Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月02日

オリーブオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

オリーブオイルにどんな種類があるかご存知ですか。オリーブオイルには高い基準を通過してエクストラバージンオイルとよばれるものとピュアオイルと呼ばれるものがあります。ここでは、その使い分け方法や、活用を方法を紹介してきます。

オリーブオイルのおすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

おすすめのオリーブオイルの種類と選び方

オリーブオイルにどんな種類があるかご存知ですか。オリーブオイルはモデルや女性の間を中心に、美容にいい食べる・塗るオイルとして知られています。イタリア料理をはじめ、風味が高いオイルで洋食には欠かせません。

そんなおすすめのオリーブオイルを目的別、種類別に紹介していきます。

オリーブオイルの種類

オリーブオイルには、いくつもの種類があります。そのなかでも大きく分けると、バージンオリーブオイル、精製オリーブオイル、オリーブオイルとに分かれます。

バージンオイルは、エクストラバージンオイルで知られている種類で、酸度は0.8以下で、オリーブオイルの中でも最も上質なオイルと言われています。オリーブの風味がしっかりと味わえるフリーティーな味が特です。食用としては、1番おすすめできるオリーブオイルです。エクストラバージンオイルは、化学的な処理を一切行わないので、天然のオリーブオイルともいわれています。

その他のオリーブオイル

精製オリーブオイルとは、基本的には料理や食品にはつかえないオイルで、科学的に還元したオリーブオイルのことです。精製することで初めて、調理などに使えるようになります。

またオリーブオイルと表記されているものは、精製されたオリーブオイルとバージンオイルを混ぜ合わせたオリーブオイルのことになります。一般的に売られているものはこのオリーブオイルがメインです。オリーブオイルとしか表記のないものが、ピュアオリーブオイルといわれるもので食用に使うのが一般的です。

オリーブオイルの選び方

オリーブオイルにはたくさん種類がありますので、用途によって選び方もさまざまです。料理に使うオリーブオイルと、調理に使うオリーブオイルでも選び方が異なります。

ここでは、おすすめのオリーブオイルの使い方を見ていきましょう。

料理に使うオリーブオイルの種類

一般的にスープやサラダや生ものに直接かけるオリーブオイルの用途としては、バージンオリーブオイルを使うことをおすすめします。エクストラバージンオリーブオイルは調理に使うオリーブオイルの中でも最高品質ですから、風味を楽しむこともでき、どんな料理にもオリーブオイルのうまみを最大限に引き出すことができます。

調理に使うオリーブオイルの種類

オイルごとフライパンや鍋で煮たりする場合には、ピュアオリーブオイルをおすすめします。実は、バージンオイルは熱に弱いです。調理の際は、200℃くらいまで耐えられるオリーブオイルを選ぶ必要があります。ピュアオリーブオイルですと問題なく使用できますのでおすすめです。

日本の基準

日本では、輸入が多いオリーブオイルですが、どんな審査を通過してオリーブオイルが世に販売されているのでしょうか。実は、日本のオリーブオイルの品質評価は、日本農林規格(JAS)という機関によってきめられています。

そこで、「エクストラバージンオリーブオイル」か「ピュアオイル」か2種類のみに分類されています。海外と違う基準で、日本では、酸度2%以下であればエクストラバージンオリーブオイルと認められてしまいます。

それ以外は全てピュアオイルと判定されることになり、その結果「日本市場にはニセモノが多い」と言われています。

酸化を防ぎましょう

オリーブオイルを長く持たすためには何をしたらいいのでしょうか。その対策の1つとして、きちんと保存することが大事になってきます。

エクストラバージンオリーブオイルは、他直射日光だけではなく、蛍光灯の光でも酸化が進んでしまいます。また、空気に触れるのも嫌うため、プラスチック容器に入れたままにしてしまうとよくありません。そのため市販のケースの中にはペットボトルにものもありますが入れ替えることが無難でしょう。

おすすめな入れ替えボトルは、光を通しにくい濃い色のボトル、酸素を通さないガラス瓶が最適です。コスパの関係で大容量のものを購入することもあるでしょうが、保存環境を考える使いきれる小さいサイズを使うときに開封するのが好ましいでしょう。

バージンオイルを使用するときには特に保存方法に気を付けて、使い切るまでおいしく食べきれるようにしましょう。

オリーブオイルが健康におすすめな理由

血液をサラサラにしてくれる?!

オリーブオイルのうれしい効果に、血液をさらさらにしてくれる効果があります。理由は、「オレイン酸」がオリーブオイルに豊富に含まれているためです。血液をさらさらにしてくれる成分として、一気にその名が知られたオレイン酸は、エクストラバージン・オリーブオイルを料理に使用することによって体にいい成分を摂取できます。

オレイン酸は、血液をサラサラにするだけではなく、血中の善玉コレステロールはそのまま残し、悪玉コレステロールだけを減少させる働きもあります。血中の脂質バランスをよくする働きがあると考えられているので、生活習慣病予防にもなるでしょう。

便秘解消

血液をサラサラにする効果のほかにもオリーブオイルには女性にうれしいダイエット効果があります。なぜなら、便秘解消にもオリーブ織には効く効果があります。

オレイン酸は、そのまま省庁で消化されずに大腸まで届きます。そうして、腸内を刺激しながら便通を促すので、便秘の解消に効果的です。

また、オリーブオイル自体が便に含まれることで便が柔らかくなる効果もあります。円滑油となって、弁を排出するのを助けてくれます。なかでも、効果的な摂取方法は、1日大さじ1~2杯の量を食事の中で摂るようにしすると便秘解消にいいです。また、腸のぜん動運動が活発なる、朝の時間帯に摂るのがおすすめです。

オリーブオイルおすすめ人気ランキングTOP3

ここでは人気のおすすめのオリーブオイルをランキング順で紹介していきます。気になるものがあればぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ランキング3位:「ヴィラブランカ「オーガニックエクストラバージンオリーブオイル」」

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル
ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル

¥ 1,188

口コミ

オリーブオイルの味は少しずつ違いますが この商品の味は良くて使いやすいです。

おすすめのオリーブオイル第三位は、ヴィラブランカの「オーガニックエクストラバージンオイル」となります。

こちらのオイルの特徴は、有機JAS認定でオーガニックなのに、安くて質が良いということです。オリーブオイルの有数の原産国であるスペイン産というところも人気の秘訣です。オリーブオイル好きの中でも値段が安い、味・香りが良い、オーガニックで高品質という声が上がっています。市販でも購入できますが、アマゾンや楽天での購入が簡単確実でしょう。

ランキング2位:「ボスコ「エキストラバージンオリーブオイル」」

ボスコ エキストラバージン オリーブオイル イタリア産
ボスコ エキストラバージン オリーブオイル イタリア産

¥ 1,879

口コミ

オリーブオイルの香りが加熱してもちゃんとするのでパスタや炒め物にもサラダにも使っています。 クセがなく、強すぎず弱すぎず丁度いい香りでお気に入りです。

おすすめのオリーブオイルは、第二位はボスコ(BOSCO)の「エクストラバージンオリーブオイル」です。

こちらも、有機JAS認定でオーガニックなのに安くて質が良いと人気が高く一般的なスーパーでも購入できる商品です。販売もとは、日本メーカーの日清オイリオですので、日本辞任にもなじみがあるので安心でしょう。オリーブ折るが欠かせないイタリア料理に使われている、簡単に買えるイタリア産オリーブオイルとしては自信をもっておすすめできる商品になります。

ランキング1位:「味の素「オリーブオイルエクストラバージン」」

味の素 オリーブオイルエクストラバージン 600g
味の素 オリーブオイルエクストラバージン 600g

¥ 885

口コミ

美味しいです。パスタ用に購入したのですが、これを加えるだけで店の味にかなり近づけました。良い商品だと思います。

おすすめのオリーブオイル第一位は、味の素(AJINOMOTO)の「オリーブオイルエクストラバージン」です。日本のメーカーということもありとても安心感もあり、人気があります。

どんな家庭のサイズにも合わすことができるように、オリーブオイルエクストラバージンは、容量が選べます。サイズ展開は、70g、200g、400g、600gと、4サイズです。こちらは、100%スペイン産のオリーブでてきていますので、厳しい品質管理をしているから安全、使いやすいのが魅力です。

特徴・用途別おすすめのオリーブオイル

ここでは、特徴別、用途別におすすめのオリーブオイルを紹介しています。

市販

イタリア産のオリーブオイル
イタリア産のオリーブオイル

¥ 2,441

口コミ

フルッタートは、青いオリーブのピリッとした刺激とオリーブの香り、コクがあり、濃厚な風味です。わたしは主に、パンにつけて食べるのに使っています。 ドルチェのほうは、香りも味もまろやかなので、サラダや料理に使うのに使っています。 サラッとクセがないのが好きな方はドルチェの方がいいと思います。

市販でおすすめのオリーブオイルは、イタリアNo.1のオーガニックブランドとして有名な「アルチェネロはのエキストラバージンオイルです。

もとは、パスタを中心に製造しているメーカーですので、調理に合うオリーブオイルの風味を知っているためなんでもあいやすい万能なオイルになっています。

こちらのエクストラバージン・オリーブオイルの特徴は、体に安全なオーガニック商品であることです。なかなか日本では本当のオリーブオイルに出会えないと思っていませんか。癖がないオリーブオイルなので1本持っているだけでどんな料理にも使えるのでおすすめです。エキストラバージンのオリーブオイルなので、そのまま直接味わうのも良いでしょう。

エキストラバージン

オーガニックでこの価格は◎
オーガニックでこの価格は◎

¥ 674

口コミ

サラサラしたオイルで今まで買っていたものとは違いました。味も癖がなくて、フルーティ。レビューを見てフランスパンに付けて食べたら美味しかったです。

フルタ・デ・ラ・ヴィーダ 有機エキストラヴァージンオリーブオイルは、深いコクが特徴のスペインのアンダルシア地方2種の地元産オリーブオイルをブレンドして作られたオイルとなります。甘みだけでなく、辛さも苦味もほどよく感じられる、さっぱりした後味が特徴です。

エキストラバージンならではの直接オイルを楽しむ食べ方がおすすめで、奥深いコクがあり、サラダやパンとの相性がいいのでおすすめです。コストパフォーマンスがよいので、なんどもリピートする方も多く、初めてオリーブオイルを使う方にもおすすめできます。

スーパーで買える

(株) アグリオリーブ小豆島 小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル
(株) アグリオリーブ小豆島 小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル
口コミ

このオリーブ油でペペロンチーノ! ほかのオリーブ油は味気なく感じる! 価額を考えると当たり前かな!

おすすめしたいのが、アグリオリーブ小豆島のエクストラバージンオイルです。

こちらはもちろん国産で、香川県小豆島産のオリーブのみを使用しています。国際コンクールで金賞とるなど世界的に認められた品質が魅力です。

安い

ディ・チェコ エクストラ ヴァージン オリーブオイル クラシコ 250ml
ディ・チェコ エクストラ ヴァージン オリーブオイル クラシコ 250ml

¥ 518

口コミ

何種類か試した中で一番香りがやさしい、熱を加えても香りが強くないので気に入ってます。小さい容量なのでフレッシュうちに使い切れます。

お手頃の値段でおすすめのオリーブオイルは、パスタでお馴染みのディ・チェコから出している高品質なオリーブオイルのディ・チェコ エクストラ ヴァージン オリーブオイル クラシコ 250mlです。

一番搾りのオリーブオイルを瓶詰めにした商品で、オリーブ本来の味わいと風味を楽しめます。厳選したイタリア産・スペイン産・ギリシャ産のオリーブを合わせて使用しています。心地よいほろ苦さとピリっとした刺激があり、甘味と苦みのバランスが良い味が特徴です。

化粧品に使える

DHC オリーブバージン オイル 30mL
DHC オリーブバージン オイル 30mL

¥ 3,909

口コミ

ここ何年かは冬の必需品です。今年はニベアにちょい足しで使用中。他のオイルと違って、気になる香りが無いのも気に入ってます❗

肌にも使えるオリーブオイルとしておすすめなのが、DHCからでているDHC オリーブバージン オイル 30mLです。オリーブオイルに含まれるオレイン酸に着目し、オリーブオイルがスキンケアに適したすぐれた素材であると考え研究を重ねたのちこの商品が誕生しました。いやな匂いがなくとても優しいオイルになっています。

注意点として、オイルは空気に触れると酸化が始まるので、潤いを求める余りにたっぷり使うのはおすすめできません。肌に残ったオイルが酸化してしまいます。余分なオイルは必ずふき取りましょう。

無印良品から出ているオリーブオイル化粧品
無印良品から出ているオリーブオイル化粧品

オリーブオイル化粧品でおすすめしたいもう一つが、無印良品のオリーブオイルです。

こちらは、オリーブの果実から搾ったオイルを化粧用に精製したものを使っています。しっとりとした使用感なので、乾燥が気になる冬に肌の保湿やマッサージに使うといいでしょう。リピートするひとも多く、髪の毛の広がりを抑えるために使っている方もいます。

優しい成分なので全身気になるところに使えるのがとてもうれしいです。

スペイン産

エクストラヴァージンオリーブオイル AUBOCASSA 500ml
エクストラヴァージンオリーブオイル AUBOCASSA 500ml
口コミ

フルーティーで、クセがなく、とても美味しいです。 毎朝バゲットにかけて食べていますが、スプーンで一匙 飲んでしまいます(笑) オリーブオイルが好きで、色々試しましたが、 これが一番です。 お値段も高いから、美味しくて当たり前ですが。。。

スペイン産の本格的なオリーブオイルを探している方にお勧めしたいのがエクストラヴァージンオリーブオイル AUBOCASSA 500ml です。

プロも愛用しているオリーブオイルです。特徴は、オイルと思わないくらいサラサラでジュースのようなてテクスチャーです。とてもサラッとしているので、なじみもよいです。さらっとしていても、ものすごくしっかりと味が立つ商品になっていますので、味も香りも高級なオリーブオイルを求める方にはおすすめとなります。

魔法のオイルと呼ばれるぐらい車夫にも愛されているおいるで、とても繊細な品質も特徴です。食べ方のおすすめは、バゲットやサラダにかけて、オイルそのものの風味を味わってみてはいかがでしょうか。

おすすめのオリーブオイルのメーカー・ブランド3つと代表製品

ここでは、おすすめのオリーブオイルのメーカーとその商品を紹介していきます。

コブラムエステート

オーストラリア産
オーストラリア産
口コミ

エクストラヴァージンでこの値段は安いです。香り、舌触り、後味もとてもバランスが良いです。また熱を加えてもあまり風味が落ちないので、使い勝手が良く、気に入ってます!EVの産地偽装があってから色々探してましたが、オーガニック食品大国のオーストラリア産はいいですね。おすすめです!

おすすめのコブラムエステート エクストラバージンオリーブオイル は、オーストラリア産のオリーブオイルです。

オーストラリアはオーガニック大国で知られていて、その高い基準で選び抜かれたエキストラバージンのオリーブオイルです。本物のオリーブオイルの味を存分に味わうことができるオリーブオイルになりますので、エキストラバージンオイルにこだわる方におすすめしたい一品になります。

モニーニ

イタリア老舗オイル
イタリア老舗オイル

¥ 1,804

口コミ

スーパーで購入して以来のお気に入りです。あまりクセがなくてどんなお料理にも合います。子供はこれをかけたピザが大好きです。なんと言っても注いだ後の油切れがよく、ティッシュを用意して拭く必要がないのが嬉しい限りです。

おすすめのオリーブオイルのメーカーのモニーニです。モニーニは、1920年にイタリアの緑のハートと呼ばれる緑豊かなウンブリア州スポレートという場所で発祥したメーカーになります。実はあの、シェアNo1.の「エキストラバージン・オリーブオイル クラシコ」を始めとし、さまざまな高品質の商品を提供している、イタリアンオリーブオイルのリーディングカンパニーでもあります。


特徴は、フルーティーで搾りたてのテイストが楽しめるところです。あっさりしていて、苦みも強くないのでどんな料理にも合います。べたべたとしない油切れが良いのも特徴です。

Jオイルミルズ

味の素 オリーブEVフルーティアプレミアム 180g
味の素 オリーブEVフルーティアプレミアム 180g

¥ 646

口コミ

苦味が無く、名前の通りフルーティーな味でした。香りも気に入りました。前に買ったオリーブオイルは、凄く辛い感じでしたので、これは私に合っていました。商品も高級感があって良いです。

安心の日本メーカー味の素から出ているオリーブオイルで、おすすめは、オリーブオイルエクストラバージンです。スーパーでも簡単に手に入るので一度は見たこともある方もいるでしょう。

特徴は、指定農園とタッグを組み国内で製造しているため、オリーブピルの信頼性と安全性が取れている商品です。調理などの炒め物などの調理油としても、髪の毛や美容まで幅広く使えるのがうれしいポイントです。

おすすめのオリーブオイルの美味しい食べ方

ここではおいしいオリーブオイルを使ったおすすめのレシピを紹介します。

オリーブオイルを使ったサラダ

おすすめしたいのが、エクストラバージンオイルのおいしさを引き立てるサラダに直接かけて食べるメニューです。

こちらは、豆苗、生ハム、スティックサラダなどお好みのお野菜を刻んだ上に、オリーブオイルと塩コショウで仕上げたとてもシンプルだけど野菜本来の味とオリーブオイルのうまさを感じることができるメニューです。

来客が来た時にサッと出せる簡単で美味しいメニューでしょう。

オリーブオイルを使った和風メニュー

おすすめしたいオリーブオイルを使った和風メニューは、タコ・枝豆・とびっこのオリーブオイル和えです。和風のものでオリーブオイルを使えばまたうまみが引き出されておすすめです。用意するものは、茹でタコ、冷凍枝豆 (サヤ付き)、とびっこ、オリーブオイルだけです。回線ものですが、醤油ではなくオリーブオイルでいただくことによってワインにも合う一品になります。

おすすめはやはり生でいただくのでエクストラバージンオイルで仕上げましょう。
女子会や、一人でワインを楽しむときにサッと作りたい一品になります。

オリーブオイルを使ったおすすめの一品

おすすめしたいのが、オリーブオイルを使って作る、ブロッコリーとあじの干物パスタです。

オリーブオイルといえばやっぱりパスタです。ブロッコリーとあじの干物ぱすたは、茹でたてのブロッコリーと焼きたてのあじの干物をほぐしてニンニクを効かせたオリーブオイルで味付けしたパスタになります。少し白だしも加えることでコクが出ますのでおすすめです。

調理用なので、ピュアオリーブオイルを使うとよりおいしく仕上がります。

オリーブオイルを使ったおすすめのスイーツ

オリーブオイルを使ったスイーツでおすすめしたいのは、オリーブオイルとオレンジのクッキーです。

バターの代わりにオリーブオイルを使うととてもヘルシーに軽い触感になります。オレンジの風味も合わさってすこし大人な味になります。調理に使うオリーブオイルなので、ピュアオリーブオイルでも問題なく焼きあがります。

おすすめのオリーブオイル美容法

オリーブオイルの美容パワー

オリーブオイルには、オレイン酸が含まれており便秘解消にいいと紹介しましたが、美容面ではもっとうれしい効果があります。なんと、オリーブオイルで肌の黒ずみやくすみも解消することが分かっています。正しい使い方をすることで、詰まった皮脂と混ざり合って毛穴の中をスッキリきれいに仕上げてくれますのでおすすめです。肌をきれいに生まれ変わらせてくれることによって、肌のトーンが明るくなるなど美白効果もあるとされています。

実はビタミンが豊富だった

オリーブオイルには、オレイン酸のほかにもうれしいビタミンがたくさん含まれています。

オリーブオイルに含まれるビタミンAは、肌のかさつきや肌荒れを防止してくれます。また、ビタミンEはエイジングケアができる抗酸化成分です。いつまでも若々しい肌を保ってくれます。シミ予防に効果のあるポリフェノールと肌を乾燥から守り保湿してくれるスクワランが配合されています。

自然の素材で弾力のあるお肌を取り戻したい方におすすめしたいオイルです。

オリーブオイルお勧めの美容活用方法

おすすめの美容活用方法を紹介します。

オリーブオイルおすすめの活用方法1位としては、クレンジングとして使うことです。おすすめなのが、一般のクレンジングオイルでは突っ張ってしまったり乾燥しがちな人です。

オリーブオイルの特徴は、合成界面活性剤はもちろん入っていないので肌が弱い方にもおすすめでき、潤いを守りながら必要な油分まで落としきることなく汚れを落とすことが出来ることです。

使い方は、目の周りなどはごしごしこすらず優しくマッサージするようにメイクになじませ落とします。石鹸などで洗うとべとべと感が取れるでしょう。

角質をとれる

オリーブオイルで洗顔ができることを知っていましたか。なんとオリーブオイルで洗顔することによって毛穴の奥の黒ずみや角質までもとってしまうのです。まずクレンジング済みのお肌に、大さじ1杯のオリーブオイルで優しくマッサージしながら洗っていきます。

そのあと、蒸しタオルを10秒ほど顔に乗せて優しくオイルを拭き取るとべたべたが取れるので、そのあとに参加を伏せぶために顔に残ったオイルをとりのぞきます。

注意点は、ごしごしと力を込めて洗顔してしまうと肌を傷めてしまいますのでやさしくマッサージするように洗うことです。

おきにいりのオリーブオイルを見つけよう

ここまで、オリーブオイルの種類と活用方法を紹介してきましたが、用途や目的によってとても多くの種類のオリーブオイルがあることが分かりました。

バージンオイルとピュアオイルの違いなど、理解したうえで、用途に合ったものを選ぶことで料理が一層おいしくなります。気になったものを試してみてはいかがでしょうか。

Related