Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月07日

vブレーキシューおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

vブレーキシューの種類と選び方を紹介しています。多くのクロスバイクがvブレーキを採用し、子供用自転車にも使われています。おすすめは、高い制動力と、軽量、低コスト、メンテナンスもしやすいという多くの特長を持っていることです。

vブレーキシューおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

vブレーキシューの種類と選び方!

クロスバイクやマウンテンバイクに多く使われているおすすめのvブレーキの種類と選び方を紹介します。快適に乗り続けるためにはメンテナンスが必要です。パーツの交換などがその例です。ブレーキシューは長く使用していると摩耗が起こります。比較的短いサイクルでの交換にvブレーキシューがあります。

前後のブレーキによって役割があります。前ブレーキが自転車を止める役割、後ろブレーキがスピード調整です。おすすめは、クロスバイクは前後のブレーキを使い分けて走ります。制動力は前輪にブレーキをかけたほうが大きいです。使い方は自転車を止めるのは前ブレーキがメイン、後ろブレーキがサブとなります。

ブレーキをかける場合は片側ではなく、必ず両方のブレーキをかけるように考慮しましょう。おすすめはvブレーキの効きが悪くなってしまわないうちに、製品に合ったvブレーキシューを購入しましょう。

おすすめvブレーキの種類は?

クロスバイクのブレーキには、大きく4つ種類があります。カンティレバーブレーキ、vブレーキ、ディスクブレーキ、キャリパーブレーキです。また、自転車用のブレーキにもいくつかの種類があります。シクロクロスで多いディスクブレーキもあります。今回は、おすすめのvブレーキを紹介します。

おすすめvブレーキの選び方は?

カートリッジタイプの交換用vブレーキシューは、固定用の金具の台座とvブレーキシューがセットになっています。おすすめは台座がある場合、カートリッジタイプのブレーキシューを購入して、ブレーキシュー部分だけを交換することができます。そのため価格を安く済ませることができます。

一般的なタイプのロードバイクやクロスバイクは、ほぼvブレーキシューを使用しています。おすすめは一体型タイプに比べて価格は高いですが、vブレーキシューは部分交換ができます。ランニングコストで考えれば安くなります。

注意点としてvブレーキシュー購入は各メーカーのホームページで検索して使用できるvブレーキ品番を調べ、vブレーキシューの情報確認してから購入しましょう。

おすすめvブレーキシューの交換時期の目安は、ブレーキ設置面の溝をみてチェックします。溝が無くなってしまわないように気をつけましょう。

vブレーキシューおすすめ人気ランキングTOP3!

ブレーキシューおすすめ人気ランキングTOP3を紹介します。タイプは、カートリッジ、ドライ、ウェットの両コンデションタイプなど、制動力を重視している製品もあります。それぞれ前後のブレーキが2セットの販売製品です。

おすすめは、購入前に交換製品との相互性を確認しましょう。ブレーキシューを固定するための金具の台座が有無を確認して、購入しましょう。

ランキング3位「bbb」

BBB 自転車 ブレーキシューセット Vブレーキ用 カートリッジ式 トライストップ ハイパフォーマンス 4個入り BBS
BBB 自転車 ブレーキシューセット Vブレーキ用 カートリッジ式 トライストップ ハイパフォーマンス 4個入り BBS

¥ 1,728

口コミ

通勤用 クロスバイクで使用しております 前輪 rs21 シマノデオーレXT 後輪 r500 シマノデオーレ です シマノ台座で 問題なく装着できます

商品重量59g、梱包サイズ16x11.8x1.4cm、カラーは、ブルーです。この商品は従来品と比べてウェットとドライの制動力が30%アップして、高性能ブレーキパッドであるという点です。ブレーキ接触面はトリプルコンツアーデザインをほどこしています。

注目点は砂や泥のかみ込み防止を施している、雨天時の排水性向上により空気との接触面積を増やしてオーバーヒートを軽減しています。また、音鳴りの軽減や制動力向上しています。シマノなど各ブランドのvブレーキパッドに対応しています。カートリッジタイプで、前後ブレーキがセットになった2ペアセット販売です。

ランキング2位「テクトロ」

TEKTRO(テクトロ) 720.12 BR-TK-155
TEKTRO(テクトロ) 720.12 BR-TK-155

¥ 1,620

口コミ

Vブレーキにロードのゴムを着けるものとしては「カプレオの舟」が有名ですが、これも同じことができます。

商品重量40.8g、梱包サイズ16x10x1.9cmです。おすすめはカンチブレーキ(992AG、CR720)用のブレーキパッドです。カートリッジ式でシマノのR55C3やR55C4の替えゴムとの互換性があるので交換に便利です。普段使い用の取り付けで使われています。ブレーキ鳴きなどはありません。

ランキング1位「シマノ」

シマノ MT70T3ブレーキシューセット BR-M530他適応 Y8BM9810A
シマノ MT70T3ブレーキシューセット BR-M530他適応 Y8BM9810A

¥ 941

口コミ

通勤チャリダーは、ブレーキシューの交換頻度が高いです。 ロングライドを週末にする人よりずっと減りが早いです。

ランキング1位は普段使いに最適なvブレーキ補修用ブレーキシューです。ブレーキシュー1ペアでドライ、ウェットの両コンディションに対応できます。商品重量81.6g、梱包サイズは12.6x9.4x1.6cmです。大体のvブレーキ車に対応できます。普通のママチャリや、ロードバイクには対応してません。

シリーズは、LX/Deoreです。適応モデルBR-M760、BR-M750、BR-M739、BR-M737、BR-M600、BR-M580、BR-M570、BR-M530、BR-M510、BR-M432、BR-M431、BR-M430、BR-M422、BR-M421、BR-M420、BR-M330、BR-T660、BR-T300、BR-MX70、BR-MC18です。販売は1ペア単位です。前後の交換は2ペアでお買い求めすることをおすすめします。

特徴・用途別おすすめのvブレーキシュー!

特徴・用途別おすすめのvブレーキシューを紹介します。vブレーキシューのカートリッジシューには、用途や対応リムに合わせて雨天用、短い、クロスバイク、ママチャリなどがあります。基本的には大きさが異なるため、ロード用のカートリッジパッドは使用できません。

おすすめフレームは、vブレーキ用のスタッドが付いている「v/カンチブレーキ対応」のフレームです。

雨用

ENGGVタイプブレーキシュー 自転車 マウンテンバイク用 消音 超耐久 雨でも大丈夫
ENGGVタイプブレーキシュー 自転車 マウンテンバイク用 消音 超耐久 雨でも大丈夫

¥ 1,599

口コミ

取替え後の、ブレーキの効き具合は申し分ないです。

商品重量159g、梱包サイズ16.4x6.7x3.6cmです。自転車は雨の日にも使います。注目点はブレーキ効果です。天候に関わらず安全に走行できます。高品質の天然ゴム使用は台湾の技術により製造されています。全天候型のオールマイティなvブレーキキシューです。磨耗も、ホイールへの攻撃性も少ないvブレーキシューです。

リムにブレーキ鳴き防止加工に使用すると、かなりの制動力を得ることができます。音なりもしづらく、ストレスなく高い制動力が得られます。おすすめのvブレーキシューです。多機種の自転車に対応しています。ご安心してお買い求めください。

ご注文の際は数が多いほど1つあたりのお値段は安くなりますので、ペアでの注文をしましょう。摩擦・高温に強く、消音・除染の効果ありで、車輪を傷つけない仕様です。

短い

アサヒサイクル avantrigger ブレーキシュー(vブレーキ用) レッド 06513
アサヒサイクル avantrigger ブレーキシュー(vブレーキ用) レッド 06513
口コミ

アサヒサイクルさん、便利なものをありがとう!!

商品重量109g、梱包サイズ13.3x9.6x1.8cmです。カラーレッドのvブレーキシューです。

クロスバイク

SEFAS(サーファス) 自転車 ブレーキシューセット ロードバイク キャリパーブレーキ用 2個入り BP-10 205203
SEFAS(サーファス) 自転車 ブレーキシューセット ロードバイク キャリパーブレーキ用 2個入り BP-10 205203

¥ 540

口コミ

ブレーキの掛け始め、多少スキークが気になりますが、問題なく効きます

一般リム用コンパウンドです。商品重量54.4g、梱包サイズ5.1x0.6x0.6cmの2個1組です。操作時にはしっかりと手ごたえがあり、スリップリスクが軽減されます。おすすめは、ブレーキ時の細かな調節ができるところです。新しい技術とアイデアで、快適なライディングを実現するライフスタイルパーツブランドです。

スポーツバイクの最先端を行く、アメリカカリフォルニアから続々と生まれる、高品質なパーツコレクションを提案し続けています。

ママチャリなど

シマノ ブレーキシューセット M50T BR-1055他適応 Y8BC98070
シマノ ブレーキシューセット M50T BR-1055他適応 Y8BC98070
口コミ

BAAのシューが400円くらいするので、それならもう少しだしてシマノにしようとこれを購入。

商品重量141g、梱包サイズ17x17x10.8cm、シマノ 製品のリペアパーツ商品です。仕様は取扱説明書と部品展開図などシマノディーラーマニュアルをご覧ください。おすすめ点は、普段使いに最適なvブレーキ補修用ブレーキシューです。取り付けはキャップボルトなので5mmの六角棒レンチが必要です。交換も簡単で、ブレーキの利きが良くなり安心です。

ドライ、ウェットの両コンディションに対応します。商品の適合性を確認してから、購入しましょう。

おすすめのメーカー・ブランド3つと代表製品!

おすすめのvブレーキシューのメーカー・ブランド3つと代表製品を紹介します。全天候型でオールマイティなvブレーキシュー、部品にナット付、ママチャリ一般用まで紹介しています。取り付けは簡単ですが工具が必要です。同じ自転車用のvブレーキでもメーカーが違うと互換性が無い場合もあります。ブレーキとvブレーキシューのメーカーを統一すると便利です。

シマノ

シマノ ブレーキシューセット M70T4 BR-M530他適応 Y8BM9803A
シマノ ブレーキシューセット M70T4 BR-M530他適応 Y8BM9803A

¥ 941

口コミ

倍の値段がする「シマノ S70C」は効きが良いのですが、ウェットで溶け出して詰まります。

こちらは普段使いに最適なvブレーキ、補修用vブレーキシューです。ドライ、ウェットの両方のコンディションに対応できます。全天候型でオールマイティなvブレーキシューです。全天候型で、磨耗も少ないのでホイールへの攻撃性も少ないです。

サイドウォールマシンドリム(リムにブレーキ鳴き防止加工を施す)に使うと、ウェット時でもDIN規格(ドイツ工業規格)を満たす制動力を得ることができます。音なりもしづらく、ストレスなく高い制動力が得られます。おすすめな、vブレーキシューです。

ALLIGATOR(アリゲーター)

ALLIGATOR(アリゲーター) Vブレーキ用ブレーキシュー ブラック
ALLIGATOR(アリゲーター) Vブレーキ用ブレーキシュー ブラック

¥ 810

口コミ

交換してみてブレーキの効きが良くなった。

商品重量81.6g、梱包サイズ13.4x9.5x1.6cm、サイズ(約)70mm、台湾製です。ナット付きのvブレーキ用です。vブレーキシューのゴムは純正より柔らかいので優しい素材です。おすすめ取り付けは説明書に図が載っています。自転車の進行方向に対してシューはハの字の向きになっています。ブレーキ機能も良くなり、2個1セットでよく選ばれています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル 軽快車用ブレーキシュー 一般用 Y-2431
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル 軽快車用ブレーキシュー 一般用 Y-2431

¥ 324

口コミ

取り付けにはモンキースパナとか10ミリレンチとかの工具が必要です。 私のチャリはネジがめっちゃ硬くて苦労しました。

商品重量59g、梱包サイズ16x5x1cm、製品サイズ(約)全長42mmです。材質は合成ゴム、鉄(亜鉛めっき)です。vブレーキシュー一般車用です。おすすめ取り付けは、10ミリレンチの工具が必要です。ゴムとリムが当たる所が台形になっています。取り付けの向きがありますので、取り付ける際は確認しましょう。

vブレーキシュー使い方・交換時期・掃除方法!

vブレーキシューの基本的な交換作業の流れを頭に入れておきましょう。おすすめ順番はホイールを外す、パッドピンを抜く、ブレーキパッドを抜く(2枚)、ピストン周辺を掃除する、ピストンを押し戻す、新しいvブレーキパッドを入れる、パッドピンを通すです。慣れると前後の交換に20分あればできるようになります。

おすすめvブレーキキシューの交換時期は、ブレーキあたり面の凸凹がなくなってしまった時です。まだゴムが残っているように見えてもゴムを支えているフレーム部をよく確認しましょう。制動力や、ホイールリム面のブレーキシューが当たるところが、削っていないかを確認しましょう。

Vブレーキ小物パーツセット

vブレーキ小物パーツを紹介します。付属内容は、ゴムチューブ2、前輪側用インナーリード(135°)1、後輪側用インナーリード(90°)1です。素材はスチール、価格は300円ほどで、全てのvブレーキに対応するわけではありませんが、便利なvブレーキパーツです。

おすすめvブレーキシューの交換後の確認は?

vブレーキーキシューの交換には、ナット・ワッシャーの数が多くて戸惑う方もいらっしゃいます。また、パーツそれぞれに意味と役割があります。おすすめは、取り付けには正しくvブレーキを交換しましょう。梱包されているvブレーキシューは、正しい順番でワッシャーたちが並んでいます。vブレーキシューの交換は、順番を確認してから実施すれば大丈夫です。

スポーツ自転車に慣れていない方がvブレーキ操作の作業をすると、前ブレーキが効きすぎたりします。そのままのじょうたいで乗ってしまうと前方に投げ出されてしまう事もあります。おすすめは、慣れるまでvブレーキ感触を確認しながら、安全な場所でvブレーキングの走行練習をしましょう。それから公道に出ましょう。

おすすめブレーキ時のコツは、走行中、少しだけ前ブレーキを強めに握るようにします。そうすれば、両輪にロックされることなく安全に徐々に減速して止まれます。

vブレーキシュー逆さま向きでのお掃除は?

メンテナンススタンドが無い場合は、自転車を逆さまにしてお掃除します。おすすめのvブレーキパッドの取り外し用工具は、3mアーレンキー(六角レンチ)、ラジオペンチ、適当なドライバーこれだけです。おすすめは、まずホイールを外します。できればフレームをメンテナンス用スタンドなど利用したいです。

キャリパーの内側や外側はブレーキダストで汚れています。おすすめは、パーツクリーナーやブラシなどを使い、きれいにお掃除をしましょう。ピストンの側面掃除の自転車の場合は隙間が狭いので、歯ブラシは使えません。おすすめは、小さなブラシを使って掃除しましょう。

vブレーキシューの重要性について

おすすめのvブレーキシューメンテナンスは、安全走行に最も重要なパーツの一つです。走行前点検でvブレーキの効き方は必ず確認しておきましょう。また、少しでもvブレーキシューのようすがおかしい、または、異音がするなどが生じた場合は、すぐに確認するべき部分です。

そういった時に自分自身で調整できると、万が一の時にも慌てずに済みます。交換も、すり減り方によっては頻繁に行なうメンテナンスです。おすすめは、サイクルショプに依頼するとメンテナンス費がかかりますので、vブレーキシューの調整メンテナンスくらいは自身で調節しましょう。

また、別売りの自転車工具セットを備えておくと便利です。メンテナンス専用収納ケースは、自転車にマジックテープ取付け簡単です。おすすめは、自転車に付属してサイクリングを楽しめる便利携帯ツールセットです。道具が入るサドルバッグは、サドルの下に収まり持ち運びに、おすすめグッズです。

vブレーキシューを購入してみましょう!

安全のためにも、ブレーキシューの定期的な交換・購入をおすすめします。ブレーキシューには、いろいろな種類があります。カートリッジタイプのブレーキシューは、ブレーキシュー固定用金具の台座とブレーキシューがセットになっています。ブレーキシュー部分のみを交換でき、便利なアイテムです。

快適に乗り続けるために、メンテナンスを行いましょう。使用していて、摩耗がおこればパーツ交換も必要です。そんなとき、比較的短いサイクルで交換されるのが、ブレーキ部分のブレーキシューです。vブレーキシューをお買い求めになる際は、メーカーのサイトでブレーキの品番を調べて、用途に合ったvブレーキシューを確認しましょう。

vブレーキシューを交換していなかったのでは、ブレーキの効きが甘いなぁと、感じることもあるそうです。この記事を参考にして、vブレーキシューの購入してみましょう。

Related