Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月23日

味噌おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

日本人なら必ず食べたことのあるお味噌。日本食には欠かせません。では、お味噌にはどんな種類があるのでしょうか。産地やお味噌の種類、お味噌の選び方、おすすめのお味噌や人気ランキング、お味噌の使い方、お味噌のメーカーをご紹介していきます。

味噌おすすめ人気ランキングTOP3・口コミ・種類と選び方

【注意】消費税増税についてのご注意

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

Amazonや楽天では、発送時期によっては9月末に買っても10%の消費税がかかることもあるので、迷っている商品があるなら今すぐ買うことをおすすめします。

味噌の種類と選び方

味噌は、日本人の食卓に深い関わりを持つ、昔からの食材です。蒸した大豆をつぶしたものに米や麦の麹(こうじ)と塩を混ぜて、半年から1年以上かけて発酵して作られるのが味噌です。

作り方や味噌を仕込む時に使う麹の種類により、仕上がる味噌にも様々な種類があります。また、塩の加減や発酵までの期間で味噌の味や色も変わり、地域により仕込み方もそれぞれ異なります。

小売店や大型スーパーなどで気軽に購入できる味噌には、どのような種類やおすすめの使い方があるのでしょうか。味噌の種類やメーカーごとにおすすめの味噌を紹介します。

味噌の種類

味噌は、原料や味によって色々な種類に分けることが可能です。味噌を作る時には、大豆を発酵させるために、穀物の麹を使用します。原料に用いる麹の種類により、「米味噌」、「麦味噌」、「豆味噌」と分類されるそうです。

また麹の種類に限らず、味噌の色で「赤味噌」「白味噌」と分けたり、日本各地の味噌の産地によって「仙台味噌」「信州味噌」など地名で呼ばれる味噌もあります。

味噌の選び方

味噌に色々な種類があることを知ると、逆に「今まで何気なく選んでいたが、どんな味噌を選んで良いか難しくなった」という声もあがります。自分の好みの味で選ぶのがもちろん最良ですが、「健康に気を使って味噌を選んでみたい」という場合の選び方のコツをお話します。

原材料がシンプルであること

味噌のパッケージなどを見ると「無添加」「有機大豆」「天然」など色々書かれていますが、まずパッケージ裏などの原材料名を確認しましょう。一番のおすすめは「大豆、塩、麹」としか書かれていない味噌です。市販のメーカー品の味噌には、「大量に生産したい」「消費者に届くまでに品質を一定に保ちたい」などの理由で、だし成分やアルコールを添加したものもあります。

特にアルコールが入っている味噌は、色や風味が変わらないようにするために味噌の中の乳酸菌や麹菌をあえて死なせてあるため、味噌の健康効果を全て取り入れられるとは言えないでしょう。

無添加の味噌は、パッケージされていても発酵が進むため、パッケージ上部に空気を通す穴が開けられています。原材料の表記と合わせて味噌選びの参考にしてください。

国産大豆の味噌を探してみよう

実は、日本の大豆の国内自給率は1割にも満たないと言われており、味噌に使われる大豆も特別な表記がなければ輸入大豆である可能性が高いです。

輸入の作物には、遺伝子組み換え問題やポストハーベスト(収穫後)農薬の可能性もあり、安全性に疑問があります。そのため、味噌を選ぶ際には「国産大豆」「北海道産大豆」など、国産であることが明記されたものをおすすめします。

味噌おすすめ人気ランキングTOP3

近年、味噌の健康効果が注目を浴びたことで、本来なら蔵元まで直接行かないと買えなかったはずの、おすすめの無添加味噌なども通信販売サイトや大型スーパーなどで簡単に入手できるようになりました。また、大手味噌メーカーが、味噌の健康効果をより意識して開発した味噌も続々と販売され、消費者の食卓へ届けられています。

通信販売でも入手でき、発酵食品本来の風味と効果の高いおすすめの味噌をランキング形式で紹介します。ぜひ、ご家庭の食卓への味噌選びに活用してください。

ランキング3位:「浅利佐助商店 百年蔵みそ」

浅利佐助商店 百年蔵みそ 500g
浅利佐助商店 百年蔵みそ 500g

¥ 788

口コミ

子供の頃、母が余ったご飯で味噌焼きおにぎりをよく作ってくれました。 その時の味噌の味がします。 昔ながらの余計なものが入っていない味噌の味ですが、旨味もしっかりあります。 味噌汁を作るときは、具材に合わせてそのまま使ったり、甘めの信州味噌と合わせたりしてます。

秋田県の味噌・醤油醸造会社である浅利佐助商店が、秋田県産の原材料にこだわって作った無添加生味噌が第3位にランクインです。

米麹に使われる米もあきたこまち、大豆も秋田県産と徹底しており、秋田の冬の寒さの中ゆっくり熟成された味噌は、塩気の中にも麹の効いた甘味があり、昔ながらの味噌汁の他にも焼きおにぎりなどに人気のおすすめ味噌です。

ランキング2位:「マルコメ 丸の内タニタ食堂の減塩みそ」

マルコメ 丸の内タニタ食堂の減塩みそ
マルコメ 丸の内タニタ食堂の減塩みそ

¥ 1,024

口コミ

健康の為に、以前より減塩を心掛けています。 このお味噌は、他のお味噌よりかなり減塩。 その為、優しいお味に仕上がります。 本来のお味噌はコレなんですね。気に入っています。

「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」は、老舗味噌メーカーマルコメと、社員食堂の健康メニューで有名な健康器具メーカータニタが共同で開発した味噌です。

原材料は「大豆、米麹、塩」しか使用していないにも関わらず、従来品の味噌より減塩を実現しています。米麹を普通の味噌の倍量使用することで、塩に頼らず味噌の風味とコクを引き出したおすすめの逸品です。「従来品より割高である」という意見が多く、第2位にランクインとなっています。

ランキング1位:「マルコメ プラス糀 無添加 糀美人」

マルコメ プラス糀 無添加 糀美人
マルコメ プラス糀 無添加 糀美人

¥ 512

口コミ

生で味噌が食べたかったので本商品を買ってみましたが香りとコクが白飯にも野菜にもパスタ等にも相性が良くとても美味いですね。 リピ買い確定!

味噌メーカーマルコメが糀(こうじ・特に米麹を指す時にこの漢字を用いる)の甘味と健康効果に着目して開発したのが、この「プラス糀 無添加 糀美人」です。従来の味噌より米麹の量を2倍以上使うことで、味噌に強い甘味と風味をもたらし満足感へと導くおすすめの味噌に仕上がっています。

塩気を保ちつつ、糀の強い甘味で奥行きのある味噌の味を実現しています。味噌汁だけではなく、野菜ディップやパスタ料理など「ジャンルを越えた料理に活用できる」と口コミ評価も高く、味噌のおすすめ第1位にランクインです。

特徴・用途別おすすめの味噌

味噌と言えば味噌汁を連想する人が多いでしょう。しかし、ここ数年の発酵食品ブームにより、味噌が注目されることで、味噌汁のみならず、味噌を使った他のレシピや、そういったレシピに合う味噌の種類が求められるようになりました。

味噌の特徴や、味噌の特徴に合わせたおすすめの使い方を、味噌別に取り上げていきましょう。

無添加

ハナマルキ田舎味噌・無添加
ハナマルキ田舎味噌・無添加

¥ 410

原材料に「大豆、米、塩」しか使っていない味噌を「無添加」「生みそ」などと言います。パッケージされているにも関わらず、麹菌と乳酸菌が生きているため、発酵し続けるのが特徴です。味噌汁などに用いるのがおすすめですが、沸騰させないように気をつけましょう。

雑菌が混入しない限りは、賞味期限も長く、保存に強いのが味噌の特徴ですが、発酵し続けるため保存期間が長ければ長いほど、色にも風味にも変化が見られます。

市販の味噌

大型スーパーや小売店でも、健康志向の強い味噌が簡単に買えますが、「いつも同じ味の味噌を買いたい」「保存が効く味噌がほしい」など、ライフスタイルに合わせた味噌を購入したい場合もあります。

発酵食品としての健康効果を味噌に期待したい場合、やはり「無添加」や「生」と言われる味噌が一番ですが、あくまで「毎日の献立の足しに味噌を活用したい」という場合は、ビタミンB2などで発色を調整している味噌や、酒精(アルコール)で発酵を抑えている味噌なども上手に活用することもおすすめです。

スーパーで買える味噌

マルコメ 西京焼き用みそ
マルコメ 西京焼き用みそ
口コミ

厚めの豚ロースや鮭を漬けて楽しんでいます。豚肉は数日間つけると甘みが増し、柔らかくなって本当に美味しい。スーパーなどでは見かけないのでリピートしています。

個包装のインスタント味噌汁や、ふろふき大根などの料理に使えるある程度調味された味噌などもあります。ふろふき大根や西京焼き、味噌漬けなど、味噌の他の調味料などである程度味を整えたい献立のために、メーカーから調味済みの味噌製品などが開発されています。

健康を意識して味噌を料理に用いるのは良い傾向ですが、慣れないと味付けが平坦化してしまいがちです。スーパーなどで手軽に入手できる調味済みの味噌は、味噌を調理する上での悩みを解決してくれます。常備しておきたいおすすめの味噌製品のひとつです。

信州味噌

信州味噌とは、長野県を中心に生産されている、比較的辛口の味噌です。戦国武将の武田信玄が兵糧を作る際に用いたのが発祥とも言われております。保存が効くことから、1923年の関東大震災の際、長野県から関東近県への救援物資として信州味噌が送られました。

関東地方で信州味噌の品質が評判になったのをきっかけに、全国の味噌の4割が信州味噌になったと言われるほどの知名度です。大豆と米麹の割合が1対1で仕込まれているのが特徴で、発酵してから10カ月前後で食べ頃になると言われ、比較的熟成期間の短い味噌です。

風味は切れの良い辛口で、根菜や豆腐の味噌汁など甘めの具材と相性が良く、おすすめの味噌となります。

仙台味噌

仙台味噌は、宮城県仙台市を中心に生産されている、辛口の赤味噌です。味噌の風味が濃く出ているのが特徴で、塩気が効いていることから、味噌漬けや「なめ味噌」と言ってそのまま食卓に出しても食べられるほどの味噌と言われています。お酒のおつまみの味付けなど、濃いめの味が好きな人におすすめの味噌です。

味噌汁に用いると、塩分がきつく感じることもあるため、関東の一部では味噌汁に使う際に信州味噌や甘めの白味噌などと合わせて調理することもあります。2種類以上の味噌を合わせることで、普段の味噌の味に変化が出るのでおすすめです。

九州味噌

九州味噌とは、九州全域と広島県や山口県などで作られる、独特の風味がある麦麹の味噌です。米麹で作られる味噌より、麹の量を多く用いるため、塩分が少なく甘めの仕上がりが特徴で、味噌の塩分が気になる方におすすめの味噌となります。

麦麹を多く使用しているので、麹の粒が残っていることが多く、味噌汁など汁物に用いる場合は、味噌こしなどを使用して舌触りをなめらかにするのがおすすめです。サツマイモなどの甘くてボリュームがある根菜類と相性が良く、郷土料理で有名なさつま汁には麦味噌が使われています。炒め物の隠し味としてもおすすめの使い方です。

有機味噌

「有機・有機作物」とは、「農薬や化学肥料を3年以上使っていない作物」のことを指します。したがって「有機味噌」とは、有機栽培された原材料を用いて作った味噌のことです。「有機味噌」や「有機大豆使用」などと表記されていることがあります。

「有機大豆使用」は、有機栽培の大豆を使用した味噌ですが、米麹まで有機栽培した米を使ったものかは表記だけでは確認が取れませんので、有機栽培原料にこだわる方は米麹の表記まで確認する必要があるので、味噌メーカーのホームページなどを確認するのもおすすめです。

一人暮らしにおすすめの味噌

マルコメ 液みそ料亭の味減塩
マルコメ 液みそ料亭の味減塩
口コミ

一人分のお味噌汁を手軽に作りたいので鍋で作らずにお椀にお味噌とだしと薬味を入れてます この商品だとダマにならないので助かってます 主人もおいしいと言って飲んでおります(*^▽^*)

一人暮らしのライフスタイルにおすすめの味噌はどのようなタイプでしょう。一人で味噌を消費しようとすると、一般的にスーパーなどで並んでいる500g前後のパッケージでは多すぎる場合があります。

「味噌汁だけでも飲みたい」という一人暮らしの方には、あらかじめだし入りタイプの味噌やインスタント味噌汁もあります。「一人前だけ作りたい」という方には、液体タイプの味噌が便利でおすすめです。

ただし、インスタントタイプや調味済みタイプの味噌は、アルコールなどで発酵を止めて長期保存が効くように作られている味噌が多いので、発酵食品としての効果を求める場合は、一人暮らしであっても「無添加」や「生」の味噌を活用することをおすすめします。

週末などに味噌玉(お湯に溶かすと一人前の味噌汁になるかたまり)や、肉や魚を味噌に漬け込んで保存したものを作りおくなど、時間を作って下ごしらえをするのもおすすめです。

味噌汁におすすめの味噌

味噌汁におすすめの味噌とはどのような味噌のことでしょうか。味噌汁はだし汁で味噌を溶かして飲むスープなので、比較的濃くて辛口の味噌が好まれますが、地方や料理との相性により色々な好みの味噌汁があります。

信州味噌や仙台味噌など辛口の味噌を合わせた味噌汁や、「マルコメ 無添加 糀美人」など麹の量が多い甘めの味噌だけで作る味噌汁は、洋風の献立にも合うのでおすすめとなります。

また、寿司屋などで出される赤い味噌汁は、愛知県で生産されている豆味噌「八丁味噌」と他の味噌を合わせて用いた「赤だし汁」と呼ばれ、独特の風味と満足感が特徴です。

味噌は原料の麹や塩の加減で、風味も味もさまざまです。一概に「味噌汁には絶対にこの味噌」というものはないので、その日に作りたい献立に合わせて、甘口や辛口の味噌を使い分けることをおすすめします。

おすすめの味噌のメーカー・ブランド3つと代表製品

スーパーや通信販売などで気軽に入手できる味噌ですが、中でも有名な味噌メーカーとその代表的なおすすめの味噌といえばどのようなものがあるのでしょうか。味噌の種類でお悩みの方へ、おすすめの味噌メーカーとその代表的な味噌製品を紹介していきましょう。

マルコメ

マルコメ だし入り料亭の味
マルコメ だし入り料亭の味

¥ 617

口コミ

外国人でも簡単に味噌汁ができます。味噌を一人前おわんに取り具のカットワカメと麩を入れたら熱湯を注ぎます。かき混ぜたら出来上がりです。

「坊主頭のマルコメくん」CMと言えば、長野県長野市の味噌メーカーマルコメです。マルコメは創業1854年の老舗味噌メーカーで、さまざな味噌メーカーが存在する中、いちはやく「だし入り味噌」という新ジャンルに着手し、確立させました。

特に「料亭の味」シリーズは、買い手目線での開発を心掛けており、「味噌がだまになるのが使いづらい」「いつも最後まで使いきれない」という消費者からの意見を元に、風味を損なうことなく味噌を簡単に扱える「液みそ」で人気が爆発しました。

無添加や減塩タイプ、即席みそ汁など、味噌を食べる人のライフスタイルに合わせた展開を心掛けている、おすすめの味噌メーカーです。

ハナマルキ

ハナマルキ おかあさん
ハナマルキ おかあさん

¥ 648

口コミ

私の好みの味で、これ以外もう使えない… でも近くの店には、あったりなかったり…なのでAmazonにあって嬉しい!

「おみそなら、ハナマルキ」のCMでおなじみの味噌メーカーハナマルキは、長野県伊那郡で味噌・醤油製造業として創業し、その後味噌専門メーカーとなり現在に至ります。

ハナマルキでは、信州味噌をベースに、毎日の味噌汁に使いやすいだし入り味噌や、原材料にこだわる人のために無添加みそなど色々な商品を発売しています。

特に、「とけやすく、おいしい」を目指すだし入り味噌「おかあさん」は発売から今年で51年目を迎えるロングセラー商品です。消費者のニーズに合わせて、米味噌に麦味噌と豆味噌を合わせた「おかあさん 合わせ」も、忙しい消費者におすすめの味噌です。

タケヤ

タケヤみそ 塩ひかえめ
タケヤみそ 塩ひかえめ

「ひと味ちがう、タケヤ味噌」のキャッチコピーで有名なタケヤ味噌は、長野県諏訪市の味噌メーカーです。1872年創業のタケヤ味噌は、関東大震災をきっかけに味噌の産地としての基盤を作り、家庭で消費しやすい小袋サイズの味噌を発売するようになりました。

塩分と健康との関係に注目し、1982年から「塩ひかえめ」シリーズを展開しています。塩分を大幅にカットしつつ、タケヤ独自の酵母と乳酸菌で味噌独自の風味を残す方法で、現在もおすすめの人気シリーズの味噌です。

おすすめの味噌の使い方・活用方法・楽しみ方

味噌で献立と言えば、まず味噌汁が上がりますが、味噌汁の他に味噌を活用したレシピにはどのようなものがあるのでしょうか。おすすめのレシピをいくつか紹介していきましょう。

白ネギたっぷり万能肉味噌

白ネギとおろしショウガをたっぷり加えて炒めたひき肉に、米味噌と醤油で風味づけした肉味噌です。濃い味の仕上がりで、白いご飯が進むおすすめの献立です。

焼きおにぎり&練り柚子コショウと味噌

ふっくら炊いたごはんをおにぎりにし、だし入り味噌に柚子胡椒を混ぜたものを塗って、ごま油で焼き上げています。香り豊かな味噌の中にピリリと辛い柚子胡椒の風味が絶妙なアクセントです。軽く食べたい日におすすめの献立です。

基本のなめろう

なめろうとは、千葉県の郷土料理の一つです。新鮮な青魚(アジなど)に、ネギやシソなどの薬味を加えて叩き、味噌や醤油で仕上げた、日本酒のつまみにおすすめの一品となります。

複雑な味の割に、簡単に作ることができるので、お酒の席にもう一品ほしい時や、ごはんのおかずの足しにしたい時などにおすすめのレシピです。

味噌のある食生活で楽しい毎日を

味噌は、日本人の食卓には欠かせない調味料です。何気なく飲んでいる朝の味噌汁にも、味噌の健康効果がたくさん詰まっています。味噌に使われている大豆自体に、活性酸素を除去し、体内の酸化を防ぐ効果があるのですが、それが味噌になるまでに麹菌で熟成されることにより、体内に吸収されやすくなり、老化防止に高い効果を発揮すると言われています。

また、味噌を色々な食材に合わせて調理することで、その食材を食べやすくし、より良い食習慣へ導いてくれるでしょう。朝、温かい味噌汁を摂ることで、血行を良くし、代謝をあげることにつながります。また、ご飯を食べる前に味噌汁を飲むことで、糖分の吸収を抑え、血糖値を安定させる働きがあります。

味噌は気軽に摂れる食材でありながら、健康効果が高く、忙しい現代人が特に意識して摂りたいおすすめの食材です。スーパーや通販を上手に利用し、毎日の食卓へ味噌を取り入れていきましょう。

Related