにして使います。この作業を行っておくか行っておかないかでトタン屋根の耐用年数は大きく変わります。

おすすめのトタン屋根塗料のメーカー3つと代表製品

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

製品はメーカーによって、その特徴が違います。なので、塗料を選ぶ際に迷ったときは、メーカーを選ぶ基準にしても良いでしょう。

日本ペイント

ファインルーフSi サニーレッド 15Kセット 日本ペイント株式会社 ニッペ
ファインルーフSi サニーレッド 15Kセット 日本ペイント株式会社 ニッペ
口コミ

塗りやすく仕上がりが美しい。大好評でした

大阪に本社を置く日本を代表する塗料メーカーです。トタン屋根塗料に限らず、外装や車、洗濯用の塗料まで幅広いラインナップと技術力を誇ります。

カラーバリエーションも豊富さと耐久性に優れているということで、プロにも人気の商品を多く取り扱っています。また、速乾性が高いのが特徴で、作業効率アップにもおすすめです。

エスケー化研

エスケー化研 ルーフスターSi ツヤ有 標準色 16Kセット
エスケー化研 ルーフスターSi ツヤ有 標準色 16Kセット
口コミ

一液性で使い勝手が良く満足しています。 カラーが豊富なエスケー化研さんは、おすすめです。

主に改装用の塗料は使う老舗メーカーです。健康や安全を掲げるだけあり、安全に使用できる良質な塗料が数多くラインナップされています。特に小さなお子さんや、ペットを飼われているかたにおススメのメーカーです。

日本特殊塗料株式会社

パラサーモシリコン標準色 16kgセット 約60m2分
パラサーモシリコン標準色 16kgセット 約60m2分
口コミ

非常に光沢感もあり、良い商品です。本来の遮熱の効果は夏にならないと分かりませんが、期待したいですね。

東京都に本社を構える化学メーカーです。主に建築用の塗料や航空機専用の塗料を多く扱うメーカーで、遮熱や耐久性のほか、防サビや防音に優れた製品を多く取り扱っています。

トタン屋根塗料の使い方活用方法

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

トタン屋根に塗料を塗る方法は次のものになります。まずトタン屋根が錆びている場合には、トタン屋根表面の汚れやほこり、カビなどをとってから作業することをおすすめします。

トタン屋根がサビついている場合には、サンドペーパーなどを使ってサビを落としてから塗料を塗りましょう。サビを落とした後にはトタン用の塗料を下塗りしておきます。

トタン屋根はヒビが入ったり、すき間ができてしまうことがありますが、ヒビやすき間がある場合には、シリコン製のコーキング材やシーリング剤を使用して、ひび割れや穴を埋めてから作業を始めましょう。

すべての補修が終わった後は、塗料がはみ出してしまうと困るところにはマスキングテープを使うことをおすすめします。

下準備について

何度も塗料を塗り替えている場合には、その部分の塗料が重なり、熱くなっている場合があります。そうなると上から塗料を重ねると色が剥がれやすくなりますので、劣化した塗料は取り除いておきましょう。劣化した塗料が粉状になっている場合には、薄め液を使ってきれいにふき取っておきましょう。

屋根の塗り替えにおすすめの日

トタン屋根に塗料を塗る前に、屋根から誤って落ちてしまったり、けがをすることがないよう、風のない日がおすすめです。

また、その周辺にトタン屋根塗料が飛び散らないよう十分に注意しながら行ってください。トタン屋根の下に植木や車がある場合には、車は移動させるか植木には何かビニールシートを被せるなど、しっかり養生をして下さい。

トタン屋根塗料を塗る

トタン屋根塗料は、まず始めに棒などを使ってダマにならないよう、均一によくかきまぜることがおすすめです。ハケを使って持ち上げた時に、どろどろと重みがあるようであれば、薄め液を使って緩めた後、よくかきまぜて使用します。

トタン屋根塗料を塗るコツは、上から下へと塗っていくときれいに仕上がります。これは、トタン屋根塗料の逃げ場を作っておくことにより、むらができないようにする工夫です。

トタン屋根の広い面には、ローラーなどを用いて塗料を塗っていくと、むらなくきれいに仕上げられるため、おすすめです。トタン屋根に塗料を塗り終えた後は、手に付かなくなるまでよく乾かしておきましょう。

後片付けについて

トタン屋根に塗料を塗り終えた後は、使用した塗料や減らを片づけておきましょう。ローラーやへらについた塗料は新聞紙などに余分な塗料を塗って落とし、水性の塗料であればよく水で洗い流すようにすることをおすすめします。

油性の塗料であれば薄め液を使って余分な塗料を洗いおとした後、中性洗剤を使って洗い流します。後片付けの際にも手袋の着用は忘れずに、洗い終わった後のハケやローラは陰干しにしておきます。

また、使い終えた後の塗料はしっかりとふたをして保存しておきましょう。余分な塗料をぬぐった新聞紙は、塗料をよく乾かした後に燃えるごみに出します。

雪の降る地域にもおすすめのトタン屋根塗料

トタン屋根塗料は、トタン屋根の保護や、室温を維持する効果ばかりではありません。特に雪国の方の場合には、こまめにトタン屋根塗料を振り替えておくことで、雪が滑りやすく、雪の重みで屋根が破損してしまうことを防ぐことができます。

塗料が剥げたままの状態でいると、雪が進めにくく屋根に積もり続けるため、雪の重みで屋根が歪んでしまったり穴が開いてしまうことがあります。

屋根の塗り替えには安全確保を忘れずに

トタン屋根塗料おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

トタン屋根の塗り替えを行う際には、まずはじめに安全の確保を怠らないことです。トタン屋根は数年おきに定期的にメンテナンスを行わないと劣化が進みやすく、屋根に穴が開いてしまったり、雨漏りの原因になってしまうことがあります。

正しい手順とトタン屋根塗料の特徴について覚えておき、目的に合ったトタン屋根塗料を選びましょう。

Related