Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月29日

ニップル回しおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ニップル回しは車輪の修理などには欠かせない商品です。いざという時のためにもニップル回しを携帯することもおすすめします。使用方法、サイズなどを紹介しています、おすすめも参考にしてください。種類が豊富なので、選ぶのも楽しくなるでしょう。

ニップル回しおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

ニップル回しの種類と選び方

ニップル回しは車輪を直すのにとても必要な物です。ここでは種類と選び方を紹介しますので、参考にしましょう。自分の手になじむものがベストです。

ニップル回しの種類

ニップル回しには、いろいろなデザインがあります。代表的な物は、タイヤレバー3本とニップルまわせのセット型、小型の円形、三角タイプ型、それから、馬の蹄鉄の持ち手をしたニップル回し型、Y字型、一般的な手で握って回すニップル回し型などです。

ニップル回しの選び方

ニップル回しの素材は大まかにスチール製とアルミ製の物があります。一般的なのはスチール製です。ベテランや手の大きめの方は一回り大型のスチール製を使用する人が多いです。手の力加減が調整でき、巧妙な角度もフィットする点がおすすめな点です。

アルミ製は、携帯工具として軽量化を意識した製品で、外径もやや小さいくし中心の穴の差し渡しが大きくてコンパクトになっている点がポイントです。

蹄鉄タイプ

パークツール
パークツール

¥ 1,274

口コミ

ホールド性が良いし、一番良いのは指が痛くならないことです。

パークツール製の蹄鉄型タイプです。サイクリストの中では、この工具をキーホルダー代わりに使用している人も多くいます。レッドが国産ニップル用(2面幅3.4㎜)SW-2Cになります。ブラックはDTなどの外国製ニップル用(2面幅3.2㎜)SW-0Cです。

このニップル回しは、スポークテンションを高く組む時や、アルミニップルを組む時に使います。ニップル回しはトルクがニップルの2面(2角)にかかるのみですが、このニップル回しだとニップルの4面(4角)にトルクがかかることになります。そのため、ニップルが、なめにくくなります。

デメリットは、レンチのあいた面から工具を差し込む事が可能ですが、このタイプだと、毎回ニップルの上側から工具を差し込まなければならず、少々困難な場合もあります。そんな場合はサイズに合った別のタイプとの併合で使用することをおすすめします。

一本タイプ

パークツール
パークツール

¥ 2,052

口コミ

割と最近購入したばかりのレーシングゼロで路面の亀裂に突入してしまい、 かなりフレてしまいました。 そのため、フレ取り用に購入しました。

これはパークツールの完組みホイール用ニップル回し一本タイプをおすすめします。マビックホイール用 SW-13C(アイレットスクリュー+インテグレーテッドニップル対応)、シマノホイール用 SW-14Cになります。(2面幅4.3mm+4.4mm)手になじむので使い易いでしょう。

Y型

Y型ニップル
Y型ニップル

¥ 2,398

口コミ

Tern eclipse x20のホイール振れ取りに購入しました。 必需品です。普通のホイールと違いタイヤ外してチューブ外してリムテープ剥がしてようやくニップルで調整でした。

SW-15Y型ニップルレンチはリムの外側からニップルを回し振れ取り調整を行うホイール用のスポークレンチです。Y字レンチにより十分なトルクと微調整のしやすさを可能にした商品です。サイズは六角が 5㎜と5.5㎜、スクエアが3.2㎜です。

ニップル回しおすすめ人気ランキングTOP3

ニップル回しには、用途に合わせた専用の商品もあり、ソイズが別々に備わっている商品もあります。直す所のサイズをしっかり確認してから選びましょう。

ランキング3位「パークツール」

パークツール
パークツール

¥ 1,512

口コミ

WH-RS21の調整に使用。問題なく作業できました。 この形状は、締まり具合が指先の感覚で分かりやすくて良いですね。

パークツール(ParkTool) スポークレンチをおすすめします。重量は18.1g、サイズは3.8×1.3×5.1㎝、2面幅3.9㎜のニップル用 (JIS #14/15用)ととてもコンパクトでおすすめです。

世界のスタンダードとなっているパークツールのスポークレンチシリーズです。 高精度と手になじみやすい形状はホームメカニックからプロメカニックまで多くの方に愛されて使われています。

ランキング2位「MAVIC」

MAVICニップル回し
MAVICニップル回し

¥ 864

口コミ

昨日届き、今日使ってみました。1本3役なんですね。とにかく自分は中古で買ったキシリウムの振れ取りをしたくて購入しました

MAVIC ハブ、スポーク兼用レンチをおすすめします。重量は18.1gです。多機能なニップル回しで、QRM+ベアリング調整、フラットスポークリテーナー、M7スポーク用ニップルレンチ、タイヤレバーにも使用できます。軽量で、携帯するにもとても便利でおすすめです。

ランキング1位「ホーザン」

ホーザンニップル回し
ホーザンニップル回し
口コミ

安価なのに品質が良く、十分に役立ちました。スポーク交換後のリム振れ修正には必需品ですね。

スポークレンチ自転車用品工具にホーザンニップルをおすすめします。サイズは直径4㎝ 、+-0.5㎜内の穴径、1.7㎝、+-0.5㎜、平置きだと1.3㎝、+-0.5㎜の高さ 0.5㎝、+-0.5㎜の厚さとなっています。

調和、鉄線を緩めて保護輪の変形を是正します。高硬度鋼で仕上がり、自転車のスポークレンチをまっすぐにしておくことができ、ストレート自転車のスポークを維持するサイクリストとに適しています。 建物や修理もしくはホイールのツルーイングに必要なツールであり、持ちやすいニップル回しです。

特徴・用途別おすすめのニップル回し

ニップル回しは車輪サイズが合う商品であれば、使用が可能です。これから、特徴と用別に紹介します。種類が多いのでおすすめを中心に参考にしてください。

自転車と車いす

丸型ニップル回し
丸型ニップル回し

¥ 594

口コミ

ママチャリ、クロスバイク、ミニベロの振れ取り用に購入しました。 学生の頃に自転車店でアルバイトをしていたので、作業自体は問題 なくできます。

丸型ニップル回しをおすすめします。自転車、車いすのリムの組み立てや振れ取りなどでに便利にご使用いただけます。 適合サイズは#10、11、12、13、14、15Gです。サイズは約40×40㎜です。サイズが豊富なので、用途に合って使えるのは便利です。

ニップルはちゃんとした工具を使わないとなめることがあります。イーツールのなかでもこれは確実に回せる4面固定タイプです。ちなみに、4面固定タイプは、ニップルにはめるのにきついと言う感覚はありません。

ホイールをゼロから組む場合は、作業性で有利な2面固定タイプを、仕上げや調整は確実にホールドできる4面固定タイプを選ぶことをおすすめします。どのタイプが合うのかは使ってみてから決めましょう。

バイク

KTC ニップル回し
KTC ニップル回し

¥ 3,197

口コミ

流石としか言葉がないです。スポークニップルへぴったり嵌りとても使い易いです。

KTCのニップルレンチMCS2-100をおすすめします。サイズは4.5,5.1,5.8,6.1,6.4,6.6㎜に使えます。
 
ニップル回しは細長く薄いパイプナットですので、だいたい誤差が出てしまうことが多いです。しかし、KTCはジャストフィットします。特に5.8mmがおすすめです。少々値段は高めですが、使いやすいのでおすすめでしょう。

小型・軽量で点検、ツーリング、レースにも楽です。鍛造品で、適切な熱処理を施していますので耐久性に優れています。レンチの厚みは10mmと厚く、ニップル面幅全体を保持するため傷めにくくなっています。モーターサイクル用ホイールのスポークニップルの締付け調整や点検作業にもおすすめです。

エアロスポーク

エアロスポーク
エアロスポーク

¥ 689

口コミ

ネットで探しても適合する物が見当たらず 取り敢えず購入。 0.9mm.1.1mmで無事 使えた。 材質は不明だが、硬いスポークを回しても破損する事はない。

SUPER Bからエアロスポークキーのニップル回しをおすすめします。エアロスポーク用スポークレンチです。サイズは0.9、1.1、1.3、1.8㎜対応が可能です。重さは81.6gとても軽量、サイズは15.2×11×2.7㎝です。

サイズ別おすすめのニップル回し

ニップル回し
ニップル回し

¥ 508

口コミ

丸くて色々なサイズに対応しているレンチを使っていましたが、そうはいっても結局使うのは14Gだけで、 持ち替える時に間違えやすい、DT/SAPIM等の微妙なサイズ違い

サイズ表記は、mm単位と#10~15のような表記があるので、相互関係が分かりにくかったりするので、くれぐれもサイズを間違えないように注意しましょう。

2ニップル回しのサイズを紹介します。蹄鉄型には、面幅3.2㎜のニップル用(DT、WheelSmithなど)、2面幅3.3㎜のニップル用(DT、WheelSmith以外のヨーロッパ製品)、2面幅3.4㎜のニップル用(JIS #14、15用)、2面幅3.9mmのニップル用 (#12用)、トルクスEタイプ(DT用)があります。

一本タイプは、口部サイズが 5.5 、 6.0㎜、丸型、三角型タイプには#10、12、13、14、15型があるのが一般的です。多機能な商品は携帯するのにもコンパクトでおすすめします。

おすすめのメーカーとブランド3つと代表製品

自転車は長い期間乗り続けていると、日に日にホイールが振れてきます。ホイールが振れるとなにが困るかというと、ブレーキの調整に影響がでてくることです。なので、自分で直すためにもおすすめのメーカーと代表製品を紹介します。

おすすめホーザン

ホーザン ニップル回し
ホーザン ニップル回し

¥ 1,620

口コミ

コンパクト、軽量、三種異サイズ対応、良いtoolだと思います。何よりもスポークナットを上手く掴んでくれ、ナメる不安を感じさせません。

代表的でおすすめなのはパークツールのSW-7.2スポークレンチです。外出時のメンテナンスに便利な3サイズ対応のスポークレンチとなっています。 全体的に丸みをおびた形状は指先に優しく、また従来と同じく携帯に適した仕様となっています。

見た目は、調整するほどの振れではないけど、そのまま放置して対応が後々になってしまうと、修正がとても大変です。ニップルにサイズがあるので、対応したサイズのニップル回しが必要です。

ニップル回しには、ニップルのサイズ別に複数の凹があるマルチタイプと、ひとつしか凹がないシングルタイプがあります。

どちらにもメリットはありますが、基本的にはシングルタイプの方がシンプルな分、扱いやすいのでおすすめです。

ドライバー型ニップル回し

ホーザン ドライバー型
ホーザン ドライバー型

ホーザンのSW-16、16.3、17、18、19のスポークレンチは軸長85㎜のドライバー型ニップル回しです。リムの外側からニップルを回すインターナルタイプのホイール用にとても機能的でおすすめです。サイズは、SW-16は四角で3.2㎜、SW-16.3は六角で3、16”(4.76㎜)、SW-17は六角で5.0㎜、SW-18は六角で5.5㎜、SW-19は六角で6.0㎜があります。

ホーザン ねじまき型
ホーザン ねじまき型

ホーザンのSW-20.2 / 22.2スポークレンチはクラシックな形状が好評のマスターメカニック用ニップル回しです。 精密鋳造による高精度、高強度の性能はそのままに、早急な作業を可能にする3面ホールドで確実な作業ができます。 クラシックだけど新感覚なニップル回しです。

サイズはSW-20.2は2面幅3.2㎜のニップル用(DT、Wheel Smithなど)、SW-22.2は2面幅3.4㎜のニップル用 (JIS #14/15用)とサイズも豊富でおすすめです。

おすすめCYCLE PRO

CYCLE PRO
CYCLE PRO
口コミ

1つあると便利です。自分の自転車に合う部分にポスターカラーを塗ってわかりやすくしました。

岩井商会のオリジナルブランドCYCLE PROはバーテープ、グリップ、サドル、スタンド、ポンプなど、いろいろな自転車用のパーツやメンテナンス用品を販売しています。

コストパフォーマンスに優れ、カラーバリエーションの豊富さも魅力です。クロモリ製のマルチサイズ対応のニップル回しは#10、11、12、13、14、15サイズで使用が可能です。重量は47gととても軽量です。

ペダルレンチ型

サイクルプロ ペダルレンチ型
サイクルプロ ペダルレンチ型

¥ 1,863

口コミ

最高!!とても良い感じです☆j☆最高!!とても良い感じです☆j☆

持ち運びに便利なCYCLE・PROのペダルレンチ型のニップル回しをおすすめします。別の機能は14と15BOXレンチ、タイヤレバー15㎜、ニップル回し(3.2・3.5㎜)です。重量は420gとポケットにスッポリ入るコンパクトでおすすめです

多機能型

サイプルプロ 13種類
サイプルプロ 13種類

¥ 1,512

口コミ

ツーリング時には持参したい一つです。これは全てに言えることですが、自分に合ったオールインワンはなかなかみつかりません。どこかで妥協するしかないのでしょう。

それから、CYCLE PRO ツール ハンディーツールの13種類もおすすめします。重量は84g、サイズは55×30×15㎜、13種類の機能が2、2.5、3、4、5、6、T25、+、-、ニップル回し(3.2、3.3、3.5㎜マビック)と高機能な点がおすすめです。

おすすめキタコ

キタコ ニップル回し
キタコ ニップル回し

¥ 756

口コミ

シャドウ400にスポーク調整に購入しました。簡単に作業できました。

キタコ(KITACO)スポークレンチのニップル回しをおすすめします。これ1本でほとんどの車種のスポークニップルの調節ができます。もちやすい一本型タイプなので使いやすいでしょう。携帯するよりも、工具箱に置くのにおすすめです。

4ミニパーツを中心に、いろいろな商品を発表しているブランドが「キタコ」です。ほとんどの車両に使用されているマフラーガスケットなど、必要不可欠な商品を多数販売されています。

ニップル回しの使い方・活用方法

ニップル回しには、いろいろなデザインがあります。代表的な物は、車輪のホイールを修理する時に便利なタイヤレバー3本とニップルまわせのセット型、小型の円形、三角タイプはリムの組み立て、振れ取り時にニップルを回すのみ型です。

それから、馬の蹄鉄の持ち手をしたものはニップルのサイズに合わせる型で固定しながら回して使います。Y字型はリムの外側からニップルを回し振れ取り調整を行うホイール用のスポークレンチ、一般的な手で握って回すニップル回しなどもおすすめします。

揺れとり

ホイールが回るたびに、シュッシュッと制輪子に擦ったりしていたら、振れ取りが必要です。そんな時必要なのがニップル回しと振れ取り台です。

まず、ハブ軸を振れ取り台に設置します。ホイールを回してみて、ゲージとリムの隙間が極端に空いている、逆に狭まって擦っている場合など丸型、三角型のニップルを回す事で振れが取れます。

スポークを張りたいときには、時計の反対回り、スポークを緩めたい時には、時計回りに回しましょう。ニップル回しを4分の1から、2分の1位ずつ、ゆっくりと回して行き振れが取れます。

ニップルを緩ませすぎるとニップルがスポークから外れてしまい、ホイールがゴムのようになります。反対にニップルを締めすぎるとニップルの角を滑てしまい、スポークやリムが破断したりします。そうならないためにも、調整をしっかりすることをおすすめします。

ニップル回しを携帯しよう

ニップル回しおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

自転車などを使用するうえで、いつどんな時に必要になるかわかりません。そこで、種類や使用方法を知っていれば、どんな時でも修理が可能です。携帯するとなるとやはりコンパクトで高機能な物がおすすめでしょう。種類が豊富なので、ベストなニップル回しを選びましょう。

自転車やバイクなどは楽しい乗り物です、その楽しいひと時を続けるおすすめは、しっかりとした整備が必要です。格安のホイールは調整する必要がないという考えもききますが、ニップルが緩んでしまうと事故の原因にもなります。安全に楽しみましょう。

Related