Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月31日

ホイールナットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

車にとって大事な足回りを支えるホイールナットは、奥が深くたくさんの種類があります。正しいサイズや形状のホイールナットをおすすめします。素材やメーカー、ファッション性のあるデザインなどおすすめのホイールナットを紹介します。

ホイールナットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

ホイールナットとは?

ホイールナットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

ホイールナットとは、車にホイールを固定するナットのことです。タイヤを固定するハブボルトにホイールを取り付けて、ホイールナットで固定します。車種によってハブボルトの数や規格があるので、詳しくわからない方は、自分の車に適したホイールナットを選ぶためにもディーラーや専門家に車の情報を確認しておいたほうが良いでしょう。

ホイールナットの種類と選び方

ホイールナットには形やサイズ、素材など色んな種類があり,車やホイールにあったホイールナットを選ぶ必要があります。間違ったホイールナットを選んでしまうと、破損やタイヤ、ホイールの脱落なども考えられ大きな事故にも繋がりとても危険です。そこで今回はホイールナットにはどんな種類があるのか、どの様なホイールナットを選べばいいのかを紹介します。

ホイールナットの種類

ホイールナットの種類には取り付け座面の形状によって違う、主に3種類のホイールナットがあります。

ホイールとナットが接地する部分が60°の傾斜がついた60°テーパー座ナット、国産車の純正ホイール(ホンダ、トヨタ以外)や社外ホイールに使われています。

ホイールとナットの接地面が丸くなっているR12球面座ナット、主にホンダの純正ホイールに使われています。ホイールとナットの接地面が平らになっている平面座ナット、主にトヨタの純正ホイールに使われています。

その他に貫通式ナットと袋式ナット、ワッシャー付きナットがあり、素材やカラー、長さの違うロング丈、ショート丈などもあります。サイズも車にあったホイールナットがそれぞれありますので後ほど紹介します。

ホイールナットの選び方

ホイール交換や夏、冬用タイヤの履き替え、ホイールナットの破損、ドレスアップなどさまざまな理由でホイールナットが必要になります。車種やホイールによって、ホイールナットの形状、サイズなどを確認して選びましょう。好みのタイプのカラーやデザイン、用途にあわせて素材や形状なども選択しましょう。

ホイールナットおすすめ人気ランキングTOP3

ホイールナットには色んな種類があり、車にあった物を選ぶ必要があります。ここでは一般的に人気のあるおすすめのホイールナットを口コミなどを参考にして、ランキング方式で紹介します。

3位 TIPTOP ホイールラグナット

ホイールラグナット N-13-16
ホイールラグナット N-13-16
口コミ

ショートタイプがなめてしまい使えなくなったので慌てて購入。 しっかりと締められるので安心してタイヤ交換が出来ました。 錆が出たら使い捨てられる値段設定も有り難いです。

TIPTOPホイールラグナットはクロームメッキ仕上げです。

おすすめはツバ付きなので、ソケットが奥まで入らず、傷がつきにくくなっています。60°テーパー座になりますので、トヨタの純正ホイールには使えません。全長31㎜だと普通自動車におすすめです。軽自動車におすすめの23.5㎜もあります。ホイールからはみ出さない長さのホイールナットを選べます。ピッチは1.5㎜で16個入りの4穴用になります。

一般的なスチーム製のホイールナットでサビやすいですが、比較的安価なものなので、買い替えにおすすめです。

2位 エスティーエスミチコ ホイールロックナット

 ホイールロックナット M12
 ホイールロックナット M12
口コミ

今回購入したのは、4穴用全てがロックナットタイプなので、取り付けた時の違和感無し。

ホイールナットをドレスアップするのに選べる7色(金、銀、虹、赤、青、黒、チタン)があります。取り付け座面はテーパー座です。ピッチはP1.5、P1.25の2タイプから選べます。おすすめは盗難防止になる7角形のロックナットです。普通自動車用で長さは32㎜です。同色のエアバルブも付いています。20個入りの5穴用になります。

ロックナットで七角形のデザインもファッション性があり、カラーも選べるのでコストパフォーマンスもよくおすすめです。

1位 KYO-EI Bull Lock

KYO-EI [協栄産業]Bull Lock 0653B-19
KYO-EI [協栄産業]Bull Lock 0653B-19
口コミ

ジュラルミン製やらアルミ製に浮気しましたが不安いっぱいなので結局は日本製の協永さんに戻りました。

全世界での販売実績のある高品質の国産ブランドKYO-EI のホイールナットです。素材には厳選されたものを使い、冷間鍛造による加工で強度や剛性、耐久性に優れています。メッキ処理の技術にも定評があり、サビの進行を遅らせる加工などで造られた高品質のホイールナットです。こちらはホイールナットが16個、4個がロックナットで5穴用になります。

日本製で造りもしっかりしていて、コストパフォーマンス面でもおすすめです。ロックナット用のトルクレンチも付いています。

サイズ別おすすめのホイールナット

ホイールナットにはサイズがあります。サイズが違うと取り付けることができないので、自分の車にあうサイズを確認して、正しいものを選びましょう。

ホイールナットのサイズの見方

ホイールナットのサイズは数字と記号で表しています。ネジの直径をM、ネジ山のピッチ(山と山の距離)をP、六角形の平行な部分の二面幅を数字で六角形の形をHEX(ヘキサゴン)で表しています。

例「M12×P1.5×19HEX」の場合、直径が12㎜でピッチが1.5㎜の19㎜六角形となります。

ネジ山のピッチメーカー
P1.25日産、スバル、スズキ
P1.5トヨタ、ホンダ、マツダ、いすず、三菱、ダイハツ

KYO-EI  ラグナット

 ラグナットスーパーコンパクト P103-19-16p
 ラグナットスーパーコンパクト P103-19-16p
口コミ

スズキ車はこのタイプが適合。 コンパクトタイプなので、ホイルから飛び出ることもなくツライチでジャストフィットしてくれています。

スバル、スズキの搭載レンチ19㎜用のホイールナットです。軽自動車やコンパクトカーにおすすめの全長22㎜でホイール面より突き出にくい長さです。16個入りで4穴用になります。一般的なシンプルなものが好きな方におすすめです。品質には信頼性もあり、安価で求めやすさがあります。サイズはM12×P1.25×22HEXです。

TIPTOP ホイールラグナット

ホイールラグナット N-1-20
ホイールラグナット N-1-20
口コミ

メッキの剥がれ、ムラ等無くキレイです。 標準的なナットといった印象です。

普通自動車に最適な全長31㎜になります。20個入りの5穴用で袋式ナットです。主なメーカーはトヨタ、ダイハツになります。トヨタの純正ホイールには使えませんので社外ホイールに付けるのにおすすめです。スチール製でサビやすい面もありますが、コストパフォーマンスはいいでしょう。サイズはM12×P1.5×21HEXです。

特徴・用途別おすすめのホイールナット

ホイールナットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

ホイールナットには長さの違うショート丈やロング丈、貫通式ナットや袋式ナットなどがあります。特徴や用途によっておすすめのホイールナットを紹介します。

ショート丈・ロング丈違いは?

ショート丈とロング丈は長さの違いになります。ハブボルトの長さやホイールの形状で選びましょう。ナットの取り付ける面が深いとショート丈だと底着きする場合があります。軽自動車やコンパクトカーにはショート丈がおすすめです。

ロング丈は交換がスムーズにできますが、車のボディーよりもホイールナットのほうが出てしまうと危険で車検にもとおりません。車とホイールにあった長さのホイールナットを選びましょう。

ショート丈おすすめ!

ノーブランド ショートナット
ノーブランド ショートナット
口コミ

軽自動車に使用しました、アルミホイールと相まってピタリでした。小さめな袋ナットが良かったです。

ノーブランドのホイールナットですがスチール製でメッキ処理されていて、品質にも問題なく、純正ホイールなどにも使いやすいシンプルなホイールナットです。コスト面から考えても求めやすい価格になっています。

軽自動車におすすめの21㎜のショート丈になりますので、ホイールからの突き出しにくいサイズです。ハブボルトの長さに注意して底着きしないように選びましょう。

ロング丈おすすめ!

Durax  軽量アルミホイールナット レーシングナット
Durax  軽量アルミホイールナット レーシングナット
口コミ

オフセットの関係で、なかなか50mmのなっナットがなくやっとホイールとつらいちになりました。オマケに軽量で完璧です! 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています

車のドレスアップにおすすめのロング丈のホイールナットです。カラーも同じシリーズで選べホイールや車にあわせて選択できます。。ロング丈なので、交換もスムーズにできます。全長が50㎜あり目立つので、ファッション性のあるスタイルができます。ハブボルトの深さを確認して、ホイール面からの突き出しに注意しましょう。

見た目のカッコよさからみると、妥当な価格になります。カスタムを楽しむ方にはおすすめです。

貫通式・袋式ホイールナットの違いは?

ホイールナットには貫通式と袋式があります。貫通式は先端から貫通しているもので、袋式は先端が覆いかぶさったものになります。ホイールにキャップが付いているものには、貫通式がおすすめです。袋式では閉まらない場合があります。ハブボルトの長いものにたいしては、奥まで締めやすいので貫通式がおすすめです。

袋式はキャップなどのないホイールにおすすめです。サビや汚れから守れるという利点があります。貫通式、袋式共にカラーやいろんな形状がありますので、ドレスアップなど用途にあわせて使い分けができます。

貫通式おすすめ!

メルテック ホイールナット
メルテック ホイールナット
口コミ

ノーマルに内、2個にネジ溝に不具合を生じた為、追加購入となりました。小分けがあって助かりました。

貫通式で全長が17㎜ショート丈ですので、ホイールカバーのあるタイプのものにおすすめです。交換や買い足しにも安価で4個入りなのでおすすめです。適合レンチは21㎜です。トルクレンチのサイズを確認して選びましょう。

袋式おすすめ!

Orion Motor Tech ホイールロックナット
Orion Motor Tech ホイールロックナット
口コミ

突然外れたら困るので精度を気にしていましたが、問題ありませんでした。実際に何度も取り付け取り外しをしましたが安心して使うことが出来ました。

ブラックメッキ処理で防錆性のある袋式ホイールロックナットです。冷間鍛造で造られた精度の高いものになります。レンチサイズが19㎜で、全長35.31㎜なので普通自動車におすすめです。純正ホイールのドレスアップにもあわせやすいブラックカラーです。60°テーパー座なので、トヨタの純正ホイールには使えません。リーズナブルで求めやすさもおすすめです。

素材別おすすめのホイールナット

ホイールナットには色んな種類の素材のものがあります。スチール(鉄)製、アルミ(ジュラルミン)製、チタン製、クロモリ製などがあります。耐久性、メンテナンス、価格やデザインなどで好みのホイールナットを選びましょう。

チタン製ホイールナット

チタン製のホイールナットは、スチール製よりも強度が高く、軽量でサビにも強いです。アルミ製よりも耐食性、耐熱性があり、熱によるナットの緩みも少なくなります。

チタン合金は、海水にでも耐えられるので潜水艦などにも使われ、低温にも強く航空機などにも使われています。過酷な環境でもメンテナンスがしやすく、現時点でチタン製のものが品質面で最上です。デメリットは金属チタンは加工が難しく、非常に高価なものになります。品質や精度を気にする方には最もおすすめです。

チタン製おすすめ!

KYO-EI  ELEMENTEK チタン合金ナット
KYO-EI  ELEMENTEK チタン合金ナット

強度、耐熱性優れています。軽量なのでレーシングナットとして非常に向いています。レースやスポーツ走行にはおすすめのホイールナットです。非常に高価なものですが、品質もよく、安全性もあります。サイズやカラーも同じシリーズで選べますので好みのものを選択できます。

クロモリ製ホイールナット

クロモリブリデン鋼は鉄にクロム、モリブデンを添加したもので、通称クロモリと呼ばれています。クロモリ鋼は自転車のフレームやエンジンの部品などによく使われています。強度が高く、耐熱性に優れていて、熱による膨張も少ないので、ナットの緩みも少なくなります。

スチールに比べ軽量でレースやスポーツ走行に向いています。あまり市場に出回っていない事から、スチール製やアルミ製に比べ高価なものになります。

クロモリ製おすすめ!

NISMO ホイールナット
NISMO ホイールナット

こちらは日産のパフォーマンスブランドのホイールナットになります。スポーツ走行に適した耐熱性があり、緩みにくい材質で造られています。

軽量化のため小径タイプで、ナット穴の小さいタイプのアルミホイール用です。袋式タイプで、ロゴ入りデザインがよりスポーティーに見せます。全長が50㎜ありますので、ホイールからの突き出しに注意が必要です。スタンダードタイプの全長34㎜もあります。

スチール製ホイールナット

スチール製のホイールナットが一般的に多く使われています。強度もあり、価格も安価で高精度の品質のものが造りやすので、純正ホイールなどにも使われています。重量は重めで、サビやすいのが難点です。シンプルである程度の精度があればいいという方におすすめです。

スチール製おすすめ!

貫通 スチール ホイールナット
貫通 スチール ホイールナット
口コミ

物自体はとてもカッコよくて気に入りました(°∀° )

原材料の鋼から造られたスチール製のホイールナットで、比較的強度のあるものになります。60°テーパー座で社外ホイール、純正ホイールのドレスアップにもおすすめのデザインです。貫通式で放熱性があります。全長が48㎜ありますので、ホイールからの突き出しに注意が必要です。コストパフォーマンスも良くおすすめです。

アルミ製ホイールナット

アルミ製のホイールナットは軽量でデザインやカラーも豊富でファッション性があり、ドレスアップするのにおすすめのホイールナットです。

レーシングナットと呼ばれるアルミ製のホイールナットで足回りの軽量化のため、アルミ製のホイールによく使われています。強度はスチール製と比べると劣りますので、スポーツ走行に向いていません。定期的なメンテナンスが必要です。実際のレースカーにはアルミ製は使われていません。

頻繫に脱着を繰り返すと削れやすいので注意が必要です。潰れや固定力もなくなり、走行中にホイールが落ちる可能性があります。

アルミ製おすすめ!

アルミホイールナット レーシングナット
アルミホイールナット レーシングナット
口コミ

ホイールを新しく変えたので盗難防止用に購入。 物は軽くて見た目もカッコ良い。

アルミの中では強度ある超々ジュラルミンを使用しています。軽量でデザインやカラーもドレスアップにおすすめのホイールナットです。全長が34㎜で普通自動車に最適な長さになります。スチールほどの強度はありませんが比較的安価で頻繫にカスタムやメンテナンスする方におすすめです。

色別おすすめのホイールナット

車のボディーカラーやホイールカラーにあわせて、ホイールナットでカスタムを楽しめます。アクセントやワンポイントとしてもおすすめです。

赤い花びらのホイールナット

ホイールロックナット 花びら
ホイールロックナット 花びら

赤い花びらが目を引くロックナットです。デザインにこだわりたい方におすすめです。盗難防止にもなります。全長25㎜で軽自動車向きでカラーは青、黒からも選べます。見た目の可愛さから、女性向きのデザインでロックナットという面からみても、妥当な価格です。

ブラックでクールに!

Durax  アルミホイールナット
Durax  アルミホイールナット
口コミ

コストパフォーマンスで選びました、アルマイトの持ち次第ですが、この値段なら色落ちごとに買い換えても問題ないと思います。

見た目のカッコよさを求めるなら、ブラックカラーがおすすめです。カラーを替えるだけで、ガラッと印象が変わってきます。アルミ製のリーズナブルなものなので、カラーチェンジもしやすくなります。

おすすめメーカー・ブランドと代表製品

ホイールナットには、素材によって特化した製品を製造するメーカーや安価な中国製メーカーなどがあります。ここでは、代表的なメーカーのブランドを紹介します。

KYO-EI [協栄産業]

国内メーカーの協栄産業は鍛造加工に特化し、メッキ処理技術の面でも定評があります。比較的お求めやすい価格の製品が多くあり、広く市場に出回っています。BullLock、Kicsといったオリジナルブランドも展開しています。

KYO-EI Kics レーシングナット

KYO-EI Kics レーシングナット
KYO-EI Kics レーシングナット
口コミ

日本製だし精度も良い! 塗装はそりゃいつかは剥げるもんさ ゆっくりとトルクをかけるんごwwww

Kicsの超ジュラルミンのホイールナットです。アルミの中では強度の高いものになります。見た目の美しさと精度の高さで人気のあるホイールナットです。カスタマイズにもポイントになります。

RAYS[レイズ]

鍛造ホイールで有名なブランド、ボルクレーシングでは人気の高い製品もあり、コピー商品も出回っています。ホイールナットではデザイン性のあるジュラルミン製のものも人気があります。レースやスポーツ走行向きのクロモリ製のホイールナットには定評があります。国内メーカーで精度もよく非常に人気の高いメーカーメーカーです。

RAYS ロックナットセット

RAYS ロックナットセット
RAYS ロックナットセット
口コミ

普通に良い。悪い所が見つからない。これ以上書くことが無いです。

スチール製のロックナットセットで盗難防止にもおすすめです。ブラックにRAYSのさり気ないロゴはどんなホイールにも馴染みます。信頼あるメーカーの精度のいいです。

ホイールナットの使い方

ホイールナットには車体側のボルトとホイールを固定するために、大事な役割があります。適切な手順で正しく締めることで、破損や事故から守りましょう。ホイールナットを装着するには、穴の数で手順も変わってきます。4穴用では十字に5穴用では星型を描くように締めていきます。一度に一箇所を締め付けずに5,6回に分けて締めていきましょう。

ホイールナットの締めすぎでハブボルトを破損したり、緩すぎて脱落することもありますので、正しいものをトルクで必ずトルクレンチを使って、締めるようにしましょう。

正しく使って楽しいカーライフを!

ホイールナットおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・選び方

ホイールナットには、小さいけれど大きな役割があります。正しく使って、好きなカスタマイズが楽しめる大切なものです。安全で楽しいカーライフのために今回紹介しましたことを参考に選んでください。

Related